2015年2月
« 1月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

孫子の兵法 第6 虛實篇

以下の『孫子の兵法』の第六 虚実篇は、〔財〕自衛隊援護協会より出版された『山本賢の孫子の兵法』Even monkey understand Mr. YAMAMOTO’s “Sun Tzu’s The Art of War”から民間人ににも解りやすく特殊な戦術用語を避け加筆訂正したものです。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 

 

 

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の本です。

山本賢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6 虚實篇

Chapter 6: Empty and Solid

 Comment 「虚」means Empty or Weak point

「實」means Solid or Full or Strong point

 

【原典】

孫子曰、凡先處戰地、而待敵者佚、後處戰地、而趨戰者労。故善戰者、致人而不致於人。

【訓読】

孫子曰く、凡そ[兵を持ちうるに]先に戰地に處りて、敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて、戰いに、趨く者は、労す。故に善く戰う者は、人を致して、人に致されず。

【和訳】

孫子はいう。およそ戦いの際には、先に戦場を支配する要点を占領して、後から来る敵を待って戦闘を開始する部隊は、有利な戦いを実施することが出来る。これに対して後から戦場に着いて、すぐに戦闘に参加しなければならない部隊は、苦戦をしいられる。これが『実』と『虚』である。

だから、戦い上手な指揮官は、常に自分が主導権を握って戦い、相手には、主導権を渡さない。つまり、敵を惑わすも、敵の作戦行動には乗らずに、敵の思いどおりにされない。

【英訳】

Sun Tzu said that in case of start combat, the force reached and occupied first key terrain where the favorable and advantage terrain for fitting. But the force reach on the battle field later, and compelled to start the battle on the battle field is hard, because of they are all ready fighting power used up and soldiers are tired out. This is an examples of “Fullness” that is active operations or initiative operations with full of energy and “emptiness” that is passive operations by tired out before the start of war.

So skillful commander at war always impose his will to enemy force with many plots, but he do not allow the enemy to impose plot to own force. That is the skillful commander always takes initiative at battle field, and never hand over the initiative to the enemy commander.

 

【原典】

能使敵人自至者、利之也。能使敵人不得至者、害之也。故敵佚能労之、飽能餓之、安能動之。

【訓読】

能〔よ〕く敵人をして自ら至らしむ者は、これを利すればなり。能く敵人をして至を得らざらしむる者は、これを害すればなり。

故に、敵、佚【イッ】すれば、能くこれを労し、飽きれば、能くこれを飢えしめ、安んずれば、能くこれを動かす。

【和訳】

敵の部隊を操り人形のように、我が方の思い道理に動かすためには、敵の指揮官にそうすれば、有利であると思い込ませることが、何よりも重要である。反対に、敵の指揮官に、作戦行動を思いとどませるためには、敵の指揮官に、そうすれば不利であると思いこませることが大事である。

だから、敵が有利な主導的立場にいるときには、それを切り崩して、其の力を減殺することに務めよ。敵軍の物資が十分に有る時にでも、相手の物資保管倉庫を襲えば、相手を飢えさせる事が出来る。良く休息を取っている敵に対しては、疲労させよ。兵糧が十分で腹いっぱいに食べていれば、それを飢えさせること。敵が安心していれば、心配させよ。

【英訳】

To manipulate enemy force like a puppet by induce the enemy commander as if good chance has come for the enemy commander to do so. On the contrary, to stop enemy operation is to make believe the enemy commander to carry out this operation is very harmful and danger for the enemy themselves.

If enemy commander has initiative position, you break this enemy initiative position and try to week enemy force. If enemy has full of supply, cut the logistic route and attack storage point, if enemy soldiers have good rest and recreation, make enemy soldier unrest and tired out. If enemy soldier have full of stomach, you make them hungry and thirsty. If the enemy soldiers feel safe, let enemy solders anxious by rumor etc.

 

【原典】

出其所不趨、趨其所不意。行千里而不労者、行於無人之地也。攻而必取者、攻其所不守也。守而必固者、守其所不攻也。故善攻者、敵不知其所守。善守者、敵不知其所攻。

【訓読】

其の趨(おもむ)所に出でて、其の意(おも)わざる所に趨く。千里を行いきて労せざるは、無人の地を行けばなり。

攻めて必ず取るは、其の守らざる所を攻むればなり。

守りて、必らず固きは、其の攻めざる所を守るなり。故に、善く攻むる者は、敵、其の守る所を知らず。善く守る者は、敵、其の攻むる所を知らず。

【和訳】

敵が必ずやって来ると予想される重要な場所には、先回りしてこれを奪取せよ。敵の予期しない地点を急襲せよ。

千里の道を強行軍しても疲れないのは、敵の間隙を縫って、敵が守備していない地区を迂回して前進するからである。

攻撃を実施し必ず目標を奪取することが出来るというのは、敵が全然守備していない所を攻撃するからである。

防御が万全である場所を攻撃することは、被害が多く出るので、敵は、ここへの攻撃を躊躇することになる。それ故に、攻撃の巧みな将軍にかかると、敵は、どのようにして、何処を守ったら良いかが分らず、反対に、防御の上手な将軍にかかると、敵は、どのようにして、何処を攻めたら良いか分らなくなるのである。

【英訳】

Advance to the place and occupy the key terrain where enemy force will be come later and take this key terrain and occupy it in advance enemy come. So enemy can not use this key terrain. And also surprise attack to the place where enemy commander no expectation a.

The reason of do not tired at all by forced march one thousand miles away is to select the marching route where there is no enemy defend at all.

All ways can get the objectives in attack without fail is to attack the place where enemy is no guard at all.

To attack place where defense is perfect, enemy will hesitates to attack here, because of enemy expect too much loss and casualties to attack. Therefore, skillful general in attack operation, defending enemy does not know what and where to defend, on the contrary, expert general in defense operations, attacking enemy does not know how and where to attack.

 

【原典】

微乎微乎、至於無形。神乎神乎、至於無聲。故能為敵之司令命。

【訓読】

微なるかな、微なるかな。無形に至る。神なるかな、神なるかな、聲無きに至る。故に能く敵の司令を為す。

【和訳】

微妙なるかな、微妙なるかな、最高は、無形である。従って、敵は、我が企図を知ることができない。神秘なるかな、神秘なるかな、最高は、無音である。敵は兆候音が聞こえないので、我が部隊の意図を知ることが出来ない。つまり、敵将は、我が軍の意図が見えず、聞こえずの状態に平常心を失い、うろたえるのである。

 

【英訳】

Delicate and subtle! Indeed! Delicate and subtle! Indeed! It like God’s act or Demon’s act. Which means the best shape of force is no certain form, so enemy commander can not see and understand our force intention. Mysterious and enigmatic! Indeed! Mysterious and enigmatic! Indeed! The best sound is silence and no sound at all, because enemy commander can not hear our force symptom sounds at all, so enemy commander can’t understand our force commander’s intention at all. So enemy commander lost his temper what shall I do because of no shape and sound formation.

 

【原典】

進而不可禦者、衝其虚也。退而不可追者、速而不可及也。故我欲戰、敵雖高塁深溝、不得不興我戰者、攻其所必救也。我不欲戰、書地而守之、敵不得興我戦戰者、膠其所之也。

【訓読】

進みて防ぐ可【べ】からざるは、其の虚を衝けばなり。退きて追うべからざるは、速やかにして及ぶ可からざるなり。故に我戰わんと欲すれば、敵、塁を高くし、溝を深くすと雖も、我れと戰わざるを得ざるは、其の「必らず救う所」を攻むればなり。

我れ戰いを欲せざれば、地を画してこれを守ると雖も、敵、我と戦うことを得ざるは、其の行く所に背けばなり。

【和訳】

わが軍の進撃に対して、敵が抵抗し防御することが出来ないのは、わが軍が常に敵の弱点を突いているからである。我が軍が退却している際に、敵が追随することができないのは、其の移動が迅速で捕捉が不可能であるからである。

そこで、我が軍が敵と一戦を交えたいと望めば、たとえ敵が城壁を高く築き、堀を深く掘って防御に専念していると云えども、わが軍が「敵が城外に出て戦わざるを得ない状況を作り出し」てから、敵がこの「場所に救援に来たところ」を我が軍が攻撃することが重要である。

我が軍が戦闘を避けたいと思えば、我が軍が陣地を築くことなく、地面に線を描いただけでも防御をすることができる。即ち敵が来ないので防御が可能となるのである。敵の当初の攻撃目標を外の攻撃目標に変更すべく、仕向けることである。

【英訳】

The reason that enemy can not resist and defense our force quick advance or attack is our force all ways attack enemy’s week point. The reason of enemy can not catch up our retreat force is “Our force retreat speed is fast than enemy force attacking speed”, so enemy can not capture our force.

If our force wants to fight against strong defense enemy, even if the enemy defend inside castle which is defend by high walls and deep moats. Our force needs to making tricks such as attack the place where “Enemy force obliges to come out from the castle and to rescue the independent enemy unit etc.”

If our force wants to avoid fighting, divert enemy force in advance, so our defending force can defense enemy attack “Even if draw a defense line on the ground” That is certain trick operation indispensable for enemy, do not come to our defense position. Compel the enemy to diverts initial objectives and divert another different objectives which we want.

 

 CommentⅠ: この作戦を『調虎離山』作戦という。「虎を欺き、山を離れさす」作戦とは、戦場において有利な緊要地形にいる敵を、誘き出し、これを殲滅する作戦である。

 CommentⅡ: 「必ず救う場所」とは、曹操は『其の糧道を絶ち、其の帰路を取り、其の君主を攻める』と解説している。即ち、食料補給経路、帰路(安全確保経路)、君主(指揮系統)を攻撃することを提案している。

 

【原典】

故善將者、形人而我無形、則我専而敵分。我専而為壱、敵分而為十、是以十攻其壱也。我寡而敵衆。能以衆撃寡者、則吾之所興戦者約矣。

【訓読】

故に善く将たる者は、人を形して、我に無形なれば、則ち我は専にして、敵は分かる。我は、専まりて壱となり、敵は、分れて十となれば、是れ「十を以って、その壱を攻むるなり」。

我れは寡【スクナ】くして、敵は衆【オオ】きも、能く寡をもって衆を撃つ者は、則ち吾が与に戦う所の者の約なればなり。

 Comment「専ら」means exclusively get together with one.

【和訳】

そこで、巧みに部隊を指揮する将軍は、敵に対して、わが軍の配置と意図を秘匿したまま、専ら己の兵力を一点に集中させる。一方、敵は、我が方の情報が得られないので兵力を分散配置せざるをえない。

仮に我軍が ― 敵情をはっきり知ることが出来、敵に味方の内情を悟らせない ― 集中し、一団となり、敵が目いっぱいに分散しているとすれば、我軍は、兵力を集中することが出来る。即ち一箇所に、敵の十倍の兵力を集中させ、分散した一の力の敵を撃破することが出来る。我は、敵の態勢に応じて、兵力を集中することができる。

我方の兵力は、全体としては少なくとも、敵の兵力が全体として大きくとも、我が方の小勢力で、敵の大部隊を撃滅することが出来るのは、個々の戦場では、我が方の戦力が上回っているからである。これを各個撃破という。

【英訳】

Skillful commander let one’s force concentrate in secret and hide from enemy observations, and also conceal his intention from enemy’s eye. On the other hand enemy commander can not concentrate his force, because of his enemy commander’s intention unclear. So enemy force commander take disperse his force formation because of situation unclear.

If our force know enemy situation very well, but enemy did not know our force, we concentrates our force as one and if enemy divide the force ten small forces for get security, our force can ten times concentration against enemy, and can destroy enemy dispersed small force by piece meal attack. That is our small force can destroy large enemy force in detail.

Our force is small in total and enemy force is very big though, our small force can destroy the big enemy force is defeat in detail tactics. Each battle field our force strength is bigger than enemy force so we can win at each small battle field. This means defeat in detail.

※ Comment:『衆を以って寡を撃つ』

これを「各個撃破」means “Defeat in detail”と言う。これが弱者の戦法である。何よりも「情報」と「戦術」が重要であり、日本の「箱庭」や「盆栽」の様な地形を利用して、大軍と戦うことが出来る。

※ Comment:『衆を以って寡を撃つ』

旧日本軍の冒した過ちは、「攻撃精神の充満した訓練を積んだ精鋭部隊は、よく寡を持って、衆を撃ち破ることができる」と、いつの間にか「情報の収集・分析」が欠落してしまったことにある。そして「国際紛争」=「軍事力で解決」の思考過程となった。

 

【原典】

吾所興戦之地不可知、不可地、則敵所備者多、敵所備者多、則吾所興戦者宴矣、

【訓読】

吾の与【トモ】に戦う所の地を知る可からず。知る可【ベ】からざれば、則ち敵の備うる所の者は多し。敵の備うる所の者の多ければ、則ち吾れの与に戦う所の者は多し。敵の備うる所の者の多ければ、則ち吾の与に戦う所の者は寡【スクナ】し。

【和訳】

我が軍が、敵の何処を攻撃しようとしているかを、敵に知らしめてはならない。敵は、攻撃される場所を知ることが出来ない以上、多くの場所に備えるべく、円周防護せざるを得ない。すなわち敵の配備は手薄となり小部隊となる。つまり、敵が多方面に兵力を配備するのであれば、我が軍が遭遇する敵は、どの方面であろうとも、わが軍の正面の敵は、ごく少数になるということになる。

【英訳】

So let the enemy commander our force’s intention unclear such as when and where to be attack, so enemy commander compel to prepare all around defense. That is all around defense let enemy force became small enemy force on each spot. That is we can concentrate our force to one point by force concentration. But enemy can not concentrate one point. So our force is strong on attacking point by force concentration.

 

【原典】

故備前則後寡、備左則右寡、備右則備左寡、無所不備、則無所不宴。

【訓読】

故に、前に備うれば則ち後寡く、後に備えれば則ち前寡く、左に備うれば、則ち右寡く、右に備えれば則左寡く、備える所無ければ、則ち寡からざる所無し。

【和訳】

従って、少数だから、前方を硬く守備すれば、後方が手薄となり無防備となり、後方に重点を置き固く守備すれば、前方は手薄になる。左翼を強化すれば、右翼が弱点を暴露し、右翼を補強すれば左翼が戦力不足を来たすことになる。すなわち、全てに備えようと考えれば、全ての箇所が弱まることになる。

【英訳】

While prepares front line strong, rear will be unprotected, and if prepares the rear strong, one’s front line will be weak. If reinforce his left flank, there will be weak on the right flank, and if strength his right flank, his left flank will be vulnerable. If one wants to defend all around, he will be vulnerable in all sides.

 

【原典】

宴者備人者也。衆者使人備己者也。

【訓読】

寡【スクナ】き者は、人に備うる者なり。衆【オオ】き者は、人をして己に備え使むる者なり。

【和訳】

戦力を多方面に分散して過小にしてしまった者は、敵に対して守備に立たされざるを得なくなる。一方、優勢となった戦力を要点に自由に集中しうる者は、敵を否応なく守備の態勢に追い込むことが出来る。

【英訳】

Those who disperse the force scattered all around position against enemy, so enemy compel to defensive position. On the other hands, those who concentrate force can make a strong point and can take a initiative operations, compel the enemy to defensive position.

 

【原典】

故知戦之地、知戦之日、則可千里而会戦。

【訓読】

戦いの地を知り、戦いの日を知れば、則ち千里にして会戦すべし。

【和訳】

そこで、戦うべき場所、戦うべき日時を正確に予測できるならば、たとえ千里も先に遠征したとしても、戦いの主導権を握り、勝利することができる。

【英訳】

If you can know fighting place and date and time accurately in advance, you should dispatch the force one thousand miles away and you can take an initiatives in the battle field. So you can get victory without fail.

 

【原典】

不知戦地、不知線日、即左不能救右、右不能救左、前不能救後、後不能救前。而況遠者数十里、近者数里呼。

【訓読】

戦いの地を知らず、戦いの日を知らざれば、則ち、左は右を救うに能わず、右は左を救うに能わず、前は後ろを救うに能わず、後ろは前を救うに能わず。而に況んや、遠き者は、数千里、近き者も数里なるや。

【和訳】

これに反して、何処で戦うのか、いつ戦うのかの時と場所とを判断できず知らないならば、左方の部隊は、右肩の部隊を救援することが出来ない。例え現在地が戦場であっても、敵に、主動権を取られて、左翼は右翼を、右翼は左翼を支援できない。第一線部隊は後方を、また後方は第一線部隊を支援することが不可能となる。このような状態では、遠いところで千里、近いところで数里に分散した部隊を支援することなど到底出来ない。

【英訳】

Those who can not estimate of the time and place to fighting, and also conduct aimless fighting operation even though fighting at this position, initiatives fall in enemy hands, and can not mutual support right wing support left wing, or left wing support right wing, and front line will not support logistic unit and logistic unit will not support front line. This is impossible further to conduct mutual support one thousand miles away or even though several miles apart.

 

【原典】

以吾度之、越人之兵雛多、亦妥盆於勝負哉。故曰、勝可為也,敵雛衆、可使無闘。越人之兵強多、亦奚畚於勝敗哉、故曰、勝可為也、敵雛衆、可使無闘。

【訓読】

吾を以って之を度【ハカ】るに、越人(敵)の兵は多しと言えども、亦【マタ】なんぞ勝に益あらん。故に曰く、勝つは為す可きなり、敵、衆しと雖も、戦うこと無からしむ可し。

越人の兵は、多しと雖えども、亦たなんぞ勝つに益せんや。敵は、衆しと雖も、戦いなからしむべし。

 

【和訳】

私個人の考えですが、現在、越軍の戦力(兵員数)が我が呉軍より多いと算定されておりますが、越軍は、兵の数が多いからといて必ずしも、勝つことが出来るというものではありません。我々が策を用いて戦うのであれば、越軍は、いかに優勢であっても、策が無ければその優勢の利益を引き出して、戦いに勝利を収めることは出来ません。従って勝利は、創造すべきものである。たとえ、敵が数的に強大であるといっても、吾が方には、その優勢な敵を戦えないようにすることが出来るのである。

私の状況分析によりますと、『越の国の兵士がわが国の呉と比べて、兵の数が多くのですが、彼らには戦術がないので、わが国に勝つことが出来ないと思います。敵は、たとえ大勢いても、私の虚実の戦術で、敵が十分に戦えないようにすることができます。

【英訳】

At present information the force strength of Etu army estimate out numbered our Go army’s number. But if our force fight against Etu army with full of tactics and plots, Etu army can not win, because of hey are do not have a good plan and tactics. There for victory is can create output. Even if enemy has out numbered soldiers, I can prevent enemy force from engaging because of conceal our intention.

According to my estimation By my Sun Tue’s the Art of war, I think that even if our enemy, the country of Yueh【越】are out number of us, WuGo:呉】, but they are no tactics at all, so the Enemy, the country Yueh【越】can not get win. Even if enemy is out number to us, it is no credit of enemy victory to the Yueh【越】. Even if the Yueh【越】army are out number of us, they can not fight any more by my Emptiness and Solid tactics, Sun Tue the Art of war.

※   Comment「局所優勢主義」:小部隊と言えども「重点に戦力を集中」すれば、大軍に勝つことが出来ると孫子は言っているのである。この部分は、『孫子の兵法』の著者孫武が呉王に自分を宣伝したとされている。

 

覚えておこう『四字熟語』

呉越同舟【ごえつどうしゅう】

☆  Bitter enemy board on the same boat.

☆  It need collaboration each other even if enemy when meet across hardship.

Comment 1 : 「呉越」 means “ The country of 「呉」 and the country of 「越」 are both fighting each other in long time, and 「同舟」 means “ Board on same boat ”

Comment 2 : 

Board on the same boat Arab and Israeli must collaborate each other if boat meets across the typhoon.

 

【原典】

故策之而知得失之計、作之而知動静之理、計之而知死生之地、角之而知有餘不足之處。

【訓読】

故にこれを策して得失の計を知り、これを作して動静の理を知り、これを形して死生の地を知り、これに角れて有余不足の処を知る。

【和訳】

そこで、戦局を推測して、彼我の優劣を考察して、現状を把握する。そして誘いをかけて、敵の出方を観察する。作戦行動を起こさせて、地形上の急所を探し出す。威力偵察を実施して、敵の陣形の弱点を知る。

【英訳】

To know the present combat situation by analyzing the information of both enemy and our force, and also enemy force’s superiority and inferiority points compare to our force. And to show the profit for enemy as a lures to be bite, and then observes the enemy actions including key terrain features. Let enemy combat operation and to seek out enemy vital week spots where to be strike. Do forced reconnaissance operation to find out enemy weak point.

 

【原典】

故形兵之極、至於無形。無形、則深間不能窺、智者不能謀。因形而錯勝於衆。衆不能知。人皆知我所以勝之形、而莫知吾所以制勝之形。故其戦勝不復、而応形於無窮。

 

 Comment深間」means deep penetrated spies in enemy side.

【訓読】

故に兵を形【アラワ】するの極【キワミ】は、無形に至る。無形なれば、即ち深間も窺うこと能わず、智者も謀ること能【アタ】わず。形に因りて勝を衆に錯く。故衆知るに能はず。人皆我が勝つ所以の形を知りて、吾が勝ちを制する所以の形を知るなし。故に其の戦い勝つに、復びせずして、形を無窮に応ず。

【和訳】

そこで、理想的な軍の戦闘態勢とは、敵にこちららの動きを悟られない態勢すなわち「無形」である。無形であれば、敵の部隊や奥深く進入した間者【スパイ】もその詳細な姿を見ることが出来ないので、我が方の情報を収集することが出来ない。また、聡明な敵の智将と言えども無形であるので、我が意図を窺がい知ることが出来ない。従って対策を立てようがない。そこで、多くの人々は、我が軍の勝った態勢を知ることは出来るが、我が軍が何故勝ったのかその理由を知ることが出来ない。それ故に、敵と戦い勝つのに、二度と同じ勝ち戦の形はなく、勝つ形は、敵の変化に応じて、限りなく無数に存在するのである。

【英訳】

Ideal battle formation of the force is “Invisible formation that is formless” which can not see or tangible from enemy observation or even deep penetrated enemy spies can not get information. If invisible, even able enemy spy can not get information from our troops, and more wise and able enemy general can not establish proper countermeasures, because of the intention of our force is invisible, so can not guess our general intention at all.

Lot of ordinary citizen to know the formation of winning our force, but can not understand true reason of wining of strategy and tactics at the start of war.     

There for the winning formation for the enemy is not exist same wining formation already exist, the wining formation is all ways changing according as enemy action. So wining formation exist infinity. 

 

 CommentMaster Sun Tzu forecast the U.S B-2 stealth bomber attack on al-Qaeda troops at Tora Bora cave【トラボラの洞窟】in Afghanistan 2500 years ago.

 オサマビンラディン

【原典】

夫兵形象水。水之形、避高而趨下。兵之形、避實而撃虚。水因地而制流、兵因敵而制勝。故兵無常勢、水無常形。能因敵變化、而取勝者、謂之神。故五行無常勝、四時無常位、日有短長、月有死生。

【訓読】

夫【ソ】れ、兵の形は、水に象【カタド】る。水の形は、高きを避けて、下きに趨【オモム】く。兵の形は、實を避けて虚を撃つ。水は、地に因りて流れを制し、兵は、敵に因【ヨ】りて勝を制す。故に、兵は常勢無く、水は常形無し。能く敵に因りて變化し、而して勝を取る者、これを神と謂う。故に五行に常勝無く、四時に常位無し。日に短長有り、月に死生有り。

【和訳】

軍の戦闘様式は、水の流れに似ている。一定の形はない。川の流れの様なものであり、決まった形はない。水の流れは、高いところを避けて、低い所へ流れるが、これと同じように、軍の行動も、敵が備えをした場所を避けて、隙のある少ない兵力配置をした所を攻撃する。水は、地形の変化に応じて、その流れの形を変えて行くように、戦闘も同じで、部隊も、敵情に応じた行動を取ることにより勝利を達成して行くのである。だから、水の流れには、一定の型と言うものはないように、戦争のやり方にも、普遍の型というものはない。うまく敵情の変化に応じて、勝利を収めることが出来る将軍は、まさに神の如しという。常に絶対的に常に勝つという戦法なるものは、この世には、存在しない。そして、その有効性は、永遠に続くものでもない。黄河の水の流れのように常に変化するものでもない。この戦法は、戦術の未来永劫の『虎の巻』でもない。木・火・土・金・水の五行【万物の元素】を保有しているからといって、常に勝てるというもでも無い。春・夏・秋・冬の四季は、常に変化する。また太陽の出ている時間も、夏は長く、冬は短い。そして月にも満ち欠けがある。私の『孫子の兵法』は、奥の深い戦略戦術書であり、幽玄の世界でもある。

【英訳】

Military operation is just like water flow or shape of water, no constant flow or constant shape exists it depend on river or vowel shape.

Water flows from high place to low place by avoiding the high place. So military force has no constant and permanent shape just like a water, to avoid the strong full force position and attack the enemy’s weak force position to gain victory.

Rule of operations of force is avoiding enemy strong front or point and attack enemy weak front or point.

Water change it’s shape according to the terrain features, just like water flows from high place to low place. Army to get victory by attacking enemy weak point by avoiding enemy’s strong point like water flows.

Therefore water has no permanent form of its own. Waging style of the war also has no permanent form of its own style.

To gain the victory by quick adapting to counter the change of enemy situation is very difficult. The ability of general to get victory in these conditions called the act of divine.

There is no certain art of war which is absolutely predominant forever in future. The art of war, strategy and tactics is always changing like a water flow of Yellow river. And this art of war is not the Bible of tactics its effectiveness is not everlasting. There is no special secret of victory in five elements of Wood, Fire, Earth, Gold and Water, which is the basic elements of all matters though, and also four seasons, Spring, Summer, Autumn and Winter, always shifting. Day time is always changing, long day in summer and short day in winter, and the moon waxes and wanes. My tactics and strategy, Sun Tzu’s the Art of War are deep and profound.

 

※   CommentBad boy all ways attack weak boys and girls avoiding strong boy. This is the origin of bullying【いじめ】. And this is more important, bad boy’s dictionary no letters ”Unless enter the tigers dent, you cannot get tigers cubs” or “Nothing ventured, noting gained” These words dislike Master Sun Tzu.

 Comment「五行」means Wood【木】, Fire【火】, Earth【土】, Gold【金】, Water【水】

Comment:孫子は『陰陽五行思想』を戦術に応用し、絶対普遍の戦術策なるものは、ないとしたのである。Five elements of Wood, Fire, Earth, Gold and Water are the basic compositions of all creation in universe. And called “ Mo【木】 Ka【火】Do【土】 Kin【金】 Sui【水】” in Japanese. 

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>