2018年12月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

孫子の兵法 第10 地形篇

山本賢の『孫子の兵法』講座

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

 

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

10章 地形篇 

Chapter 10 Terrain

【原典】

孫子曰、地形、① 有通者、② 有桂者、③ 有支者、④ 有隘者、⑤ 有険者、⑥ 有遠者。

【訓読】

孫子曰く、地形に、① 通なる者有り、② 桂【ケイ】なる者あり、③ 支なる者あり、④ 隘なる者あり、⑤ 険なる者有り、⑥ 遠なる者あり。

【和訳】

孫子曰く『地形には、その特性によって、① 接近の容易な地形【通】、② 罠に陥りやすい地形【挂】、③ 争っても何の利益もない地形【支】、④ 隘路【隘】、⑤ 起伏に富んだ険しい地形【険】、⑥ 本国から遠くはなれた地形【遠】に分類される』。

【英訳】

Sun Tzu said that terrain features are classified as follows on it’s nature; Easy accessible terrain, Easy entangled and trapped terrain, Non-profit dead locked terrain, Enclosed defile terrain, Steep up and down terrain, and Far away land terrain from home country.

 

【原典】

我可以往、彼可以来曰通、通計者、先居高陽、利糧道、以戦則利。

【訓読】

我以て往く可【ベ】く、彼以て来る可きを通と曰ふ。通形には、先づ高陽に居りて、糧道を利して、以て戦えば、則ち利あり。

【和訳】

「接近容易な地形」とは、彼我双方にとって、それぞれ良好な接近経路を有し、行き来が容易な地形を『通』と言う。このような接近用意な地形は、視界が良好で、後方連絡線の確保も容易な制高地から構成されており、敵に先んじてこれを占領すれば、我は有利に戦いを進めることが出来る地形のことを言う。

【英訳】

“Easy accessible terrain” for both enemy and friendly force can easily to come and go which has good avenues of approach. This terrain usually has good advantage point which has good field of view and good avenues of approach. It also can use supply lines of goods. If our force occupied this easy accessible terrain in advance to enemy can fight under good favorable condition. Occupy this easy accessible terrain first, so you can get advantage in battle.

 

【原典】

可以往、難以返曰挂。挂形者、敵無備、出而勝之。敵若有備、出而不勝、難以返不利。

【訓読】

以って往く可【べ】くして、以って返り難きを『挂』と日【い】う。挂は、敵に備え無ければ、出でて之に勝つ。敵に備え有らば、出でて勝たざれば、以って返り難くして、不利なり。我出でて利あらず、彼も出でて利あらざるを、支と日ふ。

【和訳】

次に、『出撃は容易であるが、帰還が困難な地形』、即ち『罠に掛かり易い地形』を『挂』という。このような特性の地形に於いては、敵の不備に乗じて攻撃を仕掛けるならば、勝利は可能となる。しかし、もしも敵が十分に防備を備えているのであれば、攻撃しても勝利は得られない。そして退却も困難となり、却って不利な状況に陥る。

【英訳】

NextEasy to sally or sortie but easy trapped terrainthat is the terrain where advance is easy, but if enemy is strong to withdraw is very difficult terrain. That is easy to start attack but hard to return back, it also called trap terrain. On the entangling trapped terrain, if you attack unprepared enemy you can get victory, but if enemy well prepared to your force, you can not get victory. And difficult to retreat so your force fall into very difficult situation.

 

【原典】

我出而不利、彼出而不利、曰支、支形者、敵雖利我、我無出也、引而去之、令敵半出而撃之利。

【訓読】

我れ出でて利あらず、彼れも出でて利あらざるを、『支』と日う。支形は、敵、我を利すると雖【イエドモ】も、我れ出こと無かれ。引きてこれを去り、敵をして半ば出でしめてこれを撃つは利なり。

【和訳】

敵にとっても、我が方にとっても共に「侵入すれば不利となり、閉塞されやすい地形」を『支』という。彼我共に不利となる地形『支』とは、河川湖沼である。このような地形においては、敵が弱点を見せても前進してはならない。むしろ、後退しながら敵を誘引し、その半数が出てきた所を逆襲攻撃すれば効果がある。

【英訳】

Non-profit dead lock terrain when occupied” for both friend force and enemy force such as river, pond and lake etc are disadvantage terrain for both friendly force and enemy force by hold or occupation. Where occupied can not gain profit at all for both side, it is also called “Stand off non-profit gain terrain” Either force can not gets decisive victory by occupation. So you should not advance or attack the enemy, even if enemy you find out enemy weak points or bite. You should induce enemy come out by showing the bit for enemy. You show off the bite for enemy, and when half of enemy come out, you strike the enemy force. This counter attack operation is very effective.

 

【原典】

隘形者、我先居之、必盈之以待敵。若敵先居之、盈而勿従、不盈而従之。

【訓読】

『隘』形は、我先ず之に居らば、必ず之を盈【ミ】たして以って敵を待つ。若し敵先に居りて盈つれば、而ち従うこと勿れ。盈たさざれば、而ち之に従う。

【和訳】

隘路『隘』においては、先に占領し、この隘路口を封鎖して敵を待て。もしも、敵が先に占領してその隘路口を固めている場合には、敵を攻撃してはならない。しかし、まだ十分に固めていない場合には、敵の動きに応じて交戦しても良い。

【英訳】

Operation atEnclosed defile terrainyou must occupy first and sealed it off at narrow entrance and wait enemy coming. If enemy comes first and occupy the defile of narrow entrance pass, you should not attack this enemy. But if you did not occupied the defile yet, you may engage enemy as situation permit.

 

【原典】

険形者、我先居之、必居高陽以待敵。若敵先居之、引而去之勿従也。

【訓読】

険形は、我先ず之に居れば、必ず高陽に居りて、以って敵を待つ。若し、敵先ず之に居れば、引きて之を去る。従うこと勿れ。

【和訳】

起伏に富んだ険しい地形『険』では、先に視界良好な戦場を支配する制高地を占領して、敵を待て。もしも敵が先にこのような要点を占領している場合は、攻撃すべきではなく、後退しながらこれを引き寄せよ。決して敵の誘いに乗ってはならない。

【英訳】

Full of up and down steep key terrainwhere you must start the battle at first, you must first occupy this good field view of advantageous point and wait enemy coming. If enemy occupies this advantage point first, you must withdraw from there. You never attack enemy and never follow enemy’s lure.

 

【原典】

遠形者、勢均難以挑戦、戦而不利。凡此六者、地之道也。将之至任、不可不察也。

【訓読】

『遠』形は、勢均しければ、以って戦いを挑み難く、戦えば而不利なり。凡【オヨ】そ此の六者は、地の道なり。将の至任【シニン】にして、察せざる可からざるなり。

【和訳】

彼我、共に本国若しくは両軍の陣所(指揮所)から遠く隔たった広い地形『遠』に於いて、戦力同等の敵が自ら選定した場所に布陣している時は、戦闘の発動は困難であり、敢えて闘いを求めると不利となり、しかも攻撃しても得るものはない。以上が、六種類の地形に対応するための原理原則であり、細心の注意を払ってこれに精通することは、将軍たる者の最大の責務であり、よくよく熟考すべきことである。

【英訳】

In case of both enemy force and our force locate “Far away distance terrain” from both home country or both headquarters and also occupied on the wide open terrain, it is hard to challenge each other, it is disadvantage to start the attack at first. And even if attack first, the attacker get noting.

Above mentioned, the principles of six different types of terrains are very important to general mission and job, so general must study carefully and understand them perfect. It is imperative to examine them.

 

【原典】

故兵有走者、①有弛者、②有陥者、③有崩者、④有崩者、⑤有亂者、⑥有北者、凡此六者、非天之災、将之過也。夫勢均、以一撃十日走。卒強吏弱日弛。吏強卒弱日陥弛。大吏怒而不服、遇敵對而自戦、将不知其能、日崩。将弱不嚴、教道不明、吏卒無常、陳兵縦横、日亂。将不能料敵、以少合衆、以弱撃強、兵無選鋒、日北。凡此六者、敗之道也。将之至任、不可不察也。

 Comment「大吏means high ranking officers.

 Comment「縦横」means 「縦」と「横」即ち、ある者は横になり、ある兵士は縦になり、秩序が無く混乱していること。

 Comment「選峰」means selected brave soldiers who can use spare head, advance guard point.

【訓読】

故に、兵には、① 走る者あり、② 弛む者あり、③ 陥る者あり、④ 崩れる者あり、⑤ 乱れる者あり、⑥ 逃げる者あり。凡そその六者は、天の災いに非ずして、将の過ちなり。

夫れ勢い均しきとき、一をもって十を撃つは、日ち走るなり。卒の強くして、吏の弱きは、弛という。

吏、強く、卒、弱きを、陥と言う。

大吏【タイリ】怒りて服さず、敵に遇えば恨みて自ら戦い、将も其の能を知らざるを崩と日う。

将の弱くして厳ならず、教道も明らかならずして吏卒【リソツ】は常無く、兵を陳【ツラ】ぬること縦横なるを、乱と日う。

将、敵を料ること能はず、少を以て衆に合わせて、弱を以って強を撃ち、兵に選鋒無きを、北ぐると言う。

凡そ此の六者は、敗の道なり。将の至任【シニン】にして察せざる可からざるなり。

【和訳】

そこで、軍隊には、敗北を招く6個の大きな兵士の規律違反がある。即ち、① 逃亡する者【脱走】、② 規律がゆるむ者【たるみ】、③ 無気力な者【落ち込み】、④ 指揮系統を無視して総崩れになる者【総崩れ】、⑤ 指揮者不在で大混乱、⑥ 敗残・脱走兵【集団大脱走】といった、だらしの無い兵士達の集団大脱走である。これらの6個の敗北を招く規律違反は、自然災害ではなく、将軍たる者の過失によるものである。

そもそも軍の勢力が、双方互角であるのに、十倍もの兵力を要する敵を攻撃し討ち取ることが出来るのは、敵兵が戦闘中に逃亡するからである。

兵が強くて将校が弱い場合は、その軍隊は、撃ち放されて弦が弛んだ弓と同じであり、兵は命令に服従せず反抗的となり、弛むのである。

将校が勇敢であっても、兵士が無能で軟弱な場合には、軍隊は士気が落ちる。

武将達が、将軍の命令指示に服従せずに、自分勝手に敵と遭遇すれば、功名・手柄・私憤から、反抗的感情や、血気に駆られて、目の前の敵との戦闘を開始すると、戦いに敗れる。勝利につながる戦機があるかのどうかを、自ら確認をすることなく、将軍の命令を待たずして、戦闘に突入すると、その軍は自滅する。

将軍が、軟弱で精神的に弱く、軍規を確立することが出来ずに、また、その命令・指示も、見識を欠くと、将校や兵士もたるんで規律が無くなり、部隊の陣形は、荒れ放題となる。これを“ぶたるんだ”部隊という。

将軍が、敵の実情を図り考えることが出来ず、状況判断をする能力がない為に、大部隊に対して小部隊を当てたり、精強な部隊に対して劣弱な部隊をもって攻撃したり、あるいは、先鋒となるべく選び優れた武勇の兵士がいないようでは、軍は敗北する。

およそ以上の6項目は、軍が敗北に至る道(原理)である。将軍の責務として、十分に知り尽くしておかなければ、ならない問題である。

【英訳】

There are six major breach of discipline by the soldiers in the army which lead debacle the whole army. These are Run away soldiers, Loose of discipline soldiers, “No fighting will at all” soldiers, Collapse soldiers by negligence of the chain of command, Soldiers in chaos due to lack of command, Rout in mass soldiers. These are six type conducts of the soldier is not natural disasters, all the responsibilities belong to the general.

When the both force strength and conditions are almost equal, the reason for one size force can strike and defeat ten times sized force is only the defeated enemy solders run away during combat.

The soldiers are strong and officers are lack of management, this is the same as after shooting bow, it string is slacken after arrow leaves the bow string. Soldiers do not obey officer order and relaxed like a bow string of after discharged the bow.

One other hand, if officers are strong and soldiers are stupid and weak, the moral of army will decrease.

If each commander starts the combat without obey the order and instructions of the general, each commander fighting only the point of his personal ambitions or personal grudges, its army will be self destruction.

When general is weak in spirit and can not set up military discipline for his army, and also his orders and instructions are not clear and luck of intelligence. Then, officers and soldiers are lack of discipline, and its force formations far from perfect. This force is called relaxed force at all.

The general can not assess the enemy’s capability properly, so allocate his small army unit engage to enemy large strong force And also order weak and small our force against enemy strong force, and can not select the brave soldiers for advanced guard point by the lack of talented soldiers, these army will be defeated.

These six items are the principle to defeat. These principles must be considered well as general’s responsibilities.

 

 

 

上述の6項目の敗走の原因は、天災ではなく、全て、将軍たる指揮官に在りとしている。「馬鹿な指揮官、敵より怖い」と影口を叩かれないようにしよう。これは「孫子の兵法」を熟読玩味することである。

 Comment「敵前逃亡を含む三十六計逃げるに如かず」Run a way tactics including run away in the face of the enemy is the best tactics of 36 in Sun Tzu tactics plan.

 Comment「精鋭無敵」の関東軍が戦術で勝っても、蒋介石軍と毛沢東軍の「長期損耗戦略」に負けた原因である。戦術・戦略は、読みが深いのである。

※   Comment「将校のサーベルは、敵前逃亡をする脱走兵を切る為のものである」

The officer put saber on his hip. The role of saber is not to attack the enemy it is to prevent the desert of soldiers under enemy’s fire.

In case of Banzai charge【積極果敢な玉砕突撃】by unsheathed Japanese sword shock troops【抜刀切込隊】in the Pacific War, Japanese sword often used for moral boosting not for weapons.   

 

 CommentThis is the good example of Banzai attack【積極果敢な攻撃】of Old Imperial Japanese Army. This is performed by impetuous officer【血気に逸った将校】who lack of ability on stupid tactics. For joke example:

²  One Plane for One Warship.

By use of air plane made by sheets of plywood.

²  One Boat for One Ship.

By use of speed motor boat “Ocean shaker「震洋」” which is also made of sheets of plywood and second hand automobile engine with depth-charge.

²  One Man for One Tank.

By use of carry back type Anti-tank mine which called a sit down floor cushion type anti-tank mine【対戦車座布団地雷】.

²  One Man for One Division.

Handed only one hand grenade. 

²  One Man for 9 red-hair barbarians. ???

Handed ten rifle cartridges. Oh! Miscalculation. One round surplus?

No. Idiot! There is no word miscalculation in Imperial Army. Last one cartridge is for commit suicide.【馬鹿者。間違い! 帝国陸軍には、計算間違いと言う用語はない。最後の一発は、自決用である。】  帝国陸海軍は、勇ましかった。

 

These are almost same as Thirty-second Army’s slogan commanded by Gen. Ushijima. This tactics need superb leadership. 

 

※ この条項こそが日本敗北の原因である。日本軍上層部の正しい状況判断能力の欠如であった。敵情判断を誤り、作戦指導を誤り、部隊運用を間違えた。そして精神主義に走った。陸大で学んだ、丸暗記一筋の高等戦術を金科玉条としていた東条英機曰く「大和魂があれば勝てる」と。竹槍戦術で戦車を串刺しにし、空母を艦底より突き上げ、B-29をも突き落とせと。ギョギョギョの魚。陸大で孫子を教育すべきであった。

昭和19年2月22日付けの毎日新聞記事に「竹槍では間に合わぬ、飛行機だ、海洋航空機だ」の表題の記事で、敵が飛行機で攻めて来るのに、竹槍をもっては戦い得ないのだ・・・」と書いたところ、この記事を読んだ東條首相『竹槍では勝てぬとは、何ごとだ!『反戦思想だ!』と烈火の如く激怒した。陸軍省は、掲載紙の発禁処分とこの記事を書いた新名丈夫記者の処分を言い渡した。そして視力・体力で徴兵検査不合格であった、この新聞記者を強引に入隊させた『懲罰招集』事件というものがあった。

 

※   Comment「リーダーなき組織は、『烏合の衆』である」

The organization without leader is the “Sheep that has no shepherd”.

Karl Von Clausewitz said “One hundred sheep commanded by one lion can get victory over one hundred lions commanded by stupid sleep.” 「一頭のライオンが指揮する百頭の羊は、一頭の羊が指揮する百頭のライオンに勝つ」これ”Civilian control”のことあるネ。「一匹狼」は、「小説」や「絵」になるが、一匹ライオンは、小説にも、絵にもならない。ライオンは、大勢の部下を従えるとその能力を最大限に発揮し、勇ましいが、いったん群を離れて、一匹になってしまうと、何も出来ないのである。真に持って惨めな存在である。

中国には「良い鉄は、『釘』にはならないと同じように、よい人間は、兵隊にならない」という諺がある様に、社会の落ちこぼれは、馬賊や盗賊団に入るか、兵士になるか、何れかの道しかなかったのである。だから、将軍職は、服務指導を含め大変な仕事であった。これに対して、日本は、兵士=武士、兵士は立派な人達である。

 

【原典】

夫地形者、兵之助也。料敵制勝、計險阨遠近、上将之道也。知此而用戦者必勝、不知此而用戦者、必敗。故戦道必勝、主曰無戦、必戦可也。戦道不勝、主曰必戦、無戦可也。故進不求名、退不避罪。唯人是保、而利合於主、國之實也。

【訓読】

夫【ソ】れ地形は、兵の助け也。敵を料【ハカ】りて勝を制し、險阨【ケンヤク】・遠近を計るは、上将の道なり。此れを知りて戦いを用うる者は、必ず勝ち、此れを知らずして戦いに用いざれば、必ず敗る。故に戦道必ず勝たば、主は戦うなかれと曰ふも、必ず戦いて可なり。戦道勝たざれば、主、必ず戦えと曰うとも、戦う無くして可なり。

故に進んで名を求めず、退いて罪を避けず。ただ人を是れ保ちて而して利の主に合うは、国の宝なり。

【和訳】

そもそも地形は、戦闘のための補助手段である。有能な将軍の任務は、敵の動きを察知し、地形が険しいか、平坦であるか、遠いか、近いか、を比較分析しながら作戦計画を立案するのが上級将軍の務めである。こういうことをわきまえて戦いをする者は、必ず勝つが、こういうことをわきまえないで戦いをする者は、必ず負ける。そこで、必ず勝てるという見通しがつけば、たとえ君主が反対しても、断固、己の戦術で戦うべきである。逆に、勝てないとの見通しであれば、主君が、たとえ戦えと指示しても、絶対戦うべきではない。

それ故に、将軍は、独自の判断で軍を進め戦いに勝っても、自分の名誉を求めることもなければ、負けて退却しても責任を回避しない。このような、ひたすら人民の安全を願い、君主への利益をもたらす将軍は、国の宝である。

【英訳】

Terrain configuration is the assistance measures for combat and soldier’s best ally. A skillful general upper class will perceive his enemy’s situation correctly and make calculation as to terrains are steep or not, flat or not flat, and as to distance is near or faraway, and making war plan. He who knows these factors and do a battle with full understand of them will win in battle without fail, but do not understand them will be defeated in battle.

So if general has the foresight for can get a victory by war simulation without fail, in this case even lord says do not fight, general should start the battle his own tactics. On the contrary, when general calculates the battle simulation and get his conclusion of cannot win, general should not start the war even if lord orders the general to stat of the war.

Therefore these able general advance his army with own decision and get victory in combat, he do not seeking his personal good reputation, and also does not evade the responsibility of operation when he defeated at battle.

General who wishes only the safety of people and the national interests from the bottom of heart is the treasures of the nation.

※ 「絶対服従」と「和を以って尊しとする」日本人には、とても出来ないことである。

※   CommentA級戦犯」東條英樹は、国の宝に有らず。勝てば官軍、負ければ賊軍、東京軍事裁判は、インチキ猿芝居の下した判断である。

General Hideki TOJO starts the Pacific war who wishes the safety and profit of Japanese people and Emperor from the bottom of his heart. And started the Pacific war. Japan could fight about 4 years but was defeated and accepted unconditional surrender from United Nations. Gen. TOJO became the Class A war criminal and death by hanging instead of the treasures of nation. General TOJO might be resentment the verdict of International Military Tribunal for Far East 【 IMTEF 】(極東軍事裁判) which is called phony monkey show【インチキ猿芝居】or Kangaroo court【えせ法廷】by great powers【列強国】.

This IMTEF was held at Ichigaya, Shinjiku ward, Tokyo where once a Army division of Imperial Headquarters【大本営陸軍部】

The sentence is

  1. 1.    “Only Japan started evil invasive war【日本のみが邪悪な侵略戦争を開始した】”
  2. 2.    “Japan equal wrongdoer, 日本=加害者”
  3. 3.    “China equal victim,中国=被害者”
  4. 4.    “United States, Great Britain and Soviet are all justice, Japan is a good for nothing 米・英・ソ連は、すべて「正義」。日本は「ならず者」”
  5. 5.    Japan, Germany and Italy are “Axis of Evil” 日・独・伊は、『悪の枢軸』
  6. 6.    United Nations is “Knight of a white horse”連合軍は、『白馬の騎士』

”But Japan only conducted an imitation of western countries colonial policy【植民地政策の真似】as a new entry country【新規参入国】. So Japan has not enough skill to control colony as Great Britain, Dutch, and France.

As for France, when colonized Vietnam, prohibit to use Chinese letter from ancient times, and change into French type spelling【古来の漢字の使用を禁止しフランス式文字に変えてしまった】. Because of stupid French can not read Chinese letter at all.因みに『越南』と書いて「ベトナム」、『昇龍城』と書くと「ハノイ」、『胡志明』と書くと「ホーチミン」。日本が植民地支配のために強要したとされている朝鮮の「創氏改名」も、フランスの植民地政策と比較すると、その実施規模からすると色あせてしまうのである。この「創氏改名」の名残は、今もYS日米共同訓練で残っている。白紙のネーム・プレートを持って来て『俺の名前をカッコ良く漢字で書け!』と。そして彼らは、この漢字で書かれたネーム・プレートを日米共同訓練に参加した記念品として本国に持ち帰るのである。

But if Japan had got victory in WWⅡ, High Excellency Gen. TOJO would have been the treasure of the nation【東條閣下は、国の宝也】without fail.

 In a nut shell, “Might is right” or “Winner is always justice, losers are always in wrong ” 要するに、「勝てば官軍、負ければ賊軍」である。これがUnited Nations【連合国】である。そして現代は、United Nations を国際連合即ち「国連」と訳す。不肖山本は、国連英語B級を保持しているので、この解釈に間違いはない。

 

【写真説明】連合軍の捕虜となるとは『戦陣訓』の手前、大日本帝国陸軍軍人として何とも情けない限りである。

 

 

【原典】

視卒如嬰兒。故可興之赴深谿。視卒如愛子。故可興之倶死。厚而不能使、愛令、乱而不能治、譬若驕子、不可用也。

【訓読】

卒を視ること嬰兒の如し、故にこれと深谿に赴くべし。卒を視ること愛子の如し、故に之と倶【トモニ】に死すべし。厚くして使うこと能わず、愛して令すること能わず、乱れて治むること能わざれば、譬えば驕子の若く、用ふ可【ベ】からざる也。

【和訳】

将軍が兵士達を、まるでいとおしい赤子のように育てて、躾をすると、将軍が兵士を指揮・統率する際に、命令一下、兵士は、将軍と一緒に千尋の谷のような危険な場所にも喜んで行くようになる。兵士達を可愛い我が子のように育てて、躾をすると、将軍は、兵士達と生死を共にすることが出来るのである。

将軍が、ただ兵士を子供の様に暖かく、かつ手厚く育てるだけで、命令を下し、兵士を使いこなすことが出来ないのであれば、兵士はあたかも驕りたかぶった子供のような者となり、ものの役には、立たない。

【英訳】

If general raises and trains his soldiers as if general’s beloved babies, so in case of general command his soldiers at will like his children, and even if general goes to dangerous place such as deepest valleys etc, they follow the general with joy without any doubt. If general raises and trains soldiers as if general’s own beloved children with hard and strict discipline, so soldiers do not hesitate danger and hard work with general.

If general raises soldiers only with warm like a beloved baby and can not command and use soldiers like an arrogant baby, these soldiers can not use in combat at all.

 

※   Comment 1 : 『服従の誇り』

The hard education & training and strict discipline from babies with full of affection. Soldiers bear in mind “The pride of obedience”. This is not “Master and Slave system” of old slavery system. This pride is almost Jihad in Islamic fundamentalist. 

 

【原典】

知吾卒之可以撃、而不知敵之不可撃、勝之半也。知敵之可撃、而不知吾卒之不可以撃、勝之半也。知敵之可撃、知吾卒之可以撃、而不知地形之不可以戦、勝之半也。故知兵者、動而不迷、舉而不窮。故曰、知彼知己、勝之不殆。知天知地、勝乃不窮。

【訓読】

吾が卒の以て撃つべきを知るも、敵の撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つ可【べ】きを知り、而も吾が卒の以て撃つ可からざるを知らざるは、勝の半ばなり。

敵の撃つべきを知り、吾が卒の以て撃つべきを知りて、而も地形の以て戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。

故に兵を知るものは、動いて惑わず、挙げて窮せず。

故に曰く、彼を知り、己を知れ、勝乃ち殆からず。天を知り、地を知れば、勝すなわち窮まらず。

【和訳】

将軍が自軍の攻撃能力だけを知り、敵の戦闘能力がどの程度のものかを知らないのであれば、我方の勝利確率は、五分五分である。

敵の戦力や弱点等を認識して敵を攻撃する方法を知っていても、我が軍の戦力・攻撃能力の状況判断をすることが出来ないのであれば、彼我の勝負の確率は、五分五分である。

敵の戦力を十分知り、我が部隊の戦力を正しく認識していたとしても、地形が我が軍の戦勝に適していないことを知らないのであれば、その勝負の確率は五分五分である。

それ故に、戦術に詳しい将軍は、情勢を善く把握しているので、行動を起こしてから迷う事が無く、また戦いが始まってからは、苦境に立たされ行き詰まることはない。

それ故に、敵を知り己を知れ。そうすれば危なげなく勝つことが出来よう。天の時【天候】と地【地形】の利を知っていて戦う者は、常に不敗である。

【英訳】

If general knows one’s force attacking capability very well, but does not know the enemy preparation for war and all so enemy defense capability at all, the fighting result is “Half chance of victory that is evenness or draw”

If general knows the strength of enemy and its week point very well where to strike in advance, but if general does not know his own soldier’s capabilities and can not decide commander’s estimate of the situation properly, the general can gets half chance of victory.

To know the ability of enemy force very well and to know our force ability very well too, but even if do not know terrain features very well is not good for our force movement and maneuver, the victory percent of our force is fifty-fifty, evenness.

There for general who know the art of war very well, after start of war, he do not wander at all, what I ought to do. And also he does not encounter the risk after the start of war. The reason is he is always perfect analysis is done before the start of war. So it is said that; when you know yourself and enemy, victory is not in danger at all.

Therefore you must know both the enemy and yourself, then you can win in the battle.

Those who know the merits of sky and earth which means weather and terrain on the battle field never defeat by enemy. As to speak another words general who know and maximum use of weather and terrain features can get victory and never defeat by the enemy.

 

 Comment The Sun Tzu said the estimate of the situation is very important. And the commander’s estimate of the situation should be done “Mission, Enemy, Terrain, Troops and Time available. That is short for METT-T”

 

 Comment 遅疑逡巡 【ちぎしゅんじゅん】は良くない。頭が悪いのである。          

It is not good cannot decide quickly by the lots of bewilderments and hesitations, or Unable to make a decision by bewilderment and hesitation.

 「遅疑」 means “ Bewilderment.” and 「逡巡」 means “ Hesitation.”

即決即断 【そっけつそくだん】の方が良いのである。

“Quick conclusion and instant decision” is best in tactics.

Comment 1 : 自衛官の辞書には記載されているものの、裁判官の辞書にはない言葉である。そして「即決即断」は、「独断専行」と相性が良い「四字熟語」でもある。

RENEWからのお便り 2012年10月30日付

ベトナムのNGOとして不発弾処理に活躍するRENEWからのお便りです。興味のある方は、ホーム・ページをクリックしてください。

[以下全文要約]
2012.10.30
ベトナム、クアン・トリ州トレウ地方発:

67歳の父、息子1人、娘2人、孫3人、不発弾から、くず鉄を取り出そうとして重傷。

 タン氏は、重傷を負い、病院に被き込まれた。外科医は、タン氏の右腕を切断し、左手、首、顎骨、左ひじ、両足に重傷を負った。ヴォプウオン村の住民曰く「タンさんは、わずかばかりの現金収入を得るために、戦場域物を集めて金属スクラップとして売っていた」と。いつものことであれば、おじいさんが、不発弾の解体作業中、両親は作業中で、孫たちは家の中で遊んでいた。今回は、幸運にも、子供たちは、学校に行っており無事であった。

 本日早朝、RENEWの地域支援チームと不発弾処理班と共同して、村に入りこの事故を起こした家を訪問した。そこには、多くの爆発した痕跡があり、破片が飛散していた。そして、クラスター爆弾からら炸薬を取出そうとしていたことが明白であった。そして、クラスター爆弾から爆薬を取出そうとして、爆発を起こし、これが誘爆を起こしたのである。RENEWの不発弾処理班は、100品目もの不発弾をこ地域から除去するまで、立ち入り禁止とした。

 1975年ヴトナム戦争終了以降、不発弾による死傷者数の34%は、不発弾の金属部品を取り出す金属スクラップ回収作業中の事故であった。つまり、死傷者総数104,000人の1/3の死傷者がこの種の事故である。

[原文]
Mine Action ALERT
=================================
30 October 2012

Grandfather severely injured while trying to dismantle unexploded ordnance at home victim under treatment

Trieu Phong District, Quang Tri Province, 30 OCT 2012 – A 67-year-old man, father of a son and two daughters, and three grandchildren, on Monday afternoon suffered serious multiple injuries from unexploded ordnance (UXO) as the old man was attempting to dismantle it and sell it for scrap metal.

Click here to read more.

===================================
Project RENEW
Restoring the Environment and Neutralizing the Effects of the War
Dự án Phục hồi Môi trường và Khắc phục Hậu quả Chiến tranh
Project RENEW Coordination Office
103 Nguyen Binh Khiem
Dong Ha Town, Quang Tri Province, Vietnam
053 3858 445 tel / 053 3858 442 fax

500 LB MK 82 Bomb Discovered Near Ex Marine Base in Lang Vei Safely Removed

沖縄復帰直後、沖縄で何十発と処理してきましたMk82 250Kg爆弾がベトナムのang Veiで発見され、ベトナムの不発弾地雷処理NGOであるRENEWにより処理されたとのメールが一昨日2012年8月17日入ってきましたので、お知らせします。

Sent: Friday, August 17, 2012 8:34 PM
Subject: 500 LB MK 82 Bomb Discovered Near Ex Marine Base in Lang Vei Safely Removed
An unexploded U.S. MK 82 bomb found yesterday in Lang Vei, the former US Marines base, has been safely removed by a Project RENEW’s Explosive Ordnance Disposal (EOD) Quick Response Team for destruction later today.

Click here to read more.

Follow us on FacebookYouTubeFlickr and Twitter.

Thank you for your continued support.

RENEW Team

日本安全保障・危機管理学会第2回情報セミナー「サイバー上の東京急行をご存知ですか?」

日本安全保障・危機管理学会理事長の二見様より下記のような案内が入っておりましたので、お知らせいたします。なお、日本安全保障・危機管理学会のホームページhttp://www.jssc.gr.jp/pg106.htmlでも、紹介されているようです。

第2回情報セミナーのご案内

一般社団法人  日本安全保障・危機管理学会

理事長 二見 宣

情報部会長 佐藤 昭則

サイバー上の東京急行をご存知ですか?

謹 啓 サイバー戦の現況と我々はどうすれば良いのかについて具体的に知らなければ、今後の官・産・学・個人ともに大きな損失をこうむるのは明らかです。

そこで、今回は、日本におけるサイバー戦のトップ権威者に、分かりやすく解説していただきます。

ご多忙でしょうが、稼業時間外の夜に計画しましたので、日本ため、勤務先の企業等のためにも、是非ご参加ください。

敬 具

 

1 日 時 : 7月25日(水)18:30~20:30

2 場 所 : 金沢工業大学 1階教場 〒105-0002 東京都港区 愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル1階 (最寄駅;虎ノ門 (1番出口)、神谷町、内幸町、JR新橋駅(烏森口)から徒歩8分)

3 講 師 : 伊東 寛 氏

  • 陸自・システム防護隊の初代隊長
  • 現職:㈱ ラック  サイバーセキュリティ研究所・所長

4 会 費: 資料代1,000円

5 申込み:当会事務局のメール(info@jssc.gr.jp) または FAX(03-5408-9443)でお申し込み下さい。 当日の飛び入り参加も大歓迎です。

◎ 講師紹介

  • 昭和55年3月  慶應義塾大学 大学院(修士課程)修了
  • 昭和55年4月  陸上自衛隊入隊(通信科)
  • 以降、技術、 情報、システム関係の部隊指揮官、幕僚、教官等を歴任
  • 平成19年    陸上自衛隊 システム防護隊 初代隊長で退官
  • ㈱シマンテック総合研究所   主席アナリスト
  • 平成23年    ㈱ラック    サイバーセキュリティ研究所所長

ライブラリのページを作成中です。

これまでのプレゼンテーション材料を公開するページを準備しています。

 

軍事用語を追加しています。

四字熟語に加えて、現在軍事用語(英和・和英)辞書ページの追加作業を行っています。 特殊な軍事用語の読み仮名の入力に少々手こずっており、完成までにもう少し時間がかかりそうです。