2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

孫子の兵法 第6 虛實篇

以下の『孫子の兵法』の第六 虚実篇は、〔財〕自衛隊援護協会より出版された『山本賢の孫子の兵法』Even monkey understand Mr. YAMAMOTO’s “Sun Tzu’s The Art of War”から民間人ににも解りやすく特殊な戦術用語を避け加筆訂正したものです。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 

 

 

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

山本賢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6 虚實篇

Chapter 6: Empty and Solid

 Comment 「虚」means Empty or Weak point

「實」means Solid or Full or Strong point

 

【原典】

孫子曰、凡先處戰地、而待敵者佚、後處戰地、而趨戰者労。故善戰者、致人而不致於人。

【訓読】

孫子曰く、凡そ[兵を持ちうるに]先に戰地に處りて、敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて、戰いに、趨く者は、労す。故に善く戰う者は、人を致して、人に致されず。

【和訳】

孫子はいう。およそ戦いの際には、先に戦場を支配する要点を占領して、後から来る敵を待って戦闘を開始する部隊は、有利な戦いを実施することが出来る。これに対して後から戦場に着いて、すぐに戦闘に参加しなければならない部隊は、苦戦をしいられる。これが『実』と『虚』である。

だから、戦い上手な指揮官は、常に自分が主導権を握って戦い、相手には、主導権を渡さない。つまり、敵を惑わすも、敵の作戦行動には乗らずに、敵の思いどおりにされない。

【英訳】

Sun Tzu said that in case of start combat, the force reached and occupied first key terrain where the favorable and advantage terrain for fitting. But the force reach on the battle field later, and compelled to start the battle on the battle field is hard, because of they are all ready fighting power used up and soldiers are tired out. This is an examples of “Fullness” that is active operations or initiative operations with full of energy and “emptiness” that is passive operations by tired out before the start of war.

So skillful commander at war always impose his will to enemy force with many plots, but he do not allow the enemy to impose plot to own force. That is the skillful commander always takes initiative at battle field, and never hand over the initiative to the enemy commander.

 

【原典】

能使敵人自至者、利之也。能使敵人不得至者、害之也。故敵佚能労之、飽能餓之、安能動之。

【訓読】

能〔よ〕く敵人をして自ら至らしむ者は、これを利すればなり。能く敵人をして至を得らざらしむる者は、これを害すればなり。

故に、敵、佚【イッ】すれば、能くこれを労し、飽きれば、能くこれを飢えしめ、安んずれば、能くこれを動かす。

【和訳】

敵の部隊を操り人形のように、我が方の思い道理に動かすためには、敵の指揮官にそうすれば、有利であると思い込ませることが、何よりも重要である。反対に、敵の指揮官に、作戦行動を思いとどませるためには、敵の指揮官に、そうすれば不利であると思いこませることが大事である。

だから、敵が有利な主導的立場にいるときには、それを切り崩して、其の力を減殺することに務めよ。敵軍の物資が十分に有る時にでも、相手の物資保管倉庫を襲えば、相手を飢えさせる事が出来る。良く休息を取っている敵に対しては、疲労させよ。兵糧が十分で腹いっぱいに食べていれば、それを飢えさせること。敵が安心していれば、心配させよ。

【英訳】

To manipulate enemy force like a puppet by induce the enemy commander as if good chance has come for the enemy commander to do so. On the contrary, to stop enemy operation is to make believe the enemy commander to carry out this operation is very harmful and danger for the enemy themselves.

If enemy commander has initiative position, you break this enemy initiative position and try to week enemy force. If enemy has full of supply, cut the logistic route and attack storage point, if enemy soldiers have good rest and recreation, make enemy soldier unrest and tired out. If enemy soldier have full of stomach, you make them hungry and thirsty. If the enemy soldiers feel safe, let enemy solders anxious by rumor etc.

 

【原典】

出其所不趨、趨其所不意。行千里而不労者、行於無人之地也。攻而必取者、攻其所不守也。守而必固者、守其所不攻也。故善攻者、敵不知其所守。善守者、敵不知其所攻。

【訓読】

其の趨(おもむ)所に出でて、其の意(おも)わざる所に趨く。千里を行いきて労せざるは、無人の地を行けばなり。

攻めて必ず取るは、其の守らざる所を攻むればなり。

守りて、必らず固きは、其の攻めざる所を守るなり。故に、善く攻むる者は、敵、其の守る所を知らず。善く守る者は、敵、其の攻むる所を知らず。

【和訳】

敵が必ずやって来ると予想される重要な場所には、先回りしてこれを奪取せよ。敵の予期しない地点を急襲せよ。

千里の道を強行軍しても疲れないのは、敵の間隙を縫って、敵が守備していない地区を迂回して前進するからである。

攻撃を実施し必ず目標を奪取することが出来るというのは、敵が全然守備していない所を攻撃するからである。

防御が万全である場所を攻撃することは、被害が多く出るので、敵は、ここへの攻撃を躊躇することになる。それ故に、攻撃の巧みな将軍にかかると、敵は、どのようにして、何処を守ったら良いかが分らず、反対に、防御の上手な将軍にかかると、敵は、どのようにして、何処を攻めたら良いか分らなくなるのである。

【英訳】

Advance to the place and occupy the key terrain where enemy force will be come later and take this key terrain and occupy it in advance enemy come. So enemy can not use this key terrain. And also surprise attack to the place where enemy commander no expectation a.

The reason of do not tired at all by forced march one thousand miles away is to select the marching route where there is no enemy defend at all.

All ways can get the objectives in attack without fail is to attack the place where enemy is no guard at all.

To attack place where defense is perfect, enemy will hesitates to attack here, because of enemy expect too much loss and casualties to attack. Therefore, skillful general in attack operation, defending enemy does not know what and where to defend, on the contrary, expert general in defense operations, attacking enemy does not know how and where to attack.

 

【原典】

微乎微乎、至於無形。神乎神乎、至於無聲。故能為敵之司令命。

【訓読】

微なるかな、微なるかな。無形に至る。神なるかな、神なるかな、聲無きに至る。故に能く敵の司令を為す。

【和訳】

微妙なるかな、微妙なるかな、最高は、無形である。従って、敵は、我が企図を知ることができない。神秘なるかな、神秘なるかな、最高は、無音である。敵は兆候音が聞こえないので、我が部隊の意図を知ることが出来ない。つまり、敵将は、我が軍の意図が見えず、聞こえずの状態に平常心を失い、うろたえるのである。

 

【英訳】

Delicate and subtle! Indeed! Delicate and subtle! Indeed! It like God’s act or Demon’s act. Which means the best shape of force is no certain form, so enemy commander can not see and understand our force intention. Mysterious and enigmatic! Indeed! Mysterious and enigmatic! Indeed! The best sound is silence and no sound at all, because enemy commander can not hear our force symptom sounds at all, so enemy commander can’t understand our force commander’s intention at all. So enemy commander lost his temper what shall I do because of no shape and sound formation.

 

【原典】

進而不可禦者、衝其虚也。退而不可追者、速而不可及也。故我欲戰、敵雖高塁深溝、不得不興我戰者、攻其所必救也。我不欲戰、書地而守之、敵不得興我戦戰者、膠其所之也。

【訓読】

進みて防ぐ可【べ】からざるは、其の虚を衝けばなり。退きて追うべからざるは、速やかにして及ぶ可からざるなり。故に我戰わんと欲すれば、敵、塁を高くし、溝を深くすと雖も、我れと戰わざるを得ざるは、其の「必らず救う所」を攻むればなり。

我れ戰いを欲せざれば、地を画してこれを守ると雖も、敵、我と戦うことを得ざるは、其の行く所に背けばなり。

【和訳】

わが軍の進撃に対して、敵が抵抗し防御することが出来ないのは、わが軍が常に敵の弱点を突いているからである。我が軍が退却している際に、敵が追随することができないのは、其の移動が迅速で捕捉が不可能であるからである。

そこで、我が軍が敵と一戦を交えたいと望めば、たとえ敵が城壁を高く築き、堀を深く掘って防御に専念していると云えども、わが軍が「敵が城外に出て戦わざるを得ない状況を作り出し」てから、敵がこの「場所に救援に来たところ」を我が軍が攻撃することが重要である。

我が軍が戦闘を避けたいと思えば、我が軍が陣地を築くことなく、地面に線を描いただけでも防御をすることができる。即ち敵が来ないので防御が可能となるのである。敵の当初の攻撃目標を外の攻撃目標に変更すべく、仕向けることである。

【英訳】

The reason that enemy can not resist and defense our force quick advance or attack is our force all ways attack enemy’s week point. The reason of enemy can not catch up our retreat force is “Our force retreat speed is fast than enemy force attacking speed”, so enemy can not capture our force.

If our force wants to fight against strong defense enemy, even if the enemy defend inside castle which is defend by high walls and deep moats. Our force needs to making tricks such as attack the place where “Enemy force obliges to come out from the castle and to rescue the independent enemy unit etc.”

If our force wants to avoid fighting, divert enemy force in advance, so our defending force can defense enemy attack “Even if draw a defense line on the ground” That is certain trick operation indispensable for enemy, do not come to our defense position. Compel the enemy to diverts initial objectives and divert another different objectives which we want.

 

 CommentⅠ: この作戦を『調虎離山』作戦という。「虎を欺き、山を離れさす」作戦とは、戦場において有利な緊要地形にいる敵を、誘き出し、これを殲滅する作戦である。

 CommentⅡ: 「必ず救う場所」とは、曹操は『其の糧道を絶ち、其の帰路を取り、其の君主を攻める』と解説している。即ち、食料補給経路、帰路(安全確保経路)、君主(指揮系統)を攻撃することを提案している。

 

【原典】

故善將者、形人而我無形、則我専而敵分。我専而為壱、敵分而為十、是以十攻其壱也。我寡而敵衆。能以衆撃寡者、則吾之所興戦者約矣。

【訓読】

故に善く将たる者は、人を形して、我に無形なれば、則ち我は専にして、敵は分かる。我は、専まりて壱となり、敵は、分れて十となれば、是れ「十を以って、その壱を攻むるなり」。

我れは寡【スクナ】くして、敵は衆【オオ】きも、能く寡をもって衆を撃つ者は、則ち吾が与に戦う所の者の約なればなり。

 Comment「専ら」means exclusively get together with one.

【和訳】

そこで、巧みに部隊を指揮する将軍は、敵に対して、わが軍の配置と意図を秘匿したまま、専ら己の兵力を一点に集中させる。一方、敵は、我が方の情報が得られないので兵力を分散配置せざるをえない。

仮に我軍が ― 敵情をはっきり知ることが出来、敵に味方の内情を悟らせない ― 集中し、一団となり、敵が目いっぱいに分散しているとすれば、我軍は、兵力を集中することが出来る。即ち一箇所に、敵の十倍の兵力を集中させ、分散した一の力の敵を撃破することが出来る。我は、敵の態勢に応じて、兵力を集中することができる。

我方の兵力は、全体としては少なくとも、敵の兵力が全体として大きくとも、我が方の小勢力で、敵の大部隊を撃滅することが出来るのは、個々の戦場では、我が方の戦力が上回っているからである。これを各個撃破という。

【英訳】

Skillful commander let one’s force concentrate in secret and hide from enemy observations, and also conceal his intention from enemy’s eye. On the other hand enemy commander can not concentrate his force, because of his enemy commander’s intention unclear. So enemy force commander take disperse his force formation because of situation unclear.

If our force know enemy situation very well, but enemy did not know our force, we concentrates our force as one and if enemy divide the force ten small forces for get security, our force can ten times concentration against enemy, and can destroy enemy dispersed small force by piece meal attack. That is our small force can destroy large enemy force in detail.

Our force is small in total and enemy force is very big though, our small force can destroy the big enemy force is defeat in detail tactics. Each battle field our force strength is bigger than enemy force so we can win at each small battle field. This means defeat in detail.

※ Comment:『衆を以って寡を撃つ』

これを「各個撃破」means “Defeat in detail”と言う。これが弱者の戦法である。何よりも「情報」と「戦術」が重要であり、日本の「箱庭」や「盆栽」の様な地形を利用して、大軍と戦うことが出来る。

※ Comment:『衆を以って寡を撃つ』

旧日本軍の冒した過ちは、「攻撃精神の充満した訓練を積んだ精鋭部隊は、よく寡を持って、衆を撃ち破ることができる」と、いつの間にか「情報の収集・分析」が欠落してしまったことにある。そして「国際紛争」=「軍事力で解決」の思考過程となった。

 

【原典】

吾所興戦之地不可知、不可地、則敵所備者多、敵所備者多、則吾所興戦者宴矣、

【訓読】

吾の与【トモ】に戦う所の地を知る可からず。知る可【ベ】からざれば、則ち敵の備うる所の者は多し。敵の備うる所の者の多ければ、則ち吾れの与に戦う所の者は多し。敵の備うる所の者の多ければ、則ち吾の与に戦う所の者は寡【スクナ】し。

【和訳】

我が軍が、敵の何処を攻撃しようとしているかを、敵に知らしめてはならない。敵は、攻撃される場所を知ることが出来ない以上、多くの場所に備えるべく、円周防護せざるを得ない。すなわち敵の配備は手薄となり小部隊となる。つまり、敵が多方面に兵力を配備するのであれば、我が軍が遭遇する敵は、どの方面であろうとも、わが軍の正面の敵は、ごく少数になるということになる。

【英訳】

So let the enemy commander our force’s intention unclear such as when and where to be attack, so enemy commander compel to prepare all around defense. That is all around defense let enemy force became small enemy force on each spot. That is we can concentrate our force to one point by force concentration. But enemy can not concentrate one point. So our force is strong on attacking point by force concentration.

 

【原典】

故備前則後寡、備左則右寡、備右則備左寡、無所不備、則無所不宴。

【訓読】

故に、前に備うれば則ち後寡く、後に備えれば則ち前寡く、左に備うれば、則ち右寡く、右に備えれば則左寡く、備える所無ければ、則ち寡からざる所無し。

【和訳】

従って、少数だから、前方を硬く守備すれば、後方が手薄となり無防備となり、後方に重点を置き固く守備すれば、前方は手薄になる。左翼を強化すれば、右翼が弱点を暴露し、右翼を補強すれば左翼が戦力不足を来たすことになる。すなわち、全てに備えようと考えれば、全ての箇所が弱まることになる。

【英訳】

While prepares front line strong, rear will be unprotected, and if prepares the rear strong, one’s front line will be weak. If reinforce his left flank, there will be weak on the right flank, and if strength his right flank, his left flank will be vulnerable. If one wants to defend all around, he will be vulnerable in all sides.

 

【原典】

宴者備人者也。衆者使人備己者也。

【訓読】

寡【スクナ】き者は、人に備うる者なり。衆【オオ】き者は、人をして己に備え使むる者なり。

【和訳】

戦力を多方面に分散して過小にしてしまった者は、敵に対して守備に立たされざるを得なくなる。一方、優勢となった戦力を要点に自由に集中しうる者は、敵を否応なく守備の態勢に追い込むことが出来る。

【英訳】

Those who disperse the force scattered all around position against enemy, so enemy compel to defensive position. On the other hands, those who concentrate force can make a strong point and can take a initiative operations, compel the enemy to defensive position.

 

【原典】

故知戦之地、知戦之日、則可千里而会戦。

【訓読】

戦いの地を知り、戦いの日を知れば、則ち千里にして会戦すべし。

【和訳】

そこで、戦うべき場所、戦うべき日時を正確に予測できるならば、たとえ千里も先に遠征したとしても、戦いの主導権を握り、勝利することができる。

【英訳】

If you can know fighting place and date and time accurately in advance, you should dispatch the force one thousand miles away and you can take an initiatives in the battle field. So you can get victory without fail.

 

【原典】

不知戦地、不知線日、即左不能救右、右不能救左、前不能救後、後不能救前。而況遠者数十里、近者数里呼。

【訓読】

戦いの地を知らず、戦いの日を知らざれば、則ち、左は右を救うに能わず、右は左を救うに能わず、前は後ろを救うに能わず、後ろは前を救うに能わず。而に況んや、遠き者は、数千里、近き者も数里なるや。

【和訳】

これに反して、何処で戦うのか、いつ戦うのかの時と場所とを判断できず知らないならば、左方の部隊は、右肩の部隊を救援することが出来ない。例え現在地が戦場であっても、敵に、主動権を取られて、左翼は右翼を、右翼は左翼を支援できない。第一線部隊は後方を、また後方は第一線部隊を支援することが不可能となる。このような状態では、遠いところで千里、近いところで数里に分散した部隊を支援することなど到底出来ない。

【英訳】

Those who can not estimate of the time and place to fighting, and also conduct aimless fighting operation even though fighting at this position, initiatives fall in enemy hands, and can not mutual support right wing support left wing, or left wing support right wing, and front line will not support logistic unit and logistic unit will not support front line. This is impossible further to conduct mutual support one thousand miles away or even though several miles apart.

 

【原典】

以吾度之、越人之兵雛多、亦妥盆於勝負哉。故曰、勝可為也,敵雛衆、可使無闘。越人之兵強多、亦奚畚於勝敗哉、故曰、勝可為也、敵雛衆、可使無闘。

【訓読】

吾を以って之を度【ハカ】るに、越人(敵)の兵は多しと言えども、亦【マタ】なんぞ勝に益あらん。故に曰く、勝つは為す可きなり、敵、衆しと雖も、戦うこと無からしむ可し。

越人の兵は、多しと雖えども、亦たなんぞ勝つに益せんや。敵は、衆しと雖も、戦いなからしむべし。

 

【和訳】

私個人の考えですが、現在、越軍の戦力(兵員数)が我が呉軍より多いと算定されておりますが、越軍は、兵の数が多いからといて必ずしも、勝つことが出来るというものではありません。我々が策を用いて戦うのであれば、越軍は、いかに優勢であっても、策が無ければその優勢の利益を引き出して、戦いに勝利を収めることは出来ません。従って勝利は、創造すべきものである。たとえ、敵が数的に強大であるといっても、吾が方には、その優勢な敵を戦えないようにすることが出来るのである。

私の状況分析によりますと、『越の国の兵士がわが国の呉と比べて、兵の数が多くのですが、彼らには戦術がないので、わが国に勝つことが出来ないと思います。敵は、たとえ大勢いても、私の虚実の戦術で、敵が十分に戦えないようにすることができます。

【英訳】

At present information the force strength of Etu army estimate out numbered our Go army’s number. But if our force fight against Etu army with full of tactics and plots, Etu army can not win, because of hey are do not have a good plan and tactics. There for victory is can create output. Even if enemy has out numbered soldiers, I can prevent enemy force from engaging because of conceal our intention.

According to my estimation By my Sun Tue’s the Art of war, I think that even if our enemy, the country of Yueh【越】are out number of us, WuGo:呉】, but they are no tactics at all, so the Enemy, the country Yueh【越】can not get win. Even if enemy is out number to us, it is no credit of enemy victory to the Yueh【越】. Even if the Yueh【越】army are out number of us, they can not fight any more by my Emptiness and Solid tactics, Sun Tue the Art of war.

※   Comment「局所優勢主義」:小部隊と言えども「重点に戦力を集中」すれば、大軍に勝つことが出来ると孫子は言っているのである。この部分は、『孫子の兵法』の著者孫武が呉王に自分を宣伝したとされている。

 

覚えておこう『四字熟語』

呉越同舟【ごえつどうしゅう】

☆  Bitter enemy board on the same boat.

☆  It need collaboration each other even if enemy when meet across hardship.

Comment 1 : 「呉越」 means “ The country of 「呉」 and the country of 「越」 are both fighting each other in long time, and 「同舟」 means “ Board on same boat ”

Comment 2 : 

Board on the same boat Arab and Israeli must collaborate each other if boat meets across the typhoon.

 

【原典】

故策之而知得失之計、作之而知動静之理、計之而知死生之地、角之而知有餘不足之處。

【訓読】

故にこれを策して得失の計を知り、これを作して動静の理を知り、これを形して死生の地を知り、これに角れて有余不足の処を知る。

【和訳】

そこで、戦局を推測して、彼我の優劣を考察して、現状を把握する。そして誘いをかけて、敵の出方を観察する。作戦行動を起こさせて、地形上の急所を探し出す。威力偵察を実施して、敵の陣形の弱点を知る。

【英訳】

To know the present combat situation by analyzing the information of both enemy and our force, and also enemy force’s superiority and inferiority points compare to our force. And to show the profit for enemy as a lures to be bite, and then observes the enemy actions including key terrain features. Let enemy combat operation and to seek out enemy vital week spots where to be strike. Do forced reconnaissance operation to find out enemy weak point.

 

【原典】

故形兵之極、至於無形。無形、則深間不能窺、智者不能謀。因形而錯勝於衆。衆不能知。人皆知我所以勝之形、而莫知吾所以制勝之形。故其戦勝不復、而応形於無窮。

 

 Comment深間」means deep penetrated spies in enemy side.

【訓読】

故に兵を形【アラワ】するの極【キワミ】は、無形に至る。無形なれば、即ち深間も窺うこと能わず、智者も謀ること能【アタ】わず。形に因りて勝を衆に錯く。故衆知るに能はず。人皆我が勝つ所以の形を知りて、吾が勝ちを制する所以の形を知るなし。故に其の戦い勝つに、復びせずして、形を無窮に応ず。

【和訳】

そこで、理想的な軍の戦闘態勢とは、敵にこちららの動きを悟られない態勢すなわち「無形」である。無形であれば、敵の部隊や奥深く進入した間者【スパイ】もその詳細な姿を見ることが出来ないので、我が方の情報を収集することが出来ない。また、聡明な敵の智将と言えども無形であるので、我が意図を窺がい知ることが出来ない。従って対策を立てようがない。そこで、多くの人々は、我が軍の勝った態勢を知ることは出来るが、我が軍が何故勝ったのかその理由を知ることが出来ない。それ故に、敵と戦い勝つのに、二度と同じ勝ち戦の形はなく、勝つ形は、敵の変化に応じて、限りなく無数に存在するのである。

【英訳】

Ideal battle formation of the force is “Invisible formation that is formless” which can not see or tangible from enemy observation or even deep penetrated enemy spies can not get information. If invisible, even able enemy spy can not get information from our troops, and more wise and able enemy general can not establish proper countermeasures, because of the intention of our force is invisible, so can not guess our general intention at all.

Lot of ordinary citizen to know the formation of winning our force, but can not understand true reason of wining of strategy and tactics at the start of war.     

There for the winning formation for the enemy is not exist same wining formation already exist, the wining formation is all ways changing according as enemy action. So wining formation exist infinity. 

 

 CommentMaster Sun Tzu forecast the U.S B-2 stealth bomber attack on al-Qaeda troops at Tora Bora cave【トラボラの洞窟】in Afghanistan 2500 years ago.

 オサマビンラディン

【原典】

夫兵形象水。水之形、避高而趨下。兵之形、避實而撃虚。水因地而制流、兵因敵而制勝。故兵無常勢、水無常形。能因敵變化、而取勝者、謂之神。故五行無常勝、四時無常位、日有短長、月有死生。

【訓読】

夫【ソ】れ、兵の形は、水に象【カタド】る。水の形は、高きを避けて、下きに趨【オモム】く。兵の形は、實を避けて虚を撃つ。水は、地に因りて流れを制し、兵は、敵に因【ヨ】りて勝を制す。故に、兵は常勢無く、水は常形無し。能く敵に因りて變化し、而して勝を取る者、これを神と謂う。故に五行に常勝無く、四時に常位無し。日に短長有り、月に死生有り。

【和訳】

軍の戦闘様式は、水の流れに似ている。一定の形はない。川の流れの様なものであり、決まった形はない。水の流れは、高いところを避けて、低い所へ流れるが、これと同じように、軍の行動も、敵が備えをした場所を避けて、隙のある少ない兵力配置をした所を攻撃する。水は、地形の変化に応じて、その流れの形を変えて行くように、戦闘も同じで、部隊も、敵情に応じた行動を取ることにより勝利を達成して行くのである。だから、水の流れには、一定の型と言うものはないように、戦争のやり方にも、普遍の型というものはない。うまく敵情の変化に応じて、勝利を収めることが出来る将軍は、まさに神の如しという。常に絶対的に常に勝つという戦法なるものは、この世には、存在しない。そして、その有効性は、永遠に続くものでもない。黄河の水の流れのように常に変化するものでもない。この戦法は、戦術の未来永劫の『虎の巻』でもない。木・火・土・金・水の五行【万物の元素】を保有しているからといって、常に勝てるというもでも無い。春・夏・秋・冬の四季は、常に変化する。また太陽の出ている時間も、夏は長く、冬は短い。そして月にも満ち欠けがある。私の『孫子の兵法』は、奥の深い戦略戦術書であり、幽玄の世界でもある。

【英訳】

Military operation is just like water flow or shape of water, no constant flow or constant shape exists it depend on river or vowel shape.

Water flows from high place to low place by avoiding the high place. So military force has no constant and permanent shape just like a water, to avoid the strong full force position and attack the enemy’s weak force position to gain victory.

Rule of operations of force is avoiding enemy strong front or point and attack enemy weak front or point.

Water change it’s shape according to the terrain features, just like water flows from high place to low place. Army to get victory by attacking enemy weak point by avoiding enemy’s strong point like water flows.

Therefore water has no permanent form of its own. Waging style of the war also has no permanent form of its own style.

To gain the victory by quick adapting to counter the change of enemy situation is very difficult. The ability of general to get victory in these conditions called the act of divine.

There is no certain art of war which is absolutely predominant forever in future. The art of war, strategy and tactics is always changing like a water flow of Yellow river. And this art of war is not the Bible of tactics its effectiveness is not everlasting. There is no special secret of victory in five elements of Wood, Fire, Earth, Gold and Water, which is the basic elements of all matters though, and also four seasons, Spring, Summer, Autumn and Winter, always shifting. Day time is always changing, long day in summer and short day in winter, and the moon waxes and wanes. My tactics and strategy, Sun Tzu’s the Art of War are deep and profound.

 

※   CommentBad boy all ways attack weak boys and girls avoiding strong boy. This is the origin of bullying【いじめ】. And this is more important, bad boy’s dictionary no letters ”Unless enter the tigers dent, you cannot get tigers cubs” or “Nothing ventured, noting gained” These words dislike Master Sun Tzu.

 Comment「五行」means Wood【木】, Fire【火】, Earth【土】, Gold【金】, Water【水】

Comment:孫子は『陰陽五行思想』を戦術に応用し、絶対普遍の戦術策なるものは、ないとしたのである。Five elements of Wood, Fire, Earth, Gold and Water are the basic compositions of all creation in universe. And called “ Mo【木】 Ka【火】Do【土】 Kin【金】 Sui【水】” in Japanese. 

 

孫子の兵法 第9 行軍篇

山本賢の『孫子の兵法』講座 より;

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

 

 

 

9章 行軍篇

 

Chapter 9 March

【原典】

孫子曰、凡處軍相敵。絶山依谷。視生處高。戰隆無登、此處山之軍也。

 Comment」means out-look.

 Comment」means up hill slope.

【訓読】

孫子曰く、凡【オヨ】そ軍を處【オキ】き、敵を相【ミル】に、山を絶【ワタ】れば、谷に依る。生を視て高きに処【オ】る。隆きに戦いては、登ること無かれ。此れ、山に處るところの軍なり。

【和訳】

孫子は言う。さまざまな地形に軍を進めて、配置する場合には、あらゆる観点から『地形』と『敵情』について分析検討を実施し、この結果を最大限に活用することが極めて重要なことである。

第一に、機動に任ずる部隊が山岳地帯を通過する場合には、河川や谷に沿って前進する。この際、高い所を見つけて、監視用望楼を設置し、敵の襲撃を警戒しながら、逐次軍を前進させることが重要である。この際、高所に布陣する敵と戦ってはならない。これが山岳戦の基本原則である。

【英訳】

Sun Tzu said that in case of army advancing or marching on various terrains and bivouac at field, it is very important to conduct terrain analysis and enemy situations analysis before the army advance and occupy it’s destination area. After that these analyzed results must be use at maximum.

First of all, in case of maneuvering force marching through mountain terrain, the maneuvering force must be advance as close as the foot of mountains where usually valley or river locates. In this case, it is essential to setting up observation posts on high point for security.

And then if you encounter the enemy which occupied at high place, you should not fight this enemy. This is the basic principle of the mountain operations.

 

Question and Answer

ここで「質問」です。何故、山越えをするときには、谷に沿って、低い所を前進するのでしょうか?

「答」;「飲料水」と「馬草」を確保することが出来るからです。中国は、水の無い国土です。日本のように、山の頂上まで草木が生えていません。

 

【原典】

絶水必遠水。客絶水而来、勿迎之於水内。令半濟而撃之利。

 Comment「客means invading enemy force【侵攻軍】.

【訓読】

水を絶【渡れ】たば、必ず水に遠ざかること。客、水を絶【わた】りて来たらば、これを水の内に迎うる勿かれ。半ば濟らしめて之れを撃たば利なり。

【和訳】

次に渡河作戦については、川を渡り終えたならば、速やかに水際から遠さかることが重要である。決して河岸に止まってはならない。

敵が川を渡って攻めて来たならば、敵が川の中に居る間にこれを迎え撃つのではなく、敵の半数が川を渡り終えた時点で、これを迎え撃つのが有利であり、こうすれば敵を殲滅することが出来る。

【英訳】

Next as to river crossing operation, after you crossed river, you must leave the river side as soon as possible. You should not stay river side for a long time.

If the enemy come across the river and attack us, you should not fight back at once, you must wait attack until the half of the enemy force complete river crossing, and then attack the enemy. This is the best timing for attack, you can annihilate whole the river crossing enemy force.

※ An example of war history on river crossing operation

渡河作戦の戦史事例 : 四字熟語の『宋襄之仁』 【そうじょうのじん】は、渡河作戦から生まれた「四字熟語」である。  


 

 The original source story as follows

In the Spring and Autumn period in China, there were good lord Jo【譲公慈父】of country Song「宋」. Country of Song「宋」was surrounded by two opposing strong countries. The lord of Jo 【襄公慈父】 was a very honest and peace love lord. And his foreign policies were peace with foreign countries with lots of ODA donation and defensive defense policy【専守防衛】 like Japan.

One day neighboring country So 【楚】 force invaded Song country to cross the border line river at Hong. Song country was ready for combat formation【戦闘準備完了】

When river crossed operation, enemy force’s formation lost and disturbed. This phase was good timing to attack. Military advisor of Song【宋】 advised his master lord also supreme commander of Song【宋】. “The enemy is many and we are very few. I request lord Jo permission to attack enemy cross the river” This was the best timing to attack the enemy formation. But lord did not approve it. Lord Jo 【襄公慈父】 said to military advisor “ We can not attack enemy at this moment because of enemy tail 【後方部隊】 still in enemy country. To attack enemy out side our country prohibits by our country’s law. Because our constitution prohibits preemptive attack so we can not attack. So we can not attack the enemy at this moment.

And next phase after enemy crossing the river, enemy force disordered chaos formation. Military adviser suggested let us attack while enemy was disordered. But the lord did not allow attacking the enemy in confusion. Because of principle of lord Jo 【襄公慈父】 was the perfect virtue【仁】 did not allow it. He attacked after the So force completed the attacking formation with fair and squire attitude. But this Jo force attack was failed and defeated by the enemy So 【楚】 force. Country Song【宋】 disappeared in China history, but left famous 4 letters 『宋襄之仁』 in history.

That is Japan defeated by the foreign country invasion and disappear Japan on the globe but remain the word “The Article 9 of the peace constitution” and “Exclusively-defensive defense or Self Defense only” in history.

宋の襄公慈父【じょうこうじふ】曰く『君子は、他人の困難にはつけ入らないものだ』いい言葉ですが、「自衛隊の戦術」や『孫子の兵法』とはかけ離れた次元のお話です。

 

          For example, Japanese MBT 【Main Battle Tank】has large stop lights and traffic indicators so as to easy hit the enemy shooting. To say as if “Please hit me” 【どうぞ撃って下さい】to the enemy.

And a destruction stock pile of land mines and cluster bombs which is most effective weapons for self-defense only not attack weapon. But lots of pacifists say land mine is demon of weapon or attack weapons. This groundless theory only depend on the story that………………..

Once, the Pol Pot Army of Cambodia drove the large number of refugee into mine field pocket to death. That is intentionally canalized refugee to mine field and death. And this sad story exaggerated alone by oneself. Mine is an attack weapon. Mine is originally good and effective defense weapon by use of discipline army. But poor discipline army or sloppy force use land mine to cause tragedy. This is same as pistol. Pistol is proper weapon for policeman, but not for gang. Land mine is same as pistol. It needs sever usage restriction. This is my personal opinion as mine clearance specialist and EOD【Explosive Ordinance Disposal】specialist.

 

『仁義無き』『先制攻撃』こそ、『安価』な戦いで勝利を収める最良の「防衛」策であるとする戦略もある。こてを『外科手術的航空攻撃』:Surgical air strike attackと呼んでいる。悪い所をピンポイントで航空攻撃をする戦術である。刮目すべきは、日本の真珠湾攻撃をSneak attack「騙し撃ち」と非難した米国が、先制奇襲攻撃を正当化しているのである。アメリカは、常に、二枚舌なのである。

仁義無き、先制攻撃で、適時適切に、各個撃破するのが安価な国防方針です:

The victory of war only can gets fast preemptive attack and defeat in detail with virtue less fight and also never lose good timing with cheap budget.

“Preventive attack” and “virtue less combat” and the advantageous position and good timing are the success of war.

 

覚えておこう「四字熟語」

宋襄之仁【そうじょうのじん】

☆  The perfect virtue 【仁】 of the Lord Jo 【襄】 of country So 【宋】 failed in many combats and finery ruin country, but remains his name[宋譲] and perfect virtue[].

刮目すべきは、孫子大好きの毛沢東主席が「We are not like the lord of Song! 」と言っていることである。

 

【原典】

欲戦者、無附於水而迎客、視生處高、無迎水流、此處水上之軍也。

【訓読】

戦わんと欲する者は、水に附きて客を迎えること無かれ、生を視て高きに拠り、水流を迎えること無かれ。此れ水上に拠【ヨ】る軍なり。

【和訳】

もしも敵と戦闘を交えんと欲するのであれば、水際に陣地を構築して、敵を迎え撃ってはならない。戦場を支配する緊要地形である高地を占領して敵を待っこと。舟戦さを含め、川下にいて、川上の敵と戦っては、ならない。以上が、河川を利用して、戦うときの戦術である。

【英訳】

If you want fighting against river crossing enemy at liver line, you should not make defense line at river side. Because of foot holding of river side is not strong. So you should occupy high place which is strong foot hole or on the key terrain, and waiting for enemy coming with patient.

And also you should not fight from down stream of river against up river enemy force including boats fighting. This is an example of river line fighting with boat tactics which is maximum use of up river position advantage. Up stream ships can make use of down stream water speed. But down stream ship can not make use of water stream speed.

 

【原典】

絶斥澤、惟亟去無留、若交軍於斥澤之中、必依水草、而背衆樹、此處斥澤之軍也。

 Comment」means flat mud ground.

【訓読】

斥沢を絶【ワタ】れば、ただ速やかに去って、留まること無かれ。若し軍を斥沢の中に交うれば、必ず水草に依りて衆樹を背にせよ。

これ斥沢【セキタク】に拠るの軍なり。

【和訳】

沼地を通り抜ける時には、迅速に通過すること。もしも、やむを得ず、沼地で戦うことになったならば、必ず飲料水と飼料の草がある傍で、森林を背後にして布陣すること。これが湖沼地で布陣する軍にとって必要なことである。以上が低湿地地帯に於ける戦闘の基本である。

【英訳】

When maneuvering force pass through the lakes and marshes land must pass through quickly. But when circumstances required fighting near or around the lakes and marshes land, you must take a position near clean portable water for soldiers to drink and lots of glass for horse to feed and keep forest behind you for self-defense. This is an example of tactics which must know about positioning force in the lakes and marshes land.

The above mentioned is the basic methods of passage on the lake and marshes rich terrain.

 

【原典】

平陸處易、而右背高、前死後生、此處平陸之軍也。凡比四軍之利、黄帝之所以勝四帝也。

 Comment「死」means down hill slope.

 Comment「四帝」means four emperors that is Red Emperor, Blue Emperor, Black Emperor and White Emperor.

【訓読】

平陸には易に処りて而して高きを右背にし、死を前にして、生を後ろにせよ。此れ平地に拠るの軍なり。凡そ此の四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちし所以【ユエン】なり。

【和訳】

平坦な開闊地形では、足場の良い行動の容易な場所に陣地を構築すること。陣地の背後と右翼を高地を背後に委託すれば、戦場は左前方のみとなり、右翼側方と後方の安全は地形で防護することが出来る。以上が平坦な地形における戦闘の基本である。

かの有名な黄帝は、上述した「山岳・河川・湖沼及び平地」の4種類の地形での戦闘の基本戦術を応用することによって、4人の他の皇帝〔諸侯〕に勝利したのでございます。

【英訳】

The fortification of defense position on the flat terrain, you should be selected the place where easy to move and fighting. And if you can select, both right flank and back high mountains, you can concentrate upon attacking the enemy in front. This reason is the most of arrow shooters are right-handers. The above mentioned is the basic fighting principle on level terrain.

The famous Yellow Emperor can get victory over 4 hostile Emperorslords by applying above mentioned the four basic combat principles on fighting at mountains, river sides, marshes west land and plains.

 

 Question and Answer

Question

When force take a position on level ground, why force right wing entrust high ground?

 Answer 

Most part of soldiers are right handed persons. So in case of shooting the arrow, they can grip the bow in left hand and grip tail of the arrow in right hand for shooting. And foot lancer wilding a long lance holds by it’s left hand is forward and rear part of the lance holding by right hand and also halberd【槍斧】same as lance. So arc of defense center is not middle of front direction rather than right side. So infantry soldiers attack abilities is stronger left-hand forward direction than right-hand forward direction. This is right flank entrust on high hill for safety.

 

 War history It is said Yellow Emperor invented“司南車(指南車)”which meant“Point to South direction car”indicated South direction by using gears and natural magnets. Yellow Emperor Force can get victory without lose its own way in the dense fog by use of magnetic compass car. 

  戦史 : 黄帝は、「司南車」(指南車:南の方向を指す)を発明したと言われております。指南車とは、天然の磁石と歯車を使用して南の方向を示すことが出来る車である。黄帝軍は、濃い霧の中を迷うことなく、磁石を利用したコンパス(北を指す)を使用して戦争に勝利したとのことである。

 

【原典】

凡軍好高而悪下、貴陽而賤陰。養生而虔實。軍無百疾、是謂必勝。丘陵堤防、必虔其陽而右背之、此兵之利、地之助也。

【訓読】

凡そ軍は、高きを好みて、低さを悪み、陽を尊びて、陰を賤しめる。生を養いて実に処る。軍に百疾無きは、是れ必勝と謂う。丘陵・堤防には、必ずその陽に拠りて、而してこれを右背にす。此れ兵の利、地の助け也。

【和訳】

およそ軍隊は、高地を好み、低地を嫌う。また日当たりの良い南面を好み、日当たりの悪い所を嫌う。飲料水や食草の豊富な場所や、生気を養うことの出来る堅固にして有利な場所に野営し、種々の疫病が起こらない場所に駐屯することが、軍が必勝するための前提条件である。

軍が丘陵や堤防などにおいて布陣する場合い、その東南に位置する日当たりの良い場所を選定する。陣地構築する際には、陣地の右翼及び背(後方)を丘陵や堤防に委託する。これが戦術でいう地形の利用である。

【英訳】

In sum, all armies prefer to stay high place than to stay low place, and like sunny side place than dark shadow place.

Soldiers like camp on hard ground where to vitalize soldier spirit with rest & recreation, and also bivouac on the place where easy to get a lot of foods and can drink clear water, so soldiers will not suffer from illness. This is the essential requirements to get victory in combat.

In case of army holds or occupy the position on hill, select southeast direction side where get a lot of sunshine. And in case of building a position or emplacement, right flank and back are protected by hill or mount. This tactics depends on most soldiers are right-handler. In case of the soldiers shooting the arrow, they can hold the bow in left hand and the arrow in right hand, and shooting direction is left side enemy, and also they can use the lance put the left hand forward and right hand back. And attack direction is left.  So the right direction and its back entrust hill or mountain.

 

【原典】

上雨水沫至、欲渉者、待其定也。

【訓読】

上に雨ふりて、水沫至らば、渉らんと欲する者は、其の定まるまで待て。

【和訳】

川の上流で大雨が降り、川の水が増水し、泡だっているのであれば、洪水の恐れがあるので、渡河作戦を中止すること。水位が下がるまでその場で待機せよ。

【英訳】

When you come across the fording place and to know the water level of river rising and water contain air bubbles by the heavy rain fall of up stream area, you must wait until the water level down.

 

【原典】

凡地有 ①絶澗 ②天井 ③天牢 ④天羅 ⑤天陥 ⑥天隙、必亟去之、勿近也。吾遠之敵近也。吾遠之敵近之、吾迎之敵背之。

【訓読】

凡そ、地には①絶澗【ゼッカン】・②天井【テンセイ】・③天牢・④天羅・⑤天陥【テンカン】・⑥天隙【テンゲキ】あらば、必ず亟【スミヤ】かにこれを去りて、近づくこと勿れ。吾れは、危険な場所から速やかに遠ざかり、敵には、危険な場所に近づくようにせしめよ。吾れは、これを迎え、敵にはこれに背せしめよ。

【和訳】

およそ地形には、選ぶべき地形と、選んではならない地形の二種類がある:近づいたり、入ったりしてはならない地形とは;

①.    両側が切り立った深い谷間

②.    自然の水の溜まり易い窪地で井戸のように四方がそびえる場所

③.    出口のない天然の牢獄の様に三方が山岳で囲まれた所

④.    自然の『鳥網』のような草木の生い茂った所

⑤.    自然の落とし穴のような足元の悪く身動きが出来ない窪地

⑥.    自然の地隙間が迫りくる先細りの凸凹した所は、近づいては、ならない。

必ず早くこれらの危険地域から速やかに遠ざかること。一方、敵には、危険地域に近づくべく仕向ける。我は、この危険地域を前にして防御陣地を構築し、敵には、この危険な場所が背後になるように仕向けよ。

【英訳】

There are two types terrains where you should be chose and you should not be chose. When you are encounter the following terrains you must not access and if you step into these terrains by mistake, you must leave this place as soon as possible.

①.   絶澗  Deep valley both sides steep cliffs,

②.   天井   Natural well terrain where spring came out and sunken place such as marshland,

③.   天牢   Natural isolated basin where has three side steep cliffs like a jail and no escape root except front,

④.   天羅  Natural grass and bush covered terrain which entangle the plantation like a bird catching net or thick jungle,

⑤.   天陥   Natural sunken place like a falling trap, and

⑥.   天隙   Natural ground crack and uneven ground etc.

You never approach above places and if you enter by mistake, you must leave the place as soon as possible.

While we must leave out danger area quickly and let the enemy show the lure to approach this dangerous places. And also it is important let the enemy’s back to the dangerous terrain and we use danger area as front defense barrier.

 絶澗【ゼッカン】とは、険しく切り立つ絶壁に囲まれた谷間。オサマビン・ラディンの大好きな場所。オサマビンラディン聖戦士は、常に銃手入れを欠かさない。ピカピカに磨き上げているのである。有事即応。銃手入れの嫌いな自衛官も見習うべし。

 オサマビンラディン

写真説明】アフガニスタン・パンジシール渓谷やトラボラの洞窟内のビンラディン聖戦士。


Panshir Valley in Afghanistan  is called the graveyard of Soviet Main Battle Tank MBTand GAZ Gorkovsky Automobilny Zavod:ソ連自動車国営工場】because of lots of the wreckage of Soviet MTBMain Battle Tankand military truck.【ソ連の主力戦車や軍用車両の残骸】scattered in the valley attack by mujahidin guerrilla【イスラム】or freedom fighter【自由戦士:レーガン大統領がヨイショと持上げた】or jihadist【聖戦士:オサ マビン ラディンの呼称】.

現在においても、岩石ゴロゴロ、兵器ゴロゴロ、地雷ゴロゴロ、山賊ゴロゴロ、武装解除されていない軍閥と山賊の巣である。これをtribal area【国の司法権が及ばない地域】という。

JMAS【日本地雷処理を支援する会】は、目下、DDGDemark Demining Group】と共に、パンジシール渓谷の入口の近くで、元タリバン兵士約80名を使用して、想像を絶する自然環境の下、地雷除去の合弁事業を実施しております。そしてこの渓谷の奥には、オサマビンラディンが潜伏していたこともあるトラボラの洞窟もあります。

JMASは、この入口の手前でスエーデンのNGOと地雷除去の共同事業を実施しております。

 

 

 

 

 Comment「危険地域」means  絶澗  Deep valley both sides steep cliffs  ②  天井  Natural well like terrain where spring came out and sunken place such as marshland,  天牢  Natural isolated basin where has three side steep cliffs like a jail and no escape root except front,  天羅 Natural grass and bush covered terrain which entangle the plantation like a bird catching net or thick jungle,  天陥  Natural sunken place like a falling trap, and  天隙  Natural ground crack and uneven ground etc.

 

【原典】

軍行有険阻瀇井葭葦山林蘙薈者、必謹覆索之、此伏姦之所虔也。

 Comment

『瀇井』 means pond and well.

『蘙』means dark and shadow place.

『薈』【ワイ】means bush.

『姦』【カン】」means bad guy such as enemy ambush soldier or spay.

【訓読】

軍の行きて、険阻【ケンソ】、瀇井【コウセイ】、葭葦【カイ】、山林、蘙薈【エイワイ】有れば、必ず謹【ツツシ】んで之を覆索せよ。これ、姦【カン】の伏する所なり。

【和訳】

軍の進撃途上に、「隘路」、「葦や水草の生える河川湖沼」、「厚く生い茂った山林」などがある場合には、徹底的に事前偵察を実施しなければならない。このような場所には「敵兵や間諜」が待ち伏せをしている可能性があり、観察力が必要である。

【英訳】

On the way to advance the army, if you meet across dangerous terrains such as “defile”, “river, lake and marsh land with full of water grass”, “mountain and forest” and “shadow place with bush” you must be conduct terrain reconnaissance in advance. Because of these places must be hides and ambushes bad guy such as enemy soldiers and spies. So needs observation power for commander.

 

【原典】

敵近而静者、恃其険也。遠而挑戦者、欲人之進也、其所居易者、利也。

【訓読】

敵、近くして静かなる者は、その険を恃【タノ】むなり。遠くして戦いを挑む者は人の進むを欲するなり。その居る所の易なる者は利するなり。

【和訳】

敵が近くに居りながら静まり返っているのは、その地形の険しさを頼みとしているからである。遠くに居ながら合戦を仕掛けるのは、相手側の進撃を望んでいるからである。その指揮所が平坦な地形にあるのは、我軍を誘い出そうとしているからである。従って、指揮官は観察力が必要である。

【英訳】

When the enemy is close at hand and still remains quiet, enemy force rely on steep key terrain. If the enemy attacks our force in small group from a long distance, enemy is trying to lure out our force, so you do not bite enemy lure. Enemy wants our force advancing. Also enemy field command post on flat terrain is lure out our force to be bit. 

 

【原典】

衆樹動者,来也。衆草多障者、疑也。辞鳥起者、伏也。獣駭者、覆也。塵高而鋭者、車来也。卑而廣者、徒来也。散也條達者、樵採也、少也往来者、営軍也。

【訓読】

衆樹の動くは、来るなり。衆草の障多きは、疑わしむるなり。鳥起つは、伏なり。獣、駭【オドロ】くは、覆なり。塵高くして鋭きは、車来たるなり。卑しくして広きは、徒来るなり。散じて条達するは、樵採するなり。少なくして往来する者は、軍を営むなり。

【和訳】

風も吹いていないのに多くの木々が動くのは、敵が密かに攻めて来た兆候である。多くの草々が覆いかぶさっているのは、伏兵が偽装して待ち構えているからである。鳥が驚いて飛び立つのは、伏兵がいる証拠である。獣が怯えて逃げるのは、敵の奇襲攻撃がある証拠である。

砂塵が高く舞い上がっているのは、戦車部隊が攻めて来たからである。一方、砂塵が低く全域を覆っているのは、歩兵部隊が攻めて来たからである。

砂埃があちこちに散在するのは、野営をするための薪を取って集めて、炊事しているからである。少しばかりの砂埃があちこちに散見されるのは、そこで野営をしようとしているのである。

【英訳】

Many trees and grasses rustle without winds, it is signature of the enemy is coming and approaching by secretly put on camouflage net and grasses.

If lots of grasses and weeds are covered over the ground, enemy ambush soldiers deceive you with camouflage. Be careful.

The birds fly away all of sudden with astonishments are the sign of enemy soldiers lying in ambush secretly. When the wild animals run away with frightened from bush is a sign of enemy soldier plan to surprise attack us.

Large clouds of dust in high straight columns indicate the approaching of chariot forces coming for attack. On the other hand, low and wide area dust clouds covered with ground is the sign of large infantry troops coming soon for attack.

Many clouds of dusts rise at random scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire. And small many dust clouds here and there are enemy troops plan to bivouac there.

 

 Comment捲土重来」means “Once defeated army recovered it’s strength and coming back again to attack with large clouds of dust in the air”.

 

 CommentThe most proud tactics of Old Imperial Army and Grand Self-Defense Force is Banzai attack with bayoneted rifle and with camouflage net and grass.

 

 

※ War history

General Yoshiie MINAMOTO【源義家】nick name Taro HACHIMAN like and known the Sun Tzu’s the Art of War. And he learned by heart all the chapters 13, including the sentence of “Suddenly birds flying away with astonished are the sign of enemy soldier ambushed” 

In actual combat “Campaign at after 3 years【後三年の役】” which was internal strife between Yoshiie MINAMOTO and Iehira KIYOHARA【清原家衡】General Yoshiie to see wild goose flying formation over a pond. All of sudden, wild goose flying formation change, why??? He noticed the enemy force had to hide in the bush so wild goose could not make landing.

General Yoshiie ordered his men to scout the lake side bush and find 30 enemy soldiers hiding there. And killed ambushed guerrilla.    

 

 Comment「条達」means “Cutting woods binding it by rope and pull it make sand cloud ”.

※ War history

“The 4th battle of Kawanakajima on September 9 ~10, 1561

「第四次 川中島の戦い。1561年 9月9日から10日」。

「越後の竜」対「甲斐の虎」 

“Dragon of Echigo” vs. “Tiger of Kai

 

軍師山本勘助の「啄木鳥戦法」破れたり。

 

Do you know“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】of Military Advisor Kansuke YAMAMOTO.

Kawanakajima is the important place on strategic point where concentrate roads. Both Shingen TAKEDA, Tiger of Kai and Kenshin UESUGI, Dragon of Echigo, or Son of Bishamonten contested at Kawanakajima.

Lord Kenshin UESUGI and his troop 18,000 men came from Echigo and encamped at Mt. Saijozan. While lord Harunobu TAKEDA station at Castle Kaizu with his 20,000 troops. The distance Kaizu-castle and Mt.Saijo is about 2 km. 

Kansuke YAMAMOTO proposed lord Harunobu the attack plan of Kenshin UESUGI who stationed on Mt. SAIJO by“Woodpecker tactics

Lord Shingen said “Oh! It is the Sun Tzu’s the Art of War【孫子の兵法でござるな】. Master Sun Tzu said that the surrounded enemy【包囲した敵】must prepare escape rout【逃げ道】. So you must open for escape route for enemy and we ambush【待伏せ】the enemy. And annihilate【殲滅】”

Military advisor explained to lord Harunobu his attacking plan;

First, our force divides two. One is the SAIJOZAN Separate Independent Attacking TAKEDA Force【妻女山武田別働隊】which consist 12,000 soldiers. Main force and headquarters 8,000 men remain here. The role and purpose of the Separate Independent Attacking Force drive out enemy soldier in barricade on SAIJOZAN like woodpecker knocking out worms from the wood.

Second, another Ambush reserved Force which consist of 8,000 soldiers at Hachimandaira where come out deserted soldier attack like woodpecker eat worm. Come out soldier captured by“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】which is one of the castle attack tactics by one force attacking the castle and another force ambush out side and waiting up enemy come out. If enemy came out from castle both of our forces pincer attack【挟撃】them.

This attack plan was adopted by lord Harunobu without any correction. And the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force leave the Kaizu castle at time of Rat【子の刻】at midnight under the pitched black knight to Mr. Saijo … … … … … … … ……….

But this woodpecker tactics failed. Because lord Kenshin UESUGI who knew the Sun Tzu’s the Art of War very well but did not like it. Because of Sun Tzu’s the Art of  War recommended the plot and deception. Kenshin UESUGI observed Kaizu castle from Mt. Saijo as usual. But today evening, Kaizu castle is different from usual. There are lots of smoke pillows rise from Kaizu Castle. Why??  Also lots of flags and pennants are moving. Why??

 

 

 

They must be prepare make rice balls for tomorrow break fast why???  He get answer from Sun Tzu’s the art of war Chapter 9Many clouds of dusts rise at random scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire.

So Kenshin UESUGI decided his force leave and descended Mt. Saijo before enemy came here to prevent surprise attack. And attack the enemy main body. So he and his force leaved the Saijosan at that night. And he ordered to make bonfire and stood UESUGI force standards【上杉軍隊旗】as if his force station at Mt. Saijo still. And all Uesugi force descended the Mt. Saijo and attacked main body of Singen TAKEDA which remained only 8,000 troops.

Next morning the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force attacked Mt Saijo. But there was no enemy at all. Only the gun shooting sound was heard from Kawanakajima.

Takeda main force, 8,000 troop waiting with“Crane wings formation”【鶴翼の陣】which like crane spreads both wings.

Uesugi force, 13,000 troops attacked Takeda Force by use of “Wheel attack formation”【車懸かり陣】which contact the enemy by new fresh attack troop in succession by Uesugi Force. Wheel attack formation was American Indian’s attack the wagon train.

 

鞭声粛粛夜過河

暁見千兵擁大牙

遺恨十年磨一剣

流星底逸長蛇

♪~ 鞭声 粛々 夜河を渡る ~

♪~ 暁に見る 千兵の大牙を 擁するを ~

♪~ 遺恨なり 十年~

♪~ 一剣を磨き~

♪~ 流星、光底、長蛇を逸す~  by Sanyou RAI

謙信の騎馬部隊を制御する鞭の音も殆ど聞こえてこない、真っ黒な墨を撒いたような夜の渡渉作戦が密かに行われた。朝方、霧が晴れると数戦の謙信軍が牙をむいて総攻撃を仕掛けて来た。いざ合戦と。十年このかた磨き抜いて来た、一剣を振り下ろしたが、流星の如く走った剣光の下、長蛇の大物の敵の総大将信玄を取り逃がしてしまったのは、遺恨なり。真に残念至極なり。

 

♪♪♪  Kenshin UESUGI cavalry force carried out fording operations at night secretly under the cover of pitched black night without sounding except soft touch sounds of horse with whip. ~~♪

♪♪♪  At the next morning clear the morning fog, all of sudden appeared the Kenshin cavalry force which plan to attack Shingen main force by surprise attack“Wheel attack formation”which contact the Shingen main force. ~~♪

♪♪♪  Kenshin cut down Harunobu by a Japanese sward which polishing ten years more with grudge. Harunobu defended Kenshin’s attack by military leaders fan【軍配】~~♪

♪♪♪  Kenshin UESUGI failed to kill Shingen TAKEDA. This is very regrettable for Kenshin. It is a real disappointment. ~~♪

 

For reference Kenshin, UESUGI famous poem as follows

「四九年 一睡の夢 一期の栄華 一杯の酒」

“Look back on my forty nine years of life has past only like a dream of short slumber, these my golden days of prosperity life is no more than one cup of SAKE.

「私の49年の人生は、一睡の夢のうちに過ぎた。今にして思えば、これまでの栄華も一杯の酒に過ぎなかった」と。Picture show the Kenshin’s special horseback sake cup【馬上杯】. 上杉謙信は、馬に乗る際は、直径約12cmの馬上杯【大どんぶり】でお酒を飲んでいたのであった。今風に言えば上杉謙信は、「飲酒運転」常習者だったのです。

 

【原典】

辞卑而益備者、進也。辞彊而進驅者、退也。奔走而陳兵者、期也。

輕車先出居其側者、陳也。無約而講話者、謀也。奔走而陳兵車者、期也。半進半退者、誘也。

 Comment進駆」means gallop with horse.

【訓読】

辞【コトバ】、卑しくして備えを増す者は、進むなり。辞の強くして進駆する者は、退くなり。約なくして和を講ずる者は、謀るなり。

輕車の先ず出でて其の側に居る者は、陳するなり。奔走して兵をつらぬる者は期するなり。半進半退する者は誘うなり。

【和訳】

敵の軍使がやって来て言葉丁寧にへりくだった口上を述べている時には、敵は、一方で着々と攻撃準備を進めているから注意する必要がある。逆に、敵の軍使が強気一点張りで、今にも我が方に攻撃して来るような話し方をする場合には、実は前進するのでなく、退却の準備を進めているに相違ない。敵の使者が媚びへつらうのは、敵が休戦を欲しているからである。

敵の使者が何の約束もなく突然表敬訪問をして、和睦を持ち出して来る使者は、奇計を計画中である。

戦闘用馬車【戦車】が現れて、その両横に兵士が備えているのは、戦闘準備完了の態勢が整ったのである。

兵士や馬が忙しく走りまわって軍を並べているのは、決戦の準備である。

敵の部隊が「一進一退」しているのは、一見秩序がない様に見えるが、実は誘いをかけているのである。敵の誘いに乗るな。したがって要注意!

【英訳】

When enemy emissary come and visit our head quarters, and if the emissary speak to you with polite words and lots of cajole, this case enemy must be make preparation for attack us secretly, so be careful.

On the contrary, enemy emissary speaks out aggressively and lots of bluffs as if advance and attack us at any moment, this case may be a sign of enemy force stop or retreat soon. It is no problem at all.

If the enemy emissary pay compliment with flattery word, enemy want armistice.

If the enemy emissary suddenly pays a courtesy call without appointment, and asks for a truce, this case mast be plot so you must care.

Advance the chariots first and accompany by foot soldiers both side are enemy battle formation is ready, and attack us.

When soldiers and horses rush here and there in a hurry for making formation is preparation for decisive battle ready.  

When enemy force conduct seesaw game with half of his troop advance and half of his troops retreat, this formation seems as if disorder, but enemy luring you and want to trap your force. So be careful! Don’t bite enemy lure!

 

 Comment巧言令色」means “Smooth-tong and lots of compliment” person little perfect virtue.

 

 An example of war history : Invasion operation on Malaya「マレー進攻作戦

Dec. 8, 1941 – Jan. 31, 1942

The story of the fight betweenThe Tiger of MalayaandThe Peter Rabbit of England

『マレーの虎』対『イギリスのピーター・ラビット』の物語

The Twenty-fifth Army, Japanese Imperial Army, commanded by Lieutenant General Tomoyuki YAMASHITA, his nick name “Tiger of Malaya” or “Metabolic General” landed on the beaches of Singora in Thailand, Pattani in Thailand and Kota Bar in Malaya early morning on Dec.8, 1941. After successful landing on Kota Bar by TAKUMI Task Force 【侘美支隊】send a radio signalSeco Seco Seco Seco・・・”which means cord wordLanding is successful !This secret radio signal one hour and 55 minutes earlier thanTra Tra Tra・・・”that meansWe are successful on surprise attack!【我奇襲に成功せり】”from Ford island on Hawaii.

Japanese Imperial Army and 60,000 men attacked Loyal Army and Indian Army 130,000 men including Australia Army.

The tactics of Japanese Imperial Army commanded by Lt. Gen.YAMASHITA is GERMAN style blitzing 【ドイツ流電撃作戦】which consist of Main Battle Tank, bicycle, artillery and infantry under supported by air plan cover.

Singapore Defense Force plan withstand to enemy attack for many months with its large caliber fixed guns around the harbor and it naval base. But the problem was that guns aims to only seaward not landward, for no one had ever anticipated an overland attack from North to South, descend down the narrow peninsular.

On February 8, 1941, Lt. Gen. YAMASHITA authorized the use of most of remaining artillery ammunition in a heavy-bombardment to Singapore.

Singapore island attack operation is Feint attack from East side of island but main attack from West side of island”【声東撃西作戦:「東に声して、西を撃つ」東方から攻撃すると見せかけて、実際には西から進撃する陽道作戦】through mangrove.

So he thought temporally suspension of attack by lack of ammunition until get new ammunition supply.

Lt. Gen. YAMASHITA was desperate situation of no food to eat and no ammunition to shoot by used up【食うに食無く、撃つに弾無く】and zero stock on hand【手持在庫ゼロ】. But also British was desperate for drinking water, because Japan held water supply reservoir【給水源を確保】and destroyed water supply pipe line and facility【水道管及び給水施設】by air raid.

Lt. Gen. YAMASHITA wanted the British to surrender in his mind【英国が降参することを心から願った】. The miracle happened. To respond Lt. Gen. YAMASHITA’s wish, enemy military envoy came to the 25th Army headquarters and said to Japanese staff. Our commander in chiefs Lt. Gen. Percival wanted to open temporary agreement on cease fire. But Japanese side did not accept cease fire but surrender. And finally both Japanese Army and Loyal Army agree to open meeting on surrender negotiation next morning from 7:00 at the office of Ford automobile factory.

Next day, the delegation from Japanese Imperial Army reached on time. But Lt. Gen. YAMASHITA waited at office of Ford automobile factory with irritation, because Loyal Army delegation appeared 30 minutes late. Lt. Gen. YAMASHITA was burned with rage at late coming British delegation.【山下将軍は、イギリスの代表が遅れてくることに対して、カッカしていた】And at last, British Army Lt. Gen. Percival and with white flag and Union Jack【英国国旗】on solder’s back at Ford automobile factory on Bukitema high land Feb. 15. And surrender negotiation started at small office.  

Surrender negotiation needed two interpreters. One was from Japanese Army and one from Loyal Army. Two interpreters were Major Wild from Loyal Army side and Taiwanese medical student form Japanese Army side. These appointed interpreters was ordinary translation no problem but they could not understand on military terms at all【軍事用語を全然理解出来ませんでした】.

Major Wild translated English into Chinese with use of leather covered English-Chinese dictionary, on the other hand Taiwanese medical student translated from Chinese to Japanese. But his Japanese speaking ability was not good. So negotiation hit on the ground by the lack of interpreter ability【通訳の能力不足により交渉は、暗礁に乗り上げてしまいました】.

So Lt. Gen. changed the interpreter to Lt. Col SUGITA once toured of duty in America. But SUGITA could not interpret at all, because he did not use English long time and forget English at all. And American English and King’s English are different on pronunciation.

At first Loyal Army wanted conditional surrender but Japanese Army was unacceptable and insisted unconditional surrender.【当初、英国陸軍は、条件付降伏を主張していましたが、日本陸軍は、受け入れ難いとして、無条件降伏を主張していました】

Cunning Lt. Gen. Percival said “I can not understand your English “when he thought disadvantage terms on surrender. But favorable conditions, Lt. Gen. Percival could understand instantly. 【狡賢いパーシバル中将は、降伏条件が己に有利である内容に付いては直ぐに理解するものの、不利の場合には、全然意思が通じないフリをした】So the negotiation conference came to deadlock【交渉は暗礁に乗り上げてしまった】.

Lt. Gen. YAMASHITA, once he was military attaché to Germany【かってドイツ駐在武官だった】, got angry【怒り狂って】and said to Lt. Gen. Percival beating on table Bang!  Bang!  Bang! 【テーブルをドン!ドン!ドン!叩いて】with German accent English【ドイツ語訛の英語】voice like a thunder【雷のような大声で怒鳴った】“I can not understand your King’s English accent at all”【お前さんの英国訛の英語は、俺には、全然わからない】. I have only one simple question. Will you surrender, Yes or No? This is very simple question, aren’t you? This is no cease-fire negotiation, nor conditional surrender meeting. If you do not surrender without any condition, I shall do night attack this evening to Singapore city. We are ready for night attack at now. Japanese 25th Army is elite unit on bayoneted rifle night attack.

Lt. Gen. Percival whose nickname “Peter Rabbit” astonished and jumped up the chair【驚いて椅子から飛び上がってしまった】said instantly “Yes, Yes, I agree with unconditional surrender【無条件降伏に同意します】and sign the MOU Memorandum of Understandon cease fire instantly on this spot【この場所で直ぐに降伏文書に関する覚書に調印した】.

以上は、この時の状況を映した無声映画から想像した会話であるが、机を「バン・バン・バン」ゲンコツで叩く姿は、迫力があり、英国国民が愛するピーター・ラビットのニックネームを持つ小心者のパーシバル陸軍中将ならずとも、悪名高き「山口組暴力団」も震え上がるに相違ない。

The 25th Army marched through 1,100 km jungle roads with 95 times combat against British Army and Indian Army from Singora, Thailand to Singapore on 55 days.

The 25th Army which consisted of 4 divisions and eighty thousands soldiers attack Combined Royal Army and Indian Army which consisted of two hundred thousand soldiers and got perfect victory. 

不肖山本は、利害関係が相対立する団体との交渉に参加したが、敵対する相手は、自分に有利な場合には、直ぐに理解してくれるが、不利になる内容であると、途端に、お前の英語は、良く分からないとか、お前の言うことはおかしいと、色々難癖をつけられて来た。そして自分が不利だと思いつつも妥協してしまった。ところが、西洋の軍人や退役軍人は、地雷や不発弾に関する知識のない国連職員から、まくし立てられようとも、断固として自分の意見を曲げない話術と度胸には、ただただ、尊敬するばかりである。「本官が現職務に在る限り、お前らの指示や命令は、受けない。俺独自の方法でやると」言い切る欧米北欧諸国のご同輩には、尊敬をする。不肖山本には、こんな芸当は出来ない。

 

覚えておこう「四字熟語」:

一進一退」【いっしんいったい】

☆  Seesaw game with one step advance and one step backward.

 

【原典】

杖而立者、飢也。汲而先飲者、渇也。見利而不進者、労也。鳥集者、虚也。夜呼者、恐也。軍擾者、将不重也。旌旗動者、乱也。吏怒者、倦也。粟馬肉食、軍無懸瓶、不返其舎者、窮寇也。諄諄翕翕、徐興人言者、失衆也。數賞者、窘也、數罰者、困也。先暴而後畏其衆者、不精之至也。来萎謝者、欲休息也。兵怒而相迎、久而不合、又不相去、必謹察之。

【訓読】

①.    杖つきて立つ者は飢うるなり。

②.    汲みて先ず飲む者は渇するなり。

③.    利を見て進まざるは、疲るるなり。

④.    鳥の集まるは、虚しきなり。夜呼ぶ者は、恐れるなり。

⑤.    夜、呼ぶ者は、恐れるなり。

⑥.    軍擾(ミダ)るるは、将重かざるなり。

⑦.    旌旗の動くは、乱るるなり。

⑧.    吏、怒る者は、倦【ウ】むなり。

⑨.    粟・馬肉を食し、軍に懸瓶なくして其の舎に帰えざる者、窮寇なり。

⑩.    諄諄翕翕【ジュンジュンキュウキュウ】としておもむろに人と語る者は、衆を失うなり。

⑪.    しばしば賞する者は窘しむるなり。

⑫.    ますます罰するは、困るなり。

⑬.    先に暴にして後に其の衆を畏るる者は不精の至りなり。

⑭.    来たりて萎謝する者は休息を欲するなり。

⑮.    兵、怒りて相い迎え、久しくして合わせず、又相去らざるは、必ず慎みてこれを察せよ。

【和訳】

①.    兵士が杖をついて立っているのは、食料を食べ尽くして、兵士が飢えているのである。

②.    給水兵が、給水点に来て、真っ先に水をガブガブ飲むのは、其の軍の全員が飲む水が無い証拠である。

③.    敵の部隊が利益ありと認めながら、進撃して来ないのは、敵が疲労困憊して、戦うことが出来ないからである。

④.    鳥が沢山あちこちに止まっているのは、其処には、兵士が撤退して、いないからである。

⑤.    夜に、おたがい、大きな声を出して、互いに呼び合っているのは、兵士が臆病で怖がっているからである。

⑥.    軍に統制が取られていなく、乱れているのは、将軍が「軽い」からであり、将軍閣下としての威厳が無いからである。

⑦.    敵陣の旗並びが無秩序に、絶えず前後左右に移動するのは、指揮中枢が混乱していることを現わしているのである。

⑧.    敵将や将校がむやみやたらと兵士に怒鳴り散らしているのは、彼らが精魂を使い果たして、厭世気分に陥って、弛んでいるからである。

⑨.    馬にはコウリャン【粟】を鱈腹食わせ、そして兵士には物資運搬用牛車の牛を殺して、牛肉をタップリ食べさせている。そして炊事用の鍋釜も打ち壊した。もう二度と、この宿営地の幕舎に帰って来って来ることもない。命を棄てて包囲網を突破しようと、死にもの狂いになった、追い詰められた破釜沈舟の敵軍である【背水之陣】。

⑩.    敵将や将校が声を低くして、ヒソヒソと兵士に話しかけているのは、兵の忠誠心がすでに失われてしまって、信頼されていないからである。

⑪.    敵がしきりに賞を与えているのは、敵部隊の士気が上がらず困っているからである。しきりに兵に懲罰を科しているのは、その兵が疲れ命令に従わないからである。

⑫.    始めは、やたらと兵士を怒鳴りつけたり乱暴に取り扱っておきながら、後でその兵士の離反を恐れる将軍は、考えの行き届かない極めであり、愚かな将軍である。

⑬.    敵の軍使わざわざやって来て、贈り物を捧げて謝るというのは、敵が、しばらく軍を休め、休戦を求め、兵力建て直しを目論んでいるのである。

⑭.    敵が、攻撃をしかけた事に対して、わが軍は、士気旺盛でこれを迎え撃ったものの、事後、敵は、撃って出ることもなく、さりとて戦場を去る気配のない敵に対しては、慎重に対処することが肝要である。

【英訳】

①.   Soldiers stand by use of sticks and walking, they are tired out with hungry and starving. 

②.   Dispatched soldiers of water supply team to the water supply point, this dispatched soldiers drink first themselves is all the member of forces must be thirsty without drinking water.

③.   Enemy commander knows to get big benefit by attack or advance, but enemy force do not advance or attack us, it must be enemy soldiers tired out so they can not attack us or advance any more.

④.   Lots of birds together here and there, these places enemy has been evacuated so no enemy soldier station there.

⑤.   The soldiers call out each other with big voice in the dark night these soldiers are coward and afraid of our force.

⑥.   Noisy and disturbing enemy force are not control well, that is general disrespected by his officers and soldiers.

⑦.   The flags and pennants in the battle field moved disorderly from left to right and up and down at random is troop commanding system disordered and confusion at command center.

⑧.   Officers easy to gets angry and his blood rush to his head is they are very tired out from bottom of heart. So he can not control one’s mind.

⑨.   Feeding all the kaoliang to the horse and eat up the beef of ox-cart cow for goods transportation. And also destroy rice cooking pots and kettles too. That is we are not return back again this bivouac area where living tents stand, these enemy will desperately fights to expect breakup of our envelopment line force.

⑩.   Officer speaks to soldier again and again with patients and quiet attitudes, this shows the loyalty of the soldiers has been lost.

⑪.   Enemy soldiers gives rewards often times which means they are at an impasse in morale, and when enemy inflicts numerous punishments to the soldiers, it means soldiers are worn out and do not obey the orders.

⑫.   Violent treatments for the soldiers at first, and then later to be afraid of retaliation and revenge from the delinquent soldiers are extremely incompetent and utterly unskillful management. This is ill-wise stupid general managements.

⑬.   Enemy emissary suddenly come and visit our headquarters to apology with many gifts and full of conciliatory manners for begging want to cease fire agreement. Enemy commander want to rest and recreation for a while, after that attack us. So you must be careful.

⑭.   Enemy force marching to you and began attacking violently, but all of sudden to stopping advance, enemy force do not fight any more or do not withdraw in the combat area too, in this case, it is imperative to watch the enemy’s course of action and the enemy present situation carefully.

 

※ Comment Osama bin Laden walking with the help of a stick at Tora bora in Afghanistan suffers from heavy kidney disease.

※ Comment

Water supply team of Kwantung Army was almost same as Sun Tzu 2,300 years ago. So Japanese Army said “A soldier who sweat a lot and drink water a lot is a proof of weak soldiers ”[水をがぶ飲みし、汗をかくのは弱兵の証拠]

日本人は、顔を洗う時は、水道を出しっぱなしにして、両手で水を救い、顔の所に持って来ますが、 中国人は、両手で水を救い、水がこぼれない様に、手を動かすことなく、顔を近づけ、手から水をこぼさない様に使います。

日本人は、お金持ちも、貧乏人も、冷たい水で顔を洗わないと、スキットしませんが、中国では、土豪劣紳は【富裕層】「お湯」で顔を洗い、小金持ちは「水」で顔をあらいますが、貧乏人は、顔を洗いません。

不肖山本は、少年時代を中国で過ごしたため、朝、顔を洗ったことがありませんでした。そして、水の豊富にある日本に帰って来てからも、殆ど朝、顔を洗いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    
    

 

 

 

 

【写真説明】

①.  このお水。オイシー! 水を飲み、汗をかくのは弱兵の証拠也。

②.  醤油樽を利用してのお水運び。 

③.  湯たんぽを利用してのお水運

 

 Joke 「背水之陣」内閣

Prime minister Fukuda said himself, My government surrounded by Ozawa allied forces so I have decided to fit in with them with “Fighting with my back to the river or lake, this is means if my operation fail against Ozawa allied forces can not survival any more our force in politics.” ― 昔も今も闘いは厳しいのである。

 

【原典】

兵非益多也。惟無武進、足以併力料敵、取人而己。夫惟無慮而易敵者、必擒於人、卒未親附而罰之、則不服、不服則難用也。足以枡力料敵、取人而己。夫惟無慮而易敵者、必檎於人。

【訓読】

兵は、多きを益ありとするに非らざるなり。惟だ武進すること無く、力を併せて、敵を料らば、以って人を取るに足らんのみ。これ惟【タ】だ慮【オモンバカ】り無くして敵を易る者は、必ず人に摛にせらる。

武進【ブシン】すること無かれ。力を併【ア】わせて敵を料【ハカ】らば、以て人を取るに足らんのみ。夫れ惟だ慮【オモンバカ】り無くして敵を昜【アナ】どる者は、必ず人に檎【トラ】わる。

【和訳】

戦いに於いては、兵士の数が多ければ、それだけで勝てるというものではありません。兵士達が軽率に猛進し、無意味な突撃を繰り返すことをしなければ、少ないながらも兵力を温存し、これを集中し、敵情を正確に読むことにより、最後には、敵を思い道理に屈服させることが出来き、勝利することが出来るのであります。

ゆめゆめ「猪突猛進」することなかれ。わが戦力を適時・適所に集中し、敵情を考えた上で戦争するのであれば、勝利を収めることができよう。しかし、将軍が、良く考えることをしないで、敵を侮って、多勢を頼んで作戦指導をすると、必ずしや、戦場で敵の捕虜にされるであろう。

【英訳】

In the war, even if you have large number of soldiers, you can not always get victory. You should not reckless brave attack against big and strong enemy, if you fighting against big enemy with maximum use of intelligence and employing clever and good tactics, you can get victory on war.

Do not rush recklessly straight ahead attack for enemy without any thinking at all, as if a wild boar rushing straight at full speed for the enemy. If you wagging war with concentration of force at one point to proper place with good timing, so you can get win on war without fail. General who does not think strategy and tactics well and look down enemy abilities will be captured by enemy and war prisoner at battle field.

※ 日本語の「猪突猛進」を中国語で言うと『突飛猛進』【トウフエモンジン】突然飛ぶように猛烈に進むという意味です。

 

※ Comment War history with Joke. 

General Hideki TOJOU of Japanese Prime minister always said that “Do not be afraid of Britain and United States at all. Japanese have the Japanese Spirit. But The Anglo-Saxon race such as American and English have not the Japanese Spirit” 【米英恐れずに足らず。日本には大和魂があるからであります。しかしながらアングロサクソン民族の英米には、無いのであります!】and he started the Pacific War recklessly.

He also said that Imperial Army has advanced tactics called “Bamboo spear tactics【竹槍戦術】” But US Army and Loyal Army have not. Bamboo spear tactics is most advanced tactics【竹槍戦術は、最も優れた高等戦術であります】which can pierce a tank through with a Bamboo spear【戦車を竹槍で串刺しにすることが出来る】and can push B-29 bomber in the air with a Bamboo spear【B-29爆撃機も竹槍で突き上げることが出来るのであります】. This Bamboo spear advanced tactics is the Fundamental tactics of the Imperial Army’s tactics【この竹槍高等戦術は、国陸軍の根本作戦であります】. 

But after all, 4 years later, High Excellency Gen. TOJO captured alive by the Allied Forces soldiers【東條閣下は、4年後に、連合軍の兵士に生け捕りにされた】as prisoner of United Nation Forces. This is very miserable and shameful incident as Japanese people【これは、日本人として真に持ってニャンとも情けない話である】. He was sentenced at Class A war criminal【A級戦犯】and execution by hanging.

And also his motto was “Do not be war prisoner of war in alive”【生きて捕虜となる無かれ】. Once he committed suicide by pistol shooting but unfortunately he did not know the position of his heart, so he failed.

High Excellency General【将軍閣下】TOJO was not a caliber of prime minister【首相の器にあらず】and called PFC【Private First Class:上等兵】. This is disgrace to Japan【これは、日本の恥さらしである】. 

 

※ Comment In case of President Saddam Hussein of Iraq.

Once President Saddam Hussein of Iraq respect all American people including US president. This pro-American young general ride on white horse and fights with Iran for 8 years as a supreme commander of the Iraq Army.

President Saddam Hussein annexed Kuwait to Iraq because Kuwait is former one province of Iraq by draw the line on the sand of Iraq territory by British Empire. The current border was decided by British and America. And finally Saddam Hussein accused Kuwait pumping Iraqi oil from Iraq territory and invaded and conquered Kuwait.

After all Saddam Hussein arrested US Army and death by hanging like General TOJO. He must be regrettable feeling in the grave.

 

【原典】

卒未親附而罰之、則不服、不服則難用也、卒己親附而罰不行、則不可用也。故令之以文、斉之以武、是謂必取。

 Comment「親附【シンプ】」means become obedient.

【訓読】

卒末だ親附せざるに而もこれを罰すれば、則ち服せず、服せざれば、則ち用い難きなり。

卒既に親附せるに而も罰行わざれば、則ち用うべからざるなり。故に是れに令するに「文」を以てし、これを斉うるに「武」を以てする。 是れを必取と謂う。

【和訳】

兵士が将軍に親しみなついていないのに懲罰を行うと兵士は心服しない。心服しないと働かせにくい。反対に兵士達が将軍に親しみなついているのに、懲罰を行わないでいると、威厳が保たれず、有事の際に兵士を指揮することが出来ない。だから兵士に対しては、「温情」を持って「教育・訓練」するとともに、「軍規」を持って統制することが必要である。これを『必勝の軍』というのである。

【英訳】

If general punished his soldiers before building up loyalty between general and soldiers, in this case soldiers do not trust general at all, so general difficult to command his soldier at will and finally soldier will be disobedient.

On the other hand, if soldier become familiar with general, but general do not discipline to the soldier well, general can not maintain his dignity and also general can not command soldiers at will too.

Therefore it is very important to “educate and train” the soldiers with “warm heart”, and also control under “military discipline” with stern attitude. This is calledThe force of anticipate victory

 

覚えておこう『四字熟語』: 

「一罰百戒」【いちばつひゃっかい】

☆  One punishment is equal one hundred times oral admonishment.

 

【原典】

令不素行以教其民、則民不服。令素行者、與衆相得也。

【訓読】

令 素【モト】より行われずして、以って其の民を教うれば則ち民服せず。令の素より行なる者は、衆と相い得るなり。令の素より信なる者は、衆と相い得るなり。

【和訳】

法令が平生からよく守られていないのに、それでいて、兵士達に命令を下すのであれば、兵士達は服従しない。しかしながら、法令が平素から守られていれば、兵士達は、戦時に於いても、あらゆる状況下で誠実に軍規を守るのである。

【英訳】

If law and order are not observed in ordinary army life, and when in an emergency occurred, such as war broke out, if general issued the order to his subordinate soldiers, it is quite natural soldiers do not obey the commander’s order. But if law and order are well observed in ordinary military life, the soldiers obey the general sever order at war. If military law and orders are well observed in ordinary camp life, this army will be accepted in the war time sever order, this is called well disciplined first rate elite troops.

 

孫子の兵法 第8 九変篇

以下は、山本賢の『孫子の兵法』Even monkey can understand Mr. Yamamoto’s Sun Tzu’s The Art of War 【中国語・日本語・英語】版 【財】自衛隊援護協会 を民間の方々にも解り易く『軍事用語』避けて解説したものです。

山本賢の孫子の兵法(表紙)

 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

8章 九変篇   

 

Chapter 8 Nine variable tactics

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、①圮地無舎、②衝地交合、③絶地無留、④圍地則謀、⑤死地則戦。

 Comment圮地」means the ground where the foot hold too bad so do not good for marching and combat.

 Comment「衢」means the ground where road crossed which lead to foreign country.

 Comment「絶」means the ground where far from one’s own country and deep into enemy country.

 Comment「圍」means the ground where surrounded by mountains all three directions and only one narrow road pass through it.

 Comment「死」means the ground where surrounded by cliffs and precipices all sides where no escape rout.

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、将、命を君より受け、軍を合わせ衆を聚【アツ】め、和を交えて舎まるに、軍争より難きはなし;

①    圮地には舎まること無かれ。

②    衢地には交わりを合わせる。

③    絶地には止まる無かれ。

④    囲地にては則ち謀る。

⑤    死地には則ち戦う。

【和訳】

孫子はいう、およそ武力を行使するに当たって、将軍は、君主の命令を受け、兵を招集し動員する。召集した軍隊を運用するに当たっては、下記の『五つの着意事項』に留意すること。

①     足場の悪い低い散開地形で部隊を展開させたり、築城や野営をしてはならない。

②     通信・交通の便利な土地では、同盟条約に基づき連合を組む。

③     水も薪も食料も得ることの出来ない丸裸の土地には止まってはならない。

④     出口の塞がれた盆地には奇計を使う。

⑤     危険な土地では、敵と戦う。

【英訳】

Sun Tzu said that the operation of force is very difficult subject, general mobilized people and summons the army personnel under the order from the load. Called up army and use of force;

①     Do not deploy, emplacement and bivouac at low spread out ground where foot hold is bad.

②     Combine the force by alliance treaty at communication and traffic ground.

③     Do not stop at the bared ground where no water, no wood and food get.

④     Use the trick tactics for the enemy on the pent up closed ground.

⑤     Fighting the enemy on the danger ground.

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、① 高陵勿向、② 背丘勿逆、③ 絶地勿留、④ 佯北勿従、⑤鋭卒勿攻、⑥ 餌兵勿食、⑦ 歸師勿遏、⑧ 圍師必闕、⑨ 窮寇勿迫、此用之法也。

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、①高陵には向かうこと勿かれ、②背丘には逆うこと勿れ、③絶地には留まることなかれ、④佯【イツワリ】北【ニグル】には従うことなかれ、⑤鋭卒には攻むること勿れ、⑥餌兵には食らいつくことなかれ、⑦歸師は遏【トド】むるなかれ、⑧囲師には、必ず闕き、⑨窮寇には迫ること勿れ。これ用法の法なり。

【和訳】

     孫子はいう、およそ戦いの9原則とは、

①      高い丘陵に布陣している敵を攻めてはなない。

②      丘を背にして来襲して来る敵を攻めてはならない。

③      嶮しい地形にいる布陣している敵と長期に対陣してはならない。

④      偽りの退却をする敵を追いかけてはならない。

⑤      士気の高い精鋭部隊を攻めてはならない。

⑥      陽動攻撃を仕掛けて来る敵には、食いついてはならない。

⑦      母国に帰ろうとする敵軍を邪魔してはならない。

⑧      敵軍を包囲する場合には、必ず逃げ口を空けておくこと、閉じてはならない。

⑨      窮地に追い込んだ敵を急迫してはならない。

上述の九通りの処置が、孫子の兵法の原則である。

【英訳】

Sun Tzu said that the principle of war as follows:

①    Do not attack the enemy occupied on high ground.

②    Do not counter attack the enemy on his back is hill.

③    Do not confront long time the enemy stays on steep ground.

④    Do not take pursuit attack if enemy try to pretend retreat.

⑤    Do not attack the enemy elite force which has high sprit moral.

⑥    Do not bite the lure which is feint attack by enemy commander setting.

⑦    Do not stopping the enemy which is in retreat to home.

⑧    Do not attack enclosed enemy, let open runaway root for enemy soldiers.

⑨    Do not attack cornered enemy, the cornered mouse will bite the cat.   

The above 9 variable tactics are the principle of the Sun Tzu’s the Art of War.

 

【原典】

塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不争。君命有所不受。

【訓読】

塗【ミチ】に由【ヨ】らざる所あり、軍も撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。

【和訳】

場合によっては、通ってはならない道路がある。場合によっては、撃ってはならない敵もある。場合によっては、攻めてはならない城もある。場合によっては、占領奪取してはならない土地がある。将軍たる者にとって、君主の命令といえども、従うべきでない命令もある。君主は必ずしも現場のことを知っているわけではない。

【英訳】

There are some roads where should not be pass through. There are some enemies should not be attack. There are some castles should not be attack. There are some lands should not be occupied by attack. There are some orders exists even from the lord which should not to be obey for general, because of lord not always knows the spot situations

 

 Comment「将軍」means general. But the meaning of Sun Tzu the Art of War general is different from modern army general in position, mission and status etc. The general of Sun Tzu the Art of War is military advisor or tactics consultant who has a commanding authority to lord’s or king’s private army. The general of Sun Tzu days role and mission is almost same as general manager of base ball, he has all responsibility of victory or defeat the battle. General of the Sun Tzu the Art of war days compare with the general of Self Defense Force is very severe on employment of force. General speaking, general has an almighty authority out of castle city and some case lord give a formation map【陣図】to general. So general must fight enemy follow this formation map.  

 

※ Example of war history

かつて昭和天皇は「今後は、朕の命令なくして、一兵も動かすことはならん」と板垣征四郎陸軍大臣に言った。がしかし、・・・・・・孫子の兵法を悪用したのです。

Once Emperor Hirohito【昭和天皇】said to Cabinet minister of Army Seishiro ITAGAKI, ”From now on, you should not move even one soldiers dispatch to abroad without the order of We【朕】”

Kwantung Army Headquarters staff and commanding officer said that ; there are some orders exists even from the Imperial General Head Quarters【大本営】

This is the reason the Kwantung Army did not obey the order of Imperial General Headquarters and expand battle front【戦線拡大】  .

 

しかしながら、現在の自衛隊は、関東軍のようなことは、ありません。良く命令指示にしたがいます。これを「唯々諾々」と言います。唯々諾々とは:

 

覚えておこう『四字熟語』

唯唯諾諾 【いいだくだく】

☆  Obeys other’s opinion and order in straight without add any one’s own opinion.

☆  Be at a person’s beck and call with obediently.

☆  Always agree on other’s opinion without any one’s own thinking. All ways Yes sir, Yes sir.

Comment 1 :「唯唯」 means “ Obey others opinion without any thought ” and 「諾諾」 means “ Submit others order instantly without any thought ”

これは、ワンマン師団長隷下の部隊長の出世の秘訣でもあります。

 

【原典】

故将通於九変之地利者、知用兵矣。将不通於九変之利者、雖知地形、不能得地之利矣。治兵不知九変之術、雖知五利、不能得人之用矣。是故智者之慮、必難於利害。雑於利、而務可信也。雑於害、故憂患可解也。

【訓読】

故に将、九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将、九変の利に通じざる者は、地形を知ると雖【イエド】も、地の利を得ること能わず。

兵を治めて、「九変の術」を知らざる者は、五利を知ると雖【イエド】も、人の用を得ること能わず。

是の故に、智者の慮【オモンバカリ】は、必ず利害を雑【マジ】う。利に雑【マジ】りて而して務め信【の】ぶ可き也。害に雑えて、而ち患【ウレ】い解くべき也。

【和訳】

そこで、上述した「九変の利」に精通した将軍は、『軍の用法』をわきまえた将軍であり、このような将軍は、軍を上手に指揮することが出来る。九変の戦術の利益に精通しない将軍は、たとい戦場の地形が良く分かっているといえども、その地の利益を得る事が出来ない。

軍を統率する将軍として臨機応変の措置「九変の戦術」を知らないのでは、例え「部隊運用上の五つの着意事項」が分かっていても、部隊を運用して、戦闘力を発揮することは出来ない。

こういうわけで、智将は、状況判断をする際には、必ず「利」と「害」の両方の観点で考察する。つまり、利益を考える時には、必ず損失も考慮する。そうすれば物事は、順調に推移する。又、害になる面をも合わせて考えるから、その対策も、前もって織り込み済みであり心配事も無くなる。

【英訳】

General who knows above “Nine variable tactics” very well, he can good command his force. That is he can command his force all most perfect. General knows the terrain in combat aria very well, but if he did not know the nine variable tactics at all, he cannot maximum use of the terrain merits at will.

General who commands his subordinate force does not know about “Nine variable tactics” he can not command his officers and soldiers at will, even if he knows “Five basic factors of considerations on force management” very well, but he does not know “the nine variable tactics” at all, he can not show off his commanding ability at maximum.

Therefore wise general always think about both sides merit and demerit in case of estimate of the situation at the same time. When you formulate a profitable plan, you must thinks about demerit of the matters. By thinks on the demerits of matters, you won’t anxious about damage and failure, because of general anticipate damage control operation in advance.

 

 Comment「九変の利」means「地形の臨機応変の活用」= “Adaptation to circumstances on terrain”

「臨機応変に地形を利用」することの出来る将軍は、軍事について分かっている将軍である。

 Joke Stupid general always think about only one side so his order is simple and clear to understand soldiers and sailors. It is different from cunning high ranking career track bureaucrat of Defense Ministry issued directions to evade his responsibility. Their directions and languages always clear, but meaning obscure and vague.

So stupid general want to issue right order quickly, but to think both merit and demerit is very difficult.

 

軍人は、単細胞が良い。『決心攻撃、矢は左』は、マル。『即断即決』もマル。遅疑逡巡』は、良くない。

Decision is Attack! Direction of attack is left.This is school solution【原案】of tactics.

これは、旧陸軍の士官学校や旧海軍兵学校での戦術であった。これらの学校の卒業生達は、実戦でもこの通りに戦い、米軍は、これに対して「日本軍の教範」を研究して、待伏せ攻撃をしたと、米軍は、言っていた。

 

覚えておこう『四字熟語』

遅疑逡巡【ちぎしゅんじゅん】

☆  Undecided conclusion with hesitation is defeated by enemy attack

It need

即断即決 【そくだんそっけつ】

☆  Quick conclusion and instant decision is indispensable for front line officer.

 

【原典】

是故屈諸侯者以害。役諸侯者以業、趨諸侯者利。

【訓読】

この故に、諸侯を屈する者は害を以てなし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯を趨【オモム】かしむる者は利をもってす。

【和訳】

こういうわけで、近隣諸国の諸侯を屈服させるには、その害になることを強要することである。つまり、近隣諸国の国力を消耗させ、疲労させる最良の方法は、わざと事を起こして互いに戦わせることで疲れさせることである。また、隣邦諸国の君主を味方に抱き込むには、これを利益で誘うこと。

【英訳】

The best way to subjugate the loads of neighboring countries is to compel the lords harm full jobs which consume neighboring countries power. That is the best way to consume national power of the neighboring countries is to fight each other with the plot and tired out by fighting each other. And in case of neighboring lords to switch our side is to show a profitable lure for neighboring lords.

 

 Comment これを「漁夫の利」Fish in trouble area「鷸蛙の争い」Fisher man can get both food on quarrel between snipe and clam shell.

 

【原典】

故用兵之法、無恃其不来、恃吾有以待也。無恃其不攻、恃吾有所不可攻也。

【訓読】

故に兵を用うるの法、其の来たらざるを恃むこと無く、吾の以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻む可からざる所有るを恃むなり。

【和訳】

そんなわけで、軍隊の運用原則は、敵が襲来ないことを神頼みとし期待するのではなく、敵が何時やって来ても良いような態勢を構築することが大切である。つまり『敵に攻撃を断念させる』ことを、つまり『敵が攻撃できないように備える』ことが大切である。

【英訳】

Therefore the operational doctrine of war is not to assume that “The enemy will not be coming” but rather to rely on “To encounter the enemy force’s invasion” is essential. That is “Both preparedness and readiness of our country are perfect” is essential. That is do not reline on foreign country’s faith. That is you should not rely on neighboring countries faith but preparedness perfect. “Enemy force will not attack us, but rather to make assure our force ready-ness perfect and invincible.

 

 Joke 1 専守防衛

This strategy and tactics is the best for Japanese defense policy “ Self defense only ”【専守防衛】or “Defensive Defense ”【専守防衛】 or “ Exclusively defensive defense”【専守防衛】 It is like a porcupine【針鼠】. そうです。『専守防衛』でハリネズミのように武器でわが身を守るのです。敵が撃ってきたら、打ち返す。これが専守防衛です。この条件反射的防衛には、高度の軍事技術と大金が必要です。

孫子曰く『人を致して、人に致されず』こちらから積極作戦を仕掛けないと勝てません。

 

 Joke 2憲法第9条は、『怨敵退散!』である。 

Perform to recite three times “Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy!” with and this mentality is same as “The article 9 of Constitution” prevents invasion of neighboring countries or Stamped sealing paper【封印紙】 for door. The Stamped sealing paper is no effect for Chinese Mafia or Russian Mafia or sneak-thief. On the contrary Chinese Mafia or Russian Mafia works with free from care.

ワタシ提案するアルヨ。加持祈祷ヨイ有るネ。「怨敵退散! 怨敵退散! 恩敵退散!」三度言えば、敵来ないことあるよ。ポコペン。憲法第9条は、扉に貼る『封印紙』と同じアルネ。安心して悪いこと出来るアルヨ。中国マフィア、ロシアン・マフィア、空き巣狙いに全然効果ナイアルネ。因みに「ポコペン」とは中国語で『不殼本』と書き「ナットラン」とか「話にならない」とか「だめだ」という意味です。

 

 Joke 3:「備えあれば、憂いなし」

If prepared enough, there is no fear at all.是自衛隊のことである。

 

【原典】

故将有五危。① 必死可殺也、② 必生可虜也、③ 忿速可侮也、④ 廉潔可辱也、⑤ 愛民可煩也、凡此五者、将之過也、用兵之災也、覆軍殺将、必以五危、不可不察也。

【訓読】

故に将に五危有り。

①     必死は殺されるべき也、

②     必生は虜にされるべき也、

③     忿速は侮られるべき也、

④     廉潔は辱【ハズカ】しむらるべき也、

⑤     愛民は煩【ワズラワ】さるべき也。

凡そ此の五つの者は、将の過ちにして、兵を用いる者の災いなり。軍を覆し、将を殺すは、必ず五危を以てす。察すべからざるなり。

【和訳】

そんな分けで、勇猛果敢な愚将には、陥りやすい五つの危険があります。

①     駆け引きを知らないでいたずらに必死になれば、敵の狡猾な将軍に致され討ち死にする。

②     生きる事ばかり考えて、勇気に欠け、助かろうとすれば、敵の捕虜になる。

③     短気で怒れば、敵の術中にはまってしまう。

④     清廉潔白だけでは、敵の挑発に乗って、辱めをうけてしまう。

⑤     民衆への思いやりを持ちすぎると、神経が参ってしまう。

以上の5つのことは、将軍の陥り易い過失であり、軍を動かす上で、害になることであります。軍を敗北させ、将軍を戦死させるのは、必ずこの五つの危険のためであり、戦争をする上で弊害となるから、十分に注意しなければならない。

【英訳】

There are five danger examples easy to fall for the courageous and stupid general.

①   Those who are only brave and reckless but thoughtless and do not afraid of death can be die by cunning enemy general.

②   Those who are only timid and weak mind and stick to live long can be captured by enemy as prisoner of war.

③   Those who only short temper with anger can be fall into disgrace by enemy clever plots.

④   Those who are only clean and honest fall into sham by enemy dirty plots.

⑤   Those who are too much love soldiers and people easy fall into trouble and his spirit exhausted and tired out or beaten up.

     These above five faults for general will certainly cause army destruction and the death of the general. This is also harmful influence for combat. So general must seriously consider.

 

Joke : 緊褌一番 【きんこんいちばん】

緊褌一番 【きんこんいちばん】と言う四字熟語がある。この意味は、

Tighten the string of one’s loin-cloth on this fight.

To do the job with tighten one’s belt.

つまり 「緊褌」 means “ Tighten one’s loin-cloth ” and

「一番」 means “ On this important fight ”

つまり : 褌を締めてかかるという意味。腰巻を締めて掛かるとは言わない。

「一石二鳥」。学生の国語能力低下が問題視されている昨今、この四字熟語を知らない日本人は、いない。しからば、白熱電球を発明した、発明王のトーマス・エジソンもビックリ仰天したと言われている「一石六鳥」の日本製品がある。それは何か???

日本のフンドシの歴史は古い。中でも「越中褌」の名前の由来は、江戸時代、越中のお殿様『細川備中守忠興』が発明したと言われている。

お相撲さんの褌は、硬く織られた絹で出来ており使い勝手が良くありません。それに価格も高価です。

これに対し、日本男子が締める「褌は」

  1. 1.    褌は、綿で出来ておりとても安価である。
  2. 2.    褌は、風とおしが良く、蒸れない。日本は、「高温多湿」の国であるので快適である。
  3. 3.    褌は、ズボンをはいたままで、古いものと、新しいものを交換することができる。こんな真似は、西洋人の発明した「パンツ」では出来ない。
  4. 4.    戦争で負傷したら、包帯として褌を利用することができる。
  5. 5.    戦地においてでも「手ぬぐい」と紐さえあれば、簡単に作成することが出来る。
  6. 6.    そして、最後に、これが最も重要な点であるが、戦場で投降する際には、白旗として利用できる。そして「愛されんだ!」と言います。これは、I surrender! 【「私は降参します」と言う意味です】

No. 1 Japanese loincloth made from cotton and very cheap.

No. 2 Japanese loincloth is good ventilation, not stuffy. Japan is the country of high temperature and humidity so it is very comfortable.

No. 3 Japanese loincloth can exchange from old one to new one, even if you put on pants.

No. 4 Japanese loincloth can use as a bandage when wounded in action.

No. 5 Japanese loincloth can make by use of hand towel and cord with easy in combat area.

No. 6 Finally, it is most important things Japanese loincloth can use as a white flag when surrender to enemy in combat. In this case you must say only ”『愛されんだ!』 in Japanese” that is “I surrender ! ”                        

 

日本人の豊かな感性と発想から生まれた、世界に冠たる「越中褌」は、最近「Japanese Classic pants」なぞと称して、一部の若者に密かに愛用されているとか、いないとか。ブランド志向に取り付かれた「金満大国」日本の若者に、そのうちに外国のデザイナーによる、「フリル」や「レース」付きのグッチのデコレーシオン・パンツとか、雷様がはいている「虎の皮」でできたエルメスのクラシック・パンツなるものを身に付けるかもしれない。若い女の子に抜群の人気のあるエルメス革製品、本を正せば「おん馬さん用金具」の製造メーカ品であった。この話をエルメスの革製品を持っている若い女性にいうと「ウソー。信じられない!」と。そして運動不足気味のメタボリック症候群が気になる「短足長胴」お姐さんに方が、戦国武将が愛用した日本古来の大型扇を両手に踊り狂うも良し。ふわふわとした羽毛扇片手にビートの利いた音楽に踊り狂うのも良し。

この「愛されんだー!」而ち“I surrender!”『私は、降参します!』の用語の起源は、ジョン万次郎の考えた耳からの英語学習法の応用です。

 

沖縄復帰の直後のことです。不肖山本は、特別不発弾処理隊と混成団2科渉外幹部を兼務していました。回収してきた不発弾の爆破処理は、キャンプ・シュワブの演習場の弾着地点兼EOD Site#3で実施していました。EODとは“Explosive Ordnance Disposalの略語で「不発弾処理」と訳しております”

当時は、ベトナム戦の最中とあって、演習場の弾着地点確保と使用は、超過密状態でした。この使用統制は、Range Control【射場統制班】が実施しておりその指示【control】の下で爆破処理をしていました。

Range control で状況報告や指示を受けるために無線機と演習場監理規則を借りるわけですが、その時、必ず「時間調整」【synchronize watches】をします。

「今、何時ですか?」と正確な時間を聞いて、Range Controllerの時計と時間と合わせる必要があります。その時の必要英語は、「掘った芋いじるな!」でした。即ち、『掘った芋いじるな!』 ⇒ 『ほったいも いじるな!』 ⇒ 「ホッタ イモ イジルナ」 ⇒ “What time is it now ? ⇒ 「今何時ですか?」と言って時間合わせをして来ました。

またNTA North Training Area】北部訓練地域で訓練中の海兵隊員の人身事故では、EOD Site # 3(私の無線機のコールサイン)、患者後送ヘリ【medical evacuation helicopter】の出動要請の連絡頼む・・・」の中継がスムーズに行かずにクレームを付けられたこともありました。

 

孫子の兵法 第7 軍争篇

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

以下は、(財)自衛隊援護協会より出版した山本賢の孫子の兵法を戦術用語を避けて、一般の方々に解り易く解説したもので

 

 軍争篇 

Chapter : Armed Struggles

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、交和而舎、莫難於軍争。

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 

 Comment「交和」means confront each other.

【訓読】

孫子曰く、凡そ兵を用るの法、将、君主より命を受け、軍を合わせ、衆を聚めて軍となし、舎において和を交えて留まる。軍争より難【カタキ】はなし。

【和訳】

孫子はいう。およそ戦争で武力行使をするためには、将軍が主君の出撃準備命令を受けて、兵士をかき集めて軍隊を編成し訓練を実施する。そして、兵舎において兵士達の融和団結を図り、戦争を始めるのである。従って戦争ほど難しいものは、この世界には、他に存在しない。

【英訳】

Sun Tzu said that normally commanding general starts the war against neighboring country after received the marshaling order from his lord, and then he mobilize soldiers and train them as fighting soldiers and organize them as fighting force, and also to raise fighting spilt of the force general held morale boosting drink party at quartering barrack before the starts the war. So there is nothing more difficult than the armed struggle in the battle field.

 

【原典】

軍争之難者、以迂為直、以患為利。故迂其途、而誘之以利、後人発、先人至。此知于直之計者也。故軍争為利、軍事為危。

【訓読】

軍争の難きは、迂を以って直となし、患を以って利となす。故に、其の途を迂にして、これを誘うに利を以ってし、人に後れて発し、人に先んじて至る。これ迂直の計を知る者なり。故に軍争は利たり、軍争は危たり。

 Comment「迂」means detour or roundabout way.

【和訳】

戦場において、機先を制することは、非常に難しい。その難しさは、例えば「敵に対しては、あたかも『迂回路』を通っているように思わせて、敵を安心させ、その実、我が軍は、敵より遅れて出発しながら、密かに近道等を通り、敵より先に目的地に到達し、敵を攻撃する」ことである。この作戦『迂直之計』は、別の表現では「我に害あること」を「利益」に変えることでもある。つまり「禍を転じて、福となす」という作戦でもある。それ故に、進撃にあたっては、わざと敵には、あたかも回り道を取ってゆっくりと進んでいるように見せかける。更に、ささやかな利益の『餌』で敵を釣ったり、敵よりも遅れて出発し、相手よりも先に「争うべき戦場の要衝」に進出する戦術でもある。これが「于直の計」即ち「遠近の計」―「遠い道を近道にする謀(はかりごと)」―である。だから、軍隊が戦場において有利な地形を確保しようとする陣取り合戦は、きわめて有利な作戦であるが、また同時に、極めて危険でもある。この作戦は、コインの表裏の関係にあり、分離することが極めて難しい。

【英訳】

To take an initiative at battle field is very difficult operation. For example, our force pretend as if takes round route for the enemy observation post, so enemy commander negligence our force advance. That is let the enemy commander off guard and relax. But actuary our force select the shortest and direct route to the enemy in secret. That is faint operations which deceive enemy commander. Our force pretends to take round route for enemy’s eyes, but actually to take the shortest root to the battle field by camouflage operation. “This faked pretend tactics like a magic shows which handicap points change into advantage points. That is harmful point change into merit point. That is the proverb “Turn the misfortune or defects change into the fortune or merits”

Therefore in case of advance to enemy position or key terrain on the battle field, let the enemy commander believes our force advance roundabout route with slow pace. And also show or presents the small valueless lure to the enemy commander to be bite our present camouflage operation for the enemy. Let enemy commander off guard too. So our force can reach and get the strategic advantage position in the battle field before enemy arrival. This is the same tactics that stand the start-line position behind the enemy, but take a position and reach the profitable goal before enemy get. This is my “The long way to change the shortest way tactics” which means problems or demerit change into advantage or merits too.

The army’s competition to take advantage point or ground is very important operation and useful, but it is also very dangerous too. That is to say “It is can not separate like a two sides of the same coin”.

 Comment軍争」means competition to take vantage ground or key terrain.

※ Joke :

『迂直の計』とは、「以迂為直」「以患為利」即ち「急がば回れ、わざわい転じて福となす」戦術のことである。この迂回には、『距離の迂回』と『時間の迂回』があると、孫子は、言っている。

この『孫子の兵法』は、経営戦略のお手本であるとする経営学者や経営学修士【MBA:Master of Business Administration】は『ピンチは、チャンスだ!』と言っている。これは、すごい戦術である。因みにMBA修士の日本語訳は、『マヌケ』『バカ』『アホウ』の略語という人も大勢いる。

 

【原典】

學軍而争利、則不乃。委軍而争利、則輜重捐。是故巻甲而趨、日夜不處、倍道兼行、百里而争利、則檎三将軍。勁者先、疲者後、其法十一而至。

 Comment巻甲」means put off the armor and roll up and carry it on ones back to easy running.

【訓読】

軍を挙げて利を争えば、則ち及ばず。軍を棄てて利を争えば、則ち輜重を損なう。

是の故に、甲を巻きて趨【ハシ】り、日夜処【オ】らず、道を倍して兼行し、百里にして利を争へば、則ち三将軍を擒【トリコ】にせらる。勁【ツヨ】き者は先立ち、疲るる者は遅れ、その法(率)十にして一至る。

【和訳】

                        もしも緊要地形を得ようとして、全軍を投入したとしても、100%これを確保することが出来る保証はどこにもない。そこで迅速性を重視し、軍の司令部を現地に残置し、輕装備の戦闘部隊のみを投入すると、鈍重な後方支援部隊【輜重輸卒部隊】が置き去りとなる。

このようなことで、百里の先の有利な地形を攻撃奪取しようと、身に付けている鎧を取り、武具を脱ぎ、これらを丸めて肩に担づいて、昼夜休む事無く強行軍すると、予想外の敵と遭遇すると、疲労困憊した兵は、もはや戦うことも出来ず、前衛・本体・後衛の三将軍ともに大敗北を期し、捕虜となってしまう。強健な兵士は、先になり、疲労した兵士は、落伍する。其の割合たるや、十人中一人だけが戦場に到着するのである。

【英訳】

If you want to get key terrain and throw all forces to the key terrain but you cannot say obtain it 100% conclusively.

If you want to get key terrain quickly you must use front line troops only so headquarters and Combat Service Support Element CSSE,logistic support force remain on the spot.

Thus, if you want attack and occupy key terrain where one hundred miles far away, your men must to go there on force march to put off the armor and war helmet, or roll up them and fasten it by rope and carry on one’s back to quick action. And running at full speed day and night, never ever rest, so your men tiers out and can not fight any more when your force reached battle field. So your force may be defeated by the enemy, and your three generals, advance guard general, main body general and rear guard general will be captured by enemy, and prisoner of warPOW. Strong soldiers reach first at battle ground and weak soldier drop out can not reached key terrain The ratio of drop out percent is 90 % that is only one tenth of strength.

 

※ 戦史事例:「羽柴秀吉軍の脅威の『大返』しは、迂直の計である」

An example of war history : The outline of “Hideyoshi HASHIBA force’s Big return back”

 

Jun 3, 1582 Hideyoshi knew the death of Nobunaga ODA by the plot a rebellion【謀反の企て】of Gen. Mituhide AKECHI, one of faithful Nobunaga’s vassal【信頼すべき家臣】at Honnoji temple in Koto. He decided instantly to take revenge【仇討ち】of his boss, Nobunaga ODA. At that time, HASHIBA force fighting with MORI force and surrounded TAKAMATU castle. So Hideyosi need to stop fighting and making ceasefire agreements【休戦協 定】.

 

Hideyoshi started negotiation with the enemy, HASHIBA force stop water attack to the TAKAMATU castle in stead of conduct only the lord of TAKAMATU castle by Seppuku. Then all members of the TAKAMATU castle were free and liberate【開放され自由の身となった】.

Jun 6. Hideyoshi left the TAKAMATU Castle and forced march【強行軍】to Yamazaki district, in Kyoto. Troops returned back speed 30 km / day~ 40 km / day. This is the highest speed at that time【当時】.

Jun 13. Hideyoshi arrived at Yamazaki to take key terrain Mt. Tennozan where 270 m high.

This operation is called “Hideyoshi’s Big rapid return back”【秀吉の大返し】from TAKAMATU Castle to Yamasaki. That is “Long round about rout to the Mituhide AKECHI position changes into the shortest way”【迂直の計】

Finally HASHIBA force defeated AKECHI force at Mt. TENNOZAN, key terrain. Finally, Mituhide AKECHI was killed by bamboo spear of farmer. Mituhide AKETCH plotted a rebel, to killed his boss Nobunaga ODA at Honnoji temple in Kyoto where vacuum area where no strong enemy【強力な敵の兵力の居ない真空地帯】. But HASHIBA force return back was very quick speed. So Gen. Mituhide could not take a countermeasures【対抗手段が取れなかった】.

HASHIBA force, 40,000 men, commanded by Hideyoshi crashed AKECHI force 16,000 men at Mt. Tennozan in Kyoto. Mituhide AKECHI had to retreat before the 40,000 soldiers commanded by Hideyoshi HASHIBA. He fled, but he killed by power full local clan with bamboo spare. 

After this battle Japanese say “Decisive battle to get victory or defeat” called 【天王山の戦い】

 

【原典】

五十里而争利、則蹶上将軍。則法半至。三十里而争利、則三分乃二至。是故軍無輜重則亡、無糧食則亡、無委積則亡。

 Comment「上將means general of advance guard.

【訓読】

五十里にして、利を争へば、則ち上将軍を蹶【タオ】す。其の率、半ば至る。三十里にして利を争う時は、則ち三分の二に至る。是れを以って、軍争の難きを知る。是の故に軍に輜重無ければ、則ち亡び、糧食なければ則ち亡び、財貨なければ則ち滅ぶ。

【和訳】

五十里先で有利な地形を占領しようと駆け足で強行軍すると、先鋒隊の将軍がいたされる。また三十里先の有利な地形を確保しようと競争すると、三分の二の人員・物資が、戦場に行き着くだけである。これで、機先を取ることが、いかに難しいことかが分る。 そのようなわけで、軍に物資を輸送したり、また武器等を修理する輜重部隊が無ければ、その軍は、敗北する。また糧食がなければ自滅する。物資の備蓄が無ければ、戦争を継続する事が出来ずに敗北する。

【英訳】

If you try forced march on the fifty miles ahead, the general of advanced guard will be war prisoner or killed in action KIA. If you try to attack key terrain thirty miles away, only two third of all soldier or supplies reach the battle field. So you must understand how to difficult to take an initiative and with logistics.

Without logistic in force, the force is defeated by powerful enemy in combat. Without food to eat for soldiers, the soldier can not live any more, the soldier is dying. Without stock in force can not fight, so this force is defeated by strong enemy. If you do not have logistics in army, you are defeated by the enemy without fail. If do not have food and ration should be defeated. And if do not have war reserve stock operation cannot continue long time, finally defeated by the enemy.

 

【原典】

故不知諸侯之謀、不能豫交。不知山林嶮阻沮澤之形者、不能行軍。不用郷導者、不能得地利。

 Comment「委積」means stock pile.

【訓読】

故に諸侯の謀を知らざる者は、予め交わることを能【あた】わず。山林・険阻【ケンソ】・沮沢【ソタク】の形を知らざる者は、軍を行【ヤ】ること能【アタ】わず。郷導を用いざる者は、地の利を得ること能わず。

【和訳】

それ故に、近隣諸侯達の腹の内が分らないようでは、前以って、外交方針を立てて同盟を結ぶことも出来ない。また山林や嶮しい地形や湖沼などの地形を知らないのでは、軍隊を安全に進めることはできない。

現地の道案内が居ないと、『地形の利益』を収めることは出来ない。

【英訳】

One who can not read neighboring lord intentions can not make alliance with neighboring country lords in advance. 

One who does not understand terrain futures such as steep mountains and forests, lakes and ponds, cannot pass through with safe, one who not hire and use local terrains guide for advance force, you can not get profit key terrain merit.

 

 Comment輜重輸卒 【しちようゆそつ】」means Supply & Transportation troop or Logistician.

Japanese Imperial Army logistics support system was almost same as Sun Tzu day’s system,

2,300 years ago. Water buffalo carrying ammunition on it’s back in Cambodia. Water buffalo cooperate with Japanese Imperial Army operation in Cambodia.

 

Japanese Imperial Army famous war song : 「♪♪輜重輸卒【 logistician 】が兵ならば、蝶やトンボも鳥の内、電信柱に花が咲く♪♪・・・・・・・・」

 

「輜」 means Carriage for transport closes and suit

「重」 means Wagon

「輸」 means Transportation

「卒」 means Soldier

If you say the logistician is a soldier, then you must say butter-fly and dragon-fly is a bird family not insect. And also telephone pole comes out beautiful flowers. This proverb is well known in Japanese Imperial Army.

Rank of Logistician in Imperial Japanese Army regard as lower than private soldier in command.

  このようなわけで、軍隊に物資を補給する『輜重輸卒』がいなければ、その軍は滅び、糧食がなければ軍隊は滅び、物資の蓄えがなければ戦闘を継続することができない。

その昔、平清盛は言った。『平家に非ずんば、人に非ず!』と。

現代は、『普・特・機に在らずんば、自衛官に非ず!』と。

そして、『車両整備に在らずんば、武器に在らず!』

弛んだ幹部とポンコツ自衛官の捨て所と言った風調があった。

不肖山本のお仕事は、戦闘機を撃ち落す、レーダー、弾道計算機、高射砲の整備をしていた。マイクロ・ソフト社のビル・ゲーツ社長が、青ばなを垂らし、親指を舐め、オムツをして、ヨチヨチ歩きをしていた頃、コンピュータの整備をしていたのである。

輜重輸卒を軽視すると、太平洋戦争でのガダルカナル【餓島】の戦闘で説明するまでもなく、いかに精鋭無敵な第一線部隊といえども、「食む」に『食無く』、「撃つに」に『弾無く』とどのつまりは、将兵は「泥水をすすり、草を食み、病に倒れ、餓死する」ことになる。

 

The military historian says “ The first UXO Unexploded ordinance:不発弾】in Cambodia was Japanese shell, but no contents explosive, so it did not hurt Cambodian people. But US airplane bomb to Japanese Imperial Army so many dud bombs remain in earth.

 

←*:

旧陸軍の戦車整備員は、偉かった。『ヤスリ』一本で戦車を整備していたのである。【写真参照】

 

旧陸軍の航空機整備員も、凄かった。『人民解放軍、空軍部隊』は、日本人捕虜『航空機整備員』が作った【付録参照】

 

※  Sun Tzu said the Key word of victory is logistics that is foods and war reserve stock. But Japanese Imperial Army logistic support same as Sun Tzu days 2,300 years ago.

 

一方、第二次世界大戦中、米軍にREMFという略語があった。現在でも使用されている。Rear Echelon Mother Fucker. 即ち『後方支援隊員のこん畜生!』という意味で「第一線部隊の隊員は,汗水たらして、命を懸けて戦闘しているのにも関わらず、後方では、のんびりとWACと共によろしく勤務している。真に以ってけしからん!」といった意味である。

ちなみに、太平洋戦争中、米軍は、人員・物資輸送車としてGMCトラックを使用していた。GMCとは、General Motors Corporationの略であり、軍用車両Hummer等を開発し納入していたものの、最近、破産してしまった。戦後、GMCトラックは、自衛隊に供与され、長いこと使用して来た。不肖山本は、この車で大型免許証を取得したり、整備教育なぞ実施したが、老朽化と日本車の路外走行性能向上に伴い、国産品を使用することに相成った。これらのGMCトラックは、米軍に返納した。これらのGMCトラックは、タイ陸軍に再び供与された。そして、タイ陸軍も自国で新車を装備する力が付いた。そしてこのGMCトラックは、CMAC【カンボディア地雷除去活動センター】において活動している。不肖山本は、40年前に整備していたGMCトラックの整備教育をCMACの整備員に:

♪♪♪ チー チー パッパ チー パッパ 雀の学校の先生は、鞭を振り、振り、チー パッパ ♪♪♪と4年間実施し来た。

CMAC【カンボディア地雷除去活動センター:Cambodian Mine Action Centre】は、約500両の車両を保有し、その内100両が第二次世界大戦中に装備化したGMCトラックである。この他、1リッターで1kmしか走ることが出来ないソ連製GAZトラックの整備教育も実施してきた。このGAZ【Gorkofski Avtomobily Zavod】トラックの性能諸元や技術情報を40年前に中央資料隊で収集していた懐かしい車両である。そして、クメール語への通訳や整備教範作りは、3名のロシアの大学の機械工学科を卒業したCMAC隊員の協力を得た。そして4名の一致した意見は、「Russky【ロス助】は頭が悪い」と。世が世であれば、ポルポト政権下で、彼らは、通産大臣か、プノンペン市長になっていたかも知れない。

発展途上国の技術支援は、パソコンやコンピュータ技術を除き、ハイテク技術は、押しなべて不要で『ローテック技術』特に野外整備こそ必要であると思った。

 

【原典】

 Comment「郷導キヨウドウ】」means local road and terrain guide.

 An example of war history

Battle between Genji clan and Heike clan at Hiyodori, Ichi no Tani in Mar.7 1184. Heike force regrouped【再編成】at Ichi-no-tani, near Fukuhara. It was a wide stretch of land, with one end is sea and other end is steep cliffs【片方を海、方方を断崖絶壁で囲まれた土地】. Along this stripe of land, Heike force build a barricade with red banners.

To attack this Heike force、Yoshitune MINAMOTO force marching to Ichi-no-tani. And search for the road to the Heike head quarters camp【本陣】.Benkei MUSASHIBO takes back with old local road guide【道案内人】to Yoshitune. 

Old man said to Yoshitune MINAMOTO go to Ichi-no-tani can not go by horse, but only deer can go by animal pass. To hear this old man information, Yoshitune said to old man, deer and horse is the same 4 legged animal, if you say deer can go Ichi-no-tani, our military hose can go to Ichi-no-tani too by use this animal pass. And old man said to Yoshitune, I am too old to guide to Ichi-no-tani, so my son know this secret animal pass to Ichi-no-tani. My son will guide to you.

3,000 Yoshitune cavalry force clime down stiff cliff to Heike headquarters by surprised attack main body of Heike force. Heike panicked and fled toward the sea where their ships were waiting. But there not enough ship to wait. And this surprise attack leads the victory of Genji.

See Appendix 7-1 “The Tale of the Heike clan” [『平家物語参照』]

 

【原典】

故兵以詐立、以利動、以分合為變者也。故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、不動如山。難知如陰、動如雷震。掠郷分衆、廊地分利。懸潅而動。先知迂直之計者勝、此軍争之法也。

 Comment「詐】」means deceive by plot.

 Comment「分合」means meeting and parting of force or concentration and dispersion troop.

【訓読】

故に兵は、詐を以って立ち、利を以って働き、分合を以て変を為す者なり。故に其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く、侵略することは火の如く、動かざることは山の如く、知り難きこと陰の如く、動くことは、雷の震うが如く、郷を掠【かす】むるには衆を分かち、地を広むるには利を分かち、権を懸けて而して動く。于直の計を先知する者は勝つ。此れ軍争の法なり。

【和訳】

そこで、戦闘は、己の意図を隠し、敵を利益でつり出し、罠を仕掛け、敵を欺くことを基本方針として、我に有利になるように行動し、敵の兵力を分散し、味方の部隊を集中することにより、状況を打開して行くものである。だから、あるときは、疾風のように迅速に進撃し、あるときは、林のように息を潜めて敵を待ち、あるときは、猛火のように侵略し、あるときは、泰山のようにどっしりと不動の態勢をとる。ことが大切である。

其疾如風     はやきこと、風のごとく

其徐如林     しずかなること、林のごとく

侵掠如火     しんりゃくすること、火のごとく

不動如山     うごかざること、山のごとし    

あるときは、暗闇のように分りにくくし、あるときは、雷鳴のように激しく動く。村里をかすめ取って糧食を集めた時には、これを兵士に分配すること。敵の土地を奪って広げる時は、その領地を隷下部隊長に分け与えること。軍隊は、「利害・得失計」をソロバン勘定して作戦行動を起こすこと。そうすればお国のためになる。

相手に先んじて「迂直の計」―遠い道を近道にする謀ごと―を知る者が勝つのであって、これが主導権を取るための軍の「作戦の原則」である。

 

【英訳】

Combat is based on deception operations to hide own intention and show the enemy bites and entrap the enemy. And move when it is beneficial to do so, and manipulate your favorable situation by the meeting or parting of force as needed.

Some times, Moving swift like a wind when advance a troop.                 

Some times, Silent likes a forest, waiting for ambush for enemy troops.       

Some times, Invade likes a fire,  invading enemy country.                

Some times, Stand still likes a big mountainDo not move by enemy attack    

Some times, Difficult to know like shadow in the dark.                 

And some times, Moving like a light of thunder bolt, in quick. 

When plunder the foods from the local people of village general must divided it to soldiers. And when occupied the enemy territory, it must be divide it to subordinate force commanders.

Military operation must be starts after calculating by abacus on“Advantages and disadvantages” that is the interests of the Nation.

He who knows “The long path makes short way tactics with plots” can get victory. This is the principle of military operations to take initiative.

   

 

 War History Commander in Chief. Gen. Norman Schwarzkopf’s operation in the Gulf War.

戦史Ⅰ:ノーマン シュワルツコフ司令官の湾岸戦争作戦

C-in-C. Gen. Schwarzkopf’s operation plan was taking maximum advantage of the allies’ strength and mobility and attacking Saddam Fussein’s weakness. Gen. Schwarzkopf was threatening Saddam Fussein’s Iraq force by giant amphibious US Marine Core【USMC】 assault and which Iraq force kept pinned down at east side of Kuwait city. While Ⅶ Corps, ⅩⅧ Corps and coalition force secretly detoured the west by leapfrogged and the 101st Airborne blocked the retreating Iraqis escape routes. The liberation of Kuwait was completed.

シュワルツコフ司令官の作戦は、同盟軍の戦闘能力を最大限に引き出し、これを利用するもので、サダム・フセインの軍を弱点を致して、攻撃するものであった。シュワルッコフ司令官は、米海兵隊を使用して、サダム・フセインの部隊をクエートの市内に釘付けにして、Ⅶ軍とⅩⅧ軍及び同盟軍をカエル飛び作戦で西方から迂回して、イラク軍の退路を遮断して迂回攻撃をするものであった。第101特殊作戦部隊は、イラク軍の逃走経路を封鎖し、この作戦により、イラク軍は、粉砕されて、クエート市は、開放された。

 

 War History 「斬り込み抜刀隊の夜間攻撃の成功は、『于直の計』と『分合』即ち兵力の分散と集合である」

The first, movement in small groups under the cover of pitched darkness of night by turned around rout secretly, the second assemble at AP 【 Assault Position 】and the third unsheathed the Japanese sword and fixed the bayonet with rifle and the last Banzai attack by the order of “Charge !”

 

 War History ベトナム戦争における北ベトナム軍とベトコンは、『于直の計』のホーチミン・ルートと『分合』の兵力の分散・集中により勝利した」

North Vietnam regular Army and Viet Con【越共】 can get victory by use of Ho chi min trail【ホチーミン・ルート】in jangle and coordinate surprise attack behind the rear. Total length of the Ho chi min trail was 1,850 km, from Hanoi to Saigon which needed 6 month to travel by foot. This Ho chi min trail was used as supply root for North   Vietnam regular army and Viet Con guerrilla from Hanoi to Saigon.

Total amount of ammunitions by use of US Forces about 11,270,000 t. This is about two time which US Forces used in WWⅡ, and 56 times US Forces use the battle of OKINAWA during WWⅡ.But US can not destroy Ho chi min trail.

North Vietnam regular Army and Viet Con guerrilla marched through Ho chi min trail in detail with weapons and ammunitions by dispersion formation under cover jungle. And assemble behind the US Army and the US Marine Core base secretly. And coordinated attack to US base. 

 

『迂直の計』とは、何んぞや?

Question :

What is “Roundabout path makes short way tactics?”

Answer is :

Blue Force

The long roundabout path( Roundabout route from Blue Force to Battlefield A) makes the short direct way( Straight way from Blue Force to Battlefield B ) by showing the lures for enemy, and to start later than enemy, but reach the destination( Battle field B )earlier than enemy arrival at key terrain.

 

Change the long route to the Straight rout tactics

  • Ø Pretend to take a roundabout route on the purpose and show the lure the enemy with some gain or profit.
  • Ø This is to master the curved round route to straight route.
  • Ø “Make haste slowly

Change the long distant route “From blue Force to Battle field A” ⇒ Straight way ”From Blue Force to Battlefield B”

Roundabout route from Blue Force to battlefield A to the short Straight way to show the lure.

 

To deceive enemy and arrive at the good position of battle field earlier than enemy!

敵を欺き、敵より先に戦場に着け!

 

※ War history study ;

“The battle of Kawanakajima Ⅳ”is symbolic war in the Age of Civil Wars

「第四次川中島の戦い」は、戦国時代を象徴する戦いであった。

 

“The 4th battle of Kawanakajima on September 9 ~10, 1561

「第四次 川中島の戦い。1561年 9月9日から10日」。

 

“Dragon of Echigo” vs. “Tiger of Kai

             

   
   

「越後の竜」 対 「甲斐の虎」

   

“Dragon of Echigo” vs  “Tiger of     Kai

   
   

 

「越後の竜」上杉謙信の眼力に、

軍師山本勘助の「啄木鳥戦法」破れたり。

 

The 4th battle of Kawanakajima Phase

Woodpecker tactics

☆    Wood pecker tactics「啄木鳥戦法」

The 4th battle of Kawanakajima Phase Ⅱ 

☆    Shingen TAKEDA’s “Crane wings formation” 「鶴翼の陣」

vs

☆    Kenshin UESUGI’s“Revolving wheel attack formation”「車懸りの陣」

 

General Situation

Kawanakajima is the important place on strategic point where concentrate roads. Both Shingen TAKEDA, Tiger of Kai and Kenshin UESUGI, Dragon of Echigo, or Son of Bishamonten contested at Kawanakajima thee times.

 

Aug. 14. 1561. Kenshin UESUGI conduct pre-combat inspection his Force【隊装備検査実施】

Kenshin UESUGI’s the purpose of this battle was “Chop off the head of Shingen TAKEDA”

Aug.15.1561. UESUGI force arrived at Zenkoji temple and logistic support force stay Zenkoji temple.

Aug. 16, 1561.

Kenshin UESUGI Force, Kenshin and 13,000 men occupied Mt. Saijozan of Kawanakajima first. This information report to Shingen TAKEDA.

The same day early morning, Shingen TAKEDA started Tutuzigasaki house to Kawanakajima,

Aug. 24, 1561. Shingen TAKEDA Force, Shingen and 20,000 men entered Kaizu Castle.

 

Situation no change and hold :

Lord Kenshin UESUGI and his troop 18,000 men come from Echigo and encamped at Mt. Saijosan. While the lord Harunobu TAKEDA station at Castle Kaizu with his 20,000 troops. The distance Kaizu-castle and Mt.Saijosan is about 2 km. 

 

Order of Battle and organization:

Kansuke YAMAMOTO proposed to lord Harunobu the attacking plan of Kenshin UESUGI who station on Mt. Saijosan by“Woodpecker tactics

 

Lord Shingen said “Oh! It is the Sun Tue the Art of War are not you【孫子の兵法でござるな】.Master Sun Tue said that the surrounded enemy【包囲した敵】must be prepared a escape rout【逃げ道】when attack. So you must open the escape route for enemy and we ambush【待伏せ】the enemy. And annihilate【殲滅】Kenshin UESUGI”

Lord Shingen TAKEDA ordered Kansuke attacking plan on Mt. Saijosan quickly.

 

Military Advisor, Kansuke YAMAMOTO making a Wood-pecker tactics plan and proposed to the lord Singen TAKEDA and adopted without any correction.

 

Do you know“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】of Military Advisor Kansuke YAMAMOTO.

What is the Wood-pecker tactics?

Answer is :

Woodpecker drives out worm by pecking the wood by hard and strong beak. Astonished worm comes out from hole. Then woodpeckers catch the worm and eat it.

This woodpecker habits apply for castle attack tactics, first attack castle fiercely, so enemy soldier in the castle astonished run away form castle. Then another hidden force ambushes the run away enemy.

   

Operation plan of Mt. Saijosan by military advisor Kansuke YAMAMOTO as follows :

First TAKEDA Force divides into two forces,

☆    SAIJOSAN Separate Independent Attacking TAKEDA force【妻女山武田別動隊】 which is consist of 12,000 men. The role and purpose of the Separate Independent Attacking Force is drive out enemy soldier in position on SAIJOZAN like a woodpecker knocking out worms from the wood. Carrying three rice ball and yellow pickled radish as a ration【オニギリ三個とたくあんの携行食】

 

☆    Ambush force which is consists of Main force and headquarters 8,000 men remain here at first as reserve. And then move good position to attack run away enemy soldiers at Hachimandaira. At there ambush come out deserted soldier and attack like woodpecker eat worm.

 

①.  SAIJOZAN Separate Independent Attacking TAKEDA forces start to Mt. Saijosan where UESUGI force occupied at 23:00 sharp on this night under the cover of darkness.

②.  Surprise attack to UESUGI force to drive out the Saijosan.

③.  UESUGI force will descend Mt. Saijosan to escape.

④.  Main Force of TAKEDA ambush force waiting at Hachmanbara plane pursue escaping UESUGI force and make pincer attack【挟撃】 with Saijosan Separate Independent Attacking force.

 

But this Kansuke YAMAMOTO’s plan did not work well because of this plan see through by Kenshin UESUGI. ・・・・・・・

 

”Military advisor explained to lord Shingen TAKEDA his attacking plan ;

Run for come out soldier from castle captured by“Woodpecker tactics”【啄木鳥戦法】which is one of the castle attack tactics by one main force attacking the castle and another force ambush out side and waiting up enemy come out. If enemy came out from castle both of our forces make pincer attack【挟撃】them

This attack plan was adopted by Lord Shingen TAKEDA without any correction. And the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force leave the Kaizu castle at time of Rat【子の刻】at midnight under the pitched black knight to Mr. Saijosan … … … … … …

So organized Independent special force to attack Mt. Saijosan and prepare rice ball and carry it.

 

But this woodpecker tactics failed. Because Commander in Chief, lord Kenshin UESUGI who know the Sun Tzu the Art of War very well, to see and observation Kaizu castle from Mt. Saijosan as usual. But today evening, Kaizu castle is very different from usual. Kensin UESUGI wondered lots of smoke pillows rising from Kaizu castle at this time ???

There are lots of smoke pillows rise from Kaizu Castle at this time. Why??  Also lots of flags and pennants【旗幟:キシ】are moving at random. Why??

Answer is enemy prepare cooking. They must be cooking for this evening meal and tomorrow break fast. Why ??? 

“I can read!”【読めた!】 He get answer from Sun Tue the art of war Chapter 9 Many clouds of dusts rise at randomly scattered are wood collectors collecting woods for cooking fire.

Enemy must be attack us, where our force in bivouac, Mt. Saijosan. In this case, enemy need making rice balls 20,000 men × 3 pieces = 60,000 rice ball. So he knew Shingen TAKEDA attack us. If TAKEDA forces attack us, enemy divided two forces; I shall attack one of the divided forces.

Lord Kenshin UESUGI decided his force leave the position and descends this Mt. Saijosan before enemy comes here for attack. The Lord Kenshin UESUGI decides his force leaved Mt. Saijosan at this night and attack TAKEDA headquarters camp【武田の本陣】. Lord Kenshin orders to make bonfire as if his main force station at Mt. Saijosan. And all Uesugi Main force descends the Mt. Saijosan and attacks main body of Singen TAKEDA which remain only 8,000 troops.

UESUGI force starts secretly advance to TAKEDA headquarters only left small foot soldiers. And order to remain soldier “Make big bonfires at 35 places as if remain main body stay”

Next morning the SAIJOZAN Separate Independent Attacking Force attack Mt Saijosan. But there is no enemy at all on Mt. Saijosan. At that moment Military Advisor  YAMAMOTO hear the gun shooting sound from Kawanakajima direction. What’s happened? Oh no! I am out fitted【出し抜かれた】by Kenshin TAKED.

 

山本勘助の『啄木鳥戦法』は、終わり、上杉謙信の『車懸り戦法』対武田信玄の「鶴翼の陣」となるのである。

Kansuke YAMAMOTO’s “Wood-pecker tactics” end and lead to Shingen TAKEDA’s “Crane wings formation” vs. Kenshin UESUGI’s“Revolving wheel attack formation

 

But the morning mist cleared out, Kenshin UESUGI force appear intact with perfect“Rotating Wheel formation”which is the strongest attack formations

Shingen TAKEDA astonished to see UESUGI’s“Rotating Wheel formation”So he decided defense formation of“Crane wings formation”【鶴翼の陣】to defend UESUGI force attack. The Crane wings formation is name after which is like crane spreads both wings.

 

UESUGI force descends Saijosan and attack TAKEDA headquarters by fording Tikuma River at Amamia fording point in the midnight.

Next early morning, clear morning mist, UESUGI force starts all out attack by rotating wheel formation like American Indian.

Uesugi force, 13,000 troops attack Takeda Force by use of “Wheel attack formation”【車懸かり陣】which attack enemy defense force with new fresh attack troop in succession like bore a hole with drill【錐で穴を開けるように連続して攻撃する】. Wheel attack formation is like an American Indian attack the white man’s hooded carriage fleet【白人の幌馬車隊】.

This battle is pitched battle【互角の大激戦であった】 In the morning UESUGI force have an advantage over TAKEDA force, but afternoon TAKEDA force have an advantage over UESUGI force. And this battle led to single combat between two commanders in chiefs, Shingen TAKEDA and Kenshin UESUGI. Kenshin UESUGI slash at Shingen TAKEDA with Japanese sword, and Shingen TAKEDA defend with commander’s fan【軍配】. Finally this battle end in draw【この戦闘は、最終的に引き分けで終わった】

  • Ø See “Chapter 9 : March and Maneuver

 

『宮本武蔵』対『佐々木小次郎』

“Musashi MIYAMOTO” vs. “Kojirou SASAKI

 

武蔵と小次郎の「巌流島の決闘」は、宮本武蔵の遅参戦法による『迂直の計』で武蔵が勝った。

“The Duel of GANRUUJIMA island”between Musashi and Kojirou, Musashi Miyamoto can get win by the “Long path change into short way tactics” which is latecomer tactics of Musashi MIYAMOTO’s  .   

 

The duel between Musashi MIYAMOTO vs. Kojiro SASAKI at Ganriyujima island, first Kojirou arrived at the Ganriyujima island and occupied good position to fighting on the small hill where advantage position. But Musashi did not appear on time. What happened to Musashi? Kojirou asked himself with anger. Why Musashi come hear?

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘は、佐々木小次郎が最初に巌流島に到着して、戦うのに良好な緊要な地形、ちょっとした小高い丘の上を選択した。そこで宮本武蔵を待ち受けて、戦いを挑むことにしていた。しかし、宮本武蔵は時間どおりには、現れなかった。武蔵に何が起こったのか?小次郎は、怒りを込めて自問した。何故、武蔵が現れないかと。

 

Musashi reached the Ganryu island beach by a boat more than two hours later the appointed time. So Kojirou get tired out waiting for a long time and burned with rage. This is the tactics of Musashi to decrease the concentration power of Kojirou.

武蔵は、約束の時間に2時間以上も遅れて巌流島の砂浜に一隻の舟で到着した。小次郎は、待ちくたびれ、これは、カッカしていた。これは、武蔵の「小次郎の集中力を減ずる為の」戦術でもあった。

 

Kojirou to find Musashi jumping into shallow water from the boat where knee depth. Kojirou think instantly this is good timing to attack Musashi while he is in the water. Kojirou know the landing enemy person has many weak points to be attack. While enemy conducts amphibious operation is the best timing to kill, which is the anti-landing combat operation’s best tactics.

小次郎は、武蔵が舟から浅瀬に飛び降りたのを見た。小次郎は、シメタ!武蔵が水の中にいる間に攻撃することが、最良のタイミングであると本能的に思った。小次郎は、上陸して来る敵に対して、攻撃すべき多くの弱みを持っていることを知っていたのである。つまり敵が、対上陸作戦は、水際で攻撃するのが、最良の作戦であると。

 

Kojirou start to dash to Musashi at full speed with unsheathing his long sword from the sheath, and throw it away to the sea. And Kojirou said to Musashi with big voice.

小次郎は、長い日本刀を抜き取り、この鞘を海に投げ捨てて、武蔵をめがけて、全速力で走った。小次郎は、走りながら武蔵に向かって大声で叫んだ。

 

 “Musashi! I have been waiting for you a long time.” said Kojirou with anger.

No answer. Musashi keep calm.

“Musashi!” said again Kojirou with anger.

No answer.

???

“You are late again, aren’t you? Is that your small crafty strategy, aren’t you? Cowardly conduct!  To behind the designated time on purpose”.

But no answer from Musashi. Kojirou got angry as if an instantaneous water heater.

「武蔵っ!俺は、お前を長いこと待っていたぞ!」と小次郎は、怒りを込めて叫んだ。

武蔵は、無言であった。武蔵は、冷静であった。

「武蔵っ!」と小次郎は、怒りを込めて叫んだ。

返事は、なかった。

???

「お前は、また遅れて来た。そうであろうが。これがお前の、小賢しい戦術か?約束の時間をわざと送れて来るとは。この卑怯者めが!」しかし、武蔵からの返事は無かった。小次郎は、「瞬間湯沸し器」の如く怒り狂った。

 

Musashi said to Kojirou with sneering voice “Stupid Kojirou! You have lost!” with smile.

“What???”

“I say you’ve been defeated! Why you have throw-away your sword sheath to sea, if you want to alive, you can not it right away because of sea water in it, are not you?”

“If you were going to win, you wouldn’t throw your sheath away. Are not you Kojirou.”

“Don’t boast! Musashi!”Kojirou SASAKI lost his temper and presence of mind at all.

武蔵は、ニタリト笑い『愚かなり、小次郎!敗れたり!』と嘲るように言った。

『なにっ???』

『汝の負けだ!勝つ身であれば、何故、鞘を海に投げ捨てた?海水が入り、刀が使えなくなろうが』

『勝つと思えば、鞘を海へ、捨てることはないぞ、小次郎』

『ほざくなっ!武蔵!』小次郎は、完全に平常心を失っていた。

 

“Calm down, calm down Ganryu” Kojirou admonish himself. On the other hand, Musashi take a good position to fight with the sea and sun at his back, because he use reflection light maximum from sea surface. And this is most important fact Musashi intentionally tip of his white oak oar sword dip into sea to prevent noticing the length of the oak oar sword. And Musashi stand on small high good footing rock which is key terrain for this fighting where can not see Kojirou SASAKI because of under sea surface.

「落ち着け!落ち着け!巌流!」小次郎は、自分自身を叱咤した。一方、武蔵は、海と太陽を背にした有利な隊形を陣取った。海面反射を最大限に利用したのである。そして、これが最も大切なことであるが、武蔵は、白樫の櫓の先を常に海面下に漬けて、木刀の長さを小次郎に築かれない様にしていたのである。そして少しだけ高い岩の上、即ち「緊要地形」上にいたのである。しかしながら、水面下であるので、小次郎には、「木刀の長さ」と、この「緊要地形」は見えなかった。

 

Kojirou lose sight of Musashi by the sea reflection of sun shine, and almost can not see Musashi appearance by dazzling of sea surface random reflections. On the other hand, Musashi can see Kojirou clearly.

小次郎は、太陽光の海面反射により、一瞬、まぶしくて視力を失い、武蔵の姿が見えなくなった。一方武蔵は、小次郎の姿を確実に捉えていた。

 

“YA!” One sharp cry of an old crane reached to heaven. Musashi jump into the air with a white long oak oar rise up straight in high. And slush down oak oar. At the same time Kojirou jumping at high to cutting the head of Musashi with big sharp cry “Kie !” instinctively.

ヤー!』老鶴一声、天に響く。武蔵は、白樫の櫓を持って、空高くジャンプし、空高く真っ直ぐに持ち上げた櫓を、振り落とした。と同時に小次郎も本能的に武蔵の頭上に刀を振り下ろすべく『キエー!』と鋭い勘と反射神経で気合を入れて跳躍した。

 

But Kojirou can not see Musashi’s figures clearly because of sea clutter prevent Kojirou’s sight. And cut down Musashi head by his long Japanese sword with his keen instinct. But only cut the Musashi’s red head band.

しかしながら、小次郎は、海面の乱反射により、武蔵の姿をしっかりと捉えることが出来なかった。本能的に、小次郎の長い日本刀を振り下ろした。しかしながら、切ったのは、武蔵の赤い鉢巻だけであった。

 

 This Musashi’s tactics is “Let Kojirou to cut my skin first, then I shall cut Kojiro’s flesh instantly, and let Kojirou cut my flesh, then I shall crush the Kojiro bone with one stroke” This tactics was born by Musashi to contain and defend Kojirou’s“Flying Swallow cutting down with Japanese sword”techniques. This brave tactics prohibit Sun Tzu’s the Art of War, but it adopted by Japanese Imperial Army and Navy. That is to get big victory by small loss.

武蔵のこの戦術は「皮を斬らせて肉を切り、肉を切らせて骨を断つ」と言うものであった。この戦術は、小次郎の「燕返し」と言われる機敏な剣士に打ち勝つための苦肉の策であった。この無謀な戦術は、「孫子の兵法」では、厳に戒められているものの、帝国海軍に、受け継がれてしまった。これは即ち「部分的損害によって全面的勝利を得る日本の戦闘思想であり、日本にとって悲劇であった。

 

Jumping height difference between Musashi and Kojirou is favorable to Musashi because of Musashi stand on the hard rock which under sea surface. And also Musashi’s long white oak oar strike at Kojiro’s head and Kojirou’s skull was fractured. But Kojirou’s long Japanese sword cut Musashi’s red head band and his forehead skin at the same time. That is this duel between Musashi and Kojirou hit each other at the same time. Red head band of Mushashi is cut down and simultaneously Kojirou head struck by Musashi wood ore. The difference is only 23 cm, Musashi’s white oak oar longer than Kojirou’s Japanese sword Musashi victory is depend on this 23 cm difference of out range and stand on and jumping from high key rock terrain.

武蔵と小次郎の跳躍距離の差は、武蔵が固い海面下の岩の上に立っていたために、武蔵に利があった。また、武蔵の長い白樫の櫓は、小次郎の頭を直撃し、小次郎の頭蓋骨が打ち砕かれた。小次郎の長い日本刀は、武蔵の赤い鉢巻と額の皮膚を切っただけであった。小次郎と武蔵の決闘は、殆ど相打ちであった。その差は、わずかに23cmで、武蔵の白樫の櫓の方が長かった。言い換えれば、武蔵は、たった23cmのアウトレンジ戦法と岩の上という緊要地形上に位置でジャンプしたために勝ったのである。

 

Comparison of sword and oak oar as weapon:

Kojirou had a long sword called “wash drying pole”【物干し竿】 length about 128 cm and weight 1.2 kg. And Musashi had a white oak oar length 145 cm and weight 4.8 kg. The difference is 23 cm favor for Musashi【武蔵に有利】. Clever Musashi pay attention to prevent to see through the plot which longer than Kojirou’s Japanese sword【小次郎の日本刀よりも長いことを見破られないように留意した】

On the attacking power of weapon, oak oar and Japanese sword, is more powerful oak oar than Japanese sword. That is the oak oar is more powerful weapon than the sword on energy W = mv where m is mass of weapon and v is speed of weapon.

Musashi prepare improvised【即席】white oak ore was longer than Kojirou’s long sword which has out range tactics. So Kojirou can not get his out range tactics to null.

 

Psychological warfare operation of Musashi MIYAMOTO :

①.    Burn the enemy with indignation.【敵をカッカさせる】

②.    Panic the enemy.【敵をパニックに陥れる】

③.    Wipe out enemy will power【敵の気力をそそぐ】

④.    Let enemy thrown into confusion.【敵をうろたえさせる】

⑤.    Strike enemy week point【敵の弱いところを突く】

⑥.    Let enemy in a fit of anger.【敵を立腹させる】

⑦.    Let enemy red with anger.【敵を真っ赤になって怒らせる】

⑧.    Lose the enemy fighting spirits.【敵の戦意を喪失させる】

These from “Five Rings”『五輪書』より。

 

※ 浅学非才な我が身を省みず、不肖山本賢が、孫子の立場になって、吉川英治と柴田錬三郎の『宮本武蔵』の巌流島の決闘を参考にして書いて見ました。ふと、防大の学生の頃、落第文庫【厚生科図書】を読み漁った頃を思い出しました。

CMAC玄関

CMAC玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ CMACの玄関には、地雷除去活動を支援する各国の国旗飾られていた。この玄関の隣が、不詳山本賢の事務室。突き当りが不発弾及び地雷処理の広報展示室。

 

【原典】

是故軍政曰、言不相聞、故為金鼓。視不相見、故為旌旗。是故昼戦多旌旗、夜戦多鼓金。夫金鼓旌旗者、所以一人之耳目也。人既専一、則勇者不得獨進、怯者不得獨退、此用衆之法也。

 Comment「鼓金【コキンmeans drams and trumpets.

【訓読】

是の故に軍政に曰わく、言うとも相い聞こえず、故に鼓金を為くる。視【シメ】すとも相見えず、故に旌旗【セイキ】を為る、と。是の故に、昼戦には、旌旗が多く、夜戦には、鼓金を多くす。夫れ金鼓・旌旗【きんこせいき】は、人の耳目を一にするところなり。人、既に専一なれば、則ち勇者も独り進むことを得ず、怯者も独り退くことを得ず。

【和訳】

古い兵法書には「戦場においては、口で号令しても、聞こえない。だから、太鼓や鐘の鳴り物を用意する。手信号で指示しても見えない。だから、旗や幟を用意する」とある。従って、昼間の戦闘に於いては、旗や幟【のぼり】が多用される。そして、夜間の戦闘においては、太鼓や鐘が多用される。

そもそも鐘や太鼓や旗の類というのは、兵士たちの耳目を統一するためのものである。即ち、太鼓や鐘、旗や幟は、兵士の耳や目を使用して、部隊を統一する為の手段であります。兵士達の行動が、一糸乱れず、統一しているのであれば、勇気ある者が、独断専行して行動することも出来ないし、また臆病者が、脱走することも出来ない。

兵士達は、統一行動を要求され、勇敢な者でも自分勝手に進むことはできず、おくびょうな者でもかってに退くことは出来ない。従って、乱れに乱れた混戦状態になっても乱されることなく、曖昧模糊となって、前後も分らなくなっても、打ち破られることがない。これが大部隊を動かせる方法である。

【英訳】

An ancient art of war manual said that commander’s oral orders are not heard to fighting soldiers in combat so you must prepare drums and trumpets and also soldier can not see commander’s hands signal so you must use banners and flags as signal communication instruments. Then, day time fighting makes much use of flags, pennants and banners. And night fighting makes much use of drums and chimes.

First of all, the chime and drums, and the banners and flags are used as a communication instruments to unify the force movements by use of soldier’s eyes and ears. That is the chime and drums and the banners and flags are used to unify the force movements under the commander’s order. To unify the force movement not permitted brave soldier advance alone in separation, and the timid soldier retreat alone, these conducts not permitted from combat formation.

※ 上記の「豊臣秀吉」「上杉謙信」「武田信玄」の旗は、『馬印』と言われる旗で、本陣の総大将【Commander in Chief】の居る位置を表すための旗です。通常これらの旗は、「天皇から下賜【カシ】されたもので、自分の正当性を言うものとされています。これが為に戦国武将は、上洛したのです」。そしてこの思想は、旧陸軍の連隊旗にも適応され『天皇』から賜りました。満州の荒野に展開中の日本軍と『国旗』と飾り総だけの『連隊旗』。連隊旗のことを英語では、“Regimental colors”“Regimental flag”“Colors”と言います。“Colors”は、一般に「国旗」「軍旗」「隊旗」「連隊旗」と状況により使い分けて日本に訳します。因みに「旗の敬礼」は“dip”と言います。「頭をちょっと下げる」、とか「俯角」を取るという意味です。

 

※  Kansuke YAMAMOTO, military advisor beat a war durum【陣太鼓】. His favorite tactics is “Wood pecker tactics”【啄木鳥戦法】which entrenched soldier in castle drive out by small continuous harassment attacks【擾乱攻撃】by special force, so enemy soldiers come out from castle by way of secret escaped route then surprise attack them by large hidden force. 

 

【原典】

紛紛紜紜、鬭亂而不可亂也。渾渾沌沌、形圓而不可敗也。

 Comment紛紛紜紜フンプン ウンウンmeans mixed with many kinds of numbers.

 Comment渾渾沌沌【コンコン トントン】」means mixed with many kinds of things.

【訓読】

紛紛紜紜【分分繧繧】として、闘い乱れて、乱るべからず。渾渾沌沌として、形の圓くして、敗るべからず也。此れ衆を用うる法なり。

【和訳】

戦闘で、混戦状況陥っても、曖昧模糊とした状況不明に陥っても、組織と通信手段が完璧であれば、決して敗れることは無い。決して恐れるに足らず。これが用兵の秘訣である。

【英訳】

Even though combat confused very much or fail into obscure and vague situation, but if force organization and communication methods are perfect, never defeated by enemy. Don’t afraid if the organization is not perfect. This is the secret of force operation.

 

【原典】

故夜戦多火太鼓、晝戦多旌旗。所以變人之耳目也。

故三軍可奪気、将軍可奪心。

是故朝気鋭、晝気惰、暮気帰。故善用兵者、避其鋭気、撃其惰帰。此治気者也。

 Comment「惰帰」means retain back with tired out.

【訓読】

故に、夜戦には、火鼓多くし、晝戦には、旌旗を多くす。人の耳目を変ずる所なり。

故に三軍は、気を奪う可く、将軍は心を奪うべし。

是の故に、朝気は鋭く、晝気は惰、暮気は帰なり。故に善く兵を用うる者は、其の鋭気を避けて、其の惰帰を撃つ。此れ気を治むる者なり。

【和訳】

だから、夜戦には、火や太鼓を沢山使い、昼の戦争には、旗や幟を沢山使う。これは、兵士達の耳目を使用して指揮することである。

それ故に、敵の将兵の士気を喪失させ、敵の将軍の心肝をちじみ上がらせむべきである。

このような訳で、兵士の士気は、朝は鋭気に溢れ、昼は鈍り、夜は故郷に思いを馳せて、尽きてしまうのである。戦争の上手な将軍は、敵軍の士気が高いときには、これを避けて、ホーム・シックにかかり帰国したくなるような時期を求めて、これを撃つ。敵の戦力を、我に有利な条件下で撃破することである。これは、敵の心理状況を掌握し作戦に生かす方法手段である。

【英訳】

Therefore use the fires and drums in night battle, and banners and flags are use in day times so as to manipulate soldier’s ears and eyes for the command of forces.

Therefore the moral and spirits of enemy soldiers are spoiled and diminished, the brave mind of enemy general are shrink up.

As to soldier spirit at battle field, morning is keen, midday is slumps, and evening is recedes by home sick.

Skilled general avoids to attacks enemy soldier in high spirits, and attack the enemy when soldiers become sluggish and dull and homesick. This is the art of psychological operation approach.

 

※ 日本では、法螺貝、陣鐘、陣太鼓が使用されていました。

Trumpet shell、battle field command chime and battle field command drum are used in Japan.

 

 Comment「君は、爆装艇『震洋』」を知っているか? 米軍の将兵の心肝を寒がらせた兵器があった、その名を『震洋』という。・・・・・・・・・」

 

Do you know the “Ocean Shaker”?  Ocean Shaker is suicide motor attack boat made by plywood and driven by Nissan truck engine. And the head of the boat fitted with two naval depth mines. It is said that at first “Ocean Shaker” shake US Navy officer’s and sailor’s mind and              

   
   

米海軍を震え上がらせた爆装艇『震洋』

   
   

hit by its name. That is “Ocean Shaker” shake US officers and sailors mined same as car bomb by Islamic fundamentalist guerrilla today. But they know the speed of the boat is too slow compare to US Fast Torpedo BoatFTB. So it is no danger for US Navy at all.

 

After the reversion of Okinawa, I was member of EOD team, One day I went to Zamami Island, Tokashiki to clear these explosive ordnance which hide in cave. In the cave lots of HABU escort the『震洋』

EOD means “Explosive Ordnance Disposal” 『不発弾処理』

 

 Joke

Working style in Marine Core EOD personnel station on Okinawa. Morning is very dull by hangover by last night drinking party, almost brain death. Midday is slumps, and evening is very keen. And go off base with high spirit. This is problem of working style of young Marine Core EOD staff. They said to me” Man of strict probity morals and in corruptive characters put on with steel helmets” which means「石部金吉金兜」in Japanese.

 

Sun Tzu said 2,300 years before“The biorhythm is important method to control and boost up the fitting spirit of troops

 Comment : 孫子は、「心理戦」の重要性を主張していたのである。

 

【原典】

此治気者也、以治待乱、以静待譁、此治心者也。

 Comment「譁【カ】」means noisy.

【訓読】

治を以って乱を持ち、静を以って譁を待つ。此れ心を治むる者なり。生々の旗をむかうることなく、堂堂の陣を撃つこと勿し。これ変を治むる者なり。

【和訳】

また治まり整った状態で、混乱した敵に当たり、冷静な状態で、ざわめいた相手にあたることが、敵の将軍の心を奪い取って、心について打勝とうとするものである。

【英訳】

Skilled general waits advancing hungry and tired out enemy forces with relaxing and full of stomach with food, near the key terrain.

 

【原典】

以近待遠、以佚待労、以飽待飢。此治力者也。

【訓読】

近きを以って遠きを待ち、佚【イツ】を以って労を待ち、飽を以って飢を待つ。此れ力を治むる者なり。

【和訳】

戦争の上手な将軍は、戦場の近くの有利な地形に布陣して、遠くからやって来くる敵を待ち受けて、安楽に休息しながら、腹いっぱい食べた後に、疲労し飢えた敵に当たるのである。

【英訳】

Skillful general waits for coming enemy forces from long distance to occupied key terrain in advance with full of stomach and in high spirit and attack hungry and tired out enemy force.

 

【原典】

無邀正正之旗、勿撃堂堂之陣、此治變者也。

【訓読】

正々の旗を迎かうること無く、堂堂の陣を撃つこと勿し。此れ変を治むる者なり。

【和訳】

また正々堂々の旗ならびには、戦いを仕掛けることなく、また堂々とした陣立てには、攻撃をかけない。敵が変化するのをじっと待って、敵の変化の間隙をついて打ち勝つことが重要である。

【英訳】

Skilled general do not attack big enemy advancing with dignified flags and pennants which is good orderly formation force. Wait until the change of enemy force formation, the enemy will be off guard and show weak point and then attack enemy’s unguarded moment. 

参考資料:Reference documents of Sun Tzu’s The Art of War.

 

【原典】

故用兵之法、1. 高陵勿向、2. 背丘勿逆、3. 伴北勿従、4. 鋭卒勿攻、5. 餌兵勿食、6. 歸師勿遏、7. 窮寇勿迫、此用兵之法也。

【訓読】

故に、用兵の法は、1.高陵には向うこと勿れ、2.背丘には逆うこと勿れ、3.佯り北ぐるには従うこと勿れ、4.鋭卒には攻むること勿れ、5.餌兵【ジヘイ】は食うこと勿れ、6.帰師には遏【トド】むる勿かれ。7.窮寇には迫ること勿れ。此れ用兵の法也。

【和訳】

指揮・用兵の法とは、以下のものから成る。

  1. 高所を占める敵には立ち向かってはならない。
  2. 丘を背にする敵には、逆らってはならない。
  3. 逃げるふりを見せて、計画的後退を行う敵は、追撃してはならない。
  4. 敵の精鋭部隊は、攻撃してはならない。
  5. 囮に喰いついてはならない。
  6. 帰途についた敵の進路を遮ってはならない。
  7. 窮地に陥った敵は、深追いしてはならない。

以上、7項目が戦闘行動の要訣である。

【英訳】

The principle of military operation consists of :

  1. 1.    Do not face enemy when the enemy occupies the higher ground.
  2. 2.    Do not confront enemy whose back is the hill side.
  3. 3.    Do not pursuit and attack the enemy pretends to retreat.
  4. 4.    Do not attacks the elite force which has many high spirit soldiers.
  5. 5.    Do not bite the lure which enemy presents.
  6. 6.    Do not block the route which enemy retreating to home.
  7. 7.    Do not pursuit the retreat enemy too far.

The mentioned above seven clauses are the key principles of combat action.

 

孫子の兵法 第5 兵勢篇

以下山本賢の孫子の兵法からの引用です。
孫子の兵法表紙
 

Chapter 5: Combat power

 以下は、山本賢の孫子の兵法から引用したものです。乞うご期待。

【原典】

孫子曰、凡治衆如治寡、分数是也。闘衆如闘寡、形名是也。

【訓読】

孫子曰わく、凡そ、衆を治むること、寡を治むるが如くするは、分数、是なり。衆を闘わしむること、寡を闘わしむるが如くするは、形名是れなり。

 Comment衆」means lots of soldiers such as division or regiment, large group of soldiers.

 Comment寡【カ】」means a few soldiers such as platoon or squared, small group of soldiers.

 Comment分数」consists of two Chinese letters「分」and「数」.「分」means the organization of force and 「数」means the number of soldiers, so large force has many rapid reaction stop gap unit as reserve unit to fill up destroyed unit by enemy.

 Comment形明」means instruments deliver the orders and instructions from commander to soldiers such as flags and banners and pennants, and drums and chimes and trumpets.

【和訳】

孫子は言う。およそ戦闘に於いて、大部隊を指揮統率するのに、まるで少人数の兵士を指揮するのと同じよう、整然と指揮することが出来るのは、大部隊が編成組織化され、しかも通信連絡手段を保有しているからである。大部隊の兵を、あたかも、少数の兵と同じように指揮することが出来るのは、命令・指揮系統が確立されており、通信手段として旗や太鼓や鐘などを使用して指揮官の命令を部隊の隅々にまで即座に伝えることが出来るからである。

【英訳】

Sun Tzu said that, to command a large force is same as to command a small group of soldiers at will is the large force has good organization system including tactics and communication systems such as flags and pennants, drums and chimes.

To command large force same as to command small troop is depend on organization, command-structure and communication systems, such as flags and pennants, drums and chimes to delivers top commander’s orders to each soldier almost instantly. So large force commander can control their soldiers like as if small force leader command his each soldiers at will.

 

 Joke 1:師団長の能力 分隊長の能力 

Sun Tzu said that commanding many soldiers is same as commanding few soldiers, it is a mater of force organization and signal communication by flags and callers. So commanding general abilities of division is same as squad leader level! To hear this Division commander gets angry. ”Do not let same ability squad leader”. 「師団長閣下 ムカッ!」と。「俺は、陸軍大学で恩賜の軍刀を賜ったのだゾ!ヘッポコ分隊長と同一視するとは、『孫子の兵法』は、怪しからんことをほざくインチキ兵法である」と激怒するのが『愚将』。「なるほど、一理あり」と言い『孫子の兵法』の兵勢篇を思い浮かべるのが、『名将』

 

 Comment古代中国の戦闘指揮

Ancient Chinese Army Organization is distinguished by show the flagand Signal communication systems used mainly flags and pennants in day time and chimes and drums used in the night. Some time use both communication systems used in large combat. In case of the sound of drum means advance and in case of the sound of chimes means retreat.「古代中国の戦争は、チャルメラが鳴り賑やかなのである。」

 

                         Joke 2: Bush 米国大統領の歴史認識能力

2002年、Bush 米国大統領は、来日し、この時、国会議事堂で大演説をした。・・・・・・・・・・

  For a century and a half now. America and Japan have formed one of the great and enduring alliance of modern times.【150年間にわたって、アメリカと日本は、素晴らしい、ゆるぎない同盟関係を結んできました。】・・・・

これでは、Papa Bush【ブッシュ大統領のお父さん】の立場がなくなってしまいます。お父さんは「太平洋戦争の英雄である」。お父さんは、太平洋戦争で爆撃機のパイロットとして活躍したものの、運悪く、日本軍の高射砲の対空射撃で撃墜されてしまった。海上を漂流し手いたところを、幸運にも、米国の潜水艦に救助された」のです。お父さんは、太平洋戦争を戦った英雄として、票を集め、大統領になりました。豚児ブッシュ大統領は、これを忘れてしまったに相違ありません。

その昔、日本でも「足軽」【 foot soldier who do not put on armor and helmet so ca rapid reaction in close combat】は、「旗」を背負って「陣太鼓」や「法螺貝」の合図で戦闘をしておりました。そして、現代版は、となると・・・・

New fairy tale of Peach boy’s drive out terrorism『新おとぎ話:桃太郎さんのテロ退治』

 

『自衛隊国際貢献応援歌』:桃太郎さんの国際貢献

 

♪♪ ブッシュさん、ブッシュさん ♪♪

♪♪ お腰につけた ハンバーガー ♪♪

♪♪ ひとつ 私にくださいな   ♪♪

 

♪♪ やりましょう、やりましょう ♪♪

♪♪ これからフセインの征伐に  ♪♪

♪♪ ついて行くならやりましょう ♪♪

 

♪♪ 行きましょう、行きましょう ♪♪

♪♪ 貴方について どこまでも  ♪♪

♪♪ 家来になって 行きましょう ♪♪

 

♪♪ そりゃ進め! そりゃ進め! ♪♪

♪♪ 一度に攻めて 攻めまくり  ♪♪

♪♪ 潰してしまえ バース島(党)♪♪

 

♪♪ おもしろい おもしろい   ♪♪

♪♪ 残らずテロを攻めふせて   ♪♪

♪♪ 平和な世界を えんやらや  ♪♪

 

♪♪ 万々歳  万々歳      ♪♪

♪♪ お供の『オヒゲの隊長』は  ♪♪ 

♪♪ 勇んで車をえんやらや ~  ♪♪

 

作詞作曲:防衛大学ブラスバンド部長 二見宣

 

不肖山本は、この時、JICA【日本国際協力機構】の長期技術専門家として、カンボディアの地雷や不発弾を処理する国家機関CMAC【カンボディア地雷除去活動センター】に派遣され、そこで勤務をしていた。

この時、アメリカ大使館の職員や駐在武官が連日CMACにやって来たことがありました。何事かと思い、聞いてもなかなか教えてくれませんでした。その理由は、アメリカ政府が『CMACに渡すべき地雷処理のひも付き予算が、カンボディア政府内のとこかで無くなってしまった事件』の調査と『米軍の古くなった爆破薬』をCMACが供与を受けて不発弾処理に使用しているものが、大量に横流しされた事件がマスコミに知れ、大問題となったのです。テロ組織に渡ったら大変だと。この事件の調査に来ていたのでした。この時、アメリカの駐在武官に聞いてみました。何故、米国は、地雷禁止条約に加入しないのですか、教えてください。駐在武官曰く:

軍の最高指揮官であるBush大統領として、地雷の使用を禁止して、アメリカの兵士を危険に陥れることは、絶対に出来ない。しかし、人道的地雷支援には、何処の国よりも積極的に支援していると。これがBush大統領の方針であると。『名将』である。

米国の地雷は、目下、戦争中(休戦中)の北線軍の侵攻防止用として、38度線のみ使用している。

人道的地雷処理には、軍も積極的に支援しており、資金、研究開発の分野で、46ケ国を支援している。毎年、約7000万$の支援をしているとの由。さすがBush大統領は、御立派である。自国の兵士を危険に陥れるようなことは、しないと。北海道日油の「自衛隊保管地雷爆破処理」の点火信号『釦』を、日本原分屯地で喜んで押して、ご満悦の小泉さん、『名将』 or 『愚将』???

因みにCMACのケムソファン長官は、フンセン首相の下で、ポルポト軍を追い詰めた軍人でカンボディア王国陸軍のナンバー2の陸軍中将であった。長官室には、小渕恵三総理大臣、フンセン首相とケムソファン陸軍中将の大きな写真が飾ってあった。

 

The story of Show the flag. 『旗幟鮮明』のおとぎ話:

Mr. Armitage, Under Secretary of State【次官補】, Ex.USMC【Ex United States Marine Corps:元海兵隊員】 said to Japanese people and Mr. NAKATANI, Director General, Defense Agency. “Show the flag” “Japan agree or not agree to fighting against terrorism”and “Boot on the ground to Iraq” Mr. Prime minister Koizumi, the Supreme Commander of the Self Defense Forces said instantly “I agree fighting against terrorism. We must fight terrorism!” And the commander of mustache【オヒゲの隊長】, Colonel Sato was dispatched to Iraq for humanitarian support【人道支援】operations. And after that he retired from GSDF, and become a member of the House of Councilors【衆議院議員】. This is ride on time inertia or momentum.【時世の波にのる】

 

海兵隊には、“Once a marine, all ways marine”【一度海兵隊員であった者は、生涯海兵隊員である】と言う格言がある。日本の「同じ釜の飯を食った仲間という」意味である。不肖山本は、沖縄の海兵隊のEODの隊員に「私製爆発物:IED【Improvised Explosive Device】」の教育を2週間程度したことがあった。この時使用した資料は、「全学連の工科系学生粋を集めて作成」した『料理の本』【Cooking book】であった。この『料理の本』は、警察が全学連の学生アジトから押収したものを、参考資料にと防衛庁に渡されたものであった。教育終了後に、教育のお礼にと、海兵隊司令部のG-2/3部長から「星条旗付きの海兵隊バッチ【徽章】」を頂いた。G-2/3部長曰く「このバッチを付けている限り、貴方が海外で苦境に陥った際には、海兵隊員は、必ず貴方を助けてくれる」と言われて頂いた。しかし、36年経った昨今、このバッチを付けて海外に行くと、テロリスト・アルカイダーの好目標となってしまうので、海外に行くときには、付けないようにしている。

そしてこのIED目下、「応急仕掛け爆弾」とか「即席爆破装置」とか訳されて、イラクやアフガニスタンで猛威を振るっている。その元祖は「全学連」にあったのである。

この星条旗付き海兵隊のバッジ“Globe and anchor”with Stars and stripes「星条旗付き地球儀と錨」は、JMASの“Globe and mortar”with shield [盾付き地球儀と迫撃砲弾]ロゴ・マークと相成った。盾は、カンボディア国際派遣された隊員の「お正月のお餅つき大会」の資金カンパした時のお礼に頂いた「自衛隊の隊章」を愛しらった記念バッチを参考にした。

 

【原典】

三軍之衆、可使畢受敵而無敗者、奇正是也。兵之所加、如以暇碳投卵者、虚實是也。

 Comment「三軍means three Army which is the largest load’s force organization. And small load’s force organization is two army.

 Comment「畢受」means respond all sorts of attack at will.

 Comment「奇正」means plots & surprise attack and regular and orthodox tactics.

 Comment:「碳【タン:石】」 宝王に加工中の卵のような形をした石球          

【訓読】

三軍の衆、必ず敵を受けて、敗ること無からしむ可【ベ】きは、奇正是なり。兵の加うる所、碳【タン:石】を以て卵に投ずるが如くなる者は、虚実是也。

【和訳】

大軍が敵の攻撃を受けて、敗北を蒙ることなく、あらゆる敵の攻撃に耐えられるのは、戦場に於ける、敵の攻撃に対して、変化に応じて対処する戦術と定石道理のオーソドックスな戦術の組み合わせで対処をするからである。

軍を投入すれば、敵に打撃を与えること、まるで石【實】を卵【虚】に投げつけるが如くに、たやすく敵を撃破できるのは、充実した力で、敵の虚弱なところを攻撃するからである。言い換えれば、無警戒で手薄な大敵に、圧倒的な力をぶつけ完膚なきまで撃破することである。これを「虚實」と言う。

【英訳】

The secret of reasons, large force which consists three armies can defense enemy fierce attack with out defeat is the combination of regular (orthodox) tactics and irregular (unorthodox surprise) tactics.

Once commit the force, able commander can crash enemy force and get victory against big uncontrolled enemy forces, as if “a stone thrown at the piled up eggs” This is called “Matter of emptiness egg and fullness stone , that means of attack emptiness place; egg with fullness means stone”

 

No.

Regular tactics

Irregular tactics

Orthodox tactics

Unorthodox tactics or Unique tactics

Straight forward

Surprise

Overt

Covert

Direct

Indirect

6

Stone

Egg

 

※  Comment「黄帝の八陣法戦術」means “The eight battle formation of Yellow Emperor”.

 This is the prototype of Old Chinese military formation. The eight battle formation consist of eight Center Army ( Body ), four guard Army ( Front, Rear, Left and Right ). The regular army adopts regular tactics. Each regular army has 4 cavalry forces which conduct surprise attack.

 

 Example of war history Surprise attack on Pearl harbor 

Admiral Isoroku YAMAMOTO said “As long as I am Commander in Chief of Combined Fleet【連合艦隊司令長官】, had firm resolution to carry out surprise attack operation on Pearl harbor where home port of U.S. Pacific Fleet【米太平洋艦隊】by Japanese Six aircraft carriers and 350 carrier based attack planes of Task Force【機動部隊】This was a conclusion after long years of sufferings.【苦悩の末にたどり着いた結論であった】

 

This tactics, surprise attack to battle ships by air planes with bombs and torpedoes are revolutionary idea at that time. This unique tactics conceived he was a vice principal of Kasumigaura Aviation Force【霞ヶ浦航空隊教頭】. This place reborn Ordinance Scholl of Ground Self Defense Force. This morning exercise stand are used at now.

 

【原典】

凡戰者以正合、以奇勝。故善出奇者、無窮如天地、不竭如江河。終而復始、日月是也。死而復生、四時是也。馨不過五、五聲之變、不可勝聰也。色不過五、五色之變、不可勝観也。味不過五、五味之變、不可勝嘗也。戦勢、不過奇正、奇正之變、不可勝窮也。奇正相生、如循環之無端、孰能窮之。

 Comment終而復始」means as to sun “repeated sun-set and sun-rise” and as to moon “repeated circulation from new moon to full moon”.

 Comment死而復生」means circulation all the creature including plant die in autumn and winter and revival in spring and grow up in summer.

【訓読】

凡そ戰は、正を以って合ひ、奇を以て勝つ。故に善く奇を出す者は、窮まり無きこと天地の如く、竭きざること江河の如し。

終わりて復た始まるは、日月是なり。死して、また生ずるは、四時是なり。死して更々生ずるは、日月是なり。

声は、五に過ぎざるも、五声の変は、勝げて聴くべからざるなり。

色は五に過ぎざるも、五色の変は、勝げて聴くべからざるなり。

味は、五に過ぎざるも、五味の変は、勝ちげて嘗〔なむ〕ベからざるなり。

戦勢は、奇正に過ぎざるも、奇正の変は、勝げて窮むべかざるなり。奇正の相い生ずること、循環の端なきが如し。孰【タレ】か、能【ヨク】くこれを窮めんや。

【和訳】

およそ戦いと言うものは、正規部隊による定石通りの正攻法で敵と正面からぶつかり合って交戦する一方、臨機応変の奇襲戦術によって敵に打ち勝つものである。即ち戦いは、「正」と「奇」の組み合わせであり、その組み合わせは、無限である。

だから、孫子の兵法で、奇策の奥義を修めた者の機略は、天地のように無限で極まりなく、揚子江や黄河の流れのように尽きることがない。

実際、この戦法は、太陽や月と同じように終わってから叉始まる。また兵法を学んだ人物の機略というものは、四季の移り変わりのように、果てることがない。

音は、5音を基本としているが、其の組み合わせは無数であり、全て聞き尽くすことは出来ない。兵法も同様である。

色は、【青、赤、白、黒、黄】の5色であるが、其の色の混ざり合いは、無数にある。― とても全てを残らず見ることは出来ない。兵法も同様である。

味の基本は、5種類に過ぎないものの、その5味【酸:すっぱさ、辛:からさ、醎:塩辛さ、甘:甘さ、苦:にがさ】を混合は、無数に存在しており、味わい尽くすことは出来ない。兵法もこれと同様である。

戦争のやり方、即ち戦術は、煎じ詰めれば、「奇策」と「正攻法」の二つの組み合わせしかないが、其の組合せ【順列組み合わせ】運用となると、その数は、無数にあり、常人では、この戦術を窮め尽くすことはできない。

奇中に正あり、正中に奇あり、奇から正を生み、正は奇を生む。その関わるありさまは、丸い輪やドーナツをぐるぐる廻って終点のないようなものである。誰にそれが窮められようか、誰も極める事はできない。

【英訳】

Generally speaking, battle is governed by regular tactics such as front attack or area defense etc. which is adopts orthodox standard tactics. But it is said that to get victory is by adoption of surprised tactics which is depend on the situation. That is battle is the combination of regular tactics and irregular tactics etc. And also said that commander who learned and master the all the secrets of the tactics which consist of both regular tactics and irregular tactics. The combination of regular tactics and irregular tactics are infinitive, it like as if the flow of Yellow River or Yangtze River. Its water flow never exhaust in future.

This combination tactics regular and irregular tactics are unlimited and endless. This combination tactics is like it like the endless cycle movements of sun and moon, that is after sun set, moon rise again. It’s repeat again and again.

And also, general who learned and master the Art of war, his unusual irregular resourceful tactics ideas is like endless shifting of four seasons, – spring, summer, autumn and winter. That is unlimited and endless cycle. And also gigantic it likes as if the heaven and earth.

For example, as to sound, there are only five basic tones in sounds, but these five basic tone’s combination variations are infinitive, so can not hear all of the tone. My art of war is the same as this sound.

There are five basic colorsBlue, Red, White, Black and Yellowvariation in the world, but these five basic colors combination are infinitive, so can not see all variation colors. The art of war is the same, it meaning is deep and variety of combination exist in the art of war.

There are only five basic tastesSour, Hot, Salt, Sweet, and Bitter, but these five basic tastes combination is infinitive, so can not feel all tastes. The art of war the same, too.

Method of war that is the art of war is basically consists of two methods. That is “The orthodox regular tactics” and “The surprised irregular tactics “ in a nut-shell. But it’s combinationpermutationsexists many numbers so ordinary person can not depict it all and can not control all of them. These methods of war, that is these tactics consist of the surprised irregular tactics hide in the orthodox regular tactics, and the orthodox regular tactics hide in surprised irregular tactics in a nut-shell, these irregular operations born from regular tactics and regular operations born from irregular tactics and these operations combination exist many numbers which can not count down, so ordinary tactician can not depict it all. So it’s operation like an endless circle rig or a doughnut, it has no end terminal to stop. No one can not master of these combination at all, because of it’s permutations and combinations are infinitive.

 

※         Example of war history  1 『べトコンの落とし穴戦術は、奇也』

The pitfall tactics of Vietcong is irregular tactics which is Sun Tue the Art of war recommend:.

The North Vietnam Regular force【北ベトナム正規軍】and Vietcong guerilla force【べトコン・ゲリラ】cooperate with each other and making lots of pitfalls【落とし穴】to tap【罠に架ける】to trap U.S. Army regular force and Marine Corpse soldiers in the jungle of Vietnam. This digging a pitfall to trap American soldiers by the North Vietnam Regular force and Vietcong guerilla are “Irregular” 「奇」tactics and U.S. Army and Marine Corps attacking modern weapons are “Regular”「正」tactics.

Finally U.S Armed Force can not get win with “Regular” tactics over North Vietnam force’s “Irregular” tactics.

US Armed Force Macnamara strategy【マクナマラ戦略】by use of the supper computer defeated by Ho Chi Minh “Sun Tue the art of War” mixed with lesson learned from Okinawa Imperial Army tactics which use of under ground position【洞窟陣地】

SECDEF is the abbreviation of “Secretary of Defense”【国防長官】 

 

 Example of war history 2 The Battle of  Nagashino【長篠の戦い】

 

The first matchlock guns imported from Portugal to Japan in 1543 on the island of Tanegashima. Three Portuguese traders landed at Tanegashima with matchlocks. And after 32 years later, mass production of musket gun at Sakai in Osaka.

 

First large scale gun battle took place in the world. “Battle of Nagashino” started facing each other with Renko river at Shitagahara, Nagashino, Mikawa province, Japan in May 21, 1575. That day is cloudy.

 

ODA Army clashed Kooshu Army which is led by Katuyori TAKEDA, son of Shingen TAKEDA at Nagashino, in Mikawa district, Aichi Prefecture, Japan. At there pitched battle take placed between ODA and TOKUGAWA Coalition Army and TAKEDA Army.

 

TAKEDA force from Kooshu has large strong cavalry forces which consist of about three thousand horse cavalry. On the other hand ODA Army consists of three thousand foot soldier which equipped with matchlock guns and Both TAKEDA force and ODA abd TOKUGAWA allied force confronted each other put Renko river between ODA and TOKUGAWA allied force and TAKED cavalry force.

 

Foot soldiers equipped with gun had to load gun powders from muzzle and pounding the gun powder to increase density of gun powder【火薬の装填密度を上げる】with ram rod【さく杖】for increase lethality【殺傷力向上】. After this a ball bullet down to the gun barrel from muzzle. This method called muzzle loading. And had to do put the firing power in firing dish【火口】which set in firing rope【火縄】. After aiming the target and then pull the trigger. It need long time to next round fire which need fifteen seconds.

Nobunaga ODA divided his three thousand foot soldier into three echelons of one thousand foot soldiers to increase firing rate of gun as echelon【部隊が装備する銃の発射速度を上げるために】This new firing methods which called three stage rapid fire in rotation. And to prevent his foot soldier with gun crushing by horse cavalry, he ordered to construction of horse stopping barricade【馬防柵】and ditch in advance.

And Nobunaga made three staged shooting training for his foot soldiers to continuous firing as force by use of single shot guns.

He divided his Army three echelons or rows. One echelon of soldiers bent down, and cleaning the gun barrel after shooting. Next another echelon soldiers loading the gun powder and ball to his gun. And last another one echelon aiming and shooting at enemy. So this system enabled continuous firing like machine gun by single shot gun.

Fighting each other three thousand soldiers is Regular or Full【正or 実】formation. But its operation different from each other, ODA army can get victory by new musketry fire tactics. This is Irregular or Empty【奇 or 虚】This modern musketry gun tactics is first toke place and get win at field of Nagashino in Japan for the first time in the world history in 1575.

※         One platoon consist of one regular squad consist of 5 foot soldiers and two irregular foot soldiers, total 15 soldiers.

Organization of Takeda force:

One platoon consist of “One regular squad” which consist of 5 foot soldiers, and “Two irregular foot soldiers”  Total 15 soldiers.

One platoon has one horse stop barricade

※         織田信長は、「精鋭騎馬部隊」からなる老舗の百貨店を、「執銃派遣社員」と「パート・タイマーのおばさん」を雇用した、スパーマケッで打ち負かしたのである。これは、画期的な戦法である

Shooting method of matchlock gun【火縄銃】

①    Loading gun powder, black powder from muzzle.

②    Loading ball, slug from muzzle.

③    Tampering gun powder to get high loading density【装填密度】by ramrod【込め矢】

④    Set black powder on firing apron【火蓋】and close the firing apron cover.

⑤    Put gun powder on the firing apron.

⑥    Clip the mach, fuse【火縄】

⑦    Aiming target by sight.

⑧    Open the firing apron.

⑨    Fire!

It is said total time from ① to ⑨ needs 15 seconds. So Nobunaga’s idea 15 seconds÷3 columns=5 seconds. That is firing rate of matchlock rise from 4 rpm to 12 rpm. Rpm means round pre minute 【発射速度】発/分。

 

 Comment「奇策・奇襲の成功三大要因

Three factors on success of irregular surprise tactics and surprise attack.

  1. 1.    Surprise attack the enemy commander and soldiers.【敵の指揮官の意表を突く】
  2. 2.    Do not find operation in advance.【事前に察知されない】
  3. 3.    Do not response the change of situation.【対応の暇を与えない】

 

 CommentFrom sexy Joke in EOD【Explosive Ordnance Disposal】team, US Marine CoresI know the Sun Tzu the Art of War. Chapter Five Soldier’s Energy. There are five basic positions in sexual intercourse, but these five basic tastes combination are infinitive, so can not feel all tastes. The art of war the same, too.

 

【原典】

激水之疾、至於漂石者、勢也。鷙鳥之疾、至於毀折者、節也。是故善戦者、其勢険、其節端。勢如壙弩、節如発機。

 Comment鷙鳥」means raptorial birds such as eagle, falcon and hawk.

 Comment「節means knots or node which transition point from one action to another action. Node is like a small juncture between the joint section of bamboo.

【訓読】

激水の疾くして、石を漂わすに至る者は、勢なり。鷙鳥の疾くして、毀折に至る者は、節なり。是の故に、善く戦う者は、其の勢い、険しく、其の節は、短し。勢いは弩を引くが如く、節は機を発するが如し。

【和訳】

堰き止められた水が激しい流れとなって、岩までも押し流すのは、流れに勢いがあるからである。猛禽が一撃で小鳥を打ち砕いてしまうのが『節』、つまり急襲する『間合い』である。こういうわけで、戦い上手な指揮官は、その攻撃の勢いは強くして鋭く、その動きは、迅速で素早い。その勢いは、弩【石弓】を絞った矢の速度と同じである。そして目標の位置は、常に刻々と変化しているので、引金を引く時期がとても大切である。

【英訳】

The high speed rushing water of dam-up water can move boulders and rocks down stream instantly. The reason is rapid flow water has the force momentum energy, that is shock energy of rushing down water power. The bird of prey such as falcon, hawk and eagle can be strike and catch the flying birds such as sparrow and swallows in the air. The prey birds are always maximum use of swoop attacking method. A skilled commander makes his force momentum of energy maximum and to get good timing to attack. That is to discharge or to release attack timing and it’s methods are very important. For example, the momentum of cross bow can get by drawing a string at full strength and must be release the arrow at best timing. This is called the node. It needs the best timing to hit the bull’s eye. Because the target is always moving and changing rapidly, not stand still forever.

 

 Comment勢」means momentum of energy in physics, shock effect of force, or force moving energy. For example Karate master Mr. TAKEDA says bare had destroy one inch thick oak plank or concrete block. This is 『勢なり』the speed of momentum of bare hands. Force shock energy is same as the martial art Karate. Speed is important factor. He also says『勢』exist only moment to moment. Ordinarily person can not do it. But one can lean and master if by hard training.

 

※ Comment「かのアインシュタイン博士もビックリ仰天!孫子は、E=1/2・mv2の方程式を知っていたのである。

 

 CommentStore the energy in maximum and release it on good timing like archery bow and arrow.

 

【原典】

乱紛紛紜紜【ふんぷんうんうん】、鬪亂而不可亂也。渾渾沌沌【こんこんとんとん】、形圓而不可敗也。

【訓読】

紛紛紜紜【ふんぷんうんうん】として、乱闘するも乱す可からず。渾渾沌沌【こんこんとんとん】として、形圓くして、敗るべからず。

【和訳】

指揮系統が明確な部隊は、たとえ部隊が混戦状態に陥っても、決して周章狼狽する事はない。また編成組織がしっかりした部隊は、過酷な苦しい曖昧模糊とした戦闘状態に陥っても陣形崩すことはない。

【英訳】

If Army has a good and firm command of channel and also good and strong organization, never confused or chaos by strong enemy attack, and this Army never defeat under the situation unclear at up hill battle. This Army always have perfect formation never break it’s formation even met across adverse circumstances.

 

Comment:『八陣』

Old Chinese Army formations consist of eight formations. These formations select the change of situation. There are

①   Flying wild goose Formation【雁行の陣】

②   Crane wings Formation【鶴翼の陣】

③   Scale Formation【魚鱗の陣】

④   Diamond Formation or Wheel Formation【方円の陣】

⑤   Column Formation丸【衡軛の陣】

⑥   Arrowhead Formation【鋒矢(ほうし)の陣】

⑦   Crescent-shaped Formation【偃月(えんげつ)の陣】.

⑧   Big snake Formation【長蛇の陣】「恒山の蛇『卒善』」のことである〔第11章〕九地変参照

 

周章狼狽 【しゅうしょうろうばい】

Confused and chaos

Chinese fire drill【ハチャメチャな事態、大混乱】.

Push the panic button【大混乱】.

Bewilderments.

Comment 1 : 「周章」 means “ Lose one’s head or Confusion. ” and 「狼狽」 means “ Panic or Flurry.’

More detail explanation of 「狼狽」. 「狼狽」 is consists two Chinese letters both means wolfs but precisely it difference on legs length. 「狼」 means “ Wolf which front legs are long and rear legs are short ” and 「狽」 means “ Wolf which front legs are shot and rear legs are long. Both 「狼」 and 「狽」are imaginary animal. And both 「狼」 and 「狽」 are always follow in this order. If this front short legs wolf in front position and front long legged wolf behind it. It will be entirely confusion and disorder. And also both two kinds of wolfs separates can not walk well.

Comment 1 : 中国蔑視用語ではない。状態非常釦を押すと漢民族は、こうなる。

Comment 2 : この英訳は、満州国での火災現場での「チャンコロ」の消火活動を思いだします。

 

【原典】

亂生於治、怯生於勇、弱生於橿。治乱数也、勇怯勢也、彊弱形也。

【訓読】

亂は治に生じ、怯は勇に生じ、弱は強に生ず。治乱は数なり。勇怯は勢なり。彊弱は形なり。

【和訳】

混乱は、秩序の中から生まれる。臆病は勇敢の中から生まれる。軟弱は、剛健の中から生まれる。これらは、それぞれ不安定で、お互いに移りやすいものである。常に警戒せよ。そして、『秩序』か『無秩序』かは、指揮官の統率の問題と部隊の編制・組織の問題である。部隊が、弱くなるか、強くなるかは、部隊の編成による。だからこそ、『数』と『勢』と『型』に留意してこそ、『治』と『勇』と『強』とが得られる。

【英訳】

Confusion is born from order. Cowardice is born from courage. Weakness is born from strong. Each of them is instability and very volatile. So always be careful to manipulate it and need good control. And “order” or “disorder” of force is very volatile so need to watch and control of it.  Order or disorder depends on the commander’s leadership and the organization of troops.

Cowardice and week of force or brave and strong of force depend on commander’s leader-ship and momentum of force. There for, attention on number of soldiers and troops, force of troops, and formation on force can get “Order” and “Brave” and “Strong”

 

【原典】

故善動敵者、形之、敵必従之、予之、敵必取之。以利動之、以詐侍之。

 Comment「卒means troops or force.

【訓読】

故に善く敵を動かす者は、之に形すれば、敵必ず之に従い、之に予【アタ】うれば、敵必ず是を取る。利を以ってこれを動かし、詐を以って之を待つ。

【和訳】

それゆえに、巧みに敵を操る者は、『すき』や囮を使用して敵を誘き出し、敵が『撒き餌』を取りに来た所を罠に陥れて、これを急襲するのである。つまり、利益を見せて敵を誘い出し、裏をかいてそれに当たるのである。

【英訳】

There for commander who out wit the enemy, induces the enemy at will is to show lure for enemy commander to be bite, so the enemy troop will be appears and to bite the lure and then entrap the enemy force and attack. That is to show the enemy profitable benefit lure and outwit the enemy conducts and attack it. In the long run, to lure out the enemy by show off nice lure, after that attack the enemy.

 

【原典】

故善戰者、求之於勢、不責於人。故能擇人而任勢。任勢者、其戰人也、如轉木石。木石之性、安則静、危則動、方則止、圓則行。故善戦人之勢、如轉圓石、於千仞之山者、勢也。

【訓読】

故に善く戦う者は、之を勢に求めて、人に責めず。故に能く人を択びて、勢に任ぜしむ。勢いに任ずる者は、其の人を戦いせしむるや、木石を転ずるが如し。木石の性、安なれば則ち静、危なれば、則ち動、方なれば則ち止まり、圓なれば則ち行く。

故に善く人を戦わしむる勢い、円石を千仞の山より転ずるが如くする者は勢なり。

【和訳】

したがって、戦の上手な者は、戦闘を「軍の勢い」に求め、何よりもまずその「勢い」に乗る戦い方をする。部隊の「勢い」が最高となる時点で、その「力」を放出する。従って、兵士個人の能力に期待をかけることはない。部隊の勢いに乗る。だから、賢将は、勢いを作り出す能力のある将校を探し出して、彼をして部隊を勢いに乗せるのである。つまり、戦の上手な者は、何よりもまず「勢い」に乗ることであり、兵士個人の能力に過度の期待をかけない。つまり、賢将は、勢いを作り出す能力のある将校を探し出して、彼をして部隊を勢いに乗せるのである。こうすると木石を転がす程の大きな力を発揮する。だから、賢将の勢いを作り出す能力のある将校の兵士達を戦わせる様子は、あたかも丸太や大きな石を崖から転落させるようである。石や丸太は、平地に於いては、動くことはいが、傾斜した絶壁であれば、運動エネルギーを持って落下する。石や材木は、四角形であればその場に留まり動くことは無いが、円形であれば転がりだす。だから、兵士達を巧みに、勢いを持って戦闘させることが重要である。即ち、丸い石を山から千尋の谷へ落すよう仕向けるのです。これが『戦闘の勢』いと言うものであり、これが戦いにおいて重要なことであります。

それ故に、優れた指揮官は、戦場に於いて隷下部隊の勢いを最大にするべく、意のままに操るのである。その有様は、あたかも千仞の山より谷へ、木や石を転がすようなものである。本来、軍は、高い山から、丸太や丸石を転がすような勢いを持つており、これが軍の「勢い」というものである。

【英訳】

There for skillful general who is good command of his force at the battle field. He always seek after to release his force power maximum in the battle field, so he is waiting patiently good timing to ride onforce inertia power” and to get the maximum force of momentum in the battle. That is able skillful general seek and select able officer and let his force energy maximum as if “Rolling stone from high mountain” The job of skillful general is supervise subordinate “its work well” Therefore the skillful general command his forces as if a large round rock or a big round log rushing down from the top of the high mountain to deep valley. Both square rock and square log do not move on the flat land, but if rolling down round rock or round log has a big kinetic energy. If the shape of rock and log are square, these rock and log do not rolling down, this case has no energy, but if rock and log are round shape it can rolling down with high speed with big energy. So the wise general let soldiers fighting as if a round rock or a round log, and drop it from the top of mountain to deep valley. So the wise general can get his force energy maximum that is the kinetic energy of the force power maximum. I call it “Combat power” or “Force energy” Let the accumulate force energy or momentum makes maximum. This is the most important point at combat in battle field.

Therefore, skillful wise commander manipulates his force at will to get his force inertia momentum maximum in battle field by make use of the good timing. It’s like as if they were round timber log or round big stone rolling down from a top of one thousand feet high mountains to deep valley. This is called “Force energy of troops”  

 CommentTeam play is more important than one man stand play.

 Comment:旧陸軍の作戦要務令」の戦争に勝つ方法とは:「戦捷の要」は、

有形無形の各種戦闘要素を総合して、敵に優る戦闘力を要点に集中発揮せしむるに在り。

訓練精到にして、必勝の信念堅く、軍記至厳にして、攻撃精神充溢せる軍隊は、能く物質的威力を凌駕して戦捷を全うし得るものとする。

 Comment:旧陸軍の作戦要務令」の戦争に勝つ方法「戦捷の要」は、

敵の意表を突き、機を制し、勝ちを得る、の要道也。故に旺盛なる企図心と、追隋を許さざる創意と、神速なる機動を以って、敵に挑み、常に主動の位置に立ち、全軍相戒めて、厳に我が軍の企図を秘匿し、困難なる地形及び天候をも克服し、疾風迅雷、敵をして、敵をして、之に対応する策なからしむこと、緊要なり。

 以上は、右記の山本賢の孫子の兵法より引用したものです。山本賢の孫子の兵法(表紙)

 

孫子の兵法 第4 軍形篇

山本賢の孫子の兵法(表紙)以下の文書は、山本賢の「孫子の兵法」を一般の民間人の方々にも理解していただくために、自衛隊の戦術用語を用いることなく解り易く書いたものです。楽しく読んでいただければ幸いです。

 

第4章 軍形篇

Chapter 4: Formations

 

【原典】

孫子曰、昔之善戰者、先為不可勝、以待敵之可勝。不可勝在己。可勝在敵。故善戰者、能為不可勝、不能使敵之可勝。故曰、勝可知、而不可為。

【訓読】

孫子曰く、昔の善く戰う者は、先ず勝つ可【べ】からざるを為して、以【モッ】て敵の勝つ可きを待つ。勝つべからざるは、己れに在るも、勝つべきは、敵に在り。故に善く戰う者は、能く勝つ可からざるを為すも、敵をして必ず勝つべからしむること能わず。故に曰く、勝は知る可して、而して為す可からず。

【和訳】

孫子はいう。昔の戦いに巧みな将軍は、先ず、敵が勝つことのできないような『不敗の態勢』を整えた上で、敵が『弱点を暴露する機会』を辛抱強く待ち、これを攻撃したものである。即ち、敵将が状況判断を間違えるよう、敵を『いたす』ことが重要である。つまり、敵が我に勝つことが出来ない『不敗の態勢を構築』した上で、敵のエラーや弱点を辛抱強く待って、これを攻撃するものである。

従って、戦いの真髄を良く知っている者は、己が不敗の体制を取ることが出来るが、しかし、必ずしも、敵が負けやすい脆弱な態勢を取ってくれるとは限らない。それ故に『勝利することの出来る戦術を知っているとしてもても、必ずしも勝利するとはかぎらない』つまり、戦術を知っているからと言って、必ずしも勝利するとは、限らないのである。

 

【英訳】

Sun Tzu said thatSkillful general in ancient times, the first of all, put his force invincible with tight formation for defense, after that he is waiting enemy commander’s operation error with patiently. And if he finds out enemy week points or vulnerability points, he attacks these points instantly. That is very important to let enemy commander to do big mistakes or error by our force plots. Therefore clever general who know tactics very well, he makes own force invincible, but he cannot get win without fail. That is victory of our force all ways depend on enemy commander’s error. So enemy’s vulnerability is depends on enemy commander error.

There for clever and skillful general who know tactics very well, he can make his force invincible formations. But he can not all ways, enemy general’s operation error. Even if general who know tactics very well. Not all ways can not get win. Therefore to know the tactics of victory very well, but he can not always can get the victory in real combat It’s depend on enemy commander’s big error.

 

★ Mr. YAMAMOTO’s comment;

Formation means 『隊形』in Ground Self Defense Force.【 GSDF

Formation means 『陣形』in Maritime Self Defense Force.【 MSDF

Formation means 『編隊』in Air Self Defense Force.【 ASDF

Formation means 『陣立』in old Japanese people.

Formation means 『フォーメーション』in yang Japanese athlete etc.

Formation means 『軍形』in the Sun Tuen’s the Art of War

  日本語は、とても難しいと米軍の通訳は、言う。

 

 Comment「北朝鮮の核弾頭着きミサイルを豚足国家日本【下駄を履くことの出来る国民:牛や馬は下駄を履けないが、豚やヤギは下駄を履くことができる】に撃ち込むか、否かは、北朝鮮の将軍様の選択肢であり、どうしようもない。これを防止することは出来ない。が、しかし、飛翔し来るミサイルを打ち落とすことは、出来る」と孫子は、2500年前に言っている。名言である。起こる「確率」は、ともかくとして、何時でもD dayは、起こりうるとしているのである。さて「ドウシマショウ」。孫子曰く『日本国民、ウロタエルでない!』不敗のミサイル防御体制を取れ』と。

 

【原典】

不可勝者守也。可勝者攻也。守則不足、攻則有餘。善守者、蔵於九地之下、善攻者、動於九天之上、故能自保而全勝地。

【訓読】

勝つ可からざる者とは守りなり。勝つ可し者とは攻めなり。守るは則ち足らざればなり、攻むるは則ち余り餘ればなり。

善く守る者は、九地の下に蔵【カク】れ、善く攻むる者は、九天の上に動く。故に能く自ら保ちて勝を全うするなり。

【和訳】

勝つことの出来ない「不敗の態勢」とは、防御に関わることであり、「打ち勝てる態勢」とは、攻撃に関わることである。従って、戦力の足らない場合には、防御をし、戦力に余裕が有れば攻撃をする。

戦上手な将軍は、防御する場合には、大地の奥深くに、ひそみ隠れ、部隊の実態が分らないようにする。そして、攻撃の際には、天界の最上部で下を見て作戦を指揮し、何処から攻めて来るのか、其の態勢を表わさない。戦上手な将軍は、味方部隊を安全にして、しかも完全勝利を遂げることが出来るのである。

【英訳】

“Invincible posture” which means can not get win and it belongs to defense posture or defense operation, and “Victorious posture” which means belong to attack. There for, in case of our force not enough, adopt defense operation, and in case of force enough, adopt attack operation.

So clever and skill full general who command his force at will, in case of defense operation, he hides his force and soldiers in the deepest hole of the earth by camouflage and put on protective concealments, so enemy can not find the formation of our force from enemy eyes, and also in case of attack operation, he command at the highest heights of the sky. The skillful general who command his force at will, conceal his intention of operation or not disclose their force formation to enemy’s observation. So he can get perfect victory with own force safe.

 

【原典】

見勝不過衆人之所知、非善之善者也。戦勝而天下曰善、非善之善者也。故挙秋毫不為多力、見日月不為明目、聞雷霆不為聰耳。古之所謂善戦者、勝於易勝者也。故善戦者之勝也、無智名、無勇功。

【訓読】

勝を見ること衆人の知る所に過ぎざるは、善の善なる者に非ざるなり。戦い勝ちて、天下善【ヨ】しと曰うは、善の善なる者に非【アラ】ざるなり。故に秋毫を挙ぐるは、多力と為さず。日月を見るは、明目と為さず。雷霆【ライテイ】を聞くは聰耳【ソウジ】と為さず。古の所謂善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。故に『善く戦う者の勝つや、智名なく、勇功無し』。

【和訳】

一般の世間の人々が「息を殺し手に汗を握る戦闘を実施したことに対し『良くやった』」と誉められるような勝ち方は、最高の勝ち方ではない。最高の勝ち方とは、危なげなく勝つことである。つまり「細い毛を持ち上げたとしても、力持ち」とは言えず、「太陽や月が見える」と言っても、目が良いとは言えず、「雷の響きが聞こえる」と言っても、耳が良いとは言えないのである。その昔の戦い上手な名将は、勝ちやすい機会を捉えて、そこで楽々と勝利を収めたものである。

だから戦いの上手な将軍が戦闘で勝った場合には、その智謀は、人目につかず、

優れた名誉も無ければ、武勇伝も、手柄話もない。

 

【英訳】

The victory in combat which ordinary person prizeOur general can get breath taking victory” that is holding their breath taking victory ” which is not the best way of victory. The best way of victory is “General can gets victory with very easy” The breath taking victory is not the best way on the point of strategy and tactics. That is “lifting up a string of hair, this person did not called a strong man, or person who can see Sun or Moon in the sky did not called “Good eyes sight person” or person can hear the thunderclap sound did not called “Sharp ears person”

It is said that in an ancient times, those who were called skilled general can get win in combat and conquered the enemy with easily by use of a good timing and chance.

Wise and skillful general’s operation all ways lead perfect victory without any dander, so the general dose not honored and awarded the decorations and medals for his bravery acts even get perfect victory. That is the ideal combat victory is a natural style victory without any risk at all. So no awards medals and decoration. And also no heroic spisode at all including brag of talk.

 

 

孫子曰く、『乃木将軍は、名将に有らず、愚将である』と。

                       

Comment High Excellency Gen. NOGI’s Victory of Hill Two Oh Three attack【乃木将軍閣下の203高地攻撃の勝利】makes the phrases ”One general is crowned with a victory at the expense of thousands men of lives”【「一将功成って万骨枯る」

If the Sun Tzu know this battle of Hill Two Oh Three, he would say “Gen. NOGI is not a smart general but only stupid general, however High Excellency NOGI【乃木閣下】has good personality.”「『乃木大将は、名将に有らず愚将也』しかしながら『人格者』であった」と。The battle of Hill 203 was originally started by the request from Japanese Imperial Navy which desired to get good observation post for bombardment【砲撃の為の観測所】to port Arthur【旅順港Lushun in Chinese】. This battle of Hill 203 killed 60,000 including Gen. NOGI’s two sons.

This victory of Hill 203 misunderstand Japanese Imperial Army can get win hand-to-hand close combat in battle field by bayonet-charge. But this bayonet-charge tactics no effects to US Army and US Marine Corps fire power of machine-guns, field artillery guns, rockets, and aircraft bombs including atomic bombs.

 

※   Grandstand play is not good. It is very dangerous because of strain ones normal operation.

※   戦争に於いてスタンド・プレーは、良くない。軍の作戦において、無理じいをするので大変危険である。

 

【原典】

故其戦勝不忒。不忒者、其所措必勝。勝己敗者也。故善戦者、立於不敗之地、而不失敵之敗也。是故勝兵先勝而後求戦、敗兵先戦而後求戦。

【訓読】

故に、其の戦い勝つこと忒【たが】わず。忒わずとは、其の赴く所必ず勝つなり。已に敗るるに勝つ者也。故に善く戦う者は、不敗の地に立ち、而して敵の敗を失わざるなり。是の故に勝兵は先ず勝ちて、而る後に戦いを求め、敗兵は先ず戦いて、而る後に勝を求む。

【和訳】

それ故に、彼が敵と戦って勝つことは、間違いありません。間違いないとは、彼の行う方策が必ず勝つということであります。そこで、戦上手な有能な将軍は、自軍を絶対に敗れないという態勢に置いた上で、敵の『隙』を逃さないことであります。つまり敵が既に敗れてしまっているところに勝つのである。故に、無理の無い勝ち方であります。つまり至極当然の勝ち方でもあります。この勝ち方は、戦う前に既に、勝利を収めていること、即ち、既に、負ける態勢になっていた敵を打ち破ったことを意味しているのである。それ故、戦いの上手な人は、絶対負けない不敗の立場に立って、敵の態勢がくずれて、負けるようになった機会を逃さないのである。

以上のようなわけで、勝利を収める軍の指揮官は、開戦前に、勝てる状況を作ってから、戦争をしようとするが、敗北の運命にある軍の指揮官は、まず戦争を始めてから、後で出たとこ勝負で戦機を捉えようとするものである。

【英訳】

There for clever and wise general can get win without fail. Without fail means the operation of the clever general all-ways wins never defeat. The victory of able and skillful general is quite natural style that is to attack the easy defeat enemy in advance, which means wise general always destroy enemy without fail before the start of war analysis. So skilled general always stand an advantageous point and also he never overlook or miss of enemy faults, which is good chance to debacle the opposing enemy miss or faults.

Therefore skillful commander try to start the war against the enemy after making favorable condition to get the victory in advance, but the stupid commander to start the war with anger and then expect to catch the good chance of timing to get win after the start of war with out any preparations.

 

 Example of war historyⅠ: The way to the self-destruction of Japan

                            日本の自滅への道

戦雲急を告げる日米関係の将来を案じる昭和天皇の御下問に対して、軍令部総長野修身大将は「戦っても負け、戦わなくともジリ貧で負け、それなら一か八かで、戦ってみれば、なにかいい方法が見つかるかも知れない・・・」と答えて天皇をビックリ仰天させた。

日本は、負けると知りつつ、何故、無謀な太平洋戦争を開始したのか?その答えは、「孫子の兵法」を学ばなかったことにある。

陸軍士官学校や海軍兵学校、陸軍大学や海軍大学においても教育課目表に「孫子の兵法」の文字はなかった。従って、太平洋戦争の作戦会議にも「孫子の兵法」が、出てくることは、なかった。それどころか、「孫子の兵法」に反する作戦ばかりしてきた。中国大陸で然り、真珠湾攻撃で然り、ミッドウエーで然り、ガダルカナルで然り、インパールで然り。驚きの連続である。

そして、国益よりも軍益を最優先する『帝国陸軍』と『帝国海軍』の将軍達ウジャウジャがおり、日本国には、リーダーが居なかった。リーダーとは、日本国が於かれている状況を客観的に分析し、把握して、その上で、断固たる決断をして、果敢に実行する人のことである。

日本帝国陸軍と海軍の軍人達は、日露戦争以降、平和が続き、軍の官僚化が進んだ。軍の官僚化とは、全て形式重視で、独創性が失われ、リスクと責任逃れが行なわれるようになった。更に、軍の学歴重視とそこでの成績序列が一生付き纏う人事の膠着化が蔓延定着化した。「膠着人事」は、『動脈硬化』よりも始末が悪い。派閥人事も日常茶飯事と相成った。そこでは、国の国益よりも、それぞれ所属する軍益重視の観点で、全て物事が決められた。従って、外見上強そうに見える精神主義が横行するものの、軍の活力は失われた。

日本帝国陸軍と海軍の将軍閣下は、巨額の軍事費の予算を取得するために、日米開戦に『ノー』とは、口が裂けても言えなかったのである。『国益』なくして『軍益』を優先した軍人の官僚制度が太平洋戦争を始めたと言われている。これを『組織の暴走』と言う。この『組織の暴走』が起こると、軍の予算取得には『用意周到』であるものの、日清・日露戦争の輝かしい成功体験に埋没してしまい『伝統墨守』が優先され、考えは『唯我独尊』的になり、やがては『動脈硬化』を生じて、発狂し『勇猛果敢』となり、その行動は『支離滅裂』になってしまうのである。『孫子の兵法』くそ食らえということになり、集団自滅の道を辿るところと、相成った。

Why Japan start the Pacific War knowing that Japan will be lose the war? There were plots and intrigues of European and American cunning leaders and stupid prime minister of Japan.

And more, the military authority of Japanese Imperial Army and Navy could not say even there mouth tear by force. “No! Japan can not fight against America because of our Imperial Army and Navy incapable against US Army and Navy at all. So I oppose the start of war against America”.

To get large sum of military budget, military bureaucrat can not say we can not fight. There is no “national interest”, but only “military interest and vested right” So it is said that Pacific war stared by Japanese military bureaucrat system to get more national budget. This is same as to making pyramid of Egypt, making the Great Wall of China, and making road construction of Japan.

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 ※ 山本賢の「孫子の兵法」です。

片や、「孫子の兵法」も凌駕する、巧妙に仕組まれた欧米の指導者の大陰謀と大戦略があった。

ことの起こりは「日・独・伊の三国同盟にあり

The triple alliance Germany-Japan-Italy on military cooperation【日本・ドイツ・イタリア三国軍事同盟】signed on Sept. 27, 1940. This triple alliance signed by Foreign Minister Yousuke MATUOKA【松岡洋介外務大臣】 under control of Prime Minister Fumimaro KONOE 【近衛文麿総理】

These three countries called “have not”【持たざる国】

 

「悪の枢軸」 vs. 「正義の味方連合軍」

That is axis of evil Japan, Germany and Italy【日・独・伊は悪の枢軸】. On the other hand, United Nations【UN】 America, China, England, France and Soviet are ally of justice【連合国は正義の味方】.

  Japan, Germany, Italy and Japan are fascist countries and USA and UK are democratic country.

 

チャーチルの参戦要求

One day Prime Minister Churchill asked to Franklin Roosevelt, President of USA. Please help England and Europe from German blitzkrieg war【ドイツの電撃作戦】by Hitler. But President Roosevelt refused this request because I have no right to the declaration of war. The right of declaration of ware belongs to Congress not the president. And more I promised voter【選挙民】that America should not join the European war. So US can not join the European war unless Hitler attacks USA.

 

チャーチルの大陰謀

Prime Minister Churchill thought himself, if Japan attack America first with declaration of war, America will be join the European war, because of the triple alliance Germany-Japan-Italy existence, Germany must fight with Japan against USA with declaration of war.

 

近衛文麿総理と山本五十六元帥

On the other hand, Prime Minister Fumimaro KONOE one day asked Admiral Yamamoto “If war broke out between Japan and USA, can we get win?” Because Admiral YAMAMOTO, former military attaché of the Japanese Embassy at Washington. He always said Japan can not win the war between Japan and USA on the point of national power especially in industrial power. So should not provoke the war against America.

But Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】of Combined fleet said to Prince KONOE:-

”Japan can not get win United State of America, because of industrial production power is ten times bigger than Japan. But as long as I stay chief of Combined fleet, I can run wild and rampage for the first six months after the stat of war in Pacific Sea, but after that………”「私が、連合艦隊司令長官である限りハワイ奇襲作戦を断行する決心である。しかしながら、数ヶ月なら暴れてみせるが・・・・・・?????」

Most Japanese high ranking official thought Japan couldn’t get win America by the difference of National power.

Perl Harbor surprise attack plan made by Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】. This Pearl Harbor surprise attack plan is perfect plan. And then Admiral Yamamoto seeks after the peace treaty【平和条約】with America.

Sun Tzu said this ”Look for a way out of Japan desperate situation” tactics【死中に活を求める戦術】is not good on the point of ground strategy【大戦略】of Chapter 4. But ordinary people praise Peal Harbor attack is very good. Because of it can see the battle achievements.

 

ルーズベルトの大陰謀

US get into difficult to maintain selling market of cotton goods in China by Japanese cheap cotton goods of good quality. Lots of American cotton manufactures become bankrupt. So President Roosevelt suffer the silent pressure from American cotton manufactures Association etc. to restrict selling in China.Roosevelt

US President actively maneuver in the background【背後で画策】Fist to stop export oil and iron scrap to Japan【石油及びくず鉄の輸出】.

The best way is”Let the first shot from Japanese”.【最初の一発は、日本から撃たせろ】Then I give big punch to Japan two or three times.

 Because President Roosevelt win the presidential election race by promising for constituents【選挙民】that USA stay out of WWⅡ, that is not to participate WWⅡ.

And also President Roosevelt does not have the right to declaration of war【宣戦布告の権限】but the right of declaration war belong to congress.

”So President Roosevelt need the cause to start the war【戦争を開始する大義名分】against Japan. He ordered the secretary of state【国務長官】Hall to harassment against Japan.

Presidents Roosevelt harassment tactics for Japan, such as prohibit export iron scrap【くず鉄の輸出禁止】and oil embargo【石油の輸出禁止】including criticize【批判】and many accusation【難癖】

“One drop of oil is equal to one drop of blood” 【油の一滴は、血の一滴】. This is same principle of “One drop of blood in combat field is equal to one drop of sweat in training”【戦場で流す一滴は、訓練で流す一滴に相当する】となり猛訓練するところと相なった。

 

英文「ハル・ノート」の英文解釈が出来なかったか日本

And Hull Note, Outline of proposed basis for agreement between the United   States and Japan, handed from Mr. Del Hull, Secretary of State to Kichisaburo KURUSU, Japanese Ambassador to USA Dec.26, 1941. Contents of Hull Note was un-acceptable requirements for Japan【日本にとって受け入れ難い要求事項】

Contents of Hull Note out line as follows:

Strictly confidential.【極秘】

Tentative and Without Commitment【拘束力の無い一時的な提案】

November 26, 1941.

 

「ハル・ノート」とは何か?

What is Hull Note?

Outline of proposed basis for agreement between the United States and Japan

【合衆国及び日本国間協定の提案のアウトライン】

Section 2.【第2条】

Steps to be taken by the Government of the United States and by the Government of Japan.【合衆国政府及び日本国政府は、下記事項に関して提案をする】

  1. 1.    The Government of the United States and the Government of Japan will endeavor to conclude a multilateral non-aggression pact among the British Empire, China, Japan, the Netherlands, the Soviet Union, Thailand and the United States.【合衆国政府と日本国政府は、英国、中国、日本、オランダ、ソ連、タイ及び合衆国間における多国籍の間で、不可侵条約を締結すべく努力する】
  2. 2.    Both Governments will endeavor to conclude among the American, British, Chinese, Japanese, the Netherlands and Thai Governments an agreement where under each of the Governments would pledge itself to respect the territorial integrity of French Indo-China and, in the event that there should develop a threat to the territorial integrity of Indo-China, to enter into immediate consultation with a view to taking such measures as may be deemed necessary and advisable to meet the threat in  question.【日米両国は、米、英、中、日、蘭、タイ政府間に於いて、仏領印度支那の領土統合保全を尊重するものとし、また仏領印度支那の領土保全に、脅威が生じた場合には、この脅威に対処するために、必要且つ助言的な手段を取る為に、速やかに協議に入るものとする。】

 

チャーチル首相、ニンマリ

It is said that the above idea originally come from suggestion from Sir Winston Churchill who want United State join world warⅡin European front. Because Adolf Hitler German force attack and invade Europe including England by blitz war【電撃作戦】from April, 1940. But United States kept neutrality【中立を保っていた】.

Japan already signed the Three Power Pact between Japan, Germany and Italy【日独伊三国条約】September 27,1940

Prime minister Winston Churchill thought if Japan attack America, Hitler must declare the war against United State by the Three Power Pact.

Because of almost Americans did not want war. And also President Roosevelt promised America do not join World WarⅡ in presidential election campaign pledges【大統領戦の選挙公約】to the voter【有権者】.

So it is indispensable for Prime minister Churchill to join the United State to World WarⅡof European front by making war between United State and Japan.  

Secretary of State Hull made notorious “Hull Note” which Japanese government can not accept by the order of President Roosevelt. The Hull Note request the Japanese Imperial Army must withdraw from Manchukuo【満州国】instantly President know this request is unacceptable for Japan. Because of US code breaking team “MAGIC” can decode Japanese Foreign Affairs Ministry coded telegram. He knows this request never accept Japan.

 

「我々は、アメリカと戦う前に、先ず陸軍と戦わなければならぬ」と大本営海軍部参謀は言っていた。

陸軍省も海軍省もアメリカと戦争をしたら負けると思っていたが、口が裂けても言えないお家の事情があった。戦争すると「たっぷり軍事予算が付くでよぅ」

Both the Ministry of Army and the Ministry of Navy all know well Japanese National power and military strength is weaker than America and if war broke out Japan is defeated by America. But both Ministers could not say if war broke out we would be defeated by America because of both Army family and Navy family can not endure budgetary cut. If once said that we can not start the war, the net year military budget will cut, but once start of the war the lot of budget can get easily. This mentality is same as the Diet member of today’s road tribe. As for bureaucrat each department interest has higher priority than national interest.

 

日本を追い詰めろ!

And also, President Roosevelt making ABCD encirclement【ABCD包囲網】against Japan by the suggestion of Prime Minister Churchill. A stand for America, B stand for British. C stand for China and D stand for Dutch. And started bully the weak.【弱い者いじめ】Japan fight against these A,B,C and D countries for self-existence and self-defense【自存自衛】.  

 

①  :Sir Winston Churchill: Prime minister of UK

②  Franklin Roosevelt: President of USA

③  :東條英樹: 陸軍大将 日本国総理大臣

④  :山本五十六: 海軍大将 連合艦隊司令長官

                    

The die is cast. And Pear Harbor surprise attack start the pacific war. 

 

日本=侵略戦争加害者 中国と朝鮮=被害者 米国と英国=正義の味方

Cornered rat bites cat【窮鼠猫を咬む】. Japanese attack the America. That is Japan【Small weak rat】fight for self defense. Not invasive war【侵略戦争】The right for survival of small rat, Japan. But Japan can not get win. Might is right. Losers are always in the wrong.【勝てば官軍、負ければ賊軍】

Prime Minister, General TOJO sentenced war criminal A【A級戦犯】by International Military Tribunal for Far East(IMTFE)【極東軍事裁判】which rightist【右翼】say monkey show trial【猿芝居】or kangaroo trial【インチキ裁判】.That is people’s trial court【人民裁判】which first judicial decision【最初に判決有りき】and then hold the court【裁判を行なう】to show the world【全世界に見せしめる為の行為】.

General MacArthur, Supreme Commander for the Allied Powers (SCAP)【連合軍最高司令官】testify in Foreign Relations and Armed Service Committees 【上院外交軍事委員会】”The reasons of Japan start of Pacific War is Japanese self defense. For the Japanese National security never ever invasive war【侵略戦争】. ”

 

このような話をイスラム原理主義者に説明すると『そうか!日本 もアメリカの二枚舌【double standard】に殺られていたのか!』と言い、手を首元に当て、閉め殺された仕種をした。余程アメリカが嫌いらしい。

 

 Example of war history

Japan plan to attack Pearl Harbor after declaration of war against USA. But the Pearl Harbor attack started before the declaration of war. It is illegal on international low. Because of the negligence of duty【職務怠慢】. The day just before the declaration of war, all the Japanese embassy stuff held farewell party held at Washington, so all stuff hung over can not work well. So Japanese typist can not finished up typing work of the letter of declaration of war on time. Because of slow speed decoding, lack of translation abilities from Japanese to English and no skill of typing abilities because of top secret document can not use American typist by regulation at Japanese Embassy in Washington D.C.

On the other hand, Osama bin Ladin, founder of al-Quaida already declared Jihad, the war against America, many times before the twin building of World trade Center on September eleventh incident【9.11事件】

World trade center building suicide attack plan was made by Osama bin Ladin. Osama bin Ladin declare the holy war against the USA, but CIA and President Bush neglect Osama bin Ladin’s declaration. It is President Bush’s arrogance.

 

【原典】

善用兵者、修道而保法。故能為勝敗之政。

【訓読】

善く兵を用いる者は、道を修めて法を保つ。故に能く勝敗の政を為す。

【和訳】

戦争の上手な将軍は、先ず道を修めて、法を守る。だから思うがままに、勝敗を自由に裁量し決定することができるのである。

【英訳】

Skillful general who always get win at battle, first of all, conducts good administration to unify the peoples mind from bottom to top with virtue and establish proper military rules and obey them and prohibit exceed one’s authority. After that general start the battle so general can get good opportunity to get win at will.

 

【原典】

兵法、一曰度、二日量、三日數、四日稱、五日勝。地生度、度生量、量生数、数生称、称生勝。

【訓読】

兵法には、一に曰く度【たく】、二に曰く量、三に曰く數、四に曰く稱、五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は數を生じ、數は稱を生じ、稱は勝を生ず。

【和訳】

孫子の兵法には、5大基本原則というものがあります。第一の『度』は、物差しで測ること。戦場の大きさや距離や高低の測定値です。第二の『量』は、升目で量ることです。食料や兵器や物資等です。第三の『数』は、数えることです。兵士の数や馬の数です。第四の『稱』は、これらの数を比べ測ること、つまり彼我の戦力の比較して、これを分析することです。そして第五は『勝』は、戦闘の勝敗について彼我の戦闘力を比較し、いずれが勝利するか見積もることです。つまり孫子の兵法は「彼我の勝敗を予め見積もることが出来る」優れものである。

【英訳】

There are five basic rules on the Art of war;

The first is measure by “rule”, such as the size of battle field, distance to battle field such as far or short, or distance between enemy force and our foce, and elevation difference of terrain etc.

The second is measure by “box-mass”, such as how much food and goods available supply for Army.

The third is measure by “the number”, such as population of country and the number of soldiers.

The fourth is the comparison of “Enemy force strength and our force strength”.

And the fifth is “The estimate of victory or defeat of our force by calculation in advance”. That is avove five basic rules can estimate which side is stronger, friend or enemy by calculate in advance.

The strength comparison between friend and enemy can to know which side will be get victory or defeat in advance.

 

【原典】

故勝兵者若以鎰稱銖、敗兵若以銖稱鎰。勝者之戦民也、若決積水於千仂之谿者、形也。

【訓読】

故に勝兵は、鎰【イツ】を以って、銖を稱【ハカ】るが若く、敗兵は銖を以って鎰を稱るが若し。勝者の民を戦わしむるや、積水を千仞の谿に決するが若き者は、形なり。

 Comment「鎰【イツ】」means heavy weight of balance which equal to 480 times of light weight.

 Comment「銖【シュ】」means light weight of balance which is weight of 100 grains millets.

 Comment「鎰【イツ】」=20両、「1両=24【シュ】」、「鎰【イツ】20×24【シュ】」⇒「鎰【イツ】」=480【シュ】

【和訳】

それ故に、戦争に勝つ軍とは、例えて言うと「天秤の一端に480倍の重い分銅『鎰』を『ドスンと置く』様なものであり、軽い分銅『銖』が置いた側は、一気に跳ね上がってしまう」。つまり『鎧袖一触』で敵を下すことが出来るのである。

反対に戦争で敗れる軍は、480倍の重い分銅を、軽い分銅で図るようなもので、一個置いただけでは、天秤は微動だにしない。つまり、この天秤で量ることが出来ないので、どうすることも出来ないのである。

常に戦闘で勝利を収める将軍の指揮は、人民をあたかも『満々とたたえた水を千尋の谷底へ落とす』様な戦闘指導を行うことであり、こうした激しさへと導くのが軍の『形』:「態勢:勢い即ち:スピード」と言うものである。

【英訳】

Therefore the victorious army which is command by able general, he strike enemy force and defeat enemy force instantly as if “Put on 480 times weight on the balance, so light weight enemy side jumping up instantly” That is “Only one slight touch of a sleeve of body armor, enemy soldier knockout on the spot instantly”

On the other side, defeated force which is commanded by stupid general can not get win, it like measure the weight of 480 times weight by balance. Because of “The 480 times weight put on one side of balance, can not measure this balance weight”.

General who always get victory in combat, let their people and soldiers fighting as ifDischarge the massive dam-up water discharge from one thousand feet height in to deep canyonthis is a matter of “Force formation energy power” That isThe force formation with speed momentum at maximum

 

 Commentこれを非対称戦争という」This means “Asymmetric warfare”と言う。That is War against terrorism or war between the Republic of Georgia and Russia. And another case is war between the Chechen Republic and Russia.『非対称戦争とは、弱い者いじめの戦争である』   

 Comment「積水」means dam-up water
  

孫子の兵法 第2 作戦篇

山本賢の孫子の兵法(表紙)

ポルポト終焉の地

ポルポト終焉の地

山本賢の『孫子の兵法』

【中国語:日本語:英語】版

 Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War 

の改訂版で自衛隊援護協会から出版された本です。上記の本は、自衛官用として、戦術用語を駆使で書かれた教範のような書き方ですが、今回、これを民間用語を使用して書き直ました。乞う、ご期待。ご意見がありましたら、お知らせ下さい。皆様の意見をお待ちしています。

Even bilingal Mine Detection Dog can understand Mr. YAMAMMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War.

 

 

 

 

第2章 作戦篇

Chapter 2: Operations

二ケ国語を理解する地雷探知犬

二ケ国語を理解する地雷探知犬

山本賢の『孫子の兵法』講座

中国語:日本語:英語 

 

 

 

 

 

 

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、馳車千駟、革車千乗、帯甲十萬。千里貴糧、則内外之費、賓客之用、膠漆之材、車甲之奉、日費千金。然後十萬之師擧矣。

※ Comment

馳車千駟【チシャセンシ】One thousand fast four-horses pulling chariots which are the ancestor of tanks.

革車千乗【カクシャセンジョウ】One thousand heavy leather-covered transportation coaches which means Armored Goods transportation Carrier.

   帯甲十萬【タイコウジュウマン】Ten thousands heavy armored foot soldiers.

膠漆コウシツ】:Glue and lacquer. Glue is binder and lacquer is water proof material. These materiel needs for maintenance and repair bows and arrows and protectors etc.

【ツイエ】War expenditure such as budgets and tax.

【訓読】

孫子曰わく、凡そ兵の法は、馳車千駟、革車千乗、帯甲十萬にて、千里に糧を送らんとすれば、則ち内外の費、賓客の用、膠漆の材、車甲の奉は、日に千両を費やして、然る後に十万の師挙がる。

【和訳】

孫子は、言う。およそ戦争をする際の原則は、千里も離れた遠くの戦場へ、戦車1,000両、人員・物資輸送車1,000両、武装兵士十万人を派兵する場合には、食料を送る費用、国内と戦地で必要とする費用、外交交渉や秘密工作に要する賓客用機密費、戦闘車両、武器や装備品の調達費、武器や防護服の修理のために使用する膠や糊の購入代金等は、1日に千金もの莫大な費用が必要となる。こうして一日当たり千金の財貨を費やして、初めて十万の大軍を動かすことが出来るのである。

 

【英訳】

Sun Tzu said that: If you start the military operations of war and dispatch the one thousand fast four-horse chariots, one thousand four-horse leather covered transportation coaches, and more one hundred thousands armor-clad foot soldiers to one thousand miles away battle field from home front, it need a large sum of money, including money to buy and send foods, expenditures both at home and at the front, diplomatic expense for collecting information including eating and dining, procurement expense for the leather covered combat vehicles and armaments and armored jacket. And more, procurement money for glue and lacquer which is used for maintenance of armaments and equipments such as bows and arrows and body armors etc.

After to spend one thousand pieces of gold per one day can rise up army and command and dispatch the force of one hundred thousand soldiers to the neighboring country etc.

 

                       

 馳車【チシャ】とは、戦車のこと

馳車means Chariot. Four-horse chariot is manned by a commander, a driver, a spearman and a archer. 昔の戦車は、2~4馬力であり、乗員は、車長兼弓手1名、御者【操縦手】1名、槍手1名、弓手1名の合計4名である。 

 

 Joke 戦車の設計思想哲学

Chariot is the ancestor of Tank.  The automatic transmission design philosophy【自動変速機の設計哲学】of Japanese Main Battle Tank (MBT) 【主力戦車】Type 90 and German MBT LeopardⅡare both forward 4 shifts and reverse one shift【前進4段後進1段】, but Italian MBT automatic transmission design philosophy【自動変速機の設計哲学】 is forward one shift and reverse is 4 shifts 【全進1段後進4段】. And also Japanese main battle tank has “brake light” 【ストップ・ライト】and “flasher”【ウインカー】 which is easy to hit by enemy tank for special service for enemy.

 

 Joke :新隊員教育隊で最初に教える科目

The first training curriculum【訓練科目】of Initial Entry Training【新隊員前期教育訓練】of GSDF is crawling【匍匐前進】 and “Charge!”【突撃!】, but the first training curriculum of Initial Training course of Italian Army is “How to retreat”【どうやって退却するのか】

 

【原典】

其用戦也、勝久則鈍兵挫鋭、攻城則力屈。久暴師則國用不足。

【訓読】

其の戦いを用ふるや、勝つも久しければ、則ち兵を鈍らし、鋭を挫き、城を攻むれば、則ち力屈く。久しく師を暴さば、即ち国用足らず。久しく師を暴【サラ】せば、則ち國用【コクヨウ】足らず。

【和訳】

戦争の第一の目標は勝利することである。戦争が長期化すると、兵士達は、嫌気がさして士気が低下する。疲労困憊と相成り、食べるに食無く、刀折れ矢尽き、刀と槍は、なまくらになってしまう。そして、これが最も大切なことであるが、軍隊は、疲れて戦闘力が尽き果てて、失うことになる。長い間、大軍を戦場に曝すと、国家の費用が足りなくなってしまう。敵の本拠地である城を攻撃する頃には、兵士達は、力も尽き果てて、戦おうとする意欲さえも消え伏せてしまうのである。軍が長期戦に陥れば、全ての資材を使い果たし、いかなる強大国と言ども、耐えることはできない。

【英訳】

The primary objective of war is to get the victory, but if the war is prolonged, officers and soldiers are dull and sluggish by no food to eat, no arrow to shoot and bows are broken, swords and lances are rust and blunt. And finally, this is the most important point army will lost the fighting spirit and will be lost fighting power at the time of final attack of the castle. Officers and soldiers will be exhausted and lost the fighting will and it’s power.

When the army continues war for long time all the assets and resources are spent up, even any big and strong nation can not endure this long time fighting.

 

 War History Example

America even though supper power in the world can not win in Vietnam War and Iraq. And Soviets can not get victory Mujahiden guerilla and Taliban militia in Afghanistan. The reason is fighting too long time fighting.

 

【原典】

夫鈍兵挫鋭、屈力殫貨、則諸侯乗其弊而起、蹕有知者、不能善其後矣。

【訓読】

それ兵を鈍らせ、鋭を挫き、力を屈し、貨を殫【ツ】くさば、則【スナワ】ち、諸侯、其の弊に乗じて起らん。知者有りと雖【いえど】も、其の後を善くすること能わず。

 Comment「弊」means “Plight”

【和訳】

戦争が長引くと、軍隊の戦力が疲弊し失われ、国民は、重税に喘ぎ、戦争に対する情熱も冷め、国庫の財が失われ、国からの補給も尽きる。こうなると、近隣諸侯達が、待っていましたとばかり、弱みに付け込んで攻撃して来よう。このような段階になると、たとえ味方に知将がいたとしても、この攻撃をうまく受け止めて、適切なる処置をすることが出来ない。

【英訳】

If the war prolongs, forces are exhausted and tired out, people are tired and hard pressed by the heavy taxes, and burn out the passion of to defending the country. The resources of the country spend up, so military supplies are gone away, so the fighting forces are tired out and can not continue war any more. Then the cunning neighboring feudal lord will be attack our country that is “Good chance has come!” to attack our force and invades our country too. If that happens, even if our country has a wise commanding general, he cannot react and defend our country.

 

 War History Example:『ソ連は、日本の弱みに付け込んで、攻撃して来た』

At the summer of August in 1945 Joseph Stalin Red Army suddenly invades Manchuria【満州】to attack Kwantung Army 【関東軍】with 3,500 tanks and rockets across the Soviet-Manchuria boarder【ソ満国境】even though Japanese-Russian nonaggression treaty【日露不可侵条約】exist. Stalin said “Treaty【Japanese-Russian nonaggression treaty 】is only exist to tear a thing to pieces and throw it away” 【条約は、破るためにある】

Japanese officer and soldier were taught “Attack is the best weapon of all” and try many times bayoneted rifle charge with brave courage many times. But assault in vain “Summer insects jump into the fire” for Soviet red army artillery fire. 「攻撃は最大の武器と教育され、猛烈果敢な銃剣突撃を実施したものの」敵の圧倒的な火力の下では『飛んで火にいる夏の虫』と相成った。

After this incident Kwantung Army, once called Invincible Imperial Army like a tiger run away without any protecting Japanese resident including Yamamoto myself. Red Army and Paro【八路軍:中共軍】called “Japanese Kwantung Army is Paper tiger”【関東軍は張子の虎】and also said “Do not trust Russky” to.

I myself lived in near Soviet-Manchurian border 【ソ満国境】and saw the fleet of Soviet Tanks【ソ連の戦車部隊】. The impression and feeling of seeing the soviet tanks is the child only saw the medaca fish in the brook before seeing the whale in Ocean in first time. Imperial Japanese Army【帝国陸軍】can not win the Soviet Red Army. And also Russky soldiers has a Mandarin sub-machine gun, Japanese soldier has a single shot type 38 rifle which engraved a chrysanthemum crest on bolt cover of breach. Russky mechanized division with many tanks attacked Kantung Army and finish by a stub in the Kwantung Army neck.

 

【原典】

故兵聞拙速、未賭巧之久也。夫兵久而國利者、未之有也。故不蓋知用兵之害者、則不能蓋知用兵之利也。

【訓読】

故に兵は、拙速を聞くも、未だ功の久しきを賭【ミ】ざるなり。夫れ兵久しくして國に利する者は、未だこれ有らざるなり。故に尽く用兵の害を知らざる者は、則ち尽く用兵の利をも知ること能わざるなり。

 Comment「拙速」means rough-and-quick.

【和訳】

それ故に、作戦は、拙速が最も大切である。時間をかけて完璧さを求めた「結果」良かったといった話を聞いたことがない。そもそも戦争が長引いて国家に利益があったと言うことを聞いたことがない。戦争の被害を十分に知り尽くしていない者は、戦争によって得られる利益を熟知していないのである。

【英訳】

Therefore I her military operation is rough-and-quick is the best, but never heard to get a good result with perfect achievement which is needs long time operation. That is never heard that prolonged war is good results for country. Therefore, those who can not make understand the war damage and loss cannot make understand, the profit of war at all.

 

 An example of War history :『イラクに於ける100時間戦争』

”One hundred hours war in Iraq”

Under the good command of President George W BushPapa Bush, Gen. Colin Powel, chairman of the Joint Chief of Staff and Gen. Norman Schwarzkopf, US led coalition force defeated “elite” Republican Guards divisions commanded by President Saddam Fussein, just only 100 hours after the ground war started. This is a great achievement which is Master Sun Tzu recommend 23,000 years ago.

 

 Comment 1「陸上自衛隊に於ける戦術課題作業のことである

My motto of the home task on tactics in Advance Officer CourseAOCdays , all ways rough-and-quick work is better than long time and perfect working. So far from the school solution【原案】which instructor presents.

 

 Comment 2「日本兵の特技?

Japanese soldier’s special ability is “Fast eating and quick shit”『早飯早糞』『快便快食』日本兵の特技也。

 

【原典】

善用兵者、役不再籍、糧不三載。取用於國、因糧於敵、故軍食可足也。

【訓読】

善く兵を用いる者は、役を再び籍せず。糧は、三たび載せず。用を國に取るも、糧を敵に因【ヨ】る。故に軍食足る可【ベ】きなり。

【和訳】

戦争の上手な用兵者は、若者の徴兵を二度と重ねて課すことはないし、糧食を、三度重ねて、祖国から最前線に運び補給することはない。但し、出陣祝いと戦勝祝いの二度は、別で国内から補給する。知将は、武器や装備品を自国で調達するものの、食料は、現地で購入したり略奪したりして現地調達をする。こうすれば、軍は、十分に休息を取ることが出来、現場で戦闘に専念することが出来る。

【英訳】

The skillful strategist and tactician never conscript young men as soldier twice and also do not carry the food from own country to battle field more than three times, but only tow times allowable, that is at the start of war party for boost up fighting sprit of soldiers and the end of war for celebration at victory party.

Procurement of weapons and equipments are in own countries though, but wise general gets foods by plunder or purchase at local area as much as possible. So force can get rest enough for combat and concentrate fighting on the spot.

 

※ Example of War History

Japanese people and Cambodian people both eat rice as main staple【主食】The Cambodian farmers productivity【生産性】is very high compare to Japanese farmer. So the price of Cambodian rice is very cheap compare to Japan about from one tenth to one twentieth110 120.

In the world war , Japanese Imperial Army fighting French Army at Cambodia territory. Japanese Army engage amphibious landing on Cambodia, and drive out French Army instantly. Then, Cambodia is a colony of French【フランスの植民地】. This is the liberation of Cambodian people from French government rule.

With out fierce battle, Japanese Imperial Army can occupy French camp and base and pacify the Kingdom of Cambodia territory. This is start of liberation of colonization in south west of Asia. Japanese people and Cambodian people are both Buddhist and eat rice as main staple and eat fish. French Army does not eat rice but French eat bread meat. Japanese Imperial Army starts local purchase a lot of rice for food. Cambodian farmer sell the rice for Japanese Imperial Army and get rich. And also fishermen sell the fish which catch from Mekong River and Tret Sap Lake. Welcome the Japanese Imperial Army occupation in Cambodia with both hands-up with Banzai and smile. But this good thing did not continues long, after the end of WW, the value of Japanese military currency【軍票】go to nil, all the money reduced to ashes. The rice farmer and fisher men of Cambodia TO HO HO ・・ 【トホホ・・・】

“Mr. YAMAMOTO, can I buy the good which I want by this Japanese military money in Japan”. “No, you can not, but you had better keep it may be have value in future antique money”.

“By the way do you want Pol pot money as souvenir ・・・・・?????”

“I hear Prime minister dislikes money, he all ways said that money makes poor and rich people, so let us abolish money aren’t you?  

 

とカンボディアの人は、商魂逞しいのである。おかげでポルポト政権の時代のお金を3$で買わされてしまいました。

カンボディアの通貨は、リエル(1$;4000リエル)であるが、流通貨幣の70~80%は「ドル」であり、北朝鮮の印刷した「軍票」ならぬ精巧に作られた「偽ドル紙幣」が大量に流れ込み、経済活動を阻害している。この偽札で揚げた利益は、将軍様の高級ワインや核兵器製造費に当てられたに相違ない。真にもってけしからん話である。不肖山本の4年半のカンボディア勤務時に、合計500$程度被害に会いました。読者の皆さんも発展途上国でのドルの受領は、十分に注意してくださいネ。

 

【原典】

國之貧於師者遠輸。遠輸則百姓貧。近於師者貴売、貴売則百姓財渇、財渇則急於兵役。力屈財弾中原、内虚於家。百姓之費、十去其七。

【訓読】

国の師に貧するは、遠く輸【オク】ればなり。遠く輸れば、則ち百姓、貧し。近師たるときは、貴く売ればなり。貴く売れば、即ち百姓は財渇く。財渇くれば、即ち兵役に急にす。力屈し、財中原に尽き、内家に虚し。百姓の費、十に其の七を去る。

※  
omment「百姓」means “One hundred family names” which means common people not farmer in Chinese.

Comment「役【エキ】」means tax.

Comment「兵役【ヘイエキ】」means tax for war or service.

【和訳】

国家が戦争のために貧しくなるのは、軍が遠征して軍需品を遠い所まで運ぶからであり、これが国内の物価高をもたらす。物価が高くなれば、民の蓄えも無くなり貧乏となる。また民の蓄えが無くなれば、村人による軍役にも苦しむことになり、戦場では、戦力は、尽きて、無くなってしまう。近くでの戦争は、自国及び近隣諸国の物価を高騰させる。物価が高騰すると国民の蓄えは底をつく。国家の財貨が底をつくと、国家は、軍隊の戦費を賄うことが難しくなる。このように、戦場での闘う力は枯渇し、国民の力は、疲弊する。「中原」【中国のほぼ中央、黄河と揚子江で囲まれた地方で、長安、洛陽、許昌といった都市がある。中原を制する者が、天下を支配できる】の民の暮らしは極度に貧窮し、その財貨の七割は、戦争の長期化で雲散霧消することになろう。

【英訳】

The reasons a country became poor by war is to transport the war supply goods from home-base to the combat front line where a long distant apart. To transport
supply good to a distant combat place from home country, this makes the price of good high in home land too, and common people’s stock are lost and makes poor and poor. If people became poor, cannot send youth for service any more, finally the fighting force run out.

War at home and neighboring country makes the price of good high too. When prices of goods rise high so people must pay more money to buy goods, this is makes people and country poor. And country is difficult to collect tax from people for the war.

Strength is depleted at battle field, and people who live in the central part of China are very hard to live and sink into the poverty status. And for common people seven-tenths of its wealth will be gone and come to nothing by prolonged war.

 

 Comment:『中原逐鹿』「中原に鹿を追う」とは、「政権を争う舞台(中国の中原:中央部)において、帝王の位(鹿)を得ようとして戦うことをいう」

 

【原典】

公家之費、破車罷馬、甲冑矢弩、豺盾蔽櫓、丘牛大車、十去其六。

【訓読】

公家の費【ツイエ】は、破車罷馬【ヒバ】、甲冑矢弩、豺盾蔽櫓、丘牛大車、十に其六を去る。

 Comment破車罷馬【ハシャ ヒバ】」means broken chariots, worn out horses.

 Comment「甲冑矢弩【カッチュウシド】」means armor, helmet, arrows and  crossbows etc.

 Comment「豺楯蔽櫓【ゲキジュンポウロ】」means halberd, shield and spears etc.

 Comment「丘牛大車【キュウギュウタイシャ】」means heavy ox-drawn wagons for transportation goods.

【和訳】

国の予算は、① 壊れた戦車や輜重輸卒用運搬牛車の修理、② 疲れ切った馬や牛の取替え費、③ 鎧・兜や弓・矢の更新調達費、④ 戟や盾や矛や大盾の修理費用等に当てられ、国の全支出総額の60%は使われてしまうのである。

【英訳】

Government budget expenditure for ① the repair of broken down chariots and bull wagon for transportation goods, ② the replacement for tired out horses and bull,  ③ the purchase of armors, war helmets, bows and arrows, ④ the repair for halberds, big shield and bows etc.  The total sum of government expenditures will be reached to 60 percent of total government budget.

 

【原典】

故智将務食於敵。食敵一鐘、富吾二十鐘、葛秤一石、當吾二十石。

【訓読】

故に、智将は、務めて敵に食【ハ】む。敵の一鐘を食むは、吾が二十鐘に当たる。葛秤【キカン】一石は、吾が二十石に当たる。

【和訳】

そこで知将は、遠征の際には、努めて現地で糧食を調達するか、敵の食料を奪って食べる。敵地での高粱泡『一鍾』を食べると言うことは、本国で『20鍾』を食べることにに相当し、敵地で、馬や牛に食べさせる『豆がら』や『もみ』の『一石』は、内地での『二十石』分に相当する。

【英訳】

Wise general plan to eat foods from local procurement or plunder from enemy at war as much as possible. To eat plundered food of “One kg” at enemy territory is equivalent transported from home base to battle field “20 kg” food. This is same as food for horse and cow. The reason of twenty times is transportation of food to a distant place from home is high cost by transportation expense, so the price of good at local battle place is very high. So wise general procures the food at local or plunder from enemy stocked food by attack.

 

 Joke :Difference between French and Japanese.

Getting hungry can not fighting any more. This is Japanese people.

Getting hungry can not play dance. This is French people.

Samurai use tooth pick even if do not eat. This is Japanese proverb.

Soldiers march on with stomach full. This is French soldier.

 

【原典】

故殺敵者怒也。取敵之利者貨也。故車戦得車十乗己上、賞其先得者、而更其旌旗、車雑而乗之。卒善而養之。是謂勝敵而盆強。

【訓読】

故に敵を殺す者は怒なり。敵の貨を取る者は利なり。故に車戦に車十乗己上を得れば、其の先に得たる者を賞して、而して其の旌旗を更へ、車は雑えてこれに乗らしめる。卒は、善くして、之を養う。是を敵に勝ちて強さを益すと謂う。

【和訳】

故に、実戦に於いて敵兵を殺すのは、奮い立った「怒り」である。そして敵の物資を略奪する行為は、我が軍の兵士の利益のためである。だから、戦車戦で成果を挙げる為の方策としては、戦車を十両以上鹵獲した場合には、その最初に鹵獲した者に賞を与え、鹵獲した敵の戦車には、敵の旗印を味方のものに取り替えたうえで、わが軍の戦車部隊に組み入れて、混合使用させる着意が重要である。戦功のあった兵卒は、しっかりと丁重にもてなし、これを優遇せよ。こうした方法こそが敵に勝って、そのたび毎に、いよいよ強さを増す『戦力増強法』である。

【英訳】

To kill the enemy soldiers in combat is anger for enemy. And looting enemy goods is our soldier’s own benefit.

Therefore to get good result in chariot battle, the soldiers who captured the first ten and more enemy chariots should be reward big bonus as your job well done. After that the plunder chariots replace the enemy colorsflagsto our force colors and mixed use these captured chariots as our chariot fleet. And also brave soldiers who perform great feats in combat must be well treats including eating and drinking. This is called “Strengthening our force by conquering enemy force” that is to augment and multiply own force strength by getting successive victory with plunder”

 

 Joke :『鬼畜米英撲滅』:Eradication of Americans and English people are both satanic animals.

War time in Japan we are taught by school teacher “Americans and English people are both satanic animals” And after the end of war. Welcome American and English people with stars & stripes in left hand and Union Jack in right hand. The changing time difference is only one day.

The motto of Osama bin Ladin is the same as Prime minister TOJO. Osma bin Ladin  said always Americans are “Great Satan

 

 

↑*:Reconstruction chariot【戦車の模型】 ↑*:Chariots fighting in Sun Tzu days.

※ Characteristics : 【性能諸元】

Engine       ― Two horse power.【2馬力】

Armament【武装】 ― Lance , Bow , 

Crew【乗員】       ― Commander【車長】, Lancer, Archer, and Driver

現在の主力戦車の乗員数は、自動装填装置【Automatic loader 】が付いているものの乗員数は、4名【車長】【装填手】【砲手】【操縦手】である。2,300年間、エンジン性能は、アップしたものの人員については、省力化が図られていないのである。軍人は、人言削減と予算削減は嫌いなのである。

 

 Joke

Muslim soldier and Taliban militia never surrender in battle, but always switch the side by money. Taliban bureaucrat never take a bribe or under table money, but request a large amount of consultant fee.

 

『戦力増強法』

1.功績を挙げたもの者に対する「報奨」増額。無論、鹵獲品を賞として与え、領土も与える。

2.捕虜の寛大なる処置とその活用。

3.敵の武器の活用。

“Methods of Force Multiplier

1.       Increase award and merits for meritorious achievements by including award of captured goods or plundered goods and occupied territory.

2.       Maximum use of POW【 Prisoner of War 】by change of side.

 

Example 1 : Difference points on “Go” and “Chess” and “Mah-jong” 【碁と将棋とマージャンの差は?】

The difference between “Go” and “Chess” is the “Go” can not use stones gets from opponent as own stones but “Chess” can use pawn【歩駒】from opponent as own pawn. That is “Go” can not use enemy soldiers as friend force but “Chess” can use enemy soldier as prisoner use friend force member. And also “Go” is a territory gaining play entrench enemy position or “Stone”

Mah-jongg game is rods counting game like a war game. It is invented by Chinese. Player always must takes precaution front enemy and right- and left- enemies. And always think winds and terrains values which changes by score counts.

 

Example 2 : Policeman’s efficiency rating in Cambodia【カンボディア警察官の勤務評定】

Cambodian police consists of Interior affairs Police, Traffic Police and Military Police. Policeman’s monthly salaries are almost equal 50 $, but working net core hour is 4 hour per day. But Cambodian police man works 8 hours more every day. Each police man has tacit approval collecting off time levies violation money from car driver or motor bike rider who violates traffic control must pay the violation money to the police man. And some percent of money must donate his boss and office for buy stationary good such as paper and ball point pen etc. And this is most important, the police boss do efficiency rating his subordinate by the amount of donation money, because of his job well done. And this system is very useful for promotion selection. The Cambodian police man regard road traffic violation driver or bike rider regard as profitable enemy.

 

【原典】

故兵貴勝、不貴久。故知兵之将、生民之司命、國家安危之主也。

 Comment「司命」means in charge of life. Or it means responsibility of the life.

【訓読】

故に兵は勝つことを貴【タット】ぶも、久しきを貴ばず。故に兵を知る将は、民の司命にして、国家安危の主なり。

【和訳】

以上のようなわけで、戦いは、勝利を至上とするものの、長引くのは良くない。つまり、短期決戦が最高である。長期戦は、方針無き、拙劣な作戦計画である。従って、持久戦よりも短期決戦が良い。

以上のようなことで、戦争の利害・得失を熟知する将軍は、人民の生死を司るものであり、国の安危を決めるものである。

【英訳】

Therefore to get victory quickly is the best way and most important thing in the war, but it is not good to prolong the battle. That is quick and decisive operation is the best. Prolonged battle without policy and bad plan is not good. So the quick and decisive battle is better than prolonged battle.

Hence, the commanding general who knows the interest that is gains and losses in the battle very well has a responsibility of the live or death of the people and the safety or danger of the country.

 

 Example of war history Ⅰ:

Prime Minister Fumimaro KONOE【近衛文麿総理】 one day asked Admiral Yamamoto “If war broke out between Japan and USA, can we get win?” Because Admiral YAMAMOTO, former military attaché of the Japanese Embassy at Washington. He always said Japan can not win the war between Japan and USA on the point of national power especially in industrial power. So should not provoke the war against America.

But Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】of Combined fleet said to Prince KONOE:-

”As long as I stay chief of Combined fleet, I can run wild and rampage for the first six months after the start of war in Pacific Sea, but after that………”「私が、連合艦隊司令長官である限り数ヶ月なら暴れてみせるが・・・・・・?????」

Perl Harbor surprise attack plan made by Admiral Isoroku YAMAMOTO【山本五十六元帥】First make a surprise attack at Pearl Harbor with perfect plan. Then Admiral Yamamoto seeks after the peace treaty with America.

Sun Tzu may say if he alive that this tactics is perfect but not good on the point of ground strategy.

 

孫子の兵法 第一 計篇

山本の似顔絵

山本の似顔絵

第一章 始計篇   【 計篇 】

Chapter 1 : Making operation plan

※ 『』means “Start” 』means “Count and compute”

that is「始計」means  “Let making a plan with plots before the start of war” in Chinese.  つまり、開戦前に良く考えること。

 

【原典】

孫子曰、兵者國之大事、死生之地、存亡之道、不可不察也。

【訓読】

孫子曰く、兵は、国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざる、べからざるなり。

【和訳】

孫子は言う;

戦争は、国にとって大事件であり、国民の生死が決まるものであり、国家の存亡のわかれ道である。したがって、察することなく、熟慮決定しなければならない。努々【ユメユメ】軽んじることの無いようにしなければならない。

【英訳】

Sun Tzu said

War is the matter of vital important to the nation. It is the matter of life or death of the people and also the road either survival or ruin of the nation, so it is indispensable to examine carefully and decide it and never neglect.

 

 CommentYou must think it over many times before the start of war “You can get victory or sufer defeat”

 

 War history 

『本日、天気晴朗ナレド、波高シ』『皇国ノ興廃 此ノ一戦ニ在リ。各員、一層、奮励努力セヨ』・・・・名文デアル。勇ましいノデアル。そして「日本人」が最も輝いた日でアル。

“Today weather is clear but the waves are high” “The survival of Imperial country’s fate depend upon this battle. Let every man do his duty with all his might”This is famous order of Admiral TOGO from the flag ship Mikasa at the battle of Tushima Straight at 0155 on May 27, 1905. 

戦艦三笠艦上

戦艦三笠艦上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真】 日本海会戦において、旗艦「三笠」の甲板上の東郷元帥。安倍晋三総理大臣が名誉会長をしている『安全保障と危機管理学会』機関紙の表紙より。

興味ある方は、http://www.jssc.gr.jp

のホーム・ページ検索。安倍総理が笑顔でお迎えするものと思います。

 ※ An artist’s conception picture of the deck of Admiral TOGO’s flagship Mikasa, during the Battle of Tsushima Strait on May 27, 1905.

“We have received the warning signal radio report that “Enemy battle ships in sight!”

“Combined Fleet plan to depart instantly to attack and sink the enemy battle ships”

“Today’s weather is clear and cloudless but the sea waves are too high”

“The survival of Imperial country’s fate depend upon this battle. Let every man do his duty with all his might

This is famous radio order issued by Admiral TOGO from the flag ship Mikasa at the battle of Tsushima Strait at 0155 on May 27, 1905

『敵艦見ゆ』との警報に接し、連合艦隊は、直ちに出動、これを撃沈せんとす。

本日、天気晴朗ナレド、波高シ』『皇国ノ興廃 此ノ一戦ニ在リ。各員、一層、奮励努力セヨ』  この無線命令は、1905年5月27日01:55、旗艦「三笠」から発信された。

国家の興亡は、すべて、この戦闘で決まるのである。

 

image041 

【原典】

故經之以五事、校之以計、而索其情。

【訓読】

故にこれを経【ハカ】るに五事を以てし、之れを校ぶるに計を以ってし、而して其の情を索む。

 Comment「五事」means “Five basic factors” which must consideration before the stat of war. This five basic factors consist of ① Way ( one’s way of thinking or politics ), ② Weather( including season and time ), ③ Terrain ( including distance ), ④Leadership and ⑤ Discipline( including organization ).

【和訳】

しからば、まず考える事は、何か。戦争遂行のための基本5項目について彼我の情報見積もりを実施して、彼我、いずれかが、優れており、有利であるかの結論を客観的に導き出する必要がある。

【英訳】

Then what shall we do before the stat of war. We must be get conclusion by comparisons and assessment on current intelligence estimate of situation in the terms of the five basic factors which need wagging war. The five basic factors are Way, Weather, Terrain, Leadership and Discipline.

 

 Comment

Key word of the Sun Tzu the Art of war is “Way, Weather, Terrain, Leadership and Discipline” That is compare above five elements which side has more war potential, enemy force or our force.

孫子は、2500年前に、『其の情を索む』・・・・と、情報見積もりを行い、状況判断を実施していたのである。驚きである。先祖を祭る「霊廟」の前で中国のお家芸ならぬ亡国の遊戯「麻雀」ゲームよろしく、「部隊牌」と「点数棒」を使用して、ワォー・ゲーム【机上演習】を実施し、しかる後に、戦争を行うべきか?否か?状況判断を実施する国家戦略・戦術策を編み出していたのである。

 

 

しかるに、太平洋戦争開戦するか、否かにあたって、御前会議で、東条首相が統裁官となって、開戦をするか否かの有無のシュミュレーションを実施した形跡もない。職務怠慢の誹りを受けてもやむお得ない事実である。その上、外交上の暗号文書まで解読されていた。

 

Top left-hand picture shows Imperial Conference【御前会議】 held at Imperial palace【宮中】 on Nov. 11,1941. At this Imperial Conference only decided to propose USA two Japanese proposals for settle down dispute between Japan and U.S.A. Not conducts war game as Sun Tzu proposed 2,300 years ago. It is the negligence of duty【職務怠慢】on the point of Master Sun Tue.

And this Japanese instructions【訓令】proposals encoded diplomatic negotiation【外交交渉】to USA by Purple encipher code machine【柴暗号機】was decoded【暗号解読】and read by US Black Chamber.

 しからば、孫子の提案する先祖の霊廟では、どの様なことが行なわれたのでしょうか? その答えは「三国志」【Tree Kingdoms】にあった:

Cao Cao said that:

Choosing the able generals, assessing the enemy abilities, surveying the battle terrain, counting the troops, measuring the distance and in the terms of the Five Fundamentals factors listed above in front of the ceremonial temple.

曹操曰く:

「派遣すべき有能な将軍を選定し、敵の能力を評価し、戦場となる地形を調査し、兵力を算定し、戦場までの距離を測り、上述した五事に基づき彼我の戦力分析を先祖の廟前で実施する」とのことである。平たく言えば、中国春秋戦国時代の諸侯や軍師は、陸上自衛隊のAOCレベルの戦術の「情報見積」や「状況判断」をご先祖様の前で実施していたのである。

しからば曹操【155~220】とは、どの様な人物であったのであろうか?『孫子の兵法』をこよなく愛し、これに注釈を付けて世に紹介した『魏』の国の創始者である。そして権威失墜した皇帝をお招きし、これを錦の御旗として、国内を統一したのであった。国防大臣等の軍の要職を歴任した人物であり『三国志』【The Romance of the Three Kingdoms】の重要な主人公でもある。彼のことを端的に表現した言葉として「治世(平和時)の能臣、戦時の姦雄」という有名な人物評価がある。もう少し、具体的に紹介すると・・・・・

曹操曹操は、20歳の頃、洛陽北部尉【警察署長】に任命された折、厳格な取締りを実施し、どんな有力者であろうと、高級官僚であろうと、違反する者をビシ・バシト容赦なく打ち殺し、落陽中の高級官僚を震い上がらせたと言われております。そして30歳の頃、黄巾族【Yellow Turbans】の反乱が起こるや騎都尉【近衛騎兵隊長】に任命され、これを瞬く間に鎮圧した。そのやり方法は、捕虜であっても有能であれば、即これを採用し、戦利品は、全て功労者に分け与えた。

ある時、愚鈍な献帝を暗殺しようとする政策研究会と称するグループから、暗殺に参加しないかとの誘いが曹操の所にあった。しかし曹操は、この暗殺計画は、ズサンであるとして参加しなかった。「皇帝は、御しやすいパーが良い・・・」と。因みにこの皇帝は、大臣が「百年に一度の未曾有の大干ばつにより庶民は、トウモロコシやコーリャンを食べることが出来なくなって、非常に困っております。何とかしなければ・・・・・」と報告した折、皇帝曰く「だったら、牛肉を食べれば、よいのではないか。何も困ることは、ない」と言ったとか、言わないとか。この漢字も読めない皇帝の下では、漢の国もお先真っ暗だと、誰しも思っていた矢先、曹操は、典軍校尉【親衛隊司令官】に抜擢されたのである。校尉とは、将軍に次ぐ役職である。立身出世の龍等門である。

この曹操、若い頃から兵法書を読むことが大好きであつた。特に『孫子の兵法』をこよなく愛した。30余年にわたって軍を指揮してきたが、その間『孫子の兵法』を手から離したことはなかった。昼には、兵法書を研究し、夜には「孫子の兵法」のを分かりやすく説明した『魏武注孫子』を書き上げた。この『魏武注孫子』は、主として「魏」の将軍達に教育するための戦略・戦術教範でもあった。曹操は、『孫子の兵法』書の実戦への応用に、日夜腐心し、これを分厚い書物とした。小高い山に登ると、一句詩を詠んだ後に、必ず部下を集めに戦術教育を施し、軍の作戦能力向上を目指した。目的はただ一つ、中国全土の統一であった。大軍を指揮しながら、片時も「孫子の兵法」を身から離さず常に携行し『熟読玩味』していたのである。「軍を制すること三十余年、片時も手より『孫子の兵法』を棄てず」。自衛官も、かくあって欲しいものである。

私の防大・幹候の同期生にも、休暇外出中といえども「野外令と幕勤」を常時、図嚢の中に入れて携行し『熟読玩味』と言うよりは、むしろ鶏が「水を飲む」のと同じように丸呑み、否「東條英樹首相」と同じく否丸暗記している者がおりました。彼らは、努力の甲斐あって全てCGSに合格し、将軍閣下に相成った。がしかし、学校を卒業すると、即、戦術書を紐解くことはない。

この『孫子の兵法』大好きな曹操は、「孫子の兵法」のコメント付きの訳注本『魏武注孫子』【魏の武帝である曹操が注釈をつけた孫子】を書き上げてしまった。これは『野外令』の解説書みたいな本である。曹操は、『孫子の兵法』をこよなく愛し、その内容を「血」となし「肉」となし、『三国志』前半の主人公になった英雄である。

曹操の人物評価として「辞世の姦臣、乱世の姦雄」と書物に書かれている。「毒にも薬にもならない人間」から掛け離れた「劇薬にもなるし、良薬にもなる」人間なのである。

『三顧の礼』で有名な軍師、かの諸葛亮【ZhugeLiang:諸葛孔明】は、敵対関係にある『魏』の曹操の人物評価を「智知は、殊絶(掛け離れて優れている)、その用兵は「孫子や呉子」を髣髴(ほうふつ)させる。並みの兵法家ではない」と絶賛をしたと伝えられている。

『孫子』は、単なる「兵法書」ではありません。人間の心理を、奥深く洞察し、人生を処して行くための賢明なる方策を考え抜いた「知者の書」でもあります。戦場は「彼我、生死をかけた「極限状態」で、咄嗟に『状況判断』をして戦う場所であります。孫子こそ、この極限状況に於ける『状況判断』の手引書であります。したがって「孫子の兵法」は、平常の日常生活に通用しないはずはありません。これが日本の会社や企業経営者に読まれる理由であります。そして不肖山本の満州の荒野での、2年半に渡る、日本軍とソ連軍、蒋介石軍と毛沢東軍との四つ巴の戦闘の中を「避難民」としてウロチョロと逃げ惑った、つたない経験者にも、親近感を感じさせる内容が満載の兵法書である。『孫子の前に兵法書無く、孫子の後に兵法書無し』と言われる所以であります。

孫子の解説書を書いた、曹操の人物像となると、風貌容姿からマスコミが作り上げた虚像 ― 「越後屋、お主も悪ルのよう・・・・」と言いつつ大判・小判がギッシリと詰まった菓子箱を、凄みのある顔に、満面笑みを浮かべて受け取る悪代官様の ― イメージにぴったりの民主党の小沢さんみたいな顔をした人物である。「豪腕」なのである。

TVの時代劇大好きな「単細胞」の山本は、このような悪代官様が出てくると、マスコミに洗脳されたせいか、悪代官様=姦雄=曹操=『姦賊』=小沢さんとなり、小沢さんの顔が思い浮かぶのである。因みに、姦賊とは、ずばぬけて悪智恵のはららく輩のことである。

人生は、己との戦いであると、同時に己を取り巻く他との戦いの場であるとの固い信念の下、乱世を生き残り、多くの敵を打ち倒し「魏」の国を建国したのであった。操曹自身は、皇帝に付かなかった。『皇帝』は、愚鈍の方が「行」しやすいと。即ち『皇帝』は、パーで、愚鈍な、ダメ男の方が担ぎやすい良いと。これは闘争を好まない日本独特の「お御輿」式経営方法です。こう書くと、なにやら民主党の小沢さんを類推してしまうのである。(別に、鳩山さんが「パー」と言っているではありません念のため、不肖山本が日高弾薬支処長をしていた平成元年頃、何度も衆議院議員自由党の鳩山由紀夫さんにお会いしたことがありましたが、今と異なり物静かで聡明な方でした。ハイ)

歴史にもし【 If 】という言葉は、ないとされているが、仮に漢字も読めない馬鹿珍首相に任命された「曹操」が、わが国の防衛大臣に就任したならば、どの様な采配を振るうのだろうか。全般状況:

長年の国の放漫経営が祟り、我が国は、破綻寸前と相成った。財政緊迫の折、曹操防衛大臣は、自衛隊の運用に入札制度を採用し、成果をあげつつある。晴れて自衛隊も国連軍に参加することに相成った。因みに『外務省』の長年の夢であった「常任理事国」のメンバー・シップと言う名称のUN【United Noting訂正United Nations】ゴルフ会員権も高額な料金を支払って手に入りそうである。混迷を極めているアフガニスタンのバグラムに陸上自衛隊を派遣する。任務は、自衛隊でしか出来ない民生支援とする。地雷・不発弾の処理、野外病院の開設、給水支援、ヘリによる救急患者輸送等をどの師団に実施させるか?「入札で決める! 各師団長は、見積価格を00:00までに提出せよ」とか

海上自衛隊の海賊退治は、どの護衛艦を派遣するか?入札で決める。「各艦長いくらで請け負うか、見積もりを出せ! 給油支援も同様である。となるに相違ない。各師団長や各艦長の力量が試されるのである。大変厳しいのである。なにやら、ラオス王国軍の部隊運用の様である。

かって中谷前防衛庁長官の国会での質疑応答にもあったように、金波銀波の波超えて、遥遥来ましたインド洋において「『油を売っている』【Killing the time】のであります」【中谷元防衛庁長官の国会での発言だけに重みがある】とは行かなくなります。

ソ連製ZILトラックGMCトラック (2)不肖山本は、国際貢献の経験から - GMC 【General Motor Company】軍用トラックや1ℓ当たり1kmしか走らないGAZ【Gorkovski Avtomobilny Zavod】軍用トラックの燃料を抜き取り、売り飛ばすために、あえて走行距離計を破壊する等さまざまな手法がある - パキスタンの軍艦にハイライン給油の映像を見るたびに、給油された燃料が「流用されるのではないかと心配しているのである」。パキスタン海軍が米国に艦船を受領に行った際、乗組員がアメリカの港で脱走し、受領して船を持ち帰るのに苦労した伝統を有する海軍である。

更に、極めつけは「WAC【Women’s Army Corps】」や「WAVES【Women Appointed for Voluntary Service】」や「WAF【Women Air Force】」の募集要項には、「警察予備隊【National Police Reserve】時代の女性職員募集要項の文面を復活し『容姿端麗』【Have a good-looking】とせよ!」と。これにより、「シコメさん」や「類まれなる大ブス」が排除され、優秀な若者【男子】がどんどん自衛隊に来るようになると。因みに「シコメ」を漢字でかくと「醜女:シコメ」。

無論、これが最も大切なことであるが、武器輸出三原則や随意契約も撤廃し、武器の価格を下げると同時に、性能も向上する。無論会計検査は、不要となる。

以上は、「三国志」全60巻を読んだ、不肖山本の結果の結論です。【但しマンガで得た知識です。したがって直ぐにブレてしまうかも知れません。別の言葉で言えば、柔軟性が大である】。三国志は、「孫子の兵法」の事例満載の宝庫であります。今、その中の一部、曹操の参加した天下分け目の戦闘「赤壁」Red Cliffが映画化され、最近話題となっております。この「赤壁」Red Cliffの戦訓については、第12章「火攻」参照【See chapter 12 “Attack by fire”】

 

【原典】

一曰道、二曰天、三曰地、四曰将、五曰法。

【訓読】

一に曰く「道」、二に曰く「天」、三に曰く「地」、四に曰く「将」、五に曰く「法」なり。

 

【和訳】

戦争に勝つ為の基本的5要因は、第一番目が『道』即ち「道徳」、第二番目が『天』即ち「天候」、第三番目が『地』即ち「地形」、第四番目が『将』即ち「指揮統率」、第五番目が『規律』である。

【英訳】

The five basic assessment factors to get victory are the first is “Way” that is moral, the second is “Heaven” that is weather, the third is “Earth” that is terrain, the fourth is “Commanding general” that is leadership, and the fifth is “Discipline”.

 

 Comment「5項目」means five basic items. The Sun Tzu the Art of War bring up the five basic elements that must to be assessed before start of war. That is the way, weather, terrain, the military leader ship and the discipline.

 

The five basic characters for general to get victory in battle at present times are;

1.    Good intelligence. 【智謀】 

2.    Respectable person from others. 【信義】

3.    Virtue. 【徳】

4.    Brave. 【勇気】

5.    Dignity. 【威厳】

 将軍の判断基準は、時代とともに変わる。「知価社会」の今日、ずる賢いのが良いかも?

 山本賢の『孫子の兵法』のパワーポイント版もあります。

山本賢の『孫子の兵法』

山本賢の『孫子の兵法』

 

Give careful consideration indispensable to start the war.

↓ To collect the information.

↓ What is enemy intention?【敵の意図は?】

Comparison of national strength【国力】:

 道  Way:      Which side good administration【善政】and ruler has popularity

【人気】 and respected.

 天  Heaven:   Which side good adaptation four seasons, climate or weather

 地  Earth:     Which side good adaptation to terrain features.

 将  General:   Which side has good able generals.

 法  Law :      Which side has good law and order including court martial.

Make the strategy of nation【国家の戦略の構築】

↓ Foreign diplomatic negotiation【外交交渉】

↓ Seek after “Fight other than war” 【「戦争以外の戦い」を求める】

 

【原典】

道者令民興上同意也。

【訓読】

「道」とは、民をして、上と意を同じくすることであり、民と生死を共にし、疑わざらしむるなり。

 Comment「道【道教】」means the way of Taoism that is politics it self, which is a Chinese religious philosophy witch believes that people should lead a simple honest life and not interfere with the course of natural events. The teaching of Laotse【老子の教え】called Taoism【道教】

【和訳】

第一に「道」。「道」とは、「諸侯の心」と「国民の心」を同じくすることであり、一心同体にさせるものである。支配者の心と人民の心を同じ目的に向けさせて、何の疑いも持つことなく、命令に服従する心境にさせることである。

大義名分は、諸侯と兵士の心を一つにする。

【英訳】

The first is “the way” which means “technique and leader’s mind to control the common people’s mind same as leadership’s mind and nation intentions” so people follows the leadership and obeys the order without any questions.

The Cause of Justice makes men and women to be one mind with their ruler.

 

※ An example of war history Ⅰ: 

Vietnam can get victory by the leadership of Ho Chi min【胡志明】in Vietnam War

At the time I visited Vietnam to Survey of Unexploded Ordnance and Mines【不発弾及び地雷の調査】around 17°parallel【北緯17°線付近】 from Mar.15 – Mar.Sun.22 in 2009

I have met and asked lots of Vietnam Army officers and soldiers and interview and asked “Japan attacked America, but could not win, and defeated thoroughly by America. But Vietnam could defeat America. Your country is only one country defeat super power, America. What do you think the reason of Vietnam could get win in Vietnam War against America?”

All of the Vietnam Army officer and soldiers answered unanimously. “We were fight solidarity with Ho Chi min, we share the Ho Chi min’s passion for independence of our nation. We were solidarity from Ho Chi min to men and women of all ages including children with AK-47 assault rifle, RPG-7 and B-10 artillery rocket which are the three secret weapons of North Vietnamese ArmyNVAand Viet Cong. And Ho Chi min never gives up “Independent and Liberation” as slogan and even though big bombs and cluster bombs tossed like a shower from US B-52 bombers. Ho Chi min and we never ever give up the war. But Americans give up continue the Vietnam-war and retreated from Vietnam with it tail between it’s legs”

 ホチミンおじさん

※ 戦史の事例 Ⅰ:「ホーおじさんと心を同じくする」

ベトナムは、ホーチミン【胡志明】大統領の戦闘指導によりベトナム戦を勝利した:

不肖、山本が2009315日~322日の間、不発弾及び地雷の調査にベトナムに行った。この際、多くのベトナム軍の将校や兵士に会った。

彼らに対して「日本は、アメリカと戦争をして完膚なきまで打ちのめされてしまった。アメリカと戦争をして、唯一勝った国は、ベトナムだけである。何故、ベトナムは、超大国アメリカに対して戦争をし、勝利を収めたと思いますか?教えてください」と質問をした。これに対し、かれらは、全員、異口同音に「ホーチミン以下、老若男女から子供に至るまで、AK-47突撃銃、RPG-7擲弾発射機及びB-10砲兵ロケットの三種の神器で、ベトナムの独立を勝ち取る為、「一致団結」、アメリカと戦った。ホーチミンは、米国のB-52爆撃機から大型爆弾やクラスター爆弾が雨霰の如く投下されようとも決して「独立と民族解放」のスローガンを下ろさなかった。しかしながら、アメリカが、ベトナム戦争の継続に耐えられなくなって、ベトナムから尻尾を丸めて退散してしまった、とのことであった。

日本は、太平洋戦争で4年間の激戦後、天皇の御英断で「ポツダム宣言」【Potsdam Declaration】を受け入れ無条件降伏【unconditional surrender】をしたが、この英断が無かったら、何十年も戦争を続けて、戦争に勝つことは、出来ないにしても、アメリ カに負けなかったかもしれない。      

世界最大級の爆弾と不肖山本(ベトナムで撮影)

世界最大級の爆弾(ベトナムで撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真説明】 ベトナム戦でB-52爆撃機から投下された大型8t爆弾BLUBomb Live Unit-82。用途:ジャングル内にヘリポートを構築するために材木を倒す。炸薬:硝酸アンモニユーム+アルミニューム粉。

この大型爆弾、最近、アフガニスタンのトラボラ洞窟でオサマ ビン ラディンやアルカイダーを殲滅するためにも使用された。

この写真はVBMACVietnam Bomb and Mine Clearance Action Centre】ベトナム爆弾及び地雷除去センター:在ハノイにて撮影。

 アメリカ軍がベトナムで使用した弾薬総重量は、1,127万t。アメリカ軍が第2次世界大戦で使用した、2倍弱。沖縄戦で使用した弾薬の56倍であると言われている。

 

 戦史事例 Ⅱ : 戦争には「大義名分」が必要である。

“Jap sneak attack【騙まし討ち】at Pearl Harbor! Remember Pearl Harbor! Not acceptable!【許せん!】” And President Franklin Roosevelt wants to knock out Japanese by unified American opinion one and cooperate war. So President Roosevelt need “Good cause and beautiful passage【大義名分】” This is most afraid consequences Admiral YAMAMOTO. The cause of the great failure【大失敗の原因】is Japan declaration of war against America after Pearl harbor by negligence of the Japanese Embassy staff in Washington【在米日本大使館の職員の職務怠慢】

 

【原典】

天者・陰陽・寒暑・時制也。

【訓読】

「天」とは、陰陽・寒暑・時制なり。

【和訳】

「天」とは、天候、四季のことであり、昼夜、乾季雨季、暑さと寒さ即ち夏と冬である。

【英訳】

The second is the Heavenwhich means the weather, four seasons, day or night, drought or rainy, hot and cold that is summer and winter, more easy word four seasons.

 

※ 「陰陽」という言葉は、この世界を全て『陰』と『陽』に分けて物事を考える「中国式世界観」である。例えば「白色」は『陽』。「黒色」は『陰』。

 

※ 「寒暑・時制」という言葉は、『冬』と『夏』即ち「四季」のことである。「秋高く馬肥ゆ」という言葉がある。これは、「杜甫」の祖父の「杜審言」(地方都市郡の参謀長)の作で、長安の都宛ての状況報告の一文であり『国防の詩』である。

雲浄妖星落  雲清くして妖星落ち

秋高賽馬肥  秋高くして賽馬肥えたり

拠鞍雄剣動  鞍に拠りて雄剣動き

揺筆羽書飛  筆を揺かして羽書飛ぶ

image017

拝啓;閣下殿

青雲は、あくまで清く、戦乱の不吉な徴とされている妖しげな星も落ちた昨今ですが、当地も、秋空は、高く澄み渡っており、我が都市要塞の馬小屋で馬は、丸々と肥えており、閣下の命令あれば、直ちに出動できる態勢にあります。

将軍に置かれましては、名馬の鞍に乗って、名剣を振り回して、ご活躍のことと思います。また国王殿下に置かれましても、作戦命令や檄文をお書きになり、伝書鳩を使って、隷下部隊に叱咤激励の檄を飛ばしておられると存じます。

敬具

 

Dear High Excellency :

Sky is full of blue clouds in day time, and the ill-omened shooting star fall at night. Sky is clear and military horses grow up in good health and fat in the stable of castle city. We are ready for next combat action in any time by your order.

High Excellency, General rides on the horse and brandish a well-known sword and

Our King give the written order by write down letter on paper and send if by use of carrier pigeon【伝書鳩】.

                         Sincerely Yours

 

『秋高く馬肥ゆる』の意味は、スポーツの秋、食欲の秋、肥満を心配する秋の言葉ではありません。これは、日本人的思考であります。中国の人々は、秋こそは、彼我共に、『危急存亡の秋【とき】』、戦争するのに、最も良い時期であると考えており、当然、敵の襲撃にも備えなければなりません。即ちprepare for enemyの意味が込められております。これを『有事即応:Readiness』と言います。

馬は、丸々と肥えております。の意味は、{{ 当地は、国境周辺の平定を終完了しました。秋のコーリャン【高粱】やポーミー【とうもろこし】の収穫も終えたので、農民達も、閣下の命令次第、いつ何時でも戦闘加入することができます。 }}との意味です。また、『鳩』は、平和のシンボルと言われ、「ヒロシマの島原爆記念日」等にて放たれますが、実際は、軍の重要な「命令書」や「軍事情報」を伝達する重要な鳥で平和のシンボルではありません。

 

【原典】

地者遠近険易広狭死生也。

【訓読】

「地」とは、遠近・険易・広狭・死生なり。

【和訳】

「地」とは、地形、近いか遠いかの距離、行軍の難易度、土地の大きさ、危険か安全かの安全性で評価する。

【英訳】

The third is the Earthwhich means terrain in military word, and which is assess by the terms of distance – far or near, difficult or easy to travel, broad or narrow, and danger or safe.

 

【原典】

将者、智信仁勇厳也。

【訓読】

「将」とは、智・信・仁・勇・厳なり。

【和訳】

第四番目の「将」とは、将軍の「統率」ことであり、情報を正しく判断することができるか、信義を持ち合わせているか、仁と愛が有るか、勇気を持っているか、厳格であることが要求される。

【英訳】

The fourth is Generalwhich means the leadership of general, general must have the abilities onassed the matter of intelligence with right and quickly loyalty and honor perfect virtue and love courage and sternness.

 

※ CommentThe Cord of officers and soldiers and sailors 『軍人勅諭』Issued by the name of Emperor on Jan.4, 1882.

『義は、山嶽よりも重く、死は、鴻毛よりも軽し』“Honor and loyalty are heavier than mountains, but death is lighter than the feather of white goose

日本人は、世界から、恐れられ、かっ尊敬もされた。

 

And fifty years later Prime Minister of Japan Takeo FUKUDA said to the world 『人名は、地球より重い』“Life is heaver than weight of Globe”

日本人は、テロに諸手を揚げて屈し、テロリストに巨額な身代金を支払う「小心者」の大馬鹿者と見なされ、世界から総顰蹙【disgust:ヒンシュク】を買ってしまった。

 

日本に於いては、「人間の命」の重さは、「鵝毛」よリ軽かったり、「地球より重かったり」コロコロと変わるのである。

 

【原典】

法者曲制官道主用也。

【訓読】

「法」とは、部局・職務・兵站なり。

【和訳】

「法」とは、軍の規律が理解され、軍の下々まで行き渡っているか、将校と兵の職務が明確であるか、指揮系統の一元、統率と編成組織、及び兵站のことである。

【英訳】

The fifth is the Law which means the discipline are to be understand the marshalling of the army in its proper subdivisions, the job of officers and soldiers are clear, unify the chain of command, leadership, organization, and logistics.

 

※ 戦史事例【An example of war history】 : 法の適用事例【Application case of law

曹操曰く「一旦規則が制定された以上は、これに従わなければならない。この法律に違反する者は、何人たりとも、死刑に処す」

Cao Cao said “Once a rule is established, it must be obeyed. Any offender must be put to death.”

 

天下の覇権を取るのには、皇帝による「大義名文」と「住民や農民の支持が必要不可欠である。

To get world hegemony indispensable “The noble cause and justice” by Emperor and “The supports of local people and farmer”

 

199年の夏、ある日、魏の曹操大将軍は、行軍中の麦畑にさしかかった。「麦を踏みつけては、ならん。違反した者は殺す」と命令していた。

One day in summer 199 A.D., when Commander in Chiefs【CIC】 of Wu, Cao Cao meets across the wheat field. Cao Cao ordered his men “Don’t stamp down wheat. I shall kill who stamp down the wheat”

 

騎兵は、全員馬から下りて、麦を手で庇いながら進んだ。

All cavalrymen descend the horse and pass through pushing the thick wheat aside.

 

ところが、この時、突然鳩が飛立ち、曹操の馬が暴れて、麦畑の中に駆け込んで、麦をなぎ倒してしまった。

But at that moment a dove suddenly got up Gao Cao’s horse suddenly astonished and unmanageable and dash into wheat field and standing wheat was trampled down.

 

そこで、曹操は、すぐに待御史【法務官】を呼んで、罪の判定を求めた。曹操は「私は、どの様な罪を受ければよいのかな?」と待御史に尋ねた。

Cao Cao at once called the Provost Marshal and asked him decree the sentence for the crime of tramping down standing wheat.

“How can I deal with this my violation?” Cao Cao asked Provost Marshal.

 

「古の『春秋』の定めるところによれば、法による罰は、最上上級者には、加えないことになっております。貴方は、我が軍の大将軍【最高司令官】であるから、罰則は適用されません」と待務史【法務官】は、答えた。

Provost Marshal replied “In ancient Spring and Autumn days, the laws were not applies to the persons of the most honorable. You are the supreme commander of our army so you must not apply yourself”

 

「自分で、法を定めておいて、自分から破ったとあっては、部下に示しがつかん。しかし、わしが死んでは、軍の統率者がいなくなる。それでは、私の髪を切ろう」曹操は、剣を取ると、自分の命の代わりに、ばっさりと髪を切って地面においた。

“I made the rule and I have broken it. I set a bad example for people. Can I otherwise satisfy public opinion? But if I die, there is no commander of our force. So let us cut my hair with my sward” Cao Cao draws the sward and cut his long hair in stead of take own his life.

 

曹操は、法と秩序の適応については、大変厳格であった。彼は、彼の部下が法と秩序に背いたとして処刑を執行する際には、涙を流し悲しんだが、決して違反を許したことは、なかった。

Cao Cao was very strict application of law and order. When he executes his subordinates who violate the law and order, he tear down with sad but never forgive them.

 

曹操は、良い作戦計画の立案者は、褒めて、直ぐこれを採用した。しかしながら、良い結果が出ないと、つまり戦闘に負けると、計画立案者は、約束を破ったとして処刑された。戦争の無い自衛隊の作戦計画の作成と比べて大変厳しいのである。

Cao Cao praise and adopt good operation plan and execute it, if this plan do not good result that is defeat the enemy. The operation planner executed by the breach on contract. It very severe job compare to making operation plan of SDF without war.

 

Cao Cao adopts farm soldier system to collect wandering people and displaced people and give them the land and farm equipment. And this is most important to teach them how to grown up corn and wheat. In case of war these people support army and source of soldiers.

 

曹操は、屯田兵制度を採用し、流民や難民に土地と農耕工具を与え、そしてこれが最も重要なことであるが、如何にしてトウモロコシや麦を育てる農業技術を教えて屯田兵とした。有事の際には、軍を支えると共に、兵士の供給源とした。JICAの緒方貞子理事長もビックリ仰天「難民救済事業」を実施していたのである。一方、アルカイダのオサマ ビン ラディンも「難民」を集め軍事訓練を施して「聖戦士Mujahidin」を「イスラム聖戦士Jihardist」としているのである。かつての日本軍の特攻隊員は、忠君愛国(天皇に忠節を尽くし、国家を愛すること)、「天皇陛下、万歳!」と叫び敵艦に体当たりしていった。現代のイスラム・テロリストは「神は、偉大なり!【Allahu akbar! : God is great!】」と叫び、自爆テロを実施している。両者の行動ともに、否定され、とっても悲しいことである。

 

『孫子の兵法』をこよなく愛する毛沢東は、この項目を八路軍の規律維持に利用し、住民や農民の支持を得て、中国を統一して『中華人民共和国』を建国した。

 

三国志より:From The romance of the Tree Kingdoms

 

【原典】

凡此五者、将漠不聞、知之者勝、不知者不勝。

【訓読】

凡そこの五者は、将は聴かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は、勝たず。

【和訳】

およそ、これら上記の五事は、将軍たるもの誰でも知っていることであるが、それを深く完全に理解している者は「勝ち」、理解していない者は「敗れる」。

【英訳】

     These above five basic factors are well known to every general. Those who master them will be perfect victorious. Those who do not know or master them will be defeat.

 

【原典】

故校之以計、而索其情。

【訓読】

故に、これを校ぶるに、計を以てして、その情を索【モト】む。

【和訳】

それ故に、作戦計画の立案に当たっては、まず上記の5基本要素を考慮し、彼我の分析を行い、しかる後に、下記の7項目でも比較分析し、実情、即ち「結論」を求めるものである。すなわちこれを「状況判断」という。

【英訳】

Therefore in case of develop an operational plan for war, first considered on the above five basic factors bases, and compare both enemy and friend. And after that and analysis and computes by following seven elements, and get its answers. That is estimate of situation.

 

 Comment【計画】のことを“plan”と言い【計画立案】のことを

develop”という」

 CommentEstimate of situationのことを【状況判断】という。

develop”という」

 

【原典】

曰、①主孰有道、②将孰有能、③天地孰得、④法令孰行、⑤兵衆孰強、⑥士卒孰練、⑦賞罰孰明、吾以此知勝負矣。

 

【訓読】

曰く、

①      主、孰【イズ】れか道有る。

②      将、孰れか能有る。

③      天地、孰れか得たる。

④      法令、孰れか行われる。

⑤      兵衆、孰れか強き。

⑥      士卒、孰れか練【ナライ】たる。

⑦      賞罰、孰れか明らかなる。

吾れ、此れをもって勝負を知る。

【和訳】

すなわち、7項目の考慮事項とは:

①      君主は、敵と味方で、いずれが道教で徳と道徳で人心を得ているか?即ち、敵か? 我か?

②      将軍が敵と味方でどちらが有能か? 即ち、敵か? 我か?

③      自然界と地形が敵と味方でどちらが有利に働くか? 即ち、敵か? 我か?

④      法令が敵と味方では、どちら側が厳守されているか?即ち、敵か? 我か?

⑤      軍隊はどちらが強いか?  即ち、敵か? 我か?

⑥      士卒は、どちらが良く訓練されているか?  即ち、敵か? 我か?

⑦      賞罰はどちらが、公明に行われているか?  即ち、敵か? 我か?

ということであり、本官は、これらの比較・計量分析により、戦う前から、彼我の何れが勝つかを知ることが出来るのである。

【英訳】

The seven consideration elements which comparison between enemy and friend are as follows

①.     Which of the two lords has more Taoism virtue and moral?    Enemy side? or Our side ?

②.     Which of the two commanding general the wisest and gifted ability?  Enemy side? or Our side ? 

③.     Which of the two army function perform best in the given terrain?  Enemy side? or Our side ?

④.     Which the two army obeys the orders and regulations?  Enemy side? or Our side ?

⑤.     Which the two army has more strong soldiers?  Enemy side? or Our side ?

⑥.     Which of army officer and soldier are better trained?  Enemy side? or Our side ?

⑦.     Which army uses reward and punishment in the most reasonable and correct manner?  Enemy side? or Our side ?

I can forecast and get right answer which side army will get victory or defeat conducting these seven elements situation analysis by comparison and add weighting methods.

 

⑥ 士卒孰練 の事例研究:

士卒、孰れか練【ナライ】たる。

士卒は、どちらが良く訓練されているか?  即ち、敵か? 我か?

 

Admiral TOGO always said “One gun which is one hundred shot and one hundred hit is better than one hundred guns which is one hundred shot and one hit”

東郷元帥は、常常『百発百中の砲一門は、百発一中の砲百門に勝る』と言っていたのである。イイ言葉です。

 

This means shooting training【射撃訓練】is very important. So on that day, in the battle of Tushima straight, the wave of the Sea of Japan is high so weather condition favored for Japanese Combined Fleet. Because of training of officers and sailors of the Combined Fleet【連合艦隊】was perfect. ・・・・・帝国海軍連合艦隊最高潮。

 

Admiral TOGO said on the Deactivate ceremony of Combined Fleet“According to an old saying, You must fasten your chin strap of war helmet tight after victory.”「古人曰く、『勝って兜の緒を締めよ』」と。戦国武将の毛利元就の口癖「『油断強敵』、『油断強敵』、『勝って兜の緒を締めてよし』から引用したのである。東郷さんも、戦国武将の格言を「パクル」のですねえ~。

 

Naval disarmament conference【海軍軍縮会議】on heavy cruiser【重巡洋艦】opened in London Japanese Imperial Navy forced to accept 60 % of the US and Great Britain.【対米英比率6割を飲まされた】

Admiral TOGO said “As to Disarmament conference demand limitation on the number of heavy cruiser, but no limitation on training”【軍縮会議では、重巡洋艦の数には制限を加えられたが、訓練には制約はない】

そして、これは、

← ♪♪♪~ 「海の男だ、艦隊勤務。月月火水木金金 」~♪♪♪

← ♪♪♪~   “We are sailor man, Fleet tour of sea duty. Working days are Mon. Mon. Tues. Wed. Thurs. and Fri. Fri. 7 days training no holiday at all.♪♪♪~

という軍歌に相成ったのである。

 艦隊勤務

そして、更にThe Seven days a week training go to the Seven buttons and the Cherry and Anchor of the Student Naval pilot : 予科練の『七つ釦』と『桜に錨』という歌に発展して行ったのである。

 

To pacify【沈静化】battle ship construction competition fever【戦艦建造競争】in the world, Naval disarmament conference【海軍軍縮会議】opened in London and Washington prohibit the new battle ship by set upper limit. But no limitation set on training hours.

そして、「大和魂」が登場したのである。この「大和魂」は、『孫子の兵法』では、比較分析をすることが出来ない次元の内容である。  

 

 Comment「7要素」means seven basic elements which consist of lord & way, general, weather & terrain, obey orders, soldiers, education & training, and reward & punishment.

 

 Episode of war history

『戦闘の勝敗は加藤隼戦闘機隊長、戦う前にすでに決まっている』のである。

Ltc.Col.KATO【加藤中佐】, Ace pilot of the Falcon fighter, Imperial Japanese Army,  his nickname of the 『宮本武蔵』in the air, he always said “Victory or Defeat is decided before pull out the sword from sheath. And also he said that fighting in the air started long before met each other. Ltc.Col.KATO shot down enemy air craft number was 271 in total.

His air combat tactics was use of small covered secret make shift air field in front line infantry’s territory. Because of Japanese fighter Falcon is better in air maneuverability but short in range compare with enemy fighter.

 

【原典】

将聴吾計、用之必勝、留之、将不聴吾計、用之必敗、去之。

【訓読】

将 吾が計を聴くときは、これをもちうれば必ず勝つ、これを留めん。将 吾が計を聴かざるときは、これを用うれば必ず敗れる、これを去らん。

【和訳】

将軍たる者、私の上述した「五事七計」は、誰でも知っております。これを一般には『情報見積もり』とか「指揮官の状況判断」とか言っております。この「五事七計」を善く理解し、私の理論に従う将軍は、きっと勝ちます。従って彼を留任させなさい。将軍が、私の理論に従わない場合には、この将軍の指揮する軍は、確実に負けると思われるので、彼を雇わない。諸侯は、状況判断の出来ない愚な将軍を、即刻、解雇すべきである。

【英訳】

Every commanding general know above mentioned my theory that “Five basic factors and Seven elements” That is general must have knowledge on intelligence estimate of situation and commander’s estimate of situation. And general who know deeply the true meaning and adopt my Sun Tzu’s theory in battle, he will win without fail. So you had better employ him as commanding general. But if general do not under stand my theory and do not employ my theory, this army will be defeat instantly. So war lord should discharge this stupid general who can not commander’s estimate of the situation instantly.

 

 Comment:米陸軍の戦術教範は、「孫子の兵法」の「パクリ戦術」【Unfair imitation tactics or Rip-off tactics】と言うつもりは、毛頭ありませんが、上述の英文と同じような内容が書かれていた。約15年前のことですが、自衛隊援護協会の深山理事長(防大#1)から、米軍の野外教範【FM: Field Manual】翻訳を依頼され、自衛隊の訓練資料を作っていたことがあった。これを知った八田武器学校長曰く「技術教範TM: Technical Manualは別として、何ゆえに、後方職種の武器科職種の山本君が、第一線の部隊が使用するFM野外教範をするのか?」とご下問があり、答えて曰く「浅学非才な我が身、陸上自衛隊の運用や戦術の粋を集めた「野外令」なるものは、「解説書」なるものがないと、理解出来ませんが、米軍の教範は、学の無い将兵にも分かり易いように書かれております」と。

  日本人は、一読しただけでは、理解出来ない教範のことを、格調の高い教範と言いますが、これは、漢文や古文の学校教育に原因があって、格式や格調の高さを重視する教育思想の名残だと思っております。

この米軍の軍事教範、昔は、読むのに難解でありました。しかし、ベトナム戦以降、軍の兵士の国語能力【English】が、著しく落ち、難しい表現で書かれた教範を理解出来ない兵士が急増しました。これは、国防上、由々しき大問題だとして「教範の内容を、全然落とすことなく、文書を易しく書くという対策を採ってきました。軍事用語だけ知れば、日本の中学校レベルで読みこなすことが出来るのです。

自他共に英語通であるとされていた元宮沢総理大臣のように「アメリカには、黒人、プエトルコ、メキシカンが多くて、平均的に見たら、知敵水準が日本に比べて非常に低い」とアメリカ国民の神経を逆なぜする気は毛頭ありませんが、教範も読めない兵士が多くなったのは、否定し難い事実です。

本人は、アメリカ通であり「学のあるところを、知っていただこう」と思ったが、逆に日本のマスコミに叩かれ、アメリカ国民に大ヒンシュクをかってしまった。これを一石マイナス二鳥という。『一石マイナス二鳥』とは“Killing minus two birds with one stone.”

因みに、孫子の「五事七計」は、米陸軍の教範では、『状況判断の五要素』METT-T = Mission Enemy Terrain Troops Time available とか、METT-TC = Mission Enemy Terrain Troops Time available, and Considerationと言っております。念の為。

 

【原典】

計利以聴、之為之勢、以佐其外。

【訓読】

利を計りて、以って聴き、即ちこれが勢を為し、以って其の外を佐く。

【和訳】

開戦前に彼我の戦力比較分析を実施し、勝つことが明らかになったならば、開戦を決めて、策略を張り巡らして、我に有利な状況を作る。

【英訳】

Commanding general must be to find out the best answer what condition is the best, by the comparison of assessments on the five basic function and the seven elements for victory, before the start of war. And then take an initiative make favorable conditions by plots.

 

Compare which side is better on following 5 basic factors.

                            Country  A            Country B

Way

Weather

Terrain

General

Law

A国【敵国】とB国【我国】と、どちらが点数が多いかで勝敗が決まる。

 

孫子の情報Chart見積:「彼我の戦力比較五項目」

 

孫子は、先祖の霊廟前で、戦争開始前に『情報見積』と『状況判断』をして、麻雀よろしく『ワオーゲーム』をすべしと述べているのである。さぞ麻雀が強かったに相違ない。

 【原典】

勢者困利而制権也。

【訓読】

勢とは、利に因りて、権を制するなり。

 Comment「勢【イキオイ】」means initiative inertia power to react the changes of circumstances.

 Comment「利」means favorite circumstances.

 Comment「権」means take measures according to circumstances.

【和訳】

「勢い」とは、有利な条件を利用して、その場に適した「臨機応変」の処置を取り、一気に有利な体制を作り出す運動エネルギーのことである。

【英訳】

The inertia-energy of force power is to take adaptation by the change of circumstances to get profit quickly.

 

覚えておこう「四字熟語」:

臨機応変 【りんきおうへん】 

☆  Adaptation change depends on circumstances or situation.  Take the best course of action depend on the situation.                                                                                                      

 Comment : 「臨機」 means “ Take advantage of opportunity or Take adaptation ”, and 「応変」 means “ Adaptation to change formation as container or vessel“.

 

 Comment大休止 Long halt

Joke : 

不肖山本は、60年前、ソ満国境近くで終戦を迎えた。当初のソ連軍の第一線は、囚人部隊等であり装備も服装もお粗末で、何故、日本軍が負けたか判らないような部隊であった。そして略奪や強姦が日常茶飯事であった。が、しかしやがてソ連の精鋭部隊が戦車と共にやって来た。ソ連の戦車を初めて見た時の、驚きは、「メダカ」しか見たことのない小学生が、「鯨」を見たときと同じような驚きであった。これでは、日本軍が勝てるわけがないと思った。一年も過ぎると、規律のあるソ連軍がやって来た。ある時、日本人の少女が口を大きく開いて、綺麗な声で歌を歌っていた。マカロフ将軍

クロパトキン将軍♪♪♪  ロシヤ ~ 野蛮国 ~ クロパトキン ~ 金の玉 ~ マカロフ ~ 褌 締めた ~ 高ジャッポ ~ ポンヤリ ~ 陸軍の ~ 乃木さんが ~ 凱旋す ~ すずめ ~ メジロ ↑(ロシアに戻る) ♪♪♪

この歌を聴いたソ連兵が、日本人の通訳に尋ねた。「あの少女の歌は、とれも上手である。その歌詞の内容は?」と。「臨機応変」を座右の銘としている日本人通訳曰く「この歌は、日露戦争で戦ったロシア満州軍総司令官クロパトキン将軍とロシア太平洋艦隊司令長官マカロフを賞賛した歌である。日本人の子供達は、誰でもクロパトキン将軍とマカロフ司令長官を知っており、尊敬をしていると」。無知蒙昧なソ連兵、己の無学無教養を、大いに恥じ、日本の子供たちを尊敬したのであった。

翻って、今日、「クロパトキン大将」や「マカロフ司令長官」の名前を知っている大学生は、皆無である。学力低下が著しいのである。但し例外もある「マカロフ」は、ソ連から蜜輸入される「拳銃の名称である」と。

不肖山本は、自衛隊、昭和金属工業、JICA【日本国際協力機構】やJMAS【日本地雷処理を支援する会】で勤務をし、多くの翻訳や通訳のお仕事をさせて頂いたが、このロシア語の通訳は、最高の通訳であったと、いまでも思っている。

これを聴いて、ソ連兵いたく感激して、少女の所に行き、手を固く握り言った。「オーチン ハラショ! オーチン ハラショ!」と。しかし、この少女は、このソ連兵の言った意味が全然分らない。少女は、早速、お母さんにこのことを報告した。「お母さん!ソ連兵が私の歌をきいて『オーチン ハラショ!オーチン ハラショウ!』と二回も言ったのよ。『オーチン ハラショ!』てなーに?」

お母さん答えて曰く「あのネ。ソ連の兵隊さんは、お前の歌が『大変お上手だね!』と褒めてくれたのヨ。良かったネ」と。この少女は、嬉しくなり、これ以来、ソ連の兵隊さんが大好きになりました。

アメリカの兵隊さんは、日本の子供に「チョコレート」や「チュウインガム」を配って宣撫工作をしましたが、ソ連の兵隊さんは、リップ・サービスのみで日本の子供の心を捉えました。

(注) : 上記の歌は、ソ連兵の前で歌い、中国兵の前では:

♪♪♪  李鴻章の禿げ頭 ~ マカロフ ~ 褌 ~ 締めた ~ 高ジャッポ ~ ポンヤリ ~  ↑(李鴻章の禿げ頭に戻る) ♪♪♪

そして、国府軍【蒋介石軍】兵士や八路軍【毛沢東軍】兵士のいる所では、「李鴻章の禿げ頭」の歌を歌うのを常とした。そして中国の兵士から「頂好:ティンホー。頂好:ティンホー。」【とっても素晴らしい。とっても素晴らしい。】と褒めてくれた。

不肖、山本は、これらの歌は、「国際親善」と「国際協力」に貢献したと思っている。先日も、この調子で、日本地雷除去活動を支援する会JMASのホーム・ページに  ♪♪♪ 猫踏んじゃった。 ♪♪♪ 猫踏んじゃった。♪♪♪ 猫踏んじゃった。♪♪♪ 地雷踏んじゃった。♪♪♪ と「地雷被災者の生々しい事故写真」と「可愛い猫チャンの写真」を合成して掲載したところ、地雷の無い国、日本の閲覧者から文句が出た。「これは、地雷被災者を冒涜するものである」と。そして、可愛い猫が消え、生々しい被災写真だけが残った。不肖山本が、自衛隊で兵器の研究開発をしたり、地雷の信管等を製造していた昭和金属工業の工務長をしていた、と知れば途端に目をむき出して憤慨するのである。因みに昭和金属工業の社是は「国の安全に貢献する」とあり、防衛省や警察や海上保安庁に製品を納入するほか、自動車メーカーにエアバッグを膨らませる加工品を製造しています。この頃の日本国民は、物事の本質を考えることなく、ムードでその良し悪しを判断するようになってしまった。真に嘆かわしいことである。

 

【原典】

兵者詭道也。

【訓読】

兵は詭道なり。

 Comment「詭道」means deceive tactics by plots.

【和訳】

戦争とは、常に敵を欺くことによって行うものである。

【英訳】

The warfare is always conducts by deceptions to enemy.

 

※   CommentBasic operation of combat is deceive the enemy stand at vantage point and favorable condition.【戦闘行動の基本は、敵を欺き、有利な立場に立って】:

  1. To induce off the enemy’s guard.【敵の油断を誘うこと】
  2. Blind enemy eyes.【敵の目をくらますこと】
  3. Make an error of enemy’s judgment.【敵の判断を惑わすこと】

 

「兵は、詭道なり」:

その1:「インディアンの場合」

 “American Indian never ever tell a lie.” ”But white man always tell a lie!”  And American Indian fights back white man like Japanese Samurai. Japanese Samurai chop off enemy general head so we imitate the Japanese Samurai custom to chop off enemy white man general head skin. That is we peel-off white man head skin. This American Indian system better than Japanese style chop off head, because of carry back is light so can get more enemy’s head skin.そしてアメリカ大陸は、白人に乗っ取られてしまった。これは、とっても悲しいことである。

 

その2:「日本人の場合」

   「ゲリラ戦術」だと?「武士が相手をチョロマカスとは、ケシカラン!」「花は桜。山は富士。人は武士!」 Flower is cherry blossom! Mountain is Fuji! Man is Samurai を豪語する日本人が、

「孫子の兵法」をこよなく愛する「ゲリゲリラ戦」の大権威の毛沢東の「八路軍」【パーロ】と、「孫子の兵法」のコレクターの第一人者である蒋介石の「国府軍」に敗れたのである。「チャンコロ」と小ばかにしていた日本人『東洋の鬼』が負けてしまったのである。

 

その3:「上杉謙信の場合」

   「正々堂々と戦うのが『日本の兵法』である。権謀術策を弄するのは『武田信玄』共々許せん!」『渇!』

 

その4:「イスラム原理主義者の場合」 

大石内蔵助「私、日本人と同じように『忠臣蔵』大好きです。大石蔵之助を大変尊敬しています。私は、8年間、日本に住んでいます。私は、毎年、原爆記念日の英字新聞Japan Times紙で日本の総理大臣が広島でスピーチした原稿を隅から隅まで全て読みました。しかし、日本の総理大臣は、誰一人として「アメリカに対して復讐を!」とか「アメリカに血を持って償わせる!」と声高らかに宣言した総理は、誰一人として居りませんでした。日本の首相のメンタリティーは、どうなっているのでしょうか?山本さん、イスラム原理主義者の私には、とても理解することができません。「日本は、アメリカに何時、復讐するのか、知っていたら、こっそり教えて下さい」と「ギックリ腰」で入院初日の真夜中のことであった。ギョギョギョのギョ。真にビックリ仰天であった。

このイスラム原理主義者の青年は、日本人=大石蔵之助、アメリカ人=大石蔵之助とイメージを抱いているのでした。

 

 

 

Osama bin LaadenAfter 3 years of above midnight incident,

Osama bin Laden said to the world at Cave of the Tora Bora in Afghanistan. ”Great Satan, American killed Japanese people by atomic bomb in Hiroshima” と厳しく非難した。同感である。

Osama bin Laden said in Afghanistan ”One day Jihad against atheist in Afghanistan is equal one hundred days pray in mosque at home.” 『アフガニスタンに於ける無神論者(ソ連兵のこと)に対する聖戦の1日は、故郷におけるモスクでの1,000日の祈りに相当する』と・・

 このオサマ・ビン・ラディンの呼びかけにより、回教徒達は、左手に「コーラン」、右手に「AK-47カラシニコフ突撃銃」、肩に「RPG-7対戦車ロケット弾」を担ぎ、懐には「先祖代々の日本刀ならぬ『三日月刀』」を忍ばせ「無神論者の露助にアフガニスタンの国土を蹂躙させるな!」と、怒り狂い、それぞれのアフガニスタンに馳せ参じたのである。ある者は、トヨタのピック・アップの荷台に鈴なりとなり、ある者は、馬に乗り、そしてある者は、ロバに跨り、そして残りは、徒で、やって来たのである。極めつけは、「ジハード(聖戦)は、単なる人殺しではない。これに参加し、武運つたなく戦死した者は、来世に行くのに『特急券』が交付され、かつあの世においては『特別な場所』が与えられる」と。かつて旧日本軍が絶賛し、お手本とした『聖戦思想』がアフガニスタンにあった。

 

JMAS【日本地雷処理を支援する会】は、秀吉が実施した『刀狩』よろしく、国連が実施したDDR【Disarmament, Demobilization and Reintegration of Ex-combatant】「元兵士の『武装解除』『復員』及び『社会復帰』活動」を支援して来ました。そして目下、元タリバンや元軍閥の兵士達約80名と共に、ソ連軍が撤退の際に、「子々孫々に至るまで、地中に留まり、仇を取ってくれよ!」と怨念を込めて埋設した地雷の除去作業プロジェクトをDDG【Denmark Demining Group】デンマーク地雷除去グループと共同で実施しています。

 

【原典】

故① 能而示之不能、② 用而示之不用、③ 近而示之遠、④ 遠而示之近、⑤ 利而誘之、⑥ 乱而取之、⑦ 實而備之、⑧ 強而避之、⑨ 怒而撓之、⑩ 卑而驕之、⑪ 佚而労之、⑫ 親而離之、⑬ 攻其無備、出其不意、  此兵家之勝、不可先傳也。

【訓読】

故に、

①      能なるもこれに不能を示せ。

②      用なるも之に不用を示す。

③      近くとも之に遠きを示し、

④      遠くして、これを近きを示す。

⑤      利なれば、之を誘い、

⑥      乱して之を取る。

⑦      実なるも之に備える。

⑧      強にして之を避く。

⑨      怒らしめて之を撓む。

⑩      卑なればこれを奢らせる。

⑪      佚【イツ】にして之を労す。

⑫      親しければ、これを離す。

⑬      其の無備を攻め、其の不意に出ず。

此れ兵家の勝にして、先ず伝う可【ベ】からざるなり。

【和訳】

それ故に、

①    実力を持っていても、無能の様に見せかけよ。

②    積極的に出ようとする時は、消極的であるように装う。

③    近くにいても、遠くにいると見せかける。

④    遠方に向おうとする時は、近くに向おうとするように見せかける。

⑤    敵に餌をちらつかせて誘い込み、これを罠にかける。

⑥    敵を混乱させて、これを奪い取る。

⑦    実力がある敵に対しては、これに備え。

⑧    強力な敵に対しては、接触を避ける。

⑨    敵を苛立たせて、怒り猛わせる。

⑩    敵がこちらを見下していれば、なお一層驕り高ぶらせて油断させる。

⑪    敵が気儘で安楽にしていれば、敵を疲労困憊させる。

⑫    敵が一致団結していれば、この団結を崩し、敵が同盟していれば、これを謀略で分断する。

⑬    敵の無防備を攻め、敵の不意をつく。

これ等のことは、用兵家にとって勝利の鍵となるべきことである。何れも出陣前に予め予想することが出来ないものばかりである。

【英訳】

So even though

①   If you are competent and strong, you must pretend to be incompetent and weak for enemy.

②   If you want aggressive action to enemy, you must pretend passive like a maiden or virgin.

③   If you locate near the enemy, you must pretend long distance from enemy.

④   If you want going long distance, you must pretend go to short distance.

⑤   To show and entice the enemy lucrative baits and entrapped them.

⑥   Make the enemy confusion, and attack while they are in disarray, and finally occupied the enemy castle or territory.

⑦   If you meet across competent army, you must prepare it.

⑧   If you meet across the strong enemy, you avoid the enemy to contact.

⑨   Make enemy irritate and after that make enemy get it into furiously angry.

⑩   If enemy look down upon us, let enemy more arrogance.

⑪   When enemy is at ease, make them tired out with plot.

⑫   If enemy force has strong esprit de corps, divide them and weak. And if the enemies have alliance each other, separate them by plot.

⑬  Strike the enemy where is not defense, and appear when the enemy unexpected times and unexpected places.

 

These above factors are called the key of victory which can not know in advance. These factors can not know at the start of the war by war game calculation.

 

※ Comment 『孫子の兵法』の特色。

『孫子』は、12種類の敵の騙し方について、縷々説明しているのである。まさに中国流兵法のエッセンスである。『猫かぶり』戦術である。『猫かぶり』戦術で相手を油断させ、機を見て、一挙に猛攻撃に転じるのである。

この様な方法を「兵法36計」では、『笑裡蔵刀』-「笑いの裏に刀を隠す」、表面は、友好であるかのように装い、密かに軍事力を増強し、時期が到来したならば、防衛力の整備を怠った敵の不意を突き、撃破する外交・軍事戦略のことである。中国の外交・軍事・戦略恐るべし。要注意。

 

※ An example  1 :When the enemy is at easy, make the enemy tired out with plot.

Star Wars initiatives of US President Ronald Reagan drive Soviet promote a military buildup, so Soviet accelerated ICBM program which need tremendous money, so Soviet bankrupt in economic. Finally Soviet empire self-destruction and collapse by themselves. US President Bush declare “The cold war is over” with boast and big voice to the world.

 

※ An example  2 :Strike the enemy where is not defend, and suddenly appear where the enemy are unexpected place and times. *『其ノ無備ヲ攻メ、其ノ不意二イズ』敵の防御がなされて居ない所を攻めて、敵の準備していない所を襲撃する。 

Yoshitune MINAMOTO surprised attack Heike clan general headquarters pass through animal pass at Ichi-no-tani(一ノ谷), or Hiyodori-Goe【鵯越】in Feb.7, 1184. Yoshitune cavalry 3000 climbed down precipice through deer pass. This tactics called “Head long surprised attack” Yoshitune thought if the deer can pass through animal pass, so horse can pass through the animal pass because of deer and horse are the same four legs animal.

Yoshitune head-long surprised attack the center of Heike main body about 20,000 men so Heike formation collapsed and run away. These times the tactics of surprise attack is dirty tactics because of against the aesthetics of Samurai code. For example samurai put on very beautiful helmet and armor to clear distinguish from enemy in Japan.

 

※ An example  : 『乱而取之』、「乱して之を取る」、敵を混乱させて、これを奪い取る。“Make the enemy confusion, and attack while they are in disarray, and finally occupied the enemy castle or territory.

特別解説:これ孫先生が教えてくれた、中国人の池の鯉の取り方あるネ。お池の水をかき混ぜて、濁らせて、鯉を取ることあるネ。魚、水が濁ると、目見えなくなるよ。これを掴むネ。そうです、アフリカに性能の悪い安価な武器をジャンジャン輸出して、大混乱させ、資源を確保する大戦略【Grand strategy】あるヨ。

 

※ An example  : 『親而離之』、「親しければ、これを離す」、敵が一致団結していれば、この団結を崩し、敵が同盟していれば、これを謀略で分断する。

If enemy force has strong esprit de corps, divide them and weak. And if the enemies have alliance each other, separate them by plot.

特別解説:「六カ国会議、くそ食らえ。日本を孤立させよ!」テポドンを一発、暑中お見舞いお礼申しあげます。キョギョギョのギョ。

 

 Joke :小休止 【 Short halt

「How to deceive the spot inspection by General Accounting Office auditor.

  1. When you know very well, you pretend do not know at all.
  2. Even if do not use of it, you must pretend every day use it by showing dayly check list etc.
  3. Tired out and exhaust auditor by long briefing on camp or showing mock up drill on sever condition.
  4. To explain clear language with polite attitude but meaning unclear at all.
  5. To shorten auditor’s checking time on documents by long idle taking or meaningless explanations.
  6. To hide or conceal long term un-useable items for auditors eyes.
  7. Offer the auditor, very small tiny fault to be point out, to prevent to avoid fatal blow by feint cover up operations.
  8. Lead the wrong direction to the auditor for safe. All ways conceal and hide vital defects. Stamp on “Top Secret” at front cover.
  9. Making the special secret manual on auditor personality, history, hobbies etc. And these documents circulate or distribute in secret to whom concerned.
  10. If possible do wining and dining with auditors by taxpayer’s money.

会計検査員と『善く戦う者は、其の備えは嶮しく、その説明は短し』。『善く戦う者の勝や、智名もなく、勇功もなし』『死して、屍拾う者なし』。平和時の自衛隊の戦う相手は、対抗部隊『甲』・『乙』・『丙』の国にあらず『会計検査院』也。その節は「孫子の兵法」を是非ご活用下さい。『自衛官座右の銘』としたのもここにあります。努々、「課長!検査官にマズイモノを持っていかれました・・・」「XYZ社の㊙工数管理データを持って行かれただと?!ヤバイ!そして数日後、会計検査院からラブレターなるものが来た。これは、野木希典陸軍大将が連隊旗を奪われたことと同じである。『喝!』

 

【原典】

夫未戦而廟算勝者、得算多也、未戦而廟算不勝者、得算少也、多算少也。

【訓読】

夫れ、未だ戦わずして廟算するに、勝つ者は、算を得ること多きなり。未だ戦わずして、廟算して、勝たざる者は、算を得ること少なければなり。

 Comment「霊廟」means mausoleum where held ceremony to the ancestors after that war game simulation take place, if the result is good point start the war and if the result not good do not start the war..

 Comment「霊算【ビョウサン】」means war game at Mausoleum before start of war.霊廟で実施することにより『先祖の霊』のご加護が得られると考えられていた。開戦か?否か!は、国にとって重大事項であので、所謂『御前会議』を開いて、兵棋演習【war game】をして、国の意志決定をするのである。

 Comment「算を得ること多きなり。」means can get more counting rods【点棒】of war game in simulation at Mausoleum before start of war. The counting rods are almost same as Mah-jongg game.

【和訳】

開戦前の霊廟における戦争意思決定御前会議に於ける「戦争シューミレーション」による算定の結果、我が方が算定値が多ければ、我が方が勝利することになろう。反対に我が方の算定値が少なければ、我が軍は、負けることになる。

【英訳】

In the rod-counting of war game simulation at mausoleum before the start of war in the decision making conference, if we can get more counting rods than enemy, our force will be victorious. On the other hand, if we can not get more counting rods than the enemy, our force will be defeat.  That is the calculation value of the war game simulation is big, we will be win. And if this calculation value is smaller than enemy, we will be defeat.

 

【原典】

多算勝、少算不勝、而況於無算呼、吾以此観之、勝負見牟。

【訓読】

算多きは、勝ち、算少なきは、勝たず。而るに、況や算なきを於いてをや。吾れ此れを以てこれを観るに、勝敗見【ア】らわる。

【和訳】

多方面から客観的な算定を実施して、勝ち目が多ければ、勝つことができるが、勝ち目が少なければ、勝つことが出来ないのである。まして勝ち目がまったく無いと言うのでは、勝利を収めることは、不可能である。しかるにこの計算を行わないというのは、自ら勝利のチャンスを見逃すことである。私が、開戦前に、戦争の勝敗をはっきりと予測することが出来るのは、戦争シミューレーションである廟算算定を実施し、点数捧を多く得ることができた結果である。

廟算算定:Table-top exercise and war game simulation like a mah-jongg game at Mausoleum before start of war. The mah-jongg style war game use of the tile use point counting rod. 

 

【英訳】

      If war simulations game results at the Mausoleum before the start of the war get more points, it can gets the win at the real war, and if less point can not get win. And needless to say, if wining point is nil by simulations can not get win on this war without fail. So I can see and say which side can win the war and which side will be lost, before the start of war by table-top mock-up exercise that is war game simulation by use of counting rod result at Mausoleum.

 

※    Suggestion from Sun Tzu

Japan should be hold war game【兵棋演習】before the start of the Pacific War at Imperial Palace. It should be conduct Prime Minister TOJO as Presiding General【統裁官】including General and Admiral form high command【統帥部】.

My suggestion is “Japan should open rod-counting war game at Imperial Conference【御前会議】before start of war.”

I said “One is victorious who gets many counting rods in the rod-counting war game at court before start of the war one is not victorious who gets few counting rods.”

若しくは

I see it in this way “Victory belongs to the side that scores most in the temple calculations before the start of war.”

“Defeat belongs to the side that scores least in the temple calculations before the start of war” “It is impossible to get victory no score in the temple calculation before the start of war”

 【「算多キハ勝チ、算スクナキハ勝タズ。而ルヲ況ヤ算ナキニオイテヲヤ」】Sun Tzu said 2,300 years ago, but Japan did not adopt my art of war..

日本の軍人、「玉砕戦法」大好きあるネ。これ「暴虎馮河」と言うあるネ。

覚えておこう「四字熟語」

玉砕戦法

  ”Go for the broke tactics” or “To die for glorious tactics by sacrifice one self” or “Glorious attack tactics”

暴虎馮河

  “Very risky attempt like to fight tiger with empty-hands and across the Yellow river with bear feet.

 Comment:竹槍で戦車を串刺し、B-29を射落とす。とにかく勇ましいのである。

※   Player’s Guide

不肖山本は、自衛隊を定年退職した後、昭和金属工業で空包や火工品を生産する工場の工務課長をしていた。この時に、自衛隊援護協会の依頼で、米軍の訓練シユミュレーション教範「Player’s Guide」を翻訳したことがあった。

このコンピューターを駆使した統合戦域レベルの訓練用、陸・海・空・特殊部隊の統合作戦シュミュレーションの実施要領マニュアルである。日米共同訓練で使用したことのあるFirst Battle「緒戦」のコンピューター化でもある。米軍の誇るこれらの戦闘シュミュレーションも基本的には、2500年前の「孫子の兵法」の「霊算」となんら変わっていない。ただ、これがコンピューター化されたに過ぎない。

 

1 『始計篇』の要約

The summary of the chapter 1. “Making of operation plans”

 

¯  戦争は、国家にとつて、生きるか、死ぬかの一大事である。従って勉強することが大切である。

War is the grave affairs of nation and road to survival or extinction. So it is important to study war.

¯  戦う前に勝敗の帰趨を予測せよ。戦争終了後の状態、即ち出口戦略を明確にすることが大切である。

To predicts victory or defeat of war before the star of war. It is need make clear the end state of war. That is strategy for end state strategy.

¯  戦争とは、騙し合いである。

Warfare is always based on deception.

¯  勝敗は、戦前に決定している。勝算の多い方が勝つ。

Rod counting at the court before the stat of battle, one can predict the outcome of war, who gets more counting rods will be win.

Episode of Admiral TOGO:

Usually the captain of battle ship command his battle ship in side armored bridge. But Admiral TOGO did not this combat style. Why ?

通常、戦艦の艦長は、装甲された艦橋の中で指揮をする。しかし、東郷元帥は、艦橋内で指揮を取らなかった。何故か?

 

The answer is in side the armored bridge of battle ship Mikasa can not get good field of view, because of only small vision slit【てん視孔】.

答えは、戦艦『三笠』の装甲された艦橋は、小さなてん視孔が付いているものの、ここから見る視界は、良くないのである。

 

The bridge can get good field of view, but good aiming point【照準点】from enemy gunnery. All the Russian Baltic Fleet battle ship was zeroed in on point【照準点】is the bridge of Mikasa. So the bridge is very dangerous station【部署】too.

艦橋は、視界が良いけれども、しかし敵の砲術の照準点でもある。ロシアのバルチック艦隊の戦艦は、全て三笠の艦橋に照準を合わせて射撃した。従って艦橋は、大変危険な部署である。

 

Admiral TOGO battle station on the compass deck【羅針艦橋】 which has good field of view in stead of inside armored bridge by sacrifice own life【危険を顧みず】with sophisticated 20 powers binoculars20倍の双眼鏡】.

東郷元帥は、危険を顧みず、複雑精巧な最新鋭の倍率20倍の双眼鏡を手にして、視界の良い羅針艦橋に陣取ったのである。

 

But Admiral TOGO prepared for the worst remained second in command in side the armored bridge as crisis management【危機管理】

しかし、東郷元帥は、万が一の場合に備え「危機管理」として副長を装甲艦橋内に残していたのである。

 

One of flagship staff said to Admiral TOGO, High Excellency ! This place is very dangerous, so please go to inside the bridge sir. But Admiral TOGO refused this recommendation. And it is said that “I am old man. Today I do not move this position. Young officer must enter into the bridge because of public service for nation【国への御奉公】is important.

旗艦の幕僚の一人が東郷元帥に言った「閣下! ここは、危険です、艦橋の中にお入り下さい。」と。東郷元帥は言った。「いや、東郷は、年寄りじゃけん。今日は、ここを動きもはん。若い者こそ、これからの御奉公が大切じゃ。おはんなさい」と。

 

General TOGO put the priority to perform his job responsibility on command the Combined Fleet Commander-in-Chief than to secure his safty.

東郷は、自分自身の安全確保よりも、かれの連合艦隊司令長官としての責任を、より果たすことを優先させたのである。

 

Hit the bridge of battle ship Mikasa, but fortunately dud shell so do not detonation occurred on impact only destroy chart room inside the bridge..

三笠の艦橋に命中した。しかし、炸裂することなく不発弾であったため、艦橋内の製図室に命中した。

 

It is said one of reason Combined Fleet can get win this Battle of Tushima straight【日本海海戦】is superiority on military technology.  Admiral Togo has a most sophisticated binoculars in his hands, Shimose explosive【下瀬火薬】which made of picric acid, Izuin-Super Quick Fuse【伊集院瞬鋭信管】which never dud【不発を起こさない】,and good radio【無線機】

日本海海戦で連合艦隊が勝つことが出来た理由は、東郷元帥が最も精巧複雑な双眼鏡を手にし、ピクリン酸を原料とした下瀬火薬、不発を起こさない伊集院瞬鋭信管と良い無線機があったからです。

 

Admiral TOGO said deactivate ceremony on the Combined Fleet. “We must tighten chin strap of war helmet after the victory”

そして東郷元帥は、連合艦隊の解散式展で言った「勝って兜の緒をしめよ」と。

   

 

Wise saying of the Sun Tzu’s the Art of War

孫子の兵法名言録

〔始計篇01〕

『兵は国の大事にして、生死の地、存亡の道なり。察せざるべからず』

War is a grave affair of the state it is a place of life or death, a road to survival or extinction ruin. It is matter to be pondered carefully before the start of war.

戦争は、国家の重大事であって、国民の生死、国家の存亡がかかっている。それ故に、戦争開始に当たっては、細心の検討を加えてかからなければならない。

「質問」:しからば、国の大事とは何でしょうか?

「回答」:「儀式:Ritual」と「戦争」である。

「質問」:何について検討するのでしょうか?

「回答」:『五事』Five Basic factorsについて考えなければならないのである。

War is ⇒ a grave affair of the stateor nation or country

It is a place ⇒ of life and death

A road ⇒ to survival and extinctionor ruin

A matter ⇒ to be pondered carefully before the start of war.

 

〔始計篇02〕

『故に、之を経るに五を以ってし、之を効らかにするに、計を以ってし、以ってその情を求む』

It is very important to compare and assessing by calculation on Five Fundamentals in advance enemy force and friend force which side more superior or inferior.

事前に謀り考える為に、五つの基本的事項を適用して、彼我の優劣を具体的に計算し、双方の実情を探ることが大切である。

 

〔始計篇03〕

『一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法』

Key of comparison factors are the first is way, the second is heaven, the third is earth, the fourth is general, and the fifth is law.

戦力の優劣を判定する鍵は、道、天、地、将、法の五項目である。

There are Five Fundamentals for this consideration ⇒ making comparison and the assessing on conditions

☆  Way

☆  Heaven

☆  Earth

☆  General Command

☆  Law Discipline

 

〔始計篇04〕

『天とは、陰陽・寒暑・時勢なり』

Heaven is Yin and Yang , Cold and Hot, the Four cycle of seasons, these weather conditions are very important to apply the combat.

天とは、陰陽や、気温や、時節など自然界の天候・気象状況を考慮して、それぞれの季節に応じた戦闘をすることが非常に重要である。

 

〔始計篇05〕

『道とは、民をして上と意を同じくせしむるなり』

Way is cause common people to be one mind with their rulers.

道とは、支配者と国民との間で、上下心を同じくしているか否かを知ることである。

 

〔始計篇06〕

『地とは、高低、遠近、険易、広狭、死生なり』

Terrain features must be estimate on high or low, far or near, precipitous or flat, wide or narrow, and death or alive.

地形は、高低、遠近、険阻平坦、広狭、死地生地の見地から評価すべきである。

 

〔始計篇07〕

『将とは、智、信、仁、勇、厳なり』

Five basic essential nature of general are :

1.   Wisdom       - power of situation awareness

2.   Integrity      - trustworthiness or do not tell a lie.

3.   Perfect virtue  - sympathy and consideration

4.   Courage       - brave

5.   Strictness      - reward a meritorious service for good conducts and let punishment for the fault.

将軍として必要不可欠な資質、将軍の五徳Five virtues of a generalは、以下の五つがある。

  1. 智 - 状況を読む力
  2. 信 - 部下の信用を得ること
  3. 仁 - 思いやり
  4. 勇 - 勇気
  5. 厳 - 信賞必罰

 

〔始計篇08〕

『士卒いずれか練いたる』

Which side officer and soldier are better trained?

 

〔始計篇09〕

『将し吾が計を聴かば、之れを用いて必ず勝つ。之れに留まらん。将し吾が計を聞かざれば、これを用うるも必ず敗る。これを去らん』

If general know and adopt the Sun Tzu the Art of War, employ him. He is victorious so retain him. If general do not know the Sun Tzu the Art of War and do not accept it he will be defeat so remove him.

将軍が、我輩の計画に従えば必ず勝つ。従ってこの将軍を軍師として採用する。将軍が私の計画に従わないのであれば、必ず敗れるので、この将軍を軍師として採用しない。

 

〔始計篇10〕

『利を計りて以って聴く。乃ち之が勢いを為して以って其の外を佐すく』

After calculation favorable or not, if general who pay attention to my advice and agree is sure to win.

有利かどうかを算定した上で、将軍たちが、賛同したならば、ことらの勢いをます方法を使用する方法を使用して、実践に役立てる。

 

〔始計篇11〕

『勢とは、利に因りて権をせいするなり』

Combat readiness of force is to take proper measures according as the change of circumstances.

戦闘態勢とは、状況に応じて、臨機応変に対策を取ることである。

 

〔始計篇12〕

『兵は、詭道なり』

The nature of warfare is the way of deceptions.

戦争行為の本質は、敵を欺くことである。

 

〔始計篇13〕

『故に能なるもこれに不能を示し、用なるも不要を示す』

When able to combat but pretends unable to do. When needed to fights but pretend needles to fight.

戦う能力があっても無いようなふりをし、戦う必要であるのにも関わらず、戦わないふりをする。

 

〔始計篇14〕

『近くとも之に遠きを示し、遠くと之に近きを視す』

When near destination, appears far for enemy. When far to destination, appears near for enemy.

目的地に近づきつつあるのにも関わらず、敵には、近づいていないように見せかける。目的地から遠く離れているのにも関わらず、敵には、近くにいるように見せかける。

 

〔始計篇15〕

『利にして之を誘い、乱にして之を取る』

Lure with a small bait and strike enemy with chaos.

一寸とした餌を与えて敵を罠に仕掛けよ。敵が混乱した時に、これを撃て。

 

〔始計篇16〕

『実にして之に備える』

If enemy is full be prepare and wait for enemy become weak.

敵が充実しているうちは、防備にまわって敵が弱まるのを待つ。

 

〔始計篇17〕

『強にして之れを避ける』

If enemy strength is big you must avid decisive battle.

敵の勢力が強大であるときは、決戦を避けなければならない。

 

〔始計篇18〕

『其の無備を攻め、其の不意に出ず』

Attack where enemy is unprepared, and attack where appear enemy unexpected.

敵の手薄につけこみ、敵の意表を衝く。

 

〔始計篇19〕

『未だ戦わずして廟算して勝たざるものは、算を得ること少なければなり』

If you can not get win on war games at the temple calculations before the stat of war is the lacks of conditions to get win.

開戦以前の予想で勝利出来ないのは、勝利する条件が不十分だからである。

 

〔始計篇20〕

『算多きは勝ち、算少なきは敗る。況【イワ】んや算なきに於いてをや』

Victory belong to the side of get more score points by the score counting rods in the war game before the start of war at ancestor mausoleum. And few score counting rods side is defeat. If non score counting rod is out of the question at all. 

つづく