2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

英語de軍事『四字熟語』vol.27

孫子の兵法に出てくる『四字熟語』を英語で学ぼう

 最近、不肖、山本賢の住んでいる近所の図書館に本を借りに行った。図書館の書棚に、一冊の『孫子の兵法』本を発見した。この本の表題は、「日本の存亡は『孫子』にあり。中国は「孫子の兵法」で日本を征服しようとしている。日本も「孫子」に学び、これに打ち勝たねばならない」と、長い長い表題の本であった。そして、著者は、元防衛庁情報本部長太田文雄と書いてあった。そして、本の末尾には、防衛大学卒〔#14期生〕と著者紹介してあった。

 不肖、山本賢は、平成22年1月1日孫子の兵法【中国語・日本語・英語】版 Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of Warを(財)自衛隊援護協会の事務局長の武田能行さん、防衛大学卒〔#13期生、空手部主将〕の依頼で、一気に661ページを書き上げて、出版した。定価は¥3,000である。この武田さん武田信玄公の遠い親戚の末裔とかで、現在は、愛知県豊川市にお住まいである。武田信玄公の腹心の部下、山本勘助の出身地「牛久保」とも近い。  

 この他、防衛大学卒業生の書いた『孫子の兵法』には、防衛大学#5期生の杉之尾宜生さんがいる。不肖、山本賢【防大#6期】は、防衛大学の学生時代、杉之尾さんとは同じ小隊でご指導を受けた。そして、防衛大学を卒業後、陸上自衛隊の情報部隊の中央資料隊に勤務した。機甲科職種の杉之尾さんは1科【ソ連軍事情報収集】、武器科職種の山本は、隣の部屋の技術科で、戦車や装甲車の技術情報を収集していた。ソ連がアフガニスタンに侵攻した頃のことである。今でこそ、中東の専門家は、雨後の筍のように大勢いるが、当時は、日本国内には、皆無であった。当時、中央資料隊の中東担当は、武器科職種のミサイルや射撃統制装置修理の生徒出身者の陸曹〔下士官〕でした。

 孫子の兵法を出版した防大卒業者は、私の知る限り、上述した3名である。共に情報収集部隊に勤務した者ばかりである。 

 孫子の兵法には、『四字熟語』頻繁に出てくるので山本賢の『孫子の兵法』より抜粋しました。以下、参照・・・・・・・

 

孫子の兵法に関わる四字熟語:

風林火山 【 ふうりんかざん 】

Paramount of tactics is ” Moving fast like a blast of Wind, Silent like Forest, Invade and attack like a Fire and Stand still like Mountain” from Sun Tzu’s The Art of War. Lord Shingen TAKEDA’s colors, battle flag write down these 4 Chinese characters.

「風」 means “Wind”
「林」 means “Forest”
「火」 means “Fire”
「山」 means “Mountain”

孫子の兵法による戦いの原則。武田信玄の軍旗。故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山。物事に対処するにあたり『風のように早く行動したり、林のように静か行動したり、火のように激しく侵略したり、火のように激しく侵略したり、山のように動かないこと。第7章『軍争篇』

 

処女脱兎 【 しょじょだっと 】

“At first pretend as if a virgin lady to enemy, so enemy soldier off guard and relax, then you attack the enemy quick like “A running away rabbit speed” so enemy can not respond your quick attack action. This phrases come from Sun Tzu’s The Art of War.

「処女」 means “Virgin”
「脱兎」 means “Running off rabbit from trap”

始めは、未婚の女性のようにおとなしく弱々しく見せかけて、敵を油断させ、じ後、罠から逃げる兎の様に素早く行動すること。すると、敵は、対応する事が出来ない。孫子の兵法より。

凄腕美人のイケメンを捕まえる戦術です。

 

常山蛇勢 【 じょうざんだせい 】

Snake live on Mr. Jozan.in China take coordinate action. Snake attacked at tail with a wood stick, then the head of snake reacts it automatically. If the head attacked by the stick, then the tail of snake react it, and if stick attack the body, both head and tail of snake coordinated attack at the wood stick. From Sun Zue of the Art.

「常山」 means “One of the famous mountain in China”
「蛇勢」 means “Snake reaction”

中国の常山に住む『蛇』は、棒で『尻尾』を叩けば、頭が反応し、『頭』を叩けば尻尾が反応し、胴体を叩けば、頭と尻尾が共同して反撃に出る。孫子の兵法より。

 

旗鼓堂堂 【 きこどうどう 】

Formation of large military forces are magnificent and good order with full of many banners & flags and drums & trumpet as information instruments.

「旗鼓」 means “Flags and Drums”
「堂堂」 means “Magnificent”

軍隊のようすが立派である。旗と太鼓による通信手段で統制をした、堂々とした大部隊のこと。

 

呉越同舟 【 呉越同舟 】

The people of Wu and Yueh hate each other for a long time as a bitter enemy. But one day they ride on the same boat and set sail for destination, but unfortunatly hit the typhoon. They are closely cooperate each other like a left hand and a right hand to survive. While the thunder lasted, two bad men were frends. From Sun Tzu’s The Art of War.

「呉」 means “The country of Wu”
「越」 means “The country of Yuen”
Wu and Yuen are both old standing enemy.
「同舟」 means “Ride on same boat”

「呉の国の人」と「越の国の人」は、互いに敵同士であり、憎しみ合っている中であるが、たまたま一緒に、船に乗り、川を渡る際に、台風に合った場合には、彼らとて、生き延びる為に、右手と左手と同じように、一致協力するのである、と。孫子の兵法より。

 

虚虚実実 【 きょきょじつじつ 】

“To attack enemy week points avoiding strong points with many effective plots and tricks” which means “Strike the enemy with “Full” of wits and plots is better” That is fighting between equally shrewd people with full of bargaining and tactics to strike the enemy weak points. From Sun Tzu’s The Art of War. 

「虚虚」 means “Untrue or Unprepared”
「実実」 means “True or Well-prepared”

あらゆる策略を尽くし、相手の強い所『実』を避けて、弱点『虚』を突くこと。つまり、狡猾なる相手同士が、ありとあらゆる、狡猾な駆け引きと戦術を駆使して戦うこと。 お互いに、持てる技や秘術を尽くして戦うこと。

 

旗鼓堂堂 【 きこどうどう 】

Formation of large military forces are magnificent and good order with full of many banners & flags and drums & trumpet as information instruments.

「旗鼓」 means “Flags and Drums”
「堂堂」 means “Magnificent”

軍隊のようすが立派である。旗と太鼓による通信手段で統制をした、堂々とした大部隊のこと。

 

常山蛇勢 【 じょうざんだせい 】

Coordinated quick reaction is important in defense like a snake live in Mt. Jozan in China. Sun-Tzu said Quick coordinated action is important in the battle. For example when attacking on the snake at head with wood stick, the tail of snake reacts automatically. And if attacks at the tail of snake with the stick, a head of snake reacts and attack the stick automatically. And if attack on the center body of the snake with the stick, the head and the tail of snake coordinate each other and attack to the stick.

「常山」 means “Mt. Jouzan”
「蛇勢」 means “Snake power”

統一が取れた、欠陥や隙がない陣立のこと。中国の河北省の常山に住む『卒然』という双頭の蛇は、頭を打てば、尻尾が立向かい、尻尾を打てば、頭が立向かい、体を打ては、頭と尻尾が連携して立向かうという「連係動作」抜群の『孫子の兵法』:第11章『九地篇』お勧めの蛇。

筑波山の『ガマ』もビックリ仰天、『孫子の兵法』が絶賛する中国、常山の『蛇』の調整攻撃である。

 

迂直之計 【 うちょくのけい 】

“Pretend to chose and use turn around rout and long way with plots tactics for enemy observation, so enemy relax and off guard, but actuary our force adopts the shortest direct way to the enemy” That is to make shortest way with many plots and camouflage, this tactics is “Make problems into advantage” From Sun Tzu’s The Art of War.

「迂直」 means “The long way makes shot way”
「之」 means “of”
「計」 means “Tactics”

敵に対しては、あたかも遠回りするような道を取り、敵を安心させ、実際には、効果のある近道を選択する戦術。急がば回れ的な方法,則ち、問題点を利益に変える戦術である。

コメント: 先知宇直之計者、此軍争之法也。第7章『軍争篇』
「孫子の兵法」の恐るべき極意なり。山本賢の『孫子の兵法』を是非お読み下さい。伏してお願い申し上げます

 

破釜沈船 破釜沈舟 【 はふちんせん 】 【 はふちんしゅう 】

“To destroy rice-cooking pots and to burn out and sink the boats which return back home” which mean unless win this battle we can not return back home alive. From Sun Tzu The Art of War.

「破釜」 means “Destroy rice-cooking pot”
「沈舟」 means “Sink return home ship”

『強い敵と戦う場合には、釜を砕き、船を沈め、退路を閉ざして、決死の覚悟で戦いに挑むこと』。

 

以逸待労 【 いいつたいろう 】

Waiting for tired out enemy came from long distance marching at near one’s home base by occupying key terrain in advance with full of stomach and in high spirit. That is to strike the tired out enemy with make oneself comfortable condition.

「以逸」 means “With full of stomach and in high spirit.
「待労」 means “Waits for tired enemy from long distance”

遠くから疲労困憊でやってくる敵を、本国で充分に静養した部隊でこれを待ち受けて戦うこと。孫子の兵法第7章『軍争篇』。

「孫子の兵法」をポケットに入れ、戦艦「三笠」乗り込んだ。東郷平八郎元帥がロシアのバルチック艦隊に勝った理由;

 

千仭之谿 【 せんじんのたに 】

“One thousand feet depth valley” which means very deep valley.

「千仞」 means “Very deep one thousands feet”
「之」 means “of “
「谿」 means “Valley”

非常に深い谷。谿が非常に急峻で、川が深いこと。孫子の兵法第5章『兵勢編』より。

 

千仞之山 【 せんじんのやま 】

“One thousand feet high mountain” which means very steep and high mountain.

「千仞」 means “Very high and steep one thousand feet”
「之」 means “of “
「山」 means “Mountain”

非常に高くて険しい山。険しい山岳地帯。孫子の兵法第5章『兵勢篇』より。

 

兵者詭道 【 へいはきどう 】

War is deceiving enemy with tricks and cheating, so commander always use of deceiving enemy by cunning plots tactics.

「兵者」 means “Commander”
「詭道」 means “Cunning tricks plan”

戦争とは、敵を欺き、惑わす手段を取つて戦うものである。兵を用いる者は、常に敵を欺く奇計を用いて戦うものである。孫子の兵法『始計篇』

 

反間之計 【 はんかんのけい 】

“To get enemy information from enemy spy by bribe and to give to give false information for enemy’s spy” this double agent spy operation for enemy is counter intelligence activity to counter enemy spy operation.

「反間」 means “Split of comrade or colleague”
「之」 means ” of “
「計」 means “Plot”

敵のスパイを買収したりして、敵情を知り、敵の内部分裂を図ること。自分の身を犠牲にして、敵を欺く二重スパイ計略。

 

爵禄百金 【 しゃくろくひゃくきん 】

“Awarding high ranking position or status and one hundred gold” which mean employment condition to able person. Sun Tzu’s The Art of War. 

「爵禄」 means “High ranking and high salary”
「百金」 means “One hundred gold”

有能な人材を採用する為には、高い地位と高額な俸給が必要であり、惜しんではならない。孫子の兵法;用間篇

 

明君賢将 【 めいくんけんしょう 】

Only good lord and wise general can use rare and unique able person as spy, and get great achievement.

「名君」 means “Good lord”
「賢将」 means “Wise general”

聡明な君主や智将のみが、非凡な知恵者をスパイとして使いこなし、偉大な功績を成し遂げることができる。孫子の兵法『用間篇』より。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.18

山本賢英語de軍事『四字熟語』 VOL.18

こんにちは、山本賢です         

◎ 『お爺ちゃん達の国際貢献』 

◎ ”Grandpa’s international contribution”                      

 

明けましておめでとう御座います。

日本安全保障・危機管理学会〔一般社団法人〕の理事長の二見宣さんから、名誉会長の安部晋三総理の連名の年賀状を受け取った。この年賀状には、『平日の毎月6日は、防衛大学、六期生の定例昼食会です。(11:30~13:00、グランドヒル市ヶ谷)とも添え書きが書かれていた。

 

年賀状を受け取った時、二見さんが、日本に帰化して、自衛隊に新隊員として入隊したカンボジア人の隊員を集めて監修した『指差し会話辞典』―『アテンド』のことを思い出した。このクメール後語〔カンボジア語〕と日本語の指差し会話辞典は、クメール語を全然話せない自衛官が、カンボジアの現地で、国際貢献が出来るという優れものです。

この『アテンド』と共に日本語・英語・クメール語『車両工学辞典』等を、カンボジア王国の最高学府プノンペン大学に寄贈してきた。立派な国際貢献だと不肖、山本賢は、思っている。これを『自画自賛』と言う。 

 

二見宣のアテンド自動車工学辞典

戦艦三笠艦上

戦艦三笠艦上

会食が終了し、分かれた時、同期の夏川和也さんに呼び止められ『今度、新しいお仕事を始めました・・・・・・』と言って、一枚の名詞を頂いた。名刺には「NPO法人、平和と安全ネットワーク」:理事長 夏川和也 ; チャンネルNippon と赤字で書かれていた。

この夏川和也さん、2~3年前に『日中戦争はあるか - 拡大する中国の海洋進出と、日本の対応』を書いて「きずな出版」社より世に出した、元統幕議長の超エリートでもある。この時期、不肖、山本賢も『孫子の兵法』を書いて、自衛隊援護協会から出した。

孫子の兵法

 

新しい軍事英語があるのではないかと、『興味深深』スミからスミまで読ませていただいた。そして、中国の戦略の項目では;

『孫子は、目的の為には手段を択ばない冷静な兵法所であり、本家の中国はもちろん、いまや洋の東西を問わず各国の軍事戦略に少なからぬ影響を与えている・・・・・・』との著述があり、山本賢の『孫子の兵法』【中国語・日本語・英語】版; Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of Warの筆者として、とても嬉しかった。

 

グランド・ヒル市ヶ谷を出てから防衛省正門の前にあるJMAS〔日本地雷処理を支援する会〕の事務所に立ち寄った。そして、JMAS副理事長の山崎文夫さんに「チャンネル日本の夏川和也さんの名刺」を見せた。

山崎さん笑いながら夏川さんのことを話した。三年前のことである。CMAC〔カンボジア地雷除去活動センター〕とJMASが共同して『地雷除去小隊長野外携行ハンドブック』を作成したことがある。その編集会議がカンボジアのプノンペンのCMACの大会議室で実施された。その席でカンボジア海軍を退官した軍人がCMACの運用部長として勤務しており、我々と共同で教範作りに汗を流した。この運用部長多くの海上自衛官のお友達がおり、写真を見せてくれた。この中に海上自衛隊横須賀地方総監部の司令と夏川さんもいたとのことである。

世間は狭い、2~3年前に山崎文夫さんのお供をしてベトナムに不発弾処理の現地偵察に行った際、訪れた不発弾処理のNGO 『RENEW』の創始者の話をした。

※ Comment; Project Renewとは、Restoring the Environment and Neutralizing Effect of the Warの略語で『環境を元の状況に復元し戦争の後遺症を無くする』意味が含まれている。 

 

time-chuck-searcy-profile-vietnam1

  

☆ この上記の写真を見た時、ふと『盲亀浮木』という四字熟語を思いだした。

以下、格調の高いTIME〔September 29,2014〕誌が取り上げた元米国軍人で不発弾処理のNGO 『RENEW』の創始者Chuck Searcy 氏の記事を紹介致します。読んで頂ければ幸いです。

 

War to peace;

戦争から平和へ;

An American veteran returns to Vietnam to help make it safer for his former enemy. Nearly 40 years on, Chck Searcy is still fighting the Vietnam War – but now for other side. It’s a September morning and Chuck Searcy, a 69 – years – old veteran is overseeing a team of Vietnamese about to blow up a bomb discovered in a village in the central coastal province of Quan Tri.

アメリカの元軍人がベトナムに舞い戻り、かつての敵のためにベトナムの社会の安全化に貢献をしている。約40年経過した今なおチヤック・セアシー氏は、『もうひつつのベトナム戦争』を戦い続けている。チャック セアシー氏は、この9月に60歳となる退役軍人です。そしてベトナムの中部海岸地域に位置するクアン・トリ省の村で発見された爆弾を爆破処理するベトナム人からなる不発弾処理隊員を指揮監督しているのです。

Because of its proximity to the old DMZ between what was once North and South Vietnam, Quan Tri was subject to relentless bombing by U.S. worships and planes. As a result, the area is infested with unexploded ordnance ( UXOs ).

Now, after a torrential down pour, a UXO-in case a base ball-size cluster bomblet  has surfaced in a village’s garden.  

クワン・トリ省は、旧北ベトナムと南ベトナムの国境線〔北緯17°線〕上の非武装地帯に近いが故に、アメリカ軍の航空機の猛爆撃と米海軍の艦砲射撃を受けた。この結果、この地帯は、不発弾が一杯存在するようになってしまった。そして現在は、野球のボール程度の大きさのクラスター爆弾の不発弾が村民の田畑や庭先にボール爆弾が散乱するところと成った。

Team member use sirens and megaphones to evacuate residents. Sand bags are placed around the explosives. Moments later a concussive detonation rumbles through the hamlet as the deadly weapon is destroyed. “It’s safe now” Searcy, a co-founder of the ordnance-removal organization Project Renew, says.

不発弾処理隊員達は、サイレンを鳴らし、メガホンを使用して住民を非難させ、不発弾の廻りに、土嚢がうず高く積み上げて、爆破処理される。不発弾の爆破処理は、小さな村落を振動させて、悪魔の兵器『爆弾』は、爆破処分され「安全化」されるのですと、不発弾処理組織Renewの創始者セアシー氏は語る。

Searcy says the trip was life-changing:”I was astonished at the complete lack of anger or bitterness or hostility from the Vietnamese towards us returning GIs. It was amazing.”

セアシー氏曰く『私は、ベトナム人が我々在郷軍人に対して、全く怒りや敵視していないことに驚きを感じました』と。

Searcy was struck, too, by the determination of the Vietnamese to rebuild their battle-scared nation. “I began to think that I’d like to contribute because I felt some responsibility as an American for what happened there.

シアシー氏は、ベトナム人がアメリカ軍人を恨んでいないことに対して、感激しベトナムの国造りに貢献をしようと考え、再びベトナムの地を訪れた。  

A few years after his visit to Vietnam, Searcy turned down a good job with the U.S. Department of Veterans Affairs in Washington.

ベトナム訪問から2~3年後、シアシー氏は、米国防省退役軍人業務局の魅力的な仕事を断って、再びベトナムにやって来た。

In 2001 he founded Project Renew with support from the Vietnam Veterans Memorial Fund and the Quang Tri People’s Committee. Key to the operations has been the Use of Vietnamese teams and resources.

2001年、彼は米国ベトナム戦争在郷軍人会の記念資金財団の支援とクワン・トリ省の共産党本部の支持を得てNGO『プロジェクトRenew』を設立した。

 

During the Vietnam War, U.S. force dropped any where between 8 million and 15 million tons of ordnance across Indochina – several times that used by Allied Forces on the Axis powers in World WarⅡ.The U.S. Department of Defense estimate that at least 10% of the munitions failed to detonate on impact.

ベトナム戦争時、米軍は、8百万t~1千5百万tの爆弾をインドシナ半島の隅々にまで投下した。この量は、第二次世界大戦中に、枢軸国軍が投下した爆弾の数倍の量だと言われております。米国防省は、インドシナ半島に投下された爆弾の約10%が弾着時に不発となったと見積もっております。

Since the war’s end, some 100,000 people have been killed or maimed by the residual explosives.

ベトナム戦争が終了後も、約十万人の住民が死亡し、負傷して不具者となる被害が続出した。

 

Project RENEW 

☆   Chuck Searacy “Project RENEW代表”と山崎文夫さんとベトナム大使館防衛駐在官。

 

不発弾の標本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Chuck Searacy さんの部屋の片隅に飾ってあった不発弾の標本や地雷標識。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆  VVAF〔Vietnam Veteran of Association Fund〕;ベトナム戦争参加米国退役軍人財団の大ボスとベトナム現地事務所の

女性マネージャと記念写真。

 

 NGO定例会議;ベトナム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 山崎文夫さん、Quan Tri省人民委員会国際関係部の統裁する『NGO定例会議』に招待され、出席。MAG”Mine Advisory Group”の現地代表や専門家等が出席。JMASも是非、ベトナムに来て下さいネ!山崎さん『現地偵察に来ただけです・・・』と渋い顔。

 

 Project RENEWの玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Project RENEWの現地事務所。 アメリカの国防省後援NGO – ”Golden West”と連携して、不発弾処理を実施している。Golden Westは、米軍の不発弾処理隊員のOBからなり、爆弾を爆破処理することなく信管を離脱して、爆弾の中の炸薬を取り出し、この爆薬を産業用爆薬として使用したり、地雷等を爆破処理をしている。

Project RENEWの皆さん 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ Project RENEWの皆さんと玄関前で一緒に記念写真。不肖、山本賢は、寒がりで、暑さにに対しては、ベトナム人より強い。冬物のOD色のジャンパーを来ている。

 

北ベトナムと南ベトナムの境界線

北ベトナムと南ベトナムの境界線

 

☆ ベトナムのドンホイとフエの中間のクアンチ省の北緯17°線に架けられた橋。左側、山本賢。右側が山崎文夫さん。この山崎さん、大のカラオケ好きで、同じくカラオケ大好きのパナマ人軍関係者等に日本製高級カラオケセットを20基を売りさばいたそうである。米国が、パナマにに進攻した頃のことである。米国のパナマ侵攻した頃のお話である。

米国のパナマ侵攻作戦とは、・・・・

Military operation “Just Cause” started on Dec. 20, 1989, US President Bush ordered US Special force to seize and arrest Gen. Manuel Antonio Noriega, the Commander of Panamanian Armed Armed Forces, and once drug-runner big boss and CIA agent. He put on three huts. And brought him to trial in federal court in U.S.A.

US combined force of paratrooper special force and helicopter gun-ship, attack helicopter subdued  the Noriega’s Panamaian

Defense force, General Noriega run away to Vatican embassy in Panama. Finally he was arrested by US special forces soldiers.       

この山崎文夫さん、ノリエガ将軍逮捕の”Just Case”作戦の時、パナマ大使が日本に帰国中であった為大混乱???となったため、自衛官の山崎さんが、大使館の指揮を取ったとか、取らなかったとか。

そして、特記すべきは、防衛庁の正門の前にあるJMASの事務室に勤務する山崎さんと、防衛省の西門前にあるJICA研修所に勤務するJICA副所長の那須隆一さんとは、パナマの大使館員とJICAの勤務者の官舎がおなじ地区の住民であったとか。世間は狭い。

 

北緯17°線に架かる橋

 

☆ 北緯17°線の川に架けられた橋。対岸が北ベトナム、手前が南ベトナム。この川を対峙して『宣伝戦』が行われた。今も、大きな複数の拡声器が残っている。『非武装地帯』。

米軍、南北ベトナム軍戦死者に献花

☆ 米軍及び北ベトナム軍と南ベトナム軍の戦死者に献花する山本賢。

ベトナムの良い子の皆さん ☆ ベトナムの良い子達との記念写真。山崎文夫さんの左側に居る男性の手は、『ボール爆弾』により無くなってしまった。

ドラえもん大好きなベトナムの子供達

 ☆ ベトナムの元気な『ドラえもん』大好きな子供達。 その昔、ベトナムの子供達は、『ミッキー マウス』のキャラクターが大好きでした。ベトナム戦で大嫌いとなり、ベトナム戦後は、『ドラえもん』となった。

 

十年以上前の平成7年のことである。JMASの創始者の土井義尚さんから年賀状を頂いたことがある。土井さんが陸上自衛隊の武器学校長をしていた頃、『軍用語英和辞典』を陸上自衛隊土浦修身会から出版して戴いた。


土井和尚
ビン 
ラディンが画策した『9.11テロ』が起きた前の年の話である。其の年賀状は、『君子豹変』、土井義尚 陸将から土井和尚への見事なる華麗なる転進した写真が添えられていた:

ヘルメットから編笠へ、

戦闘服から法衣へ、

指揮棒から金剛杖へ

図嚢から頭陀袋へ

半長靴から草鞋へ

そして、これは、最も重要で、驚くべきことであるが、『孫子の兵法』を含む「野外令Ⅰ」、「野外令Ⅱ」及び「幕勤」を金科玉条として来たが、「般若心経」であった。【左の写真をご覧あれ、元陸将の面影はない】

Beautiful change: From Lieutenant GeneralLTG】 to Buddhist monk.

From helmet to straw hat.

From Battle Dress Uniform BUDto Buddhist robe.

From swagger stick 〔指揮棒〕to Buddhist monk octagonal stick.

From map bag to sutra bag.

From combat boots to straw sandals.

 

カンボジア大使にご挨拶。

カンボジア大使にご挨拶。

 

☆       土井和尚さんは、法衣姿で小川郷太郎大使にもご挨拶。そして、野外での不発弾処理にも法衣姿である。因みに、土井和尚さんの高校の先輩に中込璋さんという方がおられた。

 

平和構築 爆破処理

☆ JMASの記念すべき不発弾の爆破作業。カンボジアにて。JMASと言う名称もまだない頃の写真である。中央のブルー作業服の男は、陸上自衛隊の施設学校の元『地雷の教官』の杉尾武彦さん。 地雷を埋めたり、地雷を処理したりする作業を学生に教えていた。地雷を『地雷探知機』や『プロッダー』を使って探知確認する代わりに『銃剣で地雷の種類を確認できる特技者でもあった。

この杉尾さん、チョット前までは、JMAS事務所で机を並べて勤務していた。杉尾武彦さんが『アンゴラ担当コオディネータ』で山本賢が『アフガニスタン担当コオーディネータ』をしていた。最近、隣町の団地に住む、杉尾さんを見かけないと思ったら、ガンで死亡したとJMASの職員の岩瀬直子に聞かされ、仰天動地であった。『誰にも知らせるな!』と言われていたそうである。『孫子の兵法』ー『風林火山』の旗で有名な、「甲斐の虎」武田信玄と同じである。武田信玄は、野田城攻撃の際に、不覚にも狙撃兵「鳥居三左衛門」の狙撃に合い銃創を負い、その上、『労咳』―ガン―が基で無くなったと言われている。故人の冥福を祈る!

 

プロッダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 補足説明; プロッダーとは、突き刺し棒のことであり、地雷探知機で地雷や砲弾や鉄くずの反応があった場所を『太くて、細長い針』を何度も突き刺して弾種や地雷の種類を識別するものである。山本賢が手にしているのがプロッダー。

プロッダーの使用法方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ プロッダーの使い方。地雷探知機で反応があった場所に、地雷?砲弾?鉄くず?の確認作業で、最も神経を使うお仕事。

 

2002年土井和尚が設立したJMASのメンバーは、当時は、『オヤジ達の国際貢献』とのスローガンで始めたものの、10年以上となった今は、『お爺ちゃん達の国際貢献と相成った。因みに、日本地雷処理を支援する会の理事長の荒川龍一郎さんによると、現在のJMASの従業員の平均年齢は『62歳』だと言う。  

この本は、JICAの図書館にあります。

この本は、JICAの図書館にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 爆破処理の『爆破処理するための点火機』を操作しているのは、『不発弾にこの人有り』と言われた鈴木昭二さん。また、週間誌等のマスコミの世界からは、和製『和製ハート・ロッカー』とも言われている。

 

そして本日2015年1月15日、Project RENEWから軍事英語.COM宛に下記のようなメイルが来ましたので、皆様にご紹介致します。訳も付けて置きました。

 

Project RENEWからのお便りを紹介致します;
Trieu Phong and Cam Lo Districts, Quang Tri Province
15 January 2015

In the first week of the New Year 2015, 160 items of unexploded ordnance (UXO) were safely removed by RENEW’s mobile Explosive Ordnance Disposal (EOD) teams from people’s gardens, rice fields, plantations and roadsides in two districts of Quang Tri Province, Cam Lo and Trieu Phong.

Most of the munitions, 141 of them, were destroyed thanks to the alert awareness of local people who have become the “eyes and ears” of RENEW EOD teams over the

2015年の第一週、RENEWの巡回不発弾処理班により、合計160発の不発弾が除去されました。不発弾が回収場所された場所は、クワン・トリ州のカム ロとトリュの農耕地や水田や道路等です。

 

years.  Using Project RENEW’s toll-free hotline telephone number, 355411, local residents called 24 times last week to report UXO discoveries to Project RENEW teams.

大部分の弾薬:141発は、爆破処理されました。これは、長年RENEWの不発弾処理班の『目となり、耳となって』活動した住民の方がたのおかげであると思っております。プロジェクトRENEWの事務室に『不発弾を発見した!』との『緊急電話連絡:ホットライン』電話番号35541が24回もありました。

   ごく最近、不肖、山本賢は、日立山梨で潅木除去機の研究開発を実施した中込璋さんと組んで、講話を実施している。二人共、後期高齢者でもある。

カンボジアの国境の町パイリンにて。ポル・ポトの拠点

カンボジアの国境の町パイリンにて。ポル・ポトの拠点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 中込璋さんは、地雷処理、アフガニスタンに於ける劣化ウラン弾調査、退役軍人や難民の職業訓練指導でJICA個人コンサルタントとして、160カ国以上に出張し、国際貢献をした方である。この国際貢献に対して、緒方貞子JICA理事長、カンボジア王国フンセン首相、麻生総理大臣、天皇陛下からも勳章を頂いたり表彰されたりした。

陛下から勳章を賜った直後のことである。アフガニスタンのJICA事務で所長をされた貝原孝雄所長さんから『JICA理事長とフンセン首相と麻生総理と陛下の勳章を頂いた。後残りは、『ノーベル平和賞』ですな」と冷やかされた。

この貝原孝雄さん、事務室の机の上に『コーランのね音』が奏でる目覚まし時計が置いてあり、早速、不肖、山本賢が『地雷・不発弾処理』の公演をする際に使用させて頂いた。

 

この中込璋さん、『地雷の三大輸出国である米国・ロシア・中国に対人地雷全面禁止条約への加盟を促して欲しい』と麻生外相に直訴したとの逸話が残っている。ひよっとしたら地雷処理に造詣の深い公明党党首の山口那津男氏の口添えがあったかも知れない。?????

国会議員議員の中で公明党党首程、地雷問題に精通している議員は、他にいない。アフガニスタンやカンボジアの地雷源に何度も足を運んでいる。

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 公明党党首の山口さん、地雷処理問題を討議する時は、何時も笑顔である。

DSC00455

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ JICA地球ひろばでの中込璋氏の公演。プロジェクターに投影されている建物は、カンボジア地雷除去活動センターCMACの中央整備工場。中込璋氏に設計していただいた。中込璋氏も山本賢も共に後期高齢、共にで元気である。お爺ちゃんたちの達の国際貢献でもある。そして、この車輌整備工場が建てられた頃、CMACのIT長期専門家の藤本誠さん〔現在沖縄のJICA事務室に勤務:このホーム・ページ設計者〕から、『この整備工場が火災で焼けた・・・・』とのE-mailを受けた。

この中込璋さん、目下、JICA地球ひろば副所長の那須隆一さんに、国際貢献のお話を是非させて下さいと陳情中。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

自画自賛  【 じがじさん 】

My painted picture is the best of all pictures in the world that is “Blow one’s own horn or trumpet” which mean “Every potter praises his own pot”. The original meaning come from “Draw-up picture and comments on it, separate each other independently, but later years write comment on it by painter themselves”

「自画」 means “ Picture painted myself ” 

「自賛」 means “ Prize one self ”

 他人が褒めてくれる前に、自分で、自分を褒め称えること。本来の意味は、その昔、『絵を書く絵師』とその絵に『コメントを描く作業』は、別々の人が行っていました。それが、絵師一人で字(コメント)も書くことになった。

 

興味津津  【 きょうみしんしん 】     

Full of interest comes out, it’s like water spring. Full of fascination story comes out one after another, it is like gushing spring.

「興味」 means “ Full of interest ”

「津津」 means “ Gushing out one after another ”

 次々と興味が出てきて尽きない。興味は、後から後から出て来る。

 

君子豹変  【 くんしひょうへん 】     

Lord or wise man adapt himself to the quick change of the circumstances as if leopard’s fur spot change quickly from summer to winter. Wise man adapt himself the change of situation like leopard black spot, but fool and stupid person never change one’s mind and attitude at all.                                                               

「君子」 means “ Lord or gentle man or wise man ”

「豹変」 means “ Spot marks on leopard fur change quickly in autumn season ”

 君子や優れた者は、状況の変化に応じて、身代わりが早い。君子は、豹の斑点が、秋の気候の変化に素早く対応するが、愚か者は、状況の変化に対応することが出来ない。

 

般若心経  【 はんにゃしんきょう 】

The heart of the Wisdom Sutra. The Buddhist scriptures which contain many wisdom and you can get to status “Refrain from pains and disasters” by reading and learn by heart the Buddhist scriptures.  

「般若」 means “ Many wisdom contain in this code book ” 

「心経」 means “ Learn by heart the Stra ”

 最高の知恵が書かれた経典。これを暗唱することにより、多くの『ご利益』が得られる。自衛隊の戦術教範の丸暗記や暗唱も、これと同じ。ご利益がある。

 

風林火山  【 ふうりんかざん 】

Sun Tzu’s the Art of War says ; the Paramount of tactics is “Moving fast like a blast of Wind, silent like a Forest, invade and attack like Fire and stand still like Mountain” 

「風」 means “ Wind ” 

「林」 means “ Forest ”

「火」 means “ Fire ” 

「山」 means “ Mountain ”

 孫子の兵法による戦いの原則。武田信玄の軍旗。故其疾風如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山。

 

盲亀浮木  【 もうきふぼく 】

A very rear chance to meet across which is almost nil in life, it like as if  “A blind tortoise which a float sea surface every one thousands years,  meat across a floating wood which has a big hole to hide by accidentally in the Pacific Ocean” 

「盲亀」 means “ Blind tortoise ” 

「浮木」 means “ Floating wood on the ocean ”

 滅多に会うことの出来ない、幸運な巡り合わせ。千年に一回しか海面に出てこない盲の亀が、洋上で穴の空いた流木に、偶然巡り合わせること。

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.17

こんにちは、山本賢です.山本賢         

 

フンセン・ノート松島うちわ小渕ワイン

 &『苛政猛虎』

  

山本賢の似顔絵  

    第二次安部改造内閣の目玉政策で、華々しく4名の女性閣僚が誕生した。画期的な人事である。がしかし、前代未聞の珍事件が起きた。

  『法の番人』のトップの松島みどり法務大臣が、民主党のエース連芳衆議院議員から国会で「法務大臣は、選挙民に対して『松島うちわ』を配布した。この行為は公職選挙法の違反であると、厳しく追及された。「法務大臣たる者が公職選挙法に違反した」として国会で厳しく追及され、辞任に追い込まれた。

Google資料Google資料

 

 

 

 

 

 更に、新進気鋭の小渕優子経済産業大臣も野党から『公職選挙法違反』の追及を受けて、彼女もまた辞任に追い込まれてしまった。更に自分の写真をラベルに貼り付けた『小渕ワイン』や『カレンダー』等を選挙民に配ったとして、この行為は、公職選挙法に違反するとマスコミが一斉に報じた。そして、小渕優子大臣も辞任に追いこまれてしまった。そして、小渕優子経済産業大臣の後任者の宮沢大臣も外資系の会社から政治献金を受けたとして、政治資金規正法違反であるとして、野党やマスコミの『集中砲火』を受けた。

因みに、この蓮舫議員、JICAの職員には、とりわけ評判が悪い。本来、大蔵省の実施していた、各省から出された予算の削減削減業務を『事業仕分け』としょうして、マスコミの前で削減するパホーマンスをしたのである。

そして、東京都の一等地の六本木/恵比寿のJICA地球ひろばの施設が『お取り潰し』相成ってしまったのである。JICAの地球広場で、JICA個人コンサルタントの中込璋さんと共に、恵比寿の地球ひろばで、『地雷や不発弾処理の講話』や『軍人や難民に対する職業訓練』の講話実施したことを懐かしく思います。

そして、この珍事件は、TIME〔November 3, 2014〕に阿部総理の『苦虫を噛み潰したような写真』と共に報道された:-

Although highly educated Japanese women are among the least employed in the developed world: Japan below Cambodia とあり、「日本の女性の活用は、カンボジア以下である」と報道された。

そして、“20,000 paper fan to her constituent …….”と二万枚の『うちわ』が選挙民に配られた』と全世界に報道された。これらは、国民の税金である。 

更に、驚くべきことは、政治的適確性に欠く女性閣僚の任命は、安倍晋三総理の任命責任だとして、野党からの追求問題がこじれて、12月14に衆議院の選挙により、国民の審判を仰ぐことと相成った。全く持って、国民不在の政治である。

この一連のマスコミ報道のTVやTIME誌等で見ていて、不肖、山本賢は、カンボジア地雷除去活動センターCMACでJICAの長期専門化として勤務している頃のことを思い出した。カンボジア王国も選挙戦は、日本と同様激戦である。

山本賢とカンボジア王国の政党看板

山本賢とカンボジア王国の政党看板

 

『松島うちわ』も『小渕ワイン』も、それぞれ自分の顔を入れた選挙用グッズで、カンボジアで大人気のフンセン首相の顔の書かれた『フンセン・ノート』と『フンセン時計』と瓜二つである。『フンセン・ノート』は子供たちに、『フンセン腕時計』は大人達に配るのである。日本では、公職選挙法に触れるが、カンボジア王国では、法に触れることはない。

  

日本国がODA予算で購入した地雷を処理する『潅木除去機』や『車両』や『地雷探知機』等の引渡し式が行われる際に配布する。この式典には「日本国大使」と「フンセン首相」が出席する。そしてこの式典には、一般市民が5~6千参加する。お目当ては、ODAの引渡し式典に参加すると『フンセン・ノート』が一人一冊ずつもらえるとあってCMACのトレニング・センターに遠路はるばる集まって来るのである。

 

そして、公職選挙法の選挙違反だとして小渕事務所は、特捜本部家宅捜査を受けた。共産党の志位委員長曰く『公職選挙法の政党助成金は、国民の血税を使用するとのことで、この法律に断固反対する』と。不詳、山本は、共産党員ではありませんが、この志位委員長の意見に大賛成である。

むしろ、フンセン首相のポケットマネーで買って、選挙権のない貧しい子供達に自分の顔入りノートを配布するとのことで、すこぶる評判が良い。そして、大人たちには、腕時計の文字盤に『フンセン首相の似顔絵』が書いてある腕時計を配っていた。興味津々、「私にも、このフンセン時計を下さい!記念品にします。」と言ったところ。ミスター山本は、選挙民ではありませんのでだめです!と言われたことがあった。

フンセ夫妻と小渕夫妻の後方はソッカーン官房長官

フンセ夫妻と小渕夫妻の後方はソッカーン官房長官

フンセン首相は、土日・休日の公務が無いときは、よくサムソタCMAA事務局長(閣僚)とラタナCMAC副長官(フンセン首相後援会会長)を引き連れて、農民に贈呈する灌漑用ポンプ等を持参して選挙区まわりをしていた。カンボジアでは、公務員も選挙活動がゆるされている。このフンセン首相の支援に私の通勤用の乗用車と運転手を幾度となく派遣した。

 

日本の総理大臣の任期は短いが、『フンセン首相』は、1998年から首相に就任したままである。小渕敬三総理にも総理大臣であった。ケムソファンCMAC長官室には、フンセン首相、小渕恵三総理とケムソファンCMAC長官の大きな写真が飾ってあった。

フンセン首相は、土日・休日の公務が無いときは、よくサムソタCMAA事務局長(閣僚)とラタナCMAC副長官(フンセン首相後援会会長)を引き連れて、農民に贈呈する灌漑用ポンプ等を持参して選挙区まわりをしていた。カンボジアでは、公務員も選挙活動がゆるされている。このフンセン首相の支援に私の通勤用の乗用車と運転手を幾度となく派遣した。

サムソタCMAA長官

  サムソタCMAA長官〔閣僚〕は、フンセン首相の腹心の部下。カンボジアの田中角栄さん。初代CMAC長官時、CMACの隊員を水増しして隊員の給料を着服していたことが、UNTAC時代にバレてしまった。米国を始め西側諸国は、一斉に罷免することを求めた。がしかし、フンセン首相は、腹心の部下をなかなか、罷免しなかった。日本を始め多くの国々のサムソタ長官の罷免要求に、フンセン首相は、『泣斬馬謖』サムソタCMAC長官を罷免した。そして、軍人であれば汚職をしないだろうとのことで、カンボジア陸軍のナンバー・ツーのケムソファン陸軍大将をCMAC長官に任命した。このケムソファン長官は、フンセン首相がカンボジア北部タイ国境付近で、ポルポト軍と戦闘を繰り返していた頃、フンセン軍の第一線司令官であった。

カンボジア王国でCMACと共同で『不発弾処理』の国際貢献をしようとすると、危険な作業を伴うのでNGO申請をして、カンボジア王国の許可を取る必要がある。この作業がこれまた大変なのである。不肖、山本賢は、土井義尚和尚に騙されてこの作業を実施することになった。そしてこの許認可権限は、サムソタCMAA事務局長が握っていた。地雷や不発弾処理のNGO申請書提出に当たって、東京より土井義尚 和尚が、虎屋の『羊羹』を持って、内閣府のサムソタ閣下の事務所を表敬訪問した。

土井・サムソタ事務局長会談

土井・サムソタ事務局長会談

 土居義尚さんの腹心の部下である重松さん、この状況を見て曰く『越後屋、お主も悪よのう~・・・・と言って大判小判を受け取る悪代官そっくりだ』と言っておりました。そして、サムソタ閣下曰く『ソッカーン官房長官は、本日忙しいので会うことが出来ません。東京から持って来られたお土産は、私がお預かりします』と虎屋の羊羹を召し上げられてしまいました。せっかくソッカン官房長官と土井さんの会談を不肖、山本賢が準備したのに、と残念でたまりません。

JAMASの設立者達

JAMASの設立者達

日本の田中角栄総理がロッキード事件で失職し、再起を図るべく画策したが、再起することは出来なかった。サムソタさんのすごいところは、フンセン首相にCMAC長官を罷免された後、何と、CMACの上部組織、カンボジア地雷除去及び被災者救助局CMAAを作り上げ、その事務局長に収まってしまったのである。そして、不肖、山本賢がJMASのNGO申請作業をサムソタさんの所に持っていった頃には、国連の地雷処理部門の重鎮であった。サムソタさんは、アメリカの大学を卒業し、国際的な『コネ』を作るのが上手で、世界中から何億もの地雷不発弾処理の義援金を集めて来る。カンボジアの地雷処理には必要不可欠な人材である。まさに『海千山千』の高級官僚である。

日本地雷を処理する会JMASが設立する以前、このサムソタさんちょくちょくアフガニスタンに出張していた。CMACの地雷処理技術の売り込み作業である。アフガニスタン政府の閣僚曰く『退役軍人の職業訓練の一環DDRとして地雷処理は自国で実施しますので、結構です。が、しかし、不発弾処理教育は、一人前みなるまで9年間かかりますので、不発弾処理は、CMACにお願いしたい』と。

山口那津男公明党党首と中込璋氏

山口那津男公明党党首と中込璋氏

このサムソタCMAA事務局長には、『刎頸之友』というべき男が日本にいた。JICA個人コンサルタントの中込璋さんである。中込さんは、JMASがアフガニスタンに展開する以前から、地雷処理や劣化ウラン弾調査を山口那津男衆議院議員と何度も、アフガニスタン赴き、国際貢献をしていたのである。

向かって左の写真は、中込璋さんがUNMACAの感謝状を頂いた写真です。UNMACAとは、United Nation Mine Action Center fore Afganistan の略語で、『アフガニスタン国連地雷除去センター』のこと。写真中央で感謝状を手にしているのが中込氏。最前列中央で満面の笑みを浮かべているのが地雷除去問題で造詣の深い公明党党首の山口那津男さん。ちょうどこの頃、日本に一時帰国し多彩に、山口議員の所に、中込さんと共にご挨拶に行ったことがあった。

山口党首曰く、先アフガニスタンに地雷除去の見学に行ってきました。

山口党首曰く、先アフガニスタンに地雷除去の見学に行ってきました。

そして、山口さん曰く『僕、来週からカンボジアの地雷除去機の実用試験の視察に行く』とのこと。国会議員の先生方は、とても忙しいのである。ギョギョギョのギョ!

国会議員が、不詳、山本賢が自衛隊勤務時に、装備開発実験隊勤務した経験を元にして、『カンボジアの地雷原で日本が開発中の地雷処理機の実用試験』を国会議員が視察に来られるとあっては。私が立会するのが筋合いですが、年に一度の一時休暇、残念ながら、立会することが出来ない。

『CMACのケムソファン長官とラタナ副長官に、山口さんの視察のことをE-mailを入れておきます』と。 

この中込璋氏には、カンボジアのバッタンバンにあるCMACの中央車輌整備工場建設をして頂いた方である。不肖、山本賢は、CMACの車両や潅木除去機の維持管理や整備教育を行うJICAの長期専門かとして大変お世話になった。

JICA個人コンサルタントの中込璋氏の設計により建設された

JICA個人コンサルタントの中込璋氏の設計により建設された

そして、中込璋さんは、サムソタCMAA事務局長の推薦もこれあり、フンセン首相の感謝状を頂いたのである。

 驚きはカンボジア王国の最高学府プノンペン大学には、フンセン首相が寄贈した『フンセン図書館』がある。不詳、山本賢もこの『フンセン図書館』に山本賢の軍事英和辞典、山本賢の軍事略語辞典、CMACとJICAの『車両整備教範』(クメール語)、CMACとJICAの『車両工学辞典』日本語・英語・クメール語三ヶ国語辞典をフンセン図書館に寄付してまいりました。同時に、防衛大学の同期生で、安部慎三総理大臣が名誉顧問をしている日本安全保障・危機管理学会の二見宣さんが作成した『アテンド』も寄付してまいりました。『アテンド』とは、日本語とクメール語の会話が出来る『指差し会話辞典』である。この辞典は、陸上自衛隊が始めて国際貢献をカンボジアで実施した際に、防衛大学校の同期生の二見宣さんが日本に帰化したカンボジア人の自衛隊員を集めて製作した。

山本賢の軍事英和辞典

山本賢の軍事略語辞典

山本賢の軍事略語辞典

 

二見宣のアテンド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クメール語車両整備教範

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ CMACとJICA の図解入りクメール語の『車両整備教範』

自動車工学辞典

☆ 自動車工学 日・英・クメール語辞典。この辞書の制作にあたり、プノンペン大学クメール文学部3年生の佐藤佳子さんのご支援をいただいた。

☆ この英語・日本語・クメール語の『自動車工学辞典』は、市ヶ谷のJICA研修所図書館の閲覧室に、山本賢の軍事英和辞典、山本賢の軍事略語辞典と共に、皆様のお越しをお待ちしております。

 

また、日本の自動車メイカーが自社系列の車両販売・整備を実施する車両整備員の「整備教育に使用するCDビデオ」(日本語版)を入手し、これを英訳し、これをクメール語に翻訳した。これを、声の美しいCMACの女性従業員にナレーションを吹き込ませて、無料で車両整備教育CDを配布した。

藤本専門家に指導を受けて政策車両整備教育ビデオ

藤本専門家に指導を受けて政策車両整備教育ビデオ

 

上記の7個の車両整備教育用のビデオは、JICAのIT長期専門家の藤本誠氏のご指導を受けて完成させた。

この藤本誠専門家の指導の下で政策された車両整備教育ビデオのすごい点は、車両整備教範や参考書が皆無のカンボジアに於いて、ネズミ算的に増えて、国際貢献に一役買ったのである。

元ポルポト兵出身の車両整備員曰く『私の育った子供時代は、学校もなく、文字を読むことは出来ませんが、この点この車両整備教育ビデオは、字の読めないにも、車両の整備方法が分かる』と、藤本誠氏の指導を受けて、製作した、CMACの車両整備教育は、ネズミ算的に増殖し、カンボジア王国の自動車整備技術の底上げに大いに貢献をしたのである。

 

車両工学辞典等の贈与

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ カンボジア王国の最高学府プノンペン大学の『フンセン図書館』へ、下記の本を寄付させて頂きました。

     ● 自動車工学 日・英・クメール語辞典

     ● 山本賢の軍用英和辞典

     ● 山本賢の軍用略語辞典

     ● アテンド 『日本語・クメール語軍事通訳必携』二見宣作成

向かって、左より。1 佐藤佳子さん〔プノンペン大学クメール文学部3年〕

         2 山本賢

         3 フンセン図書館長

        

         4 JICAシニア・ボランティアー

         5 フンセン図書館の女性部長

フンセン図書館閲覧室

☆ フンセン図書館の閲覧室。カンボジアの最高学府のプノンペン大学の学生達。大学で使用する専門書は、英語かフランス語であり、自国語のクメール語の専門書はない。専門の知識は、別として、こと外国語の読解やスピーキングでは、カンボジアの学生に、日本の大学生は、太刀打ちできない。専門書は、クメール文学科を除き、英語かフランス語である。クメール語で書かれた、専門書は、山本賢の自動車整備教範か、自動車工学辞典のみである。

山本賢のバックは、カンボディア国立図書館 

図書館通いの大好きな山本賢は、国立図書館に一番近いホテル”Raffles Hotel Le Royal”に宿泊しました。歩いて5分の距離でした。

プノンペン大学のフンセン図書館の前にて

プノンペン大学のフンセン図書館の前にて

JMAS事務室の会計担当のSさん。

フンセン図書館前、JMAS事務室の会計担当の佐藤佳子さん。自動車工学辞典〔英語・日本語・クメール語〕

  不詳山本賢は、元自衛官であったこともこれあり、安部慎三総理の国防政策には、諸手を挙げて賛成するも、貧乏人であるので消費税を上げる安部慎三総理の政策は『苛政猛虎』の世界、人食虎のBengal tigerより、恐ろしいのであります。消費税を挙げないで下さいネ。伏してお願いいたします。

クメール語で書かれた車両工学の用語辞典

クメール語で書かれた車両工学の用語辞典

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 山本賢の両サイド若者は、CMACの車両整備員である。この人数で、CMACの装備車両500両を整備するのである。日本製の車両あり、米国製のGMCトラックあり、ソ連製のZILトラックあり、ソ軍の廃車水トレーを日本の商社がCMACに納入したもの有り。

 

共産党の志位委員長の持論の『政党助成金を廃止』して頂きたく、伏してお願い申し上げます。そして、国会議員は、己の選挙民に自由に寄付・ドネーションが出来るようになったら良いと心の底から信じております。そして、増税断固反対!『苛政猛虎』と。

不詳山本は、国民から巻き上げた税金を政党助成金なんぞに使っていただきたくないのであります。選挙民に『うちわ』や『ワイン』を配るために、国民は、税金を払っているのではありません。その点、政治資金を受けない『共産党の先生方には、頭が下がります』。最近、国会議員の方々が、『ポスター』が所狭しと市中に張り巡らしてありますが、カンボジアから来たケディーさん言われたことがあります。『この大きな字の書いた写真は、凶悪犯の写真ですか???』と人相の悪い古びた議員のポスターを指指し尋ねられたことがありました。

このような見苦しい写真も国民の税金から払われているのに相違ありません。せめて東京オリンピックの期間中は、取り払って頂きたいものです。

そして、12月14日の衆議院選挙には、自民党の小渕優子さんも松島みどりさんも見事当選した。そして、『低減税率』を掲げる山口那津男率いる公明党は、共産党と共に大躍進した。日本国民は、『苛政猛虎』、生活必需品の増税に反対する一方、ワイン等を振舞われくれた政治家には、恩義を感じて投票するという仁義に厚い国民である。そして、この選挙には、600億円の予算が使われたと新聞で報じられていた。最新鋭ジェット機が6機尖閣諸島周辺有事で失われた程の金額である。

因みに、カンボジアは、日本の消費税のようなものはない。ただし、一般の庶民生活に無関係な高級輸入品には、300%もの輸入税がかけられている。

その直後のことである。選挙違反を捜査する検察当局が小渕議員の選挙事務所を家宅捜査したところ、事務所の多くのパソコンのデータディスクが電気ドリルを使用して、破壊されており、『証拠隠滅』を図ったとTVで報道された。明々白々な公職選挙法違反事実を追い隠すために、わざわざ、パソコンの心臓部のハード・ディスクを電気ドリルで破壊したに相違ない。

この報道を新聞やTVを見て、山本賢は、かってカンボジア地雷除去センターCMACに勤務した時に、小渕恵三総理の大きな写真が飾ってあったケムソファンCMAC長官室のことを思い出した。

PrimeMinisterObuchiwithCMACDG_edited

そして、山本賢は、JICAの長期専門家として勤務していた頃、諸外国の見学者に対して、CMAC本部の『地雷・不発弾広報室』を訪れる諸外国の見学者等に地雷や不発弾等の標本説明と共にこの写真を使用して説明した。私の部屋の隣の部屋は、『地雷・不発弾広報室』でCMACの表玄関にあった。

英文パワーポイント・説明資料。

英文パワーポイント・説明資料。

 

 

 

 

 

 

帰国後、JICAの地球広場や小学校等でJICA個人コンサルタントの中込璋さんと講演した際のパワーポイント資料。

日本語パワーポイント説明資料

日本語パワーポイント説明資料

 

覚えておこう『四字熟語』: 

海千山千 【 うみせんやません 】

“A snake live in sea one thousand years and more live on mountain one thousand years change into a dragon” which means old sly person who knows every tricks like a old sly fox. 

「海千」means “Live in sea one thousand years as a sea-snake”

「山千」means “Live on mountain one thousand years as a snake”

※ 「海に千年、山に千年住んでいた蛇が龍になったと言われる」世間の裏事情通じた悪賢い老練な輩。    

 

苛政猛虎  【 かせいもうこ 】

Heavy tax system is more terrible than fierce man-eating tiger.

Politics by heavy tax system is more terrible than fierce man-eating tiger.

「苛政」 means “ Heavy tax system ”

「猛虎」 means “ Fierce man-eating tiger ”

※   重税を課する政治は、人食い虎よりも恐ろしいことです。

 

泣斬馬謖  【 きゅうざんばしょく 】

To maintain law and order of force, even if the most trusted subordinate performe illegal conducts, commander must be sever punishiment to him with weeping chop off head punishiment to his able trusted surbordinate. 

「泣斬」 means “ Chop off head with weeping ”

「馬謖」 means “ General Bashoku in China ”

※   軍や組織の規律を守るための厳しい処分。軍師の諸葛亮は、信頼すべき部下が軍規を破って、敗戦を招いだ時、その責任を取らせる為に、泣いて処刑をした。

 

鼓腹撃壌   こふくげきじょう 

Enjoy easy going happy life under the present government good policy. That is ordinary common people live in happy without any anxiety at all. Old fat man dancing with beating one’s pot belly by both hands and stamping on the ground with singing a song, ♪♪“When sun rise we are cultivate land at field and when sunset we return back home sleep in the bed. All is well, no relation to Emperor’s rule at all” ♪♪the old man dances with smile.

「鼓腹」 means “ Beating one’s own pot berry with both hands like drum.

「撃壌」 means “ Singing a song with stamping on the ground ”

※   『腹を鼓し、壌を撃つ』。即ち、満腹で「腹づつみを打ち」、足ふみをして、♪♪『お天道様が上がったら田畑で野良仕事、日が暮れたら家に帰り、寝る』♪♪と歌い踊り狂うのである。人々が、天下泰平の世の中を楽しんでいるたとえ。理想的な政治の下、人民が豊かに暮らしていること。人々は、『手で腹ずつつみを打ち、足で地面を打つ』。悩み事も無く、平和な生活ができる。

Legend  : Long, long ago, in old China, ruled by Emperor Gyo【尭】. One day the Emperor wanted to know his rule was good or bad by own’s eyes. So summoned his retainer and said “We【朕】 want to see ordinary citizen’s life directly own eyes” So Emperor disguised ordinary people and inspection of ordinary citizen’s life with his retainer in secret. And Emperor met an old man who is always happy in his life without any anxiety at all. He beat ones fat berry with both hands and some times stumping the grand with two legged to singing a following song with loud voice.

“Let us enjoy of the life on this peaceful word with my song do you.

鼓腹撃壌の歌

【日出而作】 ♪♪  Get up morning at sun rise and start working at field.                       

【日入而息】 ♪♪  Return back to home after sun set and sleeping in bed.     

【鑿井而飲】 ♪♪  If feel thirsty and want to drink a water, dig in the ground and making a well.

【耕田而食】 ♪♪  If feel hungry then working in field and get food to eat                           

【帝力千我何有哉】♪♪  We are no relation with Emperor’s political affairs. That is Emperor’s virtue is spread all over the country by good politics. So we need not government aid and benefit at all, if we paid heavy tax, it may be used by government officials.

Comment  : 世は正に「天下泰平」この世界。ジコチュウ謳歌の生活。 ほんのチョッピリの心配事は、政治家の先生達の政党助成金の不正使用だけです。困った御仁が何と多いことよ。 

See ⇒ 「含哺鼓腹」

 

撃壌之歌   【 げきじょうのうた  

One example of good government is the ordinary people singing a song with full of stomach and drum up one’s belly beat and the stamping the earth.

「撃壌」 means “ Stamping on the ground ”

「之」 means “ of ”

「歌」 means “ Song ”

※   人々が平和で、腹づつみを打ち、天下泰平で暮らしているたとえ。

※   北朝鮮の『国歌』ことですタイ。『ギョギョギョのギョ』???

 

十字砲火   【 じゅうじほうか    

Crossfire

「十字」 means “ Cross ”

「砲火」 means “ Gun fire ”

※   色々な方向から飛んで、目の前で交差・集中する砲火。

 

証拠隠滅   【 しょうこいんめつ    

Destruction of evidence. Destroy the evidence which lead to unfabolable for us.

「証拠」 means “ Evidence ”

「隠滅」 means “ Destruction ”

※   色自分に不利となる事実の証拠となるものを故意に隠したり、破棄すること。

 

刎頸之友   【 ふんけいのとも    

Bosom friend who will not regret even if chop off my head for the shake of friend. That is intimate and most trusted friend. 

「刎頚」 means “ Chop off the head ”

「之」 means “ of  ”

「友」means ” Friend “

※   極めて、親しく、かつ密接なる関係で、お互いのためならば、自分の首をはねられれも、惜しくない親友のこと。

 

明明白白   【 めいめいはくはく    

Quite obious, there are no speace to be doubtfull at all.  Fact is clear and no doubt at all as if clear day light.         

「明明」 means “ Clear and cleare ”

「白白」 means “ Pure white

※   事実がはっきりしていて、疑う余地がまったくないこと。

英語軍事『四字熟語』Vol.16

  『英語de軍事『四字熟語』 VOL.16

                       

こんにちは、山本賢です         山本賢

 

◎『大同小異』; 武器と人道支援器材

 

 

                                                                    山本賢の似顔絵

 2014年10月5日曜日のNHKのドキュメンタリー報道『防衛装備移転の最前線武器輸出』を見た。興味津々、クローズアップ現在の再放送も見た。戦後始めて日本の武器装備品の展示武器見本市〔フランスのパリ〕に『日本武器展示ブースが設けられた』等の日本の民生/軍事技術が先端技術兵器に使用されているかについて報道下番組であった。

 このNHK報道番組の中で、OD色(Olive Drab;国防色、軍用暗緑色)に塗られた日立山梨株式会社(日建)の技術の粋を集めた『潅木除去機』の模型映像が放映された。

同時に、筆者は、陸上自衛隊で対戦車地雷の敷設訓練を実施したり、またこの地雷の除去訓練も受けた。地雷を上手に埋設すると、自分で埋めた地雷にも拘らず、埋めた場所を見つけ出すのに苦慮したこともあった。つまり、地雷除去という作業は、軍事行動の範疇でもあるので『地雷除去機』は、『武器』と見なされていた。

従って、戦後処理の一環としての地雷除去活動をするのにもかかわらず、地雷除去機は、武器と見なされ、わが国は、地雷除去機は、武器であるので、平和憲法を有する、日本国は、地雷除去機を外国に輸出することは、出来なかった。

日本国の平和憲法の精神で禁止されている武器輸出の盲点を掻い潜って、地雷被災国に輸出することの出来る、世界に冠たる『潅木除去機』を開発した。

カンボジアのジャングル等の地雷原での地雷除去作業で、その70%は、潅木の除去や草刈である。実際の地雷処理に関わるのは、30%である。

潅木除去機の作業割合

 

 

 

潅木除去機

潅木除去機とは、戦後に残された『地雷原に敷設された地雷』を処理するにあたり、その作業の約70%は、潅木や雑草の除去作業であり、残りの約30%が地雷を探知・除去する作業である。つまり、戦後処理の地雷除去作業は、ほとんどが潅木の除去や草刈作業である。潅木除去と草刈を実施した後に初めて、地雷探知機を使用するのである。地雷探知機のエコーで金属物体や地雷を発見し、これがただの金属破片か、地雷かを確認する、プロッダーによる突き刺し地雷の種類、対戦車地雷か?対人地雷か?はたまた不発弾か?を確認した後に、地雷や不発弾を掘り出す。戦闘時の地雷処理で、このプロッダーを持ち合わせていない場合には、銃剣を使用することもある。不肖、山本賢が手に持っているのがプロッダー。

プロッダー

 

地雷除去機

ところが、『潅木』や『竹やぶ』を切り倒す、bit付き回転ロータの『アタチメント』を取り外し、地上で回転ローラを回転させると地雷除去が可能となる『優れものである』。つまり、潅木除去機から地雷除去機へ、用途変更の出来る優れものである。

RPG-7の破片

中国製対戦車ロケット弾の破片;RPG-7。潅木除去機をアタチメントを取り外して、地雷除去機として使用していたところ、中国製RPG-7に触れ爆発。不肖、山本賢が手にした時は、この破片は、熱かった!

ローターリー・カッタの刃

多くの外国製地雷除去機〔軍が使用する武器〕がある中、この潅木除去機ような類まれなる地雷を除去する際の潅木を除去するための機械は、地雷被災国の惨状を救いたいとの『熱き想い』で、山梨日立建機の雨宮清社長と中込璋研究開発部長が開発したのが『潅木除去機』である。つまり、武器等製造法に抵触しない優れものである。脱法『ハーブ』ならぬ脱法『地雷処理機』である。

潅木除去機と中込璋氏

雨宮社長の最も信頼をおく中込璋さん曰く『潅木除去機:ブッシュカッターの国連のお墨付きを得るのか大変でした』と。この中込さん、発展途上国126ケ国を訪れて、外務省やJICAのお仕事で『地雷除去の支援』及び『退役軍人の職業訓練』の支援をして来た。驚きの逸材でもある。

 

潅木除去機

 

 

 

 

 

 

 

潅木除去機

この潅木除去機は、運転操作室内にクーラーが付いている優れものである。カンボジアの炎天下の地雷原で作業する過酷な労働条件下、クーラーが付いて快適に作業できるのは、この雨宮清社長のご自慢の潅木除去機だけである。やはり武器ではないのである。

山本賢と潅木除去機山本賢は、大満足。極暑、炎天下のカンボジア地雷原で、クーラーの付いている作業場は、この運転台だけです。 

 

フンセン首相

 

この『潅木除去機』は、Bush-cutter とかBrush-cutterと呼称されており、諸外国の評価も高い。因みにBushとは、『潅木』若しくは『低木』、Brushとは、『やぶ』若しくは『雑木林』と訳す。

潅木除去機

 この世界に冠たる『潅木除去機』は、英語で”Mechanical Minefield Vegetation Cutting Machine”と呼称され、地雷除去機ではないのである。上記の潅木除去機は、日本のODA予算により購入されて、カンボジア地雷除去活動センターに贈呈されたものである。

この潅木除去器材の優れた点は、『アタチメント』を取り外すと地雷除去ができるのである。CMACカンボジア地雷除去活動センター〔CMAC〕に、JICAから派遣された長期専門家としてこの潅木除去機の整備もしたことが多々あった。砲弾や地雷に接触爆発してその破片が油圧ホース等を破損。緊急修理に駆けつけたこともあった。

私は、陸上自衛隊に勤務していたときには、米軍から供与を受けたGMCトラックの整備教育を受けたし、車両の大型免許証もこの車で取得した。自衛隊が使用しなくなり、米国に返納した。米軍は、これを大陸軍に供与した。そしてタイ陸軍が使用しなくなると、これをCMACに供与した。

GMC truck 1

☆ かって陸上自衛隊が装備していた、米陸軍のGMCトラックの故障修理。

GMC truck

☆ 道なき道を走行することが必要不可欠である。雨季の地雷原へ、地雷除去要員の輸送や物資の輸送には、路外走行機能が不可欠である。

図3

☆ 人員物資輸送車が『ぬかるみ』に入ってしまいました。さてどうしましょう。

カンボジアで日本国のODA予算で購入したピック・アップ・トラックや大型トラックは、カンボジアの雨季の地雷原を走行できないが、かつて陸上自衛隊の使用していたGMCトラックは、走行することが出来る。しかしながら、上記の写真ごとく、日常生活のために野営している日本国政府の寄付した幕舎や即席官舎から『地雷除去』現場まで出かけるのが、大変である。

ここで問題で山本賢からの問題です。『何故、自衛隊の装備している、不整地走行することの出来る大型トラックの廃車を、諸外国の地雷原を走行することが出来ないのでしょうか?』

答え。銃架が付いていて、『武器』に指定されているからです。日本ODA予算で買ってカンボジア地雷除去活動センターCMACに供与したピックアップ・トラックは、タイ・カンボジア国境付近の治安の悪い地域では、CMACに派遣されている護衛隊員と共に地雷除去現場に行くことにしていたが、『銃の置き場』がないのが不便で使い勝手が悪い車であった。山本賢と護衛の憲兵隊員単細胞の山本賢にとって『武器』や『兵器』は、『平和構築器材』も『人道支援器材』も同じである。拳銃は、暴力団が持てば『悪』であり、警察官がもてば『善』である。

奇々怪々なるは、陸上自衛隊の『給水トレーラー』は武器であるが、東南アジアで超格安価格で販売されている、右の車輪と左の車輪の『板バネの数の異なる』ソ連軍用トレーラーをかき集めて日本のODA予算で購入し、CMACに寄贈しても、違反ではない。

日本ODA予算で調達した給水トレーラ

 

 

 

 

 

 

不肖山本は、CMACの車両整備員と共にソ連製のトラックや軍用トレーラーの整備を前任者の島田賢太郎さんの申し送りで整備したことがあった。

整備員曰く『露助〔ロシア人〕』は、水トレーラの板ばねの枚数を数えることが出来ないと。きつい冗談である。

水トレーラ

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、わが国と価値観を共有する友好国には、大いに武器輸出するも、わが国と異なった価値観を持つ非友好的行動をとる国に対しては、例え隣国たりとも、武器輸出をしないことが肝要である。

山本賢の裏に位置するは、ソ連製Zilトラック。燃費は、1km走行するのに1リッターの燃料を必要とする。ソ連の軍用車両でもあった。

ソ連製ZILトラック

 

 

 

 

 

 

 

カンボジア地雷除去機活動センターCMACに於いては、古くなった陸上自衛隊もかって使用していた米軍のGMC軍用車両トラックも、ソ連軍の使用していたGAZやZILトラックやポンコッ中古トレーも、活躍しているのである。そして、ポンコツ自衛官の山本賢は、米ソ軍事車両の整備の教育をしているた。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

大同小異  【 だいどうしょうい 】

Almost all the same except on miner points are different. That is substantially the same as hole, but exist on small points.

「大同」 means “ Almost all the same ”

「小異」 means “ Small points are difference ”

※   多少の違いが有るけれども、だいたい同じであり、細かい点に違いがあること。似たり、よったりで、大差のないこと。五十歩百歩。

See  ⇒ 「同工異曲」

 

同工異曲   どうこういきょく 

Appearance and style are different but it’s contents are almost same, that is production methods are different, but no difference in basic contents at all.

「同工」 means “ Appearance and style are the same

「異曲」 means “ Contents are different ”

※   音楽や詩文などで、其の技量や手際が同じでも、味わいや趣が異なること。転じて、見た目は異なるが、内容は、似たり寄ったりで同じである。

 

興味津津   【 きょうみしんしん  

Very interesting story with full of fascination comes out one after another like spring.

「興味」 means “ Interest ”

「津津」 means “ Gush out one after another ”

 面白くて関心がつきないさま。興味が後から、後から次々と出てくる。

英語de軍事『四字熟語』 Vol.15

こんにちは、山本賢です。      

山本の似顔絵

   

 

 

 

 

 

 

山本賢の似顔絵 

◎『極悪非道』の輩 ISIS

 

2014年8月19日、シリアで消息を絶った米国のジャーナリストが斬首処刑される映像がインターネットのユーチューブで公開された。この他にもアメリカのジャナリス1名とイギリスのNGOのメンバー1名がISISのテロリストに殺害された。

昨年の夏、シリアで拉致されたジャーナリストに対しては、米国政府に約137億円の身代金を要求されたものの、アメリカ政府がこれを拒否したために起きた『極悪非道』の事件であり、決して許される事のない残虐な行為である。そして、米国としては、穏健な思想を持ったオバマ大統領が怒った。

President Obama is prepared to authorize air strikes in Syria, taking the military campaign against the Sunni militant group, the Islamic State in Iraq and Syria.

〔オバマ大統領は、シリア国内での航空攻撃の許可をするため権限付与すべく準備を進めている。つまり、イラクとシリアにいるイスラム国のスンニー派の武装集団に対する軍事行動である。〕

The Islamic State in Iraq and Syria clear threat to national security of America, ISIS is worse than Assad.

〔イラクとシリアのイスラム国は、米国の安全保障の明白な脅威であり、アサド大統領よりも残虐で悪い。〕     

President Obama prepares to send the United State force against the militant groups.〔オバマ大統領は、アメリカ合衆国の部隊を派遣すべく準備を進めている。〕

President Barack Obama has finally unveiled a counter terrorism campaign against the jihadist army of the Islamic State in Iraq and Syria. 〔バラック オバマ大統領は、最終的に合衆国軍を対テロ作戦に投入することを明らかにした。〕

President Barack Obama has finally started “Counter-terrorism campaign against in Iraq and Syria” by use of Tomahawk land cruse missile and UAV ( Unmannded Aerial Vehicle) as reconnaissance mission. 〔バラック オバマ大統領は、最終的にイラクとシリアのイスラム国に対する対テロ作戦を、トマホーク巡航ミサイルと無人機偵察機を使用して開始した〕         

 

アフガニスタンやシリア等の中東紛争国では、誘拐ビジネスという商売が花盛りである。金目になりそうな人物を誘拐しては、この人質を転売して、身代金を要求するプロに売り飛ばすのである。アフガニスタンのゲリラは、目ぼしい人物、つまり金目になりそうな人物を誘拐しては、身代金をせしめるプロ集団に転売するのである。人質や捕虜の転売されるのだという。大切な捕虜は、すぐには処刑しない、身代金要求のプロに転売されるのだという。

またイギリスのNGOメンバーも、英国首相が米国大統領の無人機攻撃を支持したとして公開処刑された。合計4名のアメリカとイギリスの若者がISISに公開処刑された。

最近、マスコミでISISという略語が多用されるようになった。ISISとは- The Islamic State in Iraq and Syria 『イラクとシリアのイスラム国』とか『統一イスラム国家』と訳されている。

CIA 〔Central Intelligence Agency〕 believes ISIS has 20,000 to 31,500 fighters in both Iraq and Syria

この『イスラム国』の設立は、厳格なるイスラムの教えを忠実に履行する国家建設を目指すとい『大義名分』であるのにも関わらず、その行為の実態は、大量殺人、集団処刑、レープや拷問といった、『言語道断』の行為であり、決して許されざる行為である。 上述したISISの公開処刑で、米国と統一イスラム国家は、不倶戴天の敵となってしまった。

 

世界の紛争地には、上述した危険な人質誘拐ビジネスの他に、紛争地域や戦闘地危機で軍事行動を支援する『ビジネス』も多く存在している。護衛付き物資輸送等のこれらのビジネスを実行する民間の組織を一般にPMC ; Private Military Company 〔民間軍事会社〕という。このような組織は、イラクやアフガニスタンで生まれおり、今や花盛りである。この会社で勤務する従業員も誘拐の対象である。

そして先日、『仰天動地』の珍事件がシリアで起きた。平和憲法を有する日本国の青年がシリアの戦闘にカラシニコフ突撃銃Ak-47を所持して戦闘に参加し、反体制派ゲリラの捕虜となったとのことである。

つまり、東京の新宿にある、元民間軍事会社PMC;の唯一、一名社員でもあった湯川遥菜さんがシリア内の戦闘で反政府軍武装組織に捕虜として捕まってしまった。湯川さんは、『ジャーナリスト』であると、言い訳したものの、銃を携行していたために信用してもらえず、ゲリラの捕虜となってしまった。民間軍事会社の社長さんが、防衛大学同期#6の二見さんが開催したセミナーに『民間軍事会社PMC』の社長さんが、議員会館に来られて、聴講に出席されたら、このような事件は、起こらなかったと思った。

ソ連製カラシニコフ突撃銃を『喜色満面』でいじくりまわしている湯川さんを見ると、『これほど銃に興味を抱いている青年が、何故、陸上自衛隊に入隊しなかったのかと?・・・』と、不思議に思った。シリア政府軍の反政府組織ゲリラの捕虜となった湯川遥菜さんは、その内、アサド大統領の指揮する政府軍との捕虜交換か、かつて共闘を組んだものの、現在は袂をわかっている、ISISに売り渡される相違ない。そして、金万国と見なされる日本国に高額の身代金を要求してきたら、『日本安全保障・危機学会』JSSCの名誉会長でもある阿部晋太郎総理は、この危機管理を如何に対処するだろうか『興味津々』である。危機管理に関心がある方は、危機管理学会のホーム・ページ http://www.jssc.gr.jp 参照して下さい。防大同期の二見宣も喜ぶと思います。

不詳山本は、元自衛官であるので拳銃や小銃は、年次射撃検定もこれあり、射撃訓練をし、また定年退職後の再就職先の昭和金属工業では、猟銃の銃弾を製造していたこともこれあり、ここでも地下射場で、1日、250発程度、射撃を経験し、肩が2~3週間痛かったことを今でも懐かしく思い出す。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

極悪非道  【 ごくあくひどう 】

Extremely atrocity with heinous injustice conducts. Extreme atrocity conducts and cruel evil way, that is out of the humanity at all.

「極悪」 means “ Extremely bad conducts ”

「非道」 means “ Injustice ”

 この上もなく悪い行為で、かつ人の道に背く行い。道理や人情に背く行為。

 

大義名分   たいぎめいぶん 

Noble and great causes with beautiful words or good sentences for one’s mission well don. Noble cause and good sentence which has many justification phrase to do something.

「大儀」 means “ Good causes or noble causes“

「名文」 means “ Good sentences with beautiful words”

※   誰でもが、もっともな事であると認める正当な理由や道理。良心に恥じる事の無い素晴らしい口実。

面白コメント: サダム・フセイン大統領が大量破壊兵器『毒ガス』を隠し持っているとした、ブッシュ米国大統領の「イラク開戦の理由」

 

喜色満面   【 きしょくまんめん  

Full of smile and beam face with joy and happiness.

「喜色」 means “ Joyful looks ”

「満面」 means “ Full of face ”

 喜びが、顔全体にあふれ出ている。嬉しさで顔全体が輝いている。

面白コメント: ウヒッ ウヒッ 100円拾っちゃいました。

 

仰天動地   【 きようてんどうち  

“Astonishing events which astonishing the heaven and shaking the earth” That is very big impact events to astonishing the whole world.

「仰天」 means “ Joyful looks ”

「動地」 means “ Full of face ”

 世間の人々が『アッ』と驚かすこと。つまり、『天』を驚かせ、『地』を動かすような出来事。

 

興味津々   【 きょうみしんしん  

Full of great interests with many fascinations.

Very interesting with fascination story comes out one after another. Full of big interest with many fascination.

Very interesting with fascination story come out one after another.

「興味」 means “ Interest ”

「津々」 means “ Gushing out and over-flown ”

 『次々と興味が出てきて尽きない。興味は、後から後から出て来る。

 

言語道断   【 ごんごどうだん    

It is too much bad so I can not explain with words. Un speak able absurd bad behaviors which can not accept at all. That is too much bad to explain by words.

「言語」 means “ Speaking words ”

「道断」 means “ Rood cutting ”

 『許せん!』。余りにも、悪くて、説明をすることが出来ないほどのもってのほかのことである。とんでもない常識を超えた残虐な行為である。

 

不倶載天  【 ふぐたいてん 】

Deadly enemy which can not live together under the same heaven

Mortal enemy or sworn enemy which can not live together under the heaven..

「不倶」 means “ Can not live. ” 

「裁天」 means “ Exists under the same heaven ”

 相手を倒さなければ、こちらがやられる。共に「お天道様」を擁く事の出来ない、宿命の敵同士のこと。決して生かしておくことが出来ない敵のこと。

Comment  : 「ハブ」と「マングース」の戦いである。

 

英語de『軍事英語』Vol.14

山本の似顔絵

山本の似顔絵

英語de軍事『四字熟語』 VOL.14

                       

こんにちは、山本です         

 

◎『不倶戴天』の敵 Hamas vs Israel conflict   

 

2014年7月8日、パレスチナ自治区で、ガザのイスラム武装組織Hamasとイスラエル軍 IDF 〔 Israel Defense Force 〕がまたしても戦火を交えた。イスラム武装組織の3,000発のロケット弾がイスラエル国内に撃ち込まれた。これに対して、イスラエル軍は、即座に、航空攻撃、砲迫射撃や主力戦車メルカバ戦車等を投入して反撃に出た。そして、パレスチナ側は1,830人が死亡、イスラエル側は62名の兵士と3名の子供が死亡したと新聞各紙が報道した。

The 72-hour truth came after 29 days of fierce fighting that left more than 1,800 Palestinians dead, mainly of them civilians. On the Israeli side, 64 soldiers and three civilians were killed.

Israel said its military campaign, which began July 8 with an aerial assault and lead to a ground invasion was aimed at quelling rocket fire and destroying Hamas’s network of tunnel leading into Israeli territory.-       From International New York Times August 9-10, 2014.

そして、停戦交渉が開始された。この間においても、小競り合いが続いた。

Nearly two months of armed struggled has resulted in the death of 2,143 palestinians – the United Nations says that they were 2,143 Palestinians ( 495 children and 253 women among them ), 64 Israeli soldiers as well as 6 Israeli civilians killed in Israel by Hama’s rocket and mortar attack.

 

イスラエルの住民ユダヤ人とパレスチナに住むアラブ人は、『水』と『油』で混ざり合うことはないと言われている。温和で曖昧模糊の主張表現を大和民族には、理解に苦しむところである。

 

イスラム武装組織Hamasの武器

Hamas’ main weapon – rockets – Hamas fired rokets indiscriminately fired rocket indiscriminately at Israeli towns and cities. Free rocket penetrates deeper into Israel than ever before, but failed to inflict much damage …… ハマスの主要武器ロケット弾は、イスラエルの都市を無差別に砲撃した。イスラエル領域、奥深くに着弾したものの多大な損害を与えることは出来なかった.…….

Hamas’ most potent weapon is the world’s television screens. Images of bombed out Gaza by IDF air craft bombing and field artillery and Main Battle Tank firing.

The 72-hour truce came after 29 days of fierce fighting that left more than 1,800 Palestinians dead, many of them civilians. On the Israeli side, 64 soldiers and three civilians were killed.

Israel said its military campaign which began July 8 with an aerial assult and led to a ground invention was aimed at quelling rocket fire and destroying Hamas’s network of tunnel leading into Israeli territory. 

このような報道がテレビや新聞で報道される都度、『不倶戴天』の敵という四字熟語とイスラエル国防軍の駐在武官のことを思い出す。

 

第四次中東戦争直後のことである。不詳山本は、陸上自衛隊の中央資料隊技術科に勤務し、軍用車両〔戦車や装甲車〕の技術情報を収集していた。この時、イスラエルの駐在武官との情報交換会議JI会議に出席したことがある。

当時、イスラエルは、ソ連の115mm滑空砲を搭載したエジプトの最新式主力戦車T-62と戦闘し、これを鹵獲したイスラエルの技術情報を自衛隊は、のどから手の出るほどほしかった。情報は、“Give and take”の世界。陸上自衛隊は、鹵獲したソ連のT-62式戦車のロシア語でかかれた教範のコピーを頂いた。これに対して、イスラエル軍は、わが国の74式戦車の製造技術であった。

第四次中東戦争当時、陸上自衛隊の中央資料隊に勤務していた頃、イスラエルの駐在武官とJI会議〔日本とイスラエルの定期会議〕の休憩時に、雑談したことがある。

イスラエル駐在武官曰く『我々は、日本が3つの国、ソ連、中国及び北鮮、訂正!対抗部隊Aggressor (甲)、〔乙〕及び〔丙〕と戦えば、良いのと大きく異なり、イスラエルと鋭く対立する22のアラブ諸国の敵に取り囲まれている。これらの多くの敵国の攻撃に、一度でも負けたら最後、我々の『イスラエルの国家』は、消滅してしまい、追い出されて流浪の民となってしまうとのことであった。 真にもって厳しいのである。

イスラエル人(ユダヤ人)とパレスチナ人は、『水』と『油』で混ざり合うことはないと言われている。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

曖昧模糊  【 あいまいもこ 】

Vague and obscure at all, that is all things are not clear and out of focus.

「曖昧」 means “ Vague in dark. ”

「模糊」 means “ Vague paste with a glue. ”

 全体がぼやけて、はっきりしないさま。説明等が焦点がぼやけて、不明確でよくわからないこと。

Comment  :  日本国総理大臣の国会答弁と無駄使いした公務員の会計検査院に対する説明

See  ⇒ 「有耶無耶」

 

鬼畜米英   きちくべいえい 

Americans and English people are satanic cruel animals without any blood and teas that is the Great Satan. Dubious and suspicious mind produce large demons in the mind which do not exist in the world.

If you have suspicious mind, it seems big evil monster even ordinary trivial things.

「鬼畜」 means “ Demons and animal.

「米英」 means “ American and English people.”

※   アメリカ人やイギリス人は、毛等であり、血も涙もない大悪魔であり、ヤッケロ!

 

不倶戴天   【 ふぐたいてん     

Deadly enemy or mortal enemy can not live together under the sun or same heaven. That is unacceptable enemy fro form bottom of the heart with regret and grudge.

「不倶」 means “ Sworn or mortal enemy ”

「戴天」 means “ Can not live together under the same heaven or sun ”

 同じ天の下では、一緒に生きていくことはできない、つまり、同じ天の下に生かしてはおかない、憎しみや恨みを持った間柄。互いに共存することが出来ない敵。生かしておけない敵のこと。

 

犬猿之仲  【 けんえんのなか 】  

Bad terms relationship between “Dog and monkey” They are all ways fighting each other with grudge and hate. 

「犬猿」 means “ In the wine-cup.”

「之」 means “ of ”

「仲」 means “ Relationship or term ”

 『犬』と『猿』のようにお互いに仲が、非常に悪い間柄のこと。

英語de軍事『四字熟語』 VOL.13

こんにちは、山本です         

山本の似顔絵

山本の似顔絵

 

◎『疑心暗鬼』             

 

2014年7月17日、ウクライナの東部、ロシアの国境付近のドネツクの上空約1万mで、乗客・乗員298人が乗ったマレーシャ航空機Boeing-777〔トリプル・セブンと発音〕が、ソ連製のレーダー誘導型地対空ミサイルSA-11”BUK”によって撃墜された。このマレーシャ航空機は、ウクライナ政府軍Ukraine government forcesの誤射によるものか?ドネスク分離独立・親ソ派ゲリラPro-Russian separatist fighters in eastern Ukraineが、ウクライナ軍から鹵獲したBUKを使用して撃墜したのか?はたまた、プーチン大統領の最も信頼をおく悪名高いKGB:カー・ゲー・べー〔国家保安委員会〕が画策した事件なのか闇の中である。

このニュースをテレビで見て不肖山本は、軍用機が撃墜されている紛争地帯の上空を民間航空機が自由に飛んでいることが、摩訶不思議であった。また、ウクライナ軍は、ソ連製の地対空ミサイル“BUK”を始め防空兵器を装備しており、一方、親ソ派の『ドネスク分離独立軍』は、ウクライナ軍の航空機を複数機回撃墜していた。それにもかかわらず、無防備の民間機の立ち入り制限をしないとは、空域を管理する国家としての能力が無いとして『ウクライナ政府の責任だ』とするプーチン大統領の『ウクライナ政府無能力論』は、もっともであるとも思った。ひょっとして、『親ソ反政府ゲリラ軍に対する国際世論を高めるために、あえて親ソゲリラ軍に民間機を撃墜させる下心があった』というふうに感じた。何やら、日本に真珠湾奇襲攻撃等をさせて国際世論を味方にした、ルーズベルト大統領事例のようでもある。これを『疑心暗鬼』と言う。

Time(2004.8.4)誌によると、Northrop Gruman という巨大軍用航空機メーカの民需品開発事例として、『フレア』と『チャフ』の事例が出ていた。お値段も1.5百万$とあった。航空会社の危機管理能力が問われる時代と相いなった。

Flarres : Ejected from the plane, they burn and create heat to divert a heat-seeking missile from the aire craft.

Chaff : Foil strips ejected from the airplane, present a radar guided missile with multiple targets designed to divert it.  

山本は、陸上自衛隊に勤務していた時、高射砲やミサイルで敵の航空機を撃墜する高射特科部隊の装備する高射砲や対空ミサイルのレーダー等の修理や整備を実施する部隊に勤務したり、武器学校の誘導武器科で教官をしていた経験がある。また、防空識別圏のお仕事で日夜勤務していた航空自衛隊の峯岡山〔千葉県〕のレーダー・サイトの見学も実施したことがあった。このレーダー・サイトでは、防空識別圏内を飛行する全ての航空機のフライト・プランを掌握しており、この計画より『大幅にずれると』敵機と見なして対応策を取ることにSOPで定められていた。SOPとはStanding Operation Standardの略語で「作戦規定」と訳されている。

また、陸上自衛隊の対空戦闘部隊の演習支援に参加し、対空レーダーの整備支援をしたことも多々ある。不詳山本は、弾道計算機や対空レーダーが故障したものを修理することは出来るが、飛来してくる目標は、敵機であるか?友軍機であるか?はたまた、一般の民間機であるか?の識別をすることが、出来ない。『餅屋は餅屋』という言葉が有るとおり、高射特科の隊員は、レーダー画面のPPI表示機の機影を見て、進入航空機の彼我の識別が瞬時に出来るのである。驚きの神業的の技術である。PPI とは、〔Plane Position Indicator〕の略語であり、レーダーの水平面表示機ブラウン管のことである。

然らば、PPIの機影『Dot』では、彼我の識別が困難な場合には、すかさずIFF装置を使用する。IFFとは、Identification Friend or Foreの略語で『彼我識別装置』のことであり、忠臣蔵の討ち入りのさい同士討ちを避けるため使用した『山』・『川』といった合言葉を電子的に行う機材のことである。

ちなみに陸上自衛隊の防空戦闘訓練には、仮想敵国機として、航空自衛隊の戦闘機が仮想敵国機として使用され、実弾こそ発射されないが、当時は、実戦さながらの訓練をしていた。

仮想敵国たる航空自衛隊の戦闘機が、陸上自衛隊の高射砲やレーダーに『急降下攻撃態勢』を取るか、それとも、この航空自衛隊の戦闘機に高射砲のレーダーや対空ミサイルが『ロックオン』が先になるかを『戦場審判官』Umpireが判定してどちらが勝ったのかを決めるのである。

対空ミサイル・システムを正常に機能させ運用するのには、このような過酷な訓練と高度な技術錬度を維持することが必要不可欠である。

山本は、陸上自衛隊の装備開発実験隊のロケット弾薬科で研究員をしていた時、高高度の空域に砲弾やミサイルの実用試験をするつど『ノータム』 NOTAM 〔Notice to Airmen〕を提出していた経験がある。NOTAMとは、航空機搭乗員注意報である。 飛行機のパイロットに空中で砲弾やミサイルに当たらないように『注意喚起』をするためのお知らせの仕事をしていた。

そして陸上自衛隊を退官した後には、昭和金属工業の業務管理課長の業務をすることになった。この時に、『雷管』や『起爆筒』といったごく少量の火工部品の輸出・輸入業務をした。

国連の専門機関ICAO【International Civil Aviation Organization】が、何故この紛争・交戦地域のウクライナ上空の進入禁止をしなかったのか、私には摩訶不思議であった。多分軍事知識の欠如であったと思った。

ICAOとは、International Civil Aviation Organizationの略語で日本人は『イカオ』と発音しているが、外国では『アイ カオ』と発音している。

このICAOは、過剰なまでに航空機の安全運行管理をこまごまと規定・管理をしており、航空貨物専用郵便で『雷管』や『起爆筒』といった火薬爆薬類の中で最も危険なものを『輸入』したり、『輸出』したりする際に、複雑怪奇な種々の規則類があり、この規定を違反すると、『航空貨物』で輸送することが出来なかった経験を思い出した。そして、市場には出回っていない『液体爆薬』の機内持ち込み防止のために、ジュースや哺乳ビンに入った牛乳まで機内持ち込みも禁止している。十五六年前に、液体爆薬ー『A液』と『B液』は、共に爆薬ではない。しかしながら現場で混ぜ合わせる〔サイト・ミキシング〕と即高性能『爆薬』となるオサマ・ビン・ラディン大好きな爆薬の実用試験の支援をしたことのある山本は、『検知機』や『検知紙』の開発により防止する事が出来ると思った。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

影駭響震   【 えいがいきょうしん                                                              

Weak soldier frighten only look at one’s own shade and hearing of sound.

「影駭」 means “ Frighten only looking at shade ”

「響震」 means “ Frighten only hearing of sound ”

 弱兵は、己の影を見ただけで驚き、音を聞いただけで驚く。

Comment ;  関東軍の「発煙筒」の展張を見たて『毒ガス』攻撃だ!と逃げる、中国兵のことあるヨ。

 

疑心暗鬼   ぎしんあんき 

Suspicious mind and doubt produce big demons in the mind.

Dubious and suspicious mind making large demons in the mind which do not exist in the world.

If you have suspicious mind, it seems big evil monster even ordinary trivial things.

「疑心」 means “ Suspicious mind or Doubt.

「暗鬼」 means “ Demon in the dark. ”

 心に疑いを持つと、暗闇の中に、居るはずの無い『鬼』の姿まで見えてくる。つまり、何でもないことまでも、疑わしくかつ、恐ろしく感じ、怯えること。

Legend of historical fact of 【疑心暗鬼】:

An old good man lives in China, one day he lost an ax. He thought it must be stolen. And next door son must be stealing my ax… Yesterday, I met him, he seemed a little nervous about me. And this morning I met him again his face look pail. He must steal my ox from my house. And this evening he scared to meet me. He must be stolen my ax without fail.

But at night the ax appeared by chance another places. Next morning the old man meats the youth again, there are no suspicious conducts on him.

 

「疑心暗鬼」で起きたイラク戦争

Current comments Bush start the war with suspicion on Saddam Fusein.  

Even bravest president of United State of America, George W. Bush started the war against Irak former US best allied friend country in Iran-Iraqi war. But from Fusein’s brave speech and anti-American conducts recently, Iran must be hide Mass Destruction Weapons such as poison gas etc in Iraq territory, and secretly to attack America in near future or sell it to al Qida terrorist group in secret. Bush’s doubts bigger and bigger day by day.

And US have enough Preemptive attack capability to Iraqi… So he ordered to invade the Iraq to destroy poisonous gas production factory. But it is weed killer herbicide factory. Iraqi war starts with in the mind of brave President Bush.

 

草木皆兵  【 そうもくかいへい 】     

For the weak soldiers, even moving grasses and trees looks like enemy soldier’s activities.

「草木」 means “ Grasses and trees.”

「皆兵」 means “ All look like soldiers.”

 敵を恐れる弱兵には、動く草や木も全て敵兵の活動に見える。ひどく恐れて、怯えること。

 

杯中蛇影  【 はいちゅうだえい 】     

Suspicious mined produce the snake image on the surface of the wine-cup with reflection from the picture of bow on the wall.

「杯中」 means “ In the wine-cup.”

「蛇影」 means “ Sadow of snake.”

 猜疑心があると盃に映った壁にかけてある『弓の絵』の映像が『蛇』に見えてくる。疑いの心があると、何事にも臆病となること。

 

風声鶴唳  【 ふうせいかくれい 】    

Weak soldier all ways afraid of enemy activities, even to hear the sounds of wind and a cry of crane, they are misunderstand the enemy attack.

「風声」 means “ Sound of wind.”

「鶴唳」 means “ Cry of crane. ”

 怖気づいた弱兵は、風の音や鶴の鳴き声でさえも、恐れおののくものである。

Comment  : 日露戦争時のソ連兵や目くらませ用の黄燐発煙弾(WP)射撃を『毒ガス攻撃』と思い一目散に逃げた中国軍

 

最後に、『安全保障と危機管理学会』の二見宣理事長からE-mailで送られて来た、英国海軍のリンクス・へリが、対赤外線対空ミサイルから身をまもるための熱源の火工品『フレアー』の写真を掲載します。写真提供は、笹森直登氏。安全保障と危機管理学会のホーム・ページは、http://www.jssc.gr.jpです。このホーム・ページを読んで頂ければ、同学会の名誉会長・顧問の安倍晋三総理大臣も喜んで頂けると単細胞の山本は思っています。

赤外線フレアー

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.12

「英語de軍事『四字熟語』」Vol.12

山本の似顔絵

山本の似顔絵

 

                       

こんにちは、山本です         

 

 

『甲斐の虎』武田信玄の最後の戦い                      

野田城の井戸水枯渇作戦

 

The last battle of the tiger of Kai, lord Shingen TAKEDA

Dry up operation of the odajo castle’s well.

 

The last battle of Shingen TAKEDA, the tiger of Kai-district was the castle attack of NODA castle

武田信玄、最後の戦いは『野田城』攻城であった!

 Shingen TAKEDA  vs.  Sadamitu SUGANUMA

「武田信玄」対「菅沼定盈」

 

Loard Shingen TAKEDA is famous war lord who use the flag of Sun Tzu’s the Art of War – “Wind, Forest, Fire and Mountain” He’s saying all so famou for Japanese pople “Human resources is castle, human resources stone wall, human resources is castle moat. So he did not construct own castle. He is brave general. “No cowardly soliders under a brave general” His motto is “Sympathy is friend and revenge is enemy” He commands and fighting with his inbincible TAKEDA hourse cavally.

武田信玄は、「風林火山」と書かれた『孫子の旗』を軍旗とした有名な将軍である。また彼の『人は城、人は石垣、人は掘』とか『情は味方、仇は敵なり』という格言も有名である。『勇将の下に弱卒なし』の格言どうり、無敵の騎馬軍団を率いて戦った。

 

Lord Shingen TAKEDA is ordered to his 45,000 men go to Kyoto to stand the colors of TAKEDA Forth, Sun Tzu’s flag “Wind, Forest, Fire and Mountain” on Oct. 3 in 1572 Tree year of GenkiThe purpose of to set up the colors of TAKEDA Force is to get hegemony of this country. Lord Shingen said to his men “All the fighting so far as this time like small riples on the bluke, but this time we are fighting ride on large swelling waves, that is this times fighting is big campain with land slde victory” Lord Shingen TAKEDA said to his men “We are going to Kyoto and stand the colours of “Wind, Forest, Fifre and Mountain”

元亀三年信玄武田1572年〕十月三日、武田信玄は、四万五千の兵を率いて、甲府を立ち、念願の上洛作戦を実施することにした。その目的は、京に上って我が軍旗『風林火山』を建て、天下に覇を唱えることであった。武田信玄は、部下達に言った。『これまでの合戦は、言うなれば、小川のさざ波だ。この度は、一挙に波に乗る。大波のような合戦を行う』と。

 

TAKEDA force defeated Yieyasu TOKUGAWA’s force at Mikatagahara in 1572. Ieyasu TOKUGAWA force run away. The purpose of lord Shingen TAKEDA to go to Kyoto to set up the flag of “Wind, Forest, Fire and Mountain”, the colors of TAKEDA force at Kyoto where Emperor lived. And this Mikatagahara victory lead to Takeda Force advance to Mikawa province.

1572年、武田軍は、徳川家康の部隊を三方ヶ原で撃破した。徳川家康軍は敗走した。この武田信玄の進撃の目的は、武田軍の軍旗『風林火山』を天皇のいる京都に立てることにあった。この三方が原での勝利は、武田軍を三河に進撃するところとなった。

 

There are a small castle stands at west bank of TOYO-river. The castle lord dispatch from one of vassal of Yieyasu TOKUGAWA. The name of Nodajo castle is Lord Sadamitu SUGANUMA. Chisato village people called this small castle “Nodajo”. The village people also called “Impregnable castle which was made of golden donjon and iron wall” or “The impregnable castle made of gold and it’s moat filled with boiling hot water”

三河の国に流れる豊川の西岸に、『野田城』と言う小さなお城があった。城主は、徳川家康が派遣した城主の菅沼定盈であった。野田城は、千郷村の百姓達からは『金城鉄壁』とか『金城湯池』のお城と呼ばれていた。

 

Origonally the Castle Lord, SUGANUMA family belong IMAGAWA family for long time, after the battle of Okehazama defile, lord Yoshimoto IMAGAWA defeated by lord Nobunaga ODA, change the master, from lord Yoshimoto IMAGAWA to lord Ieyasu TOKUGAWA.

野田城城主は、もともと今川義元に所属していたが、今川義元が、桶狭間の戦いで、織田信長に敗れてしまったので、徳川家康の配下になった。

 

January 11, 1575, the first year of Tensho, TAKEDA force about 30,000 men attack the Noda castle and surrounded this small but strong NODAJO castle where the lord of castle Sadamitu SUGANUMA and his 400 men defended the Noda castle. TAKEDA force started attack again and again in many times but could not fall and get it.

1575111日〔天正元年〕、武田軍は、城主菅沼定盈及び400の部下が守っているこの「野田城」を攻撃包囲した。武田軍は、何度も何度も城を攻撃したが、落城させることは、出来ませんでした。

 

At that time, TAKEDA cavalry force was the strongest in Japan which under the colors, battle flag of “Swift as a wind, Quiet as a forest, Invade as a fire, and Still as a mountain” And the Lord Shingen TAKEDA’s motto is “Man is a moat, Man is stone walls and Man is castle.” So Lord Shingen TAKEDA didn’t need castle. He lived in TUTUZIGASAKI house. Even Lord Nobunaga ODA very nervous to attack TAKEDA cavalry force.

当時、日本に於いては、武田騎馬軍団は、『風林火山』の旗の下、『人は濠、人は石垣、人は城』の座右の銘を掲げる、最強部隊と言われていた。従って、武田信玄公は、城に住むことなく「躑躅ケ崎の館」に住んでいた。織田信長といえども、攻撃をすることをビビッテいた。      

 

Lord Singen TAKEDA orderd the castle attack on Nodajo-castle by “Force attack” because of Takeda force has more than 50 times force. TAKEDA force attack Nodajo castle many times again and again, but can not fall the castle. “Call the centipede guy force from Kai, at onece ! Make the Mole Tunnel Operation!” The Mole Tunnel Operation is the attack by use of the enginere force which called “Centiped guy force”  The Centiped guy force menber usually working  in gold mine site and making tunnel and collect gold ore and refined it to the gold. And finary making large size and small Japanese Gold coin. But in emergency of Kai such as war, they activate engineer force and do operation as combat engineer with TAKEDA force. This combat engineer force had messenger group which consists of runner or orderly.  And in an emergency of TAKEDA force they are activated engner force and dispached to combat area as  combat enginere mission under the frag of “Centipid colors ”【百足〔蜈蚣〕の軍旗〔旗指物〕】Their mission is such as digging tunnel under castle by use of the Centipede force special skill. After digging the tunnel under enemy castle donjon set the black powder and blow up the castle donjon, or making the tunnel under the Castle well and dry up the castle well. Also carry out message runner missions or orderly mission.

武田信玄は、野田城の攻撃を命じた。何度も攻撃したものの野田城を落とすことは出来なかった。『直ぐに金山衆を呼べ!土竜作戦を実施するのじゃ』。金山衆とは、金鉱山で金を採掘する工兵である。城下に坑道を掘り、城の井戸を枯らしたり、火薬を仕掛けて爆破作業をたり、火を放つ工兵部隊である。武田軍は、『土龍(モグラ)作戦』を実行することになった。『土竜作戦』とは、城にトンネルを掘り、黒色火薬を仕掛けて、井戸を枯らし、城を爆 破する作戦のことである。そして、この井戸を枯らす作戦には、エース・ストライカーとして「金山衆」が投入された。「金山衆」とは、金堀衆とも呼ばれ、平時においては金鉱で鉱山採掘をし、金を精錬し、大判・小判を作成するグループである。そして、有事の際には、「百足の軍旗」の下、戦闘工兵として働く部隊のことである。武田軍は、戦闘工兵部隊を持っていたのである。この戦闘工兵は、伝書史や伝令任務も遂行できるように「使い番」部隊を保有していた。

This time Lord Shingen TAKEDA ordered to start the Operation Mole which was Dry up the castle well so castle lord can not defende any more without drinking water by the Operation Mole of  mining engineer group as Ace Striker.  Centipead Force motto is ” Be a centipide, all menber of combatants like feet of centipide, well coodination and walking ahead never retreet as become one foot leg.

この作戦で武田信玄は、野田城の井戸の水を断つべく『土龍作戦』を命じた。この作戦は、野田城の飲料水を枯渇してしまい、城主以下、全員の戦闘の継続を不可能とする作戦である。金山衆は、軍旗の蜈蚣のごとく、百本の足を乱すことなく前進させ、たとえ一本の足になろうとも前身するという願いが込められている。決して退くことのないエース・ストライカーであった。

百足衆

The combat engineer worked for dry up well by make tunnel under the castle. They continued day and night to reach the castle well with rush work.

戦闘土工作業は、井戸を枯らすために、井戸の下までトンネルを掘る突貫工事を日夜の区別無く、実施した。

攻略野田城 

Night after night sweet melody of a bamboo transverse flute came from the castle. Music loving Lord Shingen TAKEDA was charmed by this beautiful flute melody which played by expert flute player whose name was MATUMURA. It’s well known Shingen TAKEDA liked music very much, so he visited moat incognito.

夜な夜な、美しい竹笛の音が城の方角から流れて来た。松村と言う笛の名手の奏でる笛の音であった。音楽好きの信玄は、この音色に魅せられて、お忍びでお堀まで行って聞いていたのである。

 

At one night, beautiful full moon shinning in the sky above the Noda castle, the day before final tunnel works completed. Shingen TAKEDA enjoyed listening to this beautiful sound of the bamboo cross flute at night by Matumura, first rate player as usual. On that moment, he was shot by a first rate sniper whose name Hanshiro Sanzaemon TORII from the castle. It was inadvertently act He suffered seriously wounded by the 20 mm musket gun, it’s weigt is 11 kg, length 105 cm. After this incident this gun called “Shingen Gun” Next day, Feb. 10, Sadamitu SUGANUMA and his men surrendered. All member of the castle became war prisoner for exchange of war prisoners. The captured lord of castle Sadamitu SUGANUMA was not alowed to permitte to Setupuku, suicide by Japanese sward, to use as an exchange of hostage between TAKEDA force and TOKYGAWA force.  

ある夜のことである。美しい満月月が、野田城の上に輝いていた。トンネル堀の工事完了の前日のことであった。武田信玄は、例の如く、笛の名手、村松芳林の奏でる美しい横笛の音を楽しんだ。突如、一発の銃声がした。彼は、城からの狙撃手、鳥居半四郎三左門に射撃されたのである。狙撃に使用された銃は、なんと重さ11Kg、全長105cm、口径20mmの砲であった。〔この事件後、この砲は『信玄砲と呼ばれるようになった』〕迂闊であった!重傷であった。次の日、二月十日、城主菅沼定盈は、部下共々、降伏をした。そして、城主は、捕虜となった。城主は、徳川家康との人質交換をするために自害をすることを許さず捕虜としたのである。〔武田信玄を狙撃した銃の写真は、Google検索で『野田城』を参照〕

 

After this incident, Shingen TAKEDA getting into bad health with chronic disease of stomach cancer and tuberculosis and also this gun-shot wound. And Feb. 17, Lord Shingen TAKEDA returned back to Nagashinojo Castle for treatment on both gun shot wounds【銃創】and stomach cancer【膈:胃癌】. Lord Shingen TAKEDA also visited Yuya hot spring to cure gun shot woond and also visit Hoorai temple【鳳来寺】 by the recommendation of his doctor to play and cure for the normal return of his health. The Hooraiji temple is name after Hoorai-【蓬莱】where is the place the Emperor Shi Huangdi of Qin dynasty earnestly wanted to go live in Japanese scops owl. This Japanese scops owl designate as precious natural product at present. But his gun shot wound changed into festering【化膿】he did not get well. On the way to home he died at Komaba, Nagano Prefecture, in Apr.12, 1573 at age of 53. But his death was kept a secret 3 years by his will【遺言】to his son Katuyori TAKEDA including that his son go to Kyoto and audience with the Emperor and set up Sun Tzu’s flag that which means TAKEDA clan’s hegemony over Japan.

 

この事件後、武田信玄は、持病の膈【結核と胃癌】と銃創の為に体調を崩し、健康状態は悪化の一途を辿った。この治療の為に長篠城へ引き返した。そして医師を伴い「健康回復祈願」のため蓬莱寺に詣でた。『鳳来寺』は、中国の建国者「秦の始皇帝」が是非とも行って見たかった『蓬莱の土地に建てられた寺』という意味でもある。そこには『仏法僧』と呼ばれる、コノハズクが生息している。現在は、仏法僧は、『天然記念物』に指定されている。しかしながら、銃創は、化膿し、健康が回復することは無かった。そして、1573412日、故郷の甲斐に帰る途中に死亡した。御年52歳であった。彼の遺言により、3年間、その死亡は、秘密にされた。この時の息子への遺言には「何時の日か、京都に登り、天皇に拝謁し、『孫子の旗』を立てて、全国に覇をとなえよ!」というものも含まれていた。

 

Great man dieThe greatest rival and enemy of Nobunaga ODA died at Komaba in Nagano prefecture.

巨星墜つ!織田信長の最大のライバルであり、敵であった武田信玄は、長野県の駒場で亡くなった。

 

The last battle of Shingen TAKEDA, “Tiger of KAI” was at Nodajo Castle. He has a big dream of stand the colors, the battle flag of Sun Tzu, “Swift as a wind, Quiet as a forest, Invade as a fire, and Still as a mountain” at Kyoto where Emperor lives. And get hegemony of Japan.

野田城での戦闘が「甲斐の虎」武田信玄の最後の戦いであった。武田信玄は、孫子の旗、『風林火山』の軍旗を天皇が住んでいる京都に立て、政治の覇権を得たいという夢を抱いて上京したのであった。

 

Nodajo castle of Mikawa district is the last castle which lord Shingen TAKEDA attacked in his life.

三河の国に建つ野田城は、武田信玄が攻撃した最後の城であった。

 

The last will of lord Shingen TAKEDA to his son, Katuyori TAKEDA as follows;

After my death, three years should do not disclose my death to public, I have already prepared eight hundred blank papers which is only my signature on it. Use these my signature papers for other country lord returned letters.

After my death, do not need held my funeral. Put on war helmet and armor and put into big earthenware pot. After that sink the bottom of Lake Swako.

This is the most important my will, you must go to Kyoto to stand our military standard coulors, the flag of Sun Tzu’s “Wind, Forest, Fire and Mountain”

 

武田信玄の武田勝頼宛の遺言は、以下の通りである;

私の死後、3年間は、死を公表するな。八百枚の私の花押入りの白紙を用意してある。諸国への返書には、これを使用すべし。

私が死んでも弔いはするな。わが身に兜と鎧を着せて、大きな瓶に入れて、諏訪湖の湖底に沈めくれ。

最後に、これが最も大切なことであるが、お前は、いつの日か、京に登り、孫子の旗『風林火山』を立てよ!

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

金城鉄壁  【 きんじょうてっぺき 】

The castle which is made of golden castle and iron wall is very difficult to attack.

Impregnable castle which is made of gold castle and iron wall.

「金城」 means “ Castle made of gold ”

「鉄壁」 means “ Castle wall made of Iron ”

 『金でつくつた城』と『鉄で作った城壁』。つまり、守りの固い、非常堅固な城のことである。

Comment  : 「金城は、破るべからず」、「鉄壁は、奪うべからず」。

See ⇒ 「金城湯池」、「堅城鉄壁」、「難攻不落」

 

難攻不落  【 なんこうふらく 】                                                                        

Impregnable or invincible which is very difficult to attack and seizure of it.  

「難攻」 means “ Difficult or hard to attack ”

「不落」 means “ Difficult or hard to fall ”

 城や砦が、守りが固く、攻撃して落とすことが困難で、難しいこと。

See ⇒ 「金城鉄壁」、「金城湯池」、「要害堅固」

 

要害堅固  【 ようさいけんご 】       

Impregnable strategic point on the terrain difficult to attack.

Impregnable stronghold and fort to attack.

「要害」 means “ Stronghold and fort ”

「堅固」 means “ Impregnable ”

 砦の防備が固く、容易には破られない。

See ⇒ 「金城鉄壁、「難攻不落」

  

英語de軍事『四字熟語』 VOL.11

山本の似顔絵

山本の似顔絵

『英語de軍事『四字熟語』 VOL.11

                       

こんにちは、山本です

◎『風林火山』と『米海兵隊』                       

不肖、山本は、沖縄復帰直後、沖縄の自衛隊の『第一混成団の特別不発弾処理隊の副隊長、兼混成団本部の語学渉外幹部(含む団長通訳)』を実施していた。

米軍の不発弾処理仲間からは、「Major YAMAMOTOは、『不発弾処理』業務と『団長の通訳』と『儀典官【 Protocol officer 】業務』の三つの職務をこなしている。さぞかし、沢山の給与をもらっていることだろう・・・・・・・」と。

   
   

風林火山

   

Swift as wind

   

Quiet as forest

   

Invade as fire

   

Still as mountain

   
   

山本三佐、答えて曰く「通訳業務や翻訳業務が忙しく、本来の『不発弾業務が出来ないので、危険手当(一日4800円+旅費1000)が少なく、給与は、むしろダウンである』と。日本の公務員は、一生懸命働いても、働かなくとも、給料は、変らない『親方日丸』【My boss is Sun flag】であると。

つまり、あなたがたにとつって言うと『親方星条旗』【My boss is Stars and Stripes or Your boss is Stars and Stripes, never bankrupt.】です。米軍の不発弾仲間から、良く笑われたものである。ちなみに、自衛隊は、『軍隊ではない』ので、自衛隊には、『軍』と『軍』との儀典〔エチケット〕を担当する「儀典官」という補職名はなく、『渉外語学幹部』;Protocol officerと日語と英語で書かれた名刺を使用していた。つまり、『歩兵』のことを、自衛隊では『普通科』と言い、英訳は『Infantry』、また『砲兵』のことを自衛隊では、『特科』と言い、英訳は、『Artillery』と訳しています。中には、民間人のマスコミ通訳のようにGrand Self-Defense Army【陸上自衛隊のこと】と言う猛者もいた。これを聞いた、米軍の司令官殿、吃驚仰天! 『何時、陸上自衛隊の名称が変わったのですか?!』と。

最近、安倍総理大臣が『自衛隊』という呼称を止めて『軍』にしたいという熱き思いをマスコミ報道で聞くたびに、ふと沖縄復帰時、特別不発弾処理隊や中央資料隊で勤務していた頃のことをあれこれと思い出す。その昔、オイル・ショック【Oil crisis】が起きる前は、JI会議なるものが存在した。日本”Japan”とイスラエル”Israel”の情報交換会議である。今は、中東専門家と称する輩が、『雨後の筍』如く大勢おりますが、当時は、中東専門家と称する輩は、日本国中、誰もいなかった。もっぱら、中東地域の軍事情報は、IDF【Israel Defense Force】 -イスラエル国防軍-から得ていた。特に『対抗部隊〔甲〕ソ連軍のこと』の主力戦車のT-54/55, T-62の情報は、イスラエルが第四次中東戦争でろ獲した戦車や『ソ連の戦車の整備教範』等を入手していた。

情報の世界は、『Give and Takeの世界』日本側からは、世界に冠たる『74式戦車』の技術情報を『情報公開』しても良い範囲内で、相手の質問に対して”Yess” or “No”の形式で回答していた。当時、74式戦車は、世界に冠たる技術を採用していた。イスラエルは、自国の歩兵も収容可能なユニクな構想のメルカバ主力戦車の大幅向上を目論んでおり、日本の74式主力戦車の情報を喉から手の出るほど、欲しかった。

JI会議の席で、74式戦車の主力戦車の弾道計算機についての、質疑応答があった。当初、装弾筒付き高速度徹甲弾APFSDF弾のプログラムは、組み込まれていなかった。

イスラエルの駐在武官曰く『戦争体験皆無の国の閣下言うことは、困る。戦場に於いては、丸が飛んで行く時間が勝敗を左右するのです。是非、APDSFS弾の弾道計算機のプログラムを開発して搭載しなさい』とアドバイスを受けた。74式戦車のAPDSFS弾の弾道計算機プログラムの採用【当初採用されていなかった】は、イスラエルの第四次中東戦争の戦訓【イスラエルの将軍提案】から生まれたたまものである。この時、戦車の乗員「車長、砲手、装填手と操縦手」間及び外部との通信速度の向上こそが、戦車戦の勝敗を決めると言ったことが今でも鮮明に記憶している。

不肖山本は、阿部総理の『自衛隊の軍への呼称変更には、反対であるが、集団的自衛権の行使には賛成である』。これまで、防衛大学や自衛隊勤務時には、『我が国は、国連のお墨付きもこれあり集団的自衛権は認められているものも、専守防衛の我が国の平和憲法は、これを認めていないという教育を受け続けて来た。

その根拠は;三十余年勤務して来た職場の名前『自衛隊』の名前が変わることは、とても寂しいことである。それに、貧乏性で小心者の山本は、国の借金が一人当たり800万にも達す昨今、「自衛隊」⇒『軍』への看板書き換え作業に無駄な予算を使うべきではないとも思ってしまうのである。

したがって山口那津男公明党党首の主張する『自衛隊』という用語は、『国民に馴染んだから変える必要が無い』と。この意見には、両手を挙げて大賛成である。

自衛隊の軍への名称変更よりも、阿部総理に実施していただきたいのは『武器輸出三原則』の撤廃であり、日本と価値観を同じくする、友好諸国に対し、武器及び武器技術の総理自らのトップセールをして頂きたいとおもいます。この「トップ・セール、阿部総理にしか出来ないことだと、思っています」。不詳山本は、自衛隊定年退職後、『国の安全に寄与する社是』を持つ会社の本社工場の工務課長として8年間勤務してきました。

米軍の「クリスマス」や「建国記念日」等パーティーに招待された際、宴会の出し物として『ガマの油』や『風林火山』のお話をすると、米軍の将兵に大いに喜ばれたことを今でも、懐かしく思います。日本人でさえも『桃太郎』のお話を完全話せる人がいないのに、米陸軍の将兵の中には、『桃太郎』のお話を香具師のように立て板に水、語った陸軍中佐殿もおりました。

この中佐殿に、日本語で話しかけたらところ、『I cannot speak Japanese』と言われたのは、ビックリしました。何でも、宴会の度に、『桃太郎』をすると、日本人従業員から、拍手をされて、腕を磨いたとのことであった。

 この『風林火山』という用語は、孫子の兵法の兵法が大好きであっあ武田信玄が、己の軍の『軍旗』に書いたことで、一躍有名となりました。

 孫子の兵法、第七章 『軍争編』 Chapter 7 ; Armed struggles から引用したものです。

Chapter 7 : Armed struggles 第7章『軍争編』

 

The standards of     Shingen TAKEDA Force are the flags of  Sun Tzu’s the Art of War that is The flag of Sun Tzu, that is the flag of venerable     teacher.

武田信玄の軍旗は、黒字に金文字で『其疾如、其静如、侵掠如、不動如』とかかれた『孫子の旗』、即ち『尊師の旗』でもある。

                                   孫子の兵法:第7章『軍争篇』より

【原典】

其疾如、其徐如、侵掠如、不動如難知如陰、動如雷震。

【訓読】

故に其の疾きことはの如く、其の徐なることは林の如く、侵略することは火の如く、動かざることはの如く、知り難きこと陰の如く、動くことは、雷の震う如く、

【和訳】

だから、あるときは、疾のように迅速に進撃し、あるときは、のように息を潜めて敵を待ち、あるときは、猛のように侵略し、あるときは、泰のようにどっしりと不動の態勢をとる。あるときは、暗闇のように分りにくくし、あるときは、雷鳴のように激しく動く。

【英訳】

Some times, Moving swift like a wind when advance a troop.                 

Some times, Silent likes a forest, waiting for ambush for enemy troops.       

Some times, Invade likes a fire,  invading enemy country.                

Some times, Stand still likes a big mountainDo not move by enemy attack    

Some times, Difficult to know like obscured hiding in the dark.                 

And some times, Moving like a light of thunder bolt, in quick.                 

其疾如  其の速きこと、の如し。

其徐如  其の静かなること、の如し。

侵掠如  侵略し掠奪すること、の如し。

不動如  動かざること、の如し。   

 Comments

この16文字の武田軍の軍旗は、武田信玄の天下取りへの暑き思いが込められている。川中島の合戦から、使い始めた。この戦術は、今も昔も変わりがないのである。更に、この軍旗と共に、『天上天下、唯我独尊』と言う隊旗も、三方が原の合戦以降使用された。

 

 Joke:米海兵隊兵站部隊の勤務態度は『風林火山』そのものである。

 

Logistic personnel working style of Ammunition Co. Camp Cortoney ( Henoko ), USMC is under the troop flag of “ Wind, Forest, Fire and Mountain.”     

 

Working style in office at Camp Courtoney US Marine Corps Headquarters on Okinawa

これは、沖縄に駐留するキャンプ・コートニーの海兵隊司令部勤務員の勤務態度の笑い話です。事実では有りません、念のため・・・・・

 

『風林火山』is not the name of Japanese volcano, or the color of Shingen TAKEDA. It consists of four letters of Chinese characters, Wind, Forest, Fire and Mountain. Let us explains ordinary working style at Camp Courtoney, Headquarter of United States Marin Corps【USMC】.

『風林火山』は、日本の火山の名前ではありません。また武田信玄の軍旗でもありません。風林火山という四字熟語です。では、この漢字の意味するところを、合衆国海兵隊の勤務事例を持って説明いたしましょう。

 

When on 16:00 sharp, all the staff officers and NCO wake up from “Wake up mood from I’m dead”.

16:00きっかりに、これまで、まどろんでいた将校も下士官も、お目目パッチリ急に活気づきます。そして・・・・・

 

『風 : Wind 』: Leaving an office like a gust of wind at 16:00 just, put down ball point pen or pencil on the desk even if he or her writing a letter in half spelling in progress. There is no word “Over Time” in DoD of Military dictionary, Joint PUB 1-02 which is 2 inch thick and the Oxford Essential Dictionary of U.S. Military.

『風』: 16:00きっかりに、これまで紙に書いていた英単語のスペルの半分を書いていたところで、中止をして、全員、一連の『風』の如く事務室を去って行くのです。アメリカの軍事用語辞典には「時間外勤務」という単語は、ありません。

 

『林 : Forest 』: Silent like a snail or slug live in the deep forest at the office during the working hours.

『林』: 日中の勤務時間には、『林』の中のカタツムリやナメクジのように、ヒッソリと音も立てずに静かに勤務しております。

 

『火 : Fire 』: Get angry furiously like a fire on very small trifle maters of subordinates and others.

『火』: 部下や他人の些細なミスに対しては、烈のことく怒ります。

 

『山 : Mountain 』: And finally that is most important, “Do not move in working hours from his or her big desk. Only sit down on chair like a mountain and never moving at all”

『山』: そして最後は、これが最も重要なことであるが、『勤務時間中は、一度椅子に腰をかけると、のように動かないことである』

 

This working life style is called “My boss is Stars and Stripes” 『親方星条旗』which means US government never bankrupt like as private company, compare to Japanese proverb My boss is Sun flag『親方日の丸』

このような働き方を日本では「親方日の丸」と言っています。『親方星条旗』とは、超大国アメリカ合衆国は、公務員が怠けていても決して破産することはありません。

 

This is the reason why USA can not win the War in Afghanistan and Iraq.

Sun-Tzu astonishing and tremble in his tom to know that……….

この勤務態度では、アフガニスタンとイラクに於いて勝利を得られない。孫子のお墓がビビット震えたところからすると、この勤務態度に、孫子も『ビックリ!』仰天したに相違ない。・・・山本 賢の『孫子の兵法』【中国語・日本語・英語】版より引用。

Even monkey can understand Mr.YAMAMOTO’s

Sun Tzu’s The Art of War

 

覚えておこう『四字熟語』:

唯我独尊 【 ゆいがどくそん 】         

Self-important with full of arrogant attitude that is “I am an extraordinary outstanding person throughout heaven and earth.”

「唯我」 means “ Only one.”

「独尊」 means “ Self destine.”

 この世で自分が世界で一番強くて優れていると自惚れること。

Comment  : 「唯我独尊」 in the abbreviation of 「天上天下唯我独尊」

Comment  : 海兵隊レンジャー部隊の隊員「傲慢無礼」な人生観、含む『武田信玄』

See ⇒ 「傲慢無礼」、「井蛙之見」、「夜郎自大」、「遼東之豕」

 

風林火山  【 ふうりんかざん 】       

Paramount of tactics is”

「風」 means “Moving likes a blast of wind, in advancing a troop”

「林」 means “Silent likes a forest, least not notice our troop and intention by enemy”  

「火」 means “Invade enemy territory likes a wild fire, and attack on enemy position like fire”   

「山」 means “Stand still likes a big mountainDo not move easy by enemy attack”   

其疾如風    はやきこと、風のことく

其徐如林    しずかなること、林のごとく

侵掠如火    しんりゃくすること、火のごとく

不動如山    うごかざること山のごとし

これは、軍事行動の極意で、ダイナミックな行動を取れとの孫子の教えである。

Comment 1 : 孫子曰く「Sun-Tzu says ・・・・」と説明すると格が上がる。

Joke : Sun-Tzu may be astonishing in the grave. To read the interpretation of Mr. YAMAMOTO’s “The Sun Tze’s the Art of War” – “Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO”  The reason is it interruption and example in U.S. Armed Forces. …………….

Ordinary life of soldiering in U.S. Army, US Air Force and US Marine Corps EOD ( Explosive Ordnance Explosive ) team office after the reversion of Okinawa as follows,

Comment 3 : 『風林火山』の旗印の赴くところ、必ず風雲が巻き起こる。これは、NHKの大河ドラマだけの世界であり。現状は、・・・・・・・・・・・・となると、あまり勇ましくない。

 

米海兵隊後方支援部隊に於ける『風林火山』:

The 「風林火山」 is not the name of Japanese volcano. It consist four letters of Chinese characters, ― Wind, Forest, Fire and Mountain.

Let us explain ordinary work at United States Army, US Army Japan office

The ordinary life of US Army stuff

When on 16:00 sharp ; That’s it folks. I’m dead.

風 : Leaving an office like a gust of wind at 16:00 just like a run like a streak of

lightning, even pencil put down on table even if half spelling in progress.

There is no word “Over time” in US Army’s Dictionary.

 : Silent like a snail or slug at the deep forest in office on working hours.

 : Get in angry furiously like as fire on small trifle matters of subordinates

make mistake. .

 : And finally this is most important, Do not move in working hours on his or

her big desk. Only sit down on chair like a mountain and never moving at all.

 

This working life style called “My boss is Stars and Stripes flag.” which come from same phrase “My boss is Rising sun flag”. That is the reason why US can not win in the Iraqi war and the Afghanistan war quickly.                                                                                                                                  

This is my felling get form experience from Joint EOD operation and liaison officer of 1st CB (Combined Brigade) on Okinawa. And the reasons which America can not get win in Vietnam.

 

海兵隊には、“Once a marine, all ways marine”【一度海兵隊員であった者は、生涯海兵隊員である】と言う格言がある。日本の「同じ釜の飯を食った仲間という」意味である。不肖山本は、沖縄の海兵隊のEODの隊員に「私製爆発物:IED【Improvised Explosive Device】」の教育を2週間程度したことがあった。この時使用した資料は、「全学連の工科系学生粋を集めて作成」した『料理の本』【Cooking book】であった。この『料理の本』は、警察が全学連の学生アジトから押収したものを、参考資料にと防衛庁に渡されたものであった。教育終了後に、教育のお礼にと、海兵隊司令部のG-2/3部長から「星条旗付きの海兵隊バッチ【徽章】」を頂いた。G-2/3部長曰く「このバッチを付けている限り、貴方が海外で苦境に陥った際には、海兵隊員は、必ず貴方を助ける」と言われて頂いた。

しかし、36年経った昨今、このバッチを付けて海外に行くと、アメリカのことを快く思わない輩のテロリストやアルカイダーの好目標となってしまうので、海外に行くときには、行く場所によって、星条旗米海兵バッチを付けていこうか、付き付けて行かないか、迷うのである。因みに「この星条旗付き海兵隊バツチは、湾岸戦争時ブッシュ大統領が『Marine Corps One』〔Air Force One〕と同じコールサイン名に乗る際には、大統領の背広の上に付けていた代物でした」この姿をTVで見るまでその貴重性に気付きづきませんでした。 安倍総理が『集弾的自衛権』の説明をする際に、朝鮮半島有事の際に邦人を乗せた米国艦船が敵から攻撃を受けた際に、自衛隊が、これを助ける為の攻撃をするという事例を挙げて、懇切丁寧に説明されたのを聞き、嬉しく思いました。この星条旗付き海兵隊バッチを頂いた、米海兵隊の不発弾処理隊員に対するIED処理教育は、日本の秀才の知恵を集めた全学連の『料理の本』が40年経った中東の地で路傍爆弾になったのを考えると時代の流れを感じます。当時、不肖山本3佐の制作された「料理の本」の英訳がマイクロフィシュに収められ、50mの高度に舞い上がって、ホバリングしたヘリから投下しても砕けない米海兵隊の完品「アタシュケース」に収納され、『中東』と表示されたことを今でも鮮明に覚えています。

 

そしてこのIED目下、「応急仕掛け爆弾」とか「即席爆破装置」とか訳されて、イラクやアフガニスタンで猛威を振るっている。その元祖は、なんと「全学連」にあった不肖山本は思っているのである。ムジャヒディン・ゲリラやアルカイダが彼らの戦術を『パクッタ』のである。

この星条旗付き海兵隊のバッジ“Globe and anchor”with Stars and stripes「星条旗付き地球儀と錨」は、JMASの“Globe and mortar”with shield [盾付き地球儀と迫撃砲弾]ロゴ・マークと相成った。盾は、カンボディア国際派遣された隊員の「お正月のお餅つき大会」の資金カンパした時のお礼に頂いた「自衛隊の隊章」を愛しらつた記念バッチを参考にした。

カンボディアのRafles Hotel Le Royalの机2個しか入らない小さな事務室で、出来上がった直後のことである。「このロゴ・マークは、真に持って怪しからん、迫撃砲の先端の信管部が、ロシアのモスクワの真上に弾着している」と日本の平和を愛する某NGOからのクレームがあった。『人殺しを教える自衛隊』の出身者は、誠に持ってケシカラン輩だと。ギョギョギョのギョであった。JMAS設立以前の頃、10年以上前のお話である。

 

“ Globe and anchor ”の米海兵隊USMCの記章

“ Globe and motor ”の日本地雷処理を支援する会の記章

USMC : United States Marine Corps

JMAS : Japan Maine action service

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.10

山本の似顔絵

『老驥伏櫪』の国際貢献

不肖、山本は、JICAの個人コンサルタンの中込璋氏と共に、JICAの『地球ひろば』や小中学校で国際貢献のお話をすることがある。不肖山本は、75歳、中込さんは80歳、共に後期高齢者でもある。この中込璋さん、JICAが実施した、発展途上国途上国に対する職業訓練場の建設や地雷処理機材の研究開発等で、世界128カ国の国々に出かけて、国際貢献貢献をされた方でもある。そして、劣化ウラン弾の調査で、遠路はるばる公明党党首の山口那津男氏と共にアフガニスタンにまで出かけた方である。

この中込璋氏、アフガニスタンからソ連軍が涙をのんで撤退した直後、JICAのお仕事で、ガイガーカウンター放射能測定機を肩にかずいて、遠路遥遥、アフガニスタンに、劣化ウラン弾の調査に行ったと聞いた時、JICAは、何と無駄なことを、する組織かと思った。劣化ウラン弾なんかあるはずがない。不肖山本に、電話で聞いて頂ければ。即座に『そんなものあるはずがない!』『アフガニスタンに持ち込んだ兵器を見れば、劣化ウラン弾を射撃することの出来る火砲を搭載した武器の有無で判別できる』と。

中込さんの調査経路を下記に示す。カブールから、タリバン発祥の地で、タリバンの『芽城』でもあったカンダハルへ行き、次にヘラートへ行ったとのことである。誠にご苦労なことである。そして、バーミヤン経由でカブールに帰って来たとのことである。劣化ウラン弾の放射能の危険性は、ゼロであったが、危険いっぱいのJICAのお仕事であった。以下、中込さん劣化ウラン弾調査経路と劣化ウラン弾のパワーポイントの説明資料を掲示させて頂きます。

A-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ アフガニスタンを縦断して調査を実施したところ、ガイガー・ミューラー・カウンターに反応なし。『劣化ウラン弾の使用された痕跡は、なかった!」と。

 

 O-Y

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ★ JICA理事長の緒方貞子さんは、不肖山本よりも、10歳年上である。『老驥伏櫪』の見本みたいな方である。この写真より、しばらくして、緒方貞子さんは、カンボジアのCMACの地雷除去現場に視察に来られた。

地雷除去現場でJICA理事長の乗ったカンボジア政府高官専用ヘリを待ち受けた。ラタナ副長官曰く『ミスター・山本と緒方貞子さんとどちらが年上か?』。不肖山本答えて曰く『緒方理事長は、私より、10歳年上です』と。ラタナ副長官〔現在はCMACの長官〕の命令一下、ヘリポートからブリーフィング会場までの道路補修を実施した。この緒方貞子さんの歳の話は、現場の見学者全員に伝わった。

緒方貞子さんの乗った政府専用ヘリが着陸するやいなや、スタコラ歩いて、ブリーフィングを実施するテントまで、スタコラ歩いて行った。カンボジアの皆さん、JICA理事長の強健ぶりにびっくり仰天し、万雷の拍手を送った。因みに、不肖山本の年齢とラタナ副長官のお母さんの年齢は、同じである。

 

読者の皆様に劣化ウラン弾について説明したパワーポイント資料を掲載させて頂きました。お読み下さい。

★ 因みに、劣化ウラン弾とは、どのような物質であるのか。原発の核燃料製造時の有害廃棄物であり、一昔前は、その比重が大きいことから、ジャンボジェット機の尾翼のトリムやヨットの転覆防止の為のキール・ウエイト等に多様されていた。そして、タングステン・カーバイトと同じぐらい重いこと〔断面重量が大〕であることより装弾筒付徹甲弾への応用が進み、自燃性〔hypergolic〕のあることから一挙に対装甲弾への応用がなされた。そして、夢の徹甲弾〔Silver bullet〕 と呼ばれるようになった。

A-2

16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 断面比重が大であり、戦車の装甲板に着弾後、自燃性〔hypergolic〕により、自動的に発火燃焼する。対戦車砲弾として理想的な弾薬である。

 

 A-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 劣化ウラン弾が使用されたか、否かは、わざわざ現地に趣いて調査しなくとも、上記の兵器がアフガニスタンに持ち込まれたか否かで、判別する事が出来る。中込さんが、アフガニスタンに調査に趣いた以前には、上記の兵器は、使用されていなかった。

ごく最近のことである、アフガニスタンのテレビ放送で、劣化ウラン弾が原因と推定される「奇形児」の映像を見た。そんなはずがないと不思議に思って、調べて見たら、米軍が、上述した兵器をアフガニスタンにわんさかと持ち込んでいた。不肖、山本は納得した。

 

 A-3

 A-5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中込璋氏との出会い;

この中込さんとは、JICAの要望調査団の一行として、カンボジアに来られた時に初めて会った。JICAの『要望調査』とは、発展途上国の国々が色々な要望を日本国政府に提出するが、その内容が適切なものであるか、否かを審査するためのものである。つまり、日本の省庁が毎年、予算要求を大蔵省に提出し、その要求が妥当か否かの査定を受けるが、同じようなことを、ODA予算でも実施している。極めて合理的な業務遂行手段である。

 

JICA個人コンサルタントの中込璋さん

 ★ JICA個人コンサルタントの中込璋氏。パイリンのタイ・カンボジア国境の検問所。赤白の道路遮断機の向こう側は、タイ国。

コンサルタント支援 004 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ パイリンにて、中込氏と共に記念写真。一年前までは、パイリンの街は、ポルポトの残党が支配していた街として、中央政府の権限が及ばないカンボジアの街としてJICAの立ち入りが禁止されていた。CMACの警備担当をしている、カンボジア陸軍の憲兵隊Gendarmerieの護衛付きで、かってポルポトの支配していた街にある、CMACの第6地雷除去隊の車両整備員教育に来たことがある。来てみて、驚いた、街は綺麗で、治安も非常に良好であった。しかし、パイリン市の首脳部や政商は、密輸や麻薬やルビーや密材木伐採で得たお金を作りだし、道路建設や街清掃をし、治安維持しているとのことであった。

 

プルサツト

 

コピー ~ DSC07417 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 中込璋さんが、カンボジアのCMACの要望調査に来られた直後、山本が夏期休暇で一時帰国した際に、公明党党首の山口那津男氏の事務所に表敬訪問。山口さんは、アフガニスタンの視察から帰って来た直後であり、事務所には大きなアフガニスタンの地図が掲げてあった。山口さん曰く『僕、来週カンボジアのCMACの地雷除去機の実用試験の視察に行く・・・・・』と。

小学生に対する講話活動

★ 小学6年生に対する中込璋氏の地雷処理の講話。

中込さんと知り合いになったのは、不肖山本が勤務していたCMACが、カンボジア政府を介して提出した、CMACの要望書に書かれた内容が適切か?否かの調査をする為に、2週間ほど来られたときであった。

要望書を提出したCMACは、要望書に書かれた内容が承認されるか?否か?は、次年度以降の業務を左右するとあって、CMACのラタナ副長官が、JICAの調査団に随行した。無論、このCMACの要望書の制作に当たっては、不肖山本の提案した、整備工場の建設や潅木除去機の整備施設も含まれていた。

カンボジア地雷除去センター【CMAC】の中央整備工場の建設も中込璋氏の設計図を基に建設された。また、その中で整備される『潅木除去機』Brush Cutterの開発を手がけて、国連の認可取得に努力された方である。

工場整備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 中込璋氏の設計したカンボジアのバッタンバンのCMACの中央整備工場。建設中。この中で、車両や地雷除去機〔潅木除去機〕の整備が行われる予定。

 

この中込璋さんの設計したCMACの中央整備工場の中で、どのような整備が行われているのかを軍事英語の読者の皆様にご説明申し上げます。以下の資料は、CMAC本部とJICAカンボジア事務所に提出した報告書の別紙をコピーしたものである。いわゆる『出張報告書』の別紙コピーです。

Appendix 1

Photo explanation:

Date: July 26, 2006

Place: Central Work shop of CMAC, Battam bang

 

CMAC1CMAC2★ Well come to CMAC’s work-shop, the home of CMAC mechanics

 Ambasador, High Excelency Takahashi wear informal semi sleeve,  Cambodian style light earth color business suit, which is Cambodian government high ranking official wear.

 ★ First, intruduce CMAC staff.  CMAC work shop manager, DU#2 Manager, and Transportation officer of CMAC head-quaters. The mine-clearance operation of DU#2 suported by Japanese Kusanone-Fund, which is suported by Japanese Embassy in Cambodia.  Without Kusanone-Fund, mine operation of DU#2 can not continue any more.

cmac3★ Intruducr CMAC staff. This is Mr. Sarth, graduate of Soviet University of mechanical enginering. He is a Transport & Maintenance officer of CMAC head-quarters. He control all the CMAC vehicle fleet which consists about 550 vehicls.  And 3 years ago, he is the manager of this work shop, he put on two hats.

CMAC4★ This is Mr. Sue, Manager of this work-shop. he is a graduate of Rostove automobile maintenance faculty of Transportation University in Soviet. He study 9 years in Soviet. He is good command of English. He is new face, 6 month ago he take this position from the Red Croos of Cambodia.

cmac5★ Next, I will explane the work shop facilities. Over there old work-shop, only a tin roofed structure, if rain fall at rainy season, large noise can not continue mechanics education or conversation.     Next, I will explane the new work shop facilities which consists three maintenance areas.

cmac6

★ The bucket of Shredder type mine-clearance machine. It is  resenble Japanese Bush cutter.

 

 

 

cmac7

 

★ Sift selection type of mine clearance machine U.S.A.

 

 

 

 

cmac8★ Rotary cage type mine clearance machine.These three types of mine clearance machines are designate  “Weapon”  in Japanese “Weapon etc. manufacturing Law” so can not use in Cambodia because of designate “Weapon” These three types of American mine crush or screening  buckets can attached Japanese Bush Cutter.cmac9

 ★ This is a broken teeth chip of rotary cutter by anti-personnel mine contadcts and detonation. This tip of cutter material is same as APDSFS core for armore plate of Main Battle Tank, or bids for oil drilling.


cmac10

★ Ambasoder as me “Is this a mine clearance attachiment?”   No, Sire. This is a steam cleaner for car washing.





CMAC11

★ The demonstration on exchange of Oile-ring which prevents oil leak from cylinder and piston of Japanese bush
-cutter boom by Mr. Buntean, senior bush-cuter nechanic.



CMAC12
★ The demonstration of removal the tire from wheel. When mechanics exchange of tire or repaire of punctuation of GMC truck etc. this machiene is very usefull. Exchange of GMC truck tire for mechanics may be two-hours need with tire lever and 10-pounds iron hammer.

cmac13 ★ This lath is the standard equipment of work shop. In developing country such as Cambodia, it is very hard to get vehicles parts, such as GMC tuck which made Pacific War. It is urgently need to make parts on the spot by use of dial-gauge, micrometer, vernier caliper and pass.

1

cmac14★ This is is break-dram of GMC truck which polishing inner-surface with this lathe. Inner-surface of break-dram need clean surface and true-circle.

 

 

 

★ Parts and compornents on this tray are tear or wear or scratched parts which can not use anny more. For instance, broken threads of GMC truck’s U-bolt. Makining new thread on it so we can use more from 5 to 6 years to come, without scrap.

13

 

★ Cleaning of crank-shaft of engine. After engine over-haul-maintenance.

cmac15

 

 

 

 

★ This is tools room. These tools provide for mechanics. Both inch and mm standard tool are available.

Ambasadar ask to me ” I here on developing contrry, tools are stolen at repaire shop. Is this repair shop is OK?”  No ploblem is this work shop. I never heard the tools are stolen.12

★ An example on tool stoolen problems. If tool is stolen, instantley find our lack of tool on this board. All the tools are donated from Govenment Japan. See Sun flag.

 

 

cmac17

★ This container store house is used for vehicle and bush cutter parts. Last week this weare house on the spot stock-take check by CMAC headquarters staff. No problems at all.

 

 

cmac16

★ Over there is one of two bulldozers. It is said that mechanic who can repaire trucked vehicle, can repaire wheeled vhicle, but mechanick who can wheeled vehicle can not always repaire tracked vhicle. Ambasadore said is that so.

cmac18

 ★ This is the exchange work of brake. The drum and break shoes are repair lathe mechanic.

Old break drum surface cut by the lathe and use again and again.

CMAC19

 

 

★ When this GMC tuck production? I do not know the production year exactry. But, the production years of this GMC truck write on the steel plate on dash board.

 

CMAC20

 ★ Ambassador try to confirem the production year. But can not read the letters, because of teare and wear steal plate and dark.

 

 

cmac21

 ★ Mr. Sue, work shop manager said to Ambasodore “Last month, US Army Special Force instructor came from OKINAWA, Japan to teach us two weak to CMAC mechanics by use of this US made GMC truck. But ability of maintenance skill of CMAC mechanics higher than American Instructor.

cmac22

 ★ GMC truck first US Army and USMC used. After that Grand Self Defense Force used this GMC truck.  I my self learned maintenace education by use of this GMC turck.  And also I take the driver licence by use of this GMC truck.

 

 

CMAC23

 ★ This is end of my on the spot briefing on Central Work shop of CMAC. Do you have any question my short briefing on the spot?

“Nothing, lots of thanks for your explanations. Do your best with take care of youareself.

CMAC24

 

★ Then, Japanese Ambassodor return back to Phnon Penh.

cmac25

 

 

 

 

 

  ★ Mr. Sarath said to the Ambasadore “Have a good trip Sir” he shut the door of the car as a door boy.

 

CMAC26

 

 

★ Japanese ambassador return back to Phnom Phen with a gail of wind.

  

  

CMAC27

 

 

 

 

★ 4WD with Japanese national flag leave the Central work shop to Phnom Penh.

cmac28

 

 

 

 

 

★ Wow! OH!   All the members of participants of Japanese ambassador’s visit to Central Work shop, a moment free from high tension and gush out full of smile. That is good inspection visit to CMAC’s central work-shop by Japanese ambasador.

 

12★ 車両の整備教育と整備工場の建設により、車両整備費は、どんどん下がって来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 国際貢献講話の実施について

『いきがい大学』と言う名称の大学がある。山梨県の昭和町福祉協議会が設立した大学名である。この『いきがい大学』は、65歳以上を対象とした有志を集めて、会費を募って運営している大学であり、年3回程度実施している。最近、いきがい大学から講師依頼があった。

これまで講話を実施して来た対象は、主として、小中学生や若い方を対象とした『地雷処理』や『退役軍人や難民に対する職業教育』といった日本の国際貢献活動の紹介をして来たが、今度は、講話の相手は高年齢とあって、その内容を高齢者に合った内容にすべく『パワーポイント』の説明資料を一部変更した。

変更の部分に『老驥伏櫪』と『老成円熟』の二つの用語を追加して、パワーポイント資料を制作した。とこが、2月18日に実施を予定していた講話は、近代希に降った大雪の為にJRの運行がストップしてしまい、この講話は、中止となってしまった。

この『老驥伏櫪』とは、「年老いた名馬は、馬小屋で横になっていても、かって戦場で千里を駆けた夢を捨ていない」と言う意味であり、「老いてもなお大きな志を持っことが大切である」ことのたとえ。

『老成円熟』とは、「豊かな経験と十分な知識や技能を持った老人は、何事においても慎重な行動を取るものだ」という意味である。

『老成持重』とは、「十分に経験を積んでいて、物事に長じ、しかも物事を冷静かつ慎重に処理すること」

 

覚えておこう『四字熟語』:

老驥伏櫪 ; ”Old fine horse in stable though, but still have a big ambition to gallop one thousand miles in the battle field ” which mean brave and able person still have big ambition even if getting old.

老成円熟 ; Full of fine experienced skill and knowledge of the old person can cool good decision with maturity skill.

老成持重 ; Full of experienced skilled veteran can cooly decision with caution.