2018年11月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

英語de軍事『四字熟語』Vol.26

山本賢 77歳明けましておめでとうございます。軍事英語の山本賢です。今年は、申年です。お猿さんに関わる『四字熟語』を集めてみました。

申年の年賀状

意馬心猿 【 いばしんえん 】

“Wild crazy galloping horse and get angry crazy monkey” which mean both can not control one’s mind at all. It is very difficult to calm down one’s evil passion including sex desire too. That is uncontrollable disorder mind person.

「意馬」 means “Running horse”
「心猿」 means “Noisy monkey” 

心は、猿のように騒ぎ、思いは、馬のように走る回る。人間の煩悩、性欲、雑念の心の荒れや感情は、走り回る馬や騒ぎ立てる猿のように制御しがたい。煩悩や欲情の為に、心が混乱して落ち着かないこと。

山本賢の面白コメント:10年前の申年だったと思いますが『週末、ゴルフは如何ですか?』と年間200回もの接待ゴルフをしていた防衛庁政務次官の心の中のなか

 

猿猴捉月 【 えんこうそくげつ 】

”Monkey try to catch a moon in deep well” which mean monkeys try to catch reflecting moon shape on the water surface of the well. So monkeys make chain link in a line. But can not get the moon and at last break the chain link, all monkeys drown to water and death. Don’t attempt or try to do risky project or impossible mission. 

「猿猴」 means “Monkeys in Japanese and Chinese”
「捉月」 means “Catching moon”

欲を出して無謀な行動を起こして、失敗すること。サルたちが、深い井戸の水面に映った月を取ろうと思い、数珠繋ぎになって、月を掴もうとしたが、失敗して水死してしまった。

images

 

 

 

 

 

猿臂之勢 【 えんぴのいきおい 】

“Long elbows of monkey can move at will” which mean a structure of force can advance or retreat at will, and also attack or defense at will too. 

「猿臂」 means “Long elbow of Monkey”
「之」 means “of”
「勢」 means “Force”

猿の長い肘の活動の意味から。進んだり、退いたり、また攻めたり、守ったり、自由自在に活動することができる軍隊の態勢のこと。

 

窮猿投林 【 きゅうえんとうりん 】

“All of sudden monkey hit distress, monkey dash into forest at hand for safety without selection to clime up good tree” which mean when in danger is imminent and no time for selection of good choice. When danger is eminent no choice good one, you must chose at hand counter-measures.

「窮猿」 means “Monkey in distress”
「投林」 means “Crime up tree”

追い詰められた猿は、どの木でも良いからよじ登って、身の安全を図る。困っている時には、あれこれと、えり好みしている、余裕は、ない。

 

母猿断腸 【 ぼえんだんちょう 】

“Monkey mother died from her bowel torn off with too much sadness” because her to see and to know her beloved baby monkey abduction by sailor so she chase after abduction ship and died before reached the  ship. This incidents is very sad for mother monkey so her bowel torn off.

「母猿」 means “Mother monkey”
「断腸」 means “Bowel torn by sadness”

腸(はらわた)が、づたづたに、千切(ちぎ)れるほど、激しい悲しみや、苦しみや怒り。

images (2)

 

 

 

 

断腸之思 【 だんちょうのおもい 】

“Guts cut and wrenching angry and very sad felling experience” which means as if “One’s  bowel cut and tears into peaces” This story is based on mother monkey die with guts wrenching with sadness to know her beloved baby monkey died.

「断腸」 means “Bowel cutting”
「之」 means “of”
「思」 means “Feeling”

はらわたが、づたづたに、ちぎれるほど、悲しみや、怒りが激しいこと。子共を奪われた母親の猿の悲しみのこと。

 

猿蟹合戦 【 さるかにがっせん 】

Monkey and crab battle. Fierce battle between crab and monkey. Monkey defeated by crab, bee, chestnut and stone mortar allied force. 

「猿」 means “Monkey”
「蟹」 means “Crab”
「合戦」 means “Battle”

猿と蟹の死闘の物語。最終的には、猿が、蟹・蜂・栗・臼の連合軍に敗れる戦い。

山本賢の面白コメント: 『猿蟹合戦』の現代版は、シリアにあり。アメリカやNATO諸国やソ連がイスラム国IS 若しくはISISをいじめているのである。

isisダウンロードslide0002_image003

猿面冠者 【 さるめんかんじゃ 】

Nickname of Hideyosi TOYOTOMI whose face is like a monkey. His face as if put on crown on monkey. 

「猿面」 means “Monkey face”
「冠者」 means “Person who put on crown”

豊臣秀吉のニックネーム。顔が猿に似ていることから。

 

三猿主義 【 さんえんしゅぎ 】

The principle of “Do not see it!, Do not hear it! And do not peak out!” which come from monkey from Niko-Toshogu Temple.

「三猿」 means “Three monkeys”
「主義」 means “Principle”

『見ざる』『聞かざる』『言わざる』東照宮のお猿さんのことです。

山本賢の面白コメント: もうひとつオマケニ前を押さえて「やらざる」Do not sex!.エイズ予防キャンペインです。

unnamed

蒼猿野鶴 【 そうえんやかく 】

“Live in field with old monkey and crane in the field” which means ideal life after retirement.

「蒼猿」 means “Old monkey”
「野鶴」 means “Field crane”

野性の年老いた猿と鶴と共に、退官後の生活を送ること。理想的な退官後の生活。

山本賢の面白コメント:かくありたいものです。

 

籠鳥檻猿 【 ろうちょうかんえん 】

“Bird in bird-cage and monkey in monkey-cage” which means person who has no freedom at all. 

「籠鳥」 means “Bird in bird-cage”
「檻猿」 means “Monkey in monkey-cage”

『鳥籠の中に閉じ込められた鳥』と『檻に入れられた猿』の意味から、自由を束縛されて、思いどうりに生きられない者の例え。

山本賢の面白コメント:かってのアウンサンスーチーさんのことです。このような状態を”house arrest”と言います。

 

朝三暮四 【 ちょうさんぼし 】

Chinese monkey handler for short of funds so propose to monkeys “How about 3 peanuts in the morning and 4 peanuts in evening” Monkeys get angry with this proposal, so monkey handler re-propose “How about 4 peanuts in breakfast and 3 peanuts in dinner” Monkey said “OK. It’s enough” Only think at present, do not think of future or conclusion. And also cheating other person with deceiving trick, sophistry.

「朝三」 means “Three peanuts in the morning”
「暮四」 means “Four peanuts in the evening”

目先の事だけにとらわれて、本質や結果が同じ事に気づかないこと。ある時、猿回しの『狙公』は、サル達に提案した。「わが社は、不況になった。お前たちにどんぐりをやるのに、朝は三つで暮れは四つにする」。サルたちは、この提案に怒った。しかしながら『朝には四つ、暮れには三つ支給する提案には大喜びをした。偽って人をごまかし納得させる事。目先のことに目がくらみ、本質を見失うこと。

山本賢の面白コメント: 民主党の「三大バラマキ政策と四割消費税アップ」に大喜びで投票した国民。これ政権奪取の秘訣デス。

Preah vihear 069

 

 

 

 

 

 

中国のお正月を祝う『四字熟語』です。

猴年吉祥 or  猴年吉祥  Happy Chinese year of the monkey.

 

 

英語de軍事『四字熟語』Vol.25

山本賢 76歳皆さんお元気ですか?山本賢です。平和構築

トルコ上空でのロシア軍用機の撃墜顛末記

先週11月24日トルコ空軍のF-16戦闘機が領空侵犯をしたロシア空軍のSu-24スホイ戦術爆撃機〔NATOコード名称;フェンサー〕を撃墜した。トルコ軍側は、国境侵犯したソ連機に対して10回以上警告したものの退去する気配がないのでやもう得ず撃墜したとのことである。一方、ロシア軍側は、領空侵犯をしていないと言っている。

このロシアのSu-24スホイは、30年以上前に核弾頭搭載低高度侵入航空機として、華々しくデビューした。Su-24スホイは、ソ連の誇る多用途のソ連の軍用航空機でった。当時、不肖山本賢は、陸上自衛隊の中央資料隊技術科でソ連の戦車や装甲車や軍用車両の技術情報を収集していた。中東では、イラクのフセイン大統領とシリアのアサド大統領〔現代のアサド大統領のお父さん〕が満面の笑みを浮かべて握手していた。この頃は難民問題はなかった。両大統領とも世界の武器を買いまくり、兵器産業のお得意様であった。

不肖、山本賢は、今回の、ソ連機撃墜事件は、過去の拙い武器兵器の整備経験から、トルコ・ロシアの両方若しくは片方の整備不良に基づくものであると思っている。

私は、自衛隊勤務では、米国の開発した高射砲の整備や国産の世界に冠たる短SAMの整備教育していた。定年退官後は、JICAの長期専門家としてカンボジア地雷除去活動センターCMACに派遣されて、かって陸上自衛隊が装備していたGMCトラックやソ連ZILトラックやGAZトラック等500両の車両整備指導を経験して来た。

元陸上自衛隊が使用していたGMCトラック

ソ連製ZILトラック

 

 

 

 

 

 

 

 

ソ連製のSu-24爆撃機の整備は、ソ連製ZIL軍用ラックやGAZ軍用トラックの様に簡単ではありません。不肖、山本賢のバックのソ連製軍用トラックの燃費は、リッター当たり1kmで燃費が悪いのです。このソ連製トラックの整備や維持管理には苦慮しました。

The details of how and why a Russian jet was shot down near the Turkish-Syrian border remain unclear. According to Turkey’s military, one of it’s F-16s fired on a jet over Turkish territory, after the plane’s pilot ignored 10 warning to leave.

Shoot-down Su-24 bomber two-crew on the bored, commander and pilot ejection from bomber by catapult, but one of the crew killed by gun fire from ground by guerrilla.  

Rescue team of joint Russian-Syrian combined force ride on two helicopter go to the shooting down spot to rescue bail out pilots. But one of the helicopter touch down on the ground destroyed by US maid TOW anti-tank missile and died one soldiers. That is US maid ATM (Anti-Tank Missile) shoot down Russian maid Mil-8 Helicopter. This US maid TOW is issued from US and Free Syrian Army (FSA) soldiers trained by Turkey soldiers in Turkey. This FSA is attacking Syrian government force collaborate with remnant of Alcaida. This remind me Japanese-Imperial Army’s slogan “Shoot down the B-29 bomber by use of bamboo-spare!”

Russia’s defense ministry confirmed one of it’s jet had crashed, but said the plane was flying in Syrian air airspace at an altitude of 6,000 meter’s when it was fired fired upon from ground. Putin blamed “back stabling” and said his country plane was 1 km inside Syria, when hit.

The downing of a Russian war-plane by Turkey, we have still not heard any comprehensive apologies from Turkish. 

Sukhoi_Su-24 Google資料

トルコのエルドアン大統領は『トルコの領空を侵犯したソ連の爆撃機に対して『再三再四』、17秒間10回も警告したのにもかかわらず『馬耳東風』ロシア空軍の爆撃機は、領空を退避しなかったので、トルコの戦闘機が撃墜した』と全世界に発表した。

これに対してロシアのプーチン大統領は、ソ連の爆撃機は、ISISの石油密輸タンク・ローリ梯隊を爆撃していたのであり、トルコの領空侵犯していないと強く反論している。

Mr. Vladimir V. Putin has demanded a public apology for the downing of the military jet, and compensation from turkey. And more, Mr. Putin said Cheap oil from the barbaric Caliphate – refer to the Islamic state – Erodogan President is back stabber.  his son is deeply involved in the black market trade in oil extracted by the Islamic State, the terrorist group………….. と。  

Mr. Erodogan has refused to apologize for downing of a Russian war plane.  

President Erodogan strongly denied the Putin’s allegation. “They are lies; they are slander we have never, ever had this kind of commercial relationship with any terror organization.

Both presidents are very combative and nationalistic and authoritarian , un-compromising at all.   

TOWエルドアン大統領もプーチン大統領もお互いに一歩も引く気配がない。『罵詈雑言』の応酬と相成った。そして、お互いに経済封鎖の報復合戦と相成った。

 

不肖、山本賢は、若い頃、無人機の技術試験では、空中衝突事故を起こさないようにするためのNOTAM〔Notice to airmen〕担当したり、敵の航空機を撃墜する高射砲や対空ミサイルを整備したり、修理したりする部隊に勤務したり、整備員の教育を実施したこともこれあり、この『ロシア爆撃機撃墜事件は、トルコ若しくはロシア軍の整備員、トルコとロシアの双方整備員の能力不足が起因して、パイロットの意思疎通が出来なかったと思っている。また若い頃、航空自衛隊の峰岡山レーダサイトの自衛戦闘するためのCal.50の整備支援を実施した際には、レーダサイトも見学した。航空自衛隊のレーダサイト運用技術は世界に冠たるものである。ほどなくして大韓航空機がソ連の戦闘機に撃墜した更新記録を米国のレーガン大統領が好評した。このような高い技術教育を日本と志を同じくする同盟国の軍の技術教育を実施することが世界平和に貢献することになると思っております。

75mm Antiaircraft_gun

 特にIFF〔 Identification Friend or Fore 〕 彼我識別装置等の機材は、高度の秘密性の保持が要求される上、レーダー周波数等の変動がし易く、その整備や修理もデリケートで難しい。

この75mm高射砲を下志津の高射学校で整備していた。この高射砲は、朝鮮戦争時に韓国に一個大隊展開し防空の任務に着いていたものの、北朝鮮の奇襲航空攻撃に対して、一発も射撃することが出来ずに、大隊長が処罰された代物である。この高射砲を90%の稼働率で整備し、米軍の将兵が陸上自衛隊の整備員の能力の高さに驚いた。この整備員は、自衛隊生徒の出身者であり、中学校を5番以内の成績のものばかりで、家庭が貧乏で高等学校に行くことが出来なかった者が実施していた。そして、夕方、3時半になると、千葉大学工学部に通っていた。

不肖、隊長の山本賢は、彼らに、英語の整備教範と配線図を使用して整備教育をしていた。日本語の分厚い整備教範があるものの、英文科の大学生アルバイトが翻訳したものであり、意味不明の整備教範であった。

下志津の高射特科大隊は、空を飛んでいる航空機をレダーで補足し、これを自動追随する訓練を日夜実施していたが、ある時、たまたま、レーダの周波数が『ずれた』ことがあった。たちまち航空機のパイロットから成田空港の管理者へ、成田空港管理者から国土交通省へ、国土交通省から、防衛庁にクレイムがきて、『大目玉』をくらったことがある。最近、中国からインターネットで購入した高出力レーザー照射器を使用して航空機に照射して楽しむ輩の事が新聞紙上で紹介されると、対空レーダーの整備不良の事を思い出す。

また、陸上自衛隊の武器学校では、電子武器科の教官として短サムの教育を実施したこともある。今回のトルコ・シリア国境付近の『一触即発』の大事故は、レーダーや通信機とうの整備を完璧にしたり、航空自衛隊のスクランブル発信の様に、曳光弾の発射警告手段等の手順をふんで、電子機材の整備が実施されていれば、起こることはないと山本は、思っています。

短SAM

 

 

 

 

 

 

 

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

一触即発  【 いっしょくそくはつ 】

“Only touch of it, it goes off to detonation instantly” which means very dangerous situation. Hair trigger situation which means goes off only a small touch of it. That is “Touch-and-go situation” 

“Only one touch of it, instant explosion without fail”which mean very dangerous situation, such as start of war

「一触」 means “Only touch of it”

「即発」 means “Instant explosion” 

  ちょっと触れただけで、たちまち爆発する意から、事態が極めて緊迫した状態にあること。また、危険と背中合わせの状態にあること。

 

再三再四  【 さいさんさいし 】

“Repeat three times again and repeat four times again” which mean many many times again and again.

「再三」 means “Tree times again”

「再四」 means “Four times again” 

  同じことを何度も繰り返すこと。同じことをたびたび繰り返すこと。

 

馬耳東風  【 ばじとうふう 】

“Horse ears insensitive to east spring-winds” which means “Horse is no attention to spring wind” This means no ears to listen other person’s good advice or good suggestion. So useless effort to admonishment or good advice including criticism.

「馬耳」 means “Horse ear”

「東風」 means “East wind” 

  馬の耳に心地良い春風が吹いても、興味も無く、聞く耳が無いので何も感じない。人の言う事を聴かないので、話しても無駄。

 

 罵詈雑言  【 ばりぞうごん 】

 “To speak ill of other person with lots of dirty words without any roots” that is all kinds of verbal abuse and apply big dirty words with full of hate. Insult some one by use of full of dirty words.

「罵詈」 means “Verbal abuse in front of face”

「雑言」 means “Dirty words” 

  あらん限りの悪口を並び立てて、汚い言葉で、相手を罵ること。悪口を面と向かい言い、口汚くののしることである。デタラメな悪口を言うこと。

 

英語de軍事『四字熟語』Vol.24

山本賢 76歳山本賢軍事英語の山本賢です。皆さんお元気ですか・?

 

南支那海波高し!

China’s island-building in the South China Sea.

中国は、近年、南支那海で領有権権を争っている周辺祖国と争っている国々の島々や暗礁を、次々と埋め立てて、浮沈空母の建設に余念がない。空母建設能力皆無の中国海軍は、空母を保有することは、中国海軍の彼岸である。

かって、中国は、2001年頃、ソ連のキエフ級ポンコツ・廃艦空母『ワリヤーグ』を、海上カジノにすると言う国家レベルの嘘まで言って、ウクライナから、購入し、遠路遥遥、大連港まで回航してきた。

不肖、山本賢は、小学校2年生の頃、中国の大連にいた。そして、大連港から佐世保港に引揚げ船『興安丸』で帰国した。このため、大連港にポンコツ空母を遠路遥遥、曵航されてきたことを鮮明に記憶している。

中国は、この廃艦空母を10年コツコツと改修・修理して最新鋭空母として再使用することにした。

ソ連製ZILトラック元陸上自衛隊が使用していたGMCトラック 不肖、山本賢は、この頃、JICAの兵站支援長期専門家として、カンボジアの地雷除去活動センターCMACに勤務して、かって陸上自衛隊が使用していたGMCトラックやソ連製軍用トラックの整備教育をしていた。ソ連製軍用軍用トラックは、燃費が1リッター当たり1kmと燃費の悪さが『頭痛の種』であった。

 

そして、苦心惨憺中国海軍は、ソ連製廃艦ポンコツ空母を苦心惨憺整備して、再就役させた。そして『遼寧』(りようねい)と命名した。

ダウンロード

 

 

 

 

 

images (1)

中国海軍は、苦節十年、このワリヤーグ・廃船空母を、蘇らせ、遼寧と命名した。

そして、防衛大学#6期生の茅原郁生さんの『21世紀の中国軍事外交篇』の本の表紙にも登場するところとあいなった。朝日新聞出版からでています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最近では、暗礁を埋め立て、これを空母とする、大規模土建作業『浮沈空母』建設に余念がない。談合で有名な日本の土建業者の『垂涎の的』でもある。これは中国海軍の『苦肉之策』でもある。

中国には昔から『滄海桑田』という四字熟語がある。この四字熟語の意味は、『世の中の変化が著しく激しいこと。青い海が陸に代わり桑畑となった』。この四字熟語の出来た時期は、孫の手でおなしみの『麻姑掻痒』と同年代である。この四字熟語の名声を利用した、『孫の手』なのど商品もある。

この浮沈空母建設ラッシュに対して、穏健な思想でノーベル平和賞を受賞した米国のオバマ大統領が、訪米した中国の習近平主席に対して『南支那海のスプラトリー諸島での人工島建設に強く抗議した』。中国の習近平主席、馬耳東風、その後も、南支那海での人工島建設、別名『不沈空母』の建設を止めることはなかった。

 

そして、米国は、この人工島を中国の領土とは、認めず、この周辺に戦艦を派遣し、無視した。

 

images

航空母艦『遼寧』専用の艦上戦闘『残-15』 〔ソ連製Yak-38〕

 

 

 

 

 

 

覚えておこう『四字熟語』:

苦肉之策  【 くにくのさく 】

To escape from difficult situation plan or tactics by hurting one’s body to deceive the enemy by sacrifice of one’s body hurt. The last desperate cheating measures with many tricks to deceive enemy. This operation name come from “Fighting at Red cliff” of Three king domes. 

「苦肉」 means “Hurt ones fresh”

「之」 means “of” 

「策」 means “Plan”

 敵を欺く為に、わざと自分の肉体を傷つけて、相手を信用させて、だます策略(計略)。三国志の赤壁の戦いより。

 

滄海桑田  【 そうかいそうでん 】

“Once a big blue ocean change into mulberry field by reclamation at now” which means the change of world is very fast and quick indeed.

「滄海」 means “Blue ocean” 

「桑田」 means “Mulberry field”

 青い海だった所が、埋め立てによって桑畑に変ってしまった。世の中の変化が激しいことの例え。

 

麻姑掻痒  【 まこそうよう 】

Every things goes well as my intention. It like scratch back itching place by use of a back scratchier, “Mago no te” in Japanese. It is said that Lady MAKO has long nails and scratch the inching place of one’s the back. 

「麻姑」 means “Lady MACO who has long nail for scratch inching place” 

「掻痒」 means “Itching”

 ものごとが、痒いところに手が届くように、自分の思い通りになること。『孫の手』は、仙女「麻姑」に由来がある。

 

馬耳東風  【 ばじとうふう 】

“Horse ears insensitive to east winds” which means “Horse is no attention to spring wind” This means no ears to listen other person’s good advice or good suggestion. So useless effort to admonishment or good advice including criticism. place of one’s the back. 

「馬耳」 means “Horse ear” 

「掻痒」 means “East wind or spring wind”

 馬の耳に心地良い春風が吹いても、興味も無く、聞く耳が無いので何も感じない。人の言う事を聴かないので、話しても無駄。

 

英語de軍事『四字熟語』 VOL.23

山本賢山本賢こんにちは、山本賢です。今回は、         

 

◎ 『元日本兵達が創った中国空軍』誕生秘話。

The activation of Liberation of Chinese Army-Air Force was conducted by Imperial Japanese Army’s pilot and mechanics. This is the origin of international cooperation of Japan.

中国人民解放軍空軍設立は、毛沢東の彼岸であり、旧日本軍のパイロットと整備兵の技術支援により実現した。これは、国際貢献の元祖でもある。 

 9月3日、中国の抗日戦争勝利70周年記念軍事パレードが天安門広場で行われた。このパレードには、ソ連のプーチン大統領や韓国の朴大統領や藩国連事務総長も招かれ、日本国政府の意に反して出席した。これまで日本は、米国に次ぐUNDP予算を拠出して来たが、抗議の意味を込めて、今年度に限り10%カットすると良い。このパレードの主役の中国やロシアは、殆ど出していない。小額で雀の涙程度である。但し、旗だけは、米国も日本も同じである。

  この過激な意見、私だけの意見では、国際貢献の大御所、伊勢崎健二教授の意見でもある。この教授のご指導を受け、発足まもない頃、多くのJMASの要員は、園部宏明国際監視団IOG団長以下、元自衛官のOBで、老骨に、ムチ打って国際貢献貢献して来たのです。ソ連軍から分捕ったり、豊富な麻薬資金で購入した近代兵器を装備した軍閥の武装解除には、兵器の知識が必要不可欠です。JMASのアフガニタン担当コーディネターの山本賢のいうことであり、間違いはない。

国連UNDP支援国『国旗』CMAC玄関にて

国連UNDP支援国『国旗』CMAC玄関にて

 そして、この抗日戦争勝利70周記念日には、江沢民前首相も出席していた。この中国空軍の最新の戦闘機が北京の秋空に編隊飛行している画像が公開され、全世界に発信され公開された。

 不肖、山本賢は、ソ連の軍事パレードが赤の広場で行われる都度、NHKや民法のカメラマンが撮影したフィルムの『テロップ』:字幕で兵器の名称や諸元到の説明をしたことを思い出した。NHKからはチョッとした記念品を、民放TV局からは、放送局の食堂で昼食をご馳走になった事を懐かしく思った。テレビで活躍するタレントをキョロキョロ見たことを、今でも覚えている。

 不肖、山本賢は、目下、中国や台湾等を含めた、Access社インターネット広告の評価をしていますが、『祝抗日戦争勝利バーゲン・セール』のインターネット・広告があったものの、その数は、極端に少なかった。私の目に止まったのは、『商城;商店街』の大売出し広告1件だけであった。この軍事パレードを見て『乱舞喚起』する中国国民は、皆無であった。

捏造だらけの抗日戦争勝利を中国政府の発表を国民は、覚めた目で見ていたのである。

 

 もともと、中国は、『好鉄不針』【ハウ ティ プゥタアティン】良い鉄は釘にはならないし、『好男不当兵』【ハウ ラン プゥタンピン】良い男は兵隊にならないというお国柄で、日本の『花は、桜。人は、武士』とは異なるお国柄です。

毛沢東主席習近平主席の挙手の敬礼 70年前この種のパレードを毛沢東首相が実施した時には、住民は『ヲーメンデフェーチーライラ』;「我々の飛行機が飛んで来た!」と『狂喜乱舞』した。不肖山本は、70年前の、この時、避難民として中国にいた。

 統裁する『習近平首相』中国の純国産高級車『紅旗』に乗って表れた。何とこのお車の型式形状は、式典に参加予定で、体調を崩し、参加を中止した村山元総理大臣が現役であった頃と同一であった。、これ以降、何の変化も見られず、そのお値段が、何と1億5千万円だとテレビで、おもちゃのミニカー・モデルと共に報道された。国営工業の非能率ぶりは、驚きであった。

そして、習近平主席が、『紅旗』上で、左手で『挙手の敬礼』をしたことに、びっくり仰天した。『挙手の敬礼』は、例え、左利きの隊員であっても、右手でするものである。

不肖山本は、『反省と謝罪』大好きな社会党の村山富市総理の頃、中央資料隊技術科で軍用車両の担当していた。この時に、『紅旗』の本〔中国語〕を翻訳したことがあった。村山総理が、中央資料隊に視察来た時の事を思い出した。

 この中国の威信をかけて開発した第一汽車【自動車】の高級車『紅旗』は、今回の軍事パレードに登場した最新兵器と異なり、その後40年間、全然、進歩をしていない。この習近平首相の乗った中国産の高級車『紅旗』には、万一、故障して動かなくなった場合に備えて、空の予備車まで準備していた。

 

防衛大学校のパレード  この抗日戦争勝利の一糸乱れぬパレードを見て私は、防衛大学学生の時、毎日、毎日、国旗掲揚と朝礼終了後、教場まで。各班ごと、行進したことを思い出した。そして、神宮外苑で実施される、自衛隊中央式典のパレードの予行練習の事を思い出した。授業が終わった後で、桑江良輔大隊指導官〔陸士55期〕の下で、執銃行進予行訓練を日が落ちるまで実施させられたことも思い出した。

 沖縄復帰直後のことである。不肖、山本は、桑江第一混成団長のお供をして、真夏に、米海兵隊司令官交代式に出席したことがあった。司令官交代式には、訓示の後でパレード行進が行われる。その帰りに、団長車の中で、・・・・「山本!『米海兵隊をとう思うか?』と言うご下問があった。山本答えて曰く『精鋭だと思います!』と。理由は、筋骨隆々の海兵隊員と取っ組み合いの喧嘩になったら勝ち目がないと、かねがね思っていたからです。『バカモン!米海兵隊員よりも、お前の方が『精鋭である!この暑いのにお前は、全然汗をかいていない。汗をかくのは弱兵の証拠だ!』と。この歴戦の勇士桑江団長、南方戦線での経験から、汗をかく兵隊は、水をよく飲む、従って『アメーバ赤痢となり、戦力とならなかった』と。

 不肖、山本賢は、満州の荒野で育ったため、日本の小川の水のように、飲むことは出来ない環境で育ったので、水をガブ飲みする習慣がないのである。防衛大での行軍では、隊装検査が終わると、すかさず水筒の水を捨てた。この行為を桑江大隊指導見つけられ怒られた。山本学生曰く『明朝まで、水をのまないから不要ですので、捨てました!』と言った瞬間怒られた。『バカモン!この水筒の水は、お前が飲むための水ではない!お前の部下が飲むための水だと!』と言われた。

 不肖、山本は、満州国のハルピンで生まれ、終戦後、ソ満国境から、命からがら、避難民として引き揚げて来た時のことを思い出して、この中国の抗日戦勝記念軍事パレードを見て思い出した。

日本軍は、『日ソ不可侵条約』を突然破棄したソ連軍に関東軍が敗れたのであり、中国共産党軍の前身の毛沢東主席の率いる『八路軍』【パーロ】第八方面軍『国共合作軍に敗れたわけでありません。この八路軍は、日本軍を見つけると即、『三十六計逃げるに如かず』とばかり、『雲散霧消』するのであった。また人民から物品を強奪することで有名な部隊でもあった。そして毛沢東は、針一本でも人民から盗むなと命令するように成りました。

 

毛沢東軍は、日本の陸軍士官学校で学び、二等兵で高田連隊に隊付き教育を受けた経験のある、蒋介石軍とも戦っていたのである。この戦いに『馬賊』と『匪賊』が加わった。、まさに四ッ巴の戦争です。関東軍が、ソ連軍に武装解除された途端、治安が悪化した。元もと、中国は、治安が悪く、関東軍と満州国警察の力で治安が保たれていた。『苛斂誅求』の政治である。

 不肖、山本賢が鉄嶺の満人尋常小学校に登校する際には、警察処の前にある『さらし首』が展示されていた。『一罰百戒』の戒めである。上級生の命令一下、このさらし首に石をぶ警察所前の晒首つけて登校したものだった。この警察署の隣には、大きな『阿片窟』があった。この満州国の満人警察処長は、汚職と武器の横流しで、警察所の牢屋に入れられ、日本人の副所長が指揮を取っていた。当時は、国府軍と八路軍と馬賊や匪賊が『群雄割拠』の状態であった。この中国の汚職腐敗体質、’戦後70年、中国の共産党の中で蔓延し、未だ健在である。

旧日本軍の兵士の中には、生活の為進んで国府軍に入った者も大勢いたし、無論八路軍に入った者もいた。

中には、少年兵になった者もいた。源川特務曹長のご自慢の息子さんは、毛沢東の腹心の部下の周恩来副首相の少年兵(伝令)となった。何と、この少年、後ほど、防大#1生となり、7師団長をしていた。私が、日高弾薬支処長をしていた頃、源川さんは、精鋭第7師団長弾薬補給をしていた。仮に、防大#1期の源川さんが、周恩来副首相要請に応じて中国の解放軍人民解放軍に残っていれば、多分人民解放軍の総司令官になつたに相違ない。

作家・山崎豊子のデストセラーの『大地の子』の隆一心は、源川さんになっていたかも知れません。主人公、細部については、山本賢の『孫子の兵法』【中国語・日本語・英語】版;Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War (財) 自衛隊援護協会 661頁を参照して頂ければ幸いです。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 ある時、国府軍と八路軍が戦闘しているのを大勢の日本人達は、『お手並み拝見』とばかり、草原の中の丘の上で、見学していた。さしずめ、全学連と機動隊の戦いを一般観衆が見学する感じである。この時、国府軍【国民政府軍】の戦闘機が飛来し、戦局が一気に急変した。ところがである、この戦闘機が被弾し、黒い煙を出し、戦線離脱した。これまで守勢で、『三十六計』戦術を旨とするの八路軍が、急遽、戦闘機の方向に全員走って行ったことを今でも鮮明に覚えている。

この抗日戦争勝利70週記念日の式典には、ロシアのプーチン大統領も招待され、参加しました。プーチン大統領ニンマリ。これでソ連の違法性『日ソ不可侵条約』を一方的に破棄した事が消えたと。日本軍は、毛沢東の率いる『八路軍』や、蒋介石が率いる『国府軍』に負けたのではありません。ソ連軍の機甲部隊に敗れたのです。アメリカが広島に原爆投下した直後、『日ソ不可侵条約』を一方的に破棄し、『時期到来』とばかり、ソ満国境に怒涛の如き勢いで攻めてきたのです。そして、ソ連軍に降伏、武器弾薬は、全てすべソ連軍ろ獲されたのです。無論、化学弾もです。このことを外務省のお役人に言っても信じて村得ませんでした。英語de軍事『四字熟語』Vol.21参照

そして、ソ連軍は、共産主義を共に墓標する、軍閥に毛の生えた程度の、毛沢東軍に、ソ連軍に不必要な、日本軍の武器・弾薬を、与えたのです。自由主義を墓標する蒋介石軍には、日本軍の武器・弾薬を渡しませんでした。これで、つまり、毛沢東軍は、日本軍の武器で、蒋介石軍を撃破し、台湾に閉じ込めたのです。

そして、『ヤポンスキー、ダモイ!』ー日本人の皆様帰国ですよ!ーと騙され、兵隊さんや一般の人もシベリアに抑留され、重労働をさせられたのです。

中国人民解放軍空軍の祝賀飛行

Untold history of foundation of the Liberation of Chinese Army-Air Force.:

After surrender of Japan Imperial Army to Soviet Army, Chinese National Force and Paro force 【八路軍】 which commanded by Mao Tse-tung 【毛沢東】.

Japanese solder lost master as Emperor become beggar like status, foods did not issue from no issue. To survive Japanese people must find the Job and must to work and get food and living expense.

At that time Liberation Army does not have an Air Force. To construction of Air Force is long cherished wish of Mao Tse-turng

So Mao Tse-tun decided ask to invite Japanese war prisoner whose name is Maj.Yaichro HAYASHI【林弥一郎】and refugee who once pilot and also mechanics of air plane with good working conditions and polite invitation. As same methods as Emperor Riyubi scouted in Spring and Autumn military adviser Shokatukoumei. Chinese and Japanese both are Oriental. My intentions will be understand without fail…

Paro force condition as follows;

1st : Do not treat as war prisoner, because flight training is very danger so need strict training discipline by Japanese instructor pilot and instructor mechanics.

2nd : Admit Japanese Life style for Instructor pilot and Instructor mechanic maintain in good condition to secure a safety.

3rd : Guarantee the family life of pilot and mechanics because to support the construction of China Air Force long term project.

All of Japanese proposal was admitted with thee times visit and negotiations to Instructor pilot

October 1, 1949. Mao Zedong declares the foundation of the People’s Republic of China and the activation of Liberation of Chinese Army-Air Force with full of confidence and fly over the Beijing. Chinese people cry for joy.

 

中国人民解放軍空軍設立秘話 日本人の知られざる歴史:Untold secret history of the Activation of Chinese Liberation Army Air Force.

 現在の中国空軍の創立は、林弥一郎陸軍少佐と名もなき日本兵の航空機整備員である『輜重輸卒』の技術指導で誕生したことを知る日本国民は、殆どいない。無論、若い中国国民も知らない。

 昨今、「国際貢献」なる用語が自衛隊に於いても認知され、訓練が行われているものの、この事実を知っている者は、殆どいない。とても悲しいことである。このブログを書いている時、国際貢献の質的向上と我が国の安全保障の強化の法案が深夜通過した。

早速、Google画像検索を利用して、左のような写真を作らせて頂きました。

 不肖、山本賢は、防衛庁国際企画課からJICAに派遣され、更に、JICAの長期専門家として、カンボジア地雷除去センターに車両の整備員の技術教育に4年間、勤務した。この時の防衛庁長官は、今の中谷元防衛大臣であった。

少々、話しは、脱線しましたが、 このような経験から、「国際貢献」の原点は、日本軍捕虜のパイロットと整備員の技術移転であったと思っております。

 

因みに、私のCMAC(カンボジア地雷除去センター)での勤務の前任者は、陸上自衛隊輸送科職種の島田賢太郎〔写真中央〕さ第1回カンボジア視察 101 (2)んでした。彼は、『私は、陸上自衛隊ですので、車で物を運んだり、人を口車に載せるのが、大変お上手ですと。

 彼は、現役自衛官の時、国会議員の佐藤正久さんと同じくゴラン高原で国際貢献に汗を流して来た男であり、不肖、山本賢私を含め、黄色の法衣を纏った土井和尚を含め、この三名は、ともに『輜重輸卒』である。

 そういえは、国会議員の佐藤正久さんも人をヨイショと持ち上げることがとても上手である。一昨年、同期の二見宣さんが幹事長の時、同期生会にお髭の隊長こと佐藤正久さんにお話をして頂いた。そのお話が上手なこと、上手なこと、美ttクリしました。

 不肖、山本賢のバックにある新車のピックアップ・トラックは、80両程度あり、日本から送られて来たものであり、シャヌクビル港に受領行った帰り道である。このバイパス道路も日本の支援で造られた。梯体車両行進は、前任者の島田賢太郎さんの教育成果でもある。

 毛沢東の指揮する「八路軍」は、本来ゲリラから出発したために航空機を保有していなかった。この名前も、国共合作の下に生まれた名前であって、『第八軍団』を意味する。毛沢東は、軍の近代化を進める上で、何としても航空機を装備したかった。毛沢東にとって、八路軍が航空機を持つことは、彼岸であった。

 当時は、日本兵は、ソ連軍に武装解除され、『ダモイ;帰国させるから』と騙され、ソ連に連れられて、シベリア行って、強制労働させられた。中には、国府軍に入る者、八路軍に入る者、馬賊や匪賊になる者もいた。皆、生き延びて日本に帰るたであった。まさに、『三国誌』”Three Kingdoms”や『水滸伝』”All men are brothers”の世界で生き延びて行った。この様なことで、不肖、山本賢は,『三国誌』や『水滸伝』が大好きである。

 幸い、中国大陸には、旧日本軍の武装解除により入手した多数の隼戦闘機を始めとして、遺棄航空機が山ほどあった。しかしながら、どれも故障し使用できる状態ではなかった。悲しいかな、八路軍には、航空機を操縦するパイロットもいなければ、機体を整備する整備員もいなかった。

梯隊を組んで行進する 中国には、もともと皇帝や諸侯が、軍の教育や訓練の指導し、戦の際には、軍の運用の助言を求める軍師を「三顧之礼」で迎える伝統がある。毛沢東は、この伝統に従い、日本軍捕虜を利用して、空軍を創立しようと考えた。日本人の捕虜に、八路軍のパイロットと整備員の教育をさせることにした。「三顧之礼」を持ってすれば、彼らは、「嫌!」とは言わないはずだ。褐目すべきは、毛沢東が、軍師に相応しい人材として「帝国陸軍の陸大卒」を入れなかったことである。「政権は、銃口より生まれる」という毛沢東は、ゲリラ戦を重視した。「決心攻撃矢は左!」「独断専行」を旨とする陸大の勇ましい戦術教育は、ものの役に立たないことを熟知していたのであった。がパイロットと整備員は違うと。そして、日本軍の名もなきパイロットと航空機整備員が、八路軍に「三顧之礼」で迎えられた。

 八路軍には、日本軍のような階級制度はなく、また「『上位下達』や上官の命令に対する『絶対服従』の概念もなく、元日本兵にとっては、驚きの連続であり、あたかも天国のように感じられた。それに処遇も悪くはない。一般の八路軍兵士よりも若干良い。日本人のパイロットや整備兵を最も感激したのは、毛沢東の言った『以徳報怨』【イーダパオユエン】「徳をもって恨みに報いる」言葉であった。最近の習近平首相の言動からすると、この『四字熟語』を知らないようである。捕虜の身分である日本人教官は、街で買ってきた「ポーミー・マントウ【トウモロコシの粉で造つた饅頭】を学生達にも分け与えた。「いじめ」や「しごき」を訓練の一環としていた旧帝国陸軍公認の習慣は、ここには、存在しない。そしてここでは「雪隠饅頭」をする必要もない。

 顧問となったパイロットと整備員は、中国兵の教育を開始した。中国語は分らなくとも「知識」と「技能」があれば、航空機の操縦訓練は、出来るし、航空機の整備教育も出来る。終戦で目標を失った日本人整備兵は、八路軍に航空機整備教官として迎えられ、尊敬され、航空機整備の人材育成教育を全て任された。旧日本軍の整備教官達は、この毛沢東の処遇にいたく感激し、人を教育する使命感に燃え、朝早くから夜遅くまで文字通り寝食を忘れて、「全身全霊」を持って、整備員の教育を開始した。

 帝国陸軍時代には、何かにつけて、如何にしてサボるかを腐心していたのとは、今は違う。使命感あふれる職場であった。がしかし、この場合、教育法の教育を受けたことのない、彼らにとって、中国人に対する技術教育には、どのような教育法を取るのが最適であるかが分らなかった。そして得た結論は「雀の学校」であった。これなら成功すること間違いなし。反復訓練、技術実習あるのみ。

♪♪ チイチイ パッパ チイ パッパ

♪♪ 雀の学校の先生は、「鞭【無知】」を振り 振り チー パッパ

♪♪ 生徒の雀は、輪になって

♪♪ お口をそろえてチー パッパ

♪♪ まだまだいけないチー パッパ

♪♪ も一度いっしょにチー パッパ

♪♪ も一つオマケニ チー パッパ

♪♪ 「毛さん」のためにも チー パッパ

♪♪ 「周さん」のためにも チー パッパ

♪♪ チー チー パッパ チー パッパ・・・・・・・・・と日本人航空機整備教官殿 絶好調  作詞作曲;二見宣 防衛大学校ブラスバンド部長

 かつて日本軍航空隊で戦闘機整備をしていた頃には、整備兵は「輜重輸卒が、兵ならば、蝶々やトンボも鳥のうち。電信柱に花が咲く」と小馬鹿にされ、蔑まれ、虫けら同然に取り扱われて来た。そして古参兵の憂さ晴らしの一環としての私的制裁も多々受けた。日常茶飯事である。整備兵たちは、「如何にしたら古参兵に殴られずに済むか?如何にしたら「鉄拳制裁」を受けることなく、要領よく仕事をサボることが出来るか」日夜、その対策に腐心した。

 日本人のパイロットも整備員も八路軍の学生も共に、蒋介石の指揮する「国府軍」の脅威の下、泥水をすすり、草をはみ、ある時は、零下40度、暖房も無い、教場で、またある時は、砂塵逆巻く乾燥しきった灼熱の太陽の下、光輝く中国空軍の創立を夢見て頑張った。

 日課の操縦教育や整備教育を終え、日本人教官達は、宿舎に帰り、ほっと一息つく。満蒙の大草原の地平線にゆっくりと沈んでいく「真っ赤な夕日」を見つめ思わず涙した。

 思い起こすのは、故郷こと「♪♪・・・夕空はれて、秋風吹き、・・・・故郷の父母、如何におわす・♪♪・・・・・」。冷えた、味の無い高粱飯【コーリャンめし】を望郷の思いで、涙と共に食べるのを常としていた。「九連隊の新兵教育で食べた『雪隠饅頭』が何と美味しかったことか・・。

 ある時、整備教育中に、中国の少年整備兵が、燃料注入中に、火災事故が起きたことがあった。整備教官がこの少年を救助したものの、整備教官は、長年着用して来た分厚い綿入り防寒副に航空機ガソリンが染込んでいたことも、これあり、瞬く間に火達磨となってしまった。いつの日か、故郷の日本に帰ることを夢見つつ火傷で殉職してしまった。さぞ無念であったに相違ない。

 そしてこの整備教官の英雄的行為に敬意を払い、八路軍は、牡丹江に「故 国際友人之墓」という石碑を建てた。そして、操縦訓練や整備教育を開始してから4年が過ぎた。

 1949101日午後のことである。毛沢東は、日本に留学をしたことのある周恩来の薦めもこれあり、日本の学生服を基礎にデザインされたとされる緑色の国民服に身を包み天安門の二階に姿を現らわした。そして30万人の大群衆を前に、国内外に向かって「本日、中華人民共和国が建国された」と声高らかマイクに向かって宣言した。中国3千年の歴史の中で、初めて支那に、王朝でなく真の「国家」なるものが出来た瞬間である。

 毛沢東の長年の彼岸であった中国空軍機の編隊飛行の展示が中国人の手で挙行された。その瞬間、天安門広場には、嵐のような大歓声が沸き起こった。

 解放軍兵士達は、口々に「我們的飛机来了!」=ウオメン フェチー ライラ!=「我々の飛行機が飛んで来た!」と『狂喜乱舞』した。日本人のパイロットと整備教官、中国の整備員が、互いに抱き合い小躍りして喜んだ。中国国軍機10機が編隊飛行で中国の大空に羽ばたいた瞬間でもあった。そして同時に、毛沢東主席の名前を全世界に知らしめた。「面目躍如」と言ったところだ。そしてこの日が「国慶節」となり国民的な祝日となった。

 八路軍により「三顧之礼」で迎えられた日本人のパイロットと整備員の4年間の筆舌に尽くしがたい努力が見事、報われた瞬間でもあった。男子の本懐ここにあり。大満足!

 この話には、こんな後日談がある。日本人のパイロットや整備員から教育を受けた卒業生は、中国国軍の首脳部となった。そして中には、後に、朝鮮戦争で8機の米軍機を撃墜した人民解放軍北京軍管区劉空軍司令官もいた。そして「一級英雄模範褒章」、日本流にいうと『金鵄勲章』をもらった「撃墜王」の誕生である。

毛沢東主席は、四字熟語が大好きである。毛沢東のゲリラ戦術を計16文字からなる四字熟語で部下に示し、実行させ、関東軍を攻撃し、国府軍を撃退し台湾に追いやった。

敵進我退 “Enemy advance, we retreat” (敵が進めば、我は退く)

敵駐我攪  “Enemy stay, we disturb”   (敵が止まれば、我は攪乱する)

敵疲我打 “Enemy tired, we attack”   (敵が疲れれば、我は攻撃する)

敵退我追 “Enemy retreat, we pursue” (敵が退けば、我は追撃する)

この他の毛沢東の創った四字熟語に『土豪劣紳』と『造反有理』があります。

 

 不肖山本は、元日本陸軍航空機整備兵と同じ熱き思いで、『カンボジアの地雷処理センターCMACの車両整備員約15名に対して車両整備教育を実施して来たので、紹介させて頂きます。

同時期、JICAの長期IT技術専門家藤本誠さんの支援を受けて、日本の自動車メーカが製作した車両整備員教育用ビデオをクメール語に翻訳した後に、CMACの声の美しい女子事務員に吹き替えたCDを使用して、TV整備教育をしてきました。このCDの凄いところは、パソコンを使用して、ダヴィングが出来とあって、カンボジア国内の整備員にも普及した。このダビングCD、日本の自動車メーカのロゴ・マークが入っており、自動車メカーの広告にもなっているとおもいます。この他、藤本誠しには、CMACの地雷原表示用大地図製作機器を応用して『大型チャート』を使用して、整備員教育を実施して来ました。

CDを使用した教育整備ビデオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育整備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、JICAの長期IT技術専門家の藤本誠や彼の教え子の支援を受けて、バー・コードシステムを利用した在庫管理システムをカンボジア地雷除去センターCMACに構築してまいりまsた。

バーコドを活用した倉庫の在庫管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この整備員教育実施時に、面白いお話を聞いたので、日本の皆様にご紹介致します。

 

 

日本人の知らない、中国の二枚舌外恋

72式A型中国製対人地雷72式B 中国のポルポト政権支援や大量の対人地雷支援〔カンボジアのお米と中国の地雷との物々交換支援〕これにより、カンボジア人の食べるお米がなくなり、餓死者が出た。ポルポトの彼岸であった、重農共産主義国家建設の為、ダムや灌漑水路建設支援を申し出た者の中国解放軍工兵部隊には、陸上自衛隊の部外工事よるような技術能力を持って居なかった。彼らは、得意の『人海戦術』でダムや灌漑水路を建設した。これが為、大勢の餓死が出た。更にポルポトの大量殺戮の関与扇動に対して中国の責任を問われると、中国の江沢民前主席は、何と『過去の歴史にこだわることなく、将来の事を考えることが両国に取ってとても大切です』とカンボジア国民を諭したそうです。まさに名言である。日本国民は、この様なことを知らない。

因みに、中国の72式対人地雷Bは、テキサス・インスツルメンツ社のLSI〔大規模集積回路〕を使用し、最も除去がむずかいい対人地雷です△の安全ピン。これに対し、対人地雷A型(丸い安全ピン)は、普通の対人地雷です。安全ピンを抜くと識別不能となります。因みに、この72式地雷Type-Bの地雷設計にあたっては、日本の電気釜の吹きこぼれ防止機構を参照にしたとのことです。日本の電気炊飯器は、傾けると電源スイッチが切れる様になってる技術を、72式Type-Bは、チョットでも傾けるとスイッチが入る様に設計されているのです。このために、その場爆破する以外に除去する方法は、ありません。写真参照。1 Ochamlorg vill Ta sen  comm Kamreang dist   DU2  (2)

カンボジアは、中国の手先となった、ポルポト ゲリラとソ連やベトナムが支援する政府政府軍が、猿蟹合戦ならぬ、中ソ地雷敷設合戦をカンボジア国内で実施していたのです。

この時のことです、中国が、突如ベトナムに対して、国境を超えて、ハノイに向かって攻撃をしました。これを『中越戦争』と言います。ベトナム戦では、中国は、ベトナムを支援していたのですが、1979年には、突如、中国・ベトナム国境を超え、攻め入ったのです。これを中越戦争といいます。侵攻中国軍は、またたく間にドンたんを占領し、首都ハノイに攻め入りました。がしかし、『百戦錬磨』のベトナム軍、進行した中国軍をコテンパーにやつけて撃破してしまいました。大国中国のメンツが丸つぶれした戦争でした。チャンコロ軍は弱いという噂が経ちました。そしてベトナムは、報復として『華僑』を国内から追放しました。追放された華僑は、かわいそうにボート・ピープルとなってしまった。不肖、山本賢は,この時、陸上自衛隊の中央資料隊の技術科に勤務し、中越戦争の情報を収集していた。この時の戦訓を基に中国軍は、臥薪嘗胆、一挙に近代化路線爆進し、今日に至りました。

最近、ベトナムに地雷・不発弾調査行った際、ベトナム戦争と中越戦争で戦死した兵士のお墓をお参りして来ました。

戦死者に献花

日本国大使の整備工場視察不肖、山本賢の技術移転するカウンターパートの輸送幹部のサラさんも潅木除去機整備主任のブンテンさんも、中央整備工場長のスーさんもソ連の工科大学を卒業しています。工場長のスーさんは、何とソ連のロストフ輸送大学車両整備工学科で9年間学んだとのことである。

 

この地雷原の地図は、陸上自衛隊でもお馴染みの縮尺1/25000を片手にCMACの隊員の現地偵察デターを基に、JIICAの長期専門家の藤本誠さんのIT技術を駆使して製作された地雷汚染図です。無論各州の地雷汚染図もあります。

 

 

 

保有国地雷 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  この原稿を書き終わった本日未明、安保法案が可決した。この法案通過に情熱を傾けた、安倍晋三総理も中谷元防衛大臣もお髭の隊長佐藤正彦議員も共に、防大同期の二見宣男さんの立ち上げた日本安全保障学会JSSCの特別顧問や顧問である。二見さんも喜んでいるに相違ない。

 不肖、山本賢は、JICAの長期専門家としてカンボジアのカンボジア地雷除去センターCMACのLogistic Support;兵站支援【車両の整備員教育を含む】や日本地雷除去活動を支援する会JMASでアフガニスタン担当コオディネーターをして来きましたが。これで、やっと、諸外国並に身の安全を民間のガードマンや軍の警備兵に守られて、お仕事を出来るとおもいました。

 

16072元中谷佐藤正久16073 『安全保障と危機管理』に興味のある方は、下記のホーム・ページをクリックすることをお薦め致します。

http://www.jssc.gr.jp

戦艦三笠艦上

戦艦三笠艦上

 

 

 

 

 

 

 

JICAの立ち入り禁止地域での車輌整備や潅木除去機の整備には必要である

JICAの立ち入り禁止地域での車輌整備や潅木除去機の整備には必要である

 

 

 

 

立ち入り禁止地域に入るには警備員が必要不可欠である。

国境地帯等のJICAの定めた、中央政府の権限の及ばない立ち入り禁止地域に入るには、警備員が必要不可欠である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフガニスタンの軍閥が保持していた踊るべきソ連製兵器の数々;

 平和な国に育った日本の国に育った皆さんは、軍閥と言っても、満州で生活した日本人以外は、ピンと来ませんので、最近のアフガニスタンの事例で、軍閥の凄さを説明ささていただきます。日本地雷処理を支援する会JAMASの園部明宏さん以下大勢の定年退職した自衛官が一致協力して、国際監視団IOG(International Observer Group )に入り、老骨に鞭打って財閥の武装解除に協力してまいりました。そしてアフガニスタンの軍閥部族長と素手で武装解除の交渉にあたったのが、上述した伊勢崎健二さんです。このような一連の行動を国際貢献用語でDDRと言います。Disarmament, Demobilization and Reintegrationの略語で、兵士や軍閥『武装解除』『動員解除』及び『社会復帰』プログラムのことです。

 この園部宏明さんが、IOG International Observer Group 国際監視団団長を下番直後、カンボジアのバッタンバンで会いました。園部さん、開口一番、『山本賢さんが現役の時に制作した兵器写真識別集がとても役二に立ちましたと元陸上自衛隊の施設学校長の園田さんからお褒めの言葉を頂戴した。

この写真識別集は、元軍閥の国府軍と八路軍軍や匪賊と馬賊の争いの戦訓から生まれたものです。

そして曰く『カンボジアでは、若い女性が、肌をあらわに町を闊歩していますが、アフガニスタンでは、街で女性を見かけることはありません。しかし、治安は、良くありません。昨夜、携帯電話を盗まれてしまいまた。ウカツであった!と。

終戦直後、我々、日本人の子供達は、学校もなく、生きる為、八路軍と国府軍の戦闘中、じゃがいも拾い(農家のじゃがいも収穫た後の落穂ひろいならぬ『おいも拾い』)や馬糞拾い(床暖房オンドルの暖房燃料)や石炭泥棒(石炭輸送する馬車に飛び乗り石炭一個を頂戴する)等をしていました。この様な、戦闘間、銃の発射音識別能力が必要不可欠であることを体得したのです。生活の知恵です。

ところが今の自衛官には、このように、戦場の銃の発射音を識別して、彼我の識別をしたり、銃の識別を能力は、全然ありません。そこで、ソ連軍の銃の音、中国軍の銃の音、北朝鮮軍の銃の音を陸上自衛官にテープと拡声器を応用して戦場体験訓練する音響教材を連隊レベル使用する音響教材を提案しましたが、見事、却下されました。そして、その代わりとして、対抗部隊、甲乙丙の写真識別集を連隊レベルに配布し、対抗部隊の兵器識別教育することに相成った。

ところがである。この時、社会党の村山富一郎総理の時代、『特定の国を指定して訓練教材は、宜しくない・・・・・』と、そしてこの写真識別集には、アメリカやイギリスやフランスの兵器付け加えられました。以下、アフガニスタンでの武装解除兵器を示す。これらの軍閥の持っていた兵器は、ソ連軍から奪ったものや、アヘンを売って得たものです。軍閥等からこの様な兵器を取り上げるのは、お金出して買うか、空爆か戦闘で撃破するしかありません。

ソ連製主力戦車

 

 

自走ロケット覚えておこう『四字熟語』:

 

一罰百戒  【 いちばつひゃくかい 】

One exemplary sever punishment equivalent one hundred times oral admonishments. Punishment for one person sever equal effect for one hundred oral admonishment.

「一罰」 means “One punishment” 

「百戒」 means “One hundred oral admonishment”

 一人の人間を厳しく処罰することは、百回もの口頭での「戒め」や「口頭での注意」と同じ効果がある。

 

狂喜乱舞  【 きょうきらんぶ 】

Lots of people assemble together and crazy dancing wildly with full of joy.

「狂喜」 means “Crazy dancing with full of joy” 

「乱舞」 means “Dancing wildly ”

 大喜びして、非常に喜んで

 

三顧之礼  【 さんこのれい 】

In case of hire able person such as able military adviser etc. needs three times superior courtesy call or visits to military adviser house by one-self and/or dispatching his high ranking officials three times.

「三顧」 means “Tree times visit”

「之」 means “of” 

「礼」 means “Bow”

 目上の人が礼を尽くして軍師や人材を迎え入れること。事例;諸葛亮を軍師として迎えるため、三回家に訪問した。

More detail comment : Emperor Riyubi 【劉備】 of China want to have able and good military adviser whose name was Shokatukoumei 【諸葛孔明】. Emperor Riyubi ordered his men to visit Shokatukoumei residence three times with good condition. Shokatukomei accepted the proposal, because China’s etiquette is two times request turn down allowable but three time request must be accept. Because of three times request rejection very impolite.

  

多連装ロケット砲三十六計  【 さんじゅうろっけい 】

Run away tactics is the best tactics of all 36 tactics. He who chose this running away tactics is to prepare fighting for another day. It is better to have “Wings for run away” than to have “Horns to fighting against enemy” 

「三十六」 means “Thirty six”

「計」 means “Plot” 

 

 目『三十六策、走ぐるを上計(策)と為す』即ち、非常時や、勝ち目が無いのであれば、戦術は、逃げるが勝ち!36回の退却は、残りの日の為に備えるためである。戦う為の『角』より、逃げる為の『翼』の方が良い。

 

上意下達  【 じょういかたつ 】

Original meaning is lord intention and order deliver to subordinate. Deliver the order or instructions of leader from top to their subordinates. The intentions and orders are pas down from the top to down, so call “Top-down system”

「上意」 means “Top’s intention”

「下達」 means “To reach lower class” 

 上位部の命令や指示や意図を下位の者に伝え、徹底すること。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

随喜之涙  【 ずいきのなみだ 】

Shed lot of tears with joys, it is almost weeping by seeing or hearing of good conducts, which is the same tears believer taught by Buddhist doctrine at Temple.

「随喜」 means “Become believer shed full of tears with joy ”

「之」 means “of” 

「涙」 means “Tear”

 有難い仏の教えを聞いて、感動し、喜びの余り、出す涙のこと。

 

雪隠饅頭  【 せつちんまんじゅう 】

“Eating a sweet cake in toilet alone” which mean to do something for own private interest or profit hiding ordinary bulling people eyes.

「雪陰」 means “Inside toilet” 

「饅頭」 means “Sweet cake”

 いじめ防止の為に、便所でこっそりと隠れて饅頭を食べる。人に隠れて、こっそりと自分だけ良い思いをすること。

BMP装甲歩兵戦戦闘車 

造反有理  【 ぞうはんゆうり 】

“Making a rebellion have a reasonable reason. Person against the Establishment and land owner has reason. This is the slogan of Red army phrase by the speech of Mao-Tse-tung in China.

「造反」 means “Making a rebellion ” 

「有理」 means “Has a reason”

 体制に反抗することは、それなりに理由がある。

 

土豪劣紳  【 どごうれっし 】

“Big landowner collusion with corrupted bureaucrat exploit the people property at will. Disgraceful dirty gentleman who collaborate with government official, and make a big fortune.  

「土豪」 means “Big landowner” 

「劣士」 means “Dirty gentleman”

 官僚と結託して人民の財産等を搾取する地方の残酷な大地主や資本家のこと。

 

スカッド・ミサイル面目躍如  【 めんぼくやくじょ 】

Prestige and honor are approved by the public and then gets good reputation by friends and people. Public prestige and reputation and dignity are very good.

「面目」 means “Prestige and honor” 

「躍如」 means “Vividly with alive ”

 世間から受ける評判や対面が、いかにも、その人らしく、もっともなことであると感じられる、言動に表れること。世間の評価にふさわしい挙動。

 

輜重輸卒  【 しちょうゆそつ 】

Logistician of Imperial Army whose mission is repair weapons and transport goods.  

「輜重」 means “Logistician and mechanics ” 

「輸卒」 means “Transportation soldiers”

 旧陸軍の兵站支援要員。特に、車両の整備や、輸送科職種の隊員。

 

面目躍如  【 めんもくやくじょ 】      

Prestige and honor are approved by the public and then gets good reputation by friends and people. To keep public prestige and reputation and dignity are very good.

ANA「面目」 means “ Prestige and honor ”

「躍如」 means “ Vividly with alive ”

 世間から受ける評判や対面が、いかにも、その人らしく、もっともなことであると感じられ、言動にも表れること。世間の評価にふさわしい挙動。

 

自画自賛  【 じがじさん 】            

“My painted picture is the best of all pictures in the world” That is “Blow one’s own horn or trumpet” which mean “Every potter praises his own pot” The original meaning come from “Draw-up picture and comments on it by other commentator, but later years write comment on it by painter themselves. This picture is very good”

「自画」 means “ Picture painted myself ”

「自賛」 means “ Prize one-self ”

 人が褒めてくれる前に、自分で、自分を褒め称えること。本来の意味は、その昔、『絵を書く絵師』とその絵に『コメントを描く作業』は、別々の人が行っていました。それが、絵師一人で字も書くことになった。

 

 

 

 

JMASの西元会長、アフガニスタンの新国防軍Afghanistan National Army 【ANA】の視察及びワルダック国防相を表敬訪問。

カンボジア軍シン中佐 

このDDR作戦には、カンボジア王国軍情報部のリアサイ・シン大佐も参加した。( 山本賢 の手前の若者 )シン中佐は、陸上自衛隊のAGSの卒業生でもあり、入校間の身元保証人は、JMASの土井義尚理事長であった。AGS卒業後は、大佐に昇任JMASに所属すると共に、国際監視団IOG;International Obsever Groupの一員として、大活躍。

このシン中佐は、戦車中隊長としてソ連製戦車に乗り、ポルポト軍を撃破した経歴の持ち主でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 シン大佐がアフガニスタンで園部さんの右腕として活躍した後、カンボジア陸軍は、南スダンに国際貢献専門部隊を、日本に先駆けて(2年前)派遣した。

 

 

ソ連製主力戦車T54/55

いざ南スーダンへ、元気溌剌。

いざ南スーダンへ、元気溌剌。

 

英語de軍事『四字熟語』Vol.22

山本賢

JMASのバッチとグローブ&アンカーのバツチ付けて

JMASのバッチとグローブ&アンカーのバツチ付けて

こんにちは、山本賢です        

◎ 『五輪エンブレム』と『JMASのマーク』

最近、東京オリンピック大会のロゴマークが、華々しく、鳴り物入りで一般公開された。この直後のことである。ベルキーの某デザイナーから、『東京オリンピック大会のロゴマーク』は、我社のエンブレムの盗作だとクレームが付いた。見比べてみると、瓜二つの部分がある。パックタと言われても申し訳出来ない。少々ウカツであった。

不肖、山本は、10年前、㈱特許デイターセンターやJAPIO〔特許庁〕の軍事特許の翻訳をし、抄録作りのお仕事をしていた。これは、軍事特許が、『誤って』若しくは『故意に』提出・認可されないようにする為のものである。国連で『対人地雷禁止条約』可決した途端に、この条約をかいくぐる為の『地雷製造特許』が出てきた。、

一方、国会では、『安保論争』で、『邦人救助』問題で、邦人が乗艦している、アメリカの艦船が、攻撃を受けた際に、海上自衛隊がこれを防護する為の攻撃が日本国憲法で許されるか、否かの論戦が繰り広がれている。戦後、70年を記念して安倍晋三総理には,『安保関連法案』を可決して欲しいと心より思っております。

不肖、山本は、満州国のハルピンで生まれ、終戦後、ソ満国境から、命からがら、避難民として引き揚げて来た者であり、この『邦人救助』の法律は、『戦後70年の節目に当たり』是非、参議院でも可決して、戴きたいと心より思っています。 思い起こせば、70年前、命からがら、囚人部隊を最前線に立て侵攻するソ連軍〔督戦隊に指揮された囚人部隊〕、軍規なき国府軍〔蒋介石軍〕と八路軍〔毛沢東の率いる中共軍〕の間を、『右往左往』中国大陸を、命からがら逃げ回って、やっとのことで大連港より帰国した『避難民』引揚経験者でしか、邦人救出の深刻性について、分かっていただけない問題であると思っております。 当時、満州国は、『王道楽土』と『五族共和』を合言葉とし、治安は、関東軍によって確保されていた。この関東軍がソ連軍により武装解除された途端、無政府状態となり、馬賊や匪賊が『横行跋扈』するように相成った。ソ連軍の略奪と八路軍と国府軍内戦と『馬賊と匪賊』の三つ巴の戦いであった。

不肖山本賢は、沖縄復帰直後、沖縄の第一混成団に勤務したことがある。職務は、特別不発弾処理隊の副隊長と、桑江団長の通訳である。副隊長と渉外幹部の兼務である。 米軍の将兵からは、『お前は、副隊長と通訳業務を兼務している。さぞかし、沢山の給与をもらっているに相違ない・・・・・・・』と言われていた。その実、反対に、支給されるお金が減ってしまうのである。 山本賢、答えて曰く『陸上自衛隊の規則では、危険な不発弾処理を実施した場合には、危険手当・8千五百円と旅費手当て千円の合計、一日あたり、9千五百円が出ますが、団長の通訳を実施したりしたが、一切お手当てが付きません。従って、仕事を『一生懸命』にすると減俸です。 この時、特別不発弾処理隊と米海兵隊の不発弾処理隊の交換教育をすることが、日米両方の現場から持ち上がった。 米海兵隊の二度に渡る不発弾処理事故の対策を取る必要性があった。立て続けに不発弾処理事故が起きたのである。1回は、『即死2名、重軽傷者4名の大事故』が起きた。 自衛隊の不発弾処理隊側には、アメリカから購入した遠隔操作で火薬の叱らで爆弾の信管を外す『リモート・レンチ』の使用方法を、海兵隊の不発弾処理隊員から習う必要があった。YS『Yama Sakura』共同訓練が始まる前のことである。 もともと陸上自衛隊の不発弾処理技術は、米軍から教えてもらったものであり、陸上自衛隊が米軍に教える技術は、何も無かった。 そこで、当時、全学連『赤軍派』等の日本の頭脳の粋を集めて作成された『料理の本』;〔私製爆発の製造方法のマニュアル〕警察庁が押収したものを英訳して教範として教育することになった。同時に、沖縄復帰直前、中国化薬KKに一年間研修に行った際に、取得した火薬類製造保安責任者や火薬類取扱者の知識を活かして、火薬類取扱安全管理を実施した。これを『自画自賛』という。

そして、不肖山本は、沖縄での勤務を下番することになった。瑞慶覧にある在沖米海兵隊司令部のG-2/3部長にご挨拶に行った。G-2/3の事務室には、毎週、不発弾爆破処理場の使用申請作業に訪れていた場所である。 この時、G-2/3部長から、『メジャー山本からは、大変お世話になった』と言って、机の引き出しから、星条旗と『グローブ&アンカー』(地球儀と錨)のバッチを取り出し、記念品だと言って、私にくれた。そして、この時、こんなことを言った『山本少佐が、日本を離れて、治安の悪い外国に行って災難に遭遇した際、このバッチを着けている限り、海兵隊員は、米国国民と同等に貴官を助けます』と。 このようなことで、カンボジアでJMASを立ち上げる際、この海兵隊のバッチを『自衛隊の不発弾処理技能章』バッチと『陸上自衛隊が初めてカンボジアで国際貢献』した時、自衛隊が制作したバジを身につけてカンボジアに赴任した。この国際貢献バッジは、隊員の餅つき代金;四万円也を寄付した際に頂いたものである。当時、カンボジアにいた石本由美さん〔日本大使館勤務〕から、お餅を美味しく頂きましたと言われて、とても嬉しかった。

USMC emblem Eagle Globe and Anchor 

USMC emblem Eagle Globe and Anchor

JMASのマーク 土井和尚JMASを立ち上げた土井義尚さんから作業指示のE-mailが来た。東京都にNGO申請するから、『ロゴマーク』を大至急作れ!期間は、1週間以内!と。 不肖、山本は、愛知県の新城高校では、柔道部と化学部と絵画部に所属していた。絵画部では、アルバイトとして絵画の先生の指導を受けてネクタイのデザインのアルバイトなぞをしたこともがあった。この時、絵画部の先生から、何が『盗作』であり、そうでないかを厳しく指導をうけた。この様なこともあり、喜んで『ロゴマーク』の製作に当たった。 すかさず、迷うことなく、大好きな米海兵隊のロゴマークの『グローブ&アンカー』を利用することにした。錨の代わりに『地雷』しようかとも思ったが、多くの地雷除去NGOやカンボジアのCMACも『対人地雷』の図を取り入れているので、ありふれているので止めた。そして、沖縄で、海兵隊員と共に不発弾処理をしたことを思い出し、不肖山本の大好きな、海兵隊の徽章USMC emblem Eagle Globe and Anchorの図案を参考とした。Eagleの代わりのJMAS、Anchorの代わりに『迫撃砲弾』とした。そして、米国がかつて日本を含め諸外国に支援物資を送る際に使用していた『ロゴマーク』の握手の図案、発展途上国の人々共に手を携えて行こうとの図案にJMASの略語を加えた図案を東京にいる土井さんのところにE-mailで伝送した。 土井さんからすぐに、返事が来た。JMASは、Jが赤字で『日の丸』を表し、握手は『合掌』とする。流石、永平寺の僧侶、『面目躍如』のJMASであった。そしてブルーの字でEODと一番下に書かれていた。つまり、とりあえずは、4~5名の少ない人員で実施することの出来るEOD Explosive Ordinance Disposal ;不発弾処理で行くと。

このJMASのロゴマークが出来上がった半年後のことである。アメリカ合衆国のブッシュ大統領が『Marine Corps One ; 大統領海兵隊専用ヘリ』に搭乗する際、在沖海兵隊のG‐2/3部長に頂いた海兵隊バッチを付けていいたのを宿泊していたホテルのTVを見て、単細胞の山本は、感激し、嬉しさ一杯であった。〔山本賢の左胸のバッチ〕をブッシュ大統領が付けていたのである。そして、沖縄の瑞慶覧の在沖海兵隊G-2/3部長の『山本少佐、このバッチを着けている限り、”Once a marine, always marine”,『同じ釜の飯食った仲間』として、あなたを助けます」と。

このロゴマークを制作し使用して十余年、未だかって、米海兵隊の徽章をパクッタと言われたことはない。このJMASのロゴマーク制作中に『ピース・ボード』の隊員の方から、迫撃砲弾の弾頭の先が『ソ連のモスコーに向かっている』との思いもよらぬ指摘があって、即修正をして『迫撃砲弾』の図案を大きくした。

 

覚えておこう『四字熟語』:

一生懸命  【 いつしょうけんめい 】 Original meaning is “To defending the land where allocated from my lord from enemy attack with one’s life” which means do one’s best to do something with whole heartedly. Dedicate one’s life to complicate hard task with earnestly. 「一生」 means “One’s whole life”  「懸命」 means “Risk one’s life” ※ 本来の意味は『主君から与えられた土地を命かけて守ること』。ものごとに、ひたすら、命がけで、真剣に、取り込むこと。

右往左往  【 うおうさおう 】 Lots of people one times go to the right direction another times go to the left direction without no policy at all. Utterly confusion which direction must to go, right or left. That is no order at all 「右往」 means “Go to right”  「左往」 means “Go to left” ※ ある時は、右に行ったり、またある時は、左に行ったり、混乱している様。まるで火事場のように大混乱しているありさま。

横行跋扈  【 うおこうばっこ 】 Bad man rampant with swagger here and there by jumping out the restrictions at will. 「横行」 means “Rampant at will”  「跋扈」 means “Go over fish trap, that is jumping out restrictions” ※ 悪人どもが、のさばり、歩き回り、わがもの顔で、勝って気ままに悪事をすること。

王道楽土  【 うおどうらくど 】 Peaceful country where ruled by the perfect virtue of Emperor with full of sympathy and good politics and easy to live for weak people by Confucianism. That is Manchu-cho country for 5 tribes Chinese, Mongolian, Korean and Japanese with happy. 「王道」 means “Royal statesmanship”  「楽土」 means “Good and peaceful country to live” ※ 孔子が唱えた儒教が理想とする国で、為政者は、武力ではなく、『徳と仁』を持って、政治を実施し、統治された平和な国。

五族共和  【 ごぞくきょうわ 】 Five tribes live together with happy and harmony as one family that is Manchu-cho which is consist of Chinese, Korean, Mongolian, Manchu-cho and Japanese where ruled by the perfect virtue of Emperor with full of sympathy and good politics and easy to live for weak people by Confucianism. That is Manchu-cho country for 5 tribes Chinese, Mongolian, Korean and Japanese with happy. . 「五族」 means “Five tribes ”  「共和」 means “Good and peaceful country to live” ※ 人類皆兄弟。中国人、朝鮮人、蒙古人、満人、日本人が皇帝溥儀の下で、共に仲良く暮らし、『王道楽土の国』を建国すことです。

面目躍如  【 めんもくやくじょ 】 Prestige and honor are approved by the public and then gets good reputation by friends and people. To keep public prestige and reputation and dignity are very good. 「面目」 means “ Prestige and honor ” 「躍如」 means “ Vividly with alive ” ※ 世間から受ける評判や対面が、いかにも、その人らしく、もっともなことであると感じられ、言動にも表れること。世間の評価にふさわしい挙動。

自画自賛  【 じがじさん 】 “My painted picture is the best of all pictures in the world” That is “Blow one’s own horn or trumpet” which mean “Every potter praises his own pot” The original meaning come from “Draw-up picture and comments on it by other commentator, but later years write comment on it by painter themselves. This picture is very good” 「自画」 means “ Picture painted myself ” 「自賛」 means “ Prize one-self ” ※ 人が褒めてくれる前に、自分で、自分を褒め称えること。本来の意味は、その昔、『絵を書く絵師』とその絵に『コメントを描く作業』は、別々の人が行っていました。それが、絵師一人で字も書くことになった。

英語de軍事『四字熟語』Vol.21

安倍晋三総理の『泣斬馬謖』&『焚書坑儒』山本賢

 6月25日、自民党の安倍晋三総理の側近の若手議員の有志が30数名が集まっての勉強会が開かれた。その席で、講師として招かれた著名な作家の百田尚樹先生が少々過激な講話をした。講師の講話の後、質疑応答が行われた。よくある講話のパターンである。講師の講話内容にいたく感動した若手の一議員部が、『沖縄のマスコミ報道は、偏向している!・・・・・・・・。おかしい!お仕置きをしなければ』と過激な発言をした。『付和雷同』の議員さん達、『沖縄のマスコミは、偏向している!』。『沖縄の二大偏向新聞社をぶつぶせ!』と。そして『諸悪の根源沖縄タイムズと琉球新報を懲らしめるべし!それには、これらの新聞社を兵糧攻めが最良の戦術である。広告を出さないよう経団連にお願いしょう・・・・・』ということに相成った。これを『軽挙妄動』という。この『軽挙妄動』と『付和雷同』は、大和民族の特徴でもある。

 

CMACの地雷探知犬曰く;日本の新聞記者の皆さん格好の良い勇ましい記事を書いて下さいネ!偏向記事はダメですよ。ハイ!ポーズ!

CMACの地雷探知犬曰く;日本の新聞記者の皆さん格好の良い勇ましい記事を書いて下さいネ!偏向記事はダメですよ。ハイ!ポーズ!

この一連の発言内容がリークされてしまった。日本中の全マスコミは、『明日は、我が身』とばかり、全マスコミは、この議員達の暴言を『許せん!』と各社一斉にこの自民党議員の批判の報道をした。

 当時、『安全保障』国会で、激動する国際環境変化に対応の出来る理論武装皆無の野党は、安倍政権を攻めあぐねていた。『国の安全保障問題の討議が大好きで、『日本安全保障及び危機管理学会』の特別顧問にもなった安倍晋三総理や防衛大学卒で元自衛官でもあった中谷元防衛大臣に対して、国防について不勉強な野党議員は、安全保障問題の論戦に苦慮していた。『渡りに舟』この不祥事を利用して、安倍政権を『マスコミの艦砲射撃』の支援を受けて蒙攻撃した。上述の『日本安全保障及び危機管理学会』とは、筆者の防衛大学同期生#6の二見宣さんが立ち上げたNGOである。危機管理の教育・研究をするNGOである。このNGOには、みんなの等の渡辺美智雄党首が君臨していたが、安倍晋三総理、中谷元防衛大臣、お髭の隊長佐藤正久衆議院議員等大勢の国防の第一人者が集まってきた。

  『天佑神助』、上述した『自民党の一部の過激派議員の不用意な発言に、待っていましたとばかり、全野党の議員が、この絶好の攻撃材料に飛びついた。そして総反撃に出た。そして『喜色満面』口を尖らせて、安倍総理を厳しく攻撃した元『ピース・ボード』の民主党美人女性議員辻本晴美氏もいた。

 そして、この単細胞若手議員達による『沖縄マスコミ攻撃』は、安全保障法案成立に奮戦努力している自衛隊の最高指揮官の安倍総理を、背後から撃ったに等しい・・・・・・と、面白おかしく報道したテレビ評論家も多々いた。この一連の報道を不肖山本は、『興味津津』、新聞やテレビで見ていて、沖縄タイムスと琉球新報の二大マスコミやTV放送局のことを懐かしく思い出した。

 不肖山本は、沖縄復帰直後、沖縄で第一混成団の特別不発弾処理隊の副隊長兼団長通訳をしていた。ある時、厚生省主催の遺骨収集事業の支援を実施したことがあった。この遺骨収集支援は、二回に渡り実施され、合計5ヶ月で3,632発の不発弾を処理した。

 この遺骨収集現場指揮官として、参議院議員、国防族のお髭の隊長『佐藤正久志』さんと同じような立派なお髭を生やした後方支援隊の村松三佐が現場指揮官となり、厚生省のお金雇った学生アルバイトや地元の住民及び普通職種の自衛隊員を指揮して遺骨収集事業を実施した。不肖山本もほんの少しの期間ではあるがこの事業に参加したことがある。

 当時、特別不発弾処理隊は、不発弾処理の緊急要請があった場合に、少しでも早く現場に行けるようにと、自衛隊の正門の横の二階にいた。そして、お便所は、普通科連隊隊員の居室を通って、お便所を使わせて頂いていた。普通科隊員曰く『不発弾処理隊員の人が羨ましいです。遺骨収集作業に、報道陣やカメラマンの方々が来ますが、我々は新聞やTVに出たことが、一度もありません・・・』と。

 沖縄の旧陸軍の洞窟陣地や『ガマ』の遺骨収集は、まづ一番始めに、我々不発弾処理の隊員が不発弾の回収を実施した後に、一般の遺骨収集作業員が遺骨収集に当たる。場所によっては『毒ガスの検知』をすることもある。要するに安全を確認した後に、遺骨収集作業を実施するのである。

 ある時、不肖山本が、不発弾偵察の為に、一番先に深いガマの穴にビョンと飛び降りた。『仰天動地』、否『吃驚仰天』、そこに大きな『ハブ』がいた。次の瞬間、不肖山本は、自分の背より高い洞窟の穴から飛び上がって、深い穴の外に出た。立会していた担当の沖縄総合事務局の職員曰く『山本さん、ハブは、自衛隊と同じ専守防衛の生き物です、山本さんが攻撃しない限り、ハブ噛み付きません』と。そして、沖縄の珊瑚礁に生息する『ウミヘビ』同じです。インドのコブラ以上の猛毒を持ち、好奇心旺盛で『ダイバー』に近づいて来ますが、ハブと同様、攻撃しない限り、攻撃して来ません。

 この遺骨収集事業は、炎天下で行われ、地元のマスコミにも盛んにとりあげられた。しかし、自衛隊の作業員のことは一切とりあげられなかったし、沖縄の二大新聞には、自衛官の写真は、写っていなかった。新聞に書かれている記事は、くる日も、くる日も、厚生省の雇用した作業員のみ。ついに村松三佐がキレタ!。新聞記者に対して『あなたがたのカメラは、自衛官が映らないフイルムを使用しているのか!??』と文句を言った。この時、カメラマン達は、一言もいわなかった。

 それから数日後のことである。友松三佐の写真が、一面トップでデカデカと出た。何と友松さんが、回収した不発弾の傍で『火気厳禁』と書かれた空の爆薬・弾薬箱にドッカリと腰を下ろして、美味しそうにタバコをふかして休んでいるアップの姿がデカデカと掲載された。一方、学生や地元住民の作業員が、汗を流している写真も多く掲載されていた。

 この新聞の写真を見て、徳久第一混成団長は、友松3佐を呼びつけて、烈火のごとく怒った。『友松!お前は、遺骨収集支援で、一体全体、何をしとるのか!・・』と。

 不肖山本は、地元住民を避難させ、道路の通行規制をした上での大型爆弾の信管離脱等には、常にマスコミ、特にカメラマンの要求に最大限に応じていた。少しでも、格好の良い、勇ましい記事を書いて頂こうとの、淋しい、下心である。また同時に、自衛隊の広報でもあると思って、沖縄のマスコミに最大限協力してきた。

 ある時、住民を非難させ、交通を遮断し、250kg爆弾の信管を抜き取り、トラックに積み込み、保定が終わった後、出発しようとした時、TVカメラマンとマスコミ取材班が来た。山本曰く、『もう信管離脱作業が終わり、帰るところです』と。時間に遅れて取材来たカメラマンが言いました。『山本さん、何とかならないでしょうか?』。山本曰く『私目に、おまかせ下さい』と。

 部下に命じて、信管を抜き取った積載済みの爆弾をクレーンで吊り降ろしました。カメラクルーは、これを撮影し、周囲の風景を撮影して帰りました。 その夜、官舎でテレビを見ました。このテレビの取材が最も迫力があり、上出来でした。テレビのナレーション曰く、『不発爆弾の付近には、全員避難して、人っ子一人いりません・・・・』。当たり前である。爆弾の処理が終わったので全員現場から帰ってしまつた。他のテレビ・放送と比べてこの遅刻して取材に来たテレビクルーの放送がダントツに良かったのです。

 そしてこの沖縄タイムスと琉球新報の件で、報道の自由を冒涜するものであると、マスコミや野党の厳しい追求に会い、安倍晋三総理は、『報道機関を懲らしめよ!』とする同士の大西英男衆議院を厳重注意処分とした。

戦艦三笠艦上

戦艦三笠艦上

 安倍総理の心境は、『日本国ノ興廃 本国会ノ安保法案ノ通過に在り、自民・公明の各員、一層、奮励努力セヨ!』、『本期間、天気晴朗ナレドモ、波高シ』と、日本海開戦での東郷平八郎宜しく、野党艦隊との論戦で相手を撃破しようとしていた、やさきの大ハプニングである。

 この事件は、国会での論戦で、総理が最前線で戦で戦っているところを、いきなり背後から、射撃に会ったようなものである。そして、野党の議員の厳しい追求もこれあり、安倍総理は、最も信頼の於ける同士の処分をせざるを得ない立場となってしまつたのである。まさに、安倍晋三総理は、三国誌でお馴染みの名軍師、諸葛孔明の心境で大西議員を罰したと単細胞の山本は、勝手に思っている。まさに現代版三国誌の『泣斬馬謖』である。

  私は、今回、話題となった沖縄タイムスも琉球新報も偏向的な記事を書く新聞であり、上述した『ハブ』や『ウミヘビ』のような猛毒の記事『反自衛隊・反米軍記事』を書く新聞であると、勝手に思っている。これは、沖縄の過酷な歴史を考えると、当然であり、やもえないことであると、自分の拙い下記のような経験から思うようになりました。

 満州国のハルピンで生まれ、ソ満国境で終戦を迎え、露助の兵隊に腕時計を巻き上げられた経験や、蒋介石率いる『国府軍』や毛沢東率いる『八路軍』の戦火を逃れて、命からがら、内地に帰国して来ました。これは、筆舌に表せない経験です。沖縄のマスコミの方々も、私と同じような経験を、『沖縄戦で経験して来たので、白いものを黒いと思い、これを堂々と主張しているのです』のです。広島県の江田島にある中国化薬で一年間、火薬や爆薬の製造方法を研修して、通産大臣から『製造保安管理者』のお免状を頂いた、直後に沖縄に、赴任したのですが、当初、沖縄タイムスや琉球新報の偏向ぶりは『仰天動地』でしたが、すぐにフアンになってしまいました。

 琉球新報の記者だったと思いますが,『沖縄戦の記事を地下壕で発行し続け、5月25日まで取材活動を続けた『その後の発行を願って『ガマ』の中に再開を期して印刷機を隠して、撤退した・・・・』と砲弾弾雨の戦況下でも新聞を発行して来たと言わたことをいまでも覚えています。沖縄のマスコミ人は、本土の薄ペラなマスコミと異なり、過酷で厳しい戦闘体験から来たものです。

 単細胞の山本は、沖縄に着任直後は、琉球新報も沖縄タイムスも偏見新聞であると、悲憤慷慨したものの、半年も過ぎない間に洗脳され、良い新聞だと思いました。彼らの、反自衛隊や嫌米軍の主張には、『造反有理』、かれらの心情には、共感するところ多々ありました。不肖山本の『ソ連軍に対する憎悪』と『中国に対する憎悪』と同じだと思いました。そして、沖縄ならではの良い記事を書く新聞でもあると現在でも思っております。『沖縄新報』の記者達は、本土のマスコミの皆さんとは、過酷な戦闘体験の精神が受け継がれているのです。本土の新聞記者とは、異なります。

 例えば、琉球新報の琉球大学教授の太田昌秀教授〔後に沖縄県知事〕が書かれた記事、『これが沖縄戦だ33年忌』の129回+シリーズ?は、とても良い記事であり、全て切り抜いて、スクラップ・ホルダーにして保管している。この琉球新報の記事は、沖縄から持って帰り、本棚に於いてある。今でも時々、見ることがあります。

 沖縄のマスコミ批判の急先鋒の大西英男衆議院議員達は、沖縄の『ハブ』と『ウミヘビ』を攻撃したために、噛まれてしまったと思っおります。また、スクラップを見ていただければ、沖縄マスコミ批判は、一夜にして、無くなり、賞賛者になるものと思っています。

 この現代版『泣斬馬謖』には、後日談がある。何と、安倍晋三総理が名誉会長となっている二見宣さんが立ち上げたNGO『日本安全保障・危機管理学会』が核シェルター建設企業とつるんで、三つ巴で悪だぐみをしているという流言飛語の噂まで出てきたのである。驚きである。流言飛語の大元は、Access Journal誌の山岡俊介さんの記事『安倍首相が名誉会長のー安全保障・危機管理学会に関する重大の記事のようである。読んでみて、さすが辣腕ジャナリストだと思った。そして、安倍晋三総理と二見宣の大きな写真が載っていた。そして二見さんの輝かしい経歴も事細かく調べ上げて書いてあった。同期の親友の山本知らないような、輝かしい経歴まで書いてあり、さすが腕利きのジャーナリストであると思った。そしてパシコン〔パシフィック・コンサルタント・インターナショナル〕の記事もこれあり、ベトナム当時、ラオス王国陸軍兵曹長でベトコンの捕虜となった方とCMAC〔カンボジア地雷除去活動センター〕で働いた竹森英治さんのことを懐かしく思い出した。

16073

16072 不肖山本は、JICAやJMASに勤務している頃、核シェルターの講話を議員会館まで聞きに何度か行ったことはありますが、当時の『日本安全保障・危機管理学会』の顧問は、みんなの党の渡邉党首であり、安倍総理は、ありませんでした。

 右の安倍晋三総理と二見宣男『安全保障・危機管理学会理事長』の写真は、アクセス ジャーナル誌より引用致しました。

 

不肖、山本はJICAの専門家として、カンボジアのCMAC;地雷除去活動センターに4年間勤務したことがある。地雷に造詣の深い山口那津男公明党党首を除き、連休ともなると、物見遊山で『地雷原や地雷除去活動をご視察に来られた』

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

山口議員曰く『先週アフガニスタンに行ってきました。来週は、カンボジアのCMACに行きます・・・』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 不肖山本は、喜んで、見学者を現地にご案内させて頂いた。この際、その地域を管理するDU地区部隊長と調整をする。この調整電話で必ず聞かれることがある。『報道陣を呼びますか?否か?』

カンボジアのTVは、日本のNHKの様に全国ネットになっていなく、地方毎に、独立している。マスコミを呼ぶと1人当たり20$~30$コッソと内緒で渡す。そして一緒に会食もをする。この会食も支払う。これがカンボジア流マスコミ対処術である。

 ある時、JMASの理事の池田さんが、地雷原でのCMACの処理現場を見たいと言ってきた。そして電話でDU地区隊長と調整した。相手は『偉い人ですか・?』と質問したので、『そうです』と電話で答えた。

 当日、JMASの池田さんを現地にご案内した際、池田さんが『山本さん、テレビ・カメラマン来ている。誰か偉い方が、来られるのですか?』と質問された。山本答えて曰く『池田さんを取材に来たのです』と。

 そして、インタビューが撮影された。クメール語から、英語へ、英語から日本語のインタービュでした。そして会食をした。池田さんは、辛い料理が大好きだと言った。CMACの職員やカメラマンは、その料理パクパク食べているのに、池田全然は、全然たべていない。私は、気になって、池田さんに『お体でも悪いのですか?』と質問したら『辛くて食べられない』とのことでした。

 カンボジアのCMACには、国会議員の他に、大学の教授やグリンピースの若いお嬢さん達が見学に来た。特に、英国のダイアナ王妃が『ヘルメットを被り、プロテクターを身に付け、髑髏マークの地雷原危険表示ボートが乱立する、アンゴラの地雷原の中を、HALO Trustのロゴマーク付きのプロテクターを見に付け、さっそうと歩いている姿』をマスコミが紹介した。マスコミの力恐るべし、これ以降、若い女性がダイアナ王妃にあやかりたいとばかり、大勢のピース・ボードの方々が、カンボジアのCMACに見学に来た。

ダイアナ王妃、バイザー付きヘルメットを被り、HALO trustのプロテクターを付けアンゴラの地雷原を颯爽と歩く

ダイアナ王妃、バイザー付きヘルメットを被り、HALO trustのプロテクターを付けアンゴラの地雷原を颯爽と歩く

 私と同じく、JICAのIT専門家としてCMACに派遣された藤本誠さんの依頼で、日曜日に、海外青年協力隊隊員JVCやピース・ボードのお嬢さん達に、地雷処理のブリーフィングしたり『地雷や不発弾標本展示室』で展示説明をしたことがあった。その席で『山本さんは、何故、不発弾や地雷のことが詳しいのですか???ピスボードには、地雷の教官がいますが、山本さんのように詳しくは、ありません』と。山本、答えて曰く『ハイ!私は、沖縄で不発弾処理をしたり、武器学校で武器弾薬を教える教官なぞをしておりました。そして、定年退官後は、8年間も弾薬や地雷を造る会社の工務課長をしていました』と。この若いお嬢さん達、異口同音、『人殺しを教える学校』の先生をしておられたのですか!』と目を丸めた。 山本、笑顔で答えて曰く『その通りです!』と。日教組の学校教育恐るべし。

 不肖山本は、鯨類研究所の依頼で『鯨に苦痛を与えない殺し方について研究』をしたことがあります。結論;『鯨を仕留めるのも、戦車を撃破する方法と同じ、パンコロが良い!』。彼女達、『異口同音』可愛い鯨を殺すとは、誠にケシカランと眉を釣り上げた。不肖山本は、『軍艦島』が世界遺産に登録された昨今、日本の固有の歴史ある捕鯨捕鯨事業やイルカの追い込み漁を『世界遺産』にして欲しいと思っています。

 この藤本誠さん、若い頃、このお嬢さん達と同じようにJICAの青年海外協力隊でアフリカや中東で汗水流して活躍された方であり、現在JICAのIT専門家として、地雷を処理するCMACに勤務している。彼女たちの『希望の星』でもあつた。そしてこのホームページも藤本さんが設計したものであり、巻頭の赤いベレー帽を被ったマスコットも、藤本さんのお友達『マグナム』さんに作って頂いたものである。この藤本誠さん、沖縄でJICAのお仕事を実施している。

 フンセン首相が日本の地雷機材等の贈呈式”Donation Ceremony”には山ほどのカメラマン集まつてくる。このような中で写真を取るのは至難の技である。フンセン首相防大#6期のアルバム委員会の委員で行軍中もカメラを携行して大変でしたが。CMACの勤務では、フンセン首相やジャキーチエン国連地雷大使の写真を撮るのには、大勢のマスコミ・カメラマンと競合して写真を取ることに大変苦労をしました。

F-4地雷探知機を手に笑顔のフンセン首相

F-4地雷探知機を手に笑顔のフンセン首相

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この一連のマスコミ騒動の決論として、Japan Times (2015, 7,4)は、次の様に報道している。

Abe says sorry for loyalists remarks;

Prime minster Shinzo Abe apologized Friday for remarks made last week by members of his Liberal Democratic Party who called for pressure to be applied to media organizations that report critically on his administration’s legislation.

何やら、一見、おとなしく謝っているように見える。そして、安倍総理の次の手段は、孫子の兵法の『処女脱兎』の如く『安保法案』めがけて、猫まっしぐら・・・・・・・・の如く、『安保法案』成立めがけてまっしぐら。頑張って下さいネ。

 野党議員の皆様方、安倍総理の高等戦術に対抗する為に、是非、山本賢の『孫子の兵法』 ― 〔中国語・日本語・英語〕版 Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War    (財) 自衛隊援護協会  ¥ 3,000  661頁 をお読み下さい。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 

覚えておこう『四字熟語』: 

 

異口同音  【 いくどうおん 】

Lots of people unanimously speak out same opinion, that is “Speak out same thing from different mouth unanimously”  

「異口」 means “ Different mouth ” 

「同音」 means “ Same sound ”

 大勢の人々が、それぞれ口は異なれども、まったく同じ事を言う。口をそろえて、同じことを言こと。

 

喜色満面  【 きしょくまんめん 】

Full of smile or beam face with full of  joy and happiness.

「喜色」 means “ Full of joy ” 

「満面」 means “ Hall face ”

 喜びが、顔全体にあふれ出ている。嬉しさで顔全体が輝いていること。

 

泣斬馬謖  【 きゅざんばしょく 】

To maintain law and order of force, top  commander must be strict punishments to his most trusted subordinate regardless of personal feeling, in case of illegal operation including chop off subordinate head with weeping. 

「泣斬」 means “ Chop off head with weeping ” 

「馬謖」 means “ Commanding General Bashoku, from three Kingdoms in China”

 『泣いて馬謖を斬る』。つまり、大きな目的のためには、たとえ信頼している部下と言えども、私情捨てて、規律を守るため厳しい処分をすること。三国時代、蜀の軍師の諸葛亮は、信頼すべき部下が軍規を破って、敗戦を招いた時、その責任を取らせるために、泣いて腹心の部下を処刑をした。『三国誌』より。

 

興味津津  【 きょうみしんしん 】

Full of interests gushing out one after another, it’s like as if water spring.

「興味」 means “ Interest ” 

「津津」 means “ Gushing out one after another, like spring ”

 次々と興味が出てきて尽きない。興味は、後から後から出て来る。

 

仰天動地  【 きょうてんどうち 】

“Astonishing events which astonishing the heaven and shaking the earth” That is very big impact events to astonishing and shaking the whole world. 

「仰天」 means “ Astonishing the heaven ” 

「動地」 means “ Moving the earth ”

 世間の人々が『アッ』と驚驚くこと。つまり、『天』を驚かせ、『地』を動かすような出来事。

 

軽挙妄動  【 けいきょもうどう 】

Rushing out quick action or job at once without thinking over deeply, that is careless acts on behavior.

「軽挙」 means “ Caress action ” 

「妄動」 means “ Indiscreet action ”

 物事を深く考えずに、軽々しく即座に行動に移すこと。

 

質疑応答  【 しつぎおうとう 】

“Question and answer, usually student ask question to teacher, teacher answer student’s question. 

「質疑」 means “ Question ” 

「応答」 means “ Answer ”

 質問とそれに対する回答もしくは答弁。

 

処女脱兎  【 しょじょだっと 】

“Pretend as if a virgin lady” so enemy soldier off-guard, then attack the enemy soldier quickly like running away rabbit, so enemy can not respond your quick action. This phrases come from Sun Tzu’s The Art of War”  

「処女」 means “ Virgin lady ” 

「脱兎」 means “ Running away rabbit ”

 始めは、未婚の女性のようにおとなしく行動し、あとには逃げる兎の様に素早く行動する。すると、敵は、対応する事が出来ない。孫子の兵法より。

 

造反有理  【 ぞうはんゆうり 】

Making a rebellion have a reasonable reason. Person against the Establishment has reason. This is the phrase come from the speech of Mao-Tse-tung in China”  

「造反」 means “ Making a rebellion ” 

「有理」 means “ Has a reason ”

 体制に反抗することは、それなりに理由がある。反逆するには、必ず道理がある。中国の毛沢東主席が演説した「四字熟語」。

 

天佑神助  【 てんゆうしんじょ 】

Both the help of Heaven and the protection of God. Accidentally get big and good profit. 

「天佑」 means “ Help of heaven ” 

「神助」 means “ Protection of God ”

 天の助けと神のご加護。思いがけない偶然に恵まれて最高である。

 

流言飛語  【 りゅうげんひご 】    流言蜚語

Groundless irresponsible rumor or demagogue by irresponsible person. - Rumor without roots or leaves. This phrase come from cockroach word, “Groundless rumor” or “Rumor without any evidence”

「流言」 means “ Groundless rumor ” 

「飛語」 means “ Demagogue ” 

 世間で言いふらされている無責任で、根も葉もない、根拠の無い噂。

 

吃驚仰天  【 びっくりぎょうてん 】

Very astonishing events, so look up sky.

「吃驚」 means “ Very astonishing event ” 

「仰天」 means “ Look up sky ” 

 ビックリして驚いて天を仰ぐこと。! ・・\(◎▲◎)/・・!

  

悲憤慷慨  【 ひふんこうがい 】

Deplore to one’s unhappy circumstance  s and resentment injustice on the society. Full of sorrow and indignation on this world with full of many great resentments.

「悲憤」 means “Sorrow and indignation 

「慷慨」 means “Get angry” 

 世の中の不正や嘆かわしいことに対して、『ひどく悲しみ』、且つ『怒り嘆く』こと。

 

付和雷同  【 ふわらいどう 】

Follow the public opinion and atmosphere blindly because of do not have any own firm opinion. That is follow the ordinary people’s opinion blindly without firm own thought or opinion.

「付和」 means “Agree each other” 

「雷同」 means “Follow instantly with lightning speed ” 

 自分の信念や定見を持つことなく、ただ他人の意見に、なんとなく同調して、付き従うこと。

 

焚書坑儒  【 ふんしょこうじょ 】

Oppression of freedom of speech by burning the books on politics except technology, and burying hundreds of Confucius scholars with alive to control the freedom of speech by Chinese Emperor Shih-huang-ti.

「焚書」 means “Book burning on Chinese classics” 

「坑儒」 means “Burying hundreds of Confucian scholar with alive under ground ” 

 言論・学問・思想などを統制すること。秦の始皇帝が実施した技術書以外の書物を焼き捨て、数百名の儒学者を生き埋めにする等の文化弾圧つまり言論弾圧を加えたこと。

英語de軍事『四字熟語』 Vol.20

こんにちは、山本賢です。

山本賢SAPIO         

     ◎ 仰天動地の週刊誌の記事;『ガス弾の安全化処理』   

                    

先日、近くの図書館で、なんとなく週間誌を手にして、パラパラとページをめくり、どの記事を読もうかなと思った時、『おや?、これは、!・・・・・・』と衝撃を受けた記事に遭遇した。

この衝撃を受けた週間誌とは、SAPIOの3月号である。中国の『遺棄化学兵器処理事業を即刻中止せよ!』と言う内容の記事であった。旧日本軍が化学兵器を「遺棄した事実は、ない!・・・・・』と。中国に1兆円超を毟り取られていると書いてあった。 まさに、その通りである。単細胞の不肖山本賢は、この記事を見て、さすが、超一流のジャナリストの水間政憲さんの書いた記事であり、ジャーナリストとは言え、よくぞ専門外のことを水間政憲が調べ上げてて書いたたものだと痛く感動した。そしてPCIに2億9800万円の不適切使用・・・・とも書いてあった。パシフィック・コンサルタント・インターナショナル株式の不正資金使用まで書いてあった。おや!まあ!私の大好きなPCIのことも書いてある。興味津津であった。

話は、15年前の陸上自衛隊武器学校の教育部弾薬科長をしていた時のことである。かって、沖縄復帰時に共に、沖縄で不発弾処理をした部下の近藤さんから電話が掛かって来た。この時、ふと那覇空港の敷地内で滑走路の脇の爆弾を、航空機の離着陸しない、早朝を選んで爆破処理をしたことを、思いだした。

「科長、一つお願いがあります。来週、4~5時間程度、不発弾処理のお話を外務省の課長にして頂きたい・・・但し極秘で・・・」という内容であった。

不肖、山本賢は、快く承諾したものの『他言無用』極秘裏でと言う条件に苦慮することに相成った。通常、自衛隊の部隊や駐屯地では、外務省等の他の省の課長以上の訪問を受ける際には、その旨を上司に報告し許可を取ることになっている。しかし、近藤さんからは、『絶対に内緒で、極秘で』と言う条件が付けられていていた。でも武器学校の規則でも、この様な場合には報告することが義務付けられていた。そして、校長と訪問者が懇談することになっていた。これを表敬訪問と言う。この際に、『予科練の記念館』で販売している『ネクタイ・ピン』や『手ぬぐい』や『ボール・ペン』といったチョットした記念品を送ることが常識となっていた。

山本は、迷いに迷った末、安達副校長と郷原武器学校長の所に、『かくかくしがじか・・・・・』と報告に行った。

安達副校長は、かっての第二代目の特別不発弾処理隊長を努めた方であもり、その時、近藤さんは処理班長で私は副隊長であった。この防大#2期の安達さん、自衛隊のエリートで長らく『外務省に出向していた』こともあり、『山本科長、致されないようにしなさい』と助言を受けた。

郷原校長の所に行った。開口一番、『聞かなかったことにして下さい!外務省の校長が不発弾処理の事で武器学校に来ます。本来であれば、武器学校長に表敬訪問するところですが、連れてきません・・・・』と報告した。

防大#3期の機甲科職種の郷原校長曰く『俺は、30年近く自衛隊勤務して来たが『聞かなかったことにして下さいと言った状況報告を受けたのは、お前が初めてだ、「前代未聞」の報告であると。

一週間後、近藤さんと甲元(化学職種)さんが随行して、外務省の課長が弾薬科に来た。なんと、一般の面会手続きをとって弾薬科長室に来たのである。

開口一番、外務省の課長曰く『旧日本軍が遺棄した化学砲弾を日本が処理することになりました。この事業の事前現地偵察行く為の事前教育を受けに、弾薬科長の私に個人的に会いに来たとのことであった。

不肖山本は、満州国、国龍江省の『ハルピン』の奉天街で生まれた。その後、ソ満国境の小さな村で終戦を迎えた。満州国の『鉄嶺』で、怒涛の如く攻め入って来た。怒涛の如く攻めて来た、ソ連兵〔囚人兵〕から腕時計を強奪された経験もこれあり、『満州に展開していた関東軍の武器・弾薬及び衣服や携行糧食の全ては、ソ連に武装解除され略奪されたのであり、断じて日本軍ではなく、ソ連軍が遺棄したといった。ソ連軍は、日本軍から略奪した武器・弾薬や陸軍の隊舎のカーテンの柱や天井の梁までノコギリで切り取り、シベリア鉄道を使用して持ち帰ったのですと。終戦間近に怒涛の如く押し寄せた、ソ軍は、8月15日の終戦後も攻めてきて、ミゾリーゴウ号で調印する9月まで攻め、日本軍の武器・弾薬等を略奪したのである。無論、この間、蒋介石軍と八路軍〔毛沢東〕も死闘を繰り返しており、日本の武器弾薬をろ獲していた。我々日本人達は、小高いなだらかな丘の上から、両軍の戦闘を高みの見学をしていた。

ソ連の兵隊は、日本人から強奪した腕時計を5~6個を腕にハメるも、リュウズ〔竜頭〕を巻くことを知らず、時計が止まると捨てたソ連兵も大勢いた。化学弾もこれと同じで、ソ連の火砲の口径と薬室に合わないと判明するや否や、遺棄したのです、と何度も繰り返し説明するも、聞く耳を持たなかった。チャイナー・スクールの優等生である外務省の課長には、定年まじかのポンコツ自衛官の意見を聞く耳を持たなかった。

そして、ガスマスク(旧軍名称;防毒面)は、何処の国のものが良いのでしょうか?とのご下問もあった、山本即座に曰く『自衛隊の装備品のガスマスクを持って行きなさいと助言するものの、中国側は自衛隊の防護マスクは「武器」であるので、持ち込みは断固禁止するとのことであった。そして、市販されているスエーデン製のガスマスクを金6万円を叩いて携行することに相成った。

この事件の直前のことである。武器補給処の田中弾薬部長から、電話が掛かって来た。『弾薬部で保管して来た、旧軍の弾薬製造図面を処分することに相成った。弾薬科長、学生の不発弾処理教育にも使用できる図面が多々ある、是非、利用して頂きたい。不要なものは、そちらで処分してくれ』と。そしてこの図面をもらうことにした。弾薬科の坂本助教に取りに行かせた。何とトラックいっぱいの資料であった。頭脳明晰な、防大#4の田中和正さんにヤラレタ。大量のゴミ処分をやらされたのである。

このトラック一杯の焼却予定の旧軍弾薬製造図面の中に、『化学弾の製造図面』が含まれているのでは、と思い、弾薬科の教官助教全員で、ガス弾を選びだして保管することにした。そして、ガス弾の図面だけを残して、他は、全て年末の大掃除の際に、不発弾処理訓練場で1日がかりで焼却した。

それからしばらくして、「自衛隊の防護マスクが武器等の装備品から外された!」と満面笑みを浮かべて野中官房長官が記者会見した。

郷原武器学校長も安達副校長も山本弾薬科長も定年を迎えることになった。郷原さんは『日本油脂』に、安達さんは『トヨタ』に、山本は『昭和金属工業』に就職した。

日本油脂とは、砲弾や銃弾の発射薬等を製造する会社で、私の勤務する昭和金属工業の親会社でもある。そして、中国の化学弾の危険性見積と『ヒ素』の危険性について調査・研究のお仕事を入札し、下請の昭和金属工業に丸投げして来た。その金額、研究費¥1200万円也。このお仕事、新入社員社員の松永さんにお願いした。研究するまでもなく『結論は出ている』と。その資料は、武器学校の弾薬科に有りと。お仕事ノウハウを伝授した。

この直後のことである、不肖山本は、JICAの長期専門家としてCMACカンボジア地雷除去活動センターに勤務することになった。事前教育時に、JICAの松田さんに『何故JICAが取り仕切って中国の化学弾処理を実施しないのですか?とかって、カンボジア王国でテニスをしたことのある松田さんに質問をしたところ、『JICAは危険なことは一切致しません!』との回答が帰って来た。ナルホド。そして、この化学弾処理事業は、中国指導で始まった。汚職体質の中国の指導も下に遺棄化学弾の処理費が鰻登りに膨らみ、日本国政府が支払うことになったのです。

程なくして、弾薬大手メーカのコマツも、SAPIOの記事紹介されたJICAの美味しいお仕事でに参入して事故を起こしたPCIもこの事業に参入したのです。そして、何と、当初のと異なり、現在では『陸上自衛隊』もこの事業に参加しているのである。

自衛隊の御用雑誌MAMORUの2月号には、世界の現場からと題して『老朽化した化学弾などを発掘・回収するに当たり、実際に有毒化学剤の存在の有無を検知すると言う価値ある貴重な体験が出来ましたと、第10特殊武器防護隊の富田啓介一等陸曹が述べている。ふとこの時、中国空軍は、日本人捕虜達創ったことを思い出した。毛沢東主席や解放軍兵士達が『ウオーメンデ フェチー ライラ! フェーチ ライラ!』〔我々の飛行機が飛んできた!飛行機が飛んできた!〕と狂喜乱舞した。詳しくは『山本賢の『孫子の兵法』〔中国語・日本語・英語〕版 ー Even monkey can understand Mr. YAMAMOTO’s  Sun Tzu’s The Art of War の608ページを参照。(財)自衛隊援護協会。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単細胞の山本は、「貴重な体験」と書いてあり、嬉しくなった。ふと、カンボジアのCMACに勤務していた頃のことを思い出した。『ミスター山本は、何故、米国製爆弾の信管構造等米国製砲弾の信管構造に、米軍の不発弾処理隊員より詳しいのですか?』と、米国や西欧諸国の不発弾処理隊員から聞かれた。

不肖山本答えて曰く『陸上自衛隊の不発弾処理技術は、米軍から習ったものです。日本中アメリカの爆撃を受け、艦砲射撃も受け、この時不発弾を処理して来ました。この間にお師匠さんたる米軍EODの技術を超えたのです・・・』と。

不肖、山本は、西方総監部の弾薬・化学班長をしていた時に、建設中の『えびの』駐屯地から大量の旧陸軍のガラス製のチビ弾を晒粉を使用して処理したことがある。発見された時、陸幕に報告し、内局から『化学弾は、処理作業が危険である為処理してはならぬ、永久保管すべし』とのことであった。村松総監と相談し、私が『本官の識別は、誤りで、一般の手榴弾でした』と報告したところ、処理してよろしいとの許可を得て、大量の晒粉を使用してチビ弾を処理を致しました。そして、このガラスの容器は、花瓶に最適とのことで、効能書きと共に、桐の箱に入れて配布させて頂きました。

因みに、チビ弾とは、ソ連の戦車に飛び乗り、ハッチ等の隙間から投げ入れてガラスビン破れて、内部からもれた有毒ガスでソ連の戦車兵を殺害する手榴弾です。このチビ弾が沖縄で1発発見され、コンクリート詰めにして、海上自衛隊の掃海艇を使用して、台湾沖のB海域に海中投棄する予定でしたが、予算の無駄遣いであるとして、糸満の海岸で処理した経験があります。そして、教育用の標本として活用していた。

 上述したSAPIOの記事のPCIとは、パシフィック・コンサルタント・インターナショナル株式の略語である。JICA御用達の日本の会社でもある。この会社、昨今の国内の土木工事予算は、削減されていたのにも拘わらず、発展途上国の土木工事を受注し、グングン業績を伸ばしてきた。しかしながら、度重なる日本の支援対象国の要人への巨額の賄賂受注がバレてしまい、ついにJICAから業務停止の宣告を受けてしまった。

この直後のことである。防衛大学#6期生の同窓会が、グランド・ヒル市ヶ谷で行われた。この席で、陸幕長をして、退官し、三菱電気の顧問を下番した直後のことである。この時、渡邉元陸幕長に、『PCIの社長になっていただけないでしょうか?』というお話があったとのことであった。

「山本君、俺、PCIというなにやら、いかがわしい、感じのする会社から、『会社の社長になってくれないか?』という打診があったが、俺、この会社のことが良く分からなかったので、断ったよ・・・・・・。山本君、PCIとは、どの様な会社?」

「PCIとは、私の勤務していたCMACの各種装備品等の要望調査を実施して、これを納入する会社で、フンセン首相と日本国大使の出席する装備品引渡し式”Hand over Ceremony”で部長と課長がフンセン首相の勳章を頂いた凄腕社員がウジャウジャいる会社です」と。

PCIの調査、プルサットにて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PCIの皆さんとJICA個人コンサルタントの中込璋さん。ラタナ副長官の説明。PCIの要望調査後に、物品が納入されCMACに引き渡される。

潅木除去機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらの装備品は、日本国大使から、フンセン首相へと引き渡される。

フンセン首相

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ カンボジアのフンセン首相、潅木除去機〔地雷除去機〕に乗って大喜び。

Donation Ceremony の車両

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ トヨタのピック・アップ・トラック

Donation Cermony

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 小川郷太郎 日本国特命全権大使とフンセン首相から贈呈。トヨタのピックアップと同じく日産のピックアップも日本国政府からカンボジア政府へ、贈呈。

中央整備工場のお披露目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ CMAC中央整備工場も、日本国大使からフンセン首相に贈呈されました。場所が、バッタンバンであるため、パネルで説明。

CMACの中央整備工場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ バッタンバンのCMAC中央整備工場

CMACの引渡し式に参加

CMACの引渡し式に参加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このCMACの引渡し式には、地雷探知犬も参加致します。警察犬よりも躾が良い。

 

この直後のことである。JMASの事務室で上記のお話をJMASの理事長土井和尚さん〔コマツ最高顧問:元武器学校長〕にお話をした。土井和尚さん曰く『山本さんも馬鹿だなアー』。渡辺さんをPCIの社長に推薦して、山本さんもPCIの顧問にしてもらいなさいよ・・・』と笑いながら答えた。

土井和尚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今からちょうど一世紀まえの4月22日のことです;Japan Time〔2015.4.20〕 は、下記の様に報道しています

A century since the first gas attack;

Chlorine gas sent crawling in favorable winds over Flanders Field from German position – April 22, 1915.

Some 1,200 French soldiers were killed in the chaos of that first five-minute gas attack in the chaos of that first five-minute gas attack and the fighting that followed on April 22, 1915.  

最初の毒ガス攻撃から1世紀;

1915年4月22日、 ドイツ軍の陣地から、フランスのフランダース原野方向に吹く風に乗って、塩素ガスが散布された。攻撃が開始されて、最初の5分間で、フランス軍の兵士、約1,200名が戦死した。1915年4月22日のことであった。

 

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

興味津津  【 きょうみしんしん 】

Full of interest gushing out one after another, it’s like water spring. Full of fascination story comes out one after another, it is like gushing spring.  

「興味」 means “ Interest ” 

「津津」 means “ Gushing out one after another, like spring ”

 次々と興味が出てきて尽きない。興味は、後から後から出て来る。

 

狂喜乱舞  【 きょうきらんぶ 】

Lots of people assemble together and “Enjoy with crying and dancing wildly with full of crazy” 

「狂喜」 means “ Wild and crazy with joy ” 

「乱舞」 means “ Dancing widely with joy ”

 大喜びして、非常に喜んでいる様。あたかも狂ったように喜び踊ること。大変喜ばしいことです。

 

前代未聞  【 ぜんだいみもん 】

Very big and rare incident which is never heard or experienced before in history.

「前代」 means “ From ancient times ” 

「未聞」 means “ Never heard before ”

 昔から、今までに、未だ聞いたことの無い珍しい事柄。

 

頭脳明晰  【 ずのうめいせき 】

Very Clear head that is brilliant and sharp brain.

Clear and sharp head. 

「頭脳」 means “ Brain or head ” 

「明晰」 means “ Clever ”

 頭が非常に良いこと。

 四字熟語に興味のある方は、このホーム・ページの『四字熟語クイズ』で、楽しみ下さい。楽しみながら日本語と英語の能力を向上することが出来る優れものです。この『四字熟語クイズ』ゲーム・ソフトは、カンボジアのCMAC〔カンボジア地雷除去活動センター〕でJICAのIT技術・長期専門家であった藤本誠さんのご好意により、制作して頂いた、『遊びながら国語や英語の能力向上が出来る』優れものです。お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

英語de軍事『四字熟語』 Vol.19

こんにちは、山本賢です。

立ち入り禁止地域に入るには警備員が必要不可欠である。

立ち入り禁止地域に入るには執銃の警備員が必要不可欠である。

山本賢         

◎ 残虐非道な『イスラム国』の脅威   

                    

ジャナリストの後藤健二さんが『イスラム国』の人質となり、オレンジ色の囚人服を着せられ、殺害されてしまった。悪逆非道の行為である。このイスラム国、イラクのフセイン時代に軍人や諜報機関の凄腕諜報員等が樹立した国家であると言われている。

因みに、図上戦術等で自衛隊は、友軍を『青部隊』、敵の部隊を『赤軍』と呼称するが、米軍は、友軍を”Blue Force” 敵の部隊を“Orange Force”と呼称している。従って、オレンジ色には、『敵』だという識別と怨念が含まれている。

イラン・イラク戦争が勃発した1980年9月、不肖、山本賢は、陸上自衛隊の中央資料隊の技術科に勤務していた。任務は、戦車や装甲車等の軍用車両担当。突如として勃発したこの戦争について、陸幕長から『この戦争の行方について情勢報告をせよ』との指示があった。調査部の平野1佐〔後ほどソ連の駐在武官となり。中東で情報収集活動中に、毒を一服もられてマスコミの話題となった先輩である〕が実施することになった。そして、刺身のツマとして、不詳山本賢が『ソ連の戦車趨勢』を実施することに相成った。74式戦車の後継車としてどうするか?『74式戦車の大幅改造か?』それとも『新規開発か?』を陸幕長は、判断しないといけない。

当時は、今と異なり、中東に関する専門家は、日本国内に誰ひとりとしていなかったし、中東に関する本も市販されていなかった。

中東に関する資料は、もっぱらJI会議【イスラエルの駐在武官との会議】の資料と座間にある米軍の情報部隊からの資料依存していた。そして陸幕長に対する、情勢報告会の結論は、『イラン・イラク戦争は、両国の武器装備品と保有弾薬から戦闘推移見積もると、2~3ヶ月で終了する』という結論であった。この陸幕長に対する情勢報告会で、陸幕長から『見事な分析である』との高い評価を頂いた。がしかし、このイラン・イラク戦争は8年間も続いた。何やら日米開戦前の戦況推移見積もりと同じだと思った。

そしてアメリカは、何と、戦車に乗ってイランに攻め入るイラクのフセイン大統領を『青年将校』とヨイショと持ち上げ、フセイン大統領戦闘ぶりを鼓舞激励した。そして、この戦争は、何と7年間も続いたのである。そして、今度はフセイン大統領が、クエート侵攻したことで、湾岸戦争が勃発した。今度は、極悪非道な大統領とレッテルを貼られ、そしてブッシュ大統領の指揮する米軍に完膚なきまで叩きのめされてしまった。そしてフセイン大統領は、公開処刑されてしまった。そして、フセイン大統領の腹心の部下達も刑務所に収監され『オレンジ』の囚人服をきせられた。イスラム国の建国は、現代版『臥薪嘗胆』の物語でもある。

これまで中東に関する軍事情報、特にソ軍の兵器技術情報は、もっぱらイスラエルの駐在武官から、JI会議等で得ていた。情報は『Give and take』の世界。イスラエルからは、最新式のソ連のT-62の構造・機能、日本からは、64式戦車の製造技術。日本は、ちょうどこの時期研究開発を終え、次の新戦車を開発することを決定した。イスラエルは、メルカバ戦車を改造する為、日本の戦車製造技術を喉から手の出るように欲しかった。

この時、オイルショックが起きた。この事件以降、アラブの諸国の反発を恐れて、日本外交の表芸、『気兼ねと思いやり』で自主規制してJI会議を中止してしまった。

今回、防衛大学の同期生〔#6〕の二見宣さんの設立した『日本安全保障・危機管理学会』の名誉会長でもある安倍晋三総理が日本国旗の『日の丸』とイスラエルの国旗の『ダビデの星』をバックに『日本国は、ISILと戦う周辺各国に総額で2億ドル〔236億円〕の難民支援』を実施する』と全世界に声高らかに発表した。安倍総理絶好調!

この安倍総理の勇気ある発言は、これまでの日本の顔の見えない支援と異なり、日本の存在と旗幟鮮明とした国際貢献に対して、敬意を抱くと共に、40年前、JI会議でイスラエルの駐在武官に言われたことを思い出した。

 JA会議には、色々と思い出がある。イスラエルの駐在武官曰く:

日本の仮想敵国『対抗部隊』は、甲〔ソ連〕・乙〔中国〕・丙〔北鮮〕の三カ国ですが、我が国、イスラエルは『24個の仮想敵国に、十重二十重に包囲』されており、一度戦争に敗れたら最後、二度と『イスラエル』と言う国は存在する事が出来ません。世界史から抹殺されてしまうのです・・・・・・・・・・。国家を持っことが出来ないクルド人と同じ運命になります。

何と『孫子の兵法』第12 火攻篇の一節 『亡國不可以復存、死者不可以復生』 一旦戦争をして、もし負けると、滅んだ国は、再び再建することは、出来ない。死んだ者は、生き返ることはない。-  “War defeated country never revival again, it same as dead person never revival again ” so if Israel defeated by Arab countries attack in war, no more existence Israel county.  

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。これを『自画自賛』と言う。

 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に、イスラエルの駐在武官曰く「イスラエルの若者は、男女共に、兵役義務があり、有事の際には、武器を手にして戦場に赴き戦うことが要求されており、山本五十六元帥の『常在戦場』の心構えで勤務しているとのことである。

ところで”By the way, Major YAMAMOTO, are you a relative of Admiral Isoroku YAMAMOTO?”

常在戦場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不肖、山本賢は、連合艦隊司令長官の山本五十六元帥とは何の関わりも有りませんが、諸外国の軍人から、よく『お前は、山本五十六の親戚か?』とよく尋ねられる。

 

上述しが安倍晋三総理大臣の『日の丸』の国旗と『ダビデの星』をバックにした名演説は、いたく『イスラム原理主義』を国是とする、イスラム国を大いに刺激した。

不詳山本は、忠臣蔵大好きのイスラム原理主義者に対しては、『日本国は、借金に借金を重ねて、イスラム諸国に喜進をしているのですゾ!』と。かつてソ連がアフガニスタンに侵攻をした時、不肖山本は、陸上自衛隊の中央資料隊に勤務していた時、オサマビン・ラディンの下に、何故馳せ参じたのか不思議であった。

一方、アルカイダのオサマ ビン ラディンも「難民」を集め軍事訓練を施して「聖戦士Mujahidin」を「イスラム聖戦士Jihardist」としているのである。かつての日本軍の特攻隊員は、忠君愛国(天皇に忠節を尽くし、国家を愛すること)、「天皇陛下、万歳!」と叫び敵艦に体当たりしていった。そして、神州日本の防衛為に命を落とした兵士達は、蛍となって『靖国神社』で再開することを固く信じて・・・・・・・・・・・これらの英霊に対し無神論者の中国首脳部の非難轟々の発言を『馬耳東風』とお参りする安倍晋三総理は、超大国を自認する中国の嫌がらせものともしない、芯の通った偉大な政治家である。

現代のイスラム・テロリスト達も「神は、偉大なり!【Allahu akbar! : God is great!】」と叫び、自爆テロを実施している。両者の行動は、共に、否定されている。不肖、山本賢とっても悲しいことである。

トラボラの洞窟内でアメリカは広島に原爆を投下し日本人の大量虐殺をした悪魔の帝国である

トラボラの洞窟内でアメリカは広島に原爆を投下し日本人の大量虐殺をした悪魔の帝国である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かってOsama bin Laden said to the world at Cave of the Tora Bora in Afghanistan. ”Great Satan, American killed Japanese people by atomic bomb in Hiroshima” と厳しく非難した。そして、

Osama bin Laden said in Afghanistan ”One day Jihad against atheist in Afghanistan is equal one hundred days pray in mosque at home.” 『アフガニスタンに於ける無神論者(ソ連兵のこと)に対する聖戦の1日は、故郷におけるモスクでの1,000日の祈りに相当する』と・・

 このオサマ・ビン・ラディンの呼びかけにより、回教徒達は、左手に「コーラン」、右手に「AK-47カラシニコフ突撃銃」、肩に「RPG-7対戦車ロケット弾」を担ぎ、懐には「先祖代々の日本刀ならぬ『三日月刀』」を忍ばせ「無神論者の露助にアフガニスタンの国土を蹂躙させるな!」と、怒り狂い、それぞれのアフガニスタンに馳せ参じたのである。ある者は、トヨタのピック・アップ・トラック『ランド・クルーザの荷台に鈴なりとなり、ある者は、馬に乗り、そしてある者は、ロバに跨り、そして残りは、徒で、やって来たのである。極めつけは、「ジハード(聖戦)は、単なる人殺しではない。これに参加し、武運つたなく戦死した者は、来世に行くのに『特急券』が交付され、かつあの世においては『特別な場所』が与えられる」と。かつて旧日本軍が絶賛し、お手本とした『聖戦思想』がアフガニスタンにあった。

その合言葉は、『無神論者の露助にアラーの國を支配させるな!』と叫び集まった。このオサマ ビン ラディンは、自分に贈与された、巨万の富を『喜進』したからであった』。浅学非才な山本賢は、この時、『喜進』という言葉もその意味も知らなかった。そして、イスラム原理主義者に聞いて初めて、オサマ ビン ラディンが何故?イスラム原理主義者を崇拝するかを理解し、納得した。

そして、日本地雷処理を支援する会JMASの『アフガニスタン担当コーディネータ』を実施しいた時のことである。大勢の韓国人がテロ被害にあり、拘束され殺害された。これまでアフガニスタンに展開していたJMASの『事務所』を閉鎖し、これをパキスタンに移転し、ここから国連の飛行機でアフガニスタンの地雷処理の事業を外国のNGOと実施した。『外務省の退避勧告に素直に応じて』アフガニスタンの作業を遠隔操作支援を続けた。

週刊誌の報道によれば、『後藤さんは、三度に渡り、退避勧告を外務省から受けていた』とのことである。死者に鞭打つつもりは毛頭ありませんが、『自業自得』の『四字熟語』にピッタリの行為だと思っていおります。山中外務大臣を始め後藤さん達の無事救出業務に、深夜をとはず職務に当たった方々の『やるせなさ』にご同情申し上げます。

 

この時、パキスタンの『マリー地区』で水道事業の立ち上げた。大きな貯水タンクを作り、沢山のパイプで結んだ。防衛大学で習った『水力学』や『防衛土木工学』の知識も役立った。パキスタンは、核兵器開発能力を保有しており、カンボジア王国に比べて、格段に民間の技術力が高かった。

この『マリー地区』、オサマ ビン ラディンの暗殺されたアボダバード〔パキスタンの士官学校のある場所〕と約100km離れた場所であった。不肖、山本賢の人生は、何らかの形でオサマ ビン ラディンと関わりがあり ― 常にピカピカに磨いたAK-47突撃銃を小脇においた写真を懐かしく思います。 そしていま、トラボラ洞窟は、観光名所になっているとか??

世界最大級の爆弾と不肖山本(ベトナムで撮影)

世界最大級の爆弾(ベトナムで撮影) アフガニスタンでも使用された。トラボラ洞窟にも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【写真説明】 ベトナム戦でB-52爆撃機から投下された大型8t爆弾BLUBomb Live Unit-82。別名:ディジーカッター。用途は、ジャングル内にヘリポートを構築するために材木を倒す。炸薬:硝酸アンモニユーム+アルミニューム粉。

この米国製大型爆弾、アフガニスタンのトラボラ洞窟内に潜んでいたオサマ ビン ラディンやアルカイダーを殲滅するためにも使用された。

この写真はVBMACVietnam Bomb and Mine Clearance Action Centre】ベトナム爆弾及び地雷除去センター:在ハノイにて撮影。

 アメリカ軍がベトナムで使用した弾薬総重量は、1,127万t。アメリカ軍が第2次世界大戦で使用した、2倍弱。沖縄戦で使用した弾薬の56倍であると言われている。

因みに、このトラボラ洞窟に逃げ込んだアフガニスタン・ゲリラにソ連軍は、有線誘導対戦車ミサイル『サガー』を打ち込み効果があったと『赤星』(ソ連の軍用新聞)は公表しているが、オサマビン ラディンを仕留めることもできなかったし、米国がベトナムで使用した大型爆弾『デジーカッター』でも殺害することが出来なかった。

呉越同舟、アメリカのCIAは、パキスタンのタリバンを介して、アフガニスタンのオサマ ビン ラディン等のゲリラに携帯SAMスティンガー等を補給していた。ソ連の装甲・攻撃へり『ハインド』が次々に落とされ、精鋭ソ連軍は、涙を飲んで撤退した。この時、ソ連軍が怨念を込めて埋設した地雷をJMASが処理するとは、考えもしなかった。

 

そして、国際貢献時等に被支援国皆さんに『日本の国際貢献のお話をする際に、我が国は、借金をしてまで、あなたがたのお国を支援しているのですよ!と話しても誰も信用してくれない。そして、相続税のお話をすると『日本国政府は、死んだ人からもおカネを巻き上げるのか・・・』ビックリ仰天するのである。

 

ICAの長期専門家として、カンボジアの地雷除去対策活動センターCMACに勤務していた時のことである。夏休みに、一時帰国した際、二見宣の立ち上げた『日本安全保障・危機管理学会』のセミナーが議員会館で開催された。この講話に参加した。講師は、東都警備保障会社 海外リスク対策部長の越智楢男さん〔防大#16期〕であった。この時の講話の議題は、「アフガニスタに於ける『関ヶ原の戦い』」という勇ましい議題であった。

この講話の講師、JICAのアフガニスタン・カンダハル事務所の警備をした男でもあり、面白く有益であった。 アフガニスタンには、『人質誘拐ビジネスが横行しており、人質は、売買されて、その都度、人質のお値段がつり上がるとのこと・・・・・とのことであった。この国会議員会館で行われた、『人質誘拐ビジネス』の講話をジャナーリストの後藤健二さんや民間軍事会社PMC〔Private Military Company〕の湯川遥菜社長が聞いていたら、今回の事件が防げたのではと、思っております。

 

この後藤健二さん、もっぱらアフリカや中東の危険な紛争地帯に出向いて取材活動をしていたとマスコミは、報じた。そして、取材結果を子供達に講話したりして、平和の大切さを教育していたと伝えた。

何やら、不詳、山本賢が、拙い経験を元に『不発弾処理』や『地雷除去』や『退役軍人や難民に対する職業訓練』等のお話をJICAの個人コンサルタントの中込璋さんと共に、JICAの地球ひろばで実施したり、小学校で実施したりするのとよく似ており、他人事とは、思えませんでした。

山本賢の平和構築支援講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本賢は、上記のパワー・ポイント資料を使用してJICA地球ひろばで講話を実施しさせて頂きました。

この際にJICAのアフガニスタン事務所長の貝原孝雄さんの『コーラン』の目覚まし時計をお借りして、講話をしたことを鮮明に覚えています。  

CMACの中央整備工場の設計及び建設の指導を中込璋さんより受けた

カンボジア地雷除去活動センターCMACの中央整備工場の設計及び建設の指導を中込璋さんより受けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中込璋さん、ソ連製地雷〔無火薬実物標本〕を密かに飛行機で持ち帰り展示説明。脱薬して無火薬であるので危険性がないので安全ではあるが、法律的には、武器等製造法から言えば、れっきとした武器である。この様な武器の部品を輸入する際には、防衛省の『End user』の証明書が必要である。小心者の山本賢には出来ない話である。

興味津津の小学生。その所感は、??

興味津津の小学生。その所感は、??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小6地雷講話所感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスコミ報道によると、後藤さんもこの様な講話をしていたとのことで、親近感を抱いた。

 

小心者の山本賢に言わせると外務省の定めた退避勧告を無視し、イスラム国に潜入取材活動をするとは、不届き千万『暴虎馮河』の行動であり、『猪突猛進』の後藤さんの行動は、驚きであった。まさに『虎尾春氷』の行動であった。マスコミ報道には、現れないものの、多くの国民は、『自業自得』の行為だと思った。それが証拠に安倍晋三総理の支持率が上昇したのである。

 

この事件が報道された時、自衛隊に勤務した時のことと、JICAに長期専門家としてカンボジア人のCMACに勤務していた時のことが、頭によぎった。

自衛隊に勤務していた時、暴力団等が牛耳っている如何わしい施設には、『立入禁止』施設が設けられている。しかしながら、給料日やボナス支給日には、これらの施設に立ち入り、トラブルを起こす若い隊員が多い。このトラブルを当事者は、解決する能力もなく、やもえず、法務官〔自衛隊の弁護士〕の指導を受けて、暴力団等との交渉をした経験が多々あった。現代風に表現すると、興味津々、自衛隊の新隊員が、給料日の夜に、東京新宿歌舞伎町の山口系暴力団とイラン人麻薬密売人つるんだ風俗営業のお店に出かけて、災難にあったのと同じだと思っている。

オサマビン・ラディンの画策した、9.11事件の直後のことである。不肖 山本賢は、防衛庁の国際企画課から派遣されて、カンボジア地雷除去活動センターCMACに4年間派遣された。車両の整備や兵站支援の教育が任務であった。

 

当時は、まのカンボジアと異なり、タイ・カンボジア国境付近は、カンボジア政府の権限の及ばないパイリンやポイペットやプレビヒアー等、数々あり、これらの地域は、JICAは、原則として『立入禁止』としていた。因みにプレビヒアー寺院は、その所属問題をめぐって砲火を交えることも多々あった。

カンボジア政府の権限が及ばないと言うと、さぞかし治安が悪く、悪人どもが『跳梁跋扈』し、ゴミの散らかっている場所と日本人は思うが、さに有らず。街は綺麗であり、安全である?

英語では、これを『Tribal area』と言う。

ただし、市当局は、麻薬の販売を黙認し、売春に目を瞑り、密貿易を推奨する等・・数々の悪行を実施して莫大な利益を得ているのである。ホテルに泊まると、カジノがあり、洗練されたショーが実施されていた。此れがカンボジアか??と思った。 

ある時、カンボジアの領土内にあり、政府の権限の及ばない地域に行った際、CMACのケムソファン長官に『長官、このホテルに泊まりましょう』と言ったことがあった。ケムソファン長官言わく『私は、カンボジア人であるので、このホテルには、泊まることが出来ない・・・・・』と。

このような場所には地雷原があり、そこには、多くの地雷と不発弾がありCMACのデマイナー達が日本のODA予算で購入した潅木除去機やピックアップ・トラックや地雷探知機等が活用されている。これらの機材が故障したり、また触雷(地雷に触れること)して破壊すると、此れを現場で修理することが必要不可欠である。これらの警備上危険な場所に立ち入る際には、不肖、山本賢は、常に『CMACの警備員―憲兵隊員―一個分隊常駐』の隊員を連れて行った経験がある。無論、この際は、警備員には、一日8$の日当がJICAより支払われ皆さん大喜びである。

JICAの立ち入り禁止地域での車輌整備や潅木除去機の整備には必要である

JICAの立ち入り禁止地域での車輌整備や潅木除去機の整備には執銃の警備員が必要不可欠である

 

 

 

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 ☆ 日本製のトヨタのピックアップ・トラックや日産のピックアップ・トラックは、銃架がないので武器ではありません。銃を収納するのに不便です。

元陸上自衛隊が使用していたGMCトラック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ 元陸上自衛隊が使用していた米国製のGMCトラック。この車両は、武器である。理由:運転室に銃架が付いている。不肖、山本賢は、この車両で『大型の運転免許を取得したし、陸上自衛隊の武器学校で車両の整備教育を受けた。この車両は、陸上自衛隊 ⇒ タイ陸軍 ⇒ カンボジア地雷除去活動センタCMACで活動している。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

悪逆非道  【 あくぎゃくひどう 】

Treacherous bad and cruel conducts which against the law and order, and more injustice and against humanism too. More precisely bad guy who conduct treacherous acts.

「悪逆」 means “ Treacherous bad and cruel conducts ” 

「非道」 means “ Heinous way ”

 『掟破りの悪行』と人の道に背いた裏切り行為。つまり、残酷で情け容赦の無い、残念な行為。

 

臥薪嘗胆  【 がしんしょうたん 】

To attain objectives, self-imposed hard works ”To sleeping on fire woods and licking bitter animal liver lest not forget the revenge spirit against the mortal enemy” To do a maximum effort to revenge against one’s mortal enemy. And also to endure hard ship to attain objective with maintain fighting spirit not to forget. 

「臥薪」 means “ Sleeping on the fire wood ” 

「嘗胆」 means “ Lick the bitter animal liver ”

 『蒔きに臥し胆を嘗める』。即ち、宿敵に対する復讐を果たす為には、復讐心を忘れないことが肝要である。この闘争心を維持する為に、薪の上で寝、苦い動物の肝臓を舐め忘れないようにすること。目的を達するために、苦難に耐えること。

 

旗幟鮮明  【 きしせんめい 】

Let the colors of flag clear which means “Show the flag” That is “Make one’s attitude or situation clear” To clarify the colors and standard which side belong, enemy or friend.

「旗幟」 means “ Flag or banner of combat for identification, friend or fore ” 

「鮮明」 means “ Clear and vivid ”

 己の主義・主張が、どちら側に所属するのか明確にすること。軍旗や旗指物のように己の立場を明確にすること。

 

興味津津  【 きょうみしんしん 】 

Full of interest gushing out one after another. It is like a water spring. Full of fascination story comes out one after another, it like a water spring.  

「興味」 means “ Interest ” 

「津津」 means “ Gush out one after another ”

 次々と興味が出てきて、後が尽きない。興味が後から、後から出て来る。

 

極悪非道  【 ごくあくひどう 】

Extreme atrocity and cruelty way that is out of humanity way. 

「極悪」 means “ Extreme atrocity and cruelty way ” 

「非道」 means “ Injustice way”

 この上なく悪く、かつ人の道に外れた行動をとること。 

 

呉越同舟  【 ごえつどうしゅう 】

To collaborate  each other bad terms friend to do some thing. Sun Tzu’s the Art of war said that ; The people of Wu and Yueh hate each other for long terms as a bitter enemy. One day they ride on the same boat and sailed. They met across typhoon, the collaborate each other like a right hand and left hand to survival.   

「呉越」 means “ Country of Wu and country of Yuen ” 

「同舟」 means “ Ride on the same boat”

 仲の悪い者同士が、やもう得ず、当面の難局を打開するために、一致協力すること。孫子の兵法曰く、『呉の国の人』と『越の国の人』は、互いに敵同士であり、憎しみあっている中であるが、たまたま一緒に、船に乗り、川を渡る際に、台風に会った場合には、彼らとて、生き残るためには、左手と右手の様に、一致協力をするのである。

 

虎尾春氷  【 こびゆんぴょう 】

Very dangerous action such as stepping on the tail of tiger or walking on the lake of ice in Spring season. 

「虎尾」 means “ Tail of tiger ” 

「春氷」 means “ Ice of spring season ”

 虎の尻尾を踏んでみたり、春の池の氷の上を歩くような、危険極まりない行動をとること。危険を犯す行為をすることの例え。

 

鼓舞激励  【 こぶげきれい 】

To encourage or cheering up a person with dancing and drum beating.

「鼓舞」 means “ Dancing with beating dram ” 

「激励」 means “ Encouragement ”

 盛んに励まし、元気付けること。人を奮い立たせる為に、太鼓を打ち鳴らし、舞を踊り、励ますこと。

 

自業自得  【 じごうじとく 】

Natural consequence of one’s own bad conducts or big fault conducts. That is “Retribution one’s bad conducts” or also says “You reap what you saw” 

「自業」 means “ Punishment by one’s own bad conducts ” 

「自得」 means “ Natural consequence ”

 自分の行った悪い行為が、自分の身に降りかかること。自分の行いの報いが、自分に帰って来ること。

 

常在戦場  【 じょうざいせんじょう 】

Be always on the battle field. That is military officer and soldier and sailor always think about fighting on the battle field. 

「常在」 means “ Be always ” 

「戦場」 means “ Battle field ”

 軍人たる者は、『常に戦場にいるという心構えで勤務しなければならない。

 

浅学菲才  【 せんがくひさい 】

Lack of learning and lack of talent. That is no ability person at all.

「浅学」 means “ Lack of learning ” 

「非才」 means “ Lack of talent ”

 学問や知識が浅く才能が乏しい。

 

暴虎馮河  【 ぼうこひょうが 】        

Brave and risky attempt or conducts like fighting against with empty hands and fording across the Yellow River with bare feet. 

「暴虎」 means “ Fighting against tiger with empty hands ”

「馮河」 means “ Across the Yellow River with bare feet ”

 『素手で虎に立向かったり』『素足で黄河を渡ったり』するような血気の勇気にはやった、向こう見ずの無謀な行動。

 

跳梁跋扈  【 ちょうりょうばっこ 】     

Evil men jumping and rampant at will in the world as if fish jumping out from the bamboo basket type trap set on the river.                                                                                                              

「跳梁」 means “ Hoping and jumping over bamboo fish trap ”

「跋扈」 means “ Rampant or act at free style ”

 悪人どもが、法を無視して、のさばり、思うがままに動き回り、好き勝手なことをする。

 

猪突猛進  【 ちょとつもうしん 】      

Dash to the target straight forward recklessly as if wild bore dash straight forward recklessly without any hesitation at all.                                                                                                              

「猪突」 means “ Wild boar dash in straight ”

「猛進」 means “ Dash straight ”

 猪が目標に向かって突進するが如く、何のためらいもなく、猛烈な勢いで我武者羅に真っ直ぐに突進すること。

 

馬耳東風  【 ばじとうふう 】      

“Horse ears insensitive to east winds” which means no attention at all or no use at all to other person’s advice or suggestions.  

「馬耳」 means “ Horse ears  ”

「東風」 means “ East winds ”

 興味もなく、聞く耳を持たない。人のゆうことを聞かないので、話しても無駄である。

 

孫子の兵法 第12 火攻篇

  以下は、山本賢の『孫子の兵法』から抜粋した文書であります。中国語、日本語及び英語の解説書です。『一石二鳥』ならぬ一石三鳥の優れものです。

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の

山本賢山本賢

 爆破処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  山本賢の背後の戦車は、ソ連製T-54戦車です。ポル・ポト軍と政府軍の激戦地パイリンにて。

Chapter 12 :  Fire attack

12章 火攻篇  

【原典】

孫子曰、凡火攻有五、一曰火人、二曰火積、三曰火輜、四曰火庫、五曰火隊【】。行火必有因。烟火必具。発火有時、時者天之晗乾也、日者月在箕壁翼軫也、凡此四宿者、風起之日也。

Comment 火積【カセキ】means attack by fire to the food and rations store house.

Comment 火輜【カシ】means attack by fire to the logistic support unit.

 

【訓読】 

孫子曰わく、凡そ火攻に五有り。一に曰く、人を火(や)く。二に曰く、積を火く。三に曰く、輜を火く。四に曰く、庫を火く。五に曰く、隊を火く。火を行うには、必ず因あり。煙火は、必ず素より具う。火を発するに時有り、火を起こすに日あり。時とは、天の乾ける日なり。宿の箕、壁、翼、軫に在るなり。凡そ此の四宿【箕・壁・翼・軫】の者は、風の起こる日也。

Comment 四宿【箕(キ)・壁(ヘキ)・翼(ヨク)・軫(シン)】means Chinese divided the celestial sphere into twenty-eight equal section, the equator which is pass route of sun divided by 28 and四宿means 4 direction of 28 direction. 箕・壁・翼・軫means Basket, Wall, Wing and Chariot Platform. All four lunar mantic are day of the wind rise. Basket direction is the Archer, Sagittarius in western constellation, which locates East-East-North direction. Wall direction is the Pegasus in western constellation, which is locates North-North-West direction. Wing direction is the Cup in western constellation, which is locates South-South-East direction. Chariot Platform direction is the Craw in western constellation, which is locates South-East direction.

【和訳】

孫子はいう。およそ火攻めには、五通りの方法がある。

第一は【火人】、兵舎や野営地と共に兵士を焼き殺すこと。

第二は【火積】、食料の集積場を焼くこと。

第三は【火輜】、武器や装備品の運搬途中に火をかけ『輜重輸卒』を焼くこと。

第四は【火庫】、装備品や武具の倉庫を焼くこと。

第五は【火隊】、後方連絡線を含む敵後方部隊に火をかけること。 【火墜】、道上の部隊に火をかけること。

火攻めを行うには、必ず理由があり、いくつかの条件が整って初めて実施が可能となる。また火を付けるための道具を予め準備する必要がある。

火攻めを始めるには、適当な時節(気候)があり、火攻めを起こすのには、適当な日がある。時とは、空気の乾燥した時期である。日というのは、月が、東東北、北北西、南南東、南東に沈む時のことである。凡そ月がこれらの四方向に沈む時に、風が吹くのである。

【英訳】

Sun Tzu said that there are five ways to attack enemy by fire.

①    The first is burning the soldiers with barracks or tent city camps.

②    The second is burning the store house of foods and rations etc.

③    The third is attacking by fire to the convoy of logistic support unit, transportation unit.

④    The fourth is burning the store house of properties, equipments and armors.

⑤    The fifth is burning the enemy force itself including lines of communications which means logistic support unit. And also including burning the main supply road’s facility.

There are several conditions need to carry out the above fire attack. In case of set fire you must be prepared firing tools in advance.

There are appropriate season and month & date for the start of fire attack operations. The best season to set fire is dry season. And the best month & day to set fire is when moon set in the 4 direction, such as East-East-North, North-North-West, South-South-East, and South-East directions. It is said that “When the moon set in these above stated directions, strong wind will blows from these direction”

 

火責めの戦史事例『赤壁の戦い』; Battle of Red cliff

「赤壁の戦い」は、一口で説明すると日本の「関が原の合戦」に相当する天下分け目の戦いである。「魏」の軍と、それに対抗すべく「呉」・「蜀」の連合軍が「洞庭湖」の近く長江という川で戦った主として軍船による戦闘であった。

日本における戦いの歴史は、主として彼我両軍の力によるせめぎ合いと奇襲によって、勝敗が決まるのであるが、中国における戦いは、敵を如何にして欺くかのスパイや謀略によって勝敗が決まるのである。『孫子の兵法』が、第13篇『用間』で締めくくっていることからして情報戦をするのが得意な民族である。

赤壁の戦いに登場する人物は、織田信長のような性格の「魏」の武将「曹操」と、明智光秀のような「謀」の得意な「蜀」から派遣された軍師「諸葛孔明」と徳川家康のような「狡賢い」武将「周瑜」戦いであった。

その作戦は、一口で言うと「連環の計」である。「連環の計」とは、さまざまな計略を「数珠繋ぎ」にして、次々と敵に罠を仕掛け、強大なる敵の兵力を逐次斬減して、目的を達成する作戦である。その第一は、「借刀殺人の計」と言われるものである。「借刀殺人の計」とは、自分の刀を使うことなく、策略でもって、自分が滅ぼしたい敵を、敵の手で殺させるという恐るべき中国独自の兵法である。・・・・・・

 

An example of War history : The Battle of Red cliff.

Time: Nov. – Dec. 208 , Years of three country in China.

The war between take place between Cao Cao of Country “Wei” and allied force of Country ”Wu” and Country “Shu” at Red cliff

The battle of Red cliff was decisive battle like the battle of Sekigahara in Japan.

“Cao Cao” vs “Shiyuyu

 

戦史事例: 『赤壁の戦い』

時代  : 中国の『戦国時代』 西暦208年10 ~ 12

『魏』【Wei】の曹操  対 『呉』【Wu】と『蜀』【Shu】の連合軍の戦争で、赤壁で行なわれた、日本の「関が原の合戦」に相等する、天下分け目の戦いであった】

『曹操』 vs 『周瑜』

 

One day, King of Wu【呉】received the Ultimatum from Cao Cao of Wu【魏】under the name of Emperor. The content of the Ultimatum is as fallows:

“Which do you select the cause of action, to surrender our one hundred million elite force and after that attack Shoku【蜀】with us or fight against our elite force, in this case one hundred elite Army destroy your country in perfect. I would like to see High Excellence on the deer hunting at Wu country. That is all”

ある日、呉の国王、孫権は、魏の曹操から皇帝の名前の下で発行された最後通告を受け取った。この最後通告の内容は、下記のようなものであった。

「我が百万の軍に降伏し同盟軍となり共に蜀を攻めるか、それとも我が百万の精鋭部隊からなる軍と戦って貴国【呉】を滅ぼすか、何れかの行動方針を選択すること。本職は、呉国の原野で閣下とお目にかかり、鹿狩りなぞ致したく候。以上」

 

General situation

Sun Quan【孫権】of Wu【呉】and Liu Bei【劉備】of Sue【蜀】allied force has only 30,000 men most of tem elite sailors while Cao Cao【曹操】Army has 800,000 men most of them foot soldiers.

Because Cao Cao Force come from“Northern country”where lots of horse used as transportation measures to“Southern country”where lots of ships to use as transportation measures. They ride on war ship at“Urin”and trained there.

全般状況:

孫権と劉備合同軍は、僅か30,000人の軍勢で、その殆どは水兵であり、一方曹操軍は、200,000人の軍勢で、その殆どは、歩兵であった。

何故ならばその理由は「南船北馬」。曹操軍は、馬が沢山いる「北の国」から、船を交通手段として使用する「南の国」にやって来たのである。彼らは、「鳥林」で舟に乗り換え、そこで訓練をしていた。

 

King Sonken【孫権】of Wu【呉】 summoned ministers and generals and admirals and held conference and war game in the situation room at the ancestors mausoleum. Whether surrender or fight back. 

『呉』の国王孫権は、大臣や将軍達を招集し霊廟の作戦室で会議を開き机上演習を実施した。「降伏する」か、それとも「戦う」か、いずれにするか。

 

Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】said“Do not afraid of eight hundred thousands Cao Cao’s Army force, we have one hundred thousand elite Navy force.

The reasons are as fallows

¨    Cao Cao Army force must be tired out by long march. And out break of infectious diseases.

¨    Cao Cao Army force unfamiliar with Naval fighting because of Northern country

¨    Cao Cao Army has lots of horse, but time is winter so luck of grass.

¨    Cao Cao Army are Allied Forces so lack of solidarity.

¨    We have large fortress but Cao Cao Army have not.

¨    Shuyu Force consist of elite Navy

But has demerit:

¨    Shiyuyu Force had a weak point. Stock of arrows on hand is short.

¨    Cao Cao Force is authorized by Emperor who has not power less, our force is rebel force.

 

周瑜は、『八十万の曹操の陸軍恐れに足らず、我々は、精鋭十万の水軍を保有している」と言った。

理由は、下記のとおりである:

¨    曹操軍は、強行軍で疲れている。伝染病も発生している。

¨    曹操軍は、北国であるので水上戦闘に不慣れである。

¨    曹操軍は、馬が多いが、今は冬で馬草がない。

¨    曹操軍は、同盟軍であるので団結力に欠ける。

¨    周瑜軍は、要塞を保有しているが、曹操軍は保有していない。

¨    周瑜軍は、水軍が主体である。

    しかし、欠点もあった。

¨    周瑜軍は、矢の手持在庫が少ない。

¨    曹操軍は、権力無き「皇帝のお墨付き」を有する官軍であり,我々は賊軍となってしまう。

Military conference in the presence of the King Wu is fight back Cao Cao force.

御前会議の結論は、曹操軍の撃退であった。

 

 Cao Cao fleet sailed down the Chang Jian – river and reached at the Red cliff. And both Cao Cao fleet and Shuyu fleet crashed at Red cliff and first battle.

曹操艦隊は、長江【ちょうこう】を下り『赤壁』にやって来た。そこで、曹操艦隊と周瑜艦隊は、激突した。これが「赤壁の戦い」の緒戦である。

 

On this first battle, Cao Cao fleet locates up stream and Shuyu fleet locates down stream, so Cao Cao fleet has advantage, but can not use this advantage merits because of Cao Cao operation plan Crain wings formation like land operation, but on the water do not work well. This formation need broad area, But broad wide of river stream speed became slow, he can not make use of advantage situation. Cao Cao bleet defeated by Shuyu fleet by lack of training on river.

この事件の直後、この緒戦に於いては、曹操艦隊が上流に位置し、周瑜艦隊が川下に位置していたため、曹操に有利であったが、曹操は、陸上戦闘の「鶴翼の陣」で、戦ったものの、水上では、うまく行かなかった。川幅の広い所で戦うべく、作戦を立てて戦ったものの、川幅の広い所は、水流が無く、曹操軍の優位性は,失われてしまった。曹操艦隊には、水上戦闘訓練不足で負けてしまった。

 

After the first battle, Cao Cao army move back ward to North bank of the Chokou【長江】river at Urin【鳥林】and start the construction of camp there, on the other side Shuyu force entered the fort of south bank of the river. Both Cao Cao army and Shiyi force face to face each other.

「緒戦」の後、曹操軍は、引き返して、長江川の北側の鳥林に陣取りキャンプを開設し、周瑜軍は、川の南側の要塞に立てこもった。曹操軍と周瑜軍は、長江川を挟んで、対決することになった。

 

Phase Ⅰ : 「借刀殺人の計」or 「他人の褌で相撲を取る作戦」

Operation of Kill the enemy with enemy sward by plot

 

Commander in Chiefs, Admiral Shuyu【周瑜】of Wu【呉】one day scout the ship training base of Cao Cao fleet in secret. The purpose of scout is to know the ability of Cao Cao fleet. He was astonished to know training is very good in spite of infantry soldiers. Because Cao Cao designate Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】as instructor and fleet commander, they are once a Cao Cao enemy but at now change the side to Cao Cao side. As long as Saibo and Choin remains Cao Cao fleet as commander we can not get win.

呉の総大将周兪は、こっそりと曹操艦隊の訓練場を極秘裏に偵察に訪れた。偵察の目的は、曹操艦隊の能力を見極めるためでした。彼は、歩兵にもかかわらず、操船技術の高い訓練をしているのを見て驚いた。その理由は、曹操は、かつて曹操の敵であった「蔡瑁」と「張允」が寝返った人物であるにもかかわらず、彼らが有能な人物の故に教官兼指揮官として任命していたのである。「蔡瑁」と「張允」が曹操軍にいる限り、我々は、この戦いに勝つことが出来ない。

 

This scout operation find out by Cao Cao soldiers. So Shuyu【周瑜】run away. Cao Cao said to all member of his stuff at conference. ”The first battle of Red cliff we can not get victory and suffer great loss, and today we are scouted enemy spy ship. What is the best tactics to destroy enemy fleet?”

この偵察活動は、曹操の兵隊に見付かってしまった。周瑜は、直ちに逃げた。曹操は、幕僚を集めて会議を開いた。「赤壁での緒戦は、勝つことが出来きづに大被害を被ってしまった。敵の艦隊を撃破する方法は、無いのか?」と。

 

I have a plan to change the side of Admiral Shuyu to our side, because Shuyu and I are same native country and childhood friend, so I persuade him to change our side in secret. Cao Cao said to Shi-yoku【子翼】it is good idea. Do it now.

私は、「周瑜将軍を寝返らそう」と思っております。わたくしは、周瑜将軍とは同じ国の生まれであり、彼とは幼友達であります。したかって、彼を寝返るよう秘密裏に説得したいと思っております。曹操は言った。それは、良い考えだ、すぐにやれ。

 

Next day Shi-yoku【子翼】courtesy call on Commander in Chiefs of allied force. Admiral Shuyu【周瑜】. At that time, Admiral Shuyo held operation conference at war room. To hear Shi-yoku want to meet Admiral Shuyu from aide. He stopped conference and he whispered to his aid “So and so, such and such. Is it Ok” Aid only said “Yes Sir!” Shuyu and Shi-yokue drink each other at head quarters office at night. Commander in Chief of the allied force, Admiral Shuyu starts the secret operation to Cao Cao by use of childhood friend Shi-yoku. This secret operation is false charge operation on enemy two admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】 to find and read the secret false letter to Shi-yoku【子翼】on purposely. That is the false secret letter is from both admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】to admiral Shuyu【周瑜】. This faked letter write on the act of treachery. Contents as follows “Dear High Excellency admiral Shuyu【周瑜】; If you want Cao Cao head we are cooperate to High Excellency with pleasure …………. eyes only, secret letter. Shiyoku【子翼】steal this faked secret letter and handed it to Cao Cao. To lead this faked secret mission letter Cao Cao get angry and executed tow his admirals instantly. But after that Cao Cao to know this execution is his own error.

 次の日、子翼は、連合軍総司令官、周瑜将軍を表敬訪問した。周瑜は、その時作戦司令室で会議を開いていた。副官から「子翼様が面会に来ました」と告げられると、了解したと告げて、直ぐに会議を中止した。そして副官を呼んで「かくかく、しかじか」と耳打ちをした。そして、司令部の事務室でお酒を酌み交した。連合軍総司令官周瑜将軍は、曹操に対する秘密大作戦を開始したのである。この秘密作戦とは、「蔡瑁」と「張允」両将軍に対する濡れ衣作戦であった。この秘密作戦は、「蔡瑁」と「張允」両将軍が、周瑜将軍と内通して曹操の首を刎ねるという嘘の内容の書かれた手紙を、わざと「子翼」に読ませて、盗ませる作戦であった。この偽手紙を曹操の手元に届けて、「蔡瑁」と「張允」両将軍を抹殺させるというものであった。この嘘の秘密文書を手に入れ、一読した曹操は、怒って、直ぐに二人を処刑してしまった。その直後、曹操は、この判断が間違っていたことに気づいた。

 

Phase Ⅱ : 「10万本の矢」収集の計

Operation of “One hundred thousand arrows” collection plot

 

Place : Operation conference held at situation room of mausoleum【霊廟の作戦会議室】

Commander in chief, Syuyu【周瑜】called all the generals and invite the military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】from allied country【同盟国】.

C-in-C Syuyu【周瑜】said “We are lack of arrows which is indispensable fighting on river by war ships” “Would you supervise making the arrow by use of mechanics within about 10 days ?”

Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】form allied country said “I will.”

Military advisor Zhuge Liang【諸葛亮】said to Syuyu【周瑜】”I will prepare one hundreds thousands arrows within three days”

同盟国の軍師諸葛亮は、「三日以内に10万本の矢を集める所存である」といった。

And he requested 20 making special arrows collecting decoy ships by load on deck straw dolls and hay stack with sheet cover.

The military advisor Zhuge Liang’s one hundred thousand arrows collecting plan as follows:

¨    Making 20 arrow collect decoy ships which loaded hay and covered with tarpaulin on it and arrange straw figure soldiers on both sides of the ship.

¨    Set sail this decoy ships from home port to Cao Cao positions under the cover of pitch black night with dense fog.

¨    And beat the chimes and drums which means attack signal. And shut war cry【ときの声】

¨    Astonishing Cao Cao soldiers shooting back the bow at this decoy ships.

¨    Cao Cao army never pursuit because of enemy ambush anticipate.

¨    After hits many arrows return back to his home port with safe..

¨    “We have received lots of arrows from you. Thank you very much”said to the enemy sailors with big voice.

So Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】can get more than one hundred thousands arrows from enemy only one night.

「草船借箭の計」

軍師 諸葛亮は、以下のような作戦準備を実施して、夜間攻撃で10万本の矢を集めた。

¨    20隻の軍船に乾燥した草を積み込み、これにシートを被せ、その周りに兵士の型をした藁人形を配置する。即ち、囮船を作る。

¨    この囮船を曹操軍陣地に向かって霧の深い真っ暗な夜に出向させる。

¨    敵陣の前で、攻撃用の銅鑼の合図を打ち鳴らし、「ときの声」を上げる。

¨    ビックリした曹操軍は、弓から矢を発射し応戦する。がしかし、

¨    曹操は、伏兵を恐れて、攻撃・追撃には、出て来なかった。

¨    そして、十分に矢を受けてから港に被害を受けることなく安全に帰って来る。

¨    「曹操の矢を頂戴致した。かたじけない」と敵の兵士に対して全員大声で言った。

諸葛孔明は、このような方法で、一夜にして10万本以上の矢を敵から集めることが出来た。

 

Phase Ⅲ : Operation of Tie up war-ship with chain and rope plot. 「連船の計」作戦

 

Shuyu【周瑜】send a military advisor who called sleeping dragon, GARYOU to Cao Cao to accomplish “Chain link of battle ship”. At that times Cao Cao troubled with soldier’s sea sickness. Because of the birth place of Cao Cao’s men are all in the Northern provinces so unfamiliar with live on rolling and pitching ships. And also Cao Cao troubled with out break of infectious diseases too. So military advisor said to Cao Cao would you mind all the battle tight together by iron chain link the ship each other with tight to prevent rolling and pitching. Cao Cao adopted instantly military advisor GARYOU’s advice. 

周瑜は、「連船の計」を画策するために臥龍と呼ばれた軍師「龐統」を曹操の所に送り込んだ。曹操は、兵士が北の国の出身が多く、船酔いに悩んでいた、また同時に伝染病の発生にも悩んでいたために、この軍師「龐統」の提案を即座に採用した。

 

Shuyu【周瑜】decided “fire attack tactics”to the Cao Cao fleet. The first problem of this fire attack tactics is fast counter attack of the Cao Cao fleet.

To delay counter attack time of the Cao Cao fleet to lock the whole Cao Cao’s fleet by chain. It is indispensable to long reaction time to broaden fire over the Cao Cao’s fleet.

周瑜は、曹操軍を「火攻戦術」で攻めることにした。第一の問題点は、曹操の艦隊が直ぐに反撃に出てくることであった。この反撃時間を長くし、曹操艦隊の火災を広げる必要があった。

 

The second problem is direction of winds.

This season wind blows from North to South, so flame of fire from North to South. So if the front line ship of Shiuyu fleet can set fire on the front line of ships of Cao Cao force. These flame of fire return back to all of the Shiuyu fleet.

第二の問題は、風向きであった。

この季節、風向きは、北から南に吹く。従って、火勢も北から南に流れる。従って、周瑜艦隊が、曹操艦隊の第一陣の軍船に火を付けても、その炎は、全周瑜艦隊に伝播してしまう。

 

Most of Cao Cao army soldier were borne and grow up northern county where is no river or pond so not accustomed live in ships and steer it. So soldiers live on land and moor the ship to land in tight at north bank of the Choukou【長江】river.

曹操軍の兵士は、殆ど川や池のない北国育ちで、舟の上での生活は、不慣れであった。なかには、舟を長江川に係留して、川の北側の土地に上陸して生活をする者もいた。

 

And Cao Cao force moored the ships at the north bank of the river near Red cliff. Because of the soldiers of Cao Cao force can not steering the ship because of land locked country and also not fitted hot climate because most of soldiers who was borne in North. And fell sick by out break of infection diseases.

曹操の部隊は、赤壁の近くの北岸に陣取った。その理由は、曹操軍の兵士は、北国生まれであり、水上生活に馴染めなかった。そして伝染病も発生した。

 

Cao Cao army start the construction of camp at Urin【鳥林】

曹操軍は、鳥林に要塞の建築を開始した。

 

Phase Ⅳ : “The last resort desperate operation which taken under the pressure of necessity” 「苦肉の策」作戦:

老将軍「黄蓋」は、兵站担当の将軍であつたが、呉国王と艦隊司令官「周瑜」に、曹操軍を攻撃する提案を密かに実施していた。

Old General Kogai【黄蓋】who is also in charge of logistic though, and proposed the King and the Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】

 

This plan was made by one old general whose name was Ogai【黄蓋】who served many years under the king of Wu【呉】.

  1. 1.    Hot arguments on surrender or fight back on ultimatum, Shiyuyu opinion fight back and Ogai insist surrender.
  2. 2.    King of Go desiced  Shiyuyou opinion that fight back and Ogai’s opinion surrender to CaoCao opinion
  3. 3.    King supported fight back opinion.
  4. 4.    Old general Ogai punished one hundred beats with wood stick in front of many people and finally order to stay at home.
  5. 5.    The spies of Cao Cao report these incidents to Cao Cao
  6. 6.    The secret mission of General Orgai sent to Cao Cao to change the side. Cao Cao believed the story because of Cao Cao already heard from his spies “One handred punishment” .
  7. 7.    When old general OUGAI the change the side old general accompany 10 large ships and 10 small ships with full of supply goods.
  8. 8.    The operation date of the surrender and switch the side is the winter solstice day. On this day South East winds will be blows. 

 

  1. 1.    国王の統裁する会議の席で「周瑜」と「黄蓋」が激論を交わす。
  2. 2.    「周瑜」は、徹底抗戦を「黄蓋」は、降伏を主張する。
  3. 3.    国王は、徹底抗戦を支持。
  4. 4.    「黄蓋」は、皆の前で、百叩きの刑罰を科し、その後、謹慎を命じた。
  5. 5.    スパイがこの状況を曹操に報告する。
  6. 6.    黄蓋の密使が、曹操の下に赴き、寝返り話を持ち込む.曹操この寝がえり話を信じる。何故なら既に「百叩きの罰」の報告をスパイから受けていた。
  7. 7.    老将軍黄蓋が、降伏し寝返る際に、10隻の船と、10隻の小船に補給品を満載して寝返る。
  8. 8.    時期は、冬至の日*理由「南東の風が吹く」

 

 “Punishments of the One hundred strike with stick”【杖百打の刑】is very hard to show Cao Cao’s spy to believe true punishment on old general OUGAI【黄蓋】

「杖百打ちの刑」は、大変厳しい仕置きであり、曹操のスパイに、真実であると思わせるための為のショウーであった。

 

One of allied force old general OUGAI proposed to attack Cao Cao fleet and army by fire. That is access to moored ship to burn out Cao Cao fleet.

      同盟軍の老将軍黄蓋は、曹操艦隊と陸上部隊を火災を起こして攻撃することを提案した。

 

This tactics is brain child of old general Kogai【黄蓋】to show and believe enemy spy that the Gen. OUGAI want surrender and change the side without fighting from the bottom of heart. So Gen. OUGAI get angry to punishment with hitting the body with stick.

この戦術は、年老いた将軍「黄蓋」が考え出した『苦肉の策』で、国王の孫権が「百叩きの刑」を科し、これをスパイに見せることにより、黄蓋将軍が降参し、敵に寝がいりするところに相成ったことを曹操に信じ込ませるための戦術、即ち『苦肉之策』の戦術であった。

 

After the first battle, Cao Cao execute his subordinate Admiral Saibo【蔡瑁】and Chujo【張允】by Shiyuyu’s disinformation plots.

Cao Cao sends the two spies to Shiyuyu force. The two spies name are Saityu【蔡中】and Saiwa【蔡和】and both are brothers of executed Saibo【蔡瑁】

緒戦の後、曹操は、周瑜の偽情報作戦により、二人の将軍を処刑してしまった。今度は、曹操が、二人のスパイを周瑜側に送り込んだ。この二人は、処刑された弟の「蔡中」と「蔡和」である。

 

This time Cao Cao sent the spies into Wu【呉】headquarters to collecting enemy headquarters information.

Two guys said “We want change the side because of our elder brother Saibo was executed by Cao Cao【曹操】with out any faults. So we request deserted from Cao Cao force and change the side to your force. This request are granted by Shuyu【周兪】 But he thought these two guys must be Cao Cao’s spies because of they are remain wife and children within Cao Cao’s territory

こんどは、曹操が情報を収集するために「呉」国の司令部の内部にスパイを送り込んだ。

二人の若者は「我々は、処刑された蔡中の弟である」言った。「私の兄は、何の落ち度も無いのに曹操によって処刑されてしまった。我々は、曹操軍を脱出し、寝返って、貴方の部隊に寝返りたいと思っている。この寝返り要請は、周瑜によって認可された。しかしながら、彼は、この二人の若者は、妻子を曹操陣営に残して来たことから、曹操のスパイであると思った。

 

So enemy spy mast be reports this incident to Cao Cao without fail. So Cao Cao believed surrender and change the side of old Gen. OUGAI.

敵のスパイは、この事件を曹操に報告するに相違ない。曹操は、この寝返り降伏を信じるに相違ない。

 

One of general gets the information from the fisherman that every winter on the night of winter solstice 【冬至】blow South East wind【南東の風】

将軍の一人が、冬至の頃には、毎年、南東の風が、吹く、と漁民から情報を得た。

 

Military secret envoy【軍使】come to Cao Cao and said “Our general, old OUGAI in charge of logistic supports get angry and grudges to both King and Commander in Chief very much, so general OUGAI secretly dispatched me to coordinate Commander in Chief Cao Cao directory to change the side. General OUGAI wants the change the side with 10 ships which full of supply goods such as foods and weapons on the night of winter solstice. So please, not attack our 20 large supply ship and small 10 ships on the night of winter solstice.

「兵站担当の老将軍黄蓋は、「鞭打ちの刑」を受け、王と総司令官の両方に対して、大層、ご立腹し、憤慨をしておりました。そして曹操軍に寝返ることにしました。私が、寝返りのための連絡調整役をおおせつかり、秘密裏に、ここに参りました。そして寝返る際には、20隻の大型補給船が白旗を掲げて、複数の小型船と共に港に入ります。その時期は、冬至の日を予定にしております。冬至の夜には、10隻の大型補給船が食物や衣服を積んで来ますので襲撃をしないで下さい」と密使が曹操に伝えた。

 

On the other hand, they purchase 10 large supply ships which to load hay and fish oil and sulfur to burn enemy ships and 10 small swift boats which is use for escape after set fire the enemy ship.

一方、彼らは、干草と油を積むための10隻の大型輸送船と、曹操軍の軍船に放火した後に脱出するための快速船を購入準備した。

 

And after they purchased 10 military ships and load oil and hay and fire wood into the large supply ship. After that they covered with tent sheet and set white flags on it. Battle Ready!.

そして、10隻の軍船を調達した後、魚油と干草と硫黄を積み込み、その上に、テントを掛け、更にその上に白旗を立てた。作戦準備完了!

 

Fire attack by military ship :

Date ; Nov.20 2008  The winter of solstice,

This day suddenly weather changed, strong Southeast wind blow at the Red cliff. Old Gen. OUGAI and his 10 war ships and 10 small high speed boats set sail to faked surrender with the full of hay and fish oil and sulfur to burn out the moored Cao Cao military ship fleet. This is the last resort tactics came from desperate measures taken under the pressure of necessity but is success only depend on Cao Cao believe the our surrender is true or not..

軍船による火攻 :

年月日: 2008年11月20日  冬至の日

この日、天候が急変した。赤壁には、強い南東の風が吹いた。老将軍黄蓋と彼の率いる10隻の軍船には、枯れ草と魚油と硫黄を一杯積まれた。そして、係留した曹操の艦隊を火攻めにするための偽りの降伏、寝返り作戦が開始されたのである。この作戦は、曹操軍の停泊中の曹操艦隊を焼き尽くすという、老将軍黄蓋が考え出した『苦肉の策』であった。この作戦の成功、失敗は、いつに、曹操が「降伏」を信じるか、否かによっていた。

 

On the winter of solstice day, officers and soldiers and sailors of Cao Cao force assembled to see the surrendering enemy off the guard.

冬至の日、大勢の曹操軍将兵達が降参した兵士達を見物しようとして、警戒することなく集まって来ました。

 

On approaching the Cao Cao’s battle ships fleet, and with in the shooting range of the bow the Old Gen.OUGAI said “Set Fire to the ships. Shoot!” with large voice. The 10 ships engulf the flame instantly and the ships runs into the Cao Cao’s battle ship fleet and engulfed them. Cao Cao soldiers try to unfasten the chain link of the moored ships, but can not lose chain link. The strong South East wind swept over all the fleet of Cao Cao navy ship and large land facilities also engulfed flame. Cao Cao force defeated by the fire attack by allied logistics supply ship fleet.

曹操軍の舟に近づき、弓の射程内に近づくと老将軍黄蓋は、「舟に火を掛けよ。放て!」と号令を発した。たちまちにして、10隻の舟が、火に包まれた。そして曹操の舟に向かって行きました。そして曹操の舟に衝突し、曹操の舟を炎上させました。曹操の舟は、反撃しようと試みましたが、連環を破壊する事が出来ずに、舟を離すことが出来ませんでした。北東の強風にあおられ曹操軍の軍船は、瞬く間に全て灰燼に帰しました。そしてこの火は、陸上施設も焼き尽くしました。曹操の軍は、同盟軍の兵站船に依る火攻に敗れた。

 

Cao Cao force run away with small guards. After this battle of Red cliff, three countries were opposed to one another.

曹操軍は、僅かばかりの護衛隊と共に逃亡をした。この赤壁の戦い後、『魏』『蜀』『呉』三国の鼎立が続いた。

 

中国の戦史は、日本の戦史の「義理」と「人情」と「浪花節」即ちGNN【Giri – Ninjou – Naniwabushi】の世界と異なり、「謀略」あり「奇計」あり「計略」あり「裏切り」ありの「何でもあり」の「孫子の兵法」と「兵法36計」の世界です。

 

【原典】

凡火攻、必因五火之變而應之。火発於内、則早應之於外。火発兵静者、待而勿攻。極其火力、可従而従之、不可従而止。火可発於外、無待於内、以時発之。火発上風、無攻下風。昼風久、夜風止。凡軍必知有五火之變、以数守之。故以火佐攻者明。以水佐攻者強。水可以絶、不可以奪。

【訓読】

凡そ火攻は、必ず五火の変に因りて之に応ず。① 火、内に発すれば、則ち早くこれに外に応ず。② 火発して其の兵の静かなるは、待って攻むること勿れ。其の火力を極め、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止む。③ 火、外より発すべくんば、内に待つ事無く、時を以ってこれを発す。④ 火 上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。⑤ 昼の風は久しく、夜の風は止む。凡そ軍は、必ず五火の変あを知り、数を以ってこれを守る。

故に火を以って攻を佐【タス】くる者は明なり。水を以って攻めを佐くる者は、強なり。水は以って絶つべきも、以って奪うべからず。

【和訳】

そもそも火攻めには「五種類の火の攻撃方法」があり、指揮官は、状況の変化に応じて、兵を運用することが必要不可欠である。

①      味方の兵が放火し、敵の陣営内に火が出た暁には、すばやくこれに呼答して外から攻撃を仕掛ける。

②      火が燃え出したのに、敵が静まりかえっている場合には、敵は、こちらの企画を承知しているか? 何らかの対策を講じているか? しばらく待つてから攻撃を加えること。直ぐに攻めてはならない。敵が待ち伏せているかも知れない。その火勢に任せて様子を伺い、敵が待ち伏せていないことを確認してから、攻撃を仕掛ける。

③      外から火を放てる地形であるものの、火を仕掛けるのに都合が悪ければ、風向きが変わるまで待って、外から放火するのに適当な時期を待って、火をかける。

④      放火した火が風上から燃え出した時には、風下から攻撃をしてはならない。

⑤      昼の風は、利用すること、夜には、この風は止まる。

およそ軍隊では、必ずこのような「五種類」の火の変化のあることをわきまえ、この技術を最大限に利用するとともに、準備態勢を整える必要がある。

故に、「火」を攻撃の補助手段として利用する将軍は、賢明な将軍である。また「水」を攻撃の補助手段とするには、『強大な兵力』と『長い準備時間』が必要である。そして水攻めは、敵を孤立させたり、後方連絡線を遮断することが出来るものの、敵の食料や物資を略奪することは出来ない。

【英訳】

There are “Five ways of fire attack operation”, so commander must be response quickly the change of the situations.

①    When enemy camp start to burning by fire attack, you must start coordinate attack from out side to the enemy camp immediately.

②    But if the enemy camp remains still calm even if start the fire, you must wait and see attitude, that is do not attack enemy immediately from out side, and attack the enemy after confirmation, the enemy waiting for your attacking with ambush, after that you execute coordinate attack.

③    When the situation and terrain is not good to fire attack from out side, you should wait until you can get good timing or wait to change wind direction. If you can not get good timing, you should stop the fire attack and waiting until the wind direction changing.

④    When fires broke out from up-wind by fire attack, you should not attack from down-wind direction.

⑤    Make use of day wind but should not make use of night wind because of day wind blow continues long and night wind short lived.

These above five types of fire attack tactics must be use on the fire attack operations.

General who use of fire on his attack operation as auxiliary method is clever choice. And attack operations to use of water as secondary measures need large human power and also need long time too. That is need large man-hour. And water attack can isolation enemy castle or enemy position and also cut off the enemy communication lines but can not plunder the foods and goods from the enemy.

 

Comment Weak points of water attack【水攻め】

¯  Needs long time

¯  Needs lot of sapper【土工工兵】

¯  Needs large sum of money

¯  Can not quick response to the change of situation

¯  Can not destroy enemy force but water divide enemy forces can not rescue from out side. 

 

 

↑*:【写真説明】Fire arrow attack by Kwantung Army【関東軍】soldier to Chinese Communist Army【中共軍】camp tent is same as Sun Tzu’s days. 

Mao Zedong astonished by this out of the ordinary unique Kwantung Army tactics. 関東軍の火矢攻撃に毛沢東もビックリ仰天!

 

←*:【写真説明】大本営の下した結論は、この写真の新聞への掲載は、関東軍の沽券関わる故に、不許可!

 

Comment Strong points of fire attack as follows: 

¯  End short time battle 【短期戦】

¯  Needs not large force and equipments【人員・物資が少なくてすむ】

¯  Can quick response to the change of situation【臨機応変】

 

※   An example of war history

Watter attack on BichuuTakamatuCastle started in May.8, 1582 by the advice of Military Advisor Kanbei KURODA. It is said that this castle was easy to defend but to attack【難攻易守】Commander in Chief Hideyosh HASHIBA and his 30,000 men attack Bichuu Takayama Castle where defend the lord Muneharu SHIMIZU and 5,000 men.

This castle can defend only destroy the connecting bridge which go in and out the castle where surround by wide and deep moat. So it was called “Floating Castle”【浮き城】That is the Floating Castle almost same as “Battle ship YAMATO” very strong impregnable castle【難攻不落の城】Hideyosh HASHIBA force tried frontal attack this castle, but unsuccessful. So he decided water attack to this “FloatingCastle”.

Military Advisor Kambei KURODA said to Hideyoshi “The rainy season start soon, so dam up water form Ashiyori river by making large high bank around the castle. After that damp up water canalized to the artificial lake around the Takamatu castle” 

Hideyoshi HASHIBA ordered his men to dam up Ashimori river and construction of big 8 m high and 4 km length bank around this castle by use of many sand straw-bag【土嚢】with rushing work【突貫工事】. Hideyoshi mobilized many farmer and locals and paid high daily allowance【高額な日当】So progress speed was very fast. This bank complete only 12 days. And more the heavy rain of rainy season speeds up water level of make shift artificial lake【応急の人造湖】high.

The castle lord Muneharu SHIMIZU asked for help MORI to dispatch relief force. Takakage COBAYAKAWA force dispatched to rescue the castle, but could not attack HASHIBA force, because of if attack HASHIBA force release pent up water by destruction of the bank, so COBAYAKAWA force drowned by discharged water【放水された水で溺死する】. 

At this moment Hideyoshi get secret information his boss Nobunaga ODA was killed by Mituhide at Honnoji in Kyoto. So he must go to Kyoto to take revenge his master, as soon as possible.

Cease-fire negotiation took place next day and settle down on condition that Hideyoshi stop water attack and destroy the bunk of dam, and return back home in stead of MOORI 5 countries cession【5国の割譲】to HASHIBA and the lord of Takayama castle perform Seppuku, hara-kiri.【See photograph】

Hideyoshi next operation is “HIDYOSI’s Big return back” See Chapter 7 Armed struggles.

 

【原典】

夫戰勝攻取、而不修其功者、凶。命曰費留。故曰明主慮之、良将修之。非利不動、非得不用、非危不戰。主不可以怒而興師。将不可以慍而致戰。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以復悦。亡國不可以復存、死者不可以復生。故明君慎之、良将警之、此安國全軍之道也。

将不可以慍而致戦。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以覆悦、

費留【ヒリユウ】:means only the west of money by hard labor.

【訓読】

それ戦い勝ちて攻め取るも、其の功を修めざる者は、凶なり。命づけて費留と曰う。故に曰く、明主は、これ【費留】を慮【オモンバカリ】り、良将はこれを修む。

利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず、危うきに非ざれば戦わず。主は、怒りをもって師を興すべからず。将は、慍りを以って戦いを致すべからず。利に合えば、而ち動き、利に合わざれば、而ちに止まる。怒りは、以って復た喜ぶべく、慍りは、復た悦ぶべきも、亡国は、復た存すべからず。死者は、以って復た生くべからず。故に明主は、これを慎み、良将はこれを警む。此れ国を安んじ、軍を全うする道なり。

【和訳】

敵を攻め破り、敵の城砦都市を攻撃奪取しながらも、その戦果を局部に留めるだけで、拡張することが出来ないようでは、戦争目的を達成したとは言い難い。全体的に見ると、全く無駄なことであり、これを『骨折り損のくたびれ儲け』という。

だから明君と言われる人は、深く思慮した戦略的な思考の下で作戦計画を立案し、賢将がこの作戦計画を具現化するのである。つまり名君は、有利でなければ戦争行動を起こさないし、賢将は、100%戦勝が得られ確証のない限り、敵を攻撃することはなく、危険が迫らない限り、闘ってはならない。

それ故に君主は、怒りにまかせて軍を興して他国を攻めるべきではないし、将軍もまた、憤激にまかせて合戦を始めるべきではない。両者共に、有利な状況であれば、行動を起こし、有利な状況でなければ、作戦を中止すべきである。戦いが無ければ、やがて怒りは解けて、また喜こぶようになり、憤激もほぐれて、また愉快になれる。戦争をして滅んだ国は、それでおしまいであり、もう二度と立ち上がることは、出来ない。死んだ者は、再び生き返えることはない。それだから聡明な君主は、隣国と開戦するに当たっては、慎重に対処し、立派な将軍は、これを戒める。これが国家を安泰にし、軍隊を保全するための方法である。

【英訳】

Even if our force attacks enemy and take the objective such as enemy castle city etc and occupied it. But without exploit this small result, including rule over occupied territory. This is not good strategy and tactics to attain the objective of war is not good strategy and tactics. That is attack the enemy and can get the objective such as a key terrain or castle city etc. But lord and general can not exploit this initial small victory at all, so it is said that this operation is not good. This operation is called “Fruitless efforts which is only can get waste of combat power and time without any merit at all” That is this operation is not good in total at all. This operation also called “No profit at all, but only remains lots of tired feeling left” So enlightened lord makes a strategic war plan with deep thinking, and wise general materialize his lord’s strategic war plan into practice in combat field.

So lord should not initiate the war unless under the advantageous conditions. That is lord should not attack the enemy with fit of anger or resentments. And also general should not attack the enemy unless expect to get win with 100 % sure. That is both lord and general should not start the war and battle unless finds good favorable conditions for nation, and do not start the war or fighting unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and fighting is stopped, anger is melt away and joy came again. But once a start of war and defeated by enemy, collapsed and destroy the country never revival again, it’s same as dead person never revival again..

This is most important and essential attitude for lord and general. Lord should not raise the army and attack foreign country because of fit of anger and resentment. And also general should not command his force by fit of anger and resentment. Both lord and general should not be start the war and attack enemy force unless the favorable situation provides. General should start the battle when he finds good favorable conditions, and do not start the fight unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and stopped, same time later anger will be melt away and joy will came again. But once a start of war and defeated, collapsed and destroy the country never revive again. Anger will be soften and change into enjoy in future. War ruin country never revival again, it likes a dead person never revival again. So clever lord start the war after long deliberation and wise general admonish oneself, no to start the battle unless get big profits and gains. This is the way to keep nation peace and to keep force safe and intact.

 

 Comment:”Exploitation” is important.「戦果拡張」が重要です。つまり「火」たと「水」を使用して「戦果を拡張」すべしとしているのです。

 Comment:”Enlightened lord considers deeply and wise general follow through or materialize it ” 「名君が深く考え、是を賢将が具現する」ことが大切である。

 Comment:”Never start the war except for victory. Never fight except in a crisis. War is only last resort ” 「勝てる見込みが無ければ戦争をするな。国家危機存亡の危機以外は、戦争するな」「戦争は最後の拠り所である」と孫子は言っている。

 War history example Ⅰ: “Anger start the war”

  『オサマ ビン ラディンがテロ戦争を起こした理由:

Osama bin Laden start the Jihad, Holy war against Soviet in Afghanistan 1979 “Don’t trampling down holy Muslim country by infidelity such as Soviet Union”【聖なる回教徒の土地をソ連等の無神論者に蹂躙させるな】”This is unacceptable!”「許せん!」

 War history example Ⅱ: “Anger start the war”: 

『中越戦争を起こした真の理由とその勝敗の結末は、・・・・』

China stated the China-Vietnam war【中越戦争】in 1979. The reason is very simple. The leadership of China gets angry to Vietnam by Vietnam Government bullying Pol Pot administration in Cambodia【ベトナム政府がポルポト政府をいじめた】which is close relationship to China. To attack Pol pot, Khmer rouge is unacceptable for China. So it must be punishment.

The six hundred thousand People’s Liberation Army【PLA:人民解放軍】invaded Vietnam cross China-Vietnam border on Feb. 17, 1979 with the sound of bell and chime, drum and trumpet. And more soldiers held banners, colors and pennants. The soldiers of PLA are brave and marched step over dead and wounded soldiers with a column of eights that is China’s pride tactics human wave tactics【人海戦術】to subjugate the Vietnam【ベトナムを征伐するために】.

Brave Vietnam Army fight back invaded PLA with modern weapons seized form the US Army and US Marine corps such as 105 mm howitzers etc including Soviet weapons. It is fierce battle. China defeated by Vietnam with perfect and withdraw from Vietnam on Mar. 18, 1979 left about sixty two thousand and five hundred missing in action【MIA】Only leave disgrace of weak PLA. After this incidents China did strong effort on build-up PLA to clear the disgrace reputation【不名誉な評判】that “PLA is weaker than Vietnam Army”【人民解放軍は、ベトナム軍より弱い】. 

 

中国は、1979年に中越戦争を引き起こした。その理由は、いとも簡単なことである。中国の首脳部が、中国と親密な関係を持つカンボディアのポルポト政権をベトナムが攻撃したので烈火のごとく怒ったのである。我々の大好きな、友好国ポルポト政権クメルージュ【赤いクメール人】を攻撃するとは、『許せん!懲罰を科さなければならない!』と。

1979年2月17日、60万人の中国解放軍兵士が、中国ベトナム国境を越えて、笛や鐘や太鼓を打ち鳴らし、旗や幟をおっ立てて、ベトナムに進攻した。中国軍は、戦死者や負傷者を乗り越え、八列縦隊でベトナムを征服すべく進軍して来た。中国ご自慢の「人海戦術」である。

勇敢なるベトナム軍は、侵略して来た中国解放軍を、アメリカ陸軍や海兵隊から鹵獲した105mm榴弾砲といった近代兵器(ソ連製を含む)を使用して反撃した。激戦であった。中国軍は、ベトナム軍により完膚無きまで撃破された。そして中国軍は、約6万2千500の戦死者行方不明者を残して、涙をのんでベトナムから1979年3月18日撤退した。そして人民解放軍は、弱いという汚名を残して・・・・・・。この事件以降、『中国解放軍は、ベトナム軍より弱い』という汚名をそそぐべく、人民解放軍の兵力増強の努力をしているのである。これが、今年度の中国国防費の突出の原因である。

 

 Comment Ⅰ:

Dead man never revival again, but Nissan can revival again by the Chief Executive Officer【CEO「最高経営責任者」, Carlos Ghosn. I have a confidence bankrupt General Motor Corporation to survive again to first rate good company, if US president Obama asked me please save the GMC【General Mortors Corporation】so I say with Mr. President Obam. Yes we can.カルロス・ゴーンさん、鼻息が荒いのである。【Full of big talk with breath hard through his big nose

 Comment Ⅰ:

Government should not dispatch abroad Self Defense force by pressure from Diet member who favors interested group on national defense【国防族】.

General should not criticize the remark made by the Prime Minister MURAYAMA【村山談話】

Soldier should not shorting his rifle or machine gun unless self defense or weapons protection【自衛若しくは武器等の防護】

One machine gun is not weapon but two machine guns are weapon so it is allowable as accompanying equipment but two machine guns is regard as “exercise of force” that is “use of force”【武力行使】unacceptable go to abroad such as Golan Heights or the Republic of Rwanda.

ギョギョギョの魚?!これは、「内閣法制局」の木っ端役人の解釈である。猫の目の如く、コロコロと解釈が変わる。お見事である。

 

 Comment Ⅱ :

So the clever lord is prudent the and wise general is cautious. This is the way of to keep a nation at peace and army intact. That is clever Prime Minster is prudent and wise generals of Self Defense Forces are preserved and intact. This is the best way to keep Japan at peace and Self Defense Force Intact.孫子は、マンガばかりを読み漁り、漢字も正しく読めず、ブレまくる総理大臣は、危い(あやうい)と言っているのであります。英語ペラペラ、内容なしのNOVA英語教室卒業生と同じであります。さてと、次の漢詩「望春」の意味が判るかな?自称『英語が得意』の総理、これを翻訳できるかな?「出来ない」と答えるのが正解です。漢字が読めないと「いくら英語能力があっても英訳は出来ません」読者の諸君、漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

題名: 望 春 

作者 : 杜甫  唐が敗れた後、After defeat Tang Dynasty

      国破山河有

      城春草木深

      感時花濺涙

      恨別鳥驚心

      烽火連三月

      家書抵万金

      白頭掻更短

      渾欲不勝箸       回答は、付録11-1にあり。

付録 11- 1  Appendix 12 – 1:漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

 

孫子の兵法 第13 用間篇

山本賢の『孫子の兵法』講座 中国語:日本語:英語 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

山本賢の『孫子の兵法』の特別付録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13章 用間篇

Chapter 13 Use of Spies

 

※※ Difference between information and intelligence

Information means in Japanese【情報】:means some one or some thing consist of facts about them.

Intelligence means in Japanese【情報】:means is the ability to think, reason, and understand instead of doing things automatically or by instinct. So intelligence is processed information.

 

【原典】

孫子曰、凡興師十萬、出征千里、百姓之費、公家之奉、日費千金、内外騒動、怠於道路、不得操事者、七十万家、相守数年、以争一日之勝。面愛爵録百金、不知敵之情者、不仁之至也、非人之将也、非主之佐也、非勝之主也。

【訓読】

孫子曰く、凡そ師を興すこと十万、師を出すこと千里なれば、百姓の費、公家の奉、日に千金を要し、内外騒動して、道路に於いて怠け、事を操るを得ざる者、七十万家。相守ること数年にして、以って、一日の勝ちを争う。

しかるに、爵録百金【シャクロクヒャッキン】を愛【オシ】しんで、敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。人の将に非らざる者なり。主の補佐に非らざる者なり。勝ちの主にあらざるなり。

【和訳】

孫子曰く『およそ10万の軍隊を徴兵して、千里も離れた国外に軍を派遣する事になれば、民衆の血税や諸侯の公費も、たった一日で千金もの大金が必要となり、その負担が国民に圧し掛かって来る。そして国の内外とも、大騒ぎとなり、10万の軍隊を派遣すると、その途中の路上で行き倒れとなり、その為に約70万戸の家に被害が及ぶことになる。そして、数年間も両軍相対峙した後に、たった一日の決戦で勝敗が決まるのである。

それにもかわらず、爵位や俸禄や百金を与えることを惜しんで、敵情を知ろうとしない諸侯及び将軍は、「仁」が全然ない将軍で、人間性を欠く愚かな者達の集団である。それでは、人民を率いる諸侯と言えず、また諸侯の軍事補佐者とも言えない。そして、これが最も大切なことであるが、戦いの勝利者となり得ないことである。

【英訳】

Sun Tzu said : If our country dispatch the army of one hundred thousand drafted soldiers to the abroad where one thousands miles away from home country, one thousand pieces of gold need per only one day. This large sum of money is collected from public as tax and forced donation from lord which stocked for many years. This is very serious trouble to both of people and country. And some soldiers are exhausted and fall down on the roads to battle field, and this bring large confusion both in and out of the country. And more over about seven hundred thousand families are supported soldiers affected in all seasons, because of the seven families support one conscripted soldier family system adopted. And after several year confrontations with enemy, only one day decisive battle decides country’s fate of victory or defeated.

Lord and general who spares the noble titles award and high salary payment to the high caliber spies, and giving a lot of gold as special bonus for the valuable information cannot get enemy’s situation from spy. This is the lack of virtue and stupid. These lords do not deserve to lead people and those generals cannot become good military adviser to the lords too. And most important things are these stupid commanding generals can not get victory in battle.

 

※Comment:Conscription system in Sun Tzu times. 

One drafted soldier family is supported by seven families in all seasons.

One drafted soldier【◎】was supported by one drafted family【●】and six un-drafted families 【●●●●●●】. So to dispatch one hundred thousand soldiers suffered normal activities of seven hundred thousand families.

 

【原典】

爵録百金【シャクロクヒャッキン】:means award the high ranking status and give one thousand peaces of gold. 

爵録百金【シャクロクヒャッキン】孫子の提案は、画期的である。爵録とは、所謂、「公・候・伯・子・男」のことであり、スパイに国家的な身分を与えよ!と言う提案である。この爵位は、日本では、皇族にだけしか与えられなかった、貴重な爵位である。私の大好きな「男爵」ジャガイモは、名誉ある名前である。

 

←*:【写真説明】金鵄勲章【Order of the Golden Kite for Meritorious Service】The Order of the Golden Kite for Meritorious Service award to Japanese Imperial Army and Navy officers and men by conducting distinguish action at battle. 

 

※Comment: 孫子曰く

「日本国政府は『スパイ』を使用していますか?」「なに?全然、使用しておりませんだと?」「ダメな国家ですなあ。我が国、中国を見習いなさい。ウジャウジャといますぞ」

この提案、孫子が言ったとあって、重みがある。

 

【原典】

明君賢将、所以動而勝人、成功出於衆者、先知也。先知者、不可取於鬼神、不可象於事、不可験於度、必取於人、知敵之情者也。

※Comment「度」:means the astrology. 

【訓読】

明君賢将の動きて人に勝ち、功を成して衆に出ずる所以【ユエン】の者は、先に知るなり。先に知る者は、鬼神に取るべからざる。事に象【カタド】るべからず。度に験すべからず。必ず人に取りて、敵の情を知る者なり。間事の未【イマ】だ発せずして、先ず聞こゆれば、其の間者と告ぐる所の者と、皆死す。

【和訳】

聡明な君主と賢い将軍が行動を起こして、常に敵に勝ち、並み外れた成功を収めることが出来る秘密は、まず敵に先んじて情報を収集するからである。

予め敵の情報を知ることは、鬼神に祈るだけで、取得出来る物ではなく、占星術で占うのでもない。過去の戦訓や種々の事情でもって類比推測出来るものでもなく、ましてや自然の規律によって予想出来るものでもない。必ず有能な間諜に頼ってこそ、価値ある敵の情報が得られるのである。

【英訳】

The secrets of clever lord and / or wise general always can get outstanding victory whenever they fight in war is depend on collecting vital information on enemy in advance.

To get vital enemy information in advance is not from the fortune-telling by fortune-teller or the astrology which observing night sky. And moreover should not guess from old enemy war lessons or natural phenomenon. Clever lord and / or wise general always gets only useful military information from high caliber spies in advance.

 

※Comment:孫子は『有能なスパイによってのみ、価値ある敵の情報が得られる』と孫子の兵法で述べている。

自衛隊に於いても、『孫子の兵法』に記述されているこの精神を受け継ぎ『有能な者』のみを選抜し駐在武官【 military attaché 】否、防衛駐在官【 defense attaché 】に任命しているのである。その具体的なお仕事とは???

 

※ 大休止【 Long halt

 

アフガニスタンでの日ソ情報戦、熾烈也

「毒入りウォッカ事件の真相」

不肖山本は、中央資料隊技術科に、二回勤務をした。一回目は、第四次中東戦争の開始とイラン・イラク戦争の開始である。そして二回目が、ソ連のアフガニスタン侵攻である。いずれも中東で起きた大事件である。当時は、中東専門家と言う者は、日本には誰一人としていなかった。

不肖山本は、第一回目の勤務では、「軍用車両」の情報を収集していた。当時、74式戦車の後継として、「現行の74式戦車の大幅な改造とするか?」それとも「全く新しい戦車を新規開発するか?」を曲陸幕長が決心をしなければならないタイム・リミットの一週間前に、「主要列国とりわけソ連の戦車の趨勢」について、30分間ブリーフィングしたことがあった。その時、平野さんのご指導を受けた。

昭和55年、不肖山本の二回目の中央資料隊技術課勤務時には、平野一佐は、モスクワの日本大使館付防衛駐在官であった。平野一佐は、ソ連のアフガニスタン進攻の情報を収集すべく、外国人の立入が禁止されていたアフガニスタンを避け、その外側から軍事偵察をしようと出かけた。ソ連駐在大使のみに行き先をこっそりと告げて・・・・・・・極秘裏にモスクワの日本大使館の職員一名を伴い観光旅行を装い汽車に乗ってアフガニスタン国境周辺に赴いた。

が、しかし日本を含め西側の駐在武官の行動は、常に腕利きのKGB(国家保安委員会:カー・ゲー・ベー Komitet Gosudarstvennoi Bezopasnosti)工作員により、監視されていた。

二人は、モスクワ駅より列車に乗った。列車で移動中、平野一佐の頭の中をよぎるのは、日露戦争の時、一人で一個師団の役割を果たしたとされる情報将軍明石大佐のことであった。「私も明石大佐にあやかりたい……。」

この時、人の良さそうな一人の男が乗り込んできた。男は、ニコニコして平野一佐の横の座席を指差し「ズラスチー ミャ ムーチュナム ステアーディト?(こんにちは。ここに座ってもよろしいですか?)」

平野一佐は、答えた。「ダー。パザールスター(どうぞ。いいですよ。)」この時、ソ連の国連代表のように「ニエット!(だめ!)」といえば何も問題は起こらなかったが………。

やがて、平野一佐と同僚の日本大使館員及びこのロシア人の三人は会話するようになった。このロシア人は、ウォッカを平野一佐と大使館員に薦めた。お酒の大好きな平野一佐は、これを飲み、三人は大いに意気投合した。やがて男は下車し、去っていった。その直後のことである。「胃が痛い!」平野一佐の胃に激痛が走った。そして額やこめかみから冷や汗が出てきた。

「シマッタ!一服毒を盛られた!」「不覚を取った!」。今回に限り整腸解毒剤『征露丸』“Subjugate Russian Pellets”訂正!「正露丸」“Russian is Right”を持ち合わせていなかった。平野一佐は、列車のトイレに駆け込み、便器から、フィルムの駒送りのように見えるレールの枕木に向って吐いた。そう言えば、あの男、ウォッカを飲む前に、毒を中和させる解毒剤のようなものを飲んだような気がする。

平野一佐は、計画を中断、急遽モスクワに帰り緊急入院をした。この時、たまたま西独のレオパルトⅡ戦車の技術情報収集に行っていた調査二課三班長がモスクワ経由で帰国し、平野一佐の所に立ち寄った。調査二課三班長は、平野一佐の顔を見て、ビックリ仰天した。平野一佐は、顔中、食中毒特有のブツブツの発疹で見る目も無残であった。平野一佐は、調査二課三班長に「俺は、露探に毒を盛られた。この事は誰にも話すな。唯、陸幕長にだけは、そっと報告してほしい」と言った。

がしかし、やがてこの事件をマスコミが嗅ぎつけ新聞に出た。大使館は、極めて閉鎖的な社会であるので、スキャンダルがマスコミに出ることはない。かといって自衛官の赤恥のような記事は、隠蔽体質の自衛隊から出たとは考えにくい。がしかし新聞社は、犬のように嗅ぎ付けたのである。

「一犬吠えれば、万犬吠ゆ」。最初は、二~三行の小さな記事であった。瞬く間に記事は大きくなっていった。日本の新聞の常として、付和雷同、アット言う間に大きな見出しの新聞となっていった。

「日本のモスクワ大使館付き防衛駐在官平野一佐、グルジア旅行中、毒入りウォッカを飲まされた!」と各社一斉に報じた。これを見た、多くの日本の国民は、思った「やっぱしソ連はやることが汚い。油断してはならない国である」と。

日本のマスコミがこの件を大々的に報じたことに対して、ソ連国家保安委員会KGB(ロシア語読みでカー・ゲー・ベー)組識は「この平野毒入りウォッカ事件で、ソ連のイメージが著しく汚された」として、苦々しく思ったに相違ない。

そして、この話には、後日談がある。この毒入りウォッカ事件の真実は、厚い秘密のベールに包まれ、27年が経過した。もう一つ、殆ど知られていない事実がある。

私の同期生である二見君の話によると、情報通の平野一佐は、汽車の便所で吐いた時、吐いた食べ物をそっとビニール袋に入れて持帰った。毒物混入検査をするためである。日本大使館には、大きなプールは、あるものの「毒物検査」をする施設はない。やむなく、アメリカ大使館に毒物検査を依頼した。しばらくしてその分析結果が出た。アメリカ大使館の回答は「毒物の痕跡はありません」と。正に奇々怪々な事件であった。

平野一佐に同行した日本大使館の職員は、胃腸が強いせいなのか中毒症状なぞは現れず元気そのものであった。正にソ連大使館付防衛駐在官の勤務は、孫子の兵法、第六章「虚実篇」にある虚々実々の世界であった。そして平野一佐の同僚の日本大使館員は、ぴんぴんしていたところから類推するに、元々胃腸の丈夫でない平野さんのこと、衛生状態の悪い国での諜報活動で、精神をすり減らし「精神的ストレス」と「食あたり」とが胃に来て、体調を一気に狂わせたに相違ないというのが、同期【B#6】の二見さん:【日本安全保障・危機管理学会理事長】と不肖山本の一致した意見である。

最近、アエラのスタッフ・ライター田岡さんという軍事評論家が、鈴木宗男議員に関連する外務省の一連の不祥事件についてTV討論をしている席で次のような面白いことを言っていた。「戦後、日本の大使館や外務省の役人は、全然情報を収集したことがない。機密費(報奨費)をタップリと使って、たらふく飲み食いしているだけだ。それが証拠には、外国の大使館の勤務員は、良くスパイ容疑で逮捕され、国外追放となる例が多い。しかし日本の大使館員は、誰一人としてスパイ容疑で逮捕され、国外追放された者がいない。こんなことは、外国ではありえない。日本の大使館や外務省が情報収集活動をしていない証拠だ。外務省は『堕落』している」と面白おかしく説明していた。

そして田岡さんは、最後に一言「唯一、例外的事例として、モスクワ大使館の防衛駐在官だけが、生命の危険を冒して、熱心に情報を収集したことがある」と平野一佐のことをヨイショと誉めたたえた。不肖山本は、この田岡さんの発言を聞いて、良くぞ田岡さん、この事件を覚えていてくれたと嬉しくなったのである。

平野一佐の情報収集活動は、ロシア革命の立役者レーニンのお友達であった情報将軍明石大佐の足元にも及ばないかもしれないが、戦後の日本における対ソ連情報戦のウルトラCであると思っている。

そして平成16年の暮れ「ウクライナのユーシェンコ大統領候補が政府側の工作員によって猛毒のダイオキシンを『おすし』と共に食べさせられ、顔にブツブツの食中毒特有の顔となった。平野さんとまったく同じ症状である。そしてユーシェンコ氏は、ウクライナの大統領に当選した。がしかし、平野さんの顔は元のイケメンの顔に戻ったものの、毒素の量が多かったせいかユーシェンコ大統領の顔は、元に戻らない。

そして最近【2006.11.23】、ソ連の元FSD【Federal Service of Counterintelligence:連邦防諜局】の情報工作員リトヴィネンコ中佐が、イギリスに亡命して、かつてエリツィン政権時にその内部を知り尽くした秘密情報、例えばエリツィン大統領がマフィアから多額の政治献金を受けていた等々、そのあくどい政治手法を暴露し続けていた。このために毒殺された。つまりリシンを一服盛られたのである。リトヴイネンコ氏は髪が抜け落ち、内臓がズタズタとなり、放射性物質ポロニューム210中毒で死亡した。そして彼は、病床で「背後には、プーチン皇帝がいる」と述べて息を引き取った。

ポロニュームとは、放射性と毒性を持つ毒物で、1gで約5000万人を殺害できると言われている。この毒物は、ロシア、米国、英国及びイスラエルで、合計100g程度生産されており、0.1 microgramが12億円もする代物である。

 

防衛駐在官は「暇なのである」否『忙しいのである』

不肖山本が、中央資料隊の技術科に勤務していた頃のことである。防衛駐在官に任命された者は、任国への赴任前に、良く渡辺技術課長(海軍機関学校出)の所にご挨拶に来ていた。

防衛駐在は、防衛庁に定期状況報告書を提出する。これらの報告書は、回覧され、技術課長の所にも来る。

殆どの駐在武官の定期報告書は、ペラペラの紙、2~3枚程度で、内容も無い。【技術科の保有している情報以下の内容しか書いていない】 がしかし米国駐在武官の志方俊之さんの物は、約10cm程度と分厚いのである。しかも内容も充実している。【技術科の保有していない情報が含まれている】。

渡辺課長曰く「志方さんは、いつ寝ているんでしょうかね?」不眠不休で働いているに相違ないと。

東京都参与の志方さん、同期の二見【B#6】さんが開催した「安全保障・危機管理セミナー」で講和をする等忙しいのである。防衛省正門のところにあるJMAS【日本地雷処理を支援する会】にも、土井さん【スエーデン防衛駐在官】を始め、野中さん【ドイツ防衛駐在官】、奈良さん【パキスタン防衛駐在官】、山崎さん【パナマ防衛駐在官】等々、語学の達者な防衛駐在官がウジャウジャおりますが、いずれもAggressive【積極的】な方々ばかりであり、頭が下がる感がする。

 

「露探」【Russian Spy】も、忙しいのである:

ソ連の駐在武官は、日本の駐在武官に比べて、非常に忙しいのである。

ある時は、英国のプロフューモ陸軍大臣への調略作戦で、アメリカからの原子爆弾供与の時期や西側諸国の軍事情報を入手する為に、ソ連の英国大使館付き武官イワノフ大佐の陸軍大臣の情婦クリスチン・キラー嬢と仲良くした上で、たんまり機密費を支払い、彼女から情報を取り、モスクワに送っていた。

ある時は、東京モーター・ショウ等の日本の工業技術の粋を集めた展示会を見に行き技術情報を収集し、これをモスクワへ送ったりして、とても忙しいのである。

おや???この外人どこかで会ったような感じがする。外国人に知人のない私は、こんな所で、外人の家族に知り合いは居ない。と思うも、気になるのであった。そして、思い出した!狸穴のソ連大使館のパーディで会った駐在武官であった。

同じように、山手線でも、見かけたことがある。

※   :See:Appendix  1

:MIYANAGA spy incident. Ex-General who loves Russian language very much.

         :宮永スパイ事件 「ロシア語をこよなく愛した元将軍閣下」

 

【原典】

故用閒有五。有郷閒。有内閒。有反閒。有死閒。有生閒。五閒倶起、莫知其道、是謂神紀。人君之寶也。郷閒者、因其郷人而用之、内閒者、因其管人而用之、反閒者、因其敵閒而用者也。死閒者、為誑事於外、令吾閒知之、而傳於敵閒也、生閒者、反報也。

※Comment「誑事【キョウジ】」:means the deceived actions or counter intelligence on military. 

【訓読】

故に間を用うるに五あり。① 郷間あり。② 内間あり。③ 反間あり。④ 死間あり。⑤ 生間あり。五間倶に起こりて、其の道を知ることなし。是を神紀と謂う。人君の宝也。① 郷間なる者は、其の郷人に因【ヨ】りて、これを用うるなり。② 内間なる者は、其の官人に因りて、これを用うるなり。③ 反間なる者は、其の敵間に因りて、これを用うるなり。④ 死間なる者、誑事を外に為し、吾が間をして之を知らしめて、敵間に伝える間なり。⑤ 生間なる者は、返りて報【シラ】せるなり。

【和訳】

間諜【スパイ】には、5種類がある。郷間、内間、反間、死間及び生間である。これらの間諜活動は、区画化がはかられており、他の間諜活動のことは、お互いに知らない。

① 郷間は、敵国の村落の一般住民の中からスパイとする。② 内間は、敵国の官吏役人を買収しスパイとする。③ 反間は、敵の情報員を味方の諜報員に寝返らす。④ 死間は、対情報活動を実施する工作員であり、偽の情報を持って敵側に潜入流布する。嘘がばれると即処刑される「消耗品」である。⑤ 生間は、味方の国と敵国を往来して、敵国内で情報を収集した後に、本国にこの情報を持ち帰り、報告する。

【英訳】

There are five types of spies, local spy, inside spy, reverse spy, dead spy, and living spy. These spies organization adopt compartmentalization system so that each agent can not know other espionage activities at all, so they did not each other.

The local spies are native spies hired in foreign country. Inside spies are recruit from enemy government officials by money. Reverse spies are switch the side from enemy spies to our side spies. Dead spies are our side spies who issue false military information on purpose in enemy territory. So if the information find out not true or false, the spy arrested or captured and killed or executed by enemy. So it is called expendable or throw away spy. And living spies can travel our territory and enemy territory at will. So the living spies collecting enemy information in the enemy territory and return back and report his boss collecting information. When the five kinds of spies are all active, but no one knows their routes and whole organization and activities, it is valuable for the leader ship.

 

若しくは【補足説明】

Five kinds of spies are as follows ;

①    Local spy【郷間】is hired spy from the enemy local residence people.

②    Inside spy【内間】is hired spy from among enemy’s high ranking government officials.

③    Reverse spy【反間】is hired spy from among enemy spies called double agents.

④    Dead spy【死間】is the spy who collecting information of enemy wanted, and also transmit false military information to enemy spies and enemy government usually this operation called counter intelligence. Dead spy is sometimes called expendable.

⑤    Living spy【生間】is come back from enemy territory after collecting valuable information to report with alive.

 

An example of war history on Ninja spies in Japan

These above five type spy agents are used CIA in USA, MI-6 in UK and FSB in Russia except Japan. But Japan has the same systems about 500 years before in Edo period. The founder of Japanese style CIA is the Ieyasu TOKUGAWA. And first Director was Hanzou HATUTORI, expert Ninja and also a master spearman【槍の使い手】.

Lord Ieyasu TOKUGAWA invited welcome reception【饗応】of lord Nobunaga ODA. After the reception he went to Sakai for sightseeing with his 50 men. On that moment, Jun. 2 1582 the Honnoji temple Incident broke out in Kyoto. So Ieyasu must return back to his own country, Mikawa district without finding by AKETI rebel force soldiers. So Ieyasu went through Iga and Koga districts where country of Ninja. Fortunately one of his staff Hanzo HATUTORI, in charge of intelligence section came from Iga- district. Ieyasu returned back safely depends on the good information, arrangement and negotiation by Hanzo HATORI. And he arranged 200 Koga and Iga Ninja agents to escort Ieyasu for safe passage Koga-district. Without Hanzo HATUTORI’s good arrangements and supports, load Ieyasu must be captured and killed by Aketi Mituhide force soldiers.

After the battle of Sekigahara Lord Ieyasu unify a country, he assigned the Barbarian-subduing Generalissimo【征夷大将軍】. And Ieyasu appointed Hanzou HATUTORI the first Director of Gardener【初代お庭番】which means official secret Ninja-spy agent in secret language【隠語で公儀隠密】. The mission of official secret Ninja spy agent is very severe. The official secret Ninja spy agent who died of duty, no one recovered the dead body!. No one recovered the dead body!.【死して屍、拾う者なし。死して屍拾う者なし!公儀隠密の任務は、厳しいのである。】.

Hanzo HATORI’s book of secrets【秘伝書】says“That is to say, the Art of War is very important to nation, the lord to life or death of nation”.【およそ兵は国の大事、死生存亡の道なり】伊賀・甲賀忍術伝書『万川集海』より

Both IGA Ninja and Koga Ninja studied Sun Tzu’s the Art of war.

 

Once USA and CIA, Gen. Manuel Antonio Noriega of Panama, President Saddam Fussein of Iraq and Osama bin Ladin from Iran are regarded as good collaborator and used as secret agents. And finally entrap them by put on label as axis of evil.【悪の枢軸というレッテルを貼って】

 

【原典】

故三軍之事、莫親於聞、賞莫厚於聞、事莫蜜於聞。非聖智不能用聞、非仁義不能使聞。非微妙不能得聞之實。微培微哉、無所不用聞也。聞事未発而先聞者、聞興所告者、皆死。

Comment「間事」:means the contents of spy activities and secret information etc.

【訓読】

故に三軍の事、間より親しきはなく、賞は間より厚きはなく、事は間より密なるはなし。聖智に非ざれば、間を用いることを能わず。仁義に非ざれば、間を使うこと能わず。微妙に非ざれば、間の実を得ること能わず。微なるかな微なるかな、間を用いざる所なし。

間事いまだ発せずして先ずきこゆれば、間と告ぐる所の者とは、皆しす。

【和訳】

そこで間諜は、三軍の中でも、君主や将軍との親密さでは最も親しく、恩賞では間諜に対するものが最も厚く、さまざまな軍務では、間諜の扱う軍務が、最も秘密を要する仕事である。

聡明な思慮深さの持ち主でなければ、軍事に間諜を利用する事が出来ない、また部下に仁愛(深い思いやり)と気概がなければ、間諜を期待道理に使うことが出来ない。はかりがたい微妙な心配りや洞察力がなければ、間諜の情報を掌握することが出来ない。真にもって微妙なことである。軍のどんな場所においてでも間諜は、用いられるのである。患者が極秘事項を外に漏らした場合には、漏らした間者は、もちろん、情報の提供を受けた者も皆殺さなければならない。

そして、もしも君主や将軍が極秘裏に進めて来た諜報活動情報がリークしたことが判明した場合には、この情報を漏らした間諜とその情報提供を受けた関係者全員を逮捕して死罪にすること。

【英訳】

Spies are lord or general’s right-hand person who is the most reliable in the three great Army and three great Army headquarters stuff officers and men. And also the spies are awarded the highest reward in salary and bonus. These spies jobs are required most confidential operations.

Lord and general cannot use spies without wisdom and perfect virtue and attentiveness. And the lord and general cannot get the true information from spies and manage it without unfathomable considerations. To use of spies are very delicate matters indeed. Spies are used in every field and section in the army.

In case of leak of information to enemy, spies must be execute including the related information received.

If you know the leak of the secret information to enemy which is collecting illegally under your secret espionage project, you must be arrest the leaked dead spy agents including person whom concerned shall be put to death.

 

:Comment「スパイの使用の3条件」: Three conditions of the use of spies.

  1. 1.    スパイを将軍の側近の懐刀として用いる。

To use spies general’s right hand man.

  1. 2.    スパイに高給を支払う。

Pay high salary to the spies.

  1. 3.    秘密厳守。

To keep the secret

 

Comment「将軍がスパイ使用時に守るベキ3条件」:

There are three conditions required for general when use of spy.

  1. 1.    「聖智」。 Wisdom
  2. 2.    「仁義」。  Perfect virtue
  3. 3.    「心遣」。  Attentiveness.

 

Comment「スパイの使いかた色々」:

To rule over the whole country under one’s rule【天下を取る】needs to use of spies. Big three, three great lords who conquered the country, Lord Nobunaga ODA, Lord Hideyoshi TOYOTOMI and Lord Ieyasu TOKUGAWA how to use of the able spies is very different.

There is a well-known saying in Japan to reflecting their personality and how to use the spy agents

織田信長: If a little cuckoo would not sing, kill it instantly. If spy agent who do not collect information kill him.

豊臣秀吉: If a little cuckoo would not sing, I will make it sing.If spy agent who do not collect information, I will persuade and trained him to collect information

徳川家康: If a little cuckoo would not sing. I will wait it until to sing.

This case little cuckoo means spy agent.If spy agent who do not collect information I will wait until he report secret information to me with silent pressure

 

ゾルゲ・スパイ事件は、スターリンの謀略であった。

日本の国家機密は、全てクレムリンに筒抜けになっていたのである。これでは、戦争に勝てません。

スターリンは「日本は、ノモンハン事件を本格的な戦争にする意志が有りや?無しや?」「日本は、ソ連を攻撃するか?」と、日本に潜入させたスパイのゾルゲに探らせた。

リヒアルト ゾルゲのソ連に送った回答は「日本国政府は、現地【ノモハン】解決・不拡大方針であり、全面的対ソ戦遂行の意志無し」というものであった。更に、ゾルゲは「このような衝突の続発を防止する為には、日本人に対して、一発食らわして、毅然とした厳しい態度を示す必要がある」と勧告したのであった。

この秘密報告を受けて、スターリンは、ノモハンにチョロチョロと出動した関東軍【Kwantung Army】に一発くらわしたのであった。これがノモンハン事件【Nomonhan incident】の起きた最大理由である。

1939年8月、ソ連の狙撃化師団、機械化歩兵師団【Mechanized infantry division】により、関東軍の第23師団は、壊滅状態となった。

その後、スターリンは、極東のソ連軍をシベリア鉄道【Trans-Siberian railway】で、ドイツ東部戦線に送った。

間諜ゾルゲたった一人で、一個師団、否、十個師団の働きに相当すると言われている。

そして、ゾルゲの恐るべき情報収集は、朝日新聞記者尾崎秀美【近衛内閣の依託ブレーン】を使用して「日本軍は、太平洋戦争を開始し、来る12月に真珠湾のアメリカ軍に先制攻撃を仕掛けるだろう」というものであった。ゾルゲは、この情報を発信すべく、部下の無線通信手にメモを渡していた。

しかしながら、この通信手は、このメモをモスクワに発信する前に逮捕されてしまった。007もゴルゴ13も真っ青の凄腕スパイである。日本に於いては、今も昔も変わらない「重大な情報は上層部から、取るにたらない情報は、下から漏れるのである」要注意!

 

←*:【写真説明】ゾルゲのドイツ人部下マックス・クラウゼンは、この無線機を使用してモスクに秘密情報を送っていた。

 

※ 戦史事例:

織田信長の「桶狭間の奇襲作戦は、特別情報担当幕僚「簗田出羽守正綱」と土豪「蜂須賀小六」の情報に基づいて実施された

 War history example : Surprise attack at Dengaku Okehazama was conducted based on the secret information which collected by the special intelligence stuff Masatuna YANADA DEWANOKAMI and a powerful local clan leader Koroku HACHISUKA

 

And Nobunaga use Ninja spies called Ratupa『乱波』agents who disguised the chief of village, farmers, merchants or road guides【道案内】. These Ratupa agents hired by Nobunaga mainly came from free lance samurai【野武士】or powerful local clan leader【土豪】such as Koroku HACHISUKA. These Ratupa agents collected the intelligence and reported to the information staff of Nobunaga, Masatuna YANADA DEWANOKAMI

 

Nobunaga collected information on IMAGAWA force long before the start of war through Ratupa agent. Koroku HACHISUKA who was once a boss of Hideyoshi in boyhood, this time free lance wandering samurai group【野武士】. Koroku HACHISUKA conducted sabotage operation to IMAGAWA force by the order of Nobunaga through intelligence staff.

 

The battle of OKEHAZAMA between ODA force and IMAGAWA force started May 12, 1560. Lord Yoshimoto IMAGAWA and his 25,000 men departed from Suruga province to go up Kyoto to have an audience with Emperor【天皇に拝謁するため】.In this case Yoshimoto IMAGAWA must pass through Owari province where Lord Nobunaga ODA rule. Lord Yoshimoto IMAGAWA and Lord Nobunaga ODA were longstanding opponent【長年にわたり敵対関係にあった】

Lord Nobunaga ODA knew the importance of military information very well. Nobunaga ODA anticipated the invasion of IMAGAWA force and prepared the plot organization by use of powerful local clan leader Koroku HACHISUKA who was a friend of Toukichro KINOSHITA former name of Hideyoshi. Now Toukichiro is vassal【家臣】of lord Nobunaga ODA. And a chief of the 15 foot soldiers【15名の足軽の組頭】.

 

When IMAGAWA force, 25,000 men invaded the ODA territory and attacked and occupied two castles, WASHIZU castle【鷲津城】and MARUNE castle【丸根城】these castles belonged to ODA clan, finally surrendered. Lord Yoshimoto IMAGAWA puffed-up【驕り高ぶった】and had good feeling on his attack success. Yoshimoto thought these two castles could use foothold for Owari province where Nobunaga ODA rule.

 

:   Comment  : 1560年5月19日、今川義元、織田信長の奇襲に敗れる「織田信長は、類稀なる情報通であった」:

Koroku HACHISUKA, former boss of Toukichiro KINOSHITA  Hideyoshi , disguised chief of village proposed to Yoshimoto’s vassal. Congratulations! Perfect victory to capture two castles, WASHIZU and MARUNE are happy event for our villagers

“And well come to Dengaku Okehazama, I am a village chief of Dengaku Okehazama” “Please take a short rest over there, we prepare and serves dinner and Sake”

Koroku HACHISUKA, disguised village chief canalized the IMAGAWA force to Dengaku Okehazama【田楽桶狭間】. The terrain of Dengaku Okehazama is death ground where surrounded by mountains all direction and only one small narrow road pass through it so local people called the place Dengaku Okehazama defile. This defile is good place or killing pockets for a smaller force can strike large force easy. The death ground is Sun Tzu the Art of war prohibit stay there. But Yoshimoto IMAGAWA forgets the Sun Tzu the Art of War.

Koroku HACHISUKA proposed the rest of one night bivouac to make a big victory celebration party. “Please stay here, we are prepared delicious Sake and food for your victory”. So Yoshimoto rested here by the recommendation of Koroku HACHISUKA.

 

Chief of Commander, Yoshimoto IMAGAWA decide to bivouac at Okehazama with only three hundred Lord Guard at bivouac area by the request of village chief. And also he held big drinking combat victory party and rest. This place is very narrow concave ground can not stay and camp large force, so IMAGAWA dispersed formation.

 

Yoshimoto IMAGAWA took one night bivouac at Dengaku Okehazama and all the soldiers enjoyed warm reception. Yoshimoto get drunk on the wine of victory【義元は勝利の美酒に酔っていた】

 

And Koroku HACHISUKA called his subordinate Ratupa and order to report to Nobunaga secretly “Top secret. Yoshimoto IMAGAWA this night stay at Dengaku Okehazama”

 

By the order of Koroku HACHISUKA runner messenger【伝令】dispatched to Nobunaga with IMAGAWA force information. 

Nobunaga ODA received a secret letter in advance dispatched by Koroku HACHISUKA. The secret letter depicted that: “Top Secret, Yoshimoto IMAGAWA rest at OKEHAZAMA, and he will be one night bivouac at Okehazama”

 

Lord Nobunaga ODA got the information on the weather of early morning on May 19, 1560. Nobunaga got information from local old man who can good weather forecast. He said to lord Nobunaga “My lord, tomorrow will be local heavy rain【局地豪雨】fall at Dengaku Okehazama【田楽桶狭間】area, this localized heavy rain fall with thunder”.

 

Lord Nobunaga thought this heavy rain fall would make hard to recognize our accessing force from IMAGAWA’s soldiers. Because of the battle field noise such as whiny of horse and noise of armor contacts were vanished by heavy rain fall.   Nobunaga thought the noise of horses and soldiers was downed out by localized heavy rain. IMAGAWA force soldiers couldn’t hear our 2,500 men force noise by the heavy rain. So he thought we could surprise attack to Yoshimoto force headquarters and chop off Yoshimoto head.

 

Commander in Chief, Nobunaga ODA command only two thousand troops galloped to OKEHAZAMA. He marched with a round route which couldn’t take notice from enemy IMAGAWA force. And attacked IMAGAWA main force headquarters【本陣】. ODA force attacked IMAGAWA headquarters and chopped off the head of Commander in Chief Yoshimoto IMAGAWA.

 

ODA force attacked the Yoshimoto IMAGAWA force couldn’t fight back ODA force because of hangover too much. Commander in Chief【総大将】Yoshimoto IMAGAWA was killed by the first lancer in charge【一番槍】

The reward and praise of distinguished service was awarded by evaluation for one’s achievements and performance【論功行賞】of this battle of Okehazama, to special information staff, Masatuna YANADA DEWANOKAMI 【簗田出羽守政綱】. He reported every movement of Yoshimoto force to Lord Nobunaga ODA. And controlled the Ratupa spies agents. Not for the first lancer of attack to Yoshimoto【今川義元に対する一番槍ではなかった】.

 

【原典】

凡軍之所欲撃、城之所欲攻、人之所欲殺、必先知其守将、左右、謁者、門者、舎人之姓名、令吾間必索知之。必索敵人之閒来閒我者、因而利之、導而舎之、故反閒可得而用也。因是而知之、故郷閒内閒、可得而使也、因是而知之、故死閒為誑事、可使告敵、因是而知之、故生閒可使如期。五閒之事、主知之。知之必在反閒。故反閒不可厚也。

Comment「守将」:means general in charge of special mission.

:Comment「謁者」:means protocol officer.

:Comment「舎人」:means house keeper and gate keeper.

【訓読】

凡そ軍の撃たんと欲する所、城の攻めんと欲する所、人の殺さんと欲する所は、必ず先ず其の守将・左右の謁者【エッシャ】、門者、舎人【シャジン】の姓名を先ず知り、吾が間をして、必ず之を索めて、知らしむ。

必ず敵人の間の来たりて、我を間する者を索め、因りて之を利し、導きて、之を舎【オ】く。故に反間(者)を得て用うべきなり。

是に因りて、これを知る。故に郷間(者)・内間(者)を得て使うべきなり。是に因りて、是を知る。故に死間(者)、誑事をなして敵に告げしむべし。これによりてこれを知る。ゆえに生間期の如くならしむべし。五間(者)の事は、主必ずこれを知る。これを知るは、必ず反間にあり。故に反間は、厚くせざるべからざるなり。

【和訳】

撃ちたいと思う敵軍、攻めたいと思う城、殺したいと思う人物がいるのであれば、まず敵の司令官、敵の城を守る守備隊長、敵の特定人物を守る警護隊長は、むろんのこと儀典官や家事手や門番に至るまで、必ず事細かに密かに調べさせること。

敵の間諜でこちらにやって来て、スパイをしている者を探し出し、これを捕まえて、我が方に寝返えらせる。そして利益を与えて反間諜として用いる。

この反間を介して、敵情を知ることが出来るから、死間を使用して、偽りの情報を流した上で、敵方に偽情報を与えることができるのである。この反間(二重スパイ)によって敵情を知ることができる。更に敵の情報を得る為に、生間を計画どおりに働かせることが重要である。

そこで、二重スパイは、敵の情報活動を知る上で、大変重要な存在であるので、ぜひとも優遇するべきである。

【英訳】

Whenever you want to strike an enemy force or to attack a besieged castle, or to assassin an enemy side key person, first of all, you must to know enemy situation including the name of the defending general of the army or defending castle commander or body guarding officer in charge of chamberlains and protocol officer, including their house keepers and gate keepers etc. So let your spies to find out these enemy person identities and ascertain in details by secret orders and instructions.

You seek and find out enemy spy agents who have come to spies on your country, arrest them and bribe them, and induce them to change your side with many profit. After this you can use them as reverse spies or double agents. By use of this double agent, you can deliver false information to enemy.

You can know enemy information by use of double spies so you make false information for enemy and handed this misinformation to your dead spies to convey to the enemy. By intelligence thus obtained from double agents, you can know the enemy’s situation. It is important to get more enemy information from living spies, so you need living spies to work as planed.

It is essential for a country leader to know about the five kind of espionage, and this knowledge depends on double spies,

So double spiesdouble agentsmust be treated extremely well, because of to get important enemy information.  

 

:Comment「ゴルゴ13」:This is the world of comics “GOLGO thirteen” which is written by Takao SAITO

 

Attention : To use of double agent requires special attention. He has already once betrayed his lord and country, and may be betray you in future. So you must be most intimate with him by pay maximum attention.

Attention to Self Defense Forces personnel : The military attaché of Russian Embassy adhere to the Golden rule of key word “to get the Self Defense Forces personnel is “MICE「ネズミ」”.

M short for Money       お金

I short for Ideology       イデオロギー

C short for Chantarge    脅迫      フランス語

E short for Ego ­              うぬぼれ  自尊心

特に自衛官(含む元自衛官)に対しては「うぬぼれ」を利用されたケースが多いのである。狸穴住在の駐在武官曰く「ヤポンスキーから情報を得るのは、ヨイショと持ち上げるに限る」と。宮永元陸補(中央資料隊一科長:ソ連担当科)がコゾロフ大佐に、萩崎元三等海佐(防大で国際関係専攻)がボガジェンコフ大佐にそれぞれコロリとやられたのは、何れも「オーチン ハラーショー。貴方のロシア語は素晴らしい」でした。

自衛官の諸君!狸穴住んで、「跳梁跋扈」いる駐在武官には、くれぐれも要注意。狸の手先となって隠蔽体質の防衛省から秘密をドンドン持ち出ださないようにして頂きたいものである。

そして、最近は、中国の情報機関の差し金で暗躍する「お色気ムンムンのおネイちゃん」を利用したhoney trapに、してやられた外務省の電信官や海上自衛隊員もいる。要注意。

 

跳梁跋扈 【ちょうりょうばっこ】             

Evil men rampant and prevailing in the world

Comment 1 : 「跳梁」 means “ Hop and jump ”, and 「跋扈」 means “ Rampant or large fish jump off fish catch bamboo net and escape “

 

※   :See:Appendix  1

:MIYANAGA spy incident. Ex-General who loves Russian language very much.

         :宮永スパイ事件 「ロシア語をこよなく愛した元将軍閣下」

      【陸上自衛隊きっての“謀略のプロ”は、ソ連の二重スパイであった】

 

【原典】

昔殷之興也、伊摯在夏。周之興也、呂牙在殷。故惟明君賢将、能以上智爲閒者、必成大功。此兵之要、三軍之所恃而動也。

:Comment「殷」:means Yin (商:Shang) Dynasty.

Comment「伊【イシツ】」:means Mr. Yi Zhi, the founder of Shang Dynasty.

Comment「夏」:means Xia Dynasty, founded by Mr. Wu【兎:Rabit

Comment「周」:means Zhou Dynasty.

:Comment「呂牙」:means Mr. Lu Ya, the founder of Zhou Dynasty.

上智:means the most resourceful person or highly intelligent person.

Year

Name of Dynasty

Name of Emperor

Founder of Dynasty

BC 2200

夏【 Xia 】

兎皇帝【 Wu 】

伊尹【 Yi Yin 】

BC 1700

殷【 Yin 】

湯皇帝【 Yu 】

伊摯【 Yi Zhi 】

BC 1100

周【 Zhou 】

武皇帝【 Pu 】

呂牙【 Lu Ya 】

そして、孫子の活躍した、春秋戦国時代となり、宋・衛・魯・陳・蔡・曹が争うのである。

【訓読】

昔、殷の興るや、伊摯【イシ】は、夏に在り。周の興るや、呂牙、殷に在り。故に惟だ、明君賢將のみ能【ヨ】く上智を以って間となす者にして、必ず大功を成す。此れ兵の要にして、三軍の恃【タノ】みて動く所なり。

【和訳】

その昔、殷王朝が夏王朝を討って天下を取った時、殷建国の功労者伊摯は、打倒した夏王朝の中枢に伊尹が間諜として密かに入り込んでいた。

そしてまた、周王朝が天下を取ったのは、かの有名な建国の功臣呂牙、別名『太公望』が間諜として、敵国の殷の中枢に間諜として入りこんでいて、敵情を知っていたからである。

だから、明君賢将のみが、有能な知恵者を凄腕諜報員に仕立て上げて、これを敵国に密かに派遣して、敵国の情報を得て、この情報を活用して、作戦計画を立案し、成果を出すことが出来る。これらの間諜こそ、戦争の要であり、彼らが得た情報により、全軍は、輝かしい戦果を得ることができるのである。

【英訳】

Once upon a time, at the time of the rise of Yin Dynasty in China by defeated the Kingdom of Xia, Summer Dynasty. Father of construction the Yin Dynasty, Mr. Yi Zhi slipped into the center of enemy Xia Dynasty secretly as a vice minister, double agent of Yin Dynasty in advance.

And also, at the time of the rise of Zhou Dynasty by the well known as Tai Kung Wan, a famous fisher angler, infiltration into enemy center of Yin Dynasty as double agent. Mr. Lu Ya, founder of the Zhou. China history is full of spies and intrigue with double agents.

Therefore only a brilliant lord and / or a wise general can train up gifted person for high caliber spy and dispatch to enemy country in secretly and get valuable information from the enemy. After that the lord and the general making a strategy or operation plan. That is spies are a keystone of information collecting operation. Whole army can get brilliant military achievements in the war by maximum use of the spy collecting valuable information.

 

※    情報将軍「明石元二郎」少将の大活躍:

レーニンをして「勲章を付与したいほどの男」と言わしめた男。

Before the start of Russo-Japanese war. Japanese Imperial Army want decrease the power of Romanoff Dynasty of Russia. The best course of action is to support the anti Romanoff Dynasty guerrilla action.

When Col. AKASHI assign to military attaché at Sankt-Petersburg, the capital of Russian Empire, he received secret mission from Gen. KODAMA, Deputy Chief of Stuff, Japanese Imperial Army. The secret mission is “Go to Stockholm and contact with member of Lenin Communist party and support the subversive activities for the Romanoff Dynasty. And Col. AKASHI support Communist party by donation of one million yen secret money. Today value about ten billion Yen:100億円】. Owing to Col. AKASHI secret support for communist party, which lead to the downfall of the Romanoff Dynasty

German Emperor Gaizel said “Col. AKASHI is the most astonishing person in this century, because of his achievements is equivalent to two hundred thousand Japanese soldiers.” ドイツ皇帝カイゼルをして「明石大佐は、今世紀最も恐るべき人物である。20万の全将兵と同じ働きをたった一人でやってのけた」といわしめた。

Founder of Soviet Vladimir Lenin said himself “I would like to give a decoration to Col. AKASH for our success on revolution”

Col. AKASHI’s achievement is to support and help Russian people who groan under the oppression by Czar. Col. AKASI’s idea is to help oppressed people and it meet the national interest of Japan same as fundamental principle of JICA.

ちなみに、明石大佐は、レーニのことを『礼仁』の暗号命【Code name】を使用していた。

明石大佐のこの偉業に刺激されて「陸軍中野学校」創設された。この陸軍中野学校の校風は「謀略は、誠なり」。

NAKANO school of Imperial Japanese Army’s school motto is “Plot must have sincerity” 

そして、その目指す所は、「東南アジアの貧しい植民地の人々、専制政治に苦しんでいる住民、白人の隷下で虐げられている東洋人を解放し、独立させて、住民側に立った民衆支援こそ、同じアジア民族の務めである」と。崇高・高邁なる思想であった。

そして「国と国家のために、野末の捨石となれ」と教育していたのである。JICAの『人間の安全保障』精神を凌ぐものすごいものであった。笹川良一さんの口癖「世界は一つ、人類皆兄弟」「世界は、一つの家、みんな仲良く」は、即ち「八紘一宇」の世界でもある。

 

※ 情報将軍 福島安正のお人柄:

福島安正は、陸軍士官学校も陸軍大学も出ず、陸軍最初の海外派兵で、英語通訳として台湾に派遣され、陸軍大将まで上り詰めた、努力の情報将校である。

1992年(明治25年)欧州留学の帰途、14ヶ月かけて、15,000km単騎シベリア横断をし、当時建設中であったシベリア鉄道の情報を入手した、異色の経歴の持ち主である。

日露戦争では、満州軍総司令部 総参謀長 児島源太郎と共に、参謀少将として『対露諜報戦』の指揮を取ったのである。