2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

孫子の兵法 第12 火攻篇

  以下は、山本賢の『孫子の兵法』から抜粋した文書であります。中国語、日本語及び英語の解説書です。『一石二鳥』ならぬ一石三鳥の優れものです。

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の

山本賢山本賢

 爆破処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  山本賢の背後の戦車は、ソ連製T-54戦車です。ポル・ポト軍と政府軍の激戦地パイリンにて。

Chapter 12 :  Fire attack

12章 火攻篇  

【原典】

孫子曰、凡火攻有五、一曰火人、二曰火積、三曰火輜、四曰火庫、五曰火隊【】。行火必有因。烟火必具。発火有時、時者天之晗乾也、日者月在箕壁翼軫也、凡此四宿者、風起之日也。

Comment 火積【カセキ】means attack by fire to the food and rations store house.

Comment 火輜【カシ】means attack by fire to the logistic support unit.

 

【訓読】 

孫子曰わく、凡そ火攻に五有り。一に曰く、人を火(や)く。二に曰く、積を火く。三に曰く、輜を火く。四に曰く、庫を火く。五に曰く、隊を火く。火を行うには、必ず因あり。煙火は、必ず素より具う。火を発するに時有り、火を起こすに日あり。時とは、天の乾ける日なり。宿の箕、壁、翼、軫に在るなり。凡そ此の四宿【箕・壁・翼・軫】の者は、風の起こる日也。

Comment 四宿【箕(キ)・壁(ヘキ)・翼(ヨク)・軫(シン)】means Chinese divided the celestial sphere into twenty-eight equal section, the equator which is pass route of sun divided by 28 and四宿means 4 direction of 28 direction. 箕・壁・翼・軫means Basket, Wall, Wing and Chariot Platform. All four lunar mantic are day of the wind rise. Basket direction is the Archer, Sagittarius in western constellation, which locates East-East-North direction. Wall direction is the Pegasus in western constellation, which is locates North-North-West direction. Wing direction is the Cup in western constellation, which is locates South-South-East direction. Chariot Platform direction is the Craw in western constellation, which is locates South-East direction.

【和訳】

孫子はいう。およそ火攻めには、五通りの方法がある。

第一は【火人】、兵舎や野営地と共に兵士を焼き殺すこと。

第二は【火積】、食料の集積場を焼くこと。

第三は【火輜】、武器や装備品の運搬途中に火をかけ『輜重輸卒』を焼くこと。

第四は【火庫】、装備品や武具の倉庫を焼くこと。

第五は【火隊】、後方連絡線を含む敵後方部隊に火をかけること。 【火墜】、道上の部隊に火をかけること。

火攻めを行うには、必ず理由があり、いくつかの条件が整って初めて実施が可能となる。また火を付けるための道具を予め準備する必要がある。

火攻めを始めるには、適当な時節(気候)があり、火攻めを起こすのには、適当な日がある。時とは、空気の乾燥した時期である。日というのは、月が、東東北、北北西、南南東、南東に沈む時のことである。凡そ月がこれらの四方向に沈む時に、風が吹くのである。

【英訳】

Sun Tzu said that there are five ways to attack enemy by fire.

①    The first is burning the soldiers with barracks or tent city camps.

②    The second is burning the store house of foods and rations etc.

③    The third is attacking by fire to the convoy of logistic support unit, transportation unit.

④    The fourth is burning the store house of properties, equipments and armors.

⑤    The fifth is burning the enemy force itself including lines of communications which means logistic support unit. And also including burning the main supply road’s facility.

There are several conditions need to carry out the above fire attack. In case of set fire you must be prepared firing tools in advance.

There are appropriate season and month & date for the start of fire attack operations. The best season to set fire is dry season. And the best month & day to set fire is when moon set in the 4 direction, such as East-East-North, North-North-West, South-South-East, and South-East directions. It is said that “When the moon set in these above stated directions, strong wind will blows from these direction”

 

火責めの戦史事例『赤壁の戦い』; Battle of Red cliff

「赤壁の戦い」は、一口で説明すると日本の「関が原の合戦」に相当する天下分け目の戦いである。「魏」の軍と、それに対抗すべく「呉」・「蜀」の連合軍が「洞庭湖」の近く長江という川で戦った主として軍船による戦闘であった。

日本における戦いの歴史は、主として彼我両軍の力によるせめぎ合いと奇襲によって、勝敗が決まるのであるが、中国における戦いは、敵を如何にして欺くかのスパイや謀略によって勝敗が決まるのである。『孫子の兵法』が、第13篇『用間』で締めくくっていることからして情報戦をするのが得意な民族である。

赤壁の戦いに登場する人物は、織田信長のような性格の「魏」の武将「曹操」と、明智光秀のような「謀」の得意な「蜀」から派遣された軍師「諸葛孔明」と徳川家康のような「狡賢い」武将「周瑜」戦いであった。

その作戦は、一口で言うと「連環の計」である。「連環の計」とは、さまざまな計略を「数珠繋ぎ」にして、次々と敵に罠を仕掛け、強大なる敵の兵力を逐次斬減して、目的を達成する作戦である。その第一は、「借刀殺人の計」と言われるものである。「借刀殺人の計」とは、自分の刀を使うことなく、策略でもって、自分が滅ぼしたい敵を、敵の手で殺させるという恐るべき中国独自の兵法である。・・・・・・

 

An example of War history : The Battle of Red cliff.

Time: Nov. – Dec. 208 , Years of three country in China.

The war between take place between Cao Cao of Country “Wei” and allied force of Country ”Wu” and Country “Shu” at Red cliff

The battle of Red cliff was decisive battle like the battle of Sekigahara in Japan.

“Cao Cao” vs “Shiyuyu

 

戦史事例: 『赤壁の戦い』

時代  : 中国の『戦国時代』 西暦208年10 ~ 12

『魏』【Wei】の曹操  対 『呉』【Wu】と『蜀』【Shu】の連合軍の戦争で、赤壁で行なわれた、日本の「関が原の合戦」に相等する、天下分け目の戦いであった】

『曹操』 vs 『周瑜』

 

One day, King of Wu【呉】received the Ultimatum from Cao Cao of Wu【魏】under the name of Emperor. The content of the Ultimatum is as fallows:

“Which do you select the cause of action, to surrender our one hundred million elite force and after that attack Shoku【蜀】with us or fight against our elite force, in this case one hundred elite Army destroy your country in perfect. I would like to see High Excellence on the deer hunting at Wu country. That is all”

ある日、呉の国王、孫権は、魏の曹操から皇帝の名前の下で発行された最後通告を受け取った。この最後通告の内容は、下記のようなものであった。

「我が百万の軍に降伏し同盟軍となり共に蜀を攻めるか、それとも我が百万の精鋭部隊からなる軍と戦って貴国【呉】を滅ぼすか、何れかの行動方針を選択すること。本職は、呉国の原野で閣下とお目にかかり、鹿狩りなぞ致したく候。以上」

 

General situation

Sun Quan【孫権】of Wu【呉】and Liu Bei【劉備】of Sue【蜀】allied force has only 30,000 men most of tem elite sailors while Cao Cao【曹操】Army has 800,000 men most of them foot soldiers.

Because Cao Cao Force come from“Northern country”where lots of horse used as transportation measures to“Southern country”where lots of ships to use as transportation measures. They ride on war ship at“Urin”and trained there.

全般状況:

孫権と劉備合同軍は、僅か30,000人の軍勢で、その殆どは水兵であり、一方曹操軍は、200,000人の軍勢で、その殆どは、歩兵であった。

何故ならばその理由は「南船北馬」。曹操軍は、馬が沢山いる「北の国」から、船を交通手段として使用する「南の国」にやって来たのである。彼らは、「鳥林」で舟に乗り換え、そこで訓練をしていた。

 

King Sonken【孫権】of Wu【呉】 summoned ministers and generals and admirals and held conference and war game in the situation room at the ancestors mausoleum. Whether surrender or fight back. 

『呉』の国王孫権は、大臣や将軍達を招集し霊廟の作戦室で会議を開き机上演習を実施した。「降伏する」か、それとも「戦う」か、いずれにするか。

 

Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】said“Do not afraid of eight hundred thousands Cao Cao’s Army force, we have one hundred thousand elite Navy force.

The reasons are as fallows

¨    Cao Cao Army force must be tired out by long march. And out break of infectious diseases.

¨    Cao Cao Army force unfamiliar with Naval fighting because of Northern country

¨    Cao Cao Army has lots of horse, but time is winter so luck of grass.

¨    Cao Cao Army are Allied Forces so lack of solidarity.

¨    We have large fortress but Cao Cao Army have not.

¨    Shuyu Force consist of elite Navy

But has demerit:

¨    Shiyuyu Force had a weak point. Stock of arrows on hand is short.

¨    Cao Cao Force is authorized by Emperor who has not power less, our force is rebel force.

 

周瑜は、『八十万の曹操の陸軍恐れに足らず、我々は、精鋭十万の水軍を保有している」と言った。

理由は、下記のとおりである:

¨    曹操軍は、強行軍で疲れている。伝染病も発生している。

¨    曹操軍は、北国であるので水上戦闘に不慣れである。

¨    曹操軍は、馬が多いが、今は冬で馬草がない。

¨    曹操軍は、同盟軍であるので団結力に欠ける。

¨    周瑜軍は、要塞を保有しているが、曹操軍は保有していない。

¨    周瑜軍は、水軍が主体である。

    しかし、欠点もあった。

¨    周瑜軍は、矢の手持在庫が少ない。

¨    曹操軍は、権力無き「皇帝のお墨付き」を有する官軍であり,我々は賊軍となってしまう。

Military conference in the presence of the King Wu is fight back Cao Cao force.

御前会議の結論は、曹操軍の撃退であった。

 

 Cao Cao fleet sailed down the Chang Jian – river and reached at the Red cliff. And both Cao Cao fleet and Shuyu fleet crashed at Red cliff and first battle.

曹操艦隊は、長江【ちょうこう】を下り『赤壁』にやって来た。そこで、曹操艦隊と周瑜艦隊は、激突した。これが「赤壁の戦い」の緒戦である。

 

On this first battle, Cao Cao fleet locates up stream and Shuyu fleet locates down stream, so Cao Cao fleet has advantage, but can not use this advantage merits because of Cao Cao operation plan Crain wings formation like land operation, but on the water do not work well. This formation need broad area, But broad wide of river stream speed became slow, he can not make use of advantage situation. Cao Cao bleet defeated by Shuyu fleet by lack of training on river.

この事件の直後、この緒戦に於いては、曹操艦隊が上流に位置し、周瑜艦隊が川下に位置していたため、曹操に有利であったが、曹操は、陸上戦闘の「鶴翼の陣」で、戦ったものの、水上では、うまく行かなかった。川幅の広い所で戦うべく、作戦を立てて戦ったものの、川幅の広い所は、水流が無く、曹操軍の優位性は,失われてしまった。曹操艦隊には、水上戦闘訓練不足で負けてしまった。

 

After the first battle, Cao Cao army move back ward to North bank of the Chokou【長江】river at Urin【鳥林】and start the construction of camp there, on the other side Shuyu force entered the fort of south bank of the river. Both Cao Cao army and Shiyi force face to face each other.

「緒戦」の後、曹操軍は、引き返して、長江川の北側の鳥林に陣取りキャンプを開設し、周瑜軍は、川の南側の要塞に立てこもった。曹操軍と周瑜軍は、長江川を挟んで、対決することになった。

 

Phase Ⅰ : 「借刀殺人の計」or 「他人の褌で相撲を取る作戦」

Operation of Kill the enemy with enemy sward by plot

 

Commander in Chiefs, Admiral Shuyu【周瑜】of Wu【呉】one day scout the ship training base of Cao Cao fleet in secret. The purpose of scout is to know the ability of Cao Cao fleet. He was astonished to know training is very good in spite of infantry soldiers. Because Cao Cao designate Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】as instructor and fleet commander, they are once a Cao Cao enemy but at now change the side to Cao Cao side. As long as Saibo and Choin remains Cao Cao fleet as commander we can not get win.

呉の総大将周兪は、こっそりと曹操艦隊の訓練場を極秘裏に偵察に訪れた。偵察の目的は、曹操艦隊の能力を見極めるためでした。彼は、歩兵にもかかわらず、操船技術の高い訓練をしているのを見て驚いた。その理由は、曹操は、かつて曹操の敵であった「蔡瑁」と「張允」が寝返った人物であるにもかかわらず、彼らが有能な人物の故に教官兼指揮官として任命していたのである。「蔡瑁」と「張允」が曹操軍にいる限り、我々は、この戦いに勝つことが出来ない。

 

This scout operation find out by Cao Cao soldiers. So Shuyu【周瑜】run away. Cao Cao said to all member of his stuff at conference. ”The first battle of Red cliff we can not get victory and suffer great loss, and today we are scouted enemy spy ship. What is the best tactics to destroy enemy fleet?”

この偵察活動は、曹操の兵隊に見付かってしまった。周瑜は、直ちに逃げた。曹操は、幕僚を集めて会議を開いた。「赤壁での緒戦は、勝つことが出来きづに大被害を被ってしまった。敵の艦隊を撃破する方法は、無いのか?」と。

 

I have a plan to change the side of Admiral Shuyu to our side, because Shuyu and I are same native country and childhood friend, so I persuade him to change our side in secret. Cao Cao said to Shi-yoku【子翼】it is good idea. Do it now.

私は、「周瑜将軍を寝返らそう」と思っております。わたくしは、周瑜将軍とは同じ国の生まれであり、彼とは幼友達であります。したかって、彼を寝返るよう秘密裏に説得したいと思っております。曹操は言った。それは、良い考えだ、すぐにやれ。

 

Next day Shi-yoku【子翼】courtesy call on Commander in Chiefs of allied force. Admiral Shuyu【周瑜】. At that time, Admiral Shuyo held operation conference at war room. To hear Shi-yoku want to meet Admiral Shuyu from aide. He stopped conference and he whispered to his aid “So and so, such and such. Is it Ok” Aid only said “Yes Sir!” Shuyu and Shi-yokue drink each other at head quarters office at night. Commander in Chief of the allied force, Admiral Shuyu starts the secret operation to Cao Cao by use of childhood friend Shi-yoku. This secret operation is false charge operation on enemy two admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】 to find and read the secret false letter to Shi-yoku【子翼】on purposely. That is the false secret letter is from both admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】to admiral Shuyu【周瑜】. This faked letter write on the act of treachery. Contents as follows “Dear High Excellency admiral Shuyu【周瑜】; If you want Cao Cao head we are cooperate to High Excellency with pleasure …………. eyes only, secret letter. Shiyoku【子翼】steal this faked secret letter and handed it to Cao Cao. To lead this faked secret mission letter Cao Cao get angry and executed tow his admirals instantly. But after that Cao Cao to know this execution is his own error.

 次の日、子翼は、連合軍総司令官、周瑜将軍を表敬訪問した。周瑜は、その時作戦司令室で会議を開いていた。副官から「子翼様が面会に来ました」と告げられると、了解したと告げて、直ぐに会議を中止した。そして副官を呼んで「かくかく、しかじか」と耳打ちをした。そして、司令部の事務室でお酒を酌み交した。連合軍総司令官周瑜将軍は、曹操に対する秘密大作戦を開始したのである。この秘密作戦とは、「蔡瑁」と「張允」両将軍に対する濡れ衣作戦であった。この秘密作戦は、「蔡瑁」と「張允」両将軍が、周瑜将軍と内通して曹操の首を刎ねるという嘘の内容の書かれた手紙を、わざと「子翼」に読ませて、盗ませる作戦であった。この偽手紙を曹操の手元に届けて、「蔡瑁」と「張允」両将軍を抹殺させるというものであった。この嘘の秘密文書を手に入れ、一読した曹操は、怒って、直ぐに二人を処刑してしまった。その直後、曹操は、この判断が間違っていたことに気づいた。

 

Phase Ⅱ : 「10万本の矢」収集の計

Operation of “One hundred thousand arrows” collection plot

 

Place : Operation conference held at situation room of mausoleum【霊廟の作戦会議室】

Commander in chief, Syuyu【周瑜】called all the generals and invite the military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】from allied country【同盟国】.

C-in-C Syuyu【周瑜】said “We are lack of arrows which is indispensable fighting on river by war ships” “Would you supervise making the arrow by use of mechanics within about 10 days ?”

Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】form allied country said “I will.”

Military advisor Zhuge Liang【諸葛亮】said to Syuyu【周瑜】”I will prepare one hundreds thousands arrows within three days”

同盟国の軍師諸葛亮は、「三日以内に10万本の矢を集める所存である」といった。

And he requested 20 making special arrows collecting decoy ships by load on deck straw dolls and hay stack with sheet cover.

The military advisor Zhuge Liang’s one hundred thousand arrows collecting plan as follows:

¨    Making 20 arrow collect decoy ships which loaded hay and covered with tarpaulin on it and arrange straw figure soldiers on both sides of the ship.

¨    Set sail this decoy ships from home port to Cao Cao positions under the cover of pitch black night with dense fog.

¨    And beat the chimes and drums which means attack signal. And shut war cry【ときの声】

¨    Astonishing Cao Cao soldiers shooting back the bow at this decoy ships.

¨    Cao Cao army never pursuit because of enemy ambush anticipate.

¨    After hits many arrows return back to his home port with safe..

¨    “We have received lots of arrows from you. Thank you very much”said to the enemy sailors with big voice.

So Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】can get more than one hundred thousands arrows from enemy only one night.

「草船借箭の計」

軍師 諸葛亮は、以下のような作戦準備を実施して、夜間攻撃で10万本の矢を集めた。

¨    20隻の軍船に乾燥した草を積み込み、これにシートを被せ、その周りに兵士の型をした藁人形を配置する。即ち、囮船を作る。

¨    この囮船を曹操軍陣地に向かって霧の深い真っ暗な夜に出向させる。

¨    敵陣の前で、攻撃用の銅鑼の合図を打ち鳴らし、「ときの声」を上げる。

¨    ビックリした曹操軍は、弓から矢を発射し応戦する。がしかし、

¨    曹操は、伏兵を恐れて、攻撃・追撃には、出て来なかった。

¨    そして、十分に矢を受けてから港に被害を受けることなく安全に帰って来る。

¨    「曹操の矢を頂戴致した。かたじけない」と敵の兵士に対して全員大声で言った。

諸葛孔明は、このような方法で、一夜にして10万本以上の矢を敵から集めることが出来た。

 

Phase Ⅲ : Operation of Tie up war-ship with chain and rope plot. 「連船の計」作戦

 

Shuyu【周瑜】send a military advisor who called sleeping dragon, GARYOU to Cao Cao to accomplish “Chain link of battle ship”. At that times Cao Cao troubled with soldier’s sea sickness. Because of the birth place of Cao Cao’s men are all in the Northern provinces so unfamiliar with live on rolling and pitching ships. And also Cao Cao troubled with out break of infectious diseases too. So military advisor said to Cao Cao would you mind all the battle tight together by iron chain link the ship each other with tight to prevent rolling and pitching. Cao Cao adopted instantly military advisor GARYOU’s advice. 

周瑜は、「連船の計」を画策するために臥龍と呼ばれた軍師「龐統」を曹操の所に送り込んだ。曹操は、兵士が北の国の出身が多く、船酔いに悩んでいた、また同時に伝染病の発生にも悩んでいたために、この軍師「龐統」の提案を即座に採用した。

 

Shuyu【周瑜】decided “fire attack tactics”to the Cao Cao fleet. The first problem of this fire attack tactics is fast counter attack of the Cao Cao fleet.

To delay counter attack time of the Cao Cao fleet to lock the whole Cao Cao’s fleet by chain. It is indispensable to long reaction time to broaden fire over the Cao Cao’s fleet.

周瑜は、曹操軍を「火攻戦術」で攻めることにした。第一の問題点は、曹操の艦隊が直ぐに反撃に出てくることであった。この反撃時間を長くし、曹操艦隊の火災を広げる必要があった。

 

The second problem is direction of winds.

This season wind blows from North to South, so flame of fire from North to South. So if the front line ship of Shiuyu fleet can set fire on the front line of ships of Cao Cao force. These flame of fire return back to all of the Shiuyu fleet.

第二の問題は、風向きであった。

この季節、風向きは、北から南に吹く。従って、火勢も北から南に流れる。従って、周瑜艦隊が、曹操艦隊の第一陣の軍船に火を付けても、その炎は、全周瑜艦隊に伝播してしまう。

 

Most of Cao Cao army soldier were borne and grow up northern county where is no river or pond so not accustomed live in ships and steer it. So soldiers live on land and moor the ship to land in tight at north bank of the Choukou【長江】river.

曹操軍の兵士は、殆ど川や池のない北国育ちで、舟の上での生活は、不慣れであった。なかには、舟を長江川に係留して、川の北側の土地に上陸して生活をする者もいた。

 

And Cao Cao force moored the ships at the north bank of the river near Red cliff. Because of the soldiers of Cao Cao force can not steering the ship because of land locked country and also not fitted hot climate because most of soldiers who was borne in North. And fell sick by out break of infection diseases.

曹操の部隊は、赤壁の近くの北岸に陣取った。その理由は、曹操軍の兵士は、北国生まれであり、水上生活に馴染めなかった。そして伝染病も発生した。

 

Cao Cao army start the construction of camp at Urin【鳥林】

曹操軍は、鳥林に要塞の建築を開始した。

 

Phase Ⅳ : “The last resort desperate operation which taken under the pressure of necessity” 「苦肉の策」作戦:

老将軍「黄蓋」は、兵站担当の将軍であつたが、呉国王と艦隊司令官「周瑜」に、曹操軍を攻撃する提案を密かに実施していた。

Old General Kogai【黄蓋】who is also in charge of logistic though, and proposed the King and the Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】

 

This plan was made by one old general whose name was Ogai【黄蓋】who served many years under the king of Wu【呉】.

  1. 1.    Hot arguments on surrender or fight back on ultimatum, Shiyuyu opinion fight back and Ogai insist surrender.
  2. 2.    King of Go desiced  Shiyuyou opinion that fight back and Ogai’s opinion surrender to CaoCao opinion
  3. 3.    King supported fight back opinion.
  4. 4.    Old general Ogai punished one hundred beats with wood stick in front of many people and finally order to stay at home.
  5. 5.    The spies of Cao Cao report these incidents to Cao Cao
  6. 6.    The secret mission of General Orgai sent to Cao Cao to change the side. Cao Cao believed the story because of Cao Cao already heard from his spies “One handred punishment” .
  7. 7.    When old general OUGAI the change the side old general accompany 10 large ships and 10 small ships with full of supply goods.
  8. 8.    The operation date of the surrender and switch the side is the winter solstice day. On this day South East winds will be blows. 

 

  1. 1.    国王の統裁する会議の席で「周瑜」と「黄蓋」が激論を交わす。
  2. 2.    「周瑜」は、徹底抗戦を「黄蓋」は、降伏を主張する。
  3. 3.    国王は、徹底抗戦を支持。
  4. 4.    「黄蓋」は、皆の前で、百叩きの刑罰を科し、その後、謹慎を命じた。
  5. 5.    スパイがこの状況を曹操に報告する。
  6. 6.    黄蓋の密使が、曹操の下に赴き、寝返り話を持ち込む.曹操この寝がえり話を信じる。何故なら既に「百叩きの罰」の報告をスパイから受けていた。
  7. 7.    老将軍黄蓋が、降伏し寝返る際に、10隻の船と、10隻の小船に補給品を満載して寝返る。
  8. 8.    時期は、冬至の日*理由「南東の風が吹く」

 

 “Punishments of the One hundred strike with stick”【杖百打の刑】is very hard to show Cao Cao’s spy to believe true punishment on old general OUGAI【黄蓋】

「杖百打ちの刑」は、大変厳しい仕置きであり、曹操のスパイに、真実であると思わせるための為のショウーであった。

 

One of allied force old general OUGAI proposed to attack Cao Cao fleet and army by fire. That is access to moored ship to burn out Cao Cao fleet.

      同盟軍の老将軍黄蓋は、曹操艦隊と陸上部隊を火災を起こして攻撃することを提案した。

 

This tactics is brain child of old general Kogai【黄蓋】to show and believe enemy spy that the Gen. OUGAI want surrender and change the side without fighting from the bottom of heart. So Gen. OUGAI get angry to punishment with hitting the body with stick.

この戦術は、年老いた将軍「黄蓋」が考え出した『苦肉の策』で、国王の孫権が「百叩きの刑」を科し、これをスパイに見せることにより、黄蓋将軍が降参し、敵に寝がいりするところに相成ったことを曹操に信じ込ませるための戦術、即ち『苦肉之策』の戦術であった。

 

After the first battle, Cao Cao execute his subordinate Admiral Saibo【蔡瑁】and Chujo【張允】by Shiyuyu’s disinformation plots.

Cao Cao sends the two spies to Shiyuyu force. The two spies name are Saityu【蔡中】and Saiwa【蔡和】and both are brothers of executed Saibo【蔡瑁】

緒戦の後、曹操は、周瑜の偽情報作戦により、二人の将軍を処刑してしまった。今度は、曹操が、二人のスパイを周瑜側に送り込んだ。この二人は、処刑された弟の「蔡中」と「蔡和」である。

 

This time Cao Cao sent the spies into Wu【呉】headquarters to collecting enemy headquarters information.

Two guys said “We want change the side because of our elder brother Saibo was executed by Cao Cao【曹操】with out any faults. So we request deserted from Cao Cao force and change the side to your force. This request are granted by Shuyu【周兪】 But he thought these two guys must be Cao Cao’s spies because of they are remain wife and children within Cao Cao’s territory

こんどは、曹操が情報を収集するために「呉」国の司令部の内部にスパイを送り込んだ。

二人の若者は「我々は、処刑された蔡中の弟である」言った。「私の兄は、何の落ち度も無いのに曹操によって処刑されてしまった。我々は、曹操軍を脱出し、寝返って、貴方の部隊に寝返りたいと思っている。この寝返り要請は、周瑜によって認可された。しかしながら、彼は、この二人の若者は、妻子を曹操陣営に残して来たことから、曹操のスパイであると思った。

 

So enemy spy mast be reports this incident to Cao Cao without fail. So Cao Cao believed surrender and change the side of old Gen. OUGAI.

敵のスパイは、この事件を曹操に報告するに相違ない。曹操は、この寝返り降伏を信じるに相違ない。

 

One of general gets the information from the fisherman that every winter on the night of winter solstice 【冬至】blow South East wind【南東の風】

将軍の一人が、冬至の頃には、毎年、南東の風が、吹く、と漁民から情報を得た。

 

Military secret envoy【軍使】come to Cao Cao and said “Our general, old OUGAI in charge of logistic supports get angry and grudges to both King and Commander in Chief very much, so general OUGAI secretly dispatched me to coordinate Commander in Chief Cao Cao directory to change the side. General OUGAI wants the change the side with 10 ships which full of supply goods such as foods and weapons on the night of winter solstice. So please, not attack our 20 large supply ship and small 10 ships on the night of winter solstice.

「兵站担当の老将軍黄蓋は、「鞭打ちの刑」を受け、王と総司令官の両方に対して、大層、ご立腹し、憤慨をしておりました。そして曹操軍に寝返ることにしました。私が、寝返りのための連絡調整役をおおせつかり、秘密裏に、ここに参りました。そして寝返る際には、20隻の大型補給船が白旗を掲げて、複数の小型船と共に港に入ります。その時期は、冬至の日を予定にしております。冬至の夜には、10隻の大型補給船が食物や衣服を積んで来ますので襲撃をしないで下さい」と密使が曹操に伝えた。

 

On the other hand, they purchase 10 large supply ships which to load hay and fish oil and sulfur to burn enemy ships and 10 small swift boats which is use for escape after set fire the enemy ship.

一方、彼らは、干草と油を積むための10隻の大型輸送船と、曹操軍の軍船に放火した後に脱出するための快速船を購入準備した。

 

And after they purchased 10 military ships and load oil and hay and fire wood into the large supply ship. After that they covered with tent sheet and set white flags on it. Battle Ready!.

そして、10隻の軍船を調達した後、魚油と干草と硫黄を積み込み、その上に、テントを掛け、更にその上に白旗を立てた。作戦準備完了!

 

Fire attack by military ship :

Date ; Nov.20 2008  The winter of solstice,

This day suddenly weather changed, strong Southeast wind blow at the Red cliff. Old Gen. OUGAI and his 10 war ships and 10 small high speed boats set sail to faked surrender with the full of hay and fish oil and sulfur to burn out the moored Cao Cao military ship fleet. This is the last resort tactics came from desperate measures taken under the pressure of necessity but is success only depend on Cao Cao believe the our surrender is true or not..

軍船による火攻 :

年月日: 2008年11月20日  冬至の日

この日、天候が急変した。赤壁には、強い南東の風が吹いた。老将軍黄蓋と彼の率いる10隻の軍船には、枯れ草と魚油と硫黄を一杯積まれた。そして、係留した曹操の艦隊を火攻めにするための偽りの降伏、寝返り作戦が開始されたのである。この作戦は、曹操軍の停泊中の曹操艦隊を焼き尽くすという、老将軍黄蓋が考え出した『苦肉の策』であった。この作戦の成功、失敗は、いつに、曹操が「降伏」を信じるか、否かによっていた。

 

On the winter of solstice day, officers and soldiers and sailors of Cao Cao force assembled to see the surrendering enemy off the guard.

冬至の日、大勢の曹操軍将兵達が降参した兵士達を見物しようとして、警戒することなく集まって来ました。

 

On approaching the Cao Cao’s battle ships fleet, and with in the shooting range of the bow the Old Gen.OUGAI said “Set Fire to the ships. Shoot!” with large voice. The 10 ships engulf the flame instantly and the ships runs into the Cao Cao’s battle ship fleet and engulfed them. Cao Cao soldiers try to unfasten the chain link of the moored ships, but can not lose chain link. The strong South East wind swept over all the fleet of Cao Cao navy ship and large land facilities also engulfed flame. Cao Cao force defeated by the fire attack by allied logistics supply ship fleet.

曹操軍の舟に近づき、弓の射程内に近づくと老将軍黄蓋は、「舟に火を掛けよ。放て!」と号令を発した。たちまちにして、10隻の舟が、火に包まれた。そして曹操の舟に向かって行きました。そして曹操の舟に衝突し、曹操の舟を炎上させました。曹操の舟は、反撃しようと試みましたが、連環を破壊する事が出来ずに、舟を離すことが出来ませんでした。北東の強風にあおられ曹操軍の軍船は、瞬く間に全て灰燼に帰しました。そしてこの火は、陸上施設も焼き尽くしました。曹操の軍は、同盟軍の兵站船に依る火攻に敗れた。

 

Cao Cao force run away with small guards. After this battle of Red cliff, three countries were opposed to one another.

曹操軍は、僅かばかりの護衛隊と共に逃亡をした。この赤壁の戦い後、『魏』『蜀』『呉』三国の鼎立が続いた。

 

中国の戦史は、日本の戦史の「義理」と「人情」と「浪花節」即ちGNN【Giri – Ninjou – Naniwabushi】の世界と異なり、「謀略」あり「奇計」あり「計略」あり「裏切り」ありの「何でもあり」の「孫子の兵法」と「兵法36計」の世界です。

 

【原典】

凡火攻、必因五火之變而應之。火発於内、則早應之於外。火発兵静者、待而勿攻。極其火力、可従而従之、不可従而止。火可発於外、無待於内、以時発之。火発上風、無攻下風。昼風久、夜風止。凡軍必知有五火之變、以数守之。故以火佐攻者明。以水佐攻者強。水可以絶、不可以奪。

【訓読】

凡そ火攻は、必ず五火の変に因りて之に応ず。① 火、内に発すれば、則ち早くこれに外に応ず。② 火発して其の兵の静かなるは、待って攻むること勿れ。其の火力を極め、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止む。③ 火、外より発すべくんば、内に待つ事無く、時を以ってこれを発す。④ 火 上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。⑤ 昼の風は久しく、夜の風は止む。凡そ軍は、必ず五火の変あを知り、数を以ってこれを守る。

故に火を以って攻を佐【タス】くる者は明なり。水を以って攻めを佐くる者は、強なり。水は以って絶つべきも、以って奪うべからず。

【和訳】

そもそも火攻めには「五種類の火の攻撃方法」があり、指揮官は、状況の変化に応じて、兵を運用することが必要不可欠である。

①      味方の兵が放火し、敵の陣営内に火が出た暁には、すばやくこれに呼答して外から攻撃を仕掛ける。

②      火が燃え出したのに、敵が静まりかえっている場合には、敵は、こちらの企画を承知しているか? 何らかの対策を講じているか? しばらく待つてから攻撃を加えること。直ぐに攻めてはならない。敵が待ち伏せているかも知れない。その火勢に任せて様子を伺い、敵が待ち伏せていないことを確認してから、攻撃を仕掛ける。

③      外から火を放てる地形であるものの、火を仕掛けるのに都合が悪ければ、風向きが変わるまで待って、外から放火するのに適当な時期を待って、火をかける。

④      放火した火が風上から燃え出した時には、風下から攻撃をしてはならない。

⑤      昼の風は、利用すること、夜には、この風は止まる。

およそ軍隊では、必ずこのような「五種類」の火の変化のあることをわきまえ、この技術を最大限に利用するとともに、準備態勢を整える必要がある。

故に、「火」を攻撃の補助手段として利用する将軍は、賢明な将軍である。また「水」を攻撃の補助手段とするには、『強大な兵力』と『長い準備時間』が必要である。そして水攻めは、敵を孤立させたり、後方連絡線を遮断することが出来るものの、敵の食料や物資を略奪することは出来ない。

【英訳】

There are “Five ways of fire attack operation”, so commander must be response quickly the change of the situations.

①    When enemy camp start to burning by fire attack, you must start coordinate attack from out side to the enemy camp immediately.

②    But if the enemy camp remains still calm even if start the fire, you must wait and see attitude, that is do not attack enemy immediately from out side, and attack the enemy after confirmation, the enemy waiting for your attacking with ambush, after that you execute coordinate attack.

③    When the situation and terrain is not good to fire attack from out side, you should wait until you can get good timing or wait to change wind direction. If you can not get good timing, you should stop the fire attack and waiting until the wind direction changing.

④    When fires broke out from up-wind by fire attack, you should not attack from down-wind direction.

⑤    Make use of day wind but should not make use of night wind because of day wind blow continues long and night wind short lived.

These above five types of fire attack tactics must be use on the fire attack operations.

General who use of fire on his attack operation as auxiliary method is clever choice. And attack operations to use of water as secondary measures need large human power and also need long time too. That is need large man-hour. And water attack can isolation enemy castle or enemy position and also cut off the enemy communication lines but can not plunder the foods and goods from the enemy.

 

Comment Weak points of water attack【水攻め】

¯  Needs long time

¯  Needs lot of sapper【土工工兵】

¯  Needs large sum of money

¯  Can not quick response to the change of situation

¯  Can not destroy enemy force but water divide enemy forces can not rescue from out side. 

 

 

↑*:【写真説明】Fire arrow attack by Kwantung Army【関東軍】soldier to Chinese Communist Army【中共軍】camp tent is same as Sun Tzu’s days. 

Mao Zedong astonished by this out of the ordinary unique Kwantung Army tactics. 関東軍の火矢攻撃に毛沢東もビックリ仰天!

 

←*:【写真説明】大本営の下した結論は、この写真の新聞への掲載は、関東軍の沽券関わる故に、不許可!

 

Comment Strong points of fire attack as follows: 

¯  End short time battle 【短期戦】

¯  Needs not large force and equipments【人員・物資が少なくてすむ】

¯  Can quick response to the change of situation【臨機応変】

 

※   An example of war history

Watter attack on BichuuTakamatuCastle started in May.8, 1582 by the advice of Military Advisor Kanbei KURODA. It is said that this castle was easy to defend but to attack【難攻易守】Commander in Chief Hideyosh HASHIBA and his 30,000 men attack Bichuu Takayama Castle where defend the lord Muneharu SHIMIZU and 5,000 men.

This castle can defend only destroy the connecting bridge which go in and out the castle where surround by wide and deep moat. So it was called “Floating Castle”【浮き城】That is the Floating Castle almost same as “Battle ship YAMATO” very strong impregnable castle【難攻不落の城】Hideyosh HASHIBA force tried frontal attack this castle, but unsuccessful. So he decided water attack to this “FloatingCastle”.

Military Advisor Kambei KURODA said to Hideyoshi “The rainy season start soon, so dam up water form Ashiyori river by making large high bank around the castle. After that damp up water canalized to the artificial lake around the Takamatu castle” 

Hideyoshi HASHIBA ordered his men to dam up Ashimori river and construction of big 8 m high and 4 km length bank around this castle by use of many sand straw-bag【土嚢】with rushing work【突貫工事】. Hideyoshi mobilized many farmer and locals and paid high daily allowance【高額な日当】So progress speed was very fast. This bank complete only 12 days. And more the heavy rain of rainy season speeds up water level of make shift artificial lake【応急の人造湖】high.

The castle lord Muneharu SHIMIZU asked for help MORI to dispatch relief force. Takakage COBAYAKAWA force dispatched to rescue the castle, but could not attack HASHIBA force, because of if attack HASHIBA force release pent up water by destruction of the bank, so COBAYAKAWA force drowned by discharged water【放水された水で溺死する】. 

At this moment Hideyoshi get secret information his boss Nobunaga ODA was killed by Mituhide at Honnoji in Kyoto. So he must go to Kyoto to take revenge his master, as soon as possible.

Cease-fire negotiation took place next day and settle down on condition that Hideyoshi stop water attack and destroy the bunk of dam, and return back home in stead of MOORI 5 countries cession【5国の割譲】to HASHIBA and the lord of Takayama castle perform Seppuku, hara-kiri.【See photograph】

Hideyoshi next operation is “HIDYOSI’s Big return back” See Chapter 7 Armed struggles.

 

【原典】

夫戰勝攻取、而不修其功者、凶。命曰費留。故曰明主慮之、良将修之。非利不動、非得不用、非危不戰。主不可以怒而興師。将不可以慍而致戰。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以復悦。亡國不可以復存、死者不可以復生。故明君慎之、良将警之、此安國全軍之道也。

将不可以慍而致戦。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以覆悦、

費留【ヒリユウ】:means only the west of money by hard labor.

【訓読】

それ戦い勝ちて攻め取るも、其の功を修めざる者は、凶なり。命づけて費留と曰う。故に曰く、明主は、これ【費留】を慮【オモンバカリ】り、良将はこれを修む。

利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず、危うきに非ざれば戦わず。主は、怒りをもって師を興すべからず。将は、慍りを以って戦いを致すべからず。利に合えば、而ち動き、利に合わざれば、而ちに止まる。怒りは、以って復た喜ぶべく、慍りは、復た悦ぶべきも、亡国は、復た存すべからず。死者は、以って復た生くべからず。故に明主は、これを慎み、良将はこれを警む。此れ国を安んじ、軍を全うする道なり。

【和訳】

敵を攻め破り、敵の城砦都市を攻撃奪取しながらも、その戦果を局部に留めるだけで、拡張することが出来ないようでは、戦争目的を達成したとは言い難い。全体的に見ると、全く無駄なことであり、これを『骨折り損のくたびれ儲け』という。

だから明君と言われる人は、深く思慮した戦略的な思考の下で作戦計画を立案し、賢将がこの作戦計画を具現化するのである。つまり名君は、有利でなければ戦争行動を起こさないし、賢将は、100%戦勝が得られ確証のない限り、敵を攻撃することはなく、危険が迫らない限り、闘ってはならない。

それ故に君主は、怒りにまかせて軍を興して他国を攻めるべきではないし、将軍もまた、憤激にまかせて合戦を始めるべきではない。両者共に、有利な状況であれば、行動を起こし、有利な状況でなければ、作戦を中止すべきである。戦いが無ければ、やがて怒りは解けて、また喜こぶようになり、憤激もほぐれて、また愉快になれる。戦争をして滅んだ国は、それでおしまいであり、もう二度と立ち上がることは、出来ない。死んだ者は、再び生き返えることはない。それだから聡明な君主は、隣国と開戦するに当たっては、慎重に対処し、立派な将軍は、これを戒める。これが国家を安泰にし、軍隊を保全するための方法である。

【英訳】

Even if our force attacks enemy and take the objective such as enemy castle city etc and occupied it. But without exploit this small result, including rule over occupied territory. This is not good strategy and tactics to attain the objective of war is not good strategy and tactics. That is attack the enemy and can get the objective such as a key terrain or castle city etc. But lord and general can not exploit this initial small victory at all, so it is said that this operation is not good. This operation is called “Fruitless efforts which is only can get waste of combat power and time without any merit at all” That is this operation is not good in total at all. This operation also called “No profit at all, but only remains lots of tired feeling left” So enlightened lord makes a strategic war plan with deep thinking, and wise general materialize his lord’s strategic war plan into practice in combat field.

So lord should not initiate the war unless under the advantageous conditions. That is lord should not attack the enemy with fit of anger or resentments. And also general should not attack the enemy unless expect to get win with 100 % sure. That is both lord and general should not start the war and battle unless finds good favorable conditions for nation, and do not start the war or fighting unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and fighting is stopped, anger is melt away and joy came again. But once a start of war and defeated by enemy, collapsed and destroy the country never revival again, it’s same as dead person never revival again..

This is most important and essential attitude for lord and general. Lord should not raise the army and attack foreign country because of fit of anger and resentment. And also general should not command his force by fit of anger and resentment. Both lord and general should not be start the war and attack enemy force unless the favorable situation provides. General should start the battle when he finds good favorable conditions, and do not start the fight unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and stopped, same time later anger will be melt away and joy will came again. But once a start of war and defeated, collapsed and destroy the country never revive again. Anger will be soften and change into enjoy in future. War ruin country never revival again, it likes a dead person never revival again. So clever lord start the war after long deliberation and wise general admonish oneself, no to start the battle unless get big profits and gains. This is the way to keep nation peace and to keep force safe and intact.

 

 Comment:”Exploitation” is important.「戦果拡張」が重要です。つまり「火」たと「水」を使用して「戦果を拡張」すべしとしているのです。

 Comment:”Enlightened lord considers deeply and wise general follow through or materialize it ” 「名君が深く考え、是を賢将が具現する」ことが大切である。

 Comment:”Never start the war except for victory. Never fight except in a crisis. War is only last resort ” 「勝てる見込みが無ければ戦争をするな。国家危機存亡の危機以外は、戦争するな」「戦争は最後の拠り所である」と孫子は言っている。

 War history example Ⅰ: “Anger start the war”

  『オサマ ビン ラディンがテロ戦争を起こした理由:

Osama bin Laden start the Jihad, Holy war against Soviet in Afghanistan 1979 “Don’t trampling down holy Muslim country by infidelity such as Soviet Union”【聖なる回教徒の土地をソ連等の無神論者に蹂躙させるな】”This is unacceptable!”「許せん!」

 War history example Ⅱ: “Anger start the war”: 

『中越戦争を起こした真の理由とその勝敗の結末は、・・・・』

China stated the China-Vietnam war【中越戦争】in 1979. The reason is very simple. The leadership of China gets angry to Vietnam by Vietnam Government bullying Pol Pot administration in Cambodia【ベトナム政府がポルポト政府をいじめた】which is close relationship to China. To attack Pol pot, Khmer rouge is unacceptable for China. So it must be punishment.

The six hundred thousand People’s Liberation Army【PLA:人民解放軍】invaded Vietnam cross China-Vietnam border on Feb. 17, 1979 with the sound of bell and chime, drum and trumpet. And more soldiers held banners, colors and pennants. The soldiers of PLA are brave and marched step over dead and wounded soldiers with a column of eights that is China’s pride tactics human wave tactics【人海戦術】to subjugate the Vietnam【ベトナムを征伐するために】.

Brave Vietnam Army fight back invaded PLA with modern weapons seized form the US Army and US Marine corps such as 105 mm howitzers etc including Soviet weapons. It is fierce battle. China defeated by Vietnam with perfect and withdraw from Vietnam on Mar. 18, 1979 left about sixty two thousand and five hundred missing in action【MIA】Only leave disgrace of weak PLA. After this incidents China did strong effort on build-up PLA to clear the disgrace reputation【不名誉な評判】that “PLA is weaker than Vietnam Army”【人民解放軍は、ベトナム軍より弱い】. 

 

中国は、1979年に中越戦争を引き起こした。その理由は、いとも簡単なことである。中国の首脳部が、中国と親密な関係を持つカンボディアのポルポト政権をベトナムが攻撃したので烈火のごとく怒ったのである。我々の大好きな、友好国ポルポト政権クメルージュ【赤いクメール人】を攻撃するとは、『許せん!懲罰を科さなければならない!』と。

1979年2月17日、60万人の中国解放軍兵士が、中国ベトナム国境を越えて、笛や鐘や太鼓を打ち鳴らし、旗や幟をおっ立てて、ベトナムに進攻した。中国軍は、戦死者や負傷者を乗り越え、八列縦隊でベトナムを征服すべく進軍して来た。中国ご自慢の「人海戦術」である。

勇敢なるベトナム軍は、侵略して来た中国解放軍を、アメリカ陸軍や海兵隊から鹵獲した105mm榴弾砲といった近代兵器(ソ連製を含む)を使用して反撃した。激戦であった。中国軍は、ベトナム軍により完膚無きまで撃破された。そして中国軍は、約6万2千500の戦死者行方不明者を残して、涙をのんでベトナムから1979年3月18日撤退した。そして人民解放軍は、弱いという汚名を残して・・・・・・。この事件以降、『中国解放軍は、ベトナム軍より弱い』という汚名をそそぐべく、人民解放軍の兵力増強の努力をしているのである。これが、今年度の中国国防費の突出の原因である。

 

 Comment Ⅰ:

Dead man never revival again, but Nissan can revival again by the Chief Executive Officer【CEO「最高経営責任者」, Carlos Ghosn. I have a confidence bankrupt General Motor Corporation to survive again to first rate good company, if US president Obama asked me please save the GMC【General Mortors Corporation】so I say with Mr. President Obam. Yes we can.カルロス・ゴーンさん、鼻息が荒いのである。【Full of big talk with breath hard through his big nose

 Comment Ⅰ:

Government should not dispatch abroad Self Defense force by pressure from Diet member who favors interested group on national defense【国防族】.

General should not criticize the remark made by the Prime Minister MURAYAMA【村山談話】

Soldier should not shorting his rifle or machine gun unless self defense or weapons protection【自衛若しくは武器等の防護】

One machine gun is not weapon but two machine guns are weapon so it is allowable as accompanying equipment but two machine guns is regard as “exercise of force” that is “use of force”【武力行使】unacceptable go to abroad such as Golan Heights or the Republic of Rwanda.

ギョギョギョの魚?!これは、「内閣法制局」の木っ端役人の解釈である。猫の目の如く、コロコロと解釈が変わる。お見事である。

 

 Comment Ⅱ :

So the clever lord is prudent the and wise general is cautious. This is the way of to keep a nation at peace and army intact. That is clever Prime Minster is prudent and wise generals of Self Defense Forces are preserved and intact. This is the best way to keep Japan at peace and Self Defense Force Intact.孫子は、マンガばかりを読み漁り、漢字も正しく読めず、ブレまくる総理大臣は、危い(あやうい)と言っているのであります。英語ペラペラ、内容なしのNOVA英語教室卒業生と同じであります。さてと、次の漢詩「望春」の意味が判るかな?自称『英語が得意』の総理、これを翻訳できるかな?「出来ない」と答えるのが正解です。漢字が読めないと「いくら英語能力があっても英訳は出来ません」読者の諸君、漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

題名: 望 春 

作者 : 杜甫  唐が敗れた後、After defeat Tang Dynasty

      国破山河有

      城春草木深

      感時花濺涙

      恨別鳥驚心

      烽火連三月

      家書抵万金

      白頭掻更短

      渾欲不勝箸       回答は、付録11-1にあり。

付録 11- 1  Appendix 12 – 1:漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

 

孫子の兵法 第13 用間篇

山本賢の『孫子の兵法』講座 中国語:日本語:英語 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13章 用間篇

Chapter 13 Use of Spies

 

※※ Difference between information and intelligence

Information means in Japanese【情報】:means some one or some thing consist of facts about them.

Intelligence means in Japanese【情報】:means is the ability to think, reason, and understand instead of doing things automatically or by instinct. So intelligence is processed information.

 

【原典】

孫子曰、凡興師十萬、出征千里、百姓之費、公家之奉、日費千金、内外騒動、怠於道路、不得操事者、七十万家、相守数年、以争一日之勝。面愛爵録百金、不知敵之情者、不仁之至也、非人之将也、非主之佐也、非勝之主也。

【訓読】

孫子曰く、凡そ師を興すこと十万、師を出すこと千里なれば、百姓の費、公家の奉、日に千金を要し、内外騒動して、道路に於いて怠け、事を操るを得ざる者、七十万家。相守ること数年にして、以って、一日の勝ちを争う。

しかるに、爵録百金【シャクロクヒャッキン】を愛【オシ】しんで、敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。人の将に非らざる者なり。主の補佐に非らざる者なり。勝ちの主にあらざるなり。

【和訳】

孫子曰く『およそ10万の軍隊を徴兵して、千里も離れた国外に軍を派遣する事になれば、民衆の血税や諸侯の公費も、たった一日で千金もの大金が必要となり、その負担が国民に圧し掛かって来る。そして国の内外とも、大騒ぎとなり、10万の軍隊を派遣すると、その途中の路上で行き倒れとなり、その為に約70万戸の家に被害が及ぶことになる。そして、数年間も両軍相対峙した後に、たった一日の決戦で勝敗が決まるのである。

それにもかわらず、爵位や俸禄や百金を与えることを惜しんで、敵情を知ろうとしない諸侯及び将軍は、「仁」が全然ない将軍で、人間性を欠く愚かな者達の集団である。それでは、人民を率いる諸侯と言えず、また諸侯の軍事補佐者とも言えない。そして、これが最も大切なことであるが、戦いの勝利者となり得ないことである。

【英訳】

Sun Tzu said : If our country dispatch the army of one hundred thousand drafted soldiers to the abroad where one thousands miles away from home country, one thousand pieces of gold need per only one day. This large sum of money is collected from public as tax and forced donation from lord which stocked for many years. This is very serious trouble to both of people and country. And some soldiers are exhausted and fall down on the roads to battle field, and this bring large confusion both in and out of the country. And more over about seven hundred thousand families are supported soldiers affected in all seasons, because of the seven families support one conscripted soldier family system adopted. And after several year confrontations with enemy, only one day decisive battle decides country’s fate of victory or defeated.

Lord and general who spares the noble titles award and high salary payment to the high caliber spies, and giving a lot of gold as special bonus for the valuable information cannot get enemy’s situation from spy. This is the lack of virtue and stupid. These lords do not deserve to lead people and those generals cannot become good military adviser to the lords too. And most important things are these stupid commanding generals can not get victory in battle.

 

※Comment:Conscription system in Sun Tzu times. 

One drafted soldier family is supported by seven families in all seasons.

One drafted soldier【◎】was supported by one drafted family【●】and six un-drafted families 【●●●●●●】. So to dispatch one hundred thousand soldiers suffered normal activities of seven hundred thousand families.

 

【原典】

爵録百金【シャクロクヒャッキン】:means award the high ranking status and give one thousand peaces of gold. 

爵録百金【シャクロクヒャッキン】孫子の提案は、画期的である。爵録とは、所謂、「公・候・伯・子・男」のことであり、スパイに国家的な身分を与えよ!と言う提案である。この爵位は、日本では、皇族にだけしか与えられなかった、貴重な爵位である。私の大好きな「男爵」ジャガイモは、名誉ある名前である。

 

←*:【写真説明】金鵄勲章【Order of the Golden Kite for Meritorious Service】The Order of the Golden Kite for Meritorious Service award to Japanese Imperial Army and Navy officers and men by conducting distinguish action at battle. 

 

※Comment: 孫子曰く

「日本国政府は『スパイ』を使用していますか?」「なに?全然、使用しておりませんだと?」「ダメな国家ですなあ。我が国、中国を見習いなさい。ウジャウジャといますぞ」

この提案、孫子が言ったとあって、重みがある。

 

【原典】

明君賢将、所以動而勝人、成功出於衆者、先知也。先知者、不可取於鬼神、不可象於事、不可験於度、必取於人、知敵之情者也。

※Comment「度」:means the astrology. 

【訓読】

明君賢将の動きて人に勝ち、功を成して衆に出ずる所以【ユエン】の者は、先に知るなり。先に知る者は、鬼神に取るべからざる。事に象【カタド】るべからず。度に験すべからず。必ず人に取りて、敵の情を知る者なり。間事の未【イマ】だ発せずして、先ず聞こゆれば、其の間者と告ぐる所の者と、皆死す。

【和訳】

聡明な君主と賢い将軍が行動を起こして、常に敵に勝ち、並み外れた成功を収めることが出来る秘密は、まず敵に先んじて情報を収集するからである。

予め敵の情報を知ることは、鬼神に祈るだけで、取得出来る物ではなく、占星術で占うのでもない。過去の戦訓や種々の事情でもって類比推測出来るものでもなく、ましてや自然の規律によって予想出来るものでもない。必ず有能な間諜に頼ってこそ、価値ある敵の情報が得られるのである。

【英訳】

The secrets of clever lord and / or wise general always can get outstanding victory whenever they fight in war is depend on collecting vital information on enemy in advance.

To get vital enemy information in advance is not from the fortune-telling by fortune-teller or the astrology which observing night sky. And moreover should not guess from old enemy war lessons or natural phenomenon. Clever lord and / or wise general always gets only useful military information from high caliber spies in advance.

 

※Comment:孫子は『有能なスパイによってのみ、価値ある敵の情報が得られる』と孫子の兵法で述べている。

自衛隊に於いても、『孫子の兵法』に記述されているこの精神を受け継ぎ『有能な者』のみを選抜し駐在武官【 military attaché 】否、防衛駐在官【 defense attaché 】に任命しているのである。その具体的なお仕事とは???

 

※ 大休止【 Long halt

 

アフガニスタンでの日ソ情報戦、熾烈也

「毒入りウォッカ事件の真相」

不肖山本は、中央資料隊技術科に、二回勤務をした。一回目は、第四次中東戦争の開始とイラン・イラク戦争の開始である。そして二回目が、ソ連のアフガニスタン侵攻である。いずれも中東で起きた大事件である。当時は、中東専門家と言う者は、日本には誰一人としていなかった。

不肖山本は、第一回目の勤務では、「軍用車両」の情報を収集していた。当時、74式戦車の後継として、「現行の74式戦車の大幅な改造とするか?」それとも「全く新しい戦車を新規開発するか?」を曲陸幕長が決心をしなければならないタイム・リミットの一週間前に、「主要列国とりわけソ連の戦車の趨勢」について、30分間ブリーフィングしたことがあった。その時、平野さんのご指導を受けた。

昭和55年、不肖山本の二回目の中央資料隊技術課勤務時には、平野一佐は、モスクワの日本大使館付防衛駐在官であった。平野一佐は、ソ連のアフガニスタン進攻の情報を収集すべく、外国人の立入が禁止されていたアフガニスタンを避け、その外側から軍事偵察をしようと出かけた。ソ連駐在大使のみに行き先をこっそりと告げて・・・・・・・極秘裏にモスクワの日本大使館の職員一名を伴い観光旅行を装い汽車に乗ってアフガニスタン国境周辺に赴いた。

が、しかし日本を含め西側の駐在武官の行動は、常に腕利きのKGB(国家保安委員会:カー・ゲー・ベー Komitet Gosudarstvennoi Bezopasnosti)工作員により、監視されていた。

二人は、モスクワ駅より列車に乗った。列車で移動中、平野一佐の頭の中をよぎるのは、日露戦争の時、一人で一個師団の役割を果たしたとされる情報将軍明石大佐のことであった。「私も明石大佐にあやかりたい……。」

この時、人の良さそうな一人の男が乗り込んできた。男は、ニコニコして平野一佐の横の座席を指差し「ズラスチー ミャ ムーチュナム ステアーディト?(こんにちは。ここに座ってもよろしいですか?)」

平野一佐は、答えた。「ダー。パザールスター(どうぞ。いいですよ。)」この時、ソ連の国連代表のように「ニエット!(だめ!)」といえば何も問題は起こらなかったが………。

やがて、平野一佐と同僚の日本大使館員及びこのロシア人の三人は会話するようになった。このロシア人は、ウォッカを平野一佐と大使館員に薦めた。お酒の大好きな平野一佐は、これを飲み、三人は大いに意気投合した。やがて男は下車し、去っていった。その直後のことである。「胃が痛い!」平野一佐の胃に激痛が走った。そして額やこめかみから冷や汗が出てきた。

「シマッタ!一服毒を盛られた!」「不覚を取った!」。今回に限り整腸解毒剤『征露丸』“Subjugate Russian Pellets”訂正!「正露丸」“Russian is Right”を持ち合わせていなかった。平野一佐は、列車のトイレに駆け込み、便器から、フィルムの駒送りのように見えるレールの枕木に向って吐いた。そう言えば、あの男、ウォッカを飲む前に、毒を中和させる解毒剤のようなものを飲んだような気がする。

平野一佐は、計画を中断、急遽モスクワに帰り緊急入院をした。この時、たまたま西独のレオパルトⅡ戦車の技術情報収集に行っていた調査二課三班長がモスクワ経由で帰国し、平野一佐の所に立ち寄った。調査二課三班長は、平野一佐の顔を見て、ビックリ仰天した。平野一佐は、顔中、食中毒特有のブツブツの発疹で見る目も無残であった。平野一佐は、調査二課三班長に「俺は、露探に毒を盛られた。この事は誰にも話すな。唯、陸幕長にだけは、そっと報告してほしい」と言った。

がしかし、やがてこの事件をマスコミが嗅ぎつけ新聞に出た。大使館は、極めて閉鎖的な社会であるので、スキャンダルがマスコミに出ることはない。かといって自衛官の赤恥のような記事は、隠蔽体質の自衛隊から出たとは考えにくい。がしかし新聞社は、犬のように嗅ぎ付けたのである。

「一犬吠えれば、万犬吠ゆ」。最初は、二~三行の小さな記事であった。瞬く間に記事は大きくなっていった。日本の新聞の常として、付和雷同、アット言う間に大きな見出しの新聞となっていった。

「日本のモスクワ大使館付き防衛駐在官平野一佐、グルジア旅行中、毒入りウォッカを飲まされた!」と各社一斉に報じた。これを見た、多くの日本の国民は、思った「やっぱしソ連はやることが汚い。油断してはならない国である」と。

日本のマスコミがこの件を大々的に報じたことに対して、ソ連国家保安委員会KGB(ロシア語読みでカー・ゲー・ベー)組識は「この平野毒入りウォッカ事件で、ソ連のイメージが著しく汚された」として、苦々しく思ったに相違ない。

そして、この話には、後日談がある。この毒入りウォッカ事件の真実は、厚い秘密のベールに包まれ、27年が経過した。もう一つ、殆ど知られていない事実がある。

私の同期生である二見君の話によると、情報通の平野一佐は、汽車の便所で吐いた時、吐いた食べ物をそっとビニール袋に入れて持帰った。毒物混入検査をするためである。日本大使館には、大きなプールは、あるものの「毒物検査」をする施設はない。やむなく、アメリカ大使館に毒物検査を依頼した。しばらくしてその分析結果が出た。アメリカ大使館の回答は「毒物の痕跡はありません」と。正に奇々怪々な事件であった。

平野一佐に同行した日本大使館の職員は、胃腸が強いせいなのか中毒症状なぞは現れず元気そのものであった。正にソ連大使館付防衛駐在官の勤務は、孫子の兵法、第六章「虚実篇」にある虚々実々の世界であった。そして平野一佐の同僚の日本大使館員は、ぴんぴんしていたところから類推するに、元々胃腸の丈夫でない平野さんのこと、衛生状態の悪い国での諜報活動で、精神をすり減らし「精神的ストレス」と「食あたり」とが胃に来て、体調を一気に狂わせたに相違ないというのが、同期【B#6】の二見さん:【日本安全保障・危機管理学会理事長】と不肖山本の一致した意見である。

最近、アエラのスタッフ・ライター田岡さんという軍事評論家が、鈴木宗男議員に関連する外務省の一連の不祥事件についてTV討論をしている席で次のような面白いことを言っていた。「戦後、日本の大使館や外務省の役人は、全然情報を収集したことがない。機密費(報奨費)をタップリと使って、たらふく飲み食いしているだけだ。それが証拠には、外国の大使館の勤務員は、良くスパイ容疑で逮捕され、国外追放となる例が多い。しかし日本の大使館員は、誰一人としてスパイ容疑で逮捕され、国外追放された者がいない。こんなことは、外国ではありえない。日本の大使館や外務省が情報収集活動をしていない証拠だ。外務省は『堕落』している」と面白おかしく説明していた。

そして田岡さんは、最後に一言「唯一、例外的事例として、モスクワ大使館の防衛駐在官だけが、生命の危険を冒して、熱心に情報を収集したことがある」と平野一佐のことをヨイショと誉めたたえた。不肖山本は、この田岡さんの発言を聞いて、良くぞ田岡さん、この事件を覚えていてくれたと嬉しくなったのである。

平野一佐の情報収集活動は、ロシア革命の立役者レーニンのお友達であった情報将軍明石大佐の足元にも及ばないかもしれないが、戦後の日本における対ソ連情報戦のウルトラCであると思っている。

そして平成16年の暮れ「ウクライナのユーシェンコ大統領候補が政府側の工作員によって猛毒のダイオキシンを『おすし』と共に食べさせられ、顔にブツブツの食中毒特有の顔となった。平野さんとまったく同じ症状である。そしてユーシェンコ氏は、ウクライナの大統領に当選した。がしかし、平野さんの顔は元のイケメンの顔に戻ったものの、毒素の量が多かったせいかユーシェンコ大統領の顔は、元に戻らない。

そして最近【2006.11.23】、ソ連の元FSD【Federal Service of Counterintelligence:連邦防諜局】の情報工作員リトヴィネンコ中佐が、イギリスに亡命して、かつてエリツィン政権時にその内部を知り尽くした秘密情報、例えばエリツィン大統領がマフィアから多額の政治献金を受けていた等々、そのあくどい政治手法を暴露し続けていた。このために毒殺された。つまりリシンを一服盛られたのである。リトヴイネンコ氏は髪が抜け落ち、内臓がズタズタとなり、放射性物質ポロニューム210中毒で死亡した。そして彼は、病床で「背後には、プーチン皇帝がいる」と述べて息を引き取った。

ポロニュームとは、放射性と毒性を持つ毒物で、1gで約5000万人を殺害できると言われている。この毒物は、ロシア、米国、英国及びイスラエルで、合計100g程度生産されており、0.1 microgramが12億円もする代物である。

 

防衛駐在官は「暇なのである」否『忙しいのである』

不肖山本が、中央資料隊の技術科に勤務していた頃のことである。防衛駐在官に任命された者は、任国への赴任前に、良く渡辺技術課長(海軍機関学校出)の所にご挨拶に来ていた。

防衛駐在は、防衛庁に定期状況報告書を提出する。これらの報告書は、回覧され、技術課長の所にも来る。

殆どの駐在武官の定期報告書は、ペラペラの紙、2~3枚程度で、内容も無い。【技術科の保有している情報以下の内容しか書いていない】 がしかし米国駐在武官の志方俊之さんの物は、約10cm程度と分厚いのである。しかも内容も充実している。【技術科の保有していない情報が含まれている】。

渡辺課長曰く「志方さんは、いつ寝ているんでしょうかね?」不眠不休で働いているに相違ないと。

東京都参与の志方さん、同期の二見【B#6】さんが開催した「安全保障・危機管理セミナー」で講和をする等忙しいのである。防衛省正門のところにあるJMAS【日本地雷処理を支援する会】にも、土井さん【スエーデン防衛駐在官】を始め、野中さん【ドイツ防衛駐在官】、奈良さん【パキスタン防衛駐在官】、山崎さん【パナマ防衛駐在官】等々、語学の達者な防衛駐在官がウジャウジャおりますが、いずれもAggressive【積極的】な方々ばかりであり、頭が下がる感がする。

 

「露探」【Russian Spy】も、忙しいのである:

ソ連の駐在武官は、日本の駐在武官に比べて、非常に忙しいのである。

ある時は、英国のプロフューモ陸軍大臣への調略作戦で、アメリカからの原子爆弾供与の時期や西側諸国の軍事情報を入手する為に、ソ連の英国大使館付き武官イワノフ大佐の陸軍大臣の情婦クリスチン・キラー嬢と仲良くした上で、たんまり機密費を支払い、彼女から情報を取り、モスクワに送っていた。

ある時は、東京モーター・ショウ等の日本の工業技術の粋を集めた展示会を見に行き技術情報を収集し、これをモスクワへ送ったりして、とても忙しいのである。

おや???この外人どこかで会ったような感じがする。外国人に知人のない私は、こんな所で、外人の家族に知り合いは居ない。と思うも、気になるのであった。そして、思い出した!狸穴のソ連大使館のパーディで会った駐在武官であった。

同じように、山手線でも、見かけたことがある。

※   :See:Appendix  1

:MIYANAGA spy incident. Ex-General who loves Russian language very much.

         :宮永スパイ事件 「ロシア語をこよなく愛した元将軍閣下」

 

【原典】

故用閒有五。有郷閒。有内閒。有反閒。有死閒。有生閒。五閒倶起、莫知其道、是謂神紀。人君之寶也。郷閒者、因其郷人而用之、内閒者、因其管人而用之、反閒者、因其敵閒而用者也。死閒者、為誑事於外、令吾閒知之、而傳於敵閒也、生閒者、反報也。

※Comment「誑事【キョウジ】」:means the deceived actions or counter intelligence on military. 

【訓読】

故に間を用うるに五あり。① 郷間あり。② 内間あり。③ 反間あり。④ 死間あり。⑤ 生間あり。五間倶に起こりて、其の道を知ることなし。是を神紀と謂う。人君の宝也。① 郷間なる者は、其の郷人に因【ヨ】りて、これを用うるなり。② 内間なる者は、其の官人に因りて、これを用うるなり。③ 反間なる者は、其の敵間に因りて、これを用うるなり。④ 死間なる者、誑事を外に為し、吾が間をして之を知らしめて、敵間に伝える間なり。⑤ 生間なる者は、返りて報【シラ】せるなり。

【和訳】

間諜【スパイ】には、5種類がある。郷間、内間、反間、死間及び生間である。これらの間諜活動は、区画化がはかられており、他の間諜活動のことは、お互いに知らない。

① 郷間は、敵国の村落の一般住民の中からスパイとする。② 内間は、敵国の官吏役人を買収しスパイとする。③ 反間は、敵の情報員を味方の諜報員に寝返らす。④ 死間は、対情報活動を実施する工作員であり、偽の情報を持って敵側に潜入流布する。嘘がばれると即処刑される「消耗品」である。⑤ 生間は、味方の国と敵国を往来して、敵国内で情報を収集した後に、本国にこの情報を持ち帰り、報告する。

【英訳】

There are five types of spies, local spy, inside spy, reverse spy, dead spy, and living spy. These spies organization adopt compartmentalization system so that each agent can not know other espionage activities at all, so they did not each other.

The local spies are native spies hired in foreign country. Inside spies are recruit from enemy government officials by money. Reverse spies are switch the side from enemy spies to our side spies. Dead spies are our side spies who issue false military information on purpose in enemy territory. So if the information find out not true or false, the spy arrested or captured and killed or executed by enemy. So it is called expendable or throw away spy. And living spies can travel our territory and enemy territory at will. So the living spies collecting enemy information in the enemy territory and return back and report his boss collecting information. When the five kinds of spies are all active, but no one knows their routes and whole organization and activities, it is valuable for the leader ship.

 

若しくは【補足説明】

Five kinds of spies are as follows ;

①    Local spy【郷間】is hired spy from the enemy local residence people.

②    Inside spy【内間】is hired spy from among enemy’s high ranking government officials.

③    Reverse spy【反間】is hired spy from among enemy spies called double agents.

④    Dead spy【死間】is the spy who collecting information of enemy wanted, and also transmit false military information to enemy spies and enemy government usually this operation called counter intelligence. Dead spy is sometimes called expendable.

⑤    Living spy【生間】is come back from enemy territory after collecting valuable information to report with alive.

 

An example of war history on Ninja spies in Japan

These above five type spy agents are used CIA in USA, MI-6 in UK and FSB in Russia except Japan. But Japan has the same systems about 500 years before in Edo period. The founder of Japanese style CIA is the Ieyasu TOKUGAWA. And first Director was Hanzou HATUTORI, expert Ninja and also a master spearman【槍の使い手】.

Lord Ieyasu TOKUGAWA invited welcome reception【饗応】of lord Nobunaga ODA. After the reception he went to Sakai for sightseeing with his 50 men. On that moment, Jun. 2 1582 the Honnoji temple Incident broke out in Kyoto. So Ieyasu must return back to his own country, Mikawa district without finding by AKETI rebel force soldiers. So Ieyasu went through Iga and Koga districts where country of Ninja. Fortunately one of his staff Hanzo HATUTORI, in charge of intelligence section came from Iga- district. Ieyasu returned back safely depends on the good information, arrangement and negotiation by Hanzo HATORI. And he arranged 200 Koga and Iga Ninja agents to escort Ieyasu for safe passage Koga-district. Without Hanzo HATUTORI’s good arrangements and supports, load Ieyasu must be captured and killed by Aketi Mituhide force soldiers.

After the battle of Sekigahara Lord Ieyasu unify a country, he assigned the Barbarian-subduing Generalissimo【征夷大将軍】. And Ieyasu appointed Hanzou HATUTORI the first Director of Gardener【初代お庭番】which means official secret Ninja-spy agent in secret language【隠語で公儀隠密】. The mission of official secret Ninja spy agent is very severe. The official secret Ninja spy agent who died of duty, no one recovered the dead body!. No one recovered the dead body!.【死して屍、拾う者なし。死して屍拾う者なし!公儀隠密の任務は、厳しいのである。】.

Hanzo HATORI’s book of secrets【秘伝書】says“That is to say, the Art of War is very important to nation, the lord to life or death of nation”.【およそ兵は国の大事、死生存亡の道なり】伊賀・甲賀忍術伝書『万川集海』より

Both IGA Ninja and Koga Ninja studied Sun Tzu’s the Art of war.

 

Once USA and CIA, Gen. Manuel Antonio Noriega of Panama, President Saddam Fussein of Iraq and Osama bin Ladin from Iran are regarded as good collaborator and used as secret agents. And finally entrap them by put on label as axis of evil.【悪の枢軸というレッテルを貼って】

 

【原典】

故三軍之事、莫親於聞、賞莫厚於聞、事莫蜜於聞。非聖智不能用聞、非仁義不能使聞。非微妙不能得聞之實。微培微哉、無所不用聞也。聞事未発而先聞者、聞興所告者、皆死。

Comment「間事」:means the contents of spy activities and secret information etc.

【訓読】

故に三軍の事、間より親しきはなく、賞は間より厚きはなく、事は間より密なるはなし。聖智に非ざれば、間を用いることを能わず。仁義に非ざれば、間を使うこと能わず。微妙に非ざれば、間の実を得ること能わず。微なるかな微なるかな、間を用いざる所なし。

間事いまだ発せずして先ずきこゆれば、間と告ぐる所の者とは、皆しす。

【和訳】

そこで間諜は、三軍の中でも、君主や将軍との親密さでは最も親しく、恩賞では間諜に対するものが最も厚く、さまざまな軍務では、間諜の扱う軍務が、最も秘密を要する仕事である。

聡明な思慮深さの持ち主でなければ、軍事に間諜を利用する事が出来ない、また部下に仁愛(深い思いやり)と気概がなければ、間諜を期待道理に使うことが出来ない。はかりがたい微妙な心配りや洞察力がなければ、間諜の情報を掌握することが出来ない。真にもって微妙なことである。軍のどんな場所においてでも間諜は、用いられるのである。患者が極秘事項を外に漏らした場合には、漏らした間者は、もちろん、情報の提供を受けた者も皆殺さなければならない。

そして、もしも君主や将軍が極秘裏に進めて来た諜報活動情報がリークしたことが判明した場合には、この情報を漏らした間諜とその情報提供を受けた関係者全員を逮捕して死罪にすること。

【英訳】

Spies are lord or general’s right-hand person who is the most reliable in the three great Army and three great Army headquarters stuff officers and men. And also the spies are awarded the highest reward in salary and bonus. These spies jobs are required most confidential operations.

Lord and general cannot use spies without wisdom and perfect virtue and attentiveness. And the lord and general cannot get the true information from spies and manage it without unfathomable considerations. To use of spies are very delicate matters indeed. Spies are used in every field and section in the army.

In case of leak of information to enemy, spies must be execute including the related information received.

If you know the leak of the secret information to enemy which is collecting illegally under your secret espionage project, you must be arrest the leaked dead spy agents including person whom concerned shall be put to death.

 

:Comment「スパイの使用の3条件」: Three conditions of the use of spies.

  1. 1.    スパイを将軍の側近の懐刀として用いる。

To use spies general’s right hand man.

  1. 2.    スパイに高給を支払う。

Pay high salary to the spies.

  1. 3.    秘密厳守。

To keep the secret

 

Comment「将軍がスパイ使用時に守るベキ3条件」:

There are three conditions required for general when use of spy.

  1. 1.    「聖智」。 Wisdom
  2. 2.    「仁義」。  Perfect virtue
  3. 3.    「心遣」。  Attentiveness.

 

Comment「スパイの使いかた色々」:

To rule over the whole country under one’s rule【天下を取る】needs to use of spies. Big three, three great lords who conquered the country, Lord Nobunaga ODA, Lord Hideyoshi TOYOTOMI and Lord Ieyasu TOKUGAWA how to use of the able spies is very different.

There is a well-known saying in Japan to reflecting their personality and how to use the spy agents

織田信長: If a little cuckoo would not sing, kill it instantly. If spy agent who do not collect information kill him.

豊臣秀吉: If a little cuckoo would not sing, I will make it sing.If spy agent who do not collect information, I will persuade and trained him to collect information

徳川家康: If a little cuckoo would not sing. I will wait it until to sing.

This case little cuckoo means spy agent.If spy agent who do not collect information I will wait until he report secret information to me with silent pressure

 

ゾルゲ・スパイ事件は、スターリンの謀略であった。

日本の国家機密は、全てクレムリンに筒抜けになっていたのである。これでは、戦争に勝てません。

スターリンは「日本は、ノモンハン事件を本格的な戦争にする意志が有りや?無しや?」「日本は、ソ連を攻撃するか?」と、日本に潜入させたスパイのゾルゲに探らせた。

リヒアルト ゾルゲのソ連に送った回答は「日本国政府は、現地【ノモハン】解決・不拡大方針であり、全面的対ソ戦遂行の意志無し」というものであった。更に、ゾルゲは「このような衝突の続発を防止する為には、日本人に対して、一発食らわして、毅然とした厳しい態度を示す必要がある」と勧告したのであった。

この秘密報告を受けて、スターリンは、ノモハンにチョロチョロと出動した関東軍【Kwantung Army】に一発くらわしたのであった。これがノモンハン事件【Nomonhan incident】の起きた最大理由である。

1939年8月、ソ連の狙撃化師団、機械化歩兵師団【Mechanized infantry division】により、関東軍の第23師団は、壊滅状態となった。

その後、スターリンは、極東のソ連軍をシベリア鉄道【Trans-Siberian railway】で、ドイツ東部戦線に送った。

間諜ゾルゲたった一人で、一個師団、否、十個師団の働きに相当すると言われている。

そして、ゾルゲの恐るべき情報収集は、朝日新聞記者尾崎秀美【近衛内閣の依託ブレーン】を使用して「日本軍は、太平洋戦争を開始し、来る12月に真珠湾のアメリカ軍に先制攻撃を仕掛けるだろう」というものであった。ゾルゲは、この情報を発信すべく、部下の無線通信手にメモを渡していた。

しかしながら、この通信手は、このメモをモスクワに発信する前に逮捕されてしまった。007もゴルゴ13も真っ青の凄腕スパイである。日本に於いては、今も昔も変わらない「重大な情報は上層部から、取るにたらない情報は、下から漏れるのである」要注意!

 

←*:【写真説明】ゾルゲのドイツ人部下マックス・クラウゼンは、この無線機を使用してモスクに秘密情報を送っていた。

 

※ 戦史事例:

織田信長の「桶狭間の奇襲作戦は、特別情報担当幕僚「簗田出羽守正綱」と土豪「蜂須賀小六」の情報に基づいて実施された

 War history example : Surprise attack at Dengaku Okehazama was conducted based on the secret information which collected by the special intelligence stuff Masatuna YANADA DEWANOKAMI and a powerful local clan leader Koroku HACHISUKA

 

And Nobunaga use Ninja spies called Ratupa『乱波』agents who disguised the chief of village, farmers, merchants or road guides【道案内】. These Ratupa agents hired by Nobunaga mainly came from free lance samurai【野武士】or powerful local clan leader【土豪】such as Koroku HACHISUKA. These Ratupa agents collected the intelligence and reported to the information staff of Nobunaga, Masatuna YANADA DEWANOKAMI

 

Nobunaga collected information on IMAGAWA force long before the start of war through Ratupa agent. Koroku HACHISUKA who was once a boss of Hideyoshi in boyhood, this time free lance wandering samurai group【野武士】. Koroku HACHISUKA conducted sabotage operation to IMAGAWA force by the order of Nobunaga through intelligence staff.

 

The battle of OKEHAZAMA between ODA force and IMAGAWA force started May 12, 1560. Lord Yoshimoto IMAGAWA and his 25,000 men departed from Suruga province to go up Kyoto to have an audience with Emperor【天皇に拝謁するため】.In this case Yoshimoto IMAGAWA must pass through Owari province where Lord Nobunaga ODA rule. Lord Yoshimoto IMAGAWA and Lord Nobunaga ODA were longstanding opponent【長年にわたり敵対関係にあった】

Lord Nobunaga ODA knew the importance of military information very well. Nobunaga ODA anticipated the invasion of IMAGAWA force and prepared the plot organization by use of powerful local clan leader Koroku HACHISUKA who was a friend of Toukichro KINOSHITA former name of Hideyoshi. Now Toukichiro is vassal【家臣】of lord Nobunaga ODA. And a chief of the 15 foot soldiers【15名の足軽の組頭】.

 

When IMAGAWA force, 25,000 men invaded the ODA territory and attacked and occupied two castles, WASHIZU castle【鷲津城】and MARUNE castle【丸根城】these castles belonged to ODA clan, finally surrendered. Lord Yoshimoto IMAGAWA puffed-up【驕り高ぶった】and had good feeling on his attack success. Yoshimoto thought these two castles could use foothold for Owari province where Nobunaga ODA rule.

 

:   Comment  : 1560年5月19日、今川義元、織田信長の奇襲に敗れる「織田信長は、類稀なる情報通であった」:

Koroku HACHISUKA, former boss of Toukichiro KINOSHITA  Hideyoshi , disguised chief of village proposed to Yoshimoto’s vassal. Congratulations! Perfect victory to capture two castles, WASHIZU and MARUNE are happy event for our villagers

“And well come to Dengaku Okehazama, I am a village chief of Dengaku Okehazama” “Please take a short rest over there, we prepare and serves dinner and Sake”

Koroku HACHISUKA, disguised village chief canalized the IMAGAWA force to Dengaku Okehazama【田楽桶狭間】. The terrain of Dengaku Okehazama is death ground where surrounded by mountains all direction and only one small narrow road pass through it so local people called the place Dengaku Okehazama defile. This defile is good place or killing pockets for a smaller force can strike large force easy. The death ground is Sun Tzu the Art of war prohibit stay there. But Yoshimoto IMAGAWA forgets the Sun Tzu the Art of War.

Koroku HACHISUKA proposed the rest of one night bivouac to make a big victory celebration party. “Please stay here, we are prepared delicious Sake and food for your victory”. So Yoshimoto rested here by the recommendation of Koroku HACHISUKA.

 

Chief of Commander, Yoshimoto IMAGAWA decide to bivouac at Okehazama with only three hundred Lord Guard at bivouac area by the request of village chief. And also he held big drinking combat victory party and rest. This place is very narrow concave ground can not stay and camp large force, so IMAGAWA dispersed formation.

 

Yoshimoto IMAGAWA took one night bivouac at Dengaku Okehazama and all the soldiers enjoyed warm reception. Yoshimoto get drunk on the wine of victory【義元は勝利の美酒に酔っていた】

 

And Koroku HACHISUKA called his subordinate Ratupa and order to report to Nobunaga secretly “Top secret. Yoshimoto IMAGAWA this night stay at Dengaku Okehazama”

 

By the order of Koroku HACHISUKA runner messenger【伝令】dispatched to Nobunaga with IMAGAWA force information. 

Nobunaga ODA received a secret letter in advance dispatched by Koroku HACHISUKA. The secret letter depicted that: “Top Secret, Yoshimoto IMAGAWA rest at OKEHAZAMA, and he will be one night bivouac at Okehazama”

 

Lord Nobunaga ODA got the information on the weather of early morning on May 19, 1560. Nobunaga got information from local old man who can good weather forecast. He said to lord Nobunaga “My lord, tomorrow will be local heavy rain【局地豪雨】fall at Dengaku Okehazama【田楽桶狭間】area, this localized heavy rain fall with thunder”.

 

Lord Nobunaga thought this heavy rain fall would make hard to recognize our accessing force from IMAGAWA’s soldiers. Because of the battle field noise such as whiny of horse and noise of armor contacts were vanished by heavy rain fall.   Nobunaga thought the noise of horses and soldiers was downed out by localized heavy rain. IMAGAWA force soldiers couldn’t hear our 2,500 men force noise by the heavy rain. So he thought we could surprise attack to Yoshimoto force headquarters and chop off Yoshimoto head.

 

Commander in Chief, Nobunaga ODA command only two thousand troops galloped to OKEHAZAMA. He marched with a round route which couldn’t take notice from enemy IMAGAWA force. And attacked IMAGAWA main force headquarters【本陣】. ODA force attacked IMAGAWA headquarters and chopped off the head of Commander in Chief Yoshimoto IMAGAWA.

 

ODA force attacked the Yoshimoto IMAGAWA force couldn’t fight back ODA force because of hangover too much. Commander in Chief【総大将】Yoshimoto IMAGAWA was killed by the first lancer in charge【一番槍】

The reward and praise of distinguished service was awarded by evaluation for one’s achievements and performance【論功行賞】of this battle of Okehazama, to special information staff, Masatuna YANADA DEWANOKAMI 【簗田出羽守政綱】. He reported every movement of Yoshimoto force to Lord Nobunaga ODA. And controlled the Ratupa spies agents. Not for the first lancer of attack to Yoshimoto【今川義元に対する一番槍ではなかった】.

 

【原典】

凡軍之所欲撃、城之所欲攻、人之所欲殺、必先知其守将、左右、謁者、門者、舎人之姓名、令吾間必索知之。必索敵人之閒来閒我者、因而利之、導而舎之、故反閒可得而用也。因是而知之、故郷閒内閒、可得而使也、因是而知之、故死閒為誑事、可使告敵、因是而知之、故生閒可使如期。五閒之事、主知之。知之必在反閒。故反閒不可厚也。

Comment「守将」:means general in charge of special mission.

:Comment「謁者」:means protocol officer.

:Comment「舎人」:means house keeper and gate keeper.

【訓読】

凡そ軍の撃たんと欲する所、城の攻めんと欲する所、人の殺さんと欲する所は、必ず先ず其の守将・左右の謁者【エッシャ】、門者、舎人【シャジン】の姓名を先ず知り、吾が間をして、必ず之を索めて、知らしむ。

必ず敵人の間の来たりて、我を間する者を索め、因りて之を利し、導きて、之を舎【オ】く。故に反間(者)を得て用うべきなり。

是に因りて、これを知る。故に郷間(者)・内間(者)を得て使うべきなり。是に因りて、是を知る。故に死間(者)、誑事をなして敵に告げしむべし。これによりてこれを知る。ゆえに生間期の如くならしむべし。五間(者)の事は、主必ずこれを知る。これを知るは、必ず反間にあり。故に反間は、厚くせざるべからざるなり。

【和訳】

撃ちたいと思う敵軍、攻めたいと思う城、殺したいと思う人物がいるのであれば、まず敵の司令官、敵の城を守る守備隊長、敵の特定人物を守る警護隊長は、むろんのこと儀典官や家事手や門番に至るまで、必ず事細かに密かに調べさせること。

敵の間諜でこちらにやって来て、スパイをしている者を探し出し、これを捕まえて、我が方に寝返えらせる。そして利益を与えて反間諜として用いる。

この反間を介して、敵情を知ることが出来るから、死間を使用して、偽りの情報を流した上で、敵方に偽情報を与えることができるのである。この反間(二重スパイ)によって敵情を知ることができる。更に敵の情報を得る為に、生間を計画どおりに働かせることが重要である。

そこで、二重スパイは、敵の情報活動を知る上で、大変重要な存在であるので、ぜひとも優遇するべきである。

【英訳】

Whenever you want to strike an enemy force or to attack a besieged castle, or to assassin an enemy side key person, first of all, you must to know enemy situation including the name of the defending general of the army or defending castle commander or body guarding officer in charge of chamberlains and protocol officer, including their house keepers and gate keepers etc. So let your spies to find out these enemy person identities and ascertain in details by secret orders and instructions.

You seek and find out enemy spy agents who have come to spies on your country, arrest them and bribe them, and induce them to change your side with many profit. After this you can use them as reverse spies or double agents. By use of this double agent, you can deliver false information to enemy.

You can know enemy information by use of double spies so you make false information for enemy and handed this misinformation to your dead spies to convey to the enemy. By intelligence thus obtained from double agents, you can know the enemy’s situation. It is important to get more enemy information from living spies, so you need living spies to work as planed.

It is essential for a country leader to know about the five kind of espionage, and this knowledge depends on double spies,

So double spiesdouble agentsmust be treated extremely well, because of to get important enemy information.  

 

:Comment「ゴルゴ13」:This is the world of comics “GOLGO thirteen” which is written by Takao SAITO

 

Attention : To use of double agent requires special attention. He has already once betrayed his lord and country, and may be betray you in future. So you must be most intimate with him by pay maximum attention.

Attention to Self Defense Forces personnel : The military attaché of Russian Embassy adhere to the Golden rule of key word “to get the Self Defense Forces personnel is “MICE「ネズミ」”.

M short for Money       お金

I short for Ideology       イデオロギー

C short for Chantarge    脅迫      フランス語

E short for Ego ­              うぬぼれ  自尊心

特に自衛官(含む元自衛官)に対しては「うぬぼれ」を利用されたケースが多いのである。狸穴住在の駐在武官曰く「ヤポンスキーから情報を得るのは、ヨイショと持ち上げるに限る」と。宮永元陸補(中央資料隊一科長:ソ連担当科)がコゾロフ大佐に、萩崎元三等海佐(防大で国際関係専攻)がボガジェンコフ大佐にそれぞれコロリとやられたのは、何れも「オーチン ハラーショー。貴方のロシア語は素晴らしい」でした。

自衛官の諸君!狸穴住んで、「跳梁跋扈」いる駐在武官には、くれぐれも要注意。狸の手先となって隠蔽体質の防衛省から秘密をドンドン持ち出ださないようにして頂きたいものである。

そして、最近は、中国の情報機関の差し金で暗躍する「お色気ムンムンのおネイちゃん」を利用したhoney trapに、してやられた外務省の電信官や海上自衛隊員もいる。要注意。

 

跳梁跋扈 【ちょうりょうばっこ】             

Evil men rampant and prevailing in the world

Comment 1 : 「跳梁」 means “ Hop and jump ”, and 「跋扈」 means “ Rampant or large fish jump off fish catch bamboo net and escape “

 

※   :See:Appendix  1

:MIYANAGA spy incident. Ex-General who loves Russian language very much.

         :宮永スパイ事件 「ロシア語をこよなく愛した元将軍閣下」

      【陸上自衛隊きっての“謀略のプロ”は、ソ連の二重スパイであった】

 

【原典】

昔殷之興也、伊摯在夏。周之興也、呂牙在殷。故惟明君賢将、能以上智爲閒者、必成大功。此兵之要、三軍之所恃而動也。

:Comment「殷」:means Yin (商:Shang) Dynasty.

Comment「伊【イシツ】」:means Mr. Yi Zhi, the founder of Shang Dynasty.

Comment「夏」:means Xia Dynasty, founded by Mr. Wu【兎:Rabit

Comment「周」:means Zhou Dynasty.

:Comment「呂牙」:means Mr. Lu Ya, the founder of Zhou Dynasty.

上智:means the most resourceful person or highly intelligent person.

Year

Name of Dynasty

Name of Emperor

Founder of Dynasty

BC 2200

夏【 Xia 】

兎皇帝【 Wu 】

伊尹【 Yi Yin 】

BC 1700

殷【 Yin 】

湯皇帝【 Yu 】

伊摯【 Yi Zhi 】

BC 1100

周【 Zhou 】

武皇帝【 Pu 】

呂牙【 Lu Ya 】

そして、孫子の活躍した、春秋戦国時代となり、宋・衛・魯・陳・蔡・曹が争うのである。

【訓読】

昔、殷の興るや、伊摯【イシ】は、夏に在り。周の興るや、呂牙、殷に在り。故に惟だ、明君賢將のみ能【ヨ】く上智を以って間となす者にして、必ず大功を成す。此れ兵の要にして、三軍の恃【タノ】みて動く所なり。

【和訳】

その昔、殷王朝が夏王朝を討って天下を取った時、殷建国の功労者伊摯は、打倒した夏王朝の中枢に伊尹が間諜として密かに入り込んでいた。

そしてまた、周王朝が天下を取ったのは、かの有名な建国の功臣呂牙、別名『太公望』が間諜として、敵国の殷の中枢に間諜として入りこんでいて、敵情を知っていたからである。

だから、明君賢将のみが、有能な知恵者を凄腕諜報員に仕立て上げて、これを敵国に密かに派遣して、敵国の情報を得て、この情報を活用して、作戦計画を立案し、成果を出すことが出来る。これらの間諜こそ、戦争の要であり、彼らが得た情報により、全軍は、輝かしい戦果を得ることができるのである。

【英訳】

Once upon a time, at the time of the rise of Yin Dynasty in China by defeated the Kingdom of Xia, Summer Dynasty. Father of construction the Yin Dynasty, Mr. Yi Zhi slipped into the center of enemy Xia Dynasty secretly as a vice minister, double agent of Yin Dynasty in advance.

And also, at the time of the rise of Zhou Dynasty by the well known as Tai Kung Wan, a famous fisher angler, infiltration into enemy center of Yin Dynasty as double agent. Mr. Lu Ya, founder of the Zhou. China history is full of spies and intrigue with double agents.

Therefore only a brilliant lord and / or a wise general can train up gifted person for high caliber spy and dispatch to enemy country in secretly and get valuable information from the enemy. After that the lord and the general making a strategy or operation plan. That is spies are a keystone of information collecting operation. Whole army can get brilliant military achievements in the war by maximum use of the spy collecting valuable information.

 

※    情報将軍「明石元二郎」少将の大活躍:

レーニンをして「勲章を付与したいほどの男」と言わしめた男。

Before the start of Russo-Japanese war. Japanese Imperial Army want decrease the power of Romanoff Dynasty of Russia. The best course of action is to support the anti Romanoff Dynasty guerrilla action.

When Col. AKASHI assign to military attaché at Sankt-Petersburg, the capital of Russian Empire, he received secret mission from Gen. KODAMA, Deputy Chief of Stuff, Japanese Imperial Army. The secret mission is “Go to Stockholm and contact with member of Lenin Communist party and support the subversive activities for the Romanoff Dynasty. And Col. AKASHI support Communist party by donation of one million yen secret money. Today value about ten billion Yen:100億円】. Owing to Col. AKASHI secret support for communist party, which lead to the downfall of the Romanoff Dynasty

German Emperor Gaizel said “Col. AKASHI is the most astonishing person in this century, because of his achievements is equivalent to two hundred thousand Japanese soldiers.” ドイツ皇帝カイゼルをして「明石大佐は、今世紀最も恐るべき人物である。20万の全将兵と同じ働きをたった一人でやってのけた」といわしめた。

Founder of Soviet Vladimir Lenin said himself “I would like to give a decoration to Col. AKASH for our success on revolution”

Col. AKASHI’s achievement is to support and help Russian people who groan under the oppression by Czar. Col. AKASI’s idea is to help oppressed people and it meet the national interest of Japan same as fundamental principle of JICA.

ちなみに、明石大佐は、レーニのことを『礼仁』の暗号命【Code name】を使用していた。

明石大佐のこの偉業に刺激されて「陸軍中野学校」創設された。この陸軍中野学校の校風は「謀略は、誠なり」。

NAKANO school of Imperial Japanese Army’s school motto is “Plot must have sincerity” 

そして、その目指す所は、「東南アジアの貧しい植民地の人々、専制政治に苦しんでいる住民、白人の隷下で虐げられている東洋人を解放し、独立させて、住民側に立った民衆支援こそ、同じアジア民族の務めである」と。崇高・高邁なる思想であった。

そして「国と国家のために、野末の捨石となれ」と教育していたのである。JICAの『人間の安全保障』精神を凌ぐものすごいものであった。笹川良一さんの口癖「世界は一つ、人類皆兄弟」「世界は、一つの家、みんな仲良く」は、即ち「八紘一宇」の世界でもある。

 

※ 情報将軍 福島安正のお人柄:

福島安正は、陸軍士官学校も陸軍大学も出ず、陸軍最初の海外派兵で、英語通訳として台湾に派遣され、陸軍大将まで上り詰めた、努力の情報将校である。

1992年(明治25年)欧州留学の帰途、14ヶ月かけて、15,000km単騎シベリア横断をし、当時建設中であったシベリア鉄道の情報を入手した、異色の経歴の持ち主である。

日露戦争では、満州軍総司令部 総参謀長 児島源太郎と共に、参謀少将として『対露諜報戦』の指揮を取ったのである。

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.18

山本賢英語de軍事『四字熟語』 VOL.18

こんにちは、山本賢です         

◎ 『お爺ちゃん達の国際貢献』 

◎ ”Grandpa’s international contribution”                      

 

明けましておめでとう御座います。

日本安全保障・危機管理学会〔一般社団法人〕の理事長の二見宣さんから、名誉会長の安部晋三総理の連名の年賀状を受け取った。この年賀状には、『平日の毎月6日は、防衛大学、六期生の定例昼食会です。(11:30~13:00、グランドヒル市ヶ谷)とも添え書きが書かれていた。

 

年賀状を受け取った時、二見さんが、日本に帰化して、自衛隊に新隊員として入隊したカンボジア人の隊員を集めて監修した『指差し会話辞典』―『アテンド』のことを思い出した。このクメール後語〔カンボジア語〕と日本語の指差し会話辞典は、クメール語を全然話せない自衛官が、カンボジアの現地で、国際貢献が出来るという優れものです。

この『アテンド』と共に日本語・英語・クメール語『車両工学辞典』等を、カンボジア王国の最高学府プノンペン大学に寄贈してきた。立派な国際貢献だと不肖、山本賢は、思っている。これを『自画自賛』と言う。 

 

二見宣のアテンド自動車工学辞典

戦艦三笠艦上

戦艦三笠艦上

会食が終了し、分かれた時、同期の夏川和也さんに呼び止められ『今度、新しいお仕事を始めました・・・・・・』と言って、一枚の名詞を頂いた。名刺には「NPO法人、平和と安全ネットワーク」:理事長 夏川和也 ; チャンネルNippon と赤字で書かれていた。

この夏川和也さん、2~3年前に『日中戦争はあるか - 拡大する中国の海洋進出と、日本の対応』を書いて「きずな出版」社より世に出した、元統幕議長の超エリートでもある。この時期、不肖、山本賢も『孫子の兵法』を書いて、自衛隊援護協会から出した。

孫子の兵法

 

新しい軍事英語があるのではないかと、『興味深深』スミからスミまで読ませていただいた。そして、中国の戦略の項目では;

『孫子は、目的の為には手段を択ばない冷静な兵法所であり、本家の中国はもちろん、いまや洋の東西を問わず各国の軍事戦略に少なからぬ影響を与えている・・・・・・』との著述があり、山本賢の『孫子の兵法』【中国語・日本語・英語】版; Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of Warの筆者として、とても嬉しかった。

 

グランド・ヒル市ヶ谷を出てから防衛省正門の前にあるJMAS〔日本地雷処理を支援する会〕の事務所に立ち寄った。そして、JMAS副理事長の山崎文夫さんに「チャンネル日本の夏川和也さんの名刺」を見せた。

山崎さん笑いながら夏川さんのことを話した。三年前のことである。CMAC〔カンボジア地雷除去活動センター〕とJMASが共同して『地雷除去小隊長野外携行ハンドブック』を作成したことがある。その編集会議がカンボジアのプノンペンのCMACの大会議室で実施された。その席でカンボジア海軍を退官した軍人がCMACの運用部長として勤務しており、我々と共同で教範作りに汗を流した。この運用部長多くの海上自衛官のお友達がおり、写真を見せてくれた。この中に海上自衛隊横須賀地方総監部の司令と夏川さんもいたとのことである。

世間は狭い、2~3年前に山崎文夫さんのお供をしてベトナムに不発弾処理の現地偵察に行った際、訪れた不発弾処理のNGO 『RENEW』の創始者の話をした。

※ Comment; Project Renewとは、Restoring the Environment and Neutralizing Effect of the Warの略語で『環境を元の状況に復元し戦争の後遺症を無くする』意味が含まれている。 

 

time-chuck-searcy-profile-vietnam1

  

☆ この上記の写真を見た時、ふと『盲亀浮木』という四字熟語を思いだした。

以下、格調の高いTIME〔September 29,2014〕誌が取り上げた元米国軍人で不発弾処理のNGO 『RENEW』の創始者Chuck Searcy 氏の記事を紹介致します。読んで頂ければ幸いです。

 

War to peace;

戦争から平和へ;

An American veteran returns to Vietnam to help make it safer for his former enemy. Nearly 40 years on, Chck Searcy is still fighting the Vietnam War – but now for other side. It’s a September morning and Chuck Searcy, a 69 – years – old veteran is overseeing a team of Vietnamese about to blow up a bomb discovered in a village in the central coastal province of Quan Tri.

アメリカの元軍人がベトナムに舞い戻り、かつての敵のためにベトナムの社会の安全化に貢献をしている。約40年経過した今なおチヤック・セアシー氏は、『もうひつつのベトナム戦争』を戦い続けている。チャック セアシー氏は、この9月に60歳となる退役軍人です。そしてベトナムの中部海岸地域に位置するクアン・トリ省の村で発見された爆弾を爆破処理するベトナム人からなる不発弾処理隊員を指揮監督しているのです。

Because of its proximity to the old DMZ between what was once North and South Vietnam, Quan Tri was subject to relentless bombing by U.S. worships and planes. As a result, the area is infested with unexploded ordnance ( UXOs ).

Now, after a torrential down pour, a UXO-in case a base ball-size cluster bomblet  has surfaced in a village’s garden.  

クワン・トリ省は、旧北ベトナムと南ベトナムの国境線〔北緯17°線〕上の非武装地帯に近いが故に、アメリカ軍の航空機の猛爆撃と米海軍の艦砲射撃を受けた。この結果、この地帯は、不発弾が一杯存在するようになってしまった。そして現在は、野球のボール程度の大きさのクラスター爆弾の不発弾が村民の田畑や庭先にボール爆弾が散乱するところと成った。

Team member use sirens and megaphones to evacuate residents. Sand bags are placed around the explosives. Moments later a concussive detonation rumbles through the hamlet as the deadly weapon is destroyed. “It’s safe now” Searcy, a co-founder of the ordnance-removal organization Project Renew, says.

不発弾処理隊員達は、サイレンを鳴らし、メガホンを使用して住民を非難させ、不発弾の廻りに、土嚢がうず高く積み上げて、爆破処理される。不発弾の爆破処理は、小さな村落を振動させて、悪魔の兵器『爆弾』は、爆破処分され「安全化」されるのですと、不発弾処理組織Renewの創始者セアシー氏は語る。

Searcy says the trip was life-changing:”I was astonished at the complete lack of anger or bitterness or hostility from the Vietnamese towards us returning GIs. It was amazing.”

セアシー氏曰く『私は、ベトナム人が我々在郷軍人に対して、全く怒りや敵視していないことに驚きを感じました』と。

Searcy was struck, too, by the determination of the Vietnamese to rebuild their battle-scared nation. “I began to think that I’d like to contribute because I felt some responsibility as an American for what happened there.

シアシー氏は、ベトナム人がアメリカ軍人を恨んでいないことに対して、感激しベトナムの国造りに貢献をしようと考え、再びベトナムの地を訪れた。  

A few years after his visit to Vietnam, Searcy turned down a good job with the U.S. Department of Veterans Affairs in Washington.

ベトナム訪問から2~3年後、シアシー氏は、米国防省退役軍人業務局の魅力的な仕事を断って、再びベトナムにやって来た。

In 2001 he founded Project Renew with support from the Vietnam Veterans Memorial Fund and the Quang Tri People’s Committee. Key to the operations has been the Use of Vietnamese teams and resources.

2001年、彼は米国ベトナム戦争在郷軍人会の記念資金財団の支援とクワン・トリ省の共産党本部の支持を得てNGO『プロジェクトRenew』を設立した。

 

During the Vietnam War, U.S. force dropped any where between 8 million and 15 million tons of ordnance across Indochina – several times that used by Allied Forces on the Axis powers in World WarⅡ.The U.S. Department of Defense estimate that at least 10% of the munitions failed to detonate on impact.

ベトナム戦争時、米軍は、8百万t~1千5百万tの爆弾をインドシナ半島の隅々にまで投下した。この量は、第二次世界大戦中に、枢軸国軍が投下した爆弾の数倍の量だと言われております。米国防省は、インドシナ半島に投下された爆弾の約10%が弾着時に不発となったと見積もっております。

Since the war’s end, some 100,000 people have been killed or maimed by the residual explosives.

ベトナム戦争が終了後も、約十万人の住民が死亡し、負傷して不具者となる被害が続出した。

 

Project RENEW 

☆   Chuck Searacy “Project RENEW代表”と山崎文夫さんとベトナム大使館防衛駐在官。

 

不発弾の標本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Chuck Searacy さんの部屋の片隅に飾ってあった不発弾の標本や地雷標識。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆  VVAF〔Vietnam Veteran of Association Fund〕;ベトナム戦争参加米国退役軍人財団の大ボスとベトナム現地事務所の

女性マネージャと記念写真。

 

 NGO定例会議;ベトナム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 山崎文夫さん、Quan Tri省人民委員会国際関係部の統裁する『NGO定例会議』に招待され、出席。MAG”Mine Advisory Group”の現地代表や専門家等が出席。JMASも是非、ベトナムに来て下さいネ!山崎さん『現地偵察に来ただけです・・・』と渋い顔。

 

 Project RENEWの玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Project RENEWの現地事務所。 アメリカの国防省後援NGO – ”Golden West”と連携して、不発弾処理を実施している。Golden Westは、米軍の不発弾処理隊員のOBからなり、爆弾を爆破処理することなく信管を離脱して、爆弾の中の炸薬を取り出し、この爆薬を産業用爆薬として使用したり、地雷等を爆破処理をしている。

Project RENEWの皆さん 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Project RENEWの皆さんと玄関前で一緒に記念写真。不肖、山本賢は、寒がりで、暑さにに対しては、ベトナム人より強い。冬物のOD色のジャンパーを来ている。

 

北ベトナムと南ベトナムの境界線

北ベトナムと南ベトナムの境界線

 

☆ ベトナムのドンホイとフエの中間のクアンチ省の北緯17°線に架けられた橋。左側、山本賢。右側が山崎文夫さん。この山崎さん、大のカラオケ好きで、同じくカラオケ大好きのパナマ人軍関係者等に日本製高級カラオケセットを20基を売りさばいたそうである。米国が、パナマにに進攻した頃のことである。米国のパナマ侵攻した頃のお話である。

米国のパナマ侵攻作戦とは、・・・・

Military operation “Just Cause” started on Dec. 20, 1989, US President Bush ordered US Special force to seize and arrest Gen. Manuel Antonio Noriega, the Commander of Panamanian Armed Armed Forces, and once drug-runner big boss and CIA agent. He put on three huts. And brought him to trial in federal court in U.S.A.

US combined force of paratrooper special force and helicopter gun-ship, attack helicopter subdued  the Noriega’s Panamaian

Defense force, General Noriega run away to Vatican embassy in Panama. Finally he was arrested by US special forces soldiers.       

この山崎文夫さん、ノリエガ将軍逮捕の”Just Case”作戦の時、パナマ大使が日本に帰国中であった為大混乱???となったため、自衛官の山崎さんが、大使館の指揮を取ったとか、取らなかったとか。

そして、特記すべきは、防衛庁の正門の前にあるJMASの事務室に勤務する山崎さんと、防衛省の西門前にあるJICA研修所に勤務するJICA副所長の那須隆一さんとは、パナマの大使館員とJICAの勤務者の官舎がおなじ地区の住民であったとか。世間は狭い。

 

北緯17°線に架かる橋

 

☆ 北緯17°線の川に架けられた橋。対岸が北ベトナム、手前が南ベトナム。この川を対峙して『宣伝戦』が行われた。今も、大きな複数の拡声器が残っている。『非武装地帯』。

米軍、南北ベトナム軍戦死者に献花

☆ 米軍及び北ベトナム軍と南ベトナム軍の戦死者に献花する山本賢。

ベトナムの良い子の皆さん ☆ ベトナムの良い子達との記念写真。山崎文夫さんの左側に居る男性の手は、『ボール爆弾』により無くなってしまった。

ドラえもん大好きなベトナムの子供達

 ☆ ベトナムの元気な『ドラえもん』大好きな子供達。 その昔、ベトナムの子供達は、『ミッキー マウス』のキャラクターが大好きでした。ベトナム戦で大嫌いとなり、ベトナム戦後は、『ドラえもん』となった。

 

十年以上前の平成7年のことである。JMASの創始者の土井義尚さんから年賀状を頂いたことがある。土井さんが陸上自衛隊の武器学校長をしていた頃、『軍用語英和辞典』を陸上自衛隊土浦修身会から出版して戴いた。


土井和尚
ビン 
ラディンが画策した『9.11テロ』が起きた前の年の話である。其の年賀状は、『君子豹変』、土井義尚 陸将から土井和尚への見事なる華麗なる転進した写真が添えられていた:

ヘルメットから編笠へ、

戦闘服から法衣へ、

指揮棒から金剛杖へ

図嚢から頭陀袋へ

半長靴から草鞋へ

そして、これは、最も重要で、驚くべきことであるが、『孫子の兵法』を含む「野外令Ⅰ」、「野外令Ⅱ」及び「幕勤」を金科玉条として来たが、「般若心経」であった。【左の写真をご覧あれ、元陸将の面影はない】

Beautiful change: From Lieutenant GeneralLTG】 to Buddhist monk.

From helmet to straw hat.

From Battle Dress Uniform BUDto Buddhist robe.

From swagger stick 〔指揮棒〕to Buddhist monk octagonal stick.

From map bag to sutra bag.

From combat boots to straw sandals.

 

カンボジア大使にご挨拶。

カンボジア大使にご挨拶。

 

☆       土井和尚さんは、法衣姿で小川郷太郎大使にもご挨拶。そして、野外での不発弾処理にも法衣姿である。因みに、土井和尚さんの高校の先輩に中込璋さんという方がおられた。

 

平和構築 爆破処理

☆ JMASの記念すべき不発弾の爆破作業。カンボジアにて。JMASと言う名称もまだない頃の写真である。中央のブルー作業服の男は、陸上自衛隊の施設学校の元『地雷の教官』の杉尾武彦さん。 地雷を埋めたり、地雷を処理したりする作業を学生に教えていた。地雷を『地雷探知機』や『プロッダー』を使って探知確認する代わりに『銃剣で地雷の種類を確認できる特技者でもあった。

この杉尾さん、チョット前までは、JMAS事務所で机を並べて勤務していた。杉尾武彦さんが『アンゴラ担当コオディネータ』で山本賢が『アフガニスタン担当コオーディネータ』をしていた。最近、隣町の団地に住む、杉尾さんを見かけないと思ったら、ガンで死亡したとJMASの職員の岩瀬直子に聞かされ、仰天動地であった。『誰にも知らせるな!』と言われていたそうである。『孫子の兵法』ー『風林火山』の旗で有名な、「甲斐の虎」武田信玄と同じである。武田信玄は、野田城攻撃の際に、不覚にも狙撃兵「鳥居三左衛門」の狙撃に合い銃創を負い、その上、『労咳』―ガン―が基で無くなったと言われている。故人の冥福を祈る!

 

プロッダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 補足説明; プロッダーとは、突き刺し棒のことであり、地雷探知機で地雷や砲弾や鉄くずの反応があった場所を『太くて、細長い針』を何度も突き刺して弾種や地雷の種類を識別するものである。山本賢が手にしているのがプロッダー。

プロッダーの使用法方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ プロッダーの使い方。地雷探知機で反応があった場所に、地雷?砲弾?鉄くず?の確認作業で、最も神経を使うお仕事。

 

2002年土井和尚が設立したJMASのメンバーは、当時は、『オヤジ達の国際貢献』とのスローガンで始めたものの、10年以上となった今は、『お爺ちゃん達の国際貢献と相成った。因みに、日本地雷処理を支援する会の理事長の荒川龍一郎さんによると、現在のJMASの従業員の平均年齢は『62歳』だと言う。  

この本は、JICAの図書館にあります。

この本は、JICAの図書館にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 爆破処理の『爆破処理するための点火機』を操作しているのは、『不発弾にこの人有り』と言われた鈴木昭二さん。また、週間誌等のマスコミの世界からは、和製『和製ハート・ロッカー』とも言われている。

 

そして本日2015年1月15日、Project RENEWから軍事英語.COM宛に下記のようなメイルが来ましたので、皆様にご紹介致します。訳も付けて置きました。

 

Project RENEWからのお便りを紹介致します;
Trieu Phong and Cam Lo Districts, Quang Tri Province
15 January 2015

In the first week of the New Year 2015, 160 items of unexploded ordnance (UXO) were safely removed by RENEW’s mobile Explosive Ordnance Disposal (EOD) teams from people’s gardens, rice fields, plantations and roadsides in two districts of Quang Tri Province, Cam Lo and Trieu Phong.

Most of the munitions, 141 of them, were destroyed thanks to the alert awareness of local people who have become the “eyes and ears” of RENEW EOD teams over the

2015年の第一週、RENEWの巡回不発弾処理班により、合計160発の不発弾が除去されました。不発弾が回収場所された場所は、クワン・トリ州のカム ロとトリュの農耕地や水田や道路等です。

 

years.  Using Project RENEW’s toll-free hotline telephone number, 355411, local residents called 24 times last week to report UXO discoveries to Project RENEW teams.

大部分の弾薬:141発は、爆破処理されました。これは、長年RENEWの不発弾処理班の『目となり、耳となって』活動した住民の方がたのおかげであると思っております。プロジェクトRENEWの事務室に『不発弾を発見した!』との『緊急電話連絡:ホットライン』電話番号35541が24回もありました。

   ごく最近、不肖、山本賢は、日立山梨で潅木除去機の研究開発を実施した中込璋さんと組んで、講話を実施している。二人共、後期高齢者でもある。

カンボジアの国境の町パイリンにて。ポル・ポトの拠点

カンボジアの国境の町パイリンにて。ポル・ポトの拠点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 中込璋さんは、地雷処理、アフガニスタンに於ける劣化ウラン弾調査、退役軍人や難民の職業訓練指導でJICA個人コンサルタントとして、160カ国以上に出張し、国際貢献をした方である。この国際貢献に対して、緒方貞子JICA理事長、カンボジア王国フンセン首相、麻生総理大臣、天皇陛下からも勳章を頂いたり表彰されたりした。

陛下から勳章を賜った直後のことである。アフガニスタンのJICA事務で所長をされた貝原孝雄所長さんから『JICA理事長とフンセン首相と麻生総理と陛下の勳章を頂いた。後残りは、『ノーベル平和賞』ですな」と冷やかされた。

この貝原孝雄さん、事務室の机の上に『コーランのね音』が奏でる目覚まし時計が置いてあり、早速、不肖、山本賢が『地雷・不発弾処理』の公演をする際に使用させて頂いた。

 

この中込璋さん、『地雷の三大輸出国である米国・ロシア・中国に対人地雷全面禁止条約への加盟を促して欲しい』と麻生外相に直訴したとの逸話が残っている。ひよっとしたら地雷処理に造詣の深い公明党党首の山口那津男氏の口添えがあったかも知れない。?????

国会議員議員の中で公明党党首程、地雷問題に精通している議員は、他にいない。アフガニスタンやカンボジアの地雷源に何度も足を運んでいる。

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 公明党党首の山口さん、地雷処理問題を討議する時は、何時も笑顔である。

DSC00455

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ JICA地球ひろばでの中込璋氏の公演。プロジェクターに投影されている建物は、カンボジア地雷除去活動センターCMACの中央整備工場。中込璋氏に設計していただいた。中込璋氏も山本賢も共に後期高齢、共にで元気である。お爺ちゃんたちの達の国際貢献でもある。そして、この車輌整備工場が建てられた頃、CMACのIT長期専門家の藤本誠さん〔現在沖縄のJICA事務室に勤務:このホーム・ページ設計者〕から、『この整備工場が火災で焼けた・・・・』とのE-mailを受けた。

この中込璋さん、目下、JICA地球ひろば副所長の那須隆一さんに、国際貢献のお話を是非させて下さいと陳情中。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

自画自賛  【 じがじさん 】

My painted picture is the best of all pictures in the world that is “Blow one’s own horn or trumpet” which mean “Every potter praises his own pot”. The original meaning come from “Draw-up picture and comments on it, separate each other independently, but later years write comment on it by painter themselves”

「自画」 means “ Picture painted myself ” 

「自賛」 means “ Prize one self ”

 他人が褒めてくれる前に、自分で、自分を褒め称えること。本来の意味は、その昔、『絵を書く絵師』とその絵に『コメントを描く作業』は、別々の人が行っていました。それが、絵師一人で字(コメント)も書くことになった。

 

興味津津  【 きょうみしんしん 】     

Full of interest comes out, it’s like water spring. Full of fascination story comes out one after another, it is like gushing spring.

「興味」 means “ Full of interest ”

「津津」 means “ Gushing out one after another ”

 次々と興味が出てきて尽きない。興味は、後から後から出て来る。

 

君子豹変  【 くんしひょうへん 】     

Lord or wise man adapt himself to the quick change of the circumstances as if leopard’s fur spot change quickly from summer to winter. Wise man adapt himself the change of situation like leopard black spot, but fool and stupid person never change one’s mind and attitude at all.                                                               

「君子」 means “ Lord or gentle man or wise man ”

「豹変」 means “ Spot marks on leopard fur change quickly in autumn season ”

 君子や優れた者は、状況の変化に応じて、身代わりが早い。君子は、豹の斑点が、秋の気候の変化に素早く対応するが、愚か者は、状況の変化に対応することが出来ない。

 

般若心経  【 はんにゃしんきょう 】

The heart of the Wisdom Sutra. The Buddhist scriptures which contain many wisdom and you can get to status “Refrain from pains and disasters” by reading and learn by heart the Buddhist scriptures.  

「般若」 means “ Many wisdom contain in this code book ” 

「心経」 means “ Learn by heart the Stra ”

 最高の知恵が書かれた経典。これを暗唱することにより、多くの『ご利益』が得られる。自衛隊の戦術教範の丸暗記や暗唱も、これと同じ。ご利益がある。

 

風林火山  【 ふうりんかざん 】

Sun Tzu’s the Art of War says ; the Paramount of tactics is “Moving fast like a blast of Wind, silent like a Forest, invade and attack like Fire and stand still like Mountain” 

「風」 means “ Wind ” 

「林」 means “ Forest ”

「火」 means “ Fire ” 

「山」 means “ Mountain ”

 孫子の兵法による戦いの原則。武田信玄の軍旗。故其疾風如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山。

 

盲亀浮木  【 もうきふぼく 】

A very rear chance to meet across which is almost nil in life, it like as if  “A blind tortoise which a float sea surface every one thousands years,  meat across a floating wood which has a big hole to hide by accidentally in the Pacific Ocean” 

「盲亀」 means “ Blind tortoise ” 

「浮木」 means “ Floating wood on the ocean ”

 滅多に会うことの出来ない、幸運な巡り合わせ。千年に一回しか海面に出てこない盲の亀が、洋上で穴の空いた流木に、偶然巡り合わせること。

 

孫子の兵法 第10 地形篇

山本賢の『孫子の兵法』講座

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

 

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

10章 地形篇 

Chapter 10 Terrain

【原典】

孫子曰、地形、① 有通者、② 有桂者、③ 有支者、④ 有隘者、⑤ 有険者、⑥ 有遠者。

【訓読】

孫子曰く、地形に、① 通なる者有り、② 桂【ケイ】なる者あり、③ 支なる者あり、④ 隘なる者あり、⑤ 険なる者有り、⑥ 遠なる者あり。

【和訳】

孫子曰く『地形には、その特性によって、① 接近の容易な地形【通】、② 罠に陥りやすい地形【挂】、③ 争っても何の利益もない地形【支】、④ 隘路【隘】、⑤ 起伏に富んだ険しい地形【険】、⑥ 本国から遠くはなれた地形【遠】に分類される』。

【英訳】

Sun Tzu said that terrain features are classified as follows on it’s nature; Easy accessible terrain, Easy entangled and trapped terrain, Non-profit dead locked terrain, Enclosed defile terrain, Steep up and down terrain, and Far away land terrain from home country.

 

【原典】

我可以往、彼可以来曰通、通計者、先居高陽、利糧道、以戦則利。

【訓読】

我以て往く可【ベ】く、彼以て来る可きを通と曰ふ。通形には、先づ高陽に居りて、糧道を利して、以て戦えば、則ち利あり。

【和訳】

「接近容易な地形」とは、彼我双方にとって、それぞれ良好な接近経路を有し、行き来が容易な地形を『通』と言う。このような接近用意な地形は、視界が良好で、後方連絡線の確保も容易な制高地から構成されており、敵に先んじてこれを占領すれば、我は有利に戦いを進めることが出来る地形のことを言う。

【英訳】

“Easy accessible terrain” for both enemy and friendly force can easily to come and go which has good avenues of approach. This terrain usually has good advantage point which has good field of view and good avenues of approach. It also can use supply lines of goods. If our force occupied this easy accessible terrain in advance to enemy can fight under good favorable condition. Occupy this easy accessible terrain first, so you can get advantage in battle.

 

【原典】

可以往、難以返曰挂。挂形者、敵無備、出而勝之。敵若有備、出而不勝、難以返不利。

【訓読】

以って往く可【べ】くして、以って返り難きを『挂』と日【い】う。挂は、敵に備え無ければ、出でて之に勝つ。敵に備え有らば、出でて勝たざれば、以って返り難くして、不利なり。我出でて利あらず、彼も出でて利あらざるを、支と日ふ。

【和訳】

次に、『出撃は容易であるが、帰還が困難な地形』、即ち『罠に掛かり易い地形』を『挂』という。このような特性の地形に於いては、敵の不備に乗じて攻撃を仕掛けるならば、勝利は可能となる。しかし、もしも敵が十分に防備を備えているのであれば、攻撃しても勝利は得られない。そして退却も困難となり、却って不利な状況に陥る。

【英訳】

NextEasy to sally or sortie but easy trapped terrainthat is the terrain where advance is easy, but if enemy is strong to withdraw is very difficult terrain. That is easy to start attack but hard to return back, it also called trap terrain. On the entangling trapped terrain, if you attack unprepared enemy you can get victory, but if enemy well prepared to your force, you can not get victory. And difficult to retreat so your force fall into very difficult situation.

 

【原典】

我出而不利、彼出而不利、曰支、支形者、敵雖利我、我無出也、引而去之、令敵半出而撃之利。

【訓読】

我れ出でて利あらず、彼れも出でて利あらざるを、『支』と日う。支形は、敵、我を利すると雖【イエドモ】も、我れ出こと無かれ。引きてこれを去り、敵をして半ば出でしめてこれを撃つは利なり。

【和訳】

敵にとっても、我が方にとっても共に「侵入すれば不利となり、閉塞されやすい地形」を『支』という。彼我共に不利となる地形『支』とは、河川湖沼である。このような地形においては、敵が弱点を見せても前進してはならない。むしろ、後退しながら敵を誘引し、その半数が出てきた所を逆襲攻撃すれば効果がある。

【英訳】

Non-profit dead lock terrain when occupied” for both friend force and enemy force such as river, pond and lake etc are disadvantage terrain for both friendly force and enemy force by hold or occupation. Where occupied can not gain profit at all for both side, it is also called “Stand off non-profit gain terrain” Either force can not gets decisive victory by occupation. So you should not advance or attack the enemy, even if enemy you find out enemy weak points or bite. You should induce enemy come out by showing the bit for enemy. You show off the bite for enemy, and when half of enemy come out, you strike the enemy force. This counter attack operation is very effective.

 

【原典】

隘形者、我先居之、必盈之以待敵。若敵先居之、盈而勿従、不盈而従之。

【訓読】

『隘』形は、我先ず之に居らば、必ず之を盈【ミ】たして以って敵を待つ。若し敵先に居りて盈つれば、而ち従うこと勿れ。盈たさざれば、而ち之に従う。

【和訳】

隘路『隘』においては、先に占領し、この隘路口を封鎖して敵を待て。もしも、敵が先に占領してその隘路口を固めている場合には、敵を攻撃してはならない。しかし、まだ十分に固めていない場合には、敵の動きに応じて交戦しても良い。

【英訳】

Operation atEnclosed defile terrainyou must occupy first and sealed it off at narrow entrance and wait enemy coming. If enemy comes first and occupy the defile of narrow entrance pass, you should not attack this enemy. But if you did not occupied the defile yet, you may engage enemy as situation permit.

 

【原典】

険形者、我先居之、必居高陽以待敵。若敵先居之、引而去之勿従也。

【訓読】

険形は、我先ず之に居れば、必ず高陽に居りて、以って敵を待つ。若し、敵先ず之に居れば、引きて之を去る。従うこと勿れ。

【和訳】

起伏に富んだ険しい地形『険』では、先に視界良好な戦場を支配する制高地を占領して、敵を待て。もしも敵が先にこのような要点を占領している場合は、攻撃すべきではなく、後退しながらこれを引き寄せよ。決して敵の誘いに乗ってはならない。

【英訳】

Full of up and down steep key terrainwhere you must start the battle at first, you must first occupy this good field view of advantageous point and wait enemy coming. If enemy occupies this advantage point first, you must withdraw from there. You never attack enemy and never follow enemy’s lure.

 

【原典】

遠形者、勢均難以挑戦、戦而不利。凡此六者、地之道也。将之至任、不可不察也。

【訓読】

『遠』形は、勢均しければ、以って戦いを挑み難く、戦えば而不利なり。凡【オヨ】そ此の六者は、地の道なり。将の至任【シニン】にして、察せざる可からざるなり。

【和訳】

彼我、共に本国若しくは両軍の陣所(指揮所)から遠く隔たった広い地形『遠』に於いて、戦力同等の敵が自ら選定した場所に布陣している時は、戦闘の発動は困難であり、敢えて闘いを求めると不利となり、しかも攻撃しても得るものはない。以上が、六種類の地形に対応するための原理原則であり、細心の注意を払ってこれに精通することは、将軍たる者の最大の責務であり、よくよく熟考すべきことである。

【英訳】

In case of both enemy force and our force locate “Far away distance terrain” from both home country or both headquarters and also occupied on the wide open terrain, it is hard to challenge each other, it is disadvantage to start the attack at first. And even if attack first, the attacker get noting.

Above mentioned, the principles of six different types of terrains are very important to general mission and job, so general must study carefully and understand them perfect. It is imperative to examine them.

 

【原典】

故兵有走者、①有弛者、②有陥者、③有崩者、④有崩者、⑤有亂者、⑥有北者、凡此六者、非天之災、将之過也。夫勢均、以一撃十日走。卒強吏弱日弛。吏強卒弱日陥弛。大吏怒而不服、遇敵對而自戦、将不知其能、日崩。将弱不嚴、教道不明、吏卒無常、陳兵縦横、日亂。将不能料敵、以少合衆、以弱撃強、兵無選鋒、日北。凡此六者、敗之道也。将之至任、不可不察也。

 Comment「大吏means high ranking officers.

 Comment「縦横」means 「縦」と「横」即ち、ある者は横になり、ある兵士は縦になり、秩序が無く混乱していること。

 Comment「選峰」means selected brave soldiers who can use spare head, advance guard point.

【訓読】

故に、兵には、① 走る者あり、② 弛む者あり、③ 陥る者あり、④ 崩れる者あり、⑤ 乱れる者あり、⑥ 逃げる者あり。凡そその六者は、天の災いに非ずして、将の過ちなり。

夫れ勢い均しきとき、一をもって十を撃つは、日ち走るなり。卒の強くして、吏の弱きは、弛という。

吏、強く、卒、弱きを、陥と言う。

大吏【タイリ】怒りて服さず、敵に遇えば恨みて自ら戦い、将も其の能を知らざるを崩と日う。

将の弱くして厳ならず、教道も明らかならずして吏卒【リソツ】は常無く、兵を陳【ツラ】ぬること縦横なるを、乱と日う。

将、敵を料ること能はず、少を以て衆に合わせて、弱を以って強を撃ち、兵に選鋒無きを、北ぐると言う。

凡そ此の六者は、敗の道なり。将の至任【シニン】にして察せざる可からざるなり。

【和訳】

そこで、軍隊には、敗北を招く6個の大きな兵士の規律違反がある。即ち、① 逃亡する者【脱走】、② 規律がゆるむ者【たるみ】、③ 無気力な者【落ち込み】、④ 指揮系統を無視して総崩れになる者【総崩れ】、⑤ 指揮者不在で大混乱、⑥ 敗残・脱走兵【集団大脱走】といった、だらしの無い兵士達の集団大脱走である。これらの6個の敗北を招く規律違反は、自然災害ではなく、将軍たる者の過失によるものである。

そもそも軍の勢力が、双方互角であるのに、十倍もの兵力を要する敵を攻撃し討ち取ることが出来るのは、敵兵が戦闘中に逃亡するからである。

兵が強くて将校が弱い場合は、その軍隊は、撃ち放されて弦が弛んだ弓と同じであり、兵は命令に服従せず反抗的となり、弛むのである。

将校が勇敢であっても、兵士が無能で軟弱な場合には、軍隊は士気が落ちる。

武将達が、将軍の命令指示に服従せずに、自分勝手に敵と遭遇すれば、功名・手柄・私憤から、反抗的感情や、血気に駆られて、目の前の敵との戦闘を開始すると、戦いに敗れる。勝利につながる戦機があるかのどうかを、自ら確認をすることなく、将軍の命令を待たずして、戦闘に突入すると、その軍は自滅する。

将軍が、軟弱で精神的に弱く、軍規を確立することが出来ずに、また、その命令・指示も、見識を欠くと、将校や兵士もたるんで規律が無くなり、部隊の陣形は、荒れ放題となる。これを“ぶたるんだ”部隊という。

将軍が、敵の実情を図り考えることが出来ず、状況判断をする能力がない為に、大部隊に対して小部隊を当てたり、精強な部隊に対して劣弱な部隊をもって攻撃したり、あるいは、先鋒となるべく選び優れた武勇の兵士がいないようでは、軍は敗北する。

およそ以上の6項目は、軍が敗北に至る道(原理)である。将軍の責務として、十分に知り尽くしておかなければ、ならない問題である。

【英訳】

There are six major breach of discipline by the soldiers in the army which lead debacle the whole army. These are Run away soldiers, Loose of discipline soldiers, “No fighting will at all” soldiers, Collapse soldiers by negligence of the chain of command, Soldiers in chaos due to lack of command, Rout in mass soldiers. These are six type conducts of the soldier is not natural disasters, all the responsibilities belong to the general.

When the both force strength and conditions are almost equal, the reason for one size force can strike and defeat ten times sized force is only the defeated enemy solders run away during combat.

The soldiers are strong and officers are lack of management, this is the same as after shooting bow, it string is slacken after arrow leaves the bow string. Soldiers do not obey officer order and relaxed like a bow string of after discharged the bow.

One other hand, if officers are strong and soldiers are stupid and weak, the moral of army will decrease.

If each commander starts the combat without obey the order and instructions of the general, each commander fighting only the point of his personal ambitions or personal grudges, its army will be self destruction.

When general is weak in spirit and can not set up military discipline for his army, and also his orders and instructions are not clear and luck of intelligence. Then, officers and soldiers are lack of discipline, and its force formations far from perfect. This force is called relaxed force at all.

The general can not assess the enemy’s capability properly, so allocate his small army unit engage to enemy large strong force And also order weak and small our force against enemy strong force, and can not select the brave soldiers for advanced guard point by the lack of talented soldiers, these army will be defeated.

These six items are the principle to defeat. These principles must be considered well as general’s responsibilities.

 

 

 

上述の6項目の敗走の原因は、天災ではなく、全て、将軍たる指揮官に在りとしている。「馬鹿な指揮官、敵より怖い」と影口を叩かれないようにしよう。これは「孫子の兵法」を熟読玩味することである。

 Comment「敵前逃亡を含む三十六計逃げるに如かず」Run a way tactics including run away in the face of the enemy is the best tactics of 36 in Sun Tzu tactics plan.

 Comment「精鋭無敵」の関東軍が戦術で勝っても、蒋介石軍と毛沢東軍の「長期損耗戦略」に負けた原因である。戦術・戦略は、読みが深いのである。

※   Comment「将校のサーベルは、敵前逃亡をする脱走兵を切る為のものである」

The officer put saber on his hip. The role of saber is not to attack the enemy it is to prevent the desert of soldiers under enemy’s fire.

In case of Banzai charge【積極果敢な玉砕突撃】by unsheathed Japanese sword shock troops【抜刀切込隊】in the Pacific War, Japanese sword often used for moral boosting not for weapons.   

 

 CommentThis is the good example of Banzai attack【積極果敢な攻撃】of Old Imperial Japanese Army. This is performed by impetuous officer【血気に逸った将校】who lack of ability on stupid tactics. For joke example:

²  One Plane for One Warship.

By use of air plane made by sheets of plywood.

²  One Boat for One Ship.

By use of speed motor boat “Ocean shaker「震洋」” which is also made of sheets of plywood and second hand automobile engine with depth-charge.

²  One Man for One Tank.

By use of carry back type Anti-tank mine which called a sit down floor cushion type anti-tank mine【対戦車座布団地雷】.

²  One Man for One Division.

Handed only one hand grenade. 

²  One Man for 9 red-hair barbarians. ???

Handed ten rifle cartridges. Oh! Miscalculation. One round surplus?

No. Idiot! There is no word miscalculation in Imperial Army. Last one cartridge is for commit suicide.【馬鹿者。間違い! 帝国陸軍には、計算間違いと言う用語はない。最後の一発は、自決用である。】  帝国陸海軍は、勇ましかった。

 

These are almost same as Thirty-second Army’s slogan commanded by Gen. Ushijima. This tactics need superb leadership. 

 

※ この条項こそが日本敗北の原因である。日本軍上層部の正しい状況判断能力の欠如であった。敵情判断を誤り、作戦指導を誤り、部隊運用を間違えた。そして精神主義に走った。陸大で学んだ、丸暗記一筋の高等戦術を金科玉条としていた東条英機曰く「大和魂があれば勝てる」と。竹槍戦術で戦車を串刺しにし、空母を艦底より突き上げ、B-29をも突き落とせと。ギョギョギョの魚。陸大で孫子を教育すべきであった。

昭和19年2月22日付けの毎日新聞記事に「竹槍では間に合わぬ、飛行機だ、海洋航空機だ」の表題の記事で、敵が飛行機で攻めて来るのに、竹槍をもっては戦い得ないのだ・・・」と書いたところ、この記事を読んだ東條首相『竹槍では勝てぬとは、何ごとだ!『反戦思想だ!』と烈火の如く激怒した。陸軍省は、掲載紙の発禁処分とこの記事を書いた新名丈夫記者の処分を言い渡した。そして視力・体力で徴兵検査不合格であった、この新聞記者を強引に入隊させた『懲罰招集』事件というものがあった。

 

※   Comment「リーダーなき組織は、『烏合の衆』である」

The organization without leader is the “Sheep that has no shepherd”.

Karl Von Clausewitz said “One hundred sheep commanded by one lion can get victory over one hundred lions commanded by stupid sleep.” 「一頭のライオンが指揮する百頭の羊は、一頭の羊が指揮する百頭のライオンに勝つ」これ”Civilian control”のことあるネ。「一匹狼」は、「小説」や「絵」になるが、一匹ライオンは、小説にも、絵にもならない。ライオンは、大勢の部下を従えるとその能力を最大限に発揮し、勇ましいが、いったん群を離れて、一匹になってしまうと、何も出来ないのである。真に持って惨めな存在である。

中国には「良い鉄は、『釘』にはならないと同じように、よい人間は、兵隊にならない」という諺がある様に、社会の落ちこぼれは、馬賊や盗賊団に入るか、兵士になるか、何れかの道しかなかったのである。だから、将軍職は、服務指導を含め大変な仕事であった。これに対して、日本は、兵士=武士、兵士は立派な人達である。

 

【原典】

夫地形者、兵之助也。料敵制勝、計險阨遠近、上将之道也。知此而用戦者必勝、不知此而用戦者、必敗。故戦道必勝、主曰無戦、必戦可也。戦道不勝、主曰必戦、無戦可也。故進不求名、退不避罪。唯人是保、而利合於主、國之實也。

【訓読】

夫【ソ】れ地形は、兵の助け也。敵を料【ハカ】りて勝を制し、險阨【ケンヤク】・遠近を計るは、上将の道なり。此れを知りて戦いを用うる者は、必ず勝ち、此れを知らずして戦いに用いざれば、必ず敗る。故に戦道必ず勝たば、主は戦うなかれと曰ふも、必ず戦いて可なり。戦道勝たざれば、主、必ず戦えと曰うとも、戦う無くして可なり。

故に進んで名を求めず、退いて罪を避けず。ただ人を是れ保ちて而して利の主に合うは、国の宝なり。

【和訳】

そもそも地形は、戦闘のための補助手段である。有能な将軍の任務は、敵の動きを察知し、地形が険しいか、平坦であるか、遠いか、近いか、を比較分析しながら作戦計画を立案するのが上級将軍の務めである。こういうことをわきまえて戦いをする者は、必ず勝つが、こういうことをわきまえないで戦いをする者は、必ず負ける。そこで、必ず勝てるという見通しがつけば、たとえ君主が反対しても、断固、己の戦術で戦うべきである。逆に、勝てないとの見通しであれば、主君が、たとえ戦えと指示しても、絶対戦うべきではない。

それ故に、将軍は、独自の判断で軍を進め戦いに勝っても、自分の名誉を求めることもなければ、負けて退却しても責任を回避しない。このような、ひたすら人民の安全を願い、君主への利益をもたらす将軍は、国の宝である。

【英訳】

Terrain configuration is the assistance measures for combat and soldier’s best ally. A skillful general upper class will perceive his enemy’s situation correctly and make calculation as to terrains are steep or not, flat or not flat, and as to distance is near or faraway, and making war plan. He who knows these factors and do a battle with full understand of them will win in battle without fail, but do not understand them will be defeated in battle.

So if general has the foresight for can get a victory by war simulation without fail, in this case even lord says do not fight, general should start the battle his own tactics. On the contrary, when general calculates the battle simulation and get his conclusion of cannot win, general should not start the war even if lord orders the general to stat of the war.

Therefore these able general advance his army with own decision and get victory in combat, he do not seeking his personal good reputation, and also does not evade the responsibility of operation when he defeated at battle.

General who wishes only the safety of people and the national interests from the bottom of heart is the treasures of the nation.

※ 「絶対服従」と「和を以って尊しとする」日本人には、とても出来ないことである。

※   CommentA級戦犯」東條英樹は、国の宝に有らず。勝てば官軍、負ければ賊軍、東京軍事裁判は、インチキ猿芝居の下した判断である。

General Hideki TOJO starts the Pacific war who wishes the safety and profit of Japanese people and Emperor from the bottom of his heart. And started the Pacific war. Japan could fight about 4 years but was defeated and accepted unconditional surrender from United Nations. Gen. TOJO became the Class A war criminal and death by hanging instead of the treasures of nation. General TOJO might be resentment the verdict of International Military Tribunal for Far East 【 IMTEF 】(極東軍事裁判) which is called phony monkey show【インチキ猿芝居】or Kangaroo court【えせ法廷】by great powers【列強国】.

This IMTEF was held at Ichigaya, Shinjiku ward, Tokyo where once a Army division of Imperial Headquarters【大本営陸軍部】

The sentence is

  1. 1.    “Only Japan started evil invasive war【日本のみが邪悪な侵略戦争を開始した】”
  2. 2.    “Japan equal wrongdoer, 日本=加害者”
  3. 3.    “China equal victim,中国=被害者”
  4. 4.    “United States, Great Britain and Soviet are all justice, Japan is a good for nothing 米・英・ソ連は、すべて「正義」。日本は「ならず者」”
  5. 5.    Japan, Germany and Italy are “Axis of Evil” 日・独・伊は、『悪の枢軸』
  6. 6.    United Nations is “Knight of a white horse”連合軍は、『白馬の騎士』

”But Japan only conducted an imitation of western countries colonial policy【植民地政策の真似】as a new entry country【新規参入国】. So Japan has not enough skill to control colony as Great Britain, Dutch, and France.

As for France, when colonized Vietnam, prohibit to use Chinese letter from ancient times, and change into French type spelling【古来の漢字の使用を禁止しフランス式文字に変えてしまった】. Because of stupid French can not read Chinese letter at all.因みに『越南』と書いて「ベトナム」、『昇龍城』と書くと「ハノイ」、『胡志明』と書くと「ホーチミン」。日本が植民地支配のために強要したとされている朝鮮の「創氏改名」も、フランスの植民地政策と比較すると、その実施規模からすると色あせてしまうのである。この「創氏改名」の名残は、今もYS日米共同訓練で残っている。白紙のネーム・プレートを持って来て『俺の名前をカッコ良く漢字で書け!』と。そして彼らは、この漢字で書かれたネーム・プレートを日米共同訓練に参加した記念品として本国に持ち帰るのである。

But if Japan had got victory in WWⅡ, High Excellency Gen. TOJO would have been the treasure of the nation【東條閣下は、国の宝也】without fail.

 In a nut shell, “Might is right” or “Winner is always justice, losers are always in wrong ” 要するに、「勝てば官軍、負ければ賊軍」である。これがUnited Nations【連合国】である。そして現代は、United Nations を国際連合即ち「国連」と訳す。不肖山本は、国連英語B級を保持しているので、この解釈に間違いはない。

 

【写真説明】連合軍の捕虜となるとは『戦陣訓』の手前、大日本帝国陸軍軍人として何とも情けない限りである。

 

 

【原典】

視卒如嬰兒。故可興之赴深谿。視卒如愛子。故可興之倶死。厚而不能使、愛令、乱而不能治、譬若驕子、不可用也。

【訓読】

卒を視ること嬰兒の如し、故にこれと深谿に赴くべし。卒を視ること愛子の如し、故に之と倶【トモニ】に死すべし。厚くして使うこと能わず、愛して令すること能わず、乱れて治むること能わざれば、譬えば驕子の若く、用ふ可【ベ】からざる也。

【和訳】

将軍が兵士達を、まるでいとおしい赤子のように育てて、躾をすると、将軍が兵士を指揮・統率する際に、命令一下、兵士は、将軍と一緒に千尋の谷のような危険な場所にも喜んで行くようになる。兵士達を可愛い我が子のように育てて、躾をすると、将軍は、兵士達と生死を共にすることが出来るのである。

将軍が、ただ兵士を子供の様に暖かく、かつ手厚く育てるだけで、命令を下し、兵士を使いこなすことが出来ないのであれば、兵士はあたかも驕りたかぶった子供のような者となり、ものの役には、立たない。

【英訳】

If general raises and trains his soldiers as if general’s beloved babies, so in case of general command his soldiers at will like his children, and even if general goes to dangerous place such as deepest valleys etc, they follow the general with joy without any doubt. If general raises and trains soldiers as if general’s own beloved children with hard and strict discipline, so soldiers do not hesitate danger and hard work with general.

If general raises soldiers only with warm like a beloved baby and can not command and use soldiers like an arrogant baby, these soldiers can not use in combat at all.

 

※   Comment 1 : 『服従の誇り』

The hard education & training and strict discipline from babies with full of affection. Soldiers bear in mind “The pride of obedience”. This is not “Master and Slave system” of old slavery system. This pride is almost Jihad in Islamic fundamentalist. 

 

【原典】

知吾卒之可以撃、而不知敵之不可撃、勝之半也。知敵之可撃、而不知吾卒之不可以撃、勝之半也。知敵之可撃、知吾卒之可以撃、而不知地形之不可以戦、勝之半也。故知兵者、動而不迷、舉而不窮。故曰、知彼知己、勝之不殆。知天知地、勝乃不窮。

【訓読】

吾が卒の以て撃つべきを知るも、敵の撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つ可【べ】きを知り、而も吾が卒の以て撃つ可からざるを知らざるは、勝の半ばなり。

敵の撃つべきを知り、吾が卒の以て撃つべきを知りて、而も地形の以て戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。

故に兵を知るものは、動いて惑わず、挙げて窮せず。

故に曰く、彼を知り、己を知れ、勝乃ち殆からず。天を知り、地を知れば、勝すなわち窮まらず。

【和訳】

将軍が自軍の攻撃能力だけを知り、敵の戦闘能力がどの程度のものかを知らないのであれば、我方の勝利確率は、五分五分である。

敵の戦力や弱点等を認識して敵を攻撃する方法を知っていても、我が軍の戦力・攻撃能力の状況判断をすることが出来ないのであれば、彼我の勝負の確率は、五分五分である。

敵の戦力を十分知り、我が部隊の戦力を正しく認識していたとしても、地形が我が軍の戦勝に適していないことを知らないのであれば、その勝負の確率は五分五分である。

それ故に、戦術に詳しい将軍は、情勢を善く把握しているので、行動を起こしてから迷う事が無く、また戦いが始まってからは、苦境に立たされ行き詰まることはない。

それ故に、敵を知り己を知れ。そうすれば危なげなく勝つことが出来よう。天の時【天候】と地【地形】の利を知っていて戦う者は、常に不敗である。

【英訳】

If general knows one’s force attacking capability very well, but does not know the enemy preparation for war and all so enemy defense capability at all, the fighting result is “Half chance of victory that is evenness or draw”

If general knows the strength of enemy and its week point very well where to strike in advance, but if general does not know his own soldier’s capabilities and can not decide commander’s estimate of the situation properly, the general can gets half chance of victory.

To know the ability of enemy force very well and to know our force ability very well too, but even if do not know terrain features very well is not good for our force movement and maneuver, the victory percent of our force is fifty-fifty, evenness.

There for general who know the art of war very well, after start of war, he do not wander at all, what I ought to do. And also he does not encounter the risk after the start of war. The reason is he is always perfect analysis is done before the start of war. So it is said that; when you know yourself and enemy, victory is not in danger at all.

Therefore you must know both the enemy and yourself, then you can win in the battle.

Those who know the merits of sky and earth which means weather and terrain on the battle field never defeat by enemy. As to speak another words general who know and maximum use of weather and terrain features can get victory and never defeat by the enemy.

 

 Comment The Sun Tzu said the estimate of the situation is very important. And the commander’s estimate of the situation should be done “Mission, Enemy, Terrain, Troops and Time available. That is short for METT-T”

 

 Comment 遅疑逡巡 【ちぎしゅんじゅん】は良くない。頭が悪いのである。          

It is not good cannot decide quickly by the lots of bewilderments and hesitations, or Unable to make a decision by bewilderment and hesitation.

 「遅疑」 means “ Bewilderment.” and 「逡巡」 means “ Hesitation.”

即決即断 【そっけつそくだん】の方が良いのである。

“Quick conclusion and instant decision” is best in tactics.

Comment 1 : 自衛官の辞書には記載されているものの、裁判官の辞書にはない言葉である。そして「即決即断」は、「独断専行」と相性が良い「四字熟語」でもある。

孫子の兵法 第9 行軍篇

山本賢の『孫子の兵法』講座 より;

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

 

 

 

9章 行軍篇

 

Chapter 9 March

【原典】

孫子曰、凡處軍相敵。絶山依谷。視生處高。戰隆無登、此處山之軍也。

 Comment」means out-look.

 Comment」means up hill slope.

【訓読】

孫子曰く、凡【オヨ】そ軍を處【オキ】き、敵を相【ミル】に、山を絶【ワタ】れば、谷に依る。生を視て高きに処【オ】る。隆きに戦いては、登ること無かれ。此れ、山に處るところの軍なり。

【和訳】

孫子は言う。さまざまな地形に軍を進めて、配置する場合には、あらゆる観点から『地形』と『敵情』について分析検討を実施し、この結果を最大限に活用することが極めて重要なことである。

第一に、機動に任ずる部隊が山岳地帯を通過する場合には、河川や谷に沿って前進する。この際、高い所を見つけて、監視用望楼を設置し、敵の襲撃を警戒しながら、逐次軍を前進させることが重要である。この際、高所に布陣する敵と戦ってはならない。これが山岳戦の基本原則である。

【英訳】

Sun Tzu said that in case of army advancing or marching on various terrains and bivouac at field, it is very important to conduct terrain analysis and enemy situations analysis before the army advance and occupy it’s destination area. After that these analyzed results must be use at maximum.

First of all, in case of maneuvering force marching through mountain terrain, the maneuvering force must be advance as close as the foot of mountains where usually valley or river locates. In this case, it is essential to setting up observation posts on high point for security.

And then if you encounter the enemy which occupied at high place, you should not fight this enemy. This is the basic principle of the mountain operations.

 

Question and Answer

ここで「質問」です。何故、山越えをするときには、谷に沿って、低い所を前進するのでしょうか?

「答」;「飲料水」と「馬草」を確保することが出来るからです。中国は、水の無い国土です。日本のように、山の頂上まで草木が生えていません。

 

【原典】

絶水必遠水。客絶水而来、勿迎之於水内。令半濟而撃之利。

 Comment「客means invading enemy force【侵攻軍】.

【訓読】

水を絶【渡れ】たば、必ず水に遠ざかること。客、水を絶【わた】りて来たらば、これを水の内に迎うる勿かれ。半ば濟らしめて之れを撃たば利なり。

【和訳】

次に渡河作戦については、川を渡り終えたならば、速やかに水際から遠さかることが重要である。決して河岸に止まってはならない。

敵が川を渡って攻めて来たならば、敵が川の中に居る間にこれを迎え撃つのではなく、敵の半数が川を渡り終えた時点で、これを迎え撃つのが有利であり、こうすれば敵を殲滅することが出来る。

【英訳】

Next as to river crossing operation, after you crossed river, you must leave the river side as soon as possible. You should not stay river side for a long time.

If the enemy come across the river and attack us, you should not fight back at once, you must wait attack until the half of the enemy force complete river crossing, and then attack the enemy. This is the best timing for attack, you can annihilate whole the river crossing enemy force.

※ An example of war history on river crossing operation

渡河作戦の戦史事例 : 四字熟語の『宋襄之仁』 【そうじょうのじん】は、渡河作戦から生まれた「四字熟語」である。  


 

 The original source story as follows

In the Spring and Autumn period in China, there were good lord Jo【譲公慈父】of country Song「宋」. Country of Song「宋」was surrounded by two opposing strong countries. The lord of Jo 【襄公慈父】 was a very honest and peace love lord. And his foreign policies were peace with foreign countries with lots of ODA donation and defensive defense policy【専守防衛】 like Japan.

One day neighboring country So 【楚】 force invaded Song country to cross the border line river at Hong. Song country was ready for combat formation【戦闘準備完了】

When river crossed operation, enemy force’s formation lost and disturbed. This phase was good timing to attack. Military advisor of Song【宋】 advised his master lord also supreme commander of Song【宋】. “The enemy is many and we are very few. I request lord Jo permission to attack enemy cross the river” This was the best timing to attack the enemy formation. But lord did not approve it. Lord Jo 【襄公慈父】 said to military advisor “ We can not attack enemy at this moment because of enemy tail 【後方部隊】 still in enemy country. To attack enemy out side our country prohibits by our country’s law. Because our constitution prohibits preemptive attack so we can not attack. So we can not attack the enemy at this moment.

And next phase after enemy crossing the river, enemy force disordered chaos formation. Military adviser suggested let us attack while enemy was disordered. But the lord did not allow attacking the enemy in confusion. Because of principle of lord Jo 【襄公慈父】 was the perfect virtue【仁】 did not allow it. He attacked after the So force completed the attacking formation with fair and squire attitude. But this Jo force attack was failed and defeated by the enemy So 【楚】 force. Country Song【宋】 disappeared in China history, but left famous 4 letters 『宋襄之仁』 in history.

That is Japan defeated by the foreign country invasion and disappear Japan on the globe but remain the word “The Article 9 of the peace constitution” and “Exclusively-defensive defense or Self Defense only” in history.

宋の襄公慈父【じょうこうじふ】曰く『君子は、他人の困難にはつけ入らないものだ』いい言葉ですが、「自衛隊の戦術」や『孫子の兵法』とはかけ離れた次元のお話です。

 

          For example, Japanese MBT 【Main Battle Tank】has large stop lights and traffic indicators so as to easy hit the enemy shooting. To say as if “Please hit me” 【どうぞ撃って下さい】to the enemy.

And a destruction stock pile of land mines and cluster bombs which is most effective weapons for self-defense only not attack weapon. But lots of pacifists say land mine is demon of weapon or attack weapons. This groundless theory only depend on the story that………………..

Once, the Pol Pot Army of Cambodia drove the large number of refugee into mine field pocket to death. That is intentionally canalized refugee to mine field and death. And this sad story exaggerated alone by oneself. Mine is an attack weapon. Mine is originally good and effective defense weapon by use of discipline army. But poor discipline army or sloppy force use land mine to cause tragedy. This is same as pistol. Pistol is proper weapon for policeman, but not for gang. Land mine is same as pistol. It needs sever usage restriction. This is my personal opinion as mine clearance specialist and EOD【Explosive Ordinance Disposal】specialist.

 

『仁義無き』『先制攻撃』こそ、『安価』な戦いで勝利を収める最良の「防衛」策であるとする戦略もある。こてを『外科手術的航空攻撃』:Surgical air strike attackと呼んでいる。悪い所をピンポイントで航空攻撃をする戦術である。刮目すべきは、日本の真珠湾攻撃をSneak attack「騙し撃ち」と非難した米国が、先制奇襲攻撃を正当化しているのである。アメリカは、常に、二枚舌なのである。

仁義無き、先制攻撃で、適時適切に、各個撃破するのが安価な国防方針です:

The victory of war only can gets fast preemptive attack and defeat in detail with virtue less fight and also never lose good timing with cheap budget.

“Preventive attack” and “virtue less combat” and the advantageous position and good timing are the success of war.

 

覚えておこう「四字熟語」

宋襄之仁【そうじょうのじん】

☆  The perfect virtue 【仁】 of the Lord Jo 【襄】 of country So 【宋】 failed in many combats and finery ruin country, but remains his name[宋譲] and perfect virtue[].

刮目すべきは、孫子大好きの毛沢東主席が「We are not like the lord of Song! 」と言っていることである。

 

【原典】

欲戦者、無附於水而迎客、視生處高、無迎水流、此處水上之軍也。

【訓読】

戦わんと欲する者は、水に附きて客を迎えること無かれ、生を視て高きに拠り、水流を迎えること無かれ。此れ水上に拠【ヨ】る軍なり。

【和訳】

もしも敵と戦闘を交えんと欲するのであれば、水際に陣地を構築して、敵を迎え撃ってはならない。戦場を支配する緊要地形である高地を占領して敵を待っこと。舟戦さを含め、川下にいて、川上の敵と戦っては、ならない。以上が、河川を利用して、戦うときの戦術である。

【英訳】

If you want fighting against river crossing enemy at liver line, you should not make defense line at river side. Because of foot holding of river side is not strong. So you should occupy high place which is strong foot hole or on the key terrain, and waiting for enemy coming with patient.

And also you should not fight from down stream of river against up river enemy force including boats fighting. This is an example of river line fighting with boat tactics which is maximum use of up river position advantage. Up stream ships can make use of down stream water speed. But down stream ship can not make use of water stream speed.

 

【原典】

絶斥澤、惟亟去無留、若交軍於斥澤之中、必依水草、而背衆樹、此處斥澤之軍也。

 Comment」means flat mud ground.

【訓読】

斥沢を絶【ワタ】れば、ただ速やかに去って、留まること無かれ。若し軍を斥沢の中に交うれば、必ず水草に依りて衆樹を背にせよ。

これ斥沢【セキタク】に拠るの軍なり。

【和訳】

沼地を通り抜ける時には、迅速に通過すること。もしも、やむを得ず、沼地で戦うことになったならば、必ず飲料水と飼料の草がある傍で、森林を背後にして布陣すること。これが湖沼地で布陣する軍にとって必要なことである。以上が低湿地地帯に於ける戦闘の基本である。

【英訳】

When maneuvering force pass through the lakes and marshes land must pass through quickly. But when circumstances required fighting near or around the lakes and marshes land, you must take a position near clean portable water for soldiers to drink and lots of glass for horse to feed and keep forest behind you for self-defense. This is an example of tactics which must know about positioning force in the lakes and marshes land.

The above mentioned is the basic methods of passage on the lake and marshes rich terrain.

 

【原典】

平陸處易、而右背高、前死後生、此處平陸之軍也。凡比四軍之利、黄帝之所以勝四帝也。

 Comment「死」means down hill slope.

 Comment「四帝」means four emperors that is Red Emperor, Blue Emperor, Black Emperor and White Emperor.

【訓読】

平陸には易に処りて而して高きを右背にし、死を前にして、生を後ろにせよ。此れ平地に拠るの軍なり。凡そ此の四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちし所以【ユエン】なり。

【和訳】

平坦な開闊地形では、足場の良い行動の容易な場所に陣地を構築すること。陣地の背後と右翼を高地を背後に委託すれば、戦場は左前方のみとなり、右翼側方と後方の安全は地形で防護することが出来る。以上が平坦な地形における戦闘の基本である。

かの有名な黄帝は、上述した「山岳・河川・湖沼及び平地」の4種類の地形での戦闘の基本戦術を応用することによって、4人の他の皇帝〔諸侯〕に勝利したのでございます。

【英訳】

The fortification of defense position on the flat terrain, you should be selected the place where easy to move and fighting. And if you can select, both right flank and back high mountains, you can concentrate upon attacking the enemy in front. This reason is the most of arrow shooters are right-handers. The above mentioned is the basic fighting principle on level terrain.

The famous Yellow Emperor can get victory over 4 hostile Emperorslords by applying above mentioned the four basic combat principles on fighting at mountains, river sides, marshes west land and plains.

 

 Question and Answer

Question

When force take a position on level ground, why force right wing entrust high ground?

 Answer 

Most part of soldiers are right handed persons. So in case of shooting the arrow, they can grip the bow in left hand and grip tail of the arrow in right hand for shooting. And foot lancer wilding a long lance holds by it’s left hand is forward and rear part of the lance holding by right hand and also halberd【槍斧】same as lance. So arc of defense center is not middle of front direction rather than right side. So infantry soldiers attack abilities is stronger left-hand forward direction than right-hand forward direction. This is right flank entrust on high hill for safety.

 

 War history It is said Yellow Emperor invented“司南車(指南車)”which meant“Point to South direction car”indicated South direction by using gears and natural magnets. Yellow Emperor Force can get victory without lose its own way in the dense fog by use of magnetic compass car. 

  戦史 : 黄帝は、「司南車」(指南車:南の方向を指す)を発明したと言われております。指南車とは、天然の磁石と歯車を使用して南の方向を示すことが出来る車である。黄帝軍は、濃い霧の中を迷うことなく、磁石を利用したコンパス(北を指す)を使用して戦争に勝利したとのことである。

 

【原典】

凡軍好高而悪下、貴陽而賤陰。養生而虔實。軍無百疾、是謂必勝。丘陵堤防、必虔其陽而右背之、此兵之利、地之助也。

【訓読】

凡そ軍は、高きを好みて、低さを悪み、陽を尊びて、陰を賤しめる。生を養いて実に処る。軍に百疾無きは、是れ必勝と謂う。丘陵・堤防には、必ずその陽に拠りて、而してこれを右背にす。此れ兵の利、地の助け也。

【和訳】

およそ軍隊は、高地を好み、低地を嫌う。また日当たりの良い南面を好み、日当たりの悪い所を嫌う。飲料水や食草の豊富な場所や、生気を養うことの出来る堅固にして有利な場所に野営し、種々の疫病が起こらない場所に駐屯することが、軍が必勝するための前提条件である。

軍が丘陵や堤防などにおいて布陣する場合い、その東南に位置する日当たりの良い場所を選定する。陣地構築する際には、陣地の右翼及び背(後方)を丘陵や堤防に委託する。これが戦術でいう地形の利用である。

【英訳】

In sum, all armies prefer to stay high place than to stay low place, and like sunny side place than dark shadow place.

Soldiers like camp on hard ground where to vitalize soldier spirit with rest & recreation, and also bivouac on the place where easy to get a lot of foods and can drink clear water, so soldiers will not suffer from illness. This is the essential requirements to get victory in combat.

In case of army holds or occupy the position on hill, select southeast direction side where get a lot of sunshine. And in case of building a position or emplacement, right flank and back are protected by hill or mount. This tactics depends on most soldiers are right-handler. In case of the soldiers shooting the arrow, they can hold the bow in left hand and the arrow in right hand, and shooting direction is left side enemy, and also they can use the lance put the left hand forward and right hand back. And attack direction is left.  So the right direction and its back entrust hill or mountain.

 

【原典】

上雨水沫至、欲渉者、待其定也。

【訓読】

上に雨ふりて、水沫至らば、渉らんと欲する者は、其の定まるまで待て。

【和訳】

川の上流で大雨が降り、川の水が増水し、泡だっているのであれば、洪水の恐れがあるので、渡河作戦を中止すること。水位が下がるまでその場で待機せよ。

【英訳】

When you come across the fording place and to know the water level of river rising and water contain air bubbles by the heavy rain fall of up stream area, you must wait until the water level down.

 

【原典】

凡地有 ①絶澗 ②天井 ③天牢 ④天羅 ⑤天陥 ⑥天隙、必亟去之、勿近也。吾遠之敵近也。吾遠之敵近之、吾迎之敵背之。

【訓読】

凡そ、地には①絶澗【ゼッカン】・②天井【テンセイ】・③天牢・④天羅・⑤天陥【テンカン】・⑥天隙【テンゲキ】あらば、必ず亟【スミヤ】かにこれを去りて、近づくこと勿れ。吾れは、危険な場所から速やかに遠ざかり、敵には、危険な場所に近づくようにせしめよ。吾れは、これを迎え、敵にはこれに背せしめよ。

【和訳】

およそ地形には、選ぶべき地形と、選んではならない地形の二種類がある:近づいたり、入ったりしてはならない地形とは;

①.    両側が切り立った深い谷間

②.    自然の水の溜まり易い窪地で井戸のように四方がそびえる場所

③.    出口のない天然の牢獄の様に三方が山岳で囲まれた所

④.    自然の『鳥網』のような草木の生い茂った所

⑤.    自然の落とし穴のような足元の悪く身動きが出来ない窪地

⑥.    自然の地隙間が迫りくる先細りの凸凹した所は、近づいては、ならない。

必ず早くこれらの危険地域から速やかに遠ざかること。一方、敵には、危険地域に近づくべく仕向ける。我は、この危険地域を前にして防御陣地を構築し、敵には、この危険な場所が背後になるように仕向けよ。

【英訳】

There are two types terrains where you should be chose and you should not be chose. When you are encounter the following terrains you must not access and if you step into these terrains by mistake, you must leave this place as soon as possible.

①.   絶澗  Deep valley both sides steep cliffs,

②.   天井   Natural well terrain where spring came out and sunken place such as marshland,

③.   天牢   Natural isolated basin where has three side steep cliffs like a jail and no escape root except front,

④.   天羅  Natural grass and bush covered terrain which entangle the plantation like a bird catching net or thick jungle,

⑤.   天陥   Natural sunken place like a falling trap, and

⑥.   天隙   Natural ground crack and uneven ground etc.

You never approach above places and if you enter by mistake, you must leave the place as soon as possible.

While we must leave out danger area quickly and let the enemy show the lure to approach this dangerous places. And also it is important let the enemy’s back to the dangerous terrain and we use danger area as front defense barrier.

 絶澗【ゼッカン】とは、険しく切り立つ絶壁に囲まれた谷間。オサマビン・ラディンの大好きな場所。オサマビンラディン聖戦士は、常に銃手入れを欠かさない。ピカピカに磨き上げているのである。有事即応。銃手入れの嫌いな自衛官も見習うべし。

 オサマビンラディン

写真説明】アフガニスタン・パンジシール渓谷やトラボラの洞窟内のビンラディン聖戦士。


Panshir Valley in Afghanistan  is called the graveyard of Soviet Main Battle Tank MBTand GAZ Gorkovsky Automobilny Zavod:ソ連自動車国営工場】because of lots of the wreckage of Soviet MTBMain Battle Tankand military truck.【ソ連の主力戦車や軍用車両の残骸】scattered in the valley attack by mujahidin guerrilla【イスラム】or freedom fighter【自由戦士:レーガン大統領がヨイショと持上げた】or jihadist【聖戦士:オサ マビン ラディンの呼称】.

現在においても、岩石ゴロゴロ、兵器ゴロゴロ、地雷ゴロゴロ、山賊ゴロゴロ、武装解除されていない軍閥と山賊の巣である。これをtribal area【国の司法権が及ばない地域】という。

JMAS【日本地雷処理を支援する会】は、目下、DDGDemark Demining Group】と共に、パンジシール渓谷の入口の近くで、元タリバン兵士約80名を使用して、想像を絶する自然環境の下、地雷除去の合弁事業を実施しております。そしてこの渓谷の奥には、オサマビンラディンが潜伏していたこともあるトラボラの洞窟もあります。

JMASは、この入口の手前でスエーデンのNGOと地雷除去の共同事業を実施しております。

 

 

 

 

 Comment「危険地域」means  絶澗  Deep valley both sides steep cliffs  ②  天井  Natural well like terrain where spring came out and sunken place such as marshland,  天牢  Natural isolated basin where has three side steep cliffs like a jail and no escape root except front,  天羅 Natural grass and bush covered terrain which entangle the plantation like a bird catching net or thick jungle,  天陥  Natural sunken place like a falling trap, and  天隙  Natural ground crack and uneven ground etc.

 

【原典】

軍行有険阻瀇井葭葦山林蘙薈者、必謹覆索之、此伏姦之所虔也。

 Comment

『瀇井』 means pond and well.

『蘙』means dark and shadow place.

『薈』【ワイ】means bush.

『姦』【カン】」means bad guy such as enemy ambush soldier or spay.

【訓読】

軍の行きて、険阻【ケンソ】、瀇井【コウセイ】、葭葦【カイ】、山林、蘙薈【エイワイ】有れば、必ず謹【ツツシ】んで之を覆索せよ。これ、姦【カン】の伏する所なり。

【和訳】

軍の進撃途上に、「隘路」、「葦や水草の生える河川湖沼」、「厚く生い茂った山林」などがある場合には、徹底的に事前偵察を実施しなければならない。このような場所には「敵兵や間諜」が待ち伏せをしている可能性があり、観察力が必要である。

【英訳】

On the way to advance the army, if you meet across dangerous terrains such as “defile”, “river, lake and marsh land with full of water grass”, “mountain and forest” and “shadow place with bush” you must be conduct terrain reconnaissance in advance. Because of these places must be hides and ambushes bad guy such as enemy soldiers and spies. So needs observation power for commander.

 

【原典】

敵近而静者、恃其険也。遠而挑戦者、欲人之進也、其所居易者、利也。

【訓読】

敵、近くして静かなる者は、その険を恃【タノ】むなり。遠くして戦いを挑む者は人の進むを欲するなり。その居る所の易なる者は利するなり。

【和訳】

敵が近くに居りながら静まり返っているのは、その地形の険しさを頼みとしているからである。遠くに居ながら合戦を仕掛けるのは、相手側の進撃を望んでいるからである。その指揮所が平坦な地形にあるのは、我軍を誘い出そうとしているからである。従って、指揮官は観察力が必要である。

【英訳】

When the enemy is close at hand and still remains quiet, enemy force rely on steep key terrain. If the enemy attacks our force in small group from a long distance, enemy is trying to lure out our force, so you do not bite enemy lure. Enemy wants our force advancing. Also enemy field command post on flat terrain is lure out our force to be bit. 

 

【原典】

衆樹動者,来也。衆草多障者、疑也。辞鳥起者、伏也。獣駭者、覆也。塵高而鋭者、車来也。卑而廣者、徒来也。散也條達者、樵採也、少也往来者、営軍也。

【訓読】

衆樹の動くは、来るなり。衆草の障多きは、疑わしむるなり。鳥起つは、伏なり。獣、駭【オドロ】くは、覆なり。塵高くして鋭きは、車来たるなり。卑しくして広きは、徒来るなり。散じて条達するは、樵採するなり。少なくして往来する者は、軍を営むなり。

【和訳】

風も吹いていないのに多くの木々が動くのは、敵が密かに攻めて来た兆候である。多くの草々が覆いかぶさっているのは、伏兵が偽装して待ち構えているからである。鳥が驚いて飛び立つのは、伏兵がいる証拠である。獣が怯えて逃げるのは、敵の奇襲攻撃がある証拠である。

砂塵が高く舞い上がっているのは、戦車部隊が攻めて来たからである。一方、砂塵が低く全域を覆っているのは、歩兵部隊が攻めて来たからである。

砂埃があちこちに散在するのは、野営をするための薪を取って集めて、炊事しているからである。少しばかりの砂埃があちこちに散見されるのは、そこで野営をしようとしているのである。

【英訳】

Many trees and grasses rustle without winds, it is signature of the enemy is coming and approaching by secretly put on camouflage net and grasses.

If lots of grasses and weeds are covered over the ground, enemy ambush soldiers deceive you with camouflage. Be careful.

The birds fly away all of sudden with astonishments are the sign of enemy soldiers lying in ambush secretly. When the wild animals run away with frightened from bush is a sign of enemy soldier plan to surprise attack us.

Large clouds of dust in high straight columns indicate the approaching of chariot forces coming for attack. On the other hand, low and wide area dust clouds covered with ground is the sign of large infantry troops coming soon for attack.

Many clouds of dusts rise at random scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire. And small many dust clouds here and there are enemy troops plan to bivouac there.

 

 Comment捲土重来」means “Once defeated army recovered it’s strength and coming back again to attack with large clouds of dust in the air”.

 

 CommentThe most proud tactics of Old Imperial Army and Grand Self-Defense Force is Banzai attack with bayoneted rifle and with camouflage net and grass.

 

 

※ War history

General Yoshiie MINAMOTO【源義家】nick name Taro HACHIMAN like and known the Sun Tzu’s the Art of War. And he learned by heart all the chapters 13, including the sentence of “Suddenly birds flying away with astonished are the sign of enemy soldier ambushed” 

In actual combat “Campaign at after 3 years【後三年の役】” which was internal strife between Yoshiie MINAMOTO and Iehira KIYOHARA【清原家衡】General Yoshiie to see wild goose flying formation over a pond. All of sudden, wild goose flying formation change, why??? He noticed the enemy force had to hide in the bush so wild goose could not make landing.

General Yoshiie ordered his men to scout the lake side bush and find 30 enemy soldiers hiding there. And killed ambushed guerrilla.    

 

 Comment「条達」means “Cutting woods binding it by rope and pull it make sand cloud ”.

※ War history

“The 4th battle of Kawanakajima on September 9 ~10, 1561

「第四次 川中島の戦い。1561年 9月9日から10日」。

「越後の竜」対「甲斐の虎」 

“Dragon of Echigo” vs. “Tiger of Kai

 

軍師山本勘助の「啄木鳥戦法」破れたり。

 

Do you know“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】of Military Advisor Kansuke YAMAMOTO.

Kawanakajima is the important place on strategic point where concentrate roads. Both Shingen TAKEDA, Tiger of Kai and Kenshin UESUGI, Dragon of Echigo, or Son of Bishamonten contested at Kawanakajima.

Lord Kenshin UESUGI and his troop 18,000 men came from Echigo and encamped at Mt. Saijozan. While lord Harunobu TAKEDA station at Castle Kaizu with his 20,000 troops. The distance Kaizu-castle and Mt.Saijo is about 2 km. 

Kansuke YAMAMOTO proposed lord Harunobu the attack plan of Kenshin UESUGI who stationed on Mt. SAIJO by“Woodpecker tactics

Lord Shingen said “Oh! It is the Sun Tzu’s the Art of War【孫子の兵法でござるな】. Master Sun Tzu said that the surrounded enemy【包囲した敵】must prepare escape rout【逃げ道】. So you must open for escape route for enemy and we ambush【待伏せ】the enemy. And annihilate【殲滅】”

Military advisor explained to lord Harunobu his attacking plan;

First, our force divides two. One is the SAIJOZAN Separate Independent Attacking TAKEDA Force【妻女山武田別働隊】which consist 12,000 soldiers. Main force and headquarters 8,000 men remain here. The role and purpose of the Separate Independent Attacking Force drive out enemy soldier in barricade on SAIJOZAN like woodpecker knocking out worms from the wood.

Second, another Ambush reserved Force which consist of 8,000 soldiers at Hachimandaira where come out deserted soldier attack like woodpecker eat worm. Come out soldier captured by“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】which is one of the castle attack tactics by one force attacking the castle and another force ambush out side and waiting up enemy come out. If enemy came out from castle both of our forces pincer attack【挟撃】them.

This attack plan was adopted by lord Harunobu without any correction. And the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force leave the Kaizu castle at time of Rat【子の刻】at midnight under the pitched black knight to Mr. Saijo … … … … … … … ……….

But this woodpecker tactics failed. Because lord Kenshin UESUGI who knew the Sun Tzu’s the Art of War very well but did not like it. Because of Sun Tzu’s the Art of  War recommended the plot and deception. Kenshin UESUGI observed Kaizu castle from Mt. Saijo as usual. But today evening, Kaizu castle is different from usual. There are lots of smoke pillows rise from Kaizu Castle. Why??  Also lots of flags and pennants are moving. Why??

 

 

 

They must be prepare make rice balls for tomorrow break fast why???  He get answer from Sun Tzu’s the art of war Chapter 9Many clouds of dusts rise at random scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire.

So Kenshin UESUGI decided his force leave and descended Mt. Saijo before enemy came here to prevent surprise attack. And attack the enemy main body. So he and his force leaved the Saijosan at that night. And he ordered to make bonfire and stood UESUGI force standards【上杉軍隊旗】as if his force station at Mt. Saijo still. And all Uesugi force descended the Mt. Saijo and attacked main body of Singen TAKEDA which remained only 8,000 troops.

Next morning the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force attacked Mt Saijo. But there was no enemy at all. Only the gun shooting sound was heard from Kawanakajima.

Takeda main force, 8,000 troop waiting with“Crane wings formation”【鶴翼の陣】which like crane spreads both wings.

Uesugi force, 13,000 troops attacked Takeda Force by use of “Wheel attack formation”【車懸かり陣】which contact the enemy by new fresh attack troop in succession by Uesugi Force. Wheel attack formation was American Indian’s attack the wagon train.

 

鞭声粛粛夜過河

暁見千兵擁大牙

遺恨十年磨一剣

流星底逸長蛇

♪~ 鞭声 粛々 夜河を渡る ~

♪~ 暁に見る 千兵の大牙を 擁するを ~

♪~ 遺恨なり 十年~

♪~ 一剣を磨き~

♪~ 流星、光底、長蛇を逸す~  by Sanyou RAI

謙信の騎馬部隊を制御する鞭の音も殆ど聞こえてこない、真っ黒な墨を撒いたような夜の渡渉作戦が密かに行われた。朝方、霧が晴れると数戦の謙信軍が牙をむいて総攻撃を仕掛けて来た。いざ合戦と。十年このかた磨き抜いて来た、一剣を振り下ろしたが、流星の如く走った剣光の下、長蛇の大物の敵の総大将信玄を取り逃がしてしまったのは、遺恨なり。真に残念至極なり。

 

♪♪♪  Kenshin UESUGI cavalry force carried out fording operations at night secretly under the cover of pitched black night without sounding except soft touch sounds of horse with whip. ~~♪

♪♪♪  At the next morning clear the morning fog, all of sudden appeared the Kenshin cavalry force which plan to attack Shingen main force by surprise attack“Wheel attack formation”which contact the Shingen main force. ~~♪

♪♪♪  Kenshin cut down Harunobu by a Japanese sward which polishing ten years more with grudge. Harunobu defended Kenshin’s attack by military leaders fan【軍配】~~♪

♪♪♪  Kenshin UESUGI failed to kill Shingen TAKEDA. This is very regrettable for Kenshin. It is a real disappointment. ~~♪

 

For reference Kenshin, UESUGI famous poem as follows

「四九年 一睡の夢 一期の栄華 一杯の酒」

“Look back on my forty nine years of life has past only like a dream of short slumber, these my golden days of prosperity life is no more than one cup of SAKE.

「私の49年の人生は、一睡の夢のうちに過ぎた。今にして思えば、これまでの栄華も一杯の酒に過ぎなかった」と。Picture show the Kenshin’s special horseback sake cup【馬上杯】. 上杉謙信は、馬に乗る際は、直径約12cmの馬上杯【大どんぶり】でお酒を飲んでいたのであった。今風に言えば上杉謙信は、「飲酒運転」常習者だったのです。

 

【原典】

辞卑而益備者、進也。辞彊而進驅者、退也。奔走而陳兵者、期也。

輕車先出居其側者、陳也。無約而講話者、謀也。奔走而陳兵車者、期也。半進半退者、誘也。

 Comment進駆」means gallop with horse.

【訓読】

辞【コトバ】、卑しくして備えを増す者は、進むなり。辞の強くして進駆する者は、退くなり。約なくして和を講ずる者は、謀るなり。

輕車の先ず出でて其の側に居る者は、陳するなり。奔走して兵をつらぬる者は期するなり。半進半退する者は誘うなり。

【和訳】

敵の軍使がやって来て言葉丁寧にへりくだった口上を述べている時には、敵は、一方で着々と攻撃準備を進めているから注意する必要がある。逆に、敵の軍使が強気一点張りで、今にも我が方に攻撃して来るような話し方をする場合には、実は前進するのでなく、退却の準備を進めているに相違ない。敵の使者が媚びへつらうのは、敵が休戦を欲しているからである。

敵の使者が何の約束もなく突然表敬訪問をして、和睦を持ち出して来る使者は、奇計を計画中である。

戦闘用馬車【戦車】が現れて、その両横に兵士が備えているのは、戦闘準備完了の態勢が整ったのである。

兵士や馬が忙しく走りまわって軍を並べているのは、決戦の準備である。

敵の部隊が「一進一退」しているのは、一見秩序がない様に見えるが、実は誘いをかけているのである。敵の誘いに乗るな。したがって要注意!

【英訳】

When enemy emissary come and visit our head quarters, and if the emissary speak to you with polite words and lots of cajole, this case enemy must be make preparation for attack us secretly, so be careful.

On the contrary, enemy emissary speaks out aggressively and lots of bluffs as if advance and attack us at any moment, this case may be a sign of enemy force stop or retreat soon. It is no problem at all.

If the enemy emissary pay compliment with flattery word, enemy want armistice.

If the enemy emissary suddenly pays a courtesy call without appointment, and asks for a truce, this case mast be plot so you must care.

Advance the chariots first and accompany by foot soldiers both side are enemy battle formation is ready, and attack us.

When soldiers and horses rush here and there in a hurry for making formation is preparation for decisive battle ready.  

When enemy force conduct seesaw game with half of his troop advance and half of his troops retreat, this formation seems as if disorder, but enemy luring you and want to trap your force. So be careful! Don’t bite enemy lure!

 

 Comment巧言令色」means “Smooth-tong and lots of compliment” person little perfect virtue.

 

 An example of war history : Invasion operation on Malaya「マレー進攻作戦

Dec. 8, 1941 – Jan. 31, 1942

The story of the fight betweenThe Tiger of MalayaandThe Peter Rabbit of England

『マレーの虎』対『イギリスのピーター・ラビット』の物語

The Twenty-fifth Army, Japanese Imperial Army, commanded by Lieutenant General Tomoyuki YAMASHITA, his nick name “Tiger of Malaya” or “Metabolic General” landed on the beaches of Singora in Thailand, Pattani in Thailand and Kota Bar in Malaya early morning on Dec.8, 1941. After successful landing on Kota Bar by TAKUMI Task Force 【侘美支隊】send a radio signalSeco Seco Seco Seco・・・”which means cord wordLanding is successful !This secret radio signal one hour and 55 minutes earlier thanTra Tra Tra・・・”that meansWe are successful on surprise attack!【我奇襲に成功せり】”from Ford island on Hawaii.

Japanese Imperial Army and 60,000 men attacked Loyal Army and Indian Army 130,000 men including Australia Army.

The tactics of Japanese Imperial Army commanded by Lt. Gen.YAMASHITA is GERMAN style blitzing 【ドイツ流電撃作戦】which consist of Main Battle Tank, bicycle, artillery and infantry under supported by air plan cover.

Singapore Defense Force plan withstand to enemy attack for many months with its large caliber fixed guns around the harbor and it naval base. But the problem was that guns aims to only seaward not landward, for no one had ever anticipated an overland attack from North to South, descend down the narrow peninsular.

On February 8, 1941, Lt. Gen. YAMASHITA authorized the use of most of remaining artillery ammunition in a heavy-bombardment to Singapore.

Singapore island attack operation is Feint attack from East side of island but main attack from West side of island”【声東撃西作戦:「東に声して、西を撃つ」東方から攻撃すると見せかけて、実際には西から進撃する陽道作戦】through mangrove.

So he thought temporally suspension of attack by lack of ammunition until get new ammunition supply.

Lt. Gen. YAMASHITA was desperate situation of no food to eat and no ammunition to shoot by used up【食うに食無く、撃つに弾無く】and zero stock on hand【手持在庫ゼロ】. But also British was desperate for drinking water, because Japan held water supply reservoir【給水源を確保】and destroyed water supply pipe line and facility【水道管及び給水施設】by air raid.

Lt. Gen. YAMASHITA wanted the British to surrender in his mind【英国が降参することを心から願った】. The miracle happened. To respond Lt. Gen. YAMASHITA’s wish, enemy military envoy came to the 25th Army headquarters and said to Japanese staff. Our commander in chiefs Lt. Gen. Percival wanted to open temporary agreement on cease fire. But Japanese side did not accept cease fire but surrender. And finally both Japanese Army and Loyal Army agree to open meeting on surrender negotiation next morning from 7:00 at the office of Ford automobile factory.

Next day, the delegation from Japanese Imperial Army reached on time. But Lt. Gen. YAMASHITA waited at office of Ford automobile factory with irritation, because Loyal Army delegation appeared 30 minutes late. Lt. Gen. YAMASHITA was burned with rage at late coming British delegation.【山下将軍は、イギリスの代表が遅れてくることに対して、カッカしていた】And at last, British Army Lt. Gen. Percival and with white flag and Union Jack【英国国旗】on solder’s back at Ford automobile factory on Bukitema high land Feb. 15. And surrender negotiation started at small office.  

Surrender negotiation needed two interpreters. One was from Japanese Army and one from Loyal Army. Two interpreters were Major Wild from Loyal Army side and Taiwanese medical student form Japanese Army side. These appointed interpreters was ordinary translation no problem but they could not understand on military terms at all【軍事用語を全然理解出来ませんでした】.

Major Wild translated English into Chinese with use of leather covered English-Chinese dictionary, on the other hand Taiwanese medical student translated from Chinese to Japanese. But his Japanese speaking ability was not good. So negotiation hit on the ground by the lack of interpreter ability【通訳の能力不足により交渉は、暗礁に乗り上げてしまいました】.

So Lt. Gen. changed the interpreter to Lt. Col SUGITA once toured of duty in America. But SUGITA could not interpret at all, because he did not use English long time and forget English at all. And American English and King’s English are different on pronunciation.

At first Loyal Army wanted conditional surrender but Japanese Army was unacceptable and insisted unconditional surrender.【当初、英国陸軍は、条件付降伏を主張していましたが、日本陸軍は、受け入れ難いとして、無条件降伏を主張していました】

Cunning Lt. Gen. Percival said “I can not understand your English “when he thought disadvantage terms on surrender. But favorable conditions, Lt. Gen. Percival could understand instantly. 【狡賢いパーシバル中将は、降伏条件が己に有利である内容に付いては直ぐに理解するものの、不利の場合には、全然意思が通じないフリをした】So the negotiation conference came to deadlock【交渉は暗礁に乗り上げてしまった】.

Lt. Gen. YAMASHITA, once he was military attaché to Germany【かってドイツ駐在武官だった】, got angry【怒り狂って】and said to Lt. Gen. Percival beating on table Bang!  Bang!  Bang! 【テーブルをドン!ドン!ドン!叩いて】with German accent English【ドイツ語訛の英語】voice like a thunder【雷のような大声で怒鳴った】“I can not understand your King’s English accent at all”【お前さんの英国訛の英語は、俺には、全然わからない】. I have only one simple question. Will you surrender, Yes or No? This is very simple question, aren’t you? This is no cease-fire negotiation, nor conditional surrender meeting. If you do not surrender without any condition, I shall do night attack this evening to Singapore city. We are ready for night attack at now. Japanese 25th Army is elite unit on bayoneted rifle night attack.

Lt. Gen. Percival whose nickname “Peter Rabbit” astonished and jumped up the chair【驚いて椅子から飛び上がってしまった】said instantly “Yes, Yes, I agree with unconditional surrender【無条件降伏に同意します】and sign the MOU Memorandum of Understandon cease fire instantly on this spot【この場所で直ぐに降伏文書に関する覚書に調印した】.

以上は、この時の状況を映した無声映画から想像した会話であるが、机を「バン・バン・バン」ゲンコツで叩く姿は、迫力があり、英国国民が愛するピーター・ラビットのニックネームを持つ小心者のパーシバル陸軍中将ならずとも、悪名高き「山口組暴力団」も震え上がるに相違ない。

The 25th Army marched through 1,100 km jungle roads with 95 times combat against British Army and Indian Army from Singora, Thailand to Singapore on 55 days.

The 25th Army which consisted of 4 divisions and eighty thousands soldiers attack Combined Royal Army and Indian Army which consisted of two hundred thousand soldiers and got perfect victory. 

不肖山本は、利害関係が相対立する団体との交渉に参加したが、敵対する相手は、自分に有利な場合には、直ぐに理解してくれるが、不利になる内容であると、途端に、お前の英語は、良く分からないとか、お前の言うことはおかしいと、色々難癖をつけられて来た。そして自分が不利だと思いつつも妥協してしまった。ところが、西洋の軍人や退役軍人は、地雷や不発弾に関する知識のない国連職員から、まくし立てられようとも、断固として自分の意見を曲げない話術と度胸には、ただただ、尊敬するばかりである。「本官が現職務に在る限り、お前らの指示や命令は、受けない。俺独自の方法でやると」言い切る欧米北欧諸国のご同輩には、尊敬をする。不肖山本には、こんな芸当は出来ない。

 

覚えておこう「四字熟語」:

一進一退」【いっしんいったい】

☆  Seesaw game with one step advance and one step backward.

 

【原典】

杖而立者、飢也。汲而先飲者、渇也。見利而不進者、労也。鳥集者、虚也。夜呼者、恐也。軍擾者、将不重也。旌旗動者、乱也。吏怒者、倦也。粟馬肉食、軍無懸瓶、不返其舎者、窮寇也。諄諄翕翕、徐興人言者、失衆也。數賞者、窘也、數罰者、困也。先暴而後畏其衆者、不精之至也。来萎謝者、欲休息也。兵怒而相迎、久而不合、又不相去、必謹察之。

【訓読】

①.    杖つきて立つ者は飢うるなり。

②.    汲みて先ず飲む者は渇するなり。

③.    利を見て進まざるは、疲るるなり。

④.    鳥の集まるは、虚しきなり。夜呼ぶ者は、恐れるなり。

⑤.    夜、呼ぶ者は、恐れるなり。

⑥.    軍擾(ミダ)るるは、将重かざるなり。

⑦.    旌旗の動くは、乱るるなり。

⑧.    吏、怒る者は、倦【ウ】むなり。

⑨.    粟・馬肉を食し、軍に懸瓶なくして其の舎に帰えざる者、窮寇なり。

⑩.    諄諄翕翕【ジュンジュンキュウキュウ】としておもむろに人と語る者は、衆を失うなり。

⑪.    しばしば賞する者は窘しむるなり。

⑫.    ますます罰するは、困るなり。

⑬.    先に暴にして後に其の衆を畏るる者は不精の至りなり。

⑭.    来たりて萎謝する者は休息を欲するなり。

⑮.    兵、怒りて相い迎え、久しくして合わせず、又相去らざるは、必ず慎みてこれを察せよ。

【和訳】

①.    兵士が杖をついて立っているのは、食料を食べ尽くして、兵士が飢えているのである。

②.    給水兵が、給水点に来て、真っ先に水をガブガブ飲むのは、其の軍の全員が飲む水が無い証拠である。

③.    敵の部隊が利益ありと認めながら、進撃して来ないのは、敵が疲労困憊して、戦うことが出来ないからである。

④.    鳥が沢山あちこちに止まっているのは、其処には、兵士が撤退して、いないからである。

⑤.    夜に、おたがい、大きな声を出して、互いに呼び合っているのは、兵士が臆病で怖がっているからである。

⑥.    軍に統制が取られていなく、乱れているのは、将軍が「軽い」からであり、将軍閣下としての威厳が無いからである。

⑦.    敵陣の旗並びが無秩序に、絶えず前後左右に移動するのは、指揮中枢が混乱していることを現わしているのである。

⑧.    敵将や将校がむやみやたらと兵士に怒鳴り散らしているのは、彼らが精魂を使い果たして、厭世気分に陥って、弛んでいるからである。

⑨.    馬にはコウリャン【粟】を鱈腹食わせ、そして兵士には物資運搬用牛車の牛を殺して、牛肉をタップリ食べさせている。そして炊事用の鍋釜も打ち壊した。もう二度と、この宿営地の幕舎に帰って来って来ることもない。命を棄てて包囲網を突破しようと、死にもの狂いになった、追い詰められた破釜沈舟の敵軍である【背水之陣】。

⑩.    敵将や将校が声を低くして、ヒソヒソと兵士に話しかけているのは、兵の忠誠心がすでに失われてしまって、信頼されていないからである。

⑪.    敵がしきりに賞を与えているのは、敵部隊の士気が上がらず困っているからである。しきりに兵に懲罰を科しているのは、その兵が疲れ命令に従わないからである。

⑫.    始めは、やたらと兵士を怒鳴りつけたり乱暴に取り扱っておきながら、後でその兵士の離反を恐れる将軍は、考えの行き届かない極めであり、愚かな将軍である。

⑬.    敵の軍使わざわざやって来て、贈り物を捧げて謝るというのは、敵が、しばらく軍を休め、休戦を求め、兵力建て直しを目論んでいるのである。

⑭.    敵が、攻撃をしかけた事に対して、わが軍は、士気旺盛でこれを迎え撃ったものの、事後、敵は、撃って出ることもなく、さりとて戦場を去る気配のない敵に対しては、慎重に対処することが肝要である。

【英訳】

①.   Soldiers stand by use of sticks and walking, they are tired out with hungry and starving. 

②.   Dispatched soldiers of water supply team to the water supply point, this dispatched soldiers drink first themselves is all the member of forces must be thirsty without drinking water.

③.   Enemy commander knows to get big benefit by attack or advance, but enemy force do not advance or attack us, it must be enemy soldiers tired out so they can not attack us or advance any more.

④.   Lots of birds together here and there, these places enemy has been evacuated so no enemy soldier station there.

⑤.   The soldiers call out each other with big voice in the dark night these soldiers are coward and afraid of our force.

⑥.   Noisy and disturbing enemy force are not control well, that is general disrespected by his officers and soldiers.

⑦.   The flags and pennants in the battle field moved disorderly from left to right and up and down at random is troop commanding system disordered and confusion at command center.

⑧.   Officers easy to gets angry and his blood rush to his head is they are very tired out from bottom of heart. So he can not control one’s mind.

⑨.   Feeding all the kaoliang to the horse and eat up the beef of ox-cart cow for goods transportation. And also destroy rice cooking pots and kettles too. That is we are not return back again this bivouac area where living tents stand, these enemy will desperately fights to expect breakup of our envelopment line force.

⑩.   Officer speaks to soldier again and again with patients and quiet attitudes, this shows the loyalty of the soldiers has been lost.

⑪.   Enemy soldiers gives rewards often times which means they are at an impasse in morale, and when enemy inflicts numerous punishments to the soldiers, it means soldiers are worn out and do not obey the orders.

⑫.   Violent treatments for the soldiers at first, and then later to be afraid of retaliation and revenge from the delinquent soldiers are extremely incompetent and utterly unskillful management. This is ill-wise stupid general managements.

⑬.   Enemy emissary suddenly come and visit our headquarters to apology with many gifts and full of conciliatory manners for begging want to cease fire agreement. Enemy commander want to rest and recreation for a while, after that attack us. So you must be careful.

⑭.   Enemy force marching to you and began attacking violently, but all of sudden to stopping advance, enemy force do not fight any more or do not withdraw in the combat area too, in this case, it is imperative to watch the enemy’s course of action and the enemy present situation carefully.

 

※ Comment Osama bin Laden walking with the help of a stick at Tora bora in Afghanistan suffers from heavy kidney disease.

※ Comment

Water supply team of Kwantung Army was almost same as Sun Tzu 2,300 years ago. So Japanese Army said “A soldier who sweat a lot and drink water a lot is a proof of weak soldiers ”[水をがぶ飲みし、汗をかくのは弱兵の証拠]

日本人は、顔を洗う時は、水道を出しっぱなしにして、両手で水を救い、顔の所に持って来ますが、 中国人は、両手で水を救い、水がこぼれない様に、手を動かすことなく、顔を近づけ、手から水をこぼさない様に使います。

日本人は、お金持ちも、貧乏人も、冷たい水で顔を洗わないと、スキットしませんが、中国では、土豪劣紳は【富裕層】「お湯」で顔を洗い、小金持ちは「水」で顔をあらいますが、貧乏人は、顔を洗いません。

不肖山本は、少年時代を中国で過ごしたため、朝、顔を洗ったことがありませんでした。そして、水の豊富にある日本に帰って来てからも、殆ど朝、顔を洗いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    
    

 

 

 

 

【写真説明】

①.  このお水。オイシー! 水を飲み、汗をかくのは弱兵の証拠也。

②.  醤油樽を利用してのお水運び。 

③.  湯たんぽを利用してのお水運

 

 Joke 「背水之陣」内閣

Prime minister Fukuda said himself, My government surrounded by Ozawa allied forces so I have decided to fit in with them with “Fighting with my back to the river or lake, this is means if my operation fail against Ozawa allied forces can not survival any more our force in politics.” ― 昔も今も闘いは厳しいのである。

 

【原典】

兵非益多也。惟無武進、足以併力料敵、取人而己。夫惟無慮而易敵者、必擒於人、卒未親附而罰之、則不服、不服則難用也。足以枡力料敵、取人而己。夫惟無慮而易敵者、必檎於人。

【訓読】

兵は、多きを益ありとするに非らざるなり。惟だ武進すること無く、力を併せて、敵を料らば、以って人を取るに足らんのみ。これ惟【タ】だ慮【オモンバカ】り無くして敵を易る者は、必ず人に摛にせらる。

武進【ブシン】すること無かれ。力を併【ア】わせて敵を料【ハカ】らば、以て人を取るに足らんのみ。夫れ惟だ慮【オモンバカ】り無くして敵を昜【アナ】どる者は、必ず人に檎【トラ】わる。

【和訳】

戦いに於いては、兵士の数が多ければ、それだけで勝てるというものではありません。兵士達が軽率に猛進し、無意味な突撃を繰り返すことをしなければ、少ないながらも兵力を温存し、これを集中し、敵情を正確に読むことにより、最後には、敵を思い道理に屈服させることが出来き、勝利することが出来るのであります。

ゆめゆめ「猪突猛進」することなかれ。わが戦力を適時・適所に集中し、敵情を考えた上で戦争するのであれば、勝利を収めることができよう。しかし、将軍が、良く考えることをしないで、敵を侮って、多勢を頼んで作戦指導をすると、必ずしや、戦場で敵の捕虜にされるであろう。

【英訳】

In the war, even if you have large number of soldiers, you can not always get victory. You should not reckless brave attack against big and strong enemy, if you fighting against big enemy with maximum use of intelligence and employing clever and good tactics, you can get victory on war.

Do not rush recklessly straight ahead attack for enemy without any thinking at all, as if a wild boar rushing straight at full speed for the enemy. If you wagging war with concentration of force at one point to proper place with good timing, so you can get win on war without fail. General who does not think strategy and tactics well and look down enemy abilities will be captured by enemy and war prisoner at battle field.

※ 日本語の「猪突猛進」を中国語で言うと『突飛猛進』【トウフエモンジン】突然飛ぶように猛烈に進むという意味です。

 

※ Comment War history with Joke. 

General Hideki TOJOU of Japanese Prime minister always said that “Do not be afraid of Britain and United States at all. Japanese have the Japanese Spirit. But The Anglo-Saxon race such as American and English have not the Japanese Spirit” 【米英恐れずに足らず。日本には大和魂があるからであります。しかしながらアングロサクソン民族の英米には、無いのであります!】and he started the Pacific War recklessly.

He also said that Imperial Army has advanced tactics called “Bamboo spear tactics【竹槍戦術】” But US Army and Loyal Army have not. Bamboo spear tactics is most advanced tactics【竹槍戦術は、最も優れた高等戦術であります】which can pierce a tank through with a Bamboo spear【戦車を竹槍で串刺しにすることが出来る】and can push B-29 bomber in the air with a Bamboo spear【B-29爆撃機も竹槍で突き上げることが出来るのであります】. This Bamboo spear advanced tactics is the Fundamental tactics of the Imperial Army’s tactics【この竹槍高等戦術は、国陸軍の根本作戦であります】. 

But after all, 4 years later, High Excellency Gen. TOJO captured alive by the Allied Forces soldiers【東條閣下は、4年後に、連合軍の兵士に生け捕りにされた】as prisoner of United Nation Forces. This is very miserable and shameful incident as Japanese people【これは、日本人として真に持ってニャンとも情けない話である】. He was sentenced at Class A war criminal【A級戦犯】and execution by hanging.

And also his motto was “Do not be war prisoner of war in alive”【生きて捕虜となる無かれ】. Once he committed suicide by pistol shooting but unfortunately he did not know the position of his heart, so he failed.

High Excellency General【将軍閣下】TOJO was not a caliber of prime minister【首相の器にあらず】and called PFC【Private First Class:上等兵】. This is disgrace to Japan【これは、日本の恥さらしである】. 

 

※ Comment In case of President Saddam Hussein of Iraq.

Once President Saddam Hussein of Iraq respect all American people including US president. This pro-American young general ride on white horse and fights with Iran for 8 years as a supreme commander of the Iraq Army.

President Saddam Hussein annexed Kuwait to Iraq because Kuwait is former one province of Iraq by draw the line on the sand of Iraq territory by British Empire. The current border was decided by British and America. And finally Saddam Hussein accused Kuwait pumping Iraqi oil from Iraq territory and invaded and conquered Kuwait.

After all Saddam Hussein arrested US Army and death by hanging like General TOJO. He must be regrettable feeling in the grave.

 

【原典】

卒未親附而罰之、則不服、不服則難用也、卒己親附而罰不行、則不可用也。故令之以文、斉之以武、是謂必取。

 Comment「親附【シンプ】」means become obedient.

【訓読】

卒末だ親附せざるに而もこれを罰すれば、則ち服せず、服せざれば、則ち用い難きなり。

卒既に親附せるに而も罰行わざれば、則ち用うべからざるなり。故に是れに令するに「文」を以てし、これを斉うるに「武」を以てする。 是れを必取と謂う。

【和訳】

兵士が将軍に親しみなついていないのに懲罰を行うと兵士は心服しない。心服しないと働かせにくい。反対に兵士達が将軍に親しみなついているのに、懲罰を行わないでいると、威厳が保たれず、有事の際に兵士を指揮することが出来ない。だから兵士に対しては、「温情」を持って「教育・訓練」するとともに、「軍規」を持って統制することが必要である。これを『必勝の軍』というのである。

【英訳】

If general punished his soldiers before building up loyalty between general and soldiers, in this case soldiers do not trust general at all, so general difficult to command his soldier at will and finally soldier will be disobedient.

On the other hand, if soldier become familiar with general, but general do not discipline to the soldier well, general can not maintain his dignity and also general can not command soldiers at will too.

Therefore it is very important to “educate and train” the soldiers with “warm heart”, and also control under “military discipline” with stern attitude. This is calledThe force of anticipate victory

 

覚えておこう『四字熟語』: 

「一罰百戒」【いちばつひゃっかい】

☆  One punishment is equal one hundred times oral admonishment.

 

【原典】

令不素行以教其民、則民不服。令素行者、與衆相得也。

【訓読】

令 素【モト】より行われずして、以って其の民を教うれば則ち民服せず。令の素より行なる者は、衆と相い得るなり。令の素より信なる者は、衆と相い得るなり。

【和訳】

法令が平生からよく守られていないのに、それでいて、兵士達に命令を下すのであれば、兵士達は服従しない。しかしながら、法令が平素から守られていれば、兵士達は、戦時に於いても、あらゆる状況下で誠実に軍規を守るのである。

【英訳】

If law and order are not observed in ordinary army life, and when in an emergency occurred, such as war broke out, if general issued the order to his subordinate soldiers, it is quite natural soldiers do not obey the commander’s order. But if law and order are well observed in ordinary military life, the soldiers obey the general sever order at war. If military law and orders are well observed in ordinary camp life, this army will be accepted in the war time sever order, this is called well disciplined first rate elite troops.

 

孫子の兵法 第8 九変篇

以下は、山本賢の『孫子の兵法』Even monkey can understand Mr. Yamamoto’s Sun Tzu’s The Art of War 【中国語・日本語・英語】版 【財】自衛隊援護協会 を民間の方々にも解り易く『軍事用語』避けて解説したものです。

山本賢の孫子の兵法(表紙)

 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

8章 九変篇   

 

Chapter 8 Nine variable tactics

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、①圮地無舎、②衝地交合、③絶地無留、④圍地則謀、⑤死地則戦。

 Comment圮地」means the ground where the foot hold too bad so do not good for marching and combat.

 Comment「衢」means the ground where road crossed which lead to foreign country.

 Comment「絶」means the ground where far from one’s own country and deep into enemy country.

 Comment「圍」means the ground where surrounded by mountains all three directions and only one narrow road pass through it.

 Comment「死」means the ground where surrounded by cliffs and precipices all sides where no escape rout.

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、将、命を君より受け、軍を合わせ衆を聚【アツ】め、和を交えて舎まるに、軍争より難きはなし;

①    圮地には舎まること無かれ。

②    衢地には交わりを合わせる。

③    絶地には止まる無かれ。

④    囲地にては則ち謀る。

⑤    死地には則ち戦う。

【和訳】

孫子はいう、およそ武力を行使するに当たって、将軍は、君主の命令を受け、兵を招集し動員する。召集した軍隊を運用するに当たっては、下記の『五つの着意事項』に留意すること。

①     足場の悪い低い散開地形で部隊を展開させたり、築城や野営をしてはならない。

②     通信・交通の便利な土地では、同盟条約に基づき連合を組む。

③     水も薪も食料も得ることの出来ない丸裸の土地には止まってはならない。

④     出口の塞がれた盆地には奇計を使う。

⑤     危険な土地では、敵と戦う。

【英訳】

Sun Tzu said that the operation of force is very difficult subject, general mobilized people and summons the army personnel under the order from the load. Called up army and use of force;

①     Do not deploy, emplacement and bivouac at low spread out ground where foot hold is bad.

②     Combine the force by alliance treaty at communication and traffic ground.

③     Do not stop at the bared ground where no water, no wood and food get.

④     Use the trick tactics for the enemy on the pent up closed ground.

⑤     Fighting the enemy on the danger ground.

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、① 高陵勿向、② 背丘勿逆、③ 絶地勿留、④ 佯北勿従、⑤鋭卒勿攻、⑥ 餌兵勿食、⑦ 歸師勿遏、⑧ 圍師必闕、⑨ 窮寇勿迫、此用之法也。

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、①高陵には向かうこと勿かれ、②背丘には逆うこと勿れ、③絶地には留まることなかれ、④佯【イツワリ】北【ニグル】には従うことなかれ、⑤鋭卒には攻むること勿れ、⑥餌兵には食らいつくことなかれ、⑦歸師は遏【トド】むるなかれ、⑧囲師には、必ず闕き、⑨窮寇には迫ること勿れ。これ用法の法なり。

【和訳】

     孫子はいう、およそ戦いの9原則とは、

①      高い丘陵に布陣している敵を攻めてはなない。

②      丘を背にして来襲して来る敵を攻めてはならない。

③      嶮しい地形にいる布陣している敵と長期に対陣してはならない。

④      偽りの退却をする敵を追いかけてはならない。

⑤      士気の高い精鋭部隊を攻めてはならない。

⑥      陽動攻撃を仕掛けて来る敵には、食いついてはならない。

⑦      母国に帰ろうとする敵軍を邪魔してはならない。

⑧      敵軍を包囲する場合には、必ず逃げ口を空けておくこと、閉じてはならない。

⑨      窮地に追い込んだ敵を急迫してはならない。

上述の九通りの処置が、孫子の兵法の原則である。

【英訳】

Sun Tzu said that the principle of war as follows:

①    Do not attack the enemy occupied on high ground.

②    Do not counter attack the enemy on his back is hill.

③    Do not confront long time the enemy stays on steep ground.

④    Do not take pursuit attack if enemy try to pretend retreat.

⑤    Do not attack the enemy elite force which has high sprit moral.

⑥    Do not bite the lure which is feint attack by enemy commander setting.

⑦    Do not stopping the enemy which is in retreat to home.

⑧    Do not attack enclosed enemy, let open runaway root for enemy soldiers.

⑨    Do not attack cornered enemy, the cornered mouse will bite the cat.   

The above 9 variable tactics are the principle of the Sun Tzu’s the Art of War.

 

【原典】

塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不争。君命有所不受。

【訓読】

塗【ミチ】に由【ヨ】らざる所あり、軍も撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。

【和訳】

場合によっては、通ってはならない道路がある。場合によっては、撃ってはならない敵もある。場合によっては、攻めてはならない城もある。場合によっては、占領奪取してはならない土地がある。将軍たる者にとって、君主の命令といえども、従うべきでない命令もある。君主は必ずしも現場のことを知っているわけではない。

【英訳】

There are some roads where should not be pass through. There are some enemies should not be attack. There are some castles should not be attack. There are some lands should not be occupied by attack. There are some orders exists even from the lord which should not to be obey for general, because of lord not always knows the spot situations

 

 Comment「将軍」means general. But the meaning of Sun Tzu the Art of War general is different from modern army general in position, mission and status etc. The general of Sun Tzu the Art of War is military advisor or tactics consultant who has a commanding authority to lord’s or king’s private army. The general of Sun Tzu days role and mission is almost same as general manager of base ball, he has all responsibility of victory or defeat the battle. General of the Sun Tzu the Art of war days compare with the general of Self Defense Force is very severe on employment of force. General speaking, general has an almighty authority out of castle city and some case lord give a formation map【陣図】to general. So general must fight enemy follow this formation map.  

 

※ Example of war history

かつて昭和天皇は「今後は、朕の命令なくして、一兵も動かすことはならん」と板垣征四郎陸軍大臣に言った。がしかし、・・・・・・孫子の兵法を悪用したのです。

Once Emperor Hirohito【昭和天皇】said to Cabinet minister of Army Seishiro ITAGAKI, ”From now on, you should not move even one soldiers dispatch to abroad without the order of We【朕】”

Kwantung Army Headquarters staff and commanding officer said that ; there are some orders exists even from the Imperial General Head Quarters【大本営】

This is the reason the Kwantung Army did not obey the order of Imperial General Headquarters and expand battle front【戦線拡大】  .

 

しかしながら、現在の自衛隊は、関東軍のようなことは、ありません。良く命令指示にしたがいます。これを「唯々諾々」と言います。唯々諾々とは:

 

覚えておこう『四字熟語』

唯唯諾諾 【いいだくだく】

☆  Obeys other’s opinion and order in straight without add any one’s own opinion.

☆  Be at a person’s beck and call with obediently.

☆  Always agree on other’s opinion without any one’s own thinking. All ways Yes sir, Yes sir.

Comment 1 :「唯唯」 means “ Obey others opinion without any thought ” and 「諾諾」 means “ Submit others order instantly without any thought ”

これは、ワンマン師団長隷下の部隊長の出世の秘訣でもあります。

 

【原典】

故将通於九変之地利者、知用兵矣。将不通於九変之利者、雖知地形、不能得地之利矣。治兵不知九変之術、雖知五利、不能得人之用矣。是故智者之慮、必難於利害。雑於利、而務可信也。雑於害、故憂患可解也。

【訓読】

故に将、九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将、九変の利に通じざる者は、地形を知ると雖【イエド】も、地の利を得ること能わず。

兵を治めて、「九変の術」を知らざる者は、五利を知ると雖【イエド】も、人の用を得ること能わず。

是の故に、智者の慮【オモンバカリ】は、必ず利害を雑【マジ】う。利に雑【マジ】りて而して務め信【の】ぶ可き也。害に雑えて、而ち患【ウレ】い解くべき也。

【和訳】

そこで、上述した「九変の利」に精通した将軍は、『軍の用法』をわきまえた将軍であり、このような将軍は、軍を上手に指揮することが出来る。九変の戦術の利益に精通しない将軍は、たとい戦場の地形が良く分かっているといえども、その地の利益を得る事が出来ない。

軍を統率する将軍として臨機応変の措置「九変の戦術」を知らないのでは、例え「部隊運用上の五つの着意事項」が分かっていても、部隊を運用して、戦闘力を発揮することは出来ない。

こういうわけで、智将は、状況判断をする際には、必ず「利」と「害」の両方の観点で考察する。つまり、利益を考える時には、必ず損失も考慮する。そうすれば物事は、順調に推移する。又、害になる面をも合わせて考えるから、その対策も、前もって織り込み済みであり心配事も無くなる。

【英訳】

General who knows above “Nine variable tactics” very well, he can good command his force. That is he can command his force all most perfect. General knows the terrain in combat aria very well, but if he did not know the nine variable tactics at all, he cannot maximum use of the terrain merits at will.

General who commands his subordinate force does not know about “Nine variable tactics” he can not command his officers and soldiers at will, even if he knows “Five basic factors of considerations on force management” very well, but he does not know “the nine variable tactics” at all, he can not show off his commanding ability at maximum.

Therefore wise general always think about both sides merit and demerit in case of estimate of the situation at the same time. When you formulate a profitable plan, you must thinks about demerit of the matters. By thinks on the demerits of matters, you won’t anxious about damage and failure, because of general anticipate damage control operation in advance.

 

 Comment「九変の利」means「地形の臨機応変の活用」= “Adaptation to circumstances on terrain”

「臨機応変に地形を利用」することの出来る将軍は、軍事について分かっている将軍である。

 Joke Stupid general always think about only one side so his order is simple and clear to understand soldiers and sailors. It is different from cunning high ranking career track bureaucrat of Defense Ministry issued directions to evade his responsibility. Their directions and languages always clear, but meaning obscure and vague.

So stupid general want to issue right order quickly, but to think both merit and demerit is very difficult.

 

軍人は、単細胞が良い。『決心攻撃、矢は左』は、マル。『即断即決』もマル。遅疑逡巡』は、良くない。

Decision is Attack! Direction of attack is left.This is school solution【原案】of tactics.

これは、旧陸軍の士官学校や旧海軍兵学校での戦術であった。これらの学校の卒業生達は、実戦でもこの通りに戦い、米軍は、これに対して「日本軍の教範」を研究して、待伏せ攻撃をしたと、米軍は、言っていた。

 

覚えておこう『四字熟語』

遅疑逡巡【ちぎしゅんじゅん】

☆  Undecided conclusion with hesitation is defeated by enemy attack

It need

即断即決 【そくだんそっけつ】

☆  Quick conclusion and instant decision is indispensable for front line officer.

 

【原典】

是故屈諸侯者以害。役諸侯者以業、趨諸侯者利。

【訓読】

この故に、諸侯を屈する者は害を以てなし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯を趨【オモム】かしむる者は利をもってす。

【和訳】

こういうわけで、近隣諸国の諸侯を屈服させるには、その害になることを強要することである。つまり、近隣諸国の国力を消耗させ、疲労させる最良の方法は、わざと事を起こして互いに戦わせることで疲れさせることである。また、隣邦諸国の君主を味方に抱き込むには、これを利益で誘うこと。

【英訳】

The best way to subjugate the loads of neighboring countries is to compel the lords harm full jobs which consume neighboring countries power. That is the best way to consume national power of the neighboring countries is to fight each other with the plot and tired out by fighting each other. And in case of neighboring lords to switch our side is to show a profitable lure for neighboring lords.

 

 Comment これを「漁夫の利」Fish in trouble area「鷸蛙の争い」Fisher man can get both food on quarrel between snipe and clam shell.

 

【原典】

故用兵之法、無恃其不来、恃吾有以待也。無恃其不攻、恃吾有所不可攻也。

【訓読】

故に兵を用うるの法、其の来たらざるを恃むこと無く、吾の以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻む可からざる所有るを恃むなり。

【和訳】

そんなわけで、軍隊の運用原則は、敵が襲来ないことを神頼みとし期待するのではなく、敵が何時やって来ても良いような態勢を構築することが大切である。つまり『敵に攻撃を断念させる』ことを、つまり『敵が攻撃できないように備える』ことが大切である。

【英訳】

Therefore the operational doctrine of war is not to assume that “The enemy will not be coming” but rather to rely on “To encounter the enemy force’s invasion” is essential. That is “Both preparedness and readiness of our country are perfect” is essential. That is do not reline on foreign country’s faith. That is you should not rely on neighboring countries faith but preparedness perfect. “Enemy force will not attack us, but rather to make assure our force ready-ness perfect and invincible.

 

 Joke 1 専守防衛

This strategy and tactics is the best for Japanese defense policy “ Self defense only ”【専守防衛】or “Defensive Defense ”【専守防衛】 or “ Exclusively defensive defense”【専守防衛】 It is like a porcupine【針鼠】. そうです。『専守防衛』でハリネズミのように武器でわが身を守るのです。敵が撃ってきたら、打ち返す。これが専守防衛です。この条件反射的防衛には、高度の軍事技術と大金が必要です。

孫子曰く『人を致して、人に致されず』こちらから積極作戦を仕掛けないと勝てません。

 

 Joke 2憲法第9条は、『怨敵退散!』である。 

Perform to recite three times “Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy!” with and this mentality is same as “The article 9 of Constitution” prevents invasion of neighboring countries or Stamped sealing paper【封印紙】 for door. The Stamped sealing paper is no effect for Chinese Mafia or Russian Mafia or sneak-thief. On the contrary Chinese Mafia or Russian Mafia works with free from care.

ワタシ提案するアルヨ。加持祈祷ヨイ有るネ。「怨敵退散! 怨敵退散! 恩敵退散!」三度言えば、敵来ないことあるよ。ポコペン。憲法第9条は、扉に貼る『封印紙』と同じアルネ。安心して悪いこと出来るアルヨ。中国マフィア、ロシアン・マフィア、空き巣狙いに全然効果ナイアルネ。因みに「ポコペン」とは中国語で『不殼本』と書き「ナットラン」とか「話にならない」とか「だめだ」という意味です。

 

 Joke 3:「備えあれば、憂いなし」

If prepared enough, there is no fear at all.是自衛隊のことである。

 

【原典】

故将有五危。① 必死可殺也、② 必生可虜也、③ 忿速可侮也、④ 廉潔可辱也、⑤ 愛民可煩也、凡此五者、将之過也、用兵之災也、覆軍殺将、必以五危、不可不察也。

【訓読】

故に将に五危有り。

①     必死は殺されるべき也、

②     必生は虜にされるべき也、

③     忿速は侮られるべき也、

④     廉潔は辱【ハズカ】しむらるべき也、

⑤     愛民は煩【ワズラワ】さるべき也。

凡そ此の五つの者は、将の過ちにして、兵を用いる者の災いなり。軍を覆し、将を殺すは、必ず五危を以てす。察すべからざるなり。

【和訳】

そんな分けで、勇猛果敢な愚将には、陥りやすい五つの危険があります。

①     駆け引きを知らないでいたずらに必死になれば、敵の狡猾な将軍に致され討ち死にする。

②     生きる事ばかり考えて、勇気に欠け、助かろうとすれば、敵の捕虜になる。

③     短気で怒れば、敵の術中にはまってしまう。

④     清廉潔白だけでは、敵の挑発に乗って、辱めをうけてしまう。

⑤     民衆への思いやりを持ちすぎると、神経が参ってしまう。

以上の5つのことは、将軍の陥り易い過失であり、軍を動かす上で、害になることであります。軍を敗北させ、将軍を戦死させるのは、必ずこの五つの危険のためであり、戦争をする上で弊害となるから、十分に注意しなければならない。

【英訳】

There are five danger examples easy to fall for the courageous and stupid general.

①   Those who are only brave and reckless but thoughtless and do not afraid of death can be die by cunning enemy general.

②   Those who are only timid and weak mind and stick to live long can be captured by enemy as prisoner of war.

③   Those who only short temper with anger can be fall into disgrace by enemy clever plots.

④   Those who are only clean and honest fall into sham by enemy dirty plots.

⑤   Those who are too much love soldiers and people easy fall into trouble and his spirit exhausted and tired out or beaten up.

     These above five faults for general will certainly cause army destruction and the death of the general. This is also harmful influence for combat. So general must seriously consider.

 

Joke : 緊褌一番 【きんこんいちばん】

緊褌一番 【きんこんいちばん】と言う四字熟語がある。この意味は、

Tighten the string of one’s loin-cloth on this fight.

To do the job with tighten one’s belt.

つまり 「緊褌」 means “ Tighten one’s loin-cloth ” and

「一番」 means “ On this important fight ”

つまり : 褌を締めてかかるという意味。腰巻を締めて掛かるとは言わない。

「一石二鳥」。学生の国語能力低下が問題視されている昨今、この四字熟語を知らない日本人は、いない。しからば、白熱電球を発明した、発明王のトーマス・エジソンもビックリ仰天したと言われている「一石六鳥」の日本製品がある。それは何か???

日本のフンドシの歴史は古い。中でも「越中褌」の名前の由来は、江戸時代、越中のお殿様『細川備中守忠興』が発明したと言われている。

お相撲さんの褌は、硬く織られた絹で出来ており使い勝手が良くありません。それに価格も高価です。

これに対し、日本男子が締める「褌は」

  1. 1.    褌は、綿で出来ておりとても安価である。
  2. 2.    褌は、風とおしが良く、蒸れない。日本は、「高温多湿」の国であるので快適である。
  3. 3.    褌は、ズボンをはいたままで、古いものと、新しいものを交換することができる。こんな真似は、西洋人の発明した「パンツ」では出来ない。
  4. 4.    戦争で負傷したら、包帯として褌を利用することができる。
  5. 5.    戦地においてでも「手ぬぐい」と紐さえあれば、簡単に作成することが出来る。
  6. 6.    そして、最後に、これが最も重要な点であるが、戦場で投降する際には、白旗として利用できる。そして「愛されんだ!」と言います。これは、I surrender! 【「私は降参します」と言う意味です】

No. 1 Japanese loincloth made from cotton and very cheap.

No. 2 Japanese loincloth is good ventilation, not stuffy. Japan is the country of high temperature and humidity so it is very comfortable.

No. 3 Japanese loincloth can exchange from old one to new one, even if you put on pants.

No. 4 Japanese loincloth can use as a bandage when wounded in action.

No. 5 Japanese loincloth can make by use of hand towel and cord with easy in combat area.

No. 6 Finally, it is most important things Japanese loincloth can use as a white flag when surrender to enemy in combat. In this case you must say only ”『愛されんだ!』 in Japanese” that is “I surrender ! ”                        

 

日本人の豊かな感性と発想から生まれた、世界に冠たる「越中褌」は、最近「Japanese Classic pants」なぞと称して、一部の若者に密かに愛用されているとか、いないとか。ブランド志向に取り付かれた「金満大国」日本の若者に、そのうちに外国のデザイナーによる、「フリル」や「レース」付きのグッチのデコレーシオン・パンツとか、雷様がはいている「虎の皮」でできたエルメスのクラシック・パンツなるものを身に付けるかもしれない。若い女の子に抜群の人気のあるエルメス革製品、本を正せば「おん馬さん用金具」の製造メーカ品であった。この話をエルメスの革製品を持っている若い女性にいうと「ウソー。信じられない!」と。そして運動不足気味のメタボリック症候群が気になる「短足長胴」お姐さんに方が、戦国武将が愛用した日本古来の大型扇を両手に踊り狂うも良し。ふわふわとした羽毛扇片手にビートの利いた音楽に踊り狂うのも良し。

この「愛されんだー!」而ち“I surrender!”『私は、降参します!』の用語の起源は、ジョン万次郎の考えた耳からの英語学習法の応用です。

 

沖縄復帰の直後のことです。不肖山本は、特別不発弾処理隊と混成団2科渉外幹部を兼務していました。回収してきた不発弾の爆破処理は、キャンプ・シュワブの演習場の弾着地点兼EOD Site#3で実施していました。EODとは“Explosive Ordnance Disposalの略語で「不発弾処理」と訳しております”

当時は、ベトナム戦の最中とあって、演習場の弾着地点確保と使用は、超過密状態でした。この使用統制は、Range Control【射場統制班】が実施しておりその指示【control】の下で爆破処理をしていました。

Range control で状況報告や指示を受けるために無線機と演習場監理規則を借りるわけですが、その時、必ず「時間調整」【synchronize watches】をします。

「今、何時ですか?」と正確な時間を聞いて、Range Controllerの時計と時間と合わせる必要があります。その時の必要英語は、「掘った芋いじるな!」でした。即ち、『掘った芋いじるな!』 ⇒ 『ほったいも いじるな!』 ⇒ 「ホッタ イモ イジルナ」 ⇒ “What time is it now ? ⇒ 「今何時ですか?」と言って時間合わせをして来ました。

またNTA North Training Area】北部訓練地域で訓練中の海兵隊員の人身事故では、EOD Site # 3(私の無線機のコールサイン)、患者後送ヘリ【medical evacuation helicopter】の出動要請の連絡頼む・・・」の中継がスムーズに行かずにクレームを付けられたこともありました。

 

孫子の兵法 第7 軍争篇

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

以下は、(財)自衛隊援護協会より出版した山本賢の孫子の兵法を戦術用語を避けて、一般の方々に解り易く解説したもので

 

 軍争篇 

Chapter : Armed Struggles

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、交和而舎、莫難於軍争。

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 

 Comment「交和」means confront each other.

【訓読】

孫子曰く、凡そ兵を用るの法、将、君主より命を受け、軍を合わせ、衆を聚めて軍となし、舎において和を交えて留まる。軍争より難【カタキ】はなし。

【和訳】

孫子はいう。およそ戦争で武力行使をするためには、将軍が主君の出撃準備命令を受けて、兵士をかき集めて軍隊を編成し訓練を実施する。そして、兵舎において兵士達の融和団結を図り、戦争を始めるのである。従って戦争ほど難しいものは、この世界には、他に存在しない。

【英訳】

Sun Tzu said that normally commanding general starts the war against neighboring country after received the marshaling order from his lord, and then he mobilize soldiers and train them as fighting soldiers and organize them as fighting force, and also to raise fighting spilt of the force general held morale boosting drink party at quartering barrack before the starts the war. So there is nothing more difficult than the armed struggle in the battle field.

 

【原典】

軍争之難者、以迂為直、以患為利。故迂其途、而誘之以利、後人発、先人至。此知于直之計者也。故軍争為利、軍事為危。

【訓読】

軍争の難きは、迂を以って直となし、患を以って利となす。故に、其の途を迂にして、これを誘うに利を以ってし、人に後れて発し、人に先んじて至る。これ迂直の計を知る者なり。故に軍争は利たり、軍争は危たり。

 Comment「迂」means detour or roundabout way.

【和訳】

戦場において、機先を制することは、非常に難しい。その難しさは、例えば「敵に対しては、あたかも『迂回路』を通っているように思わせて、敵を安心させ、その実、我が軍は、敵より遅れて出発しながら、密かに近道等を通り、敵より先に目的地に到達し、敵を攻撃する」ことである。この作戦『迂直之計』は、別の表現では「我に害あること」を「利益」に変えることでもある。つまり「禍を転じて、福となす」という作戦でもある。それ故に、進撃にあたっては、わざと敵には、あたかも回り道を取ってゆっくりと進んでいるように見せかける。更に、ささやかな利益の『餌』で敵を釣ったり、敵よりも遅れて出発し、相手よりも先に「争うべき戦場の要衝」に進出する戦術でもある。これが「于直の計」即ち「遠近の計」―「遠い道を近道にする謀(はかりごと)」―である。だから、軍隊が戦場において有利な地形を確保しようとする陣取り合戦は、きわめて有利な作戦であるが、また同時に、極めて危険でもある。この作戦は、コインの表裏の関係にあり、分離することが極めて難しい。

【英訳】

To take an initiative at battle field is very difficult operation. For example, our force pretend as if takes round route for the enemy observation post, so enemy commander negligence our force advance. That is let the enemy commander off guard and relax. But actuary our force select the shortest and direct route to the enemy in secret. That is faint operations which deceive enemy commander. Our force pretends to take round route for enemy’s eyes, but actually to take the shortest root to the battle field by camouflage operation. “This faked pretend tactics like a magic shows which handicap points change into advantage points. That is harmful point change into merit point. That is the proverb “Turn the misfortune or defects change into the fortune or merits”

Therefore in case of advance to enemy position or key terrain on the battle field, let the enemy commander believes our force advance roundabout route with slow pace. And also show or presents the small valueless lure to the enemy commander to be bite our present camouflage operation for the enemy. Let enemy commander off guard too. So our force can reach and get the strategic advantage position in the battle field before enemy arrival. This is the same tactics that stand the start-line position behind the enemy, but take a position and reach the profitable goal before enemy get. This is my “The long way to change the shortest way tactics” which means problems or demerit change into advantage or merits too.

The army’s competition to take advantage point or ground is very important operation and useful, but it is also very dangerous too. That is to say “It is can not separate like a two sides of the same coin”.

 Comment軍争」means competition to take vantage ground or key terrain.

※ Joke :

『迂直の計』とは、「以迂為直」「以患為利」即ち「急がば回れ、わざわい転じて福となす」戦術のことである。この迂回には、『距離の迂回』と『時間の迂回』があると、孫子は、言っている。

この『孫子の兵法』は、経営戦略のお手本であるとする経営学者や経営学修士【MBA:Master of Business Administration】は『ピンチは、チャンスだ!』と言っている。これは、すごい戦術である。因みにMBA修士の日本語訳は、『マヌケ』『バカ』『アホウ』の略語という人も大勢いる。

 

【原典】

學軍而争利、則不乃。委軍而争利、則輜重捐。是故巻甲而趨、日夜不處、倍道兼行、百里而争利、則檎三将軍。勁者先、疲者後、其法十一而至。

 Comment巻甲」means put off the armor and roll up and carry it on ones back to easy running.

【訓読】

軍を挙げて利を争えば、則ち及ばず。軍を棄てて利を争えば、則ち輜重を損なう。

是の故に、甲を巻きて趨【ハシ】り、日夜処【オ】らず、道を倍して兼行し、百里にして利を争へば、則ち三将軍を擒【トリコ】にせらる。勁【ツヨ】き者は先立ち、疲るる者は遅れ、その法(率)十にして一至る。

【和訳】

                        もしも緊要地形を得ようとして、全軍を投入したとしても、100%これを確保することが出来る保証はどこにもない。そこで迅速性を重視し、軍の司令部を現地に残置し、輕装備の戦闘部隊のみを投入すると、鈍重な後方支援部隊【輜重輸卒部隊】が置き去りとなる。

このようなことで、百里の先の有利な地形を攻撃奪取しようと、身に付けている鎧を取り、武具を脱ぎ、これらを丸めて肩に担づいて、昼夜休む事無く強行軍すると、予想外の敵と遭遇すると、疲労困憊した兵は、もはや戦うことも出来ず、前衛・本体・後衛の三将軍ともに大敗北を期し、捕虜となってしまう。強健な兵士は、先になり、疲労した兵士は、落伍する。其の割合たるや、十人中一人だけが戦場に到着するのである。

【英訳】

If you want to get key terrain and throw all forces to the key terrain but you cannot say obtain it 100% conclusively.

If you want to get key terrain quickly you must use front line troops only so headquarters and Combat Service Support Element CSSE,logistic support force remain on the spot.

Thus, if you want attack and occupy key terrain where one hundred miles far away, your men must to go there on force march to put off the armor and war helmet, or roll up them and fasten it by rope and carry on one’s back to quick action. And running at full speed day and night, never ever rest, so your men tiers out and can not fight any more when your force reached battle field. So your force may be defeated by the enemy, and your three generals, advance guard general, main body general and rear guard general will be captured by enemy, and prisoner of warPOW. Strong soldiers reach first at battle ground and weak soldier drop out can not reached key terrain The ratio of drop out percent is 90 % that is only one tenth of strength.

 

※ 戦史事例:「羽柴秀吉軍の脅威の『大返』しは、迂直の計である」

An example of war history : The outline of “Hideyoshi HASHIBA force’s Big return back”

 

Jun 3, 1582 Hideyoshi knew the death of Nobunaga ODA by the plot a rebellion【謀反の企て】of Gen. Mituhide AKECHI, one of faithful Nobunaga’s vassal【信頼すべき家臣】at Honnoji temple in Koto. He decided instantly to take revenge【仇討ち】of his boss, Nobunaga ODA. At that time, HASHIBA force fighting with MORI force and surrounded TAKAMATU castle. So Hideyosi need to stop fighting and making ceasefire agreements【休戦協 定】.

 

Hideyoshi started negotiation with the enemy, HASHIBA force stop water attack to the TAKAMATU castle in stead of conduct only the lord of TAKAMATU castle by Seppuku. Then all members of the TAKAMATU castle were free and liberate【開放され自由の身となった】.

Jun 6. Hideyoshi left the TAKAMATU Castle and forced march【強行軍】to Yamazaki district, in Kyoto. Troops returned back speed 30 km / day~ 40 km / day. This is the highest speed at that time【当時】.

Jun 13. Hideyoshi arrived at Yamazaki to take key terrain Mt. Tennozan where 270 m high.

This operation is called “Hideyoshi’s Big rapid return back”【秀吉の大返し】from TAKAMATU Castle to Yamasaki. That is “Long round about rout to the Mituhide AKECHI position changes into the shortest way”【迂直の計】

Finally HASHIBA force defeated AKECHI force at Mt. TENNOZAN, key terrain. Finally, Mituhide AKECHI was killed by bamboo spear of farmer. Mituhide AKETCH plotted a rebel, to killed his boss Nobunaga ODA at Honnoji temple in Kyoto where vacuum area where no strong enemy【強力な敵の兵力の居ない真空地帯】. But HASHIBA force return back was very quick speed. So Gen. Mituhide could not take a countermeasures【対抗手段が取れなかった】.

HASHIBA force, 40,000 men, commanded by Hideyoshi crashed AKECHI force 16,000 men at Mt. Tennozan in Kyoto. Mituhide AKECHI had to retreat before the 40,000 soldiers commanded by Hideyoshi HASHIBA. He fled, but he killed by power full local clan with bamboo spare. 

After this battle Japanese say “Decisive battle to get victory or defeat” called 【天王山の戦い】

 

【原典】

五十里而争利、則蹶上将軍。則法半至。三十里而争利、則三分乃二至。是故軍無輜重則亡、無糧食則亡、無委積則亡。

 Comment「上將means general of advance guard.

【訓読】

五十里にして、利を争へば、則ち上将軍を蹶【タオ】す。其の率、半ば至る。三十里にして利を争う時は、則ち三分の二に至る。是れを以って、軍争の難きを知る。是の故に軍に輜重無ければ、則ち亡び、糧食なければ則ち亡び、財貨なければ則ち滅ぶ。

【和訳】

五十里先で有利な地形を占領しようと駆け足で強行軍すると、先鋒隊の将軍がいたされる。また三十里先の有利な地形を確保しようと競争すると、三分の二の人員・物資が、戦場に行き着くだけである。これで、機先を取ることが、いかに難しいことかが分る。 そのようなわけで、軍に物資を輸送したり、また武器等を修理する輜重部隊が無ければ、その軍は、敗北する。また糧食がなければ自滅する。物資の備蓄が無ければ、戦争を継続する事が出来ずに敗北する。

【英訳】

If you try forced march on the fifty miles ahead, the general of advanced guard will be war prisoner or killed in action KIA. If you try to attack key terrain thirty miles away, only two third of all soldier or supplies reach the battle field. So you must understand how to difficult to take an initiative and with logistics.

Without logistic in force, the force is defeated by powerful enemy in combat. Without food to eat for soldiers, the soldier can not live any more, the soldier is dying. Without stock in force can not fight, so this force is defeated by strong enemy. If you do not have logistics in army, you are defeated by the enemy without fail. If do not have food and ration should be defeated. And if do not have war reserve stock operation cannot continue long time, finally defeated by the enemy.

 

【原典】

故不知諸侯之謀、不能豫交。不知山林嶮阻沮澤之形者、不能行軍。不用郷導者、不能得地利。

 Comment「委積」means stock pile.

【訓読】

故に諸侯の謀を知らざる者は、予め交わることを能【あた】わず。山林・険阻【ケンソ】・沮沢【ソタク】の形を知らざる者は、軍を行【ヤ】ること能【アタ】わず。郷導を用いざる者は、地の利を得ること能わず。

【和訳】

それ故に、近隣諸侯達の腹の内が分らないようでは、前以って、外交方針を立てて同盟を結ぶことも出来ない。また山林や嶮しい地形や湖沼などの地形を知らないのでは、軍隊を安全に進めることはできない。

現地の道案内が居ないと、『地形の利益』を収めることは出来ない。

【英訳】

One who can not read neighboring lord intentions can not make alliance with neighboring country lords in advance. 

One who does not understand terrain futures such as steep mountains and forests, lakes and ponds, cannot pass through with safe, one who not hire and use local terrains guide for advance force, you can not get profit key terrain merit.

 

 Comment輜重輸卒 【しちようゆそつ】」means Supply & Transportation troop or Logistician.

Japanese Imperial Army logistics support system was almost same as Sun Tzu day’s system,

2,300 years ago. Water buffalo carrying ammunition on it’s back in Cambodia. Water buffalo cooperate with Japanese Imperial Army operation in Cambodia.

 

Japanese Imperial Army famous war song : 「♪♪輜重輸卒【 logistician 】が兵ならば、蝶やトンボも鳥の内、電信柱に花が咲く♪♪・・・・・・・・」

 

「輜」 means Carriage for transport closes and suit

「重」 means Wagon

「輸」 means Transportation

「卒」 means Soldier

If you say the logistician is a soldier, then you must say butter-fly and dragon-fly is a bird family not insect. And also telephone pole comes out beautiful flowers. This proverb is well known in Japanese Imperial Army.

Rank of Logistician in Imperial Japanese Army regard as lower than private soldier in command.

  このようなわけで、軍隊に物資を補給する『輜重輸卒』がいなければ、その軍は滅び、糧食がなければ軍隊は滅び、物資の蓄えがなければ戦闘を継続することができない。

その昔、平清盛は言った。『平家に非ずんば、人に非ず!』と。

現代は、『普・特・機に在らずんば、自衛官に非ず!』と。

そして、『車両整備に在らずんば、武器に在らず!』

弛んだ幹部とポンコツ自衛官の捨て所と言った風調があった。

不肖山本のお仕事は、戦闘機を撃ち落す、レーダー、弾道計算機、高射砲の整備をしていた。マイクロ・ソフト社のビル・ゲーツ社長が、青ばなを垂らし、親指を舐め、オムツをして、ヨチヨチ歩きをしていた頃、コンピュータの整備をしていたのである。

輜重輸卒を軽視すると、太平洋戦争でのガダルカナル【餓島】の戦闘で説明するまでもなく、いかに精鋭無敵な第一線部隊といえども、「食む」に『食無く』、「撃つに」に『弾無く』とどのつまりは、将兵は「泥水をすすり、草を食み、病に倒れ、餓死する」ことになる。

 

The military historian says “ The first UXO Unexploded ordinance:不発弾】in Cambodia was Japanese shell, but no contents explosive, so it did not hurt Cambodian people. But US airplane bomb to Japanese Imperial Army so many dud bombs remain in earth.

 

←*:

旧陸軍の戦車整備員は、偉かった。『ヤスリ』一本で戦車を整備していたのである。【写真参照】

 

旧陸軍の航空機整備員も、凄かった。『人民解放軍、空軍部隊』は、日本人捕虜『航空機整備員』が作った【付録参照】

 

※  Sun Tzu said the Key word of victory is logistics that is foods and war reserve stock. But Japanese Imperial Army logistic support same as Sun Tzu days 2,300 years ago.

 

一方、第二次世界大戦中、米軍にREMFという略語があった。現在でも使用されている。Rear Echelon Mother Fucker. 即ち『後方支援隊員のこん畜生!』という意味で「第一線部隊の隊員は,汗水たらして、命を懸けて戦闘しているのにも関わらず、後方では、のんびりとWACと共によろしく勤務している。真に以ってけしからん!」といった意味である。

ちなみに、太平洋戦争中、米軍は、人員・物資輸送車としてGMCトラックを使用していた。GMCとは、General Motors Corporationの略であり、軍用車両Hummer等を開発し納入していたものの、最近、破産してしまった。戦後、GMCトラックは、自衛隊に供与され、長いこと使用して来た。不肖山本は、この車で大型免許証を取得したり、整備教育なぞ実施したが、老朽化と日本車の路外走行性能向上に伴い、国産品を使用することに相成った。これらのGMCトラックは、米軍に返納した。これらのGMCトラックは、タイ陸軍に再び供与された。そして、タイ陸軍も自国で新車を装備する力が付いた。そしてこのGMCトラックは、CMAC【カンボディア地雷除去活動センター】において活動している。不肖山本は、40年前に整備していたGMCトラックの整備教育をCMACの整備員に:

♪♪♪ チー チー パッパ チー パッパ 雀の学校の先生は、鞭を振り、振り、チー パッパ ♪♪♪と4年間実施し来た。

CMAC【カンボディア地雷除去活動センター:Cambodian Mine Action Centre】は、約500両の車両を保有し、その内100両が第二次世界大戦中に装備化したGMCトラックである。この他、1リッターで1kmしか走ることが出来ないソ連製GAZトラックの整備教育も実施してきた。このGAZ【Gorkofski Avtomobily Zavod】トラックの性能諸元や技術情報を40年前に中央資料隊で収集していた懐かしい車両である。そして、クメール語への通訳や整備教範作りは、3名のロシアの大学の機械工学科を卒業したCMAC隊員の協力を得た。そして4名の一致した意見は、「Russky【ロス助】は頭が悪い」と。世が世であれば、ポルポト政権下で、彼らは、通産大臣か、プノンペン市長になっていたかも知れない。

発展途上国の技術支援は、パソコンやコンピュータ技術を除き、ハイテク技術は、押しなべて不要で『ローテック技術』特に野外整備こそ必要であると思った。

 

【原典】

 Comment「郷導キヨウドウ】」means local road and terrain guide.

 An example of war history

Battle between Genji clan and Heike clan at Hiyodori, Ichi no Tani in Mar.7 1184. Heike force regrouped【再編成】at Ichi-no-tani, near Fukuhara. It was a wide stretch of land, with one end is sea and other end is steep cliffs【片方を海、方方を断崖絶壁で囲まれた土地】. Along this stripe of land, Heike force build a barricade with red banners.

To attack this Heike force、Yoshitune MINAMOTO force marching to Ichi-no-tani. And search for the road to the Heike head quarters camp【本陣】.Benkei MUSASHIBO takes back with old local road guide【道案内人】to Yoshitune. 

Old man said to Yoshitune MINAMOTO go to Ichi-no-tani can not go by horse, but only deer can go by animal pass. To hear this old man information, Yoshitune said to old man, deer and horse is the same 4 legged animal, if you say deer can go Ichi-no-tani, our military hose can go to Ichi-no-tani too by use this animal pass. And old man said to Yoshitune, I am too old to guide to Ichi-no-tani, so my son know this secret animal pass to Ichi-no-tani. My son will guide to you.

3,000 Yoshitune cavalry force clime down stiff cliff to Heike headquarters by surprised attack main body of Heike force. Heike panicked and fled toward the sea where their ships were waiting. But there not enough ship to wait. And this surprise attack leads the victory of Genji.

See Appendix 7-1 “The Tale of the Heike clan” [『平家物語参照』]

 

【原典】

故兵以詐立、以利動、以分合為變者也。故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山。難知如陰、動如雷震。掠郷分衆、廊地分利。懸潅而動。先知迂直之計者勝、此軍争之法也。

 Comment「詐】」means deceive by plot.

 Comment「分合」means meeting and parting of force or concentration and dispersion troop.

【訓読】

故に兵は、詐を以って立ち、利を以って働き、分合を以て変を為す者なり。故に其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く、侵略することは火の如く、動かざることは山の如く、知り難きこと陰の如く、動くことは、雷の震うが如く、郷を掠【かす】むるには衆を分かち、地を広むるには利を分かち、権を懸けて而して動く。于直の計を先知する者は勝つ。此れ軍争の法なり。

【和訳】

そこで、戦闘は、己の意図を隠し、敵を利益でつり出し、罠を仕掛け、敵を欺くことを基本方針として、我に有利になるように行動し、敵の兵力を分散し、味方の部隊を集中することにより、状況を打開して行くものである。だから、あるときは、疾風のように迅速に進撃し、あるときは、林のように息を潜めて敵を待ち、あるときは、猛火のように侵略し、あるときは、泰山のようにどっしりと不動の態勢をとる。ことが大切である。

其疾如風     はやきこと、風のごとく

其徐如林     しずかなること、林のごとく

侵掠如火     しんりゃくすること、火のごとく

不動如山     うごかざること、山のごとし    

あるときは、暗闇のように分りにくくし、あるときは、雷鳴のように激しく動く。村里をかすめ取って糧食を集めた時には、これを兵士に分配すること。敵の土地を奪って広げる時は、その領地を隷下部隊長に分け与えること。軍隊は、「利害・得失計」をソロバン勘定して作戦行動を起こすこと。そうすればお国のためになる。

相手に先んじて「迂直の計」―遠い道を近道にする謀ごと―を知る者が勝つのであって、これが主導権を取るための軍の「作戦の原則」である。

 

【英訳】

Combat is based on deception operations to hide own intention and show the enemy bites and entrap the enemy. And move when it is beneficial to do so, and manipulate your favorable situation by the meeting or parting of force as needed.

Some times, Moving swift like a wind when advance a troop.                 

Some times, Silent likes a forest, waiting for ambush for enemy troops.       

Some times, Invade likes a fire,  invading enemy country.                

Some times, Stand still likes a big mountainDo not move by enemy attack    

Some times, Difficult to know like shadow in the dark.                 

And some times, Moving like a light of thunder bolt, in quick. 

When plunder the foods from the local people of village general must divided it to soldiers. And when occupied the enemy territory, it must be divide it to subordinate force commanders.

Military operation must be starts after calculating by abacus on“Advantages and disadvantages” that is the interests of the Nation.

He who knows “The long path makes short way tactics with plots” can get victory. This is the principle of military operations to take initiative.

   

 

 War History Commander in Chief. Gen. Norman Schwarzkopf’s operation in the Gulf War.

戦史Ⅰ:ノーマン シュワルツコフ司令官の湾岸戦争作戦

C-in-C. Gen. Schwarzkopf’s operation plan was taking maximum advantage of the allies’ strength and mobility and attacking Saddam Fussein’s weakness. Gen. Schwarzkopf was threatening Saddam Fussein’s Iraq force by giant amphibious US Marine Core【USMC】 assault and which Iraq force kept pinned down at east side of Kuwait city. While Ⅶ Corps, ⅩⅧ Corps and coalition force secretly detoured the west by leapfrogged and the 101st Airborne blocked the retreating Iraqis escape routes. The liberation of Kuwait was completed.

シュワルツコフ司令官の作戦は、同盟軍の戦闘能力を最大限に引き出し、これを利用するもので、サダム・フセインの軍を弱点を致して、攻撃するものであった。シュワルッコフ司令官は、米海兵隊を使用して、サダム・フセインの部隊をクエートの市内に釘付けにして、Ⅶ軍とⅩⅧ軍及び同盟軍をカエル飛び作戦で西方から迂回して、イラク軍の退路を遮断して迂回攻撃をするものであった。第101特殊作戦部隊は、イラク軍の逃走経路を封鎖し、この作戦により、イラク軍は、粉砕されて、クエート市は、開放された。

 

 War History 「斬り込み抜刀隊の夜間攻撃の成功は、『于直の計』と『分合』即ち兵力の分散と集合である」

The first, movement in small groups under the cover of pitched darkness of night by turned around rout secretly, the second assemble at AP 【 Assault Position 】and the third unsheathed the Japanese sword and fixed the bayonet with rifle and the last Banzai attack by the order of “Charge !”

 

 War History ベトナム戦争における北ベトナム軍とベトコンは、『于直の計』のホーチミン・ルートと『分合』の兵力の分散・集中により勝利した」

North Vietnam regular Army and Viet Con【越共】 can get victory by use of Ho chi min trail【ホチーミン・ルート】in jangle and coordinate surprise attack behind the rear. Total length of the Ho chi min trail was 1,850 km, from Hanoi to Saigon which needed 6 month to travel by foot. This Ho chi min trail was used as supply root for North   Vietnam regular army and Viet Con guerrilla from Hanoi to Saigon.

Total amount of ammunitions by use of US Forces about 11,270,000 t. This is about two time which US Forces used in WWⅡ, and 56 times US Forces use the battle of OKINAWA during WWⅡ.But US can not destroy Ho chi min trail.

North Vietnam regular Army and Viet Con guerrilla marched through Ho chi min trail in detail with weapons and ammunitions by dispersion formation under cover jungle. And assemble behind the US Army and the US Marine Core base secretly. And coordinated attack to US base. 

 

『迂直の計』とは、何んぞや?

Question :

What is “Roundabout path makes short way tactics?”

Answer is :

Blue Force

The long roundabout path( Roundabout route from Blue Force to Battlefield A) makes the short direct way( Straight way from Blue Force to Battlefield B ) by showing the lures for enemy, and to start later than enemy, but reach the destination( Battle field B )earlier than enemy arrival at key terrain.

 

Change the long route to the Straight rout tactics

  • Ø Pretend to take a roundabout route on the purpose and show the lure the enemy with some gain or profit.
  • Ø This is to master the curved round route to straight route.
  • Ø “Make haste slowly

Change the long distant route “From blue Force to Battle field A” ⇒ Straight way ”From Blue Force to Battlefield B”

Roundabout route from Blue Force to battlefield A to the short Straight way to show the lure.

 

To deceive enemy and arrive at the good position of battle field earlier than enemy!

敵を欺き、敵より先に戦場に着け!

 

※ War history study ;

“The battle of Kawanakajima Ⅳ”is symbolic war in the Age of Civil Wars

「第四次川中島の戦い」は、戦国時代を象徴する戦いであった。

 

“The 4th battle of Kawanakajima on September 9 ~10, 1561

「第四次 川中島の戦い。1561年 9月9日から10日」。

 

“Dragon of Echigo” vs. “Tiger of Kai

             

   
   

「越後の竜」 対 「甲斐の虎」

   

“Dragon of Echigo” vs  “Tiger of     Kai

   
   

 

「越後の竜」上杉謙信の眼力に、

軍師山本勘助の「啄木鳥戦法」破れたり。

 

The 4th battle of Kawanakajima Phase

Woodpecker tactics

☆    Wood pecker tactics「啄木鳥戦法」

The 4th battle of Kawanakajima Phase Ⅱ 

☆    Shingen TAKEDA’s “Crane wings formation” 「鶴翼の陣」

vs

☆    Kenshin UESUGI’s“Revolving wheel attack formation”「車懸りの陣」

 

General Situation

Kawanakajima is the important place on strategic point where concentrate roads. Both Shingen TAKEDA, Tiger of Kai and Kenshin UESUGI, Dragon of Echigo, or Son of Bishamonten contested at Kawanakajima thee times.

 

Aug. 14. 1561. Kenshin UESUGI conduct pre-combat inspection his Force【隊装備検査実施】

Kenshin UESUGI’s the purpose of this battle was “Chop off the head of Shingen TAKEDA”

Aug.15.1561. UESUGI force arrived at Zenkoji temple and logistic support force stay Zenkoji temple.

Aug. 16, 1561.

Kenshin UESUGI Force, Kenshin and 13,000 men occupied Mt. Saijozan of Kawanakajima first. This information report to Shingen TAKEDA.

The same day early morning, Shingen TAKEDA started Tutuzigasaki house to Kawanakajima,

Aug. 24, 1561. Shingen TAKEDA Force, Shingen and 20,000 men entered Kaizu Castle.

 

Situation no change and hold :

Lord Kenshin UESUGI and his troop 18,000 men come from Echigo and encamped at Mt. Saijosan. While the lord Harunobu TAKEDA station at Castle Kaizu with his 20,000 troops. The distance Kaizu-castle and Mt.Saijosan is about 2 km. 

 

Order of Battle and organization:

Kansuke YAMAMOTO proposed to lord Harunobu the attacking plan of Kenshin UESUGI who station on Mt. Saijosan by“Woodpecker tactics

 

Lord Shingen said “Oh! It is the Sun Tue the Art of War are not you【孫子の兵法でござるな】.Master Sun Tue said that the surrounded enemy【包囲した敵】must be prepared a escape rout【逃げ道】when attack. So you must open the escape route for enemy and we ambush【待伏せ】the enemy. And annihilate【殲滅】Kenshin UESUGI”

Lord Shingen TAKEDA ordered Kansuke attacking plan on Mt. Saijosan quickly.

 

Military Advisor, Kansuke YAMAMOTO making a Wood-pecker tactics plan and proposed to the lord Singen TAKEDA and adopted without any correction.

 

Do you know“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】of Military Advisor Kansuke YAMAMOTO.

What is the Wood-pecker tactics?

Answer is :

Woodpecker drives out worm by pecking the wood by hard and strong beak. Astonished worm comes out from hole. Then woodpeckers catch the worm and eat it.

This woodpecker habits apply for castle attack tactics, first attack castle fiercely, so enemy soldier in the castle astonished run away form castle. Then another hidden force ambushes the run away enemy.

   

Operation plan of Mt. Saijosan by military advisor Kansuke YAMAMOTO as follows :

First TAKEDA Force divides into two forces,

☆    SAIJOSAN Separate Independent Attacking TAKEDA force【妻女山武田別動隊】 which is consist of 12,000 men. The role and purpose of the Separate Independent Attacking Force is drive out enemy soldier in position on SAIJOZAN like a woodpecker knocking out worms from the wood. Carrying three rice ball and yellow pickled radish as a ration【オニギリ三個とたくあんの携行食】

 

☆    Ambush force which is consists of Main force and headquarters 8,000 men remain here at first as reserve. And then move good position to attack run away enemy soldiers at Hachimandaira. At there ambush come out deserted soldier and attack like woodpecker eat worm.

 

①.  SAIJOZAN Separate Independent Attacking TAKEDA forces start to Mt. Saijosan where UESUGI force occupied at 23:00 sharp on this night under the cover of darkness.

②.  Surprise attack to UESUGI force to drive out the Saijosan.

③.  UESUGI force will descend Mt. Saijosan to escape.

④.  Main Force of TAKEDA ambush force waiting at Hachmanbara plane pursue escaping UESUGI force and make pincer attack【挟撃】 with Saijosan Separate Independent Attacking force.

 

But this Kansuke YAMAMOTO’s plan did not work well because of this plan see through by Kenshin UESUGI. ・・・・・・・

 

”Military advisor explained to lord Shingen TAKEDA his attacking plan ;

Run for come out soldier from castle captured by“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】which is one of the castle attack tactics by one main force attacking the castle and another force ambush out side and waiting up enemy come out. If enemy came out from castle both of our forces make pincer attack【挟撃】them

This attack plan was adopted by Lord Shingen TAKEDA without any correction. And the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force leave the Kaizu castle at time of Rat【子の刻】at midnight under the pitched black knight to Mr. Saijosan … … … … … …

So organized Independent special force to attack Mt. Saijosan and prepare rice ball and carry it.

 

But this woodpecker tactics failed. Because Commander in Chief, lord Kenshin UESUGI who know the Sun Tzu the Art of War very well, to see and observation Kaizu castle from Mt. Saijosan as usual. But today evening, Kaizu castle is very different from usual. Kensin UESUGI wondered lots of smoke pillows rising from Kaizu castle at this time ???

There are lots of smoke pillows rise from Kaizu Castle at this time. Why??  Also lots of flags and pennants【旗幟:キシ】are moving at random. Why??

Answer is enemy prepare cooking. They must be cooking for this evening meal and tomorrow break fast. Why ??? 

“I can read!”【読めた!】 He get answer from Sun Tue the art of war Chapter 9 Many clouds of dusts rise at randomly scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire.

Enemy must be attack us, where our force in bivouac, Mt. Saijosan. In this case, enemy need making rice balls 20,000 men × 3 pieces = 60,000 rice ball. So he knew Shingen TAKEDA attack us. If TAKEDA forces attack us, enemy divided two forces; I shall attack one of the divided forces.

Lord Kenshin UESUGI decided his force leave the position and descends this Mt. Saijosan before enemy comes here for attack. The Lord Kenshin UESUGI decides his force leaved Mt. Saijosan at this night and attack TAKEDA headquarters camp【武田の本陣】. Lord Kenshin orders to make bonfire as if his main force station at Mt. Saijosan. And all Uesugi Main force descends the Mt. Saijosan and attacks main body of Singen TAKEDA which remain only 8,000 troops.

UESUGI force starts secretly advance to TAKEDA headquarters only left small foot soldiers. And order to remain soldier “Make big bonfires at 35 places as if remain main body stay”

Next morning the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force attack Mt Saijosan. But there is no enemy at all on Mt. Saijosan. At that moment Military Advisor  YAMAMOTO hear the gun shooting sound from Kawanakajima direction. What’s happened? Oh no! I am out fitted【出し抜かれた】by Kenshin TAKED.

 

山本勘助の『啄木鳥戦法』は、終わり、上杉謙信の『車懸り戦法』対武田信玄の「鶴翼の陣」となるのである。

Kansuke YAMAMOTO’s “Wood-pecker tactics” end and lead to Shingen TAKEDA’s “Crane wings formation” vs. Kenshin UESUGI’s“Revolving wheel attack formation

 

But the morning mist cleared out, Kenshin UESUGI force appear intact with perfect“Rotating Wheel formation”which is the strongest attack formations

Shingen TAKEDA astonished to see UESUGI’s“Rotating Wheel formation”So he decided defense formation of“Crane wings formation”【鶴翼の陣】to defend UESUGI force attack. The Crane wings formation is name after which is like crane spreads both wings.

 

UESUGI force descends Saijosan and attack TAKEDA headquarters by fording Tikuma River at Amamia fording point in the midnight.

Next early morning, clear morning mist, UESUGI force starts all out attack by rotating wheel formation like American Indian.

Uesugi force, 13,000 troops attack Takeda Force by use of “Wheel attack formation”【車懸かり陣】which attack enemy defense force with new fresh attack troop in succession like bore a hole with drill【錐で穴を開けるように連続して攻撃する】. Wheel attack formation is like an American Indian attack the white man’s hooded carriage fleet【白人の幌馬車隊】.

This battle is pitched battle【互角の大激戦であった】 In the morning UESUGI force have an advantage over TAKEDA force, but afternoon TAKEDA force have an advantage over UESUGI force. And this battle led to single combat between two commanders in chiefs, Shingen TAKEDA and Kenshin UESUGI. Kenshin UESUGI slash at Shingen TAKEDA with Japanese sword, and Shingen TAKEDA defend with commander’s fan【軍配】. Finally this battle end in draw【この戦闘は、最終的に引き分けで終わった】

  • Ø See “Chapter 9 : March and Maneuver

 

『宮本武蔵』対『佐々木小次郎』

“Musashi MIYAMOTO” vs. “Kojirou SASAKI

 

武蔵と小次郎の「巌流島の決闘」は、宮本武蔵の遅参戦法による『迂直の計』で武蔵が勝った。

“The Duel of GANRUUJIMA island”between Musashi and Kojirou, Musashi Miyamoto can get win by the “Long path change into short way tactics” which is latecomer tactics of Musashi MIYAMOTO’s  .   

 

The duel between Musashi MIYAMOTO vs. Kojiro SASAKI at Ganriyujima island, first Kojirou arrived at the Ganriyujima island and occupied good position to fighting on the small hill where advantage position. But Musashi did not appear on time. What happened to Musashi? Kojirou asked himself with anger. Why Musashi come hear?

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘は、佐々木小次郎が最初に巌流島に到着して、戦うのに良好な緊要な地形、ちょっとした小高い丘の上を選択した。そこで宮本武蔵を待ち受けて、戦いを挑むことにしていた。しかし、宮本武蔵は時間どおりには、現れなかった。武蔵に何が起こったのか?小次郎は、怒りを込めて自問した。何故、武蔵が現れないかと。

 

Musashi reached the Ganryu island beach by a boat more than two hours later the appointed time. So Kojirou get tired out waiting for a long time and burned with rage. This is the tactics of Musashi to decrease the concentration power of Kojirou.

武蔵は、約束の時間に2時間以上も遅れて巌流島の砂浜に一隻の舟で到着した。小次郎は、待ちくたびれ、これは、カッカしていた。これは、武蔵の「小次郎の集中力を減ずる為の」戦術でもあった。

 

Kojirou to find Musashi jumping into shallow water from the boat where knee depth. Kojirou think instantly this is good timing to attack Musashi while he is in the water. Kojirou know the landing enemy person has many weak points to be attack. While enemy conducts amphibious operation is the best timing to kill, which is the anti-landing combat operation’s best tactics.

小次郎は、武蔵が舟から浅瀬に飛び降りたのを見た。小次郎は、シメタ!武蔵が水の中にいる間に攻撃することが、最良のタイミングであると本能的に思った。小次郎は、上陸して来る敵に対して、攻撃すべき多くの弱みを持っていることを知っていたのである。つまり敵が、対上陸作戦は、水際で攻撃するのが、最良の作戦であると。

 

Kojirou start to dash to Musashi at full speed with unsheathing his long sword from the sheath, and throw it away to the sea. And Kojirou said to Musashi with big voice.

小次郎は、長い日本刀を抜き取り、この鞘を海に投げ捨てて、武蔵をめがけて、全速力で走った。小次郎は、走りながら武蔵に向かって大声で叫んだ。

 

 “Musashi! I have been waiting for you a long time.” said Kojirou with anger.

No answer. Musashi keep calm.

“Musashi!” said again Kojirou with anger.

No answer.

???

“You are late again, aren’t you? Is that your small crafty strategy, aren’t you? Cowardly conduct!  To behind the designated time on purpose”.

But no answer from Musashi. Kojirou got angry as if an instantaneous water heater.

「武蔵っ!俺は、お前を長いこと待っていたぞ!」と小次郎は、怒りを込めて叫んだ。

武蔵は、無言であった。武蔵は、冷静であった。

「武蔵っ!」と小次郎は、怒りを込めて叫んだ。

返事は、なかった。

???

「お前は、また遅れて来た。そうであろうが。これがお前の、小賢しい戦術か?約束の時間をわざと送れて来るとは。この卑怯者めが!」しかし、武蔵からの返事は無かった。小次郎は、「瞬間湯沸し器」の如く怒り狂った。

 

Musashi said to Kojirou with sneering voice “Stupid Kojirou! You have lost!” with smile.

“What???”

“I say you’ve been defeated! Why you have throw-away your sword sheath to sea, if you want to alive, you can not it right away because of sea water in it, are not you?”

“If you were going to win, you wouldn’t throw your sheath away. Are not you Kojirou.”

“Don’t boast! Musashi!”Kojirou SASAKI lost his temper and presence of mind at all.

武蔵は、ニタリト笑い『愚かなり、小次郎!敗れたり!』と嘲るように言った。

『なにっ???』

『汝の負けだ!勝つ身であれば、何故、鞘を海に投げ捨てた?海水が入り、刀が使えなくなろうが』

『勝つと思えば、鞘を海へ、捨てることはないぞ、小次郎』

『ほざくなっ!武蔵!』小次郎は、完全に平常心を失っていた。

 

“Calm down, calm down Ganryu” Kojirou admonish himself. On the other hand, Musashi take a good position to fight with the sea and sun at his back, because he use reflection light maximum from sea surface. And this is most important fact Musashi intentionally tip of his white oak oar sword dip into sea to prevent noticing the length of the oak oar sword. And Musashi stand on small high good footing rock which is key terrain for this fighting where can not see Kojirou SASAKI because of under sea surface.

「落ち着け!落ち着け!巌流!」小次郎は、自分自身を叱咤した。一方、武蔵は、海と太陽を背にした有利な隊形を陣取った。海面反射を最大限に利用したのである。そして、これが最も大切なことであるが、武蔵は、白樫の櫓の先を常に海面下に漬けて、木刀の長さを小次郎に築かれない様にしていたのである。そして少しだけ高い岩の上、即ち「緊要地形」上にいたのである。しかしながら、水面下であるので、小次郎には、「木刀の長さ」と、この「緊要地形」は見えなかった。

 

Kojirou lose sight of Musashi by the sea reflection of sun shine, and almost can not see Musashi appearance by dazzling of sea surface random reflections. On the other hand, Musashi can see Kojirou clearly.

小次郎は、太陽光の海面反射により、一瞬、まぶしくて視力を失い、武蔵の姿が見えなくなった。一方武蔵は、小次郎の姿を確実に捉えていた。

 

“YA!” One sharp cry of an old crane reached to heaven. Musashi jump into the air with a white long oak oar rise up straight in high. And slush down oak oar. At the same time Kojirou jumping at high to cutting the head of Musashi with big sharp cry “Kie !” instinctively.

ヤー!』老鶴一声、天に響く。武蔵は、白樫の櫓を持って、空高くジャンプし、空高く真っ直ぐに持ち上げた櫓を、振り落とした。と同時に小次郎も本能的に武蔵の頭上に刀を振り下ろすべく『キエー!』と鋭い勘と反射神経で気合を入れて跳躍した。

 

But Kojirou can not see Musashi’s figures clearly because of sea clutter prevent Kojirou’s sight. And cut down Musashi head by his long Japanese sword with his keen instinct. But only cut the Musashi’s red head band.

しかしながら、小次郎は、海面の乱反射により、武蔵の姿をしっかりと捉えることが出来なかった。本能的に、小次郎の長い日本刀を振り下ろした。しかしながら、切ったのは、武蔵の赤い鉢巻だけであった。

 

 This Musashi’s tactics is “Let Kojirou to cut my skin first, then I shall cut Kojiro’s flesh instantly, and let Kojirou cut my flesh, then I shall crush the Kojiro bone with one stroke” This tactics was born by Musashi to contain and defend Kojirou’s“Flying Swallow cutting down with Japanese sword”techniques. This brave tactics prohibit Sun Tzu’s the Art of War, but it adopted by Japanese Imperial Army and Navy. That is to get big victory by small loss.

武蔵のこの戦術は「皮を斬らせて肉を切り、肉を切らせて骨を断つ」と言うものであった。この戦術は、小次郎の「燕返し」と言われる機敏な剣士に打ち勝つための苦肉の策であった。この無謀な戦術は、「孫子の兵法」では、厳に戒められているものの、帝国海軍に、受け継がれてしまった。これは即ち「部分的損害によって全面的勝利を得る日本の戦闘思想であり、日本にとって悲劇であった。

 

Jumping height difference between Musashi and Kojirou is favorable to Musashi because of Musashi stand on the hard rock which under sea surface. And also Musashi’s long white oak oar strike at Kojiro’s head and Kojirou’s skull was fractured. But Kojirou’s long Japanese sword cut Musashi’s red head band and his forehead skin at the same time. That is this duel between Musashi and Kojirou hit each other at the same time. Red head band of Mushashi is cut down and simultaneously Kojirou head struck by Musashi wood ore. The difference is only 23 cm, Musashi’s white oak oar longer than Kojirou’s Japanese sword Musashi victory is depend on this 23 cm difference of out range and stand on and jumping from high key rock terrain.

武蔵と小次郎の跳躍距離の差は、武蔵が固い海面下の岩の上に立っていたために、武蔵に利があった。また、武蔵の長い白樫の櫓は、小次郎の頭を直撃し、小次郎の頭蓋骨が打ち砕かれた。小次郎の長い日本刀は、武蔵の赤い鉢巻と額の皮膚を切っただけであった。小次郎と武蔵の決闘は、殆ど相打ちであった。その差は、わずかに23cmで、武蔵の白樫の櫓の方が長かった。言い換えれば、武蔵は、たった23cmのアウトレンジ戦法と岩の上という緊要地形上に位置でジャンプしたために勝ったのである。

 

Comparison of sword and oak oar as weapon:

Kojirou had a long sword called “wash drying pole”【物干し竿】 length about 128 cm and weight 1.2 kg. And Musashi had a white oak oar length 145 cm and weight 4.8 kg. The difference is 23 cm favor for Musashi【武蔵に有利】. Clever Musashi pay attention to prevent to see through the plot which longer than Kojirou’s Japanese sword【小次郎の日本刀よりも長いことを見破られないように留意した】

On the attacking power of weapon, oak oar and Japanese sword, is more powerful oak oar than Japanese sword. That is the oak oar is more powerful weapon than the sword on energy W = mv where m is mass of weapon and v is speed of weapon.

Musashi prepare improvised【即席】white oak ore was longer than Kojirou’s long sword which has out range tactics. So Kojirou can not get his out range tactics to null.

 

Psychological warfare operation of Musashi MIYAMOTO :

①.    Burn the enemy with indignation.【敵をカッカさせる】

②.    Panic the enemy.【敵をパニックに陥れる】

③.    Wipe out enemy will power【敵の気力をそそぐ】

④.    Let enemy thrown into confusion.【敵をうろたえさせる】

⑤.    Strike enemy week point【敵の弱いところを突く】

⑥.    Let enemy in a fit of anger.【敵を立腹させる】

⑦.    Let enemy red with anger.【敵を真っ赤になって怒らせる】

⑧.    Lose the enemy fighting spirits.【敵の戦意を喪失させる】

These from “Five Rings”『五輪書』より。

 

※ 浅学非才な我が身を省みず、不肖山本賢が、孫子の立場になって、吉川英治と柴田錬三郎の『宮本武蔵』の巌流島の決闘を参考にして書いて見ました。ふと、防大の学生の頃、落第文庫【厚生科図書】を読み漁った頃を思い出しました。

CMAC玄関

CMAC玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ CMACの玄関には、地雷除去活動を支援する各国の国旗飾られていた。この玄関の隣が、不詳山本賢の事務室。突き当りが不発弾及び地雷処理の広報展示室。

 

【原典】

是故軍政曰、言不相聞、故為金鼓。視不相見、故為旌旗。是故昼戦多旌旗、夜戦多鼓金。夫金鼓旌旗者、所以一人之耳目也。人既専一、則勇者不得獨進、怯者不得獨退、此用衆之法也。

 Comment「鼓金【コキンmeans drams and trumpets.

【訓読】

是の故に軍政に曰わく、言うとも相い聞こえず、故に鼓金を為くる。視【シメ】すとも相見えず、故に旌旗【セイキ】を為る、と。是の故に、昼戦には、旌旗が多く、夜戦には、鼓金を多くす。夫れ金鼓・旌旗【きんこせいき】は、人の耳目を一にするところなり。人、既に専一なれば、則ち勇者も独り進むことを得ず、怯者も独り退くことを得ず。

【和訳】

古い兵法書には「戦場においては、口で号令しても、聞こえない。だから、太鼓や鐘の鳴り物を用意する。手信号で指示しても見えない。だから、旗や幟を用意する」とある。従って、昼間の戦闘に於いては、旗や幟【のぼり】が多用される。そして、夜間の戦闘においては、太鼓や鐘が多用される。

そもそも鐘や太鼓や旗の類というのは、兵士たちの耳目を統一するためのものである。即ち、太鼓や鐘、旗や幟は、兵士の耳や目を使用して、部隊を統一する為の手段であります。兵士達の行動が、一糸乱れず、統一しているのであれば、勇気ある者が、独断専行して行動することも出来ないし、また臆病者が、脱走することも出来ない。

兵士達は、統一行動を要求され、勇敢な者でも自分勝手に進むことはできず、おくびょうな者でもかってに退くことは出来ない。従って、乱れに乱れた混戦状態になっても乱されることなく、曖昧模糊となって、前後も分らなくなっても、打ち破られることがない。これが大部隊を動かせる方法である。

【英訳】

An ancient art of war manual said that commander’s oral orders are not heard to fighting soldiers in combat so you must prepare drums and trumpets and also soldier can not see commander’s hands signal so you must use banners and flags as signal communication instruments. Then, day time fighting makes much use of flags, pennants and banners. And night fighting makes much use of drums and chimes.

First of all, the chime and drums, and the banners and flags are used as a communication instruments to unify the force movements by use of soldier’s eyes and ears. That is the chime and drums and the banners and flags are used to unify the force movements under the commander’s order. To unify the force movement not permitted brave soldier advance alone in separation, and the timid soldier retreat alone, these conducts not permitted from combat formation.

※ 上記の「豊臣秀吉」「上杉謙信」「武田信玄」の旗は、『馬印』と言われる旗で、本陣の総大将【Commander in Chief】の居る位置を表すための旗です。通常これらの旗は、「天皇から下賜【カシ】されたもので、自分の正当性を言うものとされています。これが為に戦国武将は、上洛したのです」。そしてこの思想は、旧陸軍の連隊旗にも適応され『天皇』から賜りました。満州の荒野に展開中の日本軍と『国旗』と飾り総だけの『連隊旗』。連隊旗のことを英語では、“Regimental colors”“Regimental flag”“Colors”と言います。“Colors”は、一般に「国旗」「軍旗」「隊旗」「連隊旗」と状況により使い分けて日本に訳します。因みに「旗の敬礼」は“dip”と言います。「頭をちょっと下げる」、とか「俯角」を取るという意味です。

 

※  Kansuke YAMAMOTO, military advisor beat a war durum【陣太鼓】. His favorite tactics is “Wood pecker tactics”【啄木鳥戦法】which entrenched soldier in castle drive out by small continuous harassment attacks【擾乱攻撃】by special force, so enemy soldiers come out from castle by way of secret escaped route then surprise attack them by large hidden force. 

 

【原典】

紛紛紜紜、鬭亂而不可亂也。渾渾沌沌、形圓而不可敗也。

 Comment紛紛紜紜フンプン ウンウンmeans mixed with many kinds of numbers.

 Comment渾渾沌沌【コンコン トントン】」means mixed with many kinds of things.

【訓読】

紛紛紜紜【分分繧繧】として、闘い乱れて、乱るべからず。渾渾沌沌として、形の圓くして、敗るべからず也。此れ衆を用うる法なり。

【和訳】

戦闘で、混戦状況陥っても、曖昧模糊とした状況不明に陥っても、組織と通信手段が完璧であれば、決して敗れることは無い。決して恐れるに足らず。これが用兵の秘訣である。

【英訳】

Even though combat confused very much or fail into obscure and vague situation, but if force organization and communication methods are perfect, never defeated by enemy. Don’t afraid if the organization is not perfect. This is the secret of force operation.

 

【原典】

故夜戦多火太鼓、晝戦多旌旗。所以變人之耳目也。

故三軍可奪気、将軍可奪心。

是故朝気鋭、晝気惰、暮気帰。故善用兵者、避其鋭気、撃其惰帰。此治気者也。

 Comment「惰帰」means retain back with tired out.

【訓読】

故に、夜戦には、火鼓多くし、晝戦には、旌旗を多くす。人の耳目を変ずる所なり。

故に三軍は、気を奪う可く、将軍は心を奪うべし。

是の故に、朝気は鋭く、晝気は惰、暮気は帰なり。故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避けて、其の惰帰を撃つ。此れ気を治むる者なり。

【和訳】

だから、夜戦には、火や太鼓を沢山使い、昼の戦争には、旗や幟を沢山使う。これは、兵士達の耳目を使用して指揮することである。

それ故に、敵の将兵の士気を喪失させ、敵の将軍の心肝をちじみ上がらせむべきである。

このような訳で、兵士の士気は、朝は鋭気に溢れ、昼は鈍り、夜は故郷に思いを馳せて、尽きてしまうのである。戦争の上手な将軍は、敵軍の士気が高いときには、これを避けて、ホーム・シックにかかり帰国したくなるような時期を求めて、これを撃つ。敵の戦力を、我に有利な条件下で撃破することである。これは、敵の心理状況を掌握し作戦に生かす方法手段である。

【英訳】

Therefore use the fires and drums in night battle, and banners and flags are use in day times so as to manipulate soldier’s ears and eyes for the command of forces.

Therefore the moral and spirits of enemy soldiers are spoiled and diminished, the brave mind of enemy general are shrink up.

As to soldier spirit at battle field, morning is keen, midday is slumps, and evening is recedes by home sick.

Skilled general avoids to attacks enemy soldier in high spirits, and attack the enemy when soldiers become sluggish and dull and homesick. This is the art of psychological operation approach.

 

※ 日本では、法螺貝、陣鐘、陣太鼓が使用されていました。

Trumpet shell、battle field command chime and battle field command drum are used in Japan.

 

 Comment「君は、爆装艇『震洋』」を知っているか? 米軍の将兵の心肝を寒がらせた兵器があった、その名を『震洋』という。・・・・・・・・・」

 

Do you know the “Ocean Shaker”?  Ocean Shaker is suicide motor attack boat made by plywood and driven by Nissan truck engine. And the head of the boat fitted with two naval depth mines. It is said that at first “Ocean Shaker” shake US Navy officer’s and sailor’s mind and              

   
   

米海軍を震え上がらせた爆装艇『震洋』

   
   

hit by its name. That is “Ocean Shaker” shake US officers and sailors mined same as car bomb by Islamic fundamentalist guerrilla today. But they know the speed of the boat is too slow compare to US Fast Torpedo BoatFTB. So it is no danger for US Navy at all.

 

After the reversion of Okinawa, I was member of EOD team, One day I went to Zamami Island, Tokashiki to clear these explosive ordnance which hide in cave. In the cave lots of HABU escort the『震洋』

EOD means “Explosive Ordnance Disposal” 『不発弾処理』

 

 Joke

Working style in Marine Core EOD personnel station on Okinawa. Morning is very dull by hangover by last night drinking party, almost brain death. Midday is slumps, and evening is very keen. And go off base with high spirit. This is problem of working style of young Marine Core EOD staff. They said to me” Man of strict probity morals and in corruptive characters put on with steel helmets” which means「石部金吉金兜」in Japanese.

 

Sun Tzu said 2,300 years before“The biorhythm is important method to control and boost up the fitting spirit of troops

 Comment : 孫子は、「心理戦」の重要性を主張していたのである。

 

【原典】

此治気者也、以治待乱、以静待譁、此治心者也。

 Comment「譁【カ】」means noisy.

【訓読】

治を以って乱を持ち、静を以って譁を待つ。此れ心を治むる者なり。生々の旗をむかうることなく、堂堂の陣を撃つこと勿し。これ変を治むる者なり。

【和訳】

また治まり整った状態で、混乱した敵に当たり、冷静な状態で、ざわめいた相手にあたることが、敵の将軍の心を奪い取って、心について打勝とうとするものである。

【英訳】

Skilled general waits advancing hungry and tired out enemy forces with relaxing and full of stomach with food, near the key terrain.

 

【原典】

以近待遠、以佚待労、以飽待飢。此治力者也。

【訓読】

近きを以って遠きを待ち、佚【イツ】を以って労を待ち、飽を以って飢を待つ。此れ力を治むる者なり。

【和訳】

戦争の上手な将軍は、戦場の近くの有利な地形に布陣して、遠くからやって来くる敵を待ち受けて、安楽に休息しながら、腹いっぱい食べた後に、疲労し飢えた敵に当たるのである。

【英訳】

Skillful general waits for coming enemy forces from long distance to occupied key terrain in advance with full of stomach and in high spirit and attack hungry and tired out enemy force.

 

【原典】

無邀正正之旗、勿撃堂堂之陣、此治變者也。

【訓読】

正々の旗を迎かうること無く、堂堂の陣を撃つこと勿し。此れ変を治むる者なり。

【和訳】

また正々堂々の旗ならびには、戦いを仕掛けることなく、また堂々とした陣立てには、攻撃をかけない。敵が変化するのをじっと待って、敵の変化の間隙をついて打ち勝つことが重要である。

【英訳】

Skilled general do not attack big enemy advancing with dignified flags and pennants which is good orderly formation force. Wait until the change of enemy force formation, the enemy will be off guard and show weak point and then attack enemy’s unguarded moment. 

参考資料:Reference documents of Sun Tzu’s The Art of War.

 

【原典】

故用兵之法、1. 高陵勿向、2. 背丘勿逆、3. 伴北勿従、4. 鋭卒勿攻、5. 餌兵勿食、6. 歸師勿遏、7. 窮寇勿迫、此用兵之法也。

【訓読】

故に、用兵の法は、1.高陵には向うこと勿れ、2.背丘には逆うこと勿れ、3.佯り北ぐるには従うこと勿れ、4.鋭卒には攻むること勿れ、5.餌兵【ジヘイ】は食うこと勿れ、6.帰師には遏【トド】むる勿かれ。7.窮寇には迫ること勿れ。此れ用兵の法也。

【和訳】

指揮・用兵の法とは、以下のものから成る。

  1. 高所を占める敵には立ち向かってはならない。
  2. 丘を背にする敵には、逆らってはならない。
  3. 逃げるふりを見せて、計画的後退を行う敵は、追撃してはならない。
  4. 敵の精鋭部隊は、攻撃してはならない。
  5. 囮に喰いついてはならない。
  6. 帰途についた敵の進路を遮ってはならない。
  7. 窮地に陥った敵は、深追いしてはならない。

以上、7項目が戦闘行動の要訣である。

【英訳】

The principle of military operation consists of :

  1. 1.    Do not face enemy when the enemy occupies the higher ground.
  2. 2.    Do not confront enemy whose back is the hill side.
  3. 3.    Do not pursuit and attack the enemy pretends to retreat.
  4. 4.    Do not attacks the elite force which has many high spirit soldiers.
  5. 5.    Do not bite the lure which enemy presents.
  6. 6.    Do not block the route which enemy retreating to home.
  7. 7.    Do not pursuit the retreat enemy too far.

The mentioned above seven clauses are the key principles of combat action.

 

孫子の兵法 第5 兵勢篇

以下山本賢の孫子の兵法からの引用です。
孫子の兵法表紙
 

Chapter 5: Combat power

 以下は、山本賢の孫子の兵法から引用したものです。乞うご期待。

【原典】

孫子曰、凡治衆如治寡、分数是也。闘衆如闘寡、形名是也。

【訓読】

孫子曰わく、凡そ、衆を治むること、寡を治むるが如くするは、分数、是なり。衆を闘わしむること、寡を闘わしむるが如くするは、形名是れなり。

 Comment衆」means lots of soldiers such as division or regiment, large group of soldiers.

 Comment寡【カ】」means a few soldiers such as platoon or squared, small group of soldiers.

 Comment分数」consists of two Chinese letters「分」and「数」.「分」means the organization of force and 「数」means the number of soldiers, so large force has many rapid reaction stop gap unit as reserve unit to fill up destroyed unit by enemy.

 Comment形明」means instruments deliver the orders and instructions from commander to soldiers such as flags and banners and pennants, and drums and chimes and trumpets.

【和訳】

孫子は言う。およそ戦闘に於いて、大部隊を指揮統率するのに、まるで少人数の兵士を指揮するのと同じよう、整然と指揮することが出来るのは、大部隊が編成組織化され、しかも通信連絡手段を保有しているからである。大部隊の兵を、あたかも、少数の兵と同じように指揮することが出来るのは、命令・指揮系統が確立されており、通信手段として旗や太鼓や鐘などを使用して指揮官の命令を部隊の隅々にまで即座に伝えることが出来るからである。

【英訳】

Sun Tzu said that, to command a large force is same as to command a small group of soldiers at will is the large force has good organization system including tactics and communication systems such as flags and pennants, drums and chimes.

To command large force same as to command small troop is depend on organization, command-structure and communication systems, such as flags and pennants, drums and chimes to delivers top commander’s orders to each soldier almost instantly. So large force commander can control their soldiers like as if small force leader command his each soldiers at will.

 

 Joke 1:師団長の能力 分隊長の能力 

Sun Tzu said that commanding many soldiers is same as commanding few soldiers, it is a mater of force organization and signal communication by flags and callers. So commanding general abilities of division is same as squad leader level! To hear this Division commander gets angry. ”Do not let same ability squad leader”. 「師団長閣下 ムカッ!」と。「俺は、陸軍大学で恩賜の軍刀を賜ったのだゾ!ヘッポコ分隊長と同一視するとは、『孫子の兵法』は、怪しからんことをほざくインチキ兵法である」と激怒するのが『愚将』。「なるほど、一理あり」と言い『孫子の兵法』の兵勢篇を思い浮かべるのが、『名将』

 

 Comment古代中国の戦闘指揮

Ancient Chinese Army Organization is distinguished by show the flagand Signal communication systems used mainly flags and pennants in day time and chimes and drums used in the night. Some time use both communication systems used in large combat. In case of the sound of drum means advance and in case of the sound of chimes means retreat.「古代中国の戦争は、チャルメラが鳴り賑やかなのである。」

 

                         Joke 2: Bush 米国大統領の歴史認識能力

2002年、Bush 米国大統領は、来日し、この時、国会議事堂で大演説をした。・・・・・・・・・・

  For a century and a half now. America and Japan have formed one of the great and enduring alliance of modern times.【150年間にわたって、アメリカと日本は、素晴らしい、ゆるぎない同盟関係を結んできました。】・・・・

これでは、Papa Bush【ブッシュ大統領のお父さん】の立場がなくなってしまいます。お父さんは「太平洋戦争の英雄である」。お父さんは、太平洋戦争で爆撃機のパイロットとして活躍したものの、運悪く、日本軍の高射砲の対空射撃で撃墜されてしまった。海上を漂流し手いたところを、幸運にも、米国の潜水艦に救助された」のです。お父さんは、太平洋戦争を戦った英雄として、票を集め、大統領になりました。豚児ブッシュ大統領は、これを忘れてしまったに相違ありません。

その昔、日本でも「足軽」【 foot soldier who do not put on armor and helmet so ca rapid reaction in close combat】は、「旗」を背負って「陣太鼓」や「法螺貝」の合図で戦闘をしておりました。そして、現代版は、となると・・・・

New fairy tale of Peach boy’s drive out terrorism『新おとぎ話:桃太郎さんのテロ退治』

 

『自衛隊国際貢献応援歌』:桃太郎さんの国際貢献

 

♪♪ ブッシュさん、ブッシュさん ♪♪

♪♪ お腰につけた ハンバーガー ♪♪

♪♪ ひとつ 私にくださいな   ♪♪

 

♪♪ やりましょう、やりましょう ♪♪

♪♪ これからフセインの征伐に  ♪♪

♪♪ ついて行くならやりましょう ♪♪

 

♪♪ 行きましょう、行きましょう ♪♪

♪♪ 貴方について どこまでも  ♪♪

♪♪ 家来になって 行きましょう ♪♪

 

♪♪ そりゃ進め! そりゃ進め! ♪♪

♪♪ 一度に攻めて 攻めまくり  ♪♪

♪♪ 潰してしまえ バース島(党)♪♪

 

♪♪ おもしろい おもしろい   ♪♪

♪♪ 残らずテロを攻めふせて   ♪♪

♪♪ 平和な世界を えんやらや  ♪♪

 

♪♪ 万々歳  万々歳      ♪♪

♪♪ お供の『オヒゲの隊長』は  ♪♪ 

♪♪ 勇んで車をえんやらや ~  ♪♪

 

作詞作曲:防衛大学ブラスバンド部長 二見宣

 

不肖山本は、この時、JICA【日本国際協力機構】の長期技術専門家として、カンボディアの地雷や不発弾を処理する国家機関CMAC【カンボディア地雷除去活動センター】に派遣され、そこで勤務をしていた。

この時、アメリカ大使館の職員や駐在武官が連日CMACにやって来たことがありました。何事かと思い、聞いてもなかなか教えてくれませんでした。その理由は、アメリカ政府が『CMACに渡すべき地雷処理のひも付き予算が、カンボディア政府内のとこかで無くなってしまった事件』の調査と『米軍の古くなった爆破薬』をCMACが供与を受けて不発弾処理に使用しているものが、大量に横流しされた事件がマスコミに知れ、大問題となったのです。テロ組織に渡ったら大変だと。この事件の調査に来ていたのでした。この時、アメリカの駐在武官に聞いてみました。何故、米国は、地雷禁止条約に加入しないのですか、教えてください。駐在武官曰く:

軍の最高指揮官であるBush大統領として、地雷の使用を禁止して、アメリカの兵士を危険に陥れることは、絶対に出来ない。しかし、人道的地雷支援には、何処の国よりも積極的に支援していると。これがBush大統領の方針であると。『名将』である。

米国の地雷は、目下、戦争中(休戦中)の北線軍の侵攻防止用として、38度線のみ使用している。

人道的地雷処理には、軍も積極的に支援しており、資金、研究開発の分野で、46ケ国を支援している。毎年、約7000万$の支援をしているとの由。さすがBush大統領は、御立派である。自国の兵士を危険に陥れるようなことは、しないと。北海道日油の「自衛隊保管地雷爆破処理」の点火信号『釦』を、日本原分屯地で喜んで押して、ご満悦の小泉さん、『名将』 or 『愚将』???

因みにCMACのケムソファン長官は、フンセン首相の下で、ポルポト軍を追い詰めた軍人でカンボディア王国陸軍のナンバー2の陸軍中将であった。長官室には、小渕恵三総理大臣、フンセン首相とケムソファン陸軍中将の大きな写真が飾ってあった。

 

The story of Show the flag. 『旗幟鮮明』のおとぎ話:

Mr. Armitage, Under Secretary of State【次官補】, Ex.USMC【Ex United States Marine Corps:元海兵隊員】 said to Japanese people and Mr. NAKATANI, Director General, Defense Agency. “Show the flag” “Japan agree or not agree to fighting against terrorism”and “Boot on the ground to Iraq” Mr. Prime minister Koizumi, the Supreme Commander of the Self Defense Forces said instantly “I agree fighting against terrorism. We must fight terrorism!” And the commander of mustache【オヒゲの隊長】, Colonel Sato was dispatched to Iraq for humanitarian support【人道支援】operations. And after that he retired from GSDF, and become a member of the House of Councilors【衆議院議員】. This is ride on time inertia or momentum.【時世の波にのる】

 

海兵隊には、“Once a marine, all ways marine”【一度海兵隊員であった者は、生涯海兵隊員である】と言う格言がある。日本の「同じ釜の飯を食った仲間という」意味である。不肖山本は、沖縄の海兵隊のEODの隊員に「私製爆発物:IED【Improvised Explosive Device】」の教育を2週間程度したことがあった。この時使用した資料は、「全学連の工科系学生粋を集めて作成」した『料理の本』【Cooking book】であった。この『料理の本』は、警察が全学連の学生アジトから押収したものを、参考資料にと防衛庁に渡されたものであった。教育終了後に、教育のお礼にと、海兵隊司令部のG-2/3部長から「星条旗付きの海兵隊バッチ【徽章】」を頂いた。G-2/3部長曰く「このバッチを付けている限り、貴方が海外で苦境に陥った際には、海兵隊員は、必ず貴方を助けてくれる」と言われて頂いた。しかし、36年経った昨今、このバッチを付けて海外に行くと、テロリスト・アルカイダーの好目標となってしまうので、海外に行くときには、付けないようにしている。

そしてこのIED目下、「応急仕掛け爆弾」とか「即席爆破装置」とか訳されて、イラクやアフガニスタンで猛威を振るっている。その元祖は「全学連」にあったのである。

この星条旗付き海兵隊のバッジ“Globe and anchor”with Stars and stripes「星条旗付き地球儀と錨」は、JMASの“Globe and mortar”with shield [盾付き地球儀と迫撃砲弾]ロゴ・マークと相成った。盾は、カンボディア国際派遣された隊員の「お正月のお餅つき大会」の資金カンパした時のお礼に頂いた「自衛隊の隊章」を愛しらった記念バッチを参考にした。

 

【原典】

三軍之衆、可使畢受敵而無敗者、奇正是也。兵之所加、如以暇碳投卵者、虚實是也。

 Comment「三軍means three Army which is the largest load’s force organization. And small load’s force organization is two army.

 Comment「畢受」means respond all sorts of attack at will.

 Comment「奇正」means plots & surprise attack and regular and orthodox tactics.

 Comment:「碳【タン:石】」 宝王に加工中の卵のような形をした石球          

【訓読】

三軍の衆、必ず敵を受けて、敗ること無からしむ可【ベ】きは、奇正是なり。兵の加うる所、碳【タン:石】を以て卵に投ずるが如くなる者は、虚実是也。

【和訳】

大軍が敵の攻撃を受けて、敗北を蒙ることなく、あらゆる敵の攻撃に耐えられるのは、戦場に於ける、敵の攻撃に対して、変化に応じて対処する戦術と定石道理のオーソドックスな戦術の組み合わせで対処をするからである。

軍を投入すれば、敵に打撃を与えること、まるで石【實】を卵【虚】に投げつけるが如くに、たやすく敵を撃破できるのは、充実した力で、敵の虚弱なところを攻撃するからである。言い換えれば、無警戒で手薄な大敵に、圧倒的な力をぶつけ完膚なきまで撃破することである。これを「虚實」と言う。

【英訳】

The secret of reasons, large force which consists three armies can defense enemy fierce attack with out defeat is the combination of regular (orthodox) tactics and irregular (unorthodox surprise) tactics.

Once commit the force, able commander can crash enemy force and get victory against big uncontrolled enemy forces, as if “a stone thrown at the piled up eggs” This is called “Matter of emptiness egg and fullness stone , that means of attack emptiness place; egg with fullness means stone”

 

No.

Regular tactics

Irregular tactics

Orthodox tactics

Unorthodox tactics or Unique tactics

Straight forward

Surprise

Overt

Covert

Direct

Indirect

6

Stone

Egg

 

※  Comment「黄帝の八陣法戦術」means “The eight battle formation of Yellow Emperor”.

 This is the prototype of Old Chinese military formation. The eight battle formation consist of eight Center Army ( Body ), four guard Army ( Front, Rear, Left and Right ). The regular army adopts regular tactics. Each regular army has 4 cavalry forces which conduct surprise attack.

 

 Example of war history Surprise attack on Pearl harbor 

Admiral Isoroku YAMAMOTO said “As long as I am Commander in Chief of Combined Fleet【連合艦隊司令長官】, had firm resolution to carry out surprise attack operation on Pearl harbor where home port of U.S. Pacific Fleet【米太平洋艦隊】by Japanese Six aircraft carriers and 350 carrier based attack planes of Task Force【機動部隊】This was a conclusion after long years of sufferings.【苦悩の末にたどり着いた結論であった】

 

This tactics, surprise attack to battle ships by air planes with bombs and torpedoes are revolutionary idea at that time. This unique tactics conceived he was a vice principal of Kasumigaura Aviation Force【霞ヶ浦航空隊教頭】. This place reborn Ordinance Scholl of Ground Self Defense Force. This morning exercise stand are used at now.

 

【原典】

凡戰者以正合、以奇勝。故善出奇者、無窮如天地、不竭如江河。終而復始、日月是也。死而復生、四時是也。馨不過五、五聲之變、不可勝聰也。色不過五、五色之變、不可勝観也。味不過五、五味之變、不可勝嘗也。戦勢、不過奇正、奇正之變、不可勝窮也。奇正相生、如循環之無端、孰能窮之。

 Comment終而復始」means as to sun “repeated sun-set and sun-rise” and as to moon “repeated circulation from new moon to full moon”.

 Comment死而復生」means circulation all the creature including plant die in autumn and winter and revival in spring and grow up in summer.

【訓読】

凡そ戰は、正を以って合ひ、奇を以て勝つ。故に善く奇を出す者は、窮まり無きこと天地の如く、竭きざること江河の如し。

終わりて復た始まるは、日月是なり。死して、また生ずるは、四時是なり。死して更々生ずるは、日月是なり。

声は、五に過ぎざるも、五声の変は、勝げて聴くべからざるなり。

色は五に過ぎざるも、五色の変は、勝げて聴くべからざるなり。

味は、五に過ぎざるも、五味の変は、勝ちげて嘗〔なむ〕ベからざるなり。

戦勢は、奇正に過ぎざるも、奇正の変は、勝げて窮むべかざるなり。奇正の相い生ずること、循環の端なきが如し。孰【タレ】か、能【ヨク】くこれを窮めんや。

【和訳】

およそ戦いと言うものは、正規部隊による定石通りの正攻法で敵と正面からぶつかり合って交戦する一方、臨機応変の奇襲戦術によって敵に打ち勝つものである。即ち戦いは、「正」と「奇」の組み合わせであり、その組み合わせは、無限である。

だから、孫子の兵法で、奇策の奥義を修めた者の機略は、天地のように無限で極まりなく、揚子江や黄河の流れのように尽きることがない。

実際、この戦法は、太陽や月と同じように終わってから叉始まる。また兵法を学んだ人物の機略というものは、四季の移り変わりのように、果てることがない。

音は、5音を基本としているが、其の組み合わせは無数であり、全て聞き尽くすことは出来ない。兵法も同様である。

色は、【青、赤、白、黒、黄】の5色であるが、其の色の混ざり合いは、無数にある。― とても全てを残らず見ることは出来ない。兵法も同様である。

味の基本は、5種類に過ぎないものの、その5味【酸:すっぱさ、辛:からさ、醎:塩辛さ、甘:甘さ、苦:にがさ】を混合は、無数に存在しており、味わい尽くすことは出来ない。兵法もこれと同様である。

戦争のやり方、即ち戦術は、煎じ詰めれば、「奇策」と「正攻法」の二つの組み合わせしかないが、其の組合せ【順列組み合わせ】運用となると、その数は、無数にあり、常人では、この戦術を窮め尽くすことはできない。

奇中に正あり、正中に奇あり、奇から正を生み、正は奇を生む。その関わるありさまは、丸い輪やドーナツをぐるぐる廻って終点のないようなものである。誰にそれが窮められようか、誰も極める事はできない。

【英訳】

Generally speaking, battle is governed by regular tactics such as front attack or area defense etc. which is adopts orthodox standard tactics. But it is said that to get victory is by adoption of surprised tactics which is depend on the situation. That is battle is the combination of regular tactics and irregular tactics etc. And also said that commander who learned and master the all the secrets of the tactics which consist of both regular tactics and irregular tactics. The combination of regular tactics and irregular tactics are infinitive, it like as if the flow of Yellow River or Yangtze River. Its water flow never exhaust in future.

This combination tactics regular and irregular tactics are unlimited and endless. This combination tactics is like it like the endless cycle movements of sun and moon, that is after sun set, moon rise again. It’s repeat again and again.

And also, general who learned and master the Art of war, his unusual irregular resourceful tactics ideas is like endless shifting of four seasons, – spring, summer, autumn and winter. That is unlimited and endless cycle. And also gigantic it likes as if the heaven and earth.

For example, as to sound, there are only five basic tones in sounds, but these five basic tone’s combination variations are infinitive, so can not hear all of the tone. My art of war is the same as this sound.

There are five basic colorsBlue, Red, White, Black and Yellowvariation in the world, but these five basic colors combination are infinitive, so can not see all variation colors. The art of war is the same, it meaning is deep and variety of combination exist in the art of war.

There are only five basic tastesSour, Hot, Salt, Sweet, and Bitter, but these five basic tastes combination is infinitive, so can not feel all tastes. The art of war the same, too.

Method of war that is the art of war is basically consists of two methods. That is “The orthodox regular tactics” and “The surprised irregular tactics “ in a nut-shell. But it’s combinationpermutationsexists many numbers so ordinary person can not depict it all and can not control all of them. These methods of war, that is these tactics consist of the surprised irregular tactics hide in the orthodox regular tactics, and the orthodox regular tactics hide in surprised irregular tactics in a nut-shell, these irregular operations born from regular tactics and regular operations born from irregular tactics and these operations combination exist many numbers which can not count down, so ordinary tactician can not depict it all. So it’s operation like an endless circle rig or a doughnut, it has no end terminal to stop. No one can not master of these combination at all, because of it’s permutations and combinations are infinitive.

 

※         Example of war history  1 『べトコンの落とし穴戦術は、奇也』

The pitfall tactics of Vietcong is irregular tactics which is Sun Tue the Art of war recommend:.

The North Vietnam Regular force【北ベトナム正規軍】and Vietcong guerilla force【べトコン・ゲリラ】cooperate with each other and making lots of pitfalls【落とし穴】to tap【罠に架ける】to trap U.S. Army regular force and Marine Corpse soldiers in the jungle of Vietnam. This digging a pitfall to trap American soldiers by the North Vietnam Regular force and Vietcong guerilla are “Irregular” 「奇」tactics and U.S. Army and Marine Corps attacking modern weapons are “Regular”「正」tactics.

Finally U.S Armed Force can not get win with “Regular” tactics over North Vietnam force’s “Irregular” tactics.

US Armed Force Macnamara strategy【マクナマラ戦略】by use of the supper computer defeated by Ho Chi Minh “Sun Tue the art of War” mixed with lesson learned from Okinawa Imperial Army tactics which use of under ground position【洞窟陣地】

SECDEF is the abbreviation of “Secretary of Defense”【国防長官】 

 

 Example of war history 2 The Battle of  Nagashino【長篠の戦い】

 

The first matchlock guns imported from Portugal to Japan in 1543 on the island of Tanegashima. Three Portuguese traders landed at Tanegashima with matchlocks. And after 32 years later, mass production of musket gun at Sakai in Osaka.

 

First large scale gun battle took place in the world. “Battle of Nagashino” started facing each other with Renko river at Shitagahara, Nagashino, Mikawa province, Japan in May 21, 1575. That day is cloudy.

 

ODA Army clashed Kooshu Army which is led by Katuyori TAKEDA, son of Shingen TAKEDA at Nagashino, in Mikawa district, Aichi Prefecture, Japan. At there pitched battle take placed between ODA and TOKUGAWA Coalition Army and TAKEDA Army.

 

TAKEDA force from Kooshu has large strong cavalry forces which consist of about three thousand horse cavalry. On the other hand ODA Army consists of three thousand foot soldier which equipped with matchlock guns and Both TAKEDA force and ODA abd TOKUGAWA allied force confronted each other put Renko river between ODA and TOKUGAWA allied force and TAKED cavalry force.

 

Foot soldiers equipped with gun had to load gun powders from muzzle and pounding the gun powder to increase density of gun powder【火薬の装填密度を上げる】with ram rod【さく杖】for increase lethality【殺傷力向上】. After this a ball bullet down to the gun barrel from muzzle. This method called muzzle loading. And had to do put the firing power in firing dish【火口】which set in firing rope【火縄】. After aiming the target and then pull the trigger. It need long time to next round fire which need fifteen seconds.

Nobunaga ODA divided his three thousand foot soldier into three echelons of one thousand foot soldiers to increase firing rate of gun as echelon【部隊が装備する銃の発射速度を上げるために】This new firing methods which called three stage rapid fire in rotation. And to prevent his foot soldier with gun crushing by horse cavalry, he ordered to construction of horse stopping barricade【馬防柵】and ditch in advance.

And Nobunaga made three staged shooting training for his foot soldiers to continuous firing as force by use of single shot guns.

He divided his Army three echelons or rows. One echelon of soldiers bent down, and cleaning the gun barrel after shooting. Next another echelon soldiers loading the gun powder and ball to his gun. And last another one echelon aiming and shooting at enemy. So this system enabled continuous firing like machine gun by single shot gun.

Fighting each other three thousand soldiers is Regular or Full【正or 実】formation. But its operation different from each other, ODA army can get victory by new musketry fire tactics. This is Irregular or Empty【奇 or 虚】This modern musketry gun tactics is first toke place and get win at field of Nagashino in Japan for the first time in the world history in 1575.

※         One platoon consist of one regular squad consist of 5 foot soldiers and two irregular foot soldiers, total 15 soldiers.

Organization of Takeda force:

One platoon consist of “One regular squad” which consist of 5 foot soldiers, and “Two irregular foot soldiers”  Total 15 soldiers.

One platoon has one horse stop barricade

※         織田信長は、「精鋭騎馬部隊」からなる老舗の百貨店を、「執銃派遣社員」と「パート・タイマーのおばさん」を雇用した、スパーマケッで打ち負かしたのである。これは、画期的な戦法である

Shooting method of matchlock gun【火縄銃】

①    Loading gun powder, black powder from muzzle.

②    Loading ball, slug from muzzle.

③    Tampering gun powder to get high loading density【装填密度】by ramrod【込め矢】

④    Set black powder on firing apron【火蓋】and close the firing apron cover.

⑤    Put gun powder on the firing apron.

⑥    Clip the mach, fuse【火縄】

⑦    Aiming target by sight.

⑧    Open the firing apron.

⑨    Fire!

It is said total time from ① to ⑨ needs 15 seconds. So Nobunaga’s idea 15 seconds÷3 columns=5 seconds. That is firing rate of matchlock rise from 4 rpm to 12 rpm. Rpm means round pre minute 【発射速度】発/分。

 

 Comment「奇策・奇襲の成功三大要因

Three factors on success of irregular surprise tactics and surprise attack.

  1. 1.    Surprise attack the enemy commander and soldiers.【敵の指揮官の意表を突く】
  2. 2.    Do not find operation in advance.【事前に察知されない】
  3. 3.    Do not response the change of situation.【対応の暇を与えない】

 

 CommentFrom sexy Joke in EOD【Explosive Ordnance Disposal】team, US Marine CoresI know the Sun Tzu the Art of War. Chapter Five Soldier’s Energy. There are five basic positions in sexual intercourse, but these five basic tastes combination are infinitive, so can not feel all tastes. The art of war the same, too.

 

【原典】

激水之疾、至於漂石者、勢也。鷙鳥之疾、至於毀折者、節也。是故善戦者、其勢険、其節端。勢如壙弩、節如発機。

 Comment鷙鳥」means raptorial birds such as eagle, falcon and hawk.

 Comment「節means knots or node which transition point from one action to another action. Node is like a small juncture between the joint section of bamboo.

【訓読】

激水の疾くして、石を漂わすに至る者は、勢なり。鷙鳥の疾くして、毀折に至る者は、節なり。是の故に、善く戦う者は、其の勢い、険しく、其の節は、短し。勢いは弩を引くが如く、節は機を発するが如し。

【和訳】

堰き止められた水が激しい流れとなって、岩までも押し流すのは、流れに勢いがあるからである。猛禽が一撃で小鳥を打ち砕いてしまうのが『節』、つまり急襲する『間合い』である。こういうわけで、戦い上手な指揮官は、その攻撃の勢いは強くして鋭く、その動きは、迅速で素早い。その勢いは、弩【石弓】を絞った矢の速度と同じである。そして目標の位置は、常に刻々と変化しているので、引金を引く時期がとても大切である。

【英訳】

The high speed rushing water of dam-up water can move boulders and rocks down stream instantly. The reason is rapid flow water has the force momentum energy, that is shock energy of rushing down water power. The bird of prey such as falcon, hawk and eagle can be strike and catch the flying birds such as sparrow and swallows in the air. The prey birds are always maximum use of swoop attacking method. A skilled commander makes his force momentum of energy maximum and to get good timing to attack. That is to discharge or to release attack timing and it’s methods are very important. For example, the momentum of cross bow can get by drawing a string at full strength and must be release the arrow at best timing. This is called the node. It needs the best timing to hit the bull’s eye. Because the target is always moving and changing rapidly, not stand still forever.

 

 Comment勢」means momentum of energy in physics, shock effect of force, or force moving energy. For example Karate master Mr. TAKEDA says bare had destroy one inch thick oak plank or concrete block. This is 『勢なり』the speed of momentum of bare hands. Force shock energy is same as the martial art Karate. Speed is important factor. He also says『勢』exist only moment to moment. Ordinarily person can not do it. But one can lean and master if by hard training.

 

※ Comment「かのアインシュタイン博士もビックリ仰天!孫子は、E=1/2・mv2の方程式を知っていたのである。

 

 CommentStore the energy in maximum and release it on good timing like archery bow and arrow.

 

【原典】

乱紛紛紜紜【ふんぷんうんうん】、鬪亂而不可亂也。渾渾沌沌【こんこんとんとん】、形圓而不可敗也。

【訓読】

紛紛紜紜【ふんぷんうんうん】として、乱闘するも乱す可からず。渾渾沌沌【こんこんとんとん】として、形圓くして、敗るべからず。

【和訳】

指揮系統が明確な部隊は、たとえ部隊が混戦状態に陥っても、決して周章狼狽する事はない。また編成組織がしっかりした部隊は、過酷な苦しい曖昧模糊とした戦闘状態に陥っても陣形崩すことはない。

【英訳】

If Army has a good and firm command of channel and also good and strong organization, never confused or chaos by strong enemy attack, and this Army never defeat under the situation unclear at up hill battle. This Army always have perfect formation never break it’s formation even met across adverse circumstances.

 

Comment:『八陣』

Old Chinese Army formations consist of eight formations. These formations select the change of situation. There are

①   Flying wild goose Formation【雁行の陣】

②   Crane wings Formation【鶴翼の陣】

③   Scale Formation【魚鱗の陣】

④   Diamond Formation or Wheel Formation【方円の陣】

⑤   Column Formation丸【衡軛の陣】

⑥   Arrowhead Formation【鋒矢(ほうし)の陣】

⑦   Crescent-shaped Formation【偃月(えんげつ)の陣】.

⑧   Big snake Formation【長蛇の陣】「恒山の蛇『卒善』」のことである〔第11章〕九地変参照

 

周章狼狽 【しゅうしょうろうばい】

Confused and chaos

Chinese fire drill【ハチャメチャな事態、大混乱】.

Push the panic button【大混乱】.

Bewilderments.

Comment 1 : 「周章」 means “ Lose one’s head or Confusion. ” and 「狼狽」 means “ Panic or Flurry.’

More detail explanation of 「狼狽」. 「狼狽」 is consists two Chinese letters both means wolfs but precisely it difference on legs length. 「狼」 means “ Wolf which front legs are long and rear legs are short ” and 「狽」 means “ Wolf which front legs are shot and rear legs are long. Both 「狼」 and 「狽」are imaginary animal. And both 「狼」 and 「狽」 are always follow in this order. If this front short legs wolf in front position and front long legged wolf behind it. It will be entirely confusion and disorder. And also both two kinds of wolfs separates can not walk well.

Comment 1 : 中国蔑視用語ではない。状態非常釦を押すと漢民族は、こうなる。

Comment 2 : この英訳は、満州国での火災現場での「チャンコロ」の消火活動を思いだします。

 

【原典】

亂生於治、怯生於勇、弱生於橿。治乱数也、勇怯勢也、彊弱形也。

【訓読】

亂は治に生じ、怯は勇に生じ、弱は強に生ず。治乱は数なり。勇怯は勢なり。彊弱は形なり。

【和訳】

混乱は、秩序の中から生まれる。臆病は勇敢の中から生まれる。軟弱は、剛健の中から生まれる。これらは、それぞれ不安定で、お互いに移りやすいものである。常に警戒せよ。そして、『秩序』か『無秩序』かは、指揮官の統率の問題と部隊の編制・組織の問題である。部隊が、弱くなるか、強くなるかは、部隊の編成による。だからこそ、『数』と『勢』と『型』に留意してこそ、『治』と『勇』と『強』とが得られる。

【英訳】

Confusion is born from order. Cowardice is born from courage. Weakness is born from strong. Each of them is instability and very volatile. So always be careful to manipulate it and need good control. And “order” or “disorder” of force is very volatile so need to watch and control of it.  Order or disorder depends on the commander’s leadership and the organization of troops.

Cowardice and week of force or brave and strong of force depend on commander’s leader-ship and momentum of force. There for, attention on number of soldiers and troops, force of troops, and formation on force can get “Order” and “Brave” and “Strong”

 

【原典】

故善動敵者、形之、敵必従之、予之、敵必取之。以利動之、以詐侍之。

 Comment「卒means troops or force.

【訓読】

故に善く敵を動かす者は、之に形すれば、敵必ず之に従い、之に予【アタ】うれば、敵必ず是を取る。利を以ってこれを動かし、詐を以って之を待つ。

【和訳】

それゆえに、巧みに敵を操る者は、『すき』や囮を使用して敵を誘き出し、敵が『撒き餌』を取りに来た所を罠に陥れて、これを急襲するのである。つまり、利益を見せて敵を誘い出し、裏をかいてそれに当たるのである。

【英訳】

There for commander who out wit the enemy, induces the enemy at will is to show lure for enemy commander to be bite, so the enemy troop will be appears and to bite the lure and then entrap the enemy force and attack. That is to show the enemy profitable benefit lure and outwit the enemy conducts and attack it. In the long run, to lure out the enemy by show off nice lure, after that attack the enemy.

 

【原典】

故善戰者、求之於勢、不責於人。故能擇人而任勢。任勢者、其戰人也、如轉木石。木石之性、安則静、危則動、方則止、圓則行。故善戦人之勢、如轉圓石、於千仞之山者、勢也。

【訓読】

故に善く戦う者は、之を勢に求めて、人に責めず。故に能く人を択びて、勢に任ぜしむ。勢いに任ずる者は、其の人を戦いせしむるや、木石を転ずるが如し。木石の性、安なれば則ち静、危なれば、則ち動、方なれば則ち止まり、圓なれば則ち行く。

故に善く人を戦わしむる勢い、円石を千仞の山より転ずるが如くする者は勢なり。

【和訳】

したがって、戦の上手な者は、戦闘を「軍の勢い」に求め、何よりもまずその「勢い」に乗る戦い方をする。部隊の「勢い」が最高となる時点で、その「力」を放出する。従って、兵士個人の能力に期待をかけることはない。部隊の勢いに乗る。だから、賢将は、勢いを作り出す能力のある将校を探し出して、彼をして部隊を勢いに乗せるのである。つまり、戦の上手な者は、何よりもまず「勢い」に乗ることであり、兵士個人の能力に過度の期待をかけない。つまり、賢将は、勢いを作り出す能力のある将校を探し出して、彼をして部隊を勢いに乗せるのである。こうすると木石を転がす程の大きな力を発揮する。だから、賢将の勢いを作り出す能力のある将校の兵士達を戦わせる様子は、あたかも丸太や大きな石を崖から転落させるようである。石や丸太は、平地に於いては、動くことはいが、傾斜した絶壁であれば、運動エネルギーを持って落下する。石や材木は、四角形であればその場に留まり動くことは無いが、円形であれば転がりだす。だから、兵士達を巧みに、勢いを持って戦闘させることが重要である。即ち、丸い石を山から千尋の谷へ落すよう仕向けるのです。これが『戦闘の勢』いと言うものであり、これが戦いにおいて重要なことであります。

それ故に、優れた指揮官は、戦場に於いて隷下部隊の勢いを最大にするべく、意のままに操るのである。その有様は、あたかも千仞の山より谷へ、木や石を転がすようなものである。本来、軍は、高い山から、丸太や丸石を転がすような勢いを持つており、これが軍の「勢い」というものである。

【英訳】

There for skillful general who is good command of his force at the battle field. He always seek after to release his force power maximum in the battle field, so he is waiting patiently good timing to ride onforce inertia power” and to get the maximum force of momentum in the battle. That is able skillful general seek and select able officer and let his force energy maximum as if “Rolling stone from high mountain” The job of skillful general is supervise subordinate “its work well” Therefore the skillful general command his forces as if a large round rock or a big round log rushing down from the top of the high mountain to deep valley. Both square rock and square log do not move on the flat land, but if rolling down round rock or round log has a big kinetic energy. If the shape of rock and log are square, these rock and log do not rolling down, this case has no energy, but if rock and log are round shape it can rolling down with high speed with big energy. So the wise general let soldiers fighting as if a round rock or a round log, and drop it from the top of mountain to deep valley. So the wise general can get his force energy maximum that is the kinetic energy of the force power maximum. I call it “Combat power” or “Force energy” Let the accumulate force energy or momentum makes maximum. This is the most important point at combat in battle field.

Therefore, skillful wise commander manipulates his force at will to get his force inertia momentum maximum in battle field by make use of the good timing. It’s like as if they were round timber log or round big stone rolling down from a top of one thousand feet high mountains to deep valley. This is called “Force energy of troops”  

 CommentTeam play is more important than one man stand play.

 Comment:旧陸軍の作戦要務令」の戦争に勝つ方法とは:「戦捷の要」は、

有形無形の各種戦闘要素を総合して、敵に優る戦闘力を要点に集中発揮せしむるに在り。

訓練精到にして、必勝の信念堅く、軍記至厳にして、攻撃精神充溢せる軍隊は、能く物質的威力を凌駕して戦捷を全うし得るものとする。

 Comment:旧陸軍の作戦要務令」の戦争に勝つ方法「戦捷の要」は、

敵の意表を突き、機を制し、勝ちを得る、の要道也。故に旺盛なる企図心と、追隋を許さざる創意と、神速なる機動を以って、敵に挑み、常に主動の位置に立ち、全軍相戒めて、厳に我が軍の企図を秘匿し、困難なる地形及び天候をも克服し、疾風迅雷、敵をして、敵をして、之に対応する策なからしむこと、緊要なり。

 以上は、右記の山本賢の孫子の兵法より引用したものです。山本賢の孫子の兵法(表紙)

 

孫子の兵法 第4 軍形篇

山本賢の孫子の兵法(表紙)以下の文書は、山本賢の「孫子の兵法」を一般の民間人の方々にも理解していただくために、自衛隊の戦術用語を用いることなく解り易く書いたものです。楽しく読んでいただければ幸いです。

 

第4章 軍形篇

Chapter 4: Formations

 

【原典】

孫子曰、昔之善戰者、先為不可勝、以待敵之可勝。不可勝在己。可勝在敵。故善戰者、能為不可勝、不能使敵之可勝。故曰、勝可知、而不可為。

【訓読】

孫子曰く、昔の善く戰う者は、先ず勝つ可【べ】からざるを為して、以【モッ】て敵の勝つ可きを待つ。勝つべからざるは、己れに在るも、勝つべきは、敵に在り。故に善く戰う者は、能く勝つ可からざるを為すも、敵をして必ず勝つべからしむること能わず。故に曰く、勝は知る可して、而して為す可からず。

【和訳】

孫子はいう。昔の戦いに巧みな将軍は、先ず、敵が勝つことのできないような『不敗の態勢』を整えた上で、敵が『弱点を暴露する機会』を辛抱強く待ち、これを攻撃したものである。即ち、敵将が状況判断を間違えるよう、敵を『いたす』ことが重要である。つまり、敵が我に勝つことが出来ない『不敗の態勢を構築』した上で、敵のエラーや弱点を辛抱強く待って、これを攻撃するものである。

従って、戦いの真髄を良く知っている者は、己が不敗の体制を取ることが出来るが、しかし、必ずしも、敵が負けやすい脆弱な態勢を取ってくれるとは限らない。それ故に『勝利することの出来る戦術を知っているとしてもても、必ずしも勝利するとはかぎらない』つまり、戦術を知っているからと言って、必ずしも勝利するとは、限らないのである。

 

【英訳】

Sun Tzu said thatSkillful general in ancient times, the first of all, put his force invincible with tight formation for defense, after that he is waiting enemy commander’s operation error with patiently. And if he finds out enemy week points or vulnerability points, he attacks these points instantly. That is very important to let enemy commander to do big mistakes or error by our force plots. Therefore clever general who know tactics very well, he makes own force invincible, but he cannot get win without fail. That is victory of our force all ways depend on enemy commander’s error. So enemy’s vulnerability is depends on enemy commander error.

There for clever and skillful general who know tactics very well, he can make his force invincible formations. But he can not all ways, enemy general’s operation error. Even if general who know tactics very well. Not all ways can not get win. Therefore to know the tactics of victory very well, but he can not always can get the victory in real combat It’s depend on enemy commander’s big error.

 

★ Mr. YAMAMOTO’s comment;

Formation means 『隊形』in Ground Self Defense Force.【 GSDF

Formation means 『陣形』in Maritime Self Defense Force.【 MSDF

Formation means 『編隊』in Air Self Defense Force.【 ASDF

Formation means 『陣立』in old Japanese people.

Formation means 『フォーメーション』in yang Japanese athlete etc.

Formation means 『軍形』in the Sun Tuen’s the Art of War

  日本語は、とても難しいと米軍の通訳は、言う。

 

 Comment「北朝鮮の核弾頭着きミサイルを豚足国家日本【下駄を履くことの出来る国民:牛や馬は下駄を履けないが、豚やヤギは下駄を履くことができる】に撃ち込むか、否かは、北朝鮮の将軍様の選択肢であり、どうしようもない。これを防止することは出来ない。が、しかし、飛翔し来るミサイルを打ち落とすことは、出来る」と孫子は、2500年前に言っている。名言である。起こる「確率」は、ともかくとして、何時でもD dayは、起こりうるとしているのである。さて「ドウシマショウ」。孫子曰く『日本国民、ウロタエルでない!』不敗のミサイル防御体制を取れ』と。

 

【原典】

不可勝者守也。可勝者攻也。守則不足、攻則有餘。善守者、蔵於九地之下、善攻者、動於九天之上、故能自保而全勝地。

【訓読】

勝つ可からざる者とは守りなり。勝つ可し者とは攻めなり。守るは則ち足らざればなり、攻むるは則ち余り餘ればなり。

善く守る者は、九地の下に蔵【カク】れ、善く攻むる者は、九天の上に動く。故に能く自ら保ちて勝を全うするなり。

【和訳】

勝つことの出来ない「不敗の態勢」とは、防御に関わることであり、「打ち勝てる態勢」とは、攻撃に関わることである。従って、戦力の足らない場合には、防御をし、戦力に余裕が有れば攻撃をする。

戦上手な将軍は、防御する場合には、大地の奥深くに、ひそみ隠れ、部隊の実態が分らないようにする。そして、攻撃の際には、天界の最上部で下を見て作戦を指揮し、何処から攻めて来るのか、其の態勢を表わさない。戦上手な将軍は、味方部隊を安全にして、しかも完全勝利を遂げることが出来るのである。

【英訳】

“Invincible posture” which means can not get win and it belongs to defense posture or defense operation, and “Victorious posture” which means belong to attack. There for, in case of our force not enough, adopt defense operation, and in case of force enough, adopt attack operation.

So clever and skill full general who command his force at will, in case of defense operation, he hides his force and soldiers in the deepest hole of the earth by camouflage and put on protective concealments, so enemy can not find the formation of our force from enemy eyes, and also in case of attack operation, he command at the highest heights of the sky. The skillful general who command his force at will, conceal his intention of operation or not disclose their force formation to enemy’s observation. So he can get perfect victory with own force safe.

 

【原典】

見勝不過衆人之所知、非善之善者也。戦勝而天下曰善、非善之善者也。故挙秋毫不為多力、見日月不為明目、聞雷霆不為聰耳。古之所謂善戦者、勝於易勝者也。故善戦者之勝也、無智名、無勇功。

【訓読】

勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは、善の善なる者に非ざるなり。戦い勝ちて、天下善【ヨ】しと曰うは、善の善なる者に非【アラ】ざるなり。故に秋毫を挙ぐるは、多力と為さず。日月を見るは、明目と為さず。雷霆【ライテイ】を聞くは聰耳【ソウジ】と為さず。古の所謂善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に『善く戦う者の勝つや、智名なく、勇功無し』。

【和訳】

一般の世間の人々が「息を殺し手に汗を握る戦闘を実施したことに対し『良くやった』」と誉められるような勝ち方は、最高の勝ち方ではない。最高の勝ち方とは、危なげなく勝つことである。つまり「細い毛を持ち上げたとしても、力持ち」とは言えず、「太陽や月が見える」と言っても、目が良いとは言えず、「雷の響きが聞こえる」と言っても、耳が良いとは言えないのである。その昔の戦い上手な名将は、勝ちやすい機会を捉えて、そこで楽々と勝利を収めたものである。

だから戦いの上手な将軍が戦闘で勝った場合には、その智謀は、人目につかず、

優れた名誉も無ければ、武勇伝も、手柄話もない。

 

【英訳】

The victory in combat which ordinary person prizeOur general can get breath taking victory” that is holding their breath taking victory ” which is not the best way of victory. The best way of victory is “General can gets victory with very easy” The breath taking victory is not the best way on the point of strategy and tactics. That is “lifting up a string of hair, this person did not called a strong man, or person who can see Sun or Moon in the sky did not called “Good eyes sight person” or person can hear the thunderclap sound did not called “Sharp ears person”

It is said that in an ancient times, those who were called skilled general can get win in combat and conquered the enemy with easily by use of a good timing and chance.

Wise and skillful general’s operation all ways lead perfect victory without any dander, so the general dose not honored and awarded the decorations and medals for his bravery acts even get perfect victory. That is the ideal combat victory is a natural style victory without any risk at all. So no awards medals and decoration. And also no heroic spisode at all including brag of talk.

 

 

孫子曰く、『乃木将軍は、名将に有らず、愚将である』と。

                       

Comment High Excellency Gen. NOGI’s Victory of Hill Two Oh Three attack【乃木将軍閣下の203高地攻撃の勝利】makes the phrases ”One general is crowned with a victory at the expense of thousands men of lives”【「一将功成って万骨枯る」

If the Sun Tzu know this battle of Hill Two Oh Three, he would say “Gen. NOGI is not a smart general but only stupid general, however High Excellency NOGI【乃木閣下】has good personality.”「『乃木大将は、名将に有らず愚将也』しかしながら『人格者』であった」と。The battle of Hill 203 was originally started by the request from Japanese Imperial Navy which desired to get good observation post for bombardment【砲撃の為の観測所】to port Arthur【旅順港Lushun in Chinese】. This battle of Hill 203 killed 60,000 including Gen. NOGI’s two sons.

This victory of Hill 203 misunderstand Japanese Imperial Army can get win hand-to-hand close combat in battle field by bayonet-charge. But this bayonet-charge tactics no effects to US Army and US Marine Corps fire power of machine-guns, field artillery guns, rockets, and aircraft bombs including atomic bombs.

 

※   Grandstand play is not good. It is very dangerous because of strain ones normal operation.

※   戦争に於いてスタンド・プレーは、良くない。軍の作戦において、無理じいをするので大変危険である。

 

【原典】

故其戦勝不忒。不忒者、其所措必勝。勝己敗者也。故善戦者、立於不敗之地、而不失敵之敗也。是故勝兵先勝而後求戦、敗兵先戦而後求戦。

【訓読】

故に、其の戦い勝つこと忒【たが】わず。忒わずとは、其の赴く所必ず勝つなり。已に敗るるに勝つ者也。故に善く戦う者は、不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わざるなり。是の故に勝兵は先ず勝ちて、而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて、而る後に勝を求む。

【和訳】

それ故に、彼が敵と戦って勝つことは、間違いありません。間違いないとは、彼の行う方策が必ず勝つということであります。そこで、戦上手な有能な将軍は、自軍を絶対に敗れないという態勢に置いた上で、敵の『隙』を逃さないことであります。つまり敵が既に敗れてしまっているところに勝つのである。故に、無理の無い勝ち方であります。つまり至極当然の勝ち方でもあります。この勝ち方は、戦う前に既に、勝利を収めていること、即ち、既に、負ける態勢になっていた敵を打ち破ったことを意味しているのである。それ故、戦いの上手な人は、絶対負けない不敗の立場に立って、敵の態勢がくずれて、負けるようになった機会を逃さないのである。

以上のようなわけで、勝利を収める軍の指揮官は、開戦前に、勝てる状況を作ってから、戦争をしようとするが、敗北の運命にある軍の指揮官は、まず戦争を始めてから、後で出たとこ勝負で戦機を捉えようとするものである。

【英訳】

There for clever and wise general can get win without fail. Without fail means the operation of the clever general all-ways wins never defeat. The victory of able and skillful general is quite natural style that is to attack the easy defeat enemy in advance, which means wise general always destroy enemy without fail before the start of war analysis. So skilled general always stand an advantageous point and also he never overlook or miss of enemy faults, which is good chance to debacle the opposing enemy miss or faults.

Therefore skillful commander try to start the war against the enemy after making favorable condition to get the victory in advance, but the stupid commander to start the war with anger and then expect to catch the good chance of timing to get win after the start of war with out any preparations.

 

 Example of war historyⅠ: The way to the self-destruction of Japan

                            日本の自滅への道

戦雲急を告げる日米関係の将来を案じる昭和天皇の御下問に対して、軍令部総長野修身大将は「戦っても負け、戦わなくともジリ貧で負け、それなら一か八かで、戦ってみれば、なにかいい方法が見つかるかも知れない・・・」と答えて天皇をビックリ仰天させた。

日本は、負けると知りつつ、何故、無謀な太平洋戦争を開始したのか?その答えは、「孫子の兵法」を学ばなかったことにある。

陸軍士官学校や海軍兵学校、陸軍大学や海軍大学においても教育課目表に「孫子の兵法」の文字はなかった。従って、太平洋戦争の作戦会議にも「孫子の兵法」が、出てくることは、なかった。それどころか、「孫子の兵法」に反する作戦ばかりしてきた。中国大陸で然り、真珠湾攻撃で然り、ミッドウエーで然り、ガダルカナルで然り、インパールで然り。驚きの連続である。

そして、国益よりも軍益を最優先する『帝国陸軍』と『帝国海軍』の将軍達ウジャウジャがおり、日本国には、リーダーが居なかった。リーダーとは、日本国が於かれている状況を客観的に分析し、把握して、その上で、断固たる決断をして、果敢に実行する人のことである。

日本帝国陸軍と海軍の軍人達は、日露戦争以降、平和が続き、軍の官僚化が進んだ。軍の官僚化とは、全て形式重視で、独創性が失われ、リスクと責任逃れが行なわれるようになった。更に、軍の学歴重視とそこでの成績序列が一生付き纏う人事の膠着化が蔓延定着化した。「膠着人事」は、『動脈硬化』よりも始末が悪い。派閥人事も日常茶飯事と相成った。そこでは、国の国益よりも、それぞれ所属する軍益重視の観点で、全て物事が決められた。従って、外見上強そうに見える精神主義が横行するものの、軍の活力は失われた。

日本帝国陸軍と海軍の将軍閣下は、巨額の軍事費の予算を取得するために、日米開戦に『ノー』とは、口が裂けても言えなかったのである。『国益』なくして『軍益』を優先した軍人の官僚制度が太平洋戦争を始めたと言われている。これを『組織の暴走』と言う。この『組織の暴走』が起こると、軍の予算取得には『用意周到』であるものの、日清・日露戦争の輝かしい成功体験に埋没してしまい『伝統墨守』が優先され、考えは『唯我独尊』的になり、やがては『動脈硬化』を生じて、発狂し『勇猛果敢』となり、その行動は『支離滅裂』になってしまうのである。『孫子の兵法』くそ食らえということになり、集団自滅の道を辿るところと、相成った。

Why Japan start the Pacific War knowing that Japan will be lose the war? There were plots and intrigues of European and American cunning leaders and stupid prime minister of Japan.

And more, the military authority of Japanese Imperial Army and Navy could not say even there mouth tear by force. “No! Japan can not fight against America because of our Imperial Army and Navy incapable against US Army and Navy at all. So I oppose the start of war against America”.

To get large sum of military budget, military bureaucrat can not say we can not fight. There is no “national interest”, but only “military interest and vested right” So it is said that Pacific war stared by Japanese military bureaucrat system to get more national budget. This is same as to making pyramid of Egypt, making the Great Wall of China, and making road construction of Japan.

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 ※ 山本賢の「孫子の兵法」です。

片や、「孫子の兵法」も凌駕する、巧妙に仕組まれた欧米の指導者の大陰謀と大戦略があった。

ことの起こりは「日・独・伊の三国同盟にあり

The triple alliance Germany-Japan-Italy on military cooperation【日本・ドイツ・イタリア三国軍事同盟】signed on Sept. 27, 1940. This triple alliance signed by Foreign Minister Yousuke MATUOKA【松岡洋介外務大臣】 under control of Prime Minister Fumimaro KONOE 【近衛文麿総理】

These three countries called “have not”【持たざる国】

 

「悪の枢軸」 vs. 「正義の味方連合軍」

That is axis of evil Japan, Germany and Italy【日・独・伊は悪の枢軸】. On the other hand, United Nations【UN】 America, China, England, France and Soviet are ally of justice【連合国は正義の味方】.

  Japan, Germany, Italy and Japan are fascist countries and USA and UK are democratic country.

 

チャーチルの参戦要求

One day Prime Minister Churchill asked to Franklin Roosevelt, President of USA. Please help England and Europe from German blitzkrieg war【ドイツの電撃作戦】by Hitler. But President Roosevelt refused this request because I have no right to the declaration of war. The right of declaration of ware belongs to Congress not the president. And more I promised voter【選挙民】that America should not join the European war. So US can not join the European war unless Hitler attacks USA.

 

チャーチルの大陰謀

Prime Minister Churchill thought himself, if Japan attack America first with declaration of war, America will be join the European war, because of the triple alliance Germany-Japan-Italy existence, Germany must fight with Japan against USA with declaration of war.

 

近衛文麿総理と山本五十六元帥

On the other hand, Prime Minister Fumimaro KONOE one day asked Admiral Yamamoto “If war broke out between Japan and USA, can we get win?” Because Admiral YAMAMOTO, former military attaché of the Japanese Embassy at Washington. He always said Japan can not win the war between Japan and USA on the point of national power especially in industrial power. So should not provoke the war against America.

But Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】of Combined fleet said to Prince KONOE:-

”Japan can not get win United State of America, because of industrial production power is ten times bigger than Japan. But as long as I stay chief of Combined fleet, I can run wild and rampage for the first six months after the stat of war in Pacific Sea, but after that………”「私が、連合艦隊司令長官である限りハワイ奇襲作戦を断行する決心である。しかしながら、数ヶ月なら暴れてみせるが・・・・・・?????」

Most Japanese high ranking official thought Japan couldn’t get win America by the difference of National power.

Perl Harbor surprise attack plan made by Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】. This Pearl Harbor surprise attack plan is perfect plan. And then Admiral Yamamoto seeks after the peace treaty【平和条約】with America.

Sun Tzu said this ”Look for a way out of Japan desperate situation” tactics【死中に活を求める戦術】is not good on the point of ground strategy【大戦略】of Chapter 4. But ordinary people praise Peal Harbor attack is very good. Because of it can see the battle achievements.

 

ルーズベルトの大陰謀

US get into difficult to maintain selling market of cotton goods in China by Japanese cheap cotton goods of good quality. Lots of American cotton manufactures become bankrupt. So President Roosevelt suffer the silent pressure from American cotton manufactures Association etc. to restrict selling in China.Roosevelt

US President actively maneuver in the background【背後で画策】Fist to stop export oil and iron scrap to Japan【石油及びくず鉄の輸出】.

The best way is”Let the first shot from Japanese”.【最初の一発は、日本から撃たせろ】Then I give big punch to Japan two or three times.

 Because President Roosevelt win the presidential election race by promising for constituents【選挙民】that USA stay out of WWⅡ, that is not to participate WWⅡ.

And also President Roosevelt does not have the right to declaration of war【宣戦布告の権限】but the right of declaration war belong to congress.

”So President Roosevelt need the cause to start the war【戦争を開始する大義名分】against Japan. He ordered the secretary of state【国務長官】Hall to harassment against Japan.

Presidents Roosevelt harassment tactics for Japan, such as prohibit export iron scrap【くず鉄の輸出禁止】and oil embargo【石油の輸出禁止】including criticize【批判】and many accusation【難癖】

“One drop of oil is equal to one drop of blood” 【油の一滴は、血の一滴】. This is same principle of “One drop of blood in combat field is equal to one drop of sweat in training”【戦場で流す一滴は、訓練で流す一滴に相当する】となり猛訓練するところと相なった。

 

英文「ハル・ノート」の英文解釈が出来なかったか日本

And Hull Note, Outline of proposed basis for agreement between the United   States and Japan, handed from Mr. Del Hull, Secretary of State to Kichisaburo KURUSU, Japanese Ambassador to USA Dec.26, 1941. Contents of Hull Note was un-acceptable requirements for Japan【日本にとって受け入れ難い要求事項】

Contents of Hull Note out line as follows:

Strictly confidential.【極秘】

Tentative and Without Commitment【拘束力の無い一時的な提案】

November 26, 1941.

 

「ハル・ノート」とは何か?

What is Hull Note?

Outline of proposed basis for agreement between the United States and Japan

【合衆国及び日本国間協定の提案のアウトライン】

Section 2.【第2条】

Steps to be taken by the Government of the United States and by the Government of Japan.【合衆国政府及び日本国政府は、下記事項に関して提案をする】

  1. 1.    The Government of the United States and the Government of Japan will endeavor to conclude a multilateral non-aggression pact among the British Empire, China, Japan, the Netherlands, the Soviet Union, Thailand and the United States.【合衆国政府と日本国政府は、英国、中国、日本、オランダ、ソ連、タイ及び合衆国間における多国籍の間で、不可侵条約を締結すべく努力する】
  2. 2.    Both Governments will endeavor to conclude among the American, British, Chinese, Japanese, the Netherlands and Thai Governments an agreement where under each of the Governments would pledge itself to respect the territorial integrity of French Indo-China and, in the event that there should develop a threat to the territorial integrity of Indo-China, to enter into immediate consultation with a view to taking such measures as may be deemed necessary and advisable to meet the threat in  question.【日米両国は、米、英、中、日、蘭、タイ政府間に於いて、仏領印度支那の領土統合保全を尊重するものとし、また仏領印度支那の領土保全に、脅威が生じた場合には、この脅威に対処するために、必要且つ助言的な手段を取る為に、速やかに協議に入るものとする。】

 

チャーチル首相、ニンマリ

It is said that the above idea originally come from suggestion from Sir Winston Churchill who want United State join world warⅡin European front. Because Adolf Hitler German force attack and invade Europe including England by blitz war【電撃作戦】from April, 1940. But United States kept neutrality【中立を保っていた】.

Japan already signed the Three Power Pact between Japan, Germany and Italy【日独伊三国条約】September 27,1940

Prime minister Winston Churchill thought if Japan attack America, Hitler must declare the war against United State by the Three Power Pact.

Because of almost Americans did not want war. And also President Roosevelt promised America do not join World WarⅡ in presidential election campaign pledges【大統領戦の選挙公約】to the voter【有権者】.

So it is indispensable for Prime minister Churchill to join the United State to World WarⅡof European front by making war between United State and Japan.  

Secretary of State Hull made notorious “Hull Note” which Japanese government can not accept by the order of President Roosevelt. The Hull Note request the Japanese Imperial Army must withdraw from Manchukuo【満州国】instantly President know this request is unacceptable for Japan. Because of US code breaking team “MAGIC” can decode Japanese Foreign Affairs Ministry coded telegram. He knows this request never accept Japan.

 

「我々は、アメリカと戦う前に、先ず陸軍と戦わなければならぬ」と大本営海軍部参謀は言っていた。

陸軍省も海軍省もアメリカと戦争をしたら負けると思っていたが、口が裂けても言えないお家の事情があった。戦争すると「たっぷり軍事予算が付くでよぅ」

Both the Ministry of Army and the Ministry of Navy all know well Japanese National power and military strength is weaker than America and if war broke out Japan is defeated by America. But both Ministers could not say if war broke out we would be defeated by America because of both Army family and Navy family can not endure budgetary cut. If once said that we can not start the war, the net year military budget will cut, but once start of the war the lot of budget can get easily. This mentality is same as the Diet member of today’s road tribe. As for bureaucrat each department interest has higher priority than national interest.

 

日本を追い詰めろ!

And also, President Roosevelt making ABCD encirclement【ABCD包囲網】against Japan by the suggestion of Prime Minister Churchill. A stand for America, B stand for British. C stand for China and D stand for Dutch. And started bully the weak.【弱い者いじめ】Japan fight against these A,B,C and D countries for self-existence and self-defense【自存自衛】.  

 

①  :Sir Winston Churchill: Prime minister of UK

②  Franklin Roosevelt: President of USA

③  :東條英樹: 陸軍大将 日本国総理大臣

④  :山本五十六: 海軍大将 連合艦隊司令長官

                    

The die is cast. And Pear Harbor surprise attack start the pacific war. 

 

日本=侵略戦争加害者 中国と朝鮮=被害者 米国と英国=正義の味方

Cornered rat bites cat【窮鼠猫を咬む】. Japanese attack the America. That is Japan【Small weak rat】fight for self defense. Not invasive war【侵略戦争】The right for survival of small rat, Japan. But Japan can not get win. Might is right. Losers are always in the wrong.【勝てば官軍、負ければ賊軍】

Prime Minister, General TOJO sentenced war criminal A【A級戦犯】by International Military Tribunal for Far East(IMTFE)【極東軍事裁判】which rightist【右翼】say monkey show trial【猿芝居】or kangaroo trial【インチキ裁判】.That is people’s trial court【人民裁判】which first judicial decision【最初に判決有りき】and then hold the court【裁判を行なう】to show the world【全世界に見せしめる為の行為】.

General MacArthur, Supreme Commander for the Allied Powers (SCAP)【連合軍最高司令官】testify in Foreign Relations and Armed Service Committees 【上院外交軍事委員会】”The reasons of Japan start of Pacific War is Japanese self defense. For the Japanese National security never ever invasive war【侵略戦争】. ”

 

このような話をイスラム原理主義者に説明すると『そうか!日本 もアメリカの二枚舌【double standard】に殺られていたのか!』と言い、手を首元に当て、閉め殺された仕種をした。余程アメリカが嫌いらしい。

 

 Example of war history

Japan plan to attack Pearl Harbor after declaration of war against USA. But the Pearl Harbor attack started before the declaration of war. It is illegal on international low. Because of the negligence of duty【職務怠慢】. The day just before the declaration of war, all the Japanese embassy stuff held farewell party held at Washington, so all stuff hung over can not work well. So Japanese typist can not finished up typing work of the letter of declaration of war on time. Because of slow speed decoding, lack of translation abilities from Japanese to English and no skill of typing abilities because of top secret document can not use American typist by regulation at Japanese Embassy in Washington D.C.

On the other hand, Osama bin Ladin, founder of al-Quaida already declared Jihad, the war against America, many times before the twin building of World trade Center on September eleventh incident【9.11事件】

World trade center building suicide attack plan was made by Osama bin Ladin. Osama bin Ladin declare the holy war against the USA, but CIA and President Bush neglect Osama bin Ladin’s declaration. It is President Bush’s arrogance.

 

【原典】

善用兵者、修道而保法。故能為勝敗之政。

【訓読】

善く兵を用いる者は、道を修めて法を保つ。故に能く勝敗の政を為す。

【和訳】

戦争の上手な将軍は、先ず道を修めて、法を守る。だから思うがままに、勝敗を自由に裁量し決定することができるのである。

【英訳】

Skillful general who always get win at battle, first of all, conducts good administration to unify the peoples mind from bottom to top with virtue and establish proper military rules and obey them and prohibit exceed one’s authority. After that general start the battle so general can get good opportunity to get win at will.

 

【原典】

兵法、一曰度、二日量、三日數、四日稱、五日勝。地生度、度生量、量生数、数生称、称生勝。

【訓読】

兵法には、一に曰く度【たく】、二に曰く量、三に曰く數、四に曰く稱、五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は數を生じ、數は稱を生じ、稱は勝を生ず。

【和訳】

孫子の兵法には、5大基本原則というものがあります。第一の『度』は、物差しで測ること。戦場の大きさや距離や高低の測定値です。第二の『量』は、升目で量ることです。食料や兵器や物資等です。第三の『数』は、数えることです。兵士の数や馬の数です。第四の『稱』は、これらの数を比べ測ること、つまり彼我の戦力の比較して、これを分析することです。そして第五は『勝』は、戦闘の勝敗について彼我の戦闘力を比較し、いずれが勝利するか見積もることです。つまり孫子の兵法は「彼我の勝敗を予め見積もることが出来る」優れものである。

【英訳】

There are five basic rules on the Art of war;

The first is measure by “rule”, such as the size of battle field, distance to battle field such as far or short, or distance between enemy force and our foce, and elevation difference of terrain etc.

The second is measure by “box-mass”, such as how much food and goods available supply for Army.

The third is measure by “the number”, such as population of country and the number of soldiers.

The fourth is the comparison of “Enemy force strength and our force strength”.

And the fifth is “The estimate of victory or defeat of our force by calculation in advance”. That is avove five basic rules can estimate which side is stronger, friend or enemy by calculate in advance.

The strength comparison between friend and enemy can to know which side will be get victory or defeat in advance.

 

【原典】

故勝兵者若以鎰稱銖、敗兵若以銖稱鎰。勝者之戦民也、若決積水於千仂之谿者、形也。

【訓読】

故に勝兵は、鎰【イツ】を以って、銖を稱【ハカ】るが若く、敗兵は銖を以って鎰を稱るが若し。勝者の民を戦わしむるや、積水を千仞の谿に決するが若き者は、形なり。

 Comment「鎰【イツ】」means heavy weight of balance which equal to 480 times of light weight.

 Comment「銖【シュ】」means light weight of balance which is weight of 100 grains millets.

 Comment「鎰【イツ】」=20両、「1両=24【シュ】」、「鎰【イツ】20×24【シュ】」⇒「鎰【イツ】」=480【シュ】

【和訳】

それ故に、戦争に勝つ軍とは、例えて言うと「天秤の一端に480倍の重い分銅『鎰』を『ドスンと置く』様なものであり、軽い分銅『銖』が置いた側は、一気に跳ね上がってしまう」。つまり『鎧袖一触』で敵を下すことが出来るのである。

反対に戦争で敗れる軍は、480倍の重い分銅を、軽い分銅で図るようなもので、一個置いただけでは、天秤は微動だにしない。つまり、この天秤で量ることが出来ないので、どうすることも出来ないのである。

常に戦闘で勝利を収める将軍の指揮は、人民をあたかも『満々とたたえた水を千尋の谷底へ落とす』様な戦闘指導を行うことであり、こうした激しさへと導くのが軍の『形』:「態勢:勢い即ち:スピード」と言うものである。

【英訳】

Therefore the victorious army which is command by able general, he strike enemy force and defeat enemy force instantly as if “Put on 480 times weight on the balance, so light weight enemy side jumping up instantly” That is “Only one slight touch of a sleeve of body armor, enemy soldier knockout on the spot instantly”

On the other side, defeated force which is commanded by stupid general can not get win, it like measure the weight of 480 times weight by balance. Because of “The 480 times weight put on one side of balance, can not measure this balance weight”.

General who always get victory in combat, let their people and soldiers fighting as ifDischarge the massive dam-up water discharge from one thousand feet height in to deep canyonthis is a matter of “Force formation energy power” That isThe force formation with speed momentum at maximum

 

 Commentこれを非対称戦争という」This means “Asymmetric warfare”と言う。That is War against terrorism or war between the Republic of Georgia and Russia. And another case is war between the Chechen Republic and Russia.『非対称戦争とは、弱い者いじめの戦争である』   

 Comment「積水」means dam-up water
  

孫子の兵法 第2 作戦篇

山本賢の孫子の兵法(表紙)

ポルポト終焉の地

ポルポト終焉の地

山本賢の『孫子の兵法』

【中国語:日本語:英語】版

 Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War 

の改訂版で自衛隊援護協会から出版された本です。上記の本は、自衛官用として、戦術用語を駆使で書かれた教範のような書き方ですが、今回、これを民間用語を使用して書き直ました。乞う、ご期待。ご意見がありましたら、お知らせ下さい。皆様の意見をお待ちしています。

Even bilingal Mine Detection Dog can understand Mr. YAMAMMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War.

 

 

 

 

第2章 作戦篇

Chapter 2: Operations

二ケ国語を理解する地雷探知犬

二ケ国語を理解する地雷探知犬

山本賢の『孫子の兵法』講座

中国語:日本語:英語 

 

 

 

 

 

 

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乗、帯甲十萬。千里貴糧、則内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金。然後十萬之師擧矣。

※ Comment

馳車千駟【チシャセンシ】One thousand fast four-horses pulling chariots which are the ancestor of tanks.

革車千乗【カクシャセンジョウ】One thousand heavy leather-covered transportation coaches which means Armored Goods transportation Carrier.

   帯甲十萬【タイコウジュウマン】Ten thousands heavy armored foot soldiers.

膠漆コウシツ】:Glue and lacquer. Glue is binder and lacquer is water proof material. These materiel needs for maintenance and repair bows and arrows and protectors etc.

【ツイエ】War expenditure such as budgets and tax.

【訓読】

孫子曰わく、凡そ兵の法は、馳車千駟、革車千乗、帯甲十萬にて、千里に糧を送らんとすれば、則ち内外の費、賓客の用、膠漆の材、車甲の奉は、日に千両を費やして、然る後に十万の師挙がる。

【和訳】

孫子は、言う。およそ戦争をする際の原則は、千里も離れた遠くの戦場へ、戦車1,000両、人員・物資輸送車1,000両、武装兵士十万人を派兵する場合には、食料を送る費用、国内と戦地で必要とする費用、外交交渉や秘密工作に要する賓客用機密費、戦闘車両、武器や装備品の調達費、武器や防護服の修理のために使用する膠や糊の購入代金等は、1日に千金もの莫大な費用が必要となる。こうして一日当たり千金の財貨を費やして、初めて十万の大軍を動かすことが出来るのである。

 

【英訳】

Sun Tzu said that: If you start the military operations of war and dispatch the one thousand fast four-horse chariots, one thousand four-horse leather covered transportation coaches, and more one hundred thousands armor-clad foot soldiers to one thousand miles away battle field from home front, it need a large sum of money, including money to buy and send foods, expenditures both at home and at the front, diplomatic expense for collecting information including eating and dining, procurement expense for the leather covered combat vehicles and armaments and armored jacket. And more, procurement money for glue and lacquer which is used for maintenance of armaments and equipments such as bows and arrows and body armors etc.

After to spend one thousand pieces of gold per one day can rise up army and command and dispatch the force of one hundred thousand soldiers to the neighboring country etc.

 

                       

 馳車【チシャ】とは、戦車のこと

馳車means Chariot. Four-horse chariot is manned by a commander, a driver, a spearman and a archer. 昔の戦車は、2~4馬力であり、乗員は、車長兼弓手1名、御者【操縦手】1名、槍手1名、弓手1名の合計4名である。 

 

 Joke 戦車の設計思想哲学

Chariot is the ancestor of Tank.  The automatic transmission design philosophy【自動変速機の設計哲学】of Japanese Main Battle Tank (MBT) 【主力戦車】Type 90 and German MBT LeopardⅡare both forward 4 shifts and reverse one shift【前進4段後進1段】, but Italian MBT automatic transmission design philosophy【自動変速機の設計哲学】 is forward one shift and reverse is 4 shifts 【全進1段後進4段】. And also Japanese main battle tank has “brake light” 【ストップ・ライト】and “flasher”【ウインカー】 which is easy to hit by enemy tank for special service for enemy.

 

 Joke :新隊員教育隊で最初に教える科目

The first training curriculum【訓練科目】of Initial Entry Training【新隊員前期教育訓練】of GSDF is crawling【匍匐前進】 and “Charge!”【突撃!】, but the first training curriculum of Initial Training course of Italian Army is “How to retreat”【どうやって退却するのか】

 

【原典】

其用戦也、勝久則鈍兵挫鋭、攻城則力屈。久暴師則國用不足。

【訓読】

其の戦いを用ふるや、勝つも久しければ、則ち兵を鈍らし、鋭を挫き、城を攻むれば、則ち力屈く。久しく師を暴さば、即ち国用足らず。久しく師を暴【サラ】せば、則ち國用【コクヨウ】足らず。

【和訳】

戦争の第一の目標は勝利することである。戦争が長期化すると、兵士達は、嫌気がさして士気が低下する。疲労困憊と相成り、食べるに食無く、刀折れ矢尽き、刀と槍は、なまくらになってしまう。そして、これが最も大切なことであるが、軍隊は、疲れて戦闘力が尽き果てて、失うことになる。長い間、大軍を戦場に曝すと、国家の費用が足りなくなってしまう。敵の本拠地である城を攻撃する頃には、兵士達は、力も尽き果てて、戦おうとする意欲さえも消え伏せてしまうのである。軍が長期戦に陥れば、全ての資材を使い果たし、いかなる強大国と言ども、耐えることはできない。

【英訳】

The primary objective of war is to get the victory, but if the war is prolonged, officers and soldiers are dull and sluggish by no food to eat, no arrow to shoot and bows are broken, swords and lances are rust and blunt. And finally, this is the most important point army will lost the fighting spirit and will be lost fighting power at the time of final attack of the castle. Officers and soldiers will be exhausted and lost the fighting will and it’s power.

When the army continues war for long time all the assets and resources are spent up, even any big and strong nation can not endure this long time fighting.

 

 War History Example

America even though supper power in the world can not win in Vietnam War and Iraq. And Soviets can not get victory Mujahiden guerilla and Taliban militia in Afghanistan. The reason is fighting too long time fighting.

 

【原典】

夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乗其弊而起、蹕有知者、不能善其後矣。

【訓読】

それ兵を鈍らせ、鋭を挫き、力を屈し、貨を殫【ツ】くさば、則【スナワ】ち、諸侯、其の弊に乗じて起らん。知者有りと雖【いえど】も、其の後を善くすること能わず。

 Comment「弊」means “Plight”

【和訳】

戦争が長引くと、軍隊の戦力が疲弊し失われ、国民は、重税に喘ぎ、戦争に対する情熱も冷め、国庫の財が失われ、国からの補給も尽きる。こうなると、近隣諸侯達が、待っていましたとばかり、弱みに付け込んで攻撃して来よう。このような段階になると、たとえ味方に知将がいたとしても、この攻撃をうまく受け止めて、適切なる処置をすることが出来ない。

【英訳】

If the war prolongs, forces are exhausted and tired out, people are tired and hard pressed by the heavy taxes, and burn out the passion of to defending the country. The resources of the country spend up, so military supplies are gone away, so the fighting forces are tired out and can not continue war any more. Then the cunning neighboring feudal lord will be attack our country that is “Good chance has come!” to attack our force and invades our country too. If that happens, even if our country has a wise commanding general, he cannot react and defend our country.

 

 War History Example:『ソ連は、日本の弱みに付け込んで、攻撃して来た』

At the summer of August in 1945 Joseph Stalin Red Army suddenly invades Manchuria【満州】to attack Kwantung Army 【関東軍】with 3,500 tanks and rockets across the Soviet-Manchuria boarder【ソ満国境】even though Japanese-Russian nonaggression treaty【日露不可侵条約】exist. Stalin said “Treaty【Japanese-Russian nonaggression treaty 】is only exist to tear a thing to pieces and throw it away” 【条約は、破るためにある】

Japanese officer and soldier were taught “Attack is the best weapon of all” and try many times bayoneted rifle charge with brave courage many times. But assault in vain “Summer insects jump into the fire” for Soviet red army artillery fire. 「攻撃は最大の武器と教育され、猛烈果敢な銃剣突撃を実施したものの」敵の圧倒的な火力の下では『飛んで火にいる夏の虫』と相成った。

After this incident Kwantung Army, once called Invincible Imperial Army like a tiger run away without any protecting Japanese resident including Yamamoto myself. Red Army and Paro【八路軍:中共軍】called “Japanese Kwantung Army is Paper tiger”【関東軍は張子の虎】and also said “Do not trust Russky” to.

I myself lived in near Soviet-Manchurian border 【ソ満国境】and saw the fleet of Soviet Tanks【ソ連の戦車部隊】. The impression and feeling of seeing the soviet tanks is the child only saw the medaca fish in the brook before seeing the whale in Ocean in first time. Imperial Japanese Army【帝国陸軍】can not win the Soviet Red Army. And also Russky soldiers has a Mandarin sub-machine gun, Japanese soldier has a single shot type 38 rifle which engraved a chrysanthemum crest on bolt cover of breach. Russky mechanized division with many tanks attacked Kantung Army and finish by a stub in the Kwantung Army neck.

 

【原典】

故兵聞拙速、未賭巧之久也。夫兵久而國利者、未之有也。故不蓋知用兵之害者、則不能蓋知用兵之利也。

【訓読】

故に兵は、拙速を聞くも、未だ功の久しきを賭【ミ】ざるなり。夫れ兵久しくして國に利する者は、未だこれ有らざるなり。故に尽く用兵の害を知らざる者は、則ち尽く用兵の利をも知ること能わざるなり。

 Comment「拙速」means rough-and-quick.

【和訳】

それ故に、作戦は、拙速が最も大切である。時間をかけて完璧さを求めた「結果」良かったといった話を聞いたことがない。そもそも戦争が長引いて国家に利益があったと言うことを聞いたことがない。戦争の被害を十分に知り尽くしていない者は、戦争によって得られる利益を熟知していないのである。

【英訳】

Therefore I her military operation is rough-and-quick is the best, but never heard to get a good result with perfect achievement which is needs long time operation. That is never heard that prolonged war is good results for country. Therefore, those who can not make understand the war damage and loss cannot make understand, the profit of war at all.

 

 An example of War history :『イラクに於ける100時間戦争』

”One hundred hours war in Iraq”

Under the good command of President George W BushPapa Bush, Gen. Colin Powel, chairman of the Joint Chief of Staff and Gen. Norman Schwarzkopf, US led coalition force defeated “elite” Republican Guards divisions commanded by President Saddam Fussein, just only 100 hours after the ground war started. This is a great achievement which is Master Sun Tzu recommend 23,000 years ago.

 

 Comment 1「陸上自衛隊に於ける戦術課題作業のことである

My motto of the home task on tactics in Advance Officer CourseAOCdays , all ways rough-and-quick work is better than long time and perfect working. So far from the school solution【原案】which instructor presents.

 

 Comment 2「日本兵の特技?

Japanese soldier’s special ability is “Fast eating and quick shit”『早飯早糞』『快便快食』日本兵の特技也。

 

【原典】

善用兵者、役不再籍、糧不三載。取用於國、因糧於敵、故軍食可足也。

【訓読】

善く兵を用いる者は、役を再び籍せず。糧は、三たび載せず。用を國に取るも、糧を敵に因【ヨ】る。故に軍食足る可【ベ】きなり。

【和訳】

戦争の上手な用兵者は、若者の徴兵を二度と重ねて課すことはないし、糧食を、三度重ねて、祖国から最前線に運び補給することはない。但し、出陣祝いと戦勝祝いの二度は、別で国内から補給する。知将は、武器や装備品を自国で調達するものの、食料は、現地で購入したり略奪したりして現地調達をする。こうすれば、軍は、十分に休息を取ることが出来、現場で戦闘に専念することが出来る。

【英訳】

The skillful strategist and tactician never conscript young men as soldier twice and also do not carry the food from own country to battle field more than three times, but only tow times allowable, that is at the start of war party for boost up fighting sprit of soldiers and the end of war for celebration at victory party.

Procurement of weapons and equipments are in own countries though, but wise general gets foods by plunder or purchase at local area as much as possible. So force can get rest enough for combat and concentrate fighting on the spot.

 

※ Example of War History

Japanese people and Cambodian people both eat rice as main staple【主食】The Cambodian farmers productivity【生産性】is very high compare to Japanese farmer. So the price of Cambodian rice is very cheap compare to Japan about from one tenth to one twentieth110 120.

In the world war , Japanese Imperial Army fighting French Army at Cambodia territory. Japanese Army engage amphibious landing on Cambodia, and drive out French Army instantly. Then, Cambodia is a colony of French【フランスの植民地】. This is the liberation of Cambodian people from French government rule.

With out fierce battle, Japanese Imperial Army can occupy French camp and base and pacify the Kingdom of Cambodia territory. This is start of liberation of colonization in south west of Asia. Japanese people and Cambodian people are both Buddhist and eat rice as main staple and eat fish. French Army does not eat rice but French eat bread meat. Japanese Imperial Army starts local purchase a lot of rice for food. Cambodian farmer sell the rice for Japanese Imperial Army and get rich. And also fishermen sell the fish which catch from Mekong River and Tret Sap Lake. Welcome the Japanese Imperial Army occupation in Cambodia with both hands-up with Banzai and smile. But this good thing did not continues long, after the end of WW, the value of Japanese military currency【軍票】go to nil, all the money reduced to ashes. The rice farmer and fisher men of Cambodia TO HO HO ・・ 【トホホ・・・】

“Mr. YAMAMOTO, can I buy the good which I want by this Japanese military money in Japan”. “No, you can not, but you had better keep it may be have value in future antique money”.

“By the way do you want Pol pot money as souvenir ・・・・・?????”

“I hear Prime minister dislikes money, he all ways said that money makes poor and rich people, so let us abolish money aren’t you?  

 

とカンボディアの人は、商魂逞しいのである。おかげでポルポト政権の時代のお金を3$で買わされてしまいました。

カンボディアの通貨は、リエル(1$;4000リエル)であるが、流通貨幣の70~80%は「ドル」であり、北朝鮮の印刷した「軍票」ならぬ精巧に作られた「偽ドル紙幣」が大量に流れ込み、経済活動を阻害している。この偽札で揚げた利益は、将軍様の高級ワインや核兵器製造費に当てられたに相違ない。真にもってけしからん話である。不肖山本の4年半のカンボディア勤務時に、合計500$程度被害に会いました。読者の皆さんも発展途上国でのドルの受領は、十分に注意してくださいネ。

 

【原典】

國之貧於師者遠輸。遠輸則百姓貧。近於師者貴売、貴売則百姓財渇、財渇則急於兵役。力屈財弾中原、内虚於家。百姓之費、十去其七。

【訓読】

国の師に貧するは、遠く輸【オク】ればなり。遠く輸れば、則ち百姓、貧し。近師たるときは、貴く売ればなり。貴く売れば、即ち百姓は財渇く。財渇くれば、即ち兵役に急にす。力屈し、財中原に尽き、内家に虚し。百姓の費、十に其の七を去る。

※  
omment「百姓」means “One hundred family names” which means common people not farmer in Chinese.

Comment「役【エキ】」means tax.

Comment「兵役【ヘイエキ】」means tax for war or service.

【和訳】

国家が戦争のために貧しくなるのは、軍が遠征して軍需品を遠い所まで運ぶからであり、これが国内の物価高をもたらす。物価が高くなれば、民の蓄えも無くなり貧乏となる。また民の蓄えが無くなれば、村人による軍役にも苦しむことになり、戦場では、戦力は、尽きて、無くなってしまう。近くでの戦争は、自国及び近隣諸国の物価を高騰させる。物価が高騰すると国民の蓄えは底をつく。国家の財貨が底をつくと、国家は、軍隊の戦費を賄うことが難しくなる。このように、戦場での闘う力は枯渇し、国民の力は、疲弊する。「中原」【中国のほぼ中央、黄河と揚子江で囲まれた地方で、長安、洛陽、許昌といった都市がある。中原を制する者が、天下を支配できる】の民の暮らしは極度に貧窮し、その財貨の七割は、戦争の長期化で雲散霧消することになろう。

【英訳】

The reasons a country became poor by war is to transport the war supply goods from home-base to the combat front line where a long distant apart. To transport
supply good to a distant combat place from home country, this makes the price of good high in home land too, and common people’s stock are lost and makes poor and poor. If people became poor, cannot send youth for service any more, finally the fighting force run out.

War at home and neighboring country makes the price of good high too. When prices of goods rise high so people must pay more money to buy goods, this is makes people and country poor. And country is difficult to collect tax from people for the war.

Strength is depleted at battle field, and people who live in the central part of China are very hard to live and sink into the poverty status. And for common people seven-tenths of its wealth will be gone and come to nothing by prolonged war.

 

 Comment:『中原逐鹿』「中原に鹿を追う」とは、「政権を争う舞台(中国の中原:中央部)において、帝王の位(鹿)を得ようとして戦うことをいう」

 

【原典】

公家之費、破車罷馬、甲冑矢弩、豺盾蔽櫓、丘牛大車、十去其六。

【訓読】

公家の費【ツイエ】は、破車罷馬【ヒバ】、甲冑矢弩、豺盾蔽櫓、丘牛大車、十に其六を去る。

 Comment破車罷馬【ハシャ ヒバ】」means broken chariots, worn out horses.

 Comment「甲冑矢弩【カッチュウシド】」means armor, helmet, arrows and  crossbows etc.

 Comment「豺楯蔽櫓【ゲキジュンポウロ】」means halberd, shield and spears etc.

 Comment「丘牛大車【キュウギュウタイシャ】」means heavy ox-drawn wagons for transportation goods.

【和訳】

国の予算は、① 壊れた戦車や輜重輸卒用運搬牛車の修理、② 疲れ切った馬や牛の取替え費、③ 鎧・兜や弓・矢の更新調達費、④ 戟や盾や矛や大盾の修理費用等に当てられ、国の全支出総額の60%は使われてしまうのである。

【英訳】

Government budget expenditure for ① the repair of broken down chariots and bull wagon for transportation goods, ② the replacement for tired out horses and bull,  ③ the purchase of armors, war helmets, bows and arrows, ④ the repair for halberds, big shield and bows etc.  The total sum of government expenditures will be reached to 60 percent of total government budget.

 

【原典】

故智将務食於敵。食敵一鐘、富吾二十鐘、葛秤一石、當吾二十石。

【訓読】

故に、智将は、務めて敵に食【ハ】む。敵の一鐘を食むは、吾が二十鐘に当たる。葛秤【キカン】一石は、吾が二十石に当たる。

【和訳】

そこで知将は、遠征の際には、努めて現地で糧食を調達するか、敵の食料を奪って食べる。敵地での高粱泡『一鍾』を食べると言うことは、本国で『20鍾』を食べることにに相当し、敵地で、馬や牛に食べさせる『豆がら』や『もみ』の『一石』は、内地での『二十石』分に相当する。

【英訳】

Wise general plan to eat foods from local procurement or plunder from enemy at war as much as possible. To eat plundered food of “One kg” at enemy territory is equivalent transported from home base to battle field “20 kg” food. This is same as food for horse and cow. The reason of twenty times is transportation of food to a distant place from home is high cost by transportation expense, so the price of good at local battle place is very high. So wise general procures the food at local or plunder from enemy stocked food by attack.

 

 Joke :Difference between French and Japanese.

Getting hungry can not fighting any more. This is Japanese people.

Getting hungry can not play dance. This is French people.

Samurai use tooth pick even if do not eat. This is Japanese proverb.

Soldiers march on with stomach full. This is French soldier.

 

【原典】

故殺敵者怒也。取敵之利者貨也。故車戦得車十乗己上、賞其先得者、而更其旌旗、車雑而乗之。卒善而養之。是謂勝敵而盆強。

【訓読】

故に敵を殺す者は怒なり。敵の貨を取る者は利なり。故に車戦に車十乗己上を得れば、其の先に得たる者を賞して、而して其の旌旗を更へ、車は雑えてこれに乗らしめる。卒は、善くして、之を養う。是を敵に勝ちて強さを益すと謂う。

【和訳】

故に、実戦に於いて敵兵を殺すのは、奮い立った「怒り」である。そして敵の物資を略奪する行為は、我が軍の兵士の利益のためである。だから、戦車戦で成果を挙げる為の方策としては、戦車を十両以上鹵獲した場合には、その最初に鹵獲した者に賞を与え、鹵獲した敵の戦車には、敵の旗印を味方のものに取り替えたうえで、わが軍の戦車部隊に組み入れて、混合使用させる着意が重要である。戦功のあった兵卒は、しっかりと丁重にもてなし、これを優遇せよ。こうした方法こそが敵に勝って、そのたび毎に、いよいよ強さを増す『戦力増強法』である。

【英訳】

To kill the enemy soldiers in combat is anger for enemy. And looting enemy goods is our soldier’s own benefit.

Therefore to get good result in chariot battle, the soldiers who captured the first ten and more enemy chariots should be reward big bonus as your job well done. After that the plunder chariots replace the enemy colorsflagsto our force colors and mixed use these captured chariots as our chariot fleet. And also brave soldiers who perform great feats in combat must be well treats including eating and drinking. This is called “Strengthening our force by conquering enemy force” that is to augment and multiply own force strength by getting successive victory with plunder”

 

 Joke :『鬼畜米英撲滅』:Eradication of Americans and English people are both satanic animals.

War time in Japan we are taught by school teacher “Americans and English people are both satanic animals” And after the end of war. Welcome American and English people with stars & stripes in left hand and Union Jack in right hand. The changing time difference is only one day.

The motto of Osama bin Ladin is the same as Prime minister TOJO. Osma bin Ladin  said always Americans are “Great Satan

 

 

↑*:Reconstruction chariot【戦車の模型】 ↑*:Chariots fighting in Sun Tzu days.

※ Characteristics : 【性能諸元】

Engine       ― Two horse power.【2馬力】

Armament【武装】 ― Lance , Bow , 

Crew【乗員】       ― Commander【車長】, Lancer, Archer, and Driver

現在の主力戦車の乗員数は、自動装填装置【Automatic loader 】が付いているものの乗員数は、4名【車長】【装填手】【砲手】【操縦手】である。2,300年間、エンジン性能は、アップしたものの人員については、省力化が図られていないのである。軍人は、人言削減と予算削減は嫌いなのである。

 

 Joke

Muslim soldier and Taliban militia never surrender in battle, but always switch the side by money. Taliban bureaucrat never take a bribe or under table money, but request a large amount of consultant fee.

 

『戦力増強法』

1.功績を挙げたもの者に対する「報奨」増額。無論、鹵獲品を賞として与え、領土も与える。

2.捕虜の寛大なる処置とその活用。

3.敵の武器の活用。

“Methods of Force Multiplier

1.       Increase award and merits for meritorious achievements by including award of captured goods or plundered goods and occupied territory.

2.       Maximum use of POW【 Prisoner of War 】by change of side.

 

Example 1 : Difference points on “Go” and “Chess” and “Mah-jong” 【碁と将棋とマージャンの差は?】

The difference between “Go” and “Chess” is the “Go” can not use stones gets from opponent as own stones but “Chess” can use pawn【歩駒】from opponent as own pawn. That is “Go” can not use enemy soldiers as friend force but “Chess” can use enemy soldier as prisoner use friend force member. And also “Go” is a territory gaining play entrench enemy position or “Stone”

Mah-jongg game is rods counting game like a war game. It is invented by Chinese. Player always must takes precaution front enemy and right- and left- enemies. And always think winds and terrains values which changes by score counts.

 

Example 2 : Policeman’s efficiency rating in Cambodia【カンボディア警察官の勤務評定】

Cambodian police consists of Interior affairs Police, Traffic Police and Military Police. Policeman’s monthly salaries are almost equal 50 $, but working net core hour is 4 hour per day. But Cambodian police man works 8 hours more every day. Each police man has tacit approval collecting off time levies violation money from car driver or motor bike rider who violates traffic control must pay the violation money to the police man. And some percent of money must donate his boss and office for buy stationary good such as paper and ball point pen etc. And this is most important, the police boss do efficiency rating his subordinate by the amount of donation money, because of his job well done. And this system is very useful for promotion selection. The Cambodian police man regard road traffic violation driver or bike rider regard as profitable enemy.

 

【原典】

故兵貴勝、不貴久。故知兵之将、生民之司命、國家安危之主也。

 Comment「司命」means in charge of life. Or it means responsibility of the life.

【訓読】

故に兵は勝つことを貴【タット】ぶも、久しきを貴ばず。故に兵を知る将は、民の司命にして、国家安危の主なり。

【和訳】

以上のようなわけで、戦いは、勝利を至上とするものの、長引くのは良くない。つまり、短期決戦が最高である。長期戦は、方針無き、拙劣な作戦計画である。従って、持久戦よりも短期決戦が良い。

以上のようなことで、戦争の利害・得失を熟知する将軍は、人民の生死を司るものであり、国の安危を決めるものである。

【英訳】

Therefore to get victory quickly is the best way and most important thing in the war, but it is not good to prolong the battle. That is quick and decisive operation is the best. Prolonged battle without policy and bad plan is not good. So the quick and decisive battle is better than prolonged battle.

Hence, the commanding general who knows the interest that is gains and losses in the battle very well has a responsibility of the live or death of the people and the safety or danger of the country.

 

 Example of war history Ⅰ:

Prime Minister Fumimaro KONOE【近衛文麿総理】 one day asked Admiral Yamamoto “If war broke out between Japan and USA, can we get win?” Because Admiral YAMAMOTO, former military attaché of the Japanese Embassy at Washington. He always said Japan can not win the war between Japan and USA on the point of national power especially in industrial power. So should not provoke the war against America.

But Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】of Combined fleet said to Prince KONOE:-

”As long as I stay chief of Combined fleet, I can run wild and rampage for the first six months after the start of war in Pacific Sea, but after that………”「私が、連合艦隊司令長官である限り数ヶ月なら暴れてみせるが・・・・・・?????」

Perl Harbor surprise attack plan made by Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】First make a surprise attack at Pearl Harbor with perfect plan. Then Admiral Yamamoto seeks after the peace treaty with America.

Sun Tzu may say if he alive that this tactics is perfect but not good on the point of ground strategy.