2015年2月
« 1月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

孫子の兵法 第6 虛實篇

以下の『孫子の兵法』の第六 虚実篇は、〔財〕自衛隊援護協会より出版された『山本賢の孫子の兵法』Even monkey understand Mr. YAMAMOTO’s “Sun Tzu’s The Art of War”から民間人ににも解りやすく特殊な戦術用語を避け加筆訂正したものです。

山本賢の孫子の兵法は、良い本です。『自画自賛』

 

 

 

自衛隊援護協会の本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6 虚實篇

Chapter 6: Empty and Solid

※ Comment :「虚」means Empty or Weak point –

:「實」means Solid or Full or Strong point–

 

【原典】

孫子曰、凡先處戰地、而待敵者佚、後處戰地、而趨戰者労。故善戰者、致人而不致於人。

【訓読】

孫子曰く、凡そ[兵を持ちうるに]先に戰地に處りて、敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて、戰いに、趨く者は、労す。故に善く戰う者は、人を致して、人に致されず。

【和訳】

孫子はいう。およそ戦いの際には、先に戦場を支配する要点を占領して、後から来る敵を待って戦闘を開始する部隊は、有利な戦いを実施することが出来る。これに対して後から戦場に着いて、すぐに戦闘に参加しなければならない部隊は、苦戦をしいられる。これが『実』と『虚』である。

だから、戦い上手な指揮官は、常に自分が主導権を握って戦い、相手には、主導権を渡さない。つまり、敵を惑わすも、敵の作戦行動には乗らずに、敵の思いどおりにされない。

【英訳】

Sun Tzu said that in case of start combat, the force reached and occupied first key terrain where the favorable and advantage terrain

…続きを読む