2015年2月
« 1月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

孫子の兵法 第12 火攻篇

  以下は、山本賢の『孫子の兵法』から抜粋した文書であります。中国語、日本語及び英語の解説書です。『一石二鳥』ならぬ一石三鳥の優れものです。

自衛隊援護協会の本です。

自衛隊援護協会の

山本賢山本賢

 爆破処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  山本賢の背後の戦車は、ソ連製T-54戦車です。ポル・ポト軍と政府軍の激戦地パイリンにて。

Chapter 12 :  Fire attack

12章 火攻篇  

【原典】

孫子曰、凡火攻有五、一曰火人、二曰火積、三曰火輜、四曰火庫、五曰火隊【】。行火必有因。烟火必具。発火有時、時者天之晗乾也、日者月在箕壁翼軫也、凡此四宿者、風起之日也。

Comment 火積【カセキ】means attack by fire to the food and rations store house.

Comment 火輜【カシ】means attack by fire to the logistic support unit.

 

【訓読】 

孫子曰わく、凡そ火攻に五有り。一に曰く、人を火(や)く。二に曰く、積を火く。三に曰く、輜を火く。四に曰く、庫を火く。五に曰く、隊を火く。火を行うには、必ず因あり。煙火は、必ず素より具う。火を発するに時有り、火を起こすに日あり。時とは、天の乾ける日なり。宿の箕、壁、翼、軫に在るなり。凡そ此の四宿【箕・壁・翼・軫】の者は、風の起こる日也。

Comment 四宿【箕(キ)・壁(ヘキ)・翼(ヨク)・軫(シン)】means Chinese divided the celestial sphere into twenty-eight equal section, the equator which is pass route of sun divided by 28 and四宿means 4 direction of 28 direction. 箕・壁・翼・軫means Basket, Wall, Wing and Chariot Platform. All four lunar mantic are day of the wind rise. Basket direction is the Archer, Sagittarius in western constellation, which locates East-East-North direction. Wall direction is the Pegasus in western constellation, which is locates North-North-West direction. Wing direction is the Cup in western constellation, which is locates South-South-East direction. Chariot Platform direction is the Craw in western constellation, which is locates South-East direction.

【和訳】

孫子はいう。およそ火攻めには、五通りの方法がある。

第一は【火人】、兵舎や野営地と共に兵士を焼き殺すこと。

第二は【火積】、食料の集積場を焼くこと。

第三は【火輜】、武器や装備品の運搬途中に火をかけ『輜重輸卒』を焼くこと。

第四は【火庫】、装備品や武具の倉庫を焼くこと。

第五は【火隊】、後方連絡線を含む敵後方部隊に火をかけること。 【火墜】、道上の部隊に火をかけること。

火攻めを行うには、必ず理由があり、いくつかの条件が整って初めて実施が可能となる。また火を付けるための道具を予め準備する必要がある。

火攻めを始めるには、適当な時節(気候)があり、火攻めを起こすのには、適当な日がある。時とは、空気の乾燥した時期である。日というのは、月が、東東北、北北西、南南東、南東に沈む時のことである。凡そ月がこれらの四方向に沈む時に、風が吹くのである。

【英訳】

Sun Tzu said that there are five ways to attack enemy by fire.

①    The first is burning the soldiers with barracks or tent city camps.

②    The second is burning the store house of foods and rations etc.

③    The third is attacking by fire to the convoy of logistic support unit, transportation unit.

④    The fourth is burning the store house of properties, equipments and armors.

⑤    The fifth is burning the enemy force itself including lines of communications which means logistic support unit. And also including burning the main supply road’s facility.

There are several conditions need to carry out the above fire attack. In case of set fire you must be prepared firing tools in advance.

There are appropriate season and month & date for the start of fire attack operations. The best season to set fire is dry season. And the best month & day to set fire is when moon set in the 4 direction, such as East-East-North, North-North-West, South-South-East, and South-East directions. It is said that “When the moon set in these above stated directions, strong wind will blows from these direction”

 

火責めの戦史事例『赤壁の戦い』; Battle of Red cliff

「赤壁の戦い」は、一口で説明すると日本の「関が原の合戦」に相当する天下分け目の戦いである。「魏」の軍と、それに対抗すべく「呉」・「蜀」の連合軍が「洞庭湖」の近く長江という川で戦った主として軍船による戦闘であった。

日本における戦いの歴史は、主として彼我両軍の力によるせめぎ合いと奇襲によって、勝敗が決まるのであるが、中国における戦いは、敵を如何にして欺くかのスパイや謀略によって勝敗が決まるのである。『孫子の兵法』が、第13篇『用間』で締めくくっていることからして情報戦をするのが得意な民族である。

赤壁の戦いに登場する人物は、織田信長のような性格の「魏」の武将「曹操」と、明智光秀のような「謀」の得意な「蜀」から派遣された軍師「諸葛孔明」と徳川家康のような「狡賢い」武将「周瑜」戦いであった。

その作戦は、一口で言うと「連環の計」である。「連環の計」とは、さまざまな計略を「数珠繋ぎ」にして、次々と敵に罠を仕掛け、強大なる敵の兵力を逐次斬減して、目的を達成する作戦である。その第一は、「借刀殺人の計」と言われるものである。「借刀殺人の計」とは、自分の刀を使うことなく、策略でもって、自分が滅ぼしたい敵を、敵の手で殺させるという恐るべき中国独自の兵法である。・・・・・・

 

An example of War history : The Battle of Red cliff.

Time: Nov. – Dec. 208 , Years of three country in China.

The war between take place between Cao Cao of Country “Wei” and allied force of Country ”Wu” and Country “Shu” at Red cliff

The battle of Red cliff was decisive battle like the battle of Sekigahara in Japan.

“Cao Cao” vs “Shiyuyu

 

戦史事例: 『赤壁の戦い』

時代  : 中国の『戦国時代』 西暦208年10 ~ 12

『魏』【Wei】の曹操  対 『呉』【Wu】と『蜀』【Shu】の連合軍の戦争で、赤壁で行なわれた、日本の「関が原の合戦」に相等する、天下分け目の戦いであった】

『曹操』 vs 『周瑜』

 

One day, King of Wu【呉】received the Ultimatum from Cao Cao of Wu【魏】under the name of Emperor. The content of the Ultimatum is as fallows:

“Which do you select the cause of action, to surrender our one hundred million elite force and after that attack Shoku【蜀】with us or fight against our elite force, in this case one hundred elite Army destroy your country in perfect. I would like to see High Excellence on the deer hunting at Wu country. That is all”

ある日、呉の国王、孫権は、魏の曹操から皇帝の名前の下で発行された最後通告を受け取った。この最後通告の内容は、下記のようなものであった。

「我が百万の軍に降伏し同盟軍となり共に蜀を攻めるか、それとも我が百万の精鋭部隊からなる軍と戦って貴国【呉】を滅ぼすか、何れかの行動方針を選択すること。本職は、呉国の原野で閣下とお目にかかり、鹿狩りなぞ致したく候。以上」

 

General situation

Sun Quan【孫権】of Wu【呉】and Liu Bei【劉備】of Sue【蜀】allied force has only 30,000 men most of tem elite sailors while Cao Cao【曹操】Army has 800,000 men most of them foot soldiers.

Because Cao Cao Force come from“Northern country”where lots of horse used as transportation measures to“Southern country”where lots of ships to use as transportation measures. They ride on war ship at“Urin”and trained there.

全般状況:

孫権と劉備合同軍は、僅か30,000人の軍勢で、その殆どは水兵であり、一方曹操軍は、200,000人の軍勢で、その殆どは、歩兵であった。

何故ならばその理由は「南船北馬」。曹操軍は、馬が沢山いる「北の国」から、船を交通手段として使用する「南の国」にやって来たのである。彼らは、「鳥林」で舟に乗り換え、そこで訓練をしていた。

 

King Sonken【孫権】of Wu【呉】 summoned ministers and generals and admirals and held conference and war game in the situation room at the ancestors mausoleum. Whether surrender or fight back. 

『呉』の国王孫権は、大臣や将軍達を招集し霊廟の作戦室で会議を開き机上演習を実施した。「降伏する」か、それとも「戦う」か、いずれにするか。

 

Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】said“Do not afraid of eight hundred thousands Cao Cao’s Army force, we have one hundred thousand elite Navy force.

The reasons are as fallows

¨    Cao Cao Army force must be tired out by long march. And out break of infectious diseases.

¨    Cao Cao Army force unfamiliar with Naval fighting because of Northern country

¨    Cao Cao Army has lots of horse, but time is winter so luck of grass.

¨    Cao Cao Army are Allied Forces so lack of solidarity.

¨    We have large fortress but Cao Cao Army have not.

¨    Shuyu Force consist of elite Navy

But has demerit:

¨    Shiyuyu Force had a weak point. Stock of arrows on hand is short.

¨    Cao Cao Force is authorized by Emperor who has not power less, our force is rebel force.

 

周瑜は、『八十万の曹操の陸軍恐れに足らず、我々は、精鋭十万の水軍を保有している」と言った。

理由は、下記のとおりである:

¨    曹操軍は、強行軍で疲れている。伝染病も発生している。

¨    曹操軍は、北国であるので水上戦闘に不慣れである。

¨    曹操軍は、馬が多いが、今は冬で馬草がない。

¨    曹操軍は、同盟軍であるので団結力に欠ける。

¨    周瑜軍は、要塞を保有しているが、曹操軍は保有していない。

¨    周瑜軍は、水軍が主体である。

    しかし、欠点もあった。

¨    周瑜軍は、矢の手持在庫が少ない。

¨    曹操軍は、権力無き「皇帝のお墨付き」を有する官軍であり,我々は賊軍となってしまう。

Military conference in the presence of the King Wu is fight back Cao Cao force.

御前会議の結論は、曹操軍の撃退であった。

 

 Cao Cao fleet sailed down the Chang Jian – river and reached at the Red cliff. And both Cao Cao fleet and Shuyu fleet crashed at Red cliff and first battle.

曹操艦隊は、長江【ちょうこう】を下り『赤壁』にやって来た。そこで、曹操艦隊と周瑜艦隊は、激突した。これが「赤壁の戦い」の緒戦である。

 

On this first battle, Cao Cao fleet locates up stream and Shuyu fleet locates down stream, so Cao Cao fleet has advantage, but can not use this advantage merits because of Cao Cao operation plan Crain wings formation like land operation, but on the water do not work well. This formation need broad area, But broad wide of river stream speed became slow, he can not make use of advantage situation. Cao Cao bleet defeated by Shuyu fleet by lack of training on river.

この事件の直後、この緒戦に於いては、曹操艦隊が上流に位置し、周瑜艦隊が川下に位置していたため、曹操に有利であったが、曹操は、陸上戦闘の「鶴翼の陣」で、戦ったものの、水上では、うまく行かなかった。川幅の広い所で戦うべく、作戦を立てて戦ったものの、川幅の広い所は、水流が無く、曹操軍の優位性は,失われてしまった。曹操艦隊には、水上戦闘訓練不足で負けてしまった。

 

After the first battle, Cao Cao army move back ward to North bank of the Chokou【長江】river at Urin【鳥林】and start the construction of camp there, on the other side Shuyu force entered the fort of south bank of the river. Both Cao Cao army and Shiyi force face to face each other.

「緒戦」の後、曹操軍は、引き返して、長江川の北側の鳥林に陣取りキャンプを開設し、周瑜軍は、川の南側の要塞に立てこもった。曹操軍と周瑜軍は、長江川を挟んで、対決することになった。

 

Phase Ⅰ : 「借刀殺人の計」or 「他人の褌で相撲を取る作戦」

Operation of Kill the enemy with enemy sward by plot

 

Commander in Chiefs, Admiral Shuyu【周瑜】of Wu【呉】one day scout the ship training base of Cao Cao fleet in secret. The purpose of scout is to know the ability of Cao Cao fleet. He was astonished to know training is very good in spite of infantry soldiers. Because Cao Cao designate Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】as instructor and fleet commander, they are once a Cao Cao enemy but at now change the side to Cao Cao side. As long as Saibo and Choin remains Cao Cao fleet as commander we can not get win.

呉の総大将周兪は、こっそりと曹操艦隊の訓練場を極秘裏に偵察に訪れた。偵察の目的は、曹操艦隊の能力を見極めるためでした。彼は、歩兵にもかかわらず、操船技術の高い訓練をしているのを見て驚いた。その理由は、曹操は、かつて曹操の敵であった「蔡瑁」と「張允」が寝返った人物であるにもかかわらず、彼らが有能な人物の故に教官兼指揮官として任命していたのである。「蔡瑁」と「張允」が曹操軍にいる限り、我々は、この戦いに勝つことが出来ない。

 

This scout operation find out by Cao Cao soldiers. So Shuyu【周瑜】run away. Cao Cao said to all member of his stuff at conference. ”The first battle of Red cliff we can not get victory and suffer great loss, and today we are scouted enemy spy ship. What is the best tactics to destroy enemy fleet?”

この偵察活動は、曹操の兵隊に見付かってしまった。周瑜は、直ちに逃げた。曹操は、幕僚を集めて会議を開いた。「赤壁での緒戦は、勝つことが出来きづに大被害を被ってしまった。敵の艦隊を撃破する方法は、無いのか?」と。

 

I have a plan to change the side of Admiral Shuyu to our side, because Shuyu and I are same native country and childhood friend, so I persuade him to change our side in secret. Cao Cao said to Shi-yoku【子翼】it is good idea. Do it now.

私は、「周瑜将軍を寝返らそう」と思っております。わたくしは、周瑜将軍とは同じ国の生まれであり、彼とは幼友達であります。したかって、彼を寝返るよう秘密裏に説得したいと思っております。曹操は言った。それは、良い考えだ、すぐにやれ。

 

Next day Shi-yoku【子翼】courtesy call on Commander in Chiefs of allied force. Admiral Shuyu【周瑜】. At that time, Admiral Shuyo held operation conference at war room. To hear Shi-yoku want to meet Admiral Shuyu from aide. He stopped conference and he whispered to his aid “So and so, such and such. Is it Ok” Aid only said “Yes Sir!” Shuyu and Shi-yokue drink each other at head quarters office at night. Commander in Chief of the allied force, Admiral Shuyu starts the secret operation to Cao Cao by use of childhood friend Shi-yoku. This secret operation is false charge operation on enemy two admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】 to find and read the secret false letter to Shi-yoku【子翼】on purposely. That is the false secret letter is from both admirals Saibo【蔡瑁】and Choin【張允】to admiral Shuyu【周瑜】. This faked letter write on the act of treachery. Contents as follows “Dear High Excellency admiral Shuyu【周瑜】; If you want Cao Cao head we are cooperate to High Excellency with pleasure …………. eyes only, secret letter. Shiyoku【子翼】steal this faked secret letter and handed it to Cao Cao. To lead this faked secret mission letter Cao Cao get angry and executed tow his admirals instantly. But after that Cao Cao to know this execution is his own error.

 次の日、子翼は、連合軍総司令官、周瑜将軍を表敬訪問した。周瑜は、その時作戦司令室で会議を開いていた。副官から「子翼様が面会に来ました」と告げられると、了解したと告げて、直ぐに会議を中止した。そして副官を呼んで「かくかく、しかじか」と耳打ちをした。そして、司令部の事務室でお酒を酌み交した。連合軍総司令官周瑜将軍は、曹操に対する秘密大作戦を開始したのである。この秘密作戦とは、「蔡瑁」と「張允」両将軍に対する濡れ衣作戦であった。この秘密作戦は、「蔡瑁」と「張允」両将軍が、周瑜将軍と内通して曹操の首を刎ねるという嘘の内容の書かれた手紙を、わざと「子翼」に読ませて、盗ませる作戦であった。この偽手紙を曹操の手元に届けて、「蔡瑁」と「張允」両将軍を抹殺させるというものであった。この嘘の秘密文書を手に入れ、一読した曹操は、怒って、直ぐに二人を処刑してしまった。その直後、曹操は、この判断が間違っていたことに気づいた。

 

Phase Ⅱ : 「10万本の矢」収集の計

Operation of “One hundred thousand arrows” collection plot

 

Place : Operation conference held at situation room of mausoleum【霊廟の作戦会議室】

Commander in chief, Syuyu【周瑜】called all the generals and invite the military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】from allied country【同盟国】.

C-in-C Syuyu【周瑜】said “We are lack of arrows which is indispensable fighting on river by war ships” “Would you supervise making the arrow by use of mechanics within about 10 days ?”

Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】form allied country said “I will.”

Military advisor Zhuge Liang【諸葛亮】said to Syuyu【周瑜】”I will prepare one hundreds thousands arrows within three days”

同盟国の軍師諸葛亮は、「三日以内に10万本の矢を集める所存である」といった。

And he requested 20 making special arrows collecting decoy ships by load on deck straw dolls and hay stack with sheet cover.

The military advisor Zhuge Liang’s one hundred thousand arrows collecting plan as follows:

¨    Making 20 arrow collect decoy ships which loaded hay and covered with tarpaulin on it and arrange straw figure soldiers on both sides of the ship.

¨    Set sail this decoy ships from home port to Cao Cao positions under the cover of pitch black night with dense fog.

¨    And beat the chimes and drums which means attack signal. And shut war cry【ときの声】

¨    Astonishing Cao Cao soldiers shooting back the bow at this decoy ships.

¨    Cao Cao army never pursuit because of enemy ambush anticipate.

¨    After hits many arrows return back to his home port with safe..

¨    “We have received lots of arrows from you. Thank you very much”said to the enemy sailors with big voice.

So Military advisor Zhuge Liang【軍師:諸葛亮】can get more than one hundred thousands arrows from enemy only one night.

「草船借箭の計」

軍師 諸葛亮は、以下のような作戦準備を実施して、夜間攻撃で10万本の矢を集めた。

¨    20隻の軍船に乾燥した草を積み込み、これにシートを被せ、その周りに兵士の型をした藁人形を配置する。即ち、囮船を作る。

¨    この囮船を曹操軍陣地に向かって霧の深い真っ暗な夜に出向させる。

¨    敵陣の前で、攻撃用の銅鑼の合図を打ち鳴らし、「ときの声」を上げる。

¨    ビックリした曹操軍は、弓から矢を発射し応戦する。がしかし、

¨    曹操は、伏兵を恐れて、攻撃・追撃には、出て来なかった。

¨    そして、十分に矢を受けてから港に被害を受けることなく安全に帰って来る。

¨    「曹操の矢を頂戴致した。かたじけない」と敵の兵士に対して全員大声で言った。

諸葛孔明は、このような方法で、一夜にして10万本以上の矢を敵から集めることが出来た。

 

Phase Ⅲ : Operation of Tie up war-ship with chain and rope plot. 「連船の計」作戦

 

Shuyu【周瑜】send a military advisor who called sleeping dragon, GARYOU to Cao Cao to accomplish “Chain link of battle ship”. At that times Cao Cao troubled with soldier’s sea sickness. Because of the birth place of Cao Cao’s men are all in the Northern provinces so unfamiliar with live on rolling and pitching ships. And also Cao Cao troubled with out break of infectious diseases too. So military advisor said to Cao Cao would you mind all the battle tight together by iron chain link the ship each other with tight to prevent rolling and pitching. Cao Cao adopted instantly military advisor GARYOU’s advice. 

周瑜は、「連船の計」を画策するために臥龍と呼ばれた軍師「龐統」を曹操の所に送り込んだ。曹操は、兵士が北の国の出身が多く、船酔いに悩んでいた、また同時に伝染病の発生にも悩んでいたために、この軍師「龐統」の提案を即座に採用した。

 

Shuyu【周瑜】decided “fire attack tactics”to the Cao Cao fleet. The first problem of this fire attack tactics is fast counter attack of the Cao Cao fleet.

To delay counter attack time of the Cao Cao fleet to lock the whole Cao Cao’s fleet by chain. It is indispensable to long reaction time to broaden fire over the Cao Cao’s fleet.

周瑜は、曹操軍を「火攻戦術」で攻めることにした。第一の問題点は、曹操の艦隊が直ぐに反撃に出てくることであった。この反撃時間を長くし、曹操艦隊の火災を広げる必要があった。

 

The second problem is direction of winds.

This season wind blows from North to South, so flame of fire from North to South. So if the front line ship of Shiuyu fleet can set fire on the front line of ships of Cao Cao force. These flame of fire return back to all of the Shiuyu fleet.

第二の問題は、風向きであった。

この季節、風向きは、北から南に吹く。従って、火勢も北から南に流れる。従って、周瑜艦隊が、曹操艦隊の第一陣の軍船に火を付けても、その炎は、全周瑜艦隊に伝播してしまう。

 

Most of Cao Cao army soldier were borne and grow up northern county where is no river or pond so not accustomed live in ships and steer it. So soldiers live on land and moor the ship to land in tight at north bank of the Choukou【長江】river.

曹操軍の兵士は、殆ど川や池のない北国育ちで、舟の上での生活は、不慣れであった。なかには、舟を長江川に係留して、川の北側の土地に上陸して生活をする者もいた。

 

And Cao Cao force moored the ships at the north bank of the river near Red cliff. Because of the soldiers of Cao Cao force can not steering the ship because of land locked country and also not fitted hot climate because most of soldiers who was borne in North. And fell sick by out break of infection diseases.

曹操の部隊は、赤壁の近くの北岸に陣取った。その理由は、曹操軍の兵士は、北国生まれであり、水上生活に馴染めなかった。そして伝染病も発生した。

 

Cao Cao army start the construction of camp at Urin【鳥林】

曹操軍は、鳥林に要塞の建築を開始した。

 

Phase Ⅳ : “The last resort desperate operation which taken under the pressure of necessity” 「苦肉の策」作戦:

老将軍「黄蓋」は、兵站担当の将軍であつたが、呉国王と艦隊司令官「周瑜」に、曹操軍を攻撃する提案を密かに実施していた。

Old General Kogai【黄蓋】who is also in charge of logistic though, and proposed the King and the Commander in Chief, Admiral Shuyu【周瑜】

 

This plan was made by one old general whose name was Ogai【黄蓋】who served many years under the king of Wu【呉】.

  1. 1.    Hot arguments on surrender or fight back on ultimatum, Shiyuyu opinion fight back and Ogai insist surrender.
  2. 2.    King of Go desiced  Shiyuyou opinion that fight back and Ogai’s opinion surrender to CaoCao opinion
  3. 3.    King supported fight back opinion.
  4. 4.    Old general Ogai punished one hundred beats with wood stick in front of many people and finally order to stay at home.
  5. 5.    The spies of Cao Cao report these incidents to Cao Cao
  6. 6.    The secret mission of General Orgai sent to Cao Cao to change the side. Cao Cao believed the story because of Cao Cao already heard from his spies “One handred punishment” .
  7. 7.    When old general OUGAI the change the side old general accompany 10 large ships and 10 small ships with full of supply goods.
  8. 8.    The operation date of the surrender and switch the side is the winter solstice day. On this day South East winds will be blows. 

 

  1. 1.    国王の統裁する会議の席で「周瑜」と「黄蓋」が激論を交わす。
  2. 2.    「周瑜」は、徹底抗戦を「黄蓋」は、降伏を主張する。
  3. 3.    国王は、徹底抗戦を支持。
  4. 4.    「黄蓋」は、皆の前で、百叩きの刑罰を科し、その後、謹慎を命じた。
  5. 5.    スパイがこの状況を曹操に報告する。
  6. 6.    黄蓋の密使が、曹操の下に赴き、寝返り話を持ち込む.曹操この寝がえり話を信じる。何故なら既に「百叩きの罰」の報告をスパイから受けていた。
  7. 7.    老将軍黄蓋が、降伏し寝返る際に、10隻の船と、10隻の小船に補給品を満載して寝返る。
  8. 8.    時期は、冬至の日*理由「南東の風が吹く」

 

 “Punishments of the One hundred strike with stick”【杖百打の刑】is very hard to show Cao Cao’s spy to believe true punishment on old general OUGAI【黄蓋】

「杖百打ちの刑」は、大変厳しい仕置きであり、曹操のスパイに、真実であると思わせるための為のショウーであった。

 

One of allied force old general OUGAI proposed to attack Cao Cao fleet and army by fire. That is access to moored ship to burn out Cao Cao fleet.

      同盟軍の老将軍黄蓋は、曹操艦隊と陸上部隊を火災を起こして攻撃することを提案した。

 

This tactics is brain child of old general Kogai【黄蓋】to show and believe enemy spy that the Gen. OUGAI want surrender and change the side without fighting from the bottom of heart. So Gen. OUGAI get angry to punishment with hitting the body with stick.

この戦術は、年老いた将軍「黄蓋」が考え出した『苦肉の策』で、国王の孫権が「百叩きの刑」を科し、これをスパイに見せることにより、黄蓋将軍が降参し、敵に寝がいりするところに相成ったことを曹操に信じ込ませるための戦術、即ち『苦肉之策』の戦術であった。

 

After the first battle, Cao Cao execute his subordinate Admiral Saibo【蔡瑁】and Chujo【張允】by Shiyuyu’s disinformation plots.

Cao Cao sends the two spies to Shiyuyu force. The two spies name are Saityu【蔡中】and Saiwa【蔡和】and both are brothers of executed Saibo【蔡瑁】

緒戦の後、曹操は、周瑜の偽情報作戦により、二人の将軍を処刑してしまった。今度は、曹操が、二人のスパイを周瑜側に送り込んだ。この二人は、処刑された弟の「蔡中」と「蔡和」である。

 

This time Cao Cao sent the spies into Wu【呉】headquarters to collecting enemy headquarters information.

Two guys said “We want change the side because of our elder brother Saibo was executed by Cao Cao【曹操】with out any faults. So we request deserted from Cao Cao force and change the side to your force. This request are granted by Shuyu【周兪】 But he thought these two guys must be Cao Cao’s spies because of they are remain wife and children within Cao Cao’s territory

こんどは、曹操が情報を収集するために「呉」国の司令部の内部にスパイを送り込んだ。

二人の若者は「我々は、処刑された蔡中の弟である」言った。「私の兄は、何の落ち度も無いのに曹操によって処刑されてしまった。我々は、曹操軍を脱出し、寝返って、貴方の部隊に寝返りたいと思っている。この寝返り要請は、周瑜によって認可された。しかしながら、彼は、この二人の若者は、妻子を曹操陣営に残して来たことから、曹操のスパイであると思った。

 

So enemy spy mast be reports this incident to Cao Cao without fail. So Cao Cao believed surrender and change the side of old Gen. OUGAI.

敵のスパイは、この事件を曹操に報告するに相違ない。曹操は、この寝返り降伏を信じるに相違ない。

 

One of general gets the information from the fisherman that every winter on the night of winter solstice 【冬至】blow South East wind【南東の風】

将軍の一人が、冬至の頃には、毎年、南東の風が、吹く、と漁民から情報を得た。

 

Military secret envoy【軍使】come to Cao Cao and said “Our general, old OUGAI in charge of logistic supports get angry and grudges to both King and Commander in Chief very much, so general OUGAI secretly dispatched me to coordinate Commander in Chief Cao Cao directory to change the side. General OUGAI wants the change the side with 10 ships which full of supply goods such as foods and weapons on the night of winter solstice. So please, not attack our 20 large supply ship and small 10 ships on the night of winter solstice.

「兵站担当の老将軍黄蓋は、「鞭打ちの刑」を受け、王と総司令官の両方に対して、大層、ご立腹し、憤慨をしておりました。そして曹操軍に寝返ることにしました。私が、寝返りのための連絡調整役をおおせつかり、秘密裏に、ここに参りました。そして寝返る際には、20隻の大型補給船が白旗を掲げて、複数の小型船と共に港に入ります。その時期は、冬至の日を予定にしております。冬至の夜には、10隻の大型補給船が食物や衣服を積んで来ますので襲撃をしないで下さい」と密使が曹操に伝えた。

 

On the other hand, they purchase 10 large supply ships which to load hay and fish oil and sulfur to burn enemy ships and 10 small swift boats which is use for escape after set fire the enemy ship.

一方、彼らは、干草と油を積むための10隻の大型輸送船と、曹操軍の軍船に放火した後に脱出するための快速船を購入準備した。

 

And after they purchased 10 military ships and load oil and hay and fire wood into the large supply ship. After that they covered with tent sheet and set white flags on it. Battle Ready!.

そして、10隻の軍船を調達した後、魚油と干草と硫黄を積み込み、その上に、テントを掛け、更にその上に白旗を立てた。作戦準備完了!

 

Fire attack by military ship :

Date ; Nov.20 2008  The winter of solstice,

This day suddenly weather changed, strong Southeast wind blow at the Red cliff. Old Gen. OUGAI and his 10 war ships and 10 small high speed boats set sail to faked surrender with the full of hay and fish oil and sulfur to burn out the moored Cao Cao military ship fleet. This is the last resort tactics came from desperate measures taken under the pressure of necessity but is success only depend on Cao Cao believe the our surrender is true or not..

軍船による火攻 :

年月日: 2008年11月20日  冬至の日

この日、天候が急変した。赤壁には、強い南東の風が吹いた。老将軍黄蓋と彼の率いる10隻の軍船には、枯れ草と魚油と硫黄を一杯積まれた。そして、係留した曹操の艦隊を火攻めにするための偽りの降伏、寝返り作戦が開始されたのである。この作戦は、曹操軍の停泊中の曹操艦隊を焼き尽くすという、老将軍黄蓋が考え出した『苦肉の策』であった。この作戦の成功、失敗は、いつに、曹操が「降伏」を信じるか、否かによっていた。

 

On the winter of solstice day, officers and soldiers and sailors of Cao Cao force assembled to see the surrendering enemy off the guard.

冬至の日、大勢の曹操軍将兵達が降参した兵士達を見物しようとして、警戒することなく集まって来ました。

 

On approaching the Cao Cao’s battle ships fleet, and with in the shooting range of the bow the Old Gen.OUGAI said “Set Fire to the ships. Shoot!” with large voice. The 10 ships engulf the flame instantly and the ships runs into the Cao Cao’s battle ship fleet and engulfed them. Cao Cao soldiers try to unfasten the chain link of the moored ships, but can not lose chain link. The strong South East wind swept over all the fleet of Cao Cao navy ship and large land facilities also engulfed flame. Cao Cao force defeated by the fire attack by allied logistics supply ship fleet.

曹操軍の舟に近づき、弓の射程内に近づくと老将軍黄蓋は、「舟に火を掛けよ。放て!」と号令を発した。たちまちにして、10隻の舟が、火に包まれた。そして曹操の舟に向かって行きました。そして曹操の舟に衝突し、曹操の舟を炎上させました。曹操の舟は、反撃しようと試みましたが、連環を破壊する事が出来ずに、舟を離すことが出来ませんでした。北東の強風にあおられ曹操軍の軍船は、瞬く間に全て灰燼に帰しました。そしてこの火は、陸上施設も焼き尽くしました。曹操の軍は、同盟軍の兵站船に依る火攻に敗れた。

 

Cao Cao force run away with small guards. After this battle of Red cliff, three countries were opposed to one another.

曹操軍は、僅かばかりの護衛隊と共に逃亡をした。この赤壁の戦い後、『魏』『蜀』『呉』三国の鼎立が続いた。

 

中国の戦史は、日本の戦史の「義理」と「人情」と「浪花節」即ちGNN【Giri – Ninjou – Naniwabushi】の世界と異なり、「謀略」あり「奇計」あり「計略」あり「裏切り」ありの「何でもあり」の「孫子の兵法」と「兵法36計」の世界です。

 

【原典】

凡火攻、必因五火之變而應之。火発於内、則早應之於外。火発兵静者、待而勿攻。極其火力、可従而従之、不可従而止。火可発於外、無待於内、以時発之。火発上風、無攻下風。昼風久、夜風止。凡軍必知有五火之變、以数守之。故以火佐攻者明。以水佐攻者強。水可以絶、不可以奪。

【訓読】

凡そ火攻は、必ず五火の変に因りて之に応ず。① 火、内に発すれば、則ち早くこれに外に応ず。② 火発して其の兵の静かなるは、待って攻むること勿れ。其の火力を極め、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止む。③ 火、外より発すべくんば、内に待つ事無く、時を以ってこれを発す。④ 火 上風に発すれば、下風を攻むること無かれ。⑤ 昼の風は久しく、夜の風は止む。凡そ軍は、必ず五火の変あを知り、数を以ってこれを守る。

故に火を以って攻を佐【タス】くる者は明なり。水を以って攻めを佐くる者は、強なり。水は以って絶つべきも、以って奪うべからず。

【和訳】

そもそも火攻めには「五種類の火の攻撃方法」があり、指揮官は、状況の変化に応じて、兵を運用することが必要不可欠である。

①      味方の兵が放火し、敵の陣営内に火が出た暁には、すばやくこれに呼答して外から攻撃を仕掛ける。

②      火が燃え出したのに、敵が静まりかえっている場合には、敵は、こちらの企画を承知しているか? 何らかの対策を講じているか? しばらく待つてから攻撃を加えること。直ぐに攻めてはならない。敵が待ち伏せているかも知れない。その火勢に任せて様子を伺い、敵が待ち伏せていないことを確認してから、攻撃を仕掛ける。

③      外から火を放てる地形であるものの、火を仕掛けるのに都合が悪ければ、風向きが変わるまで待って、外から放火するのに適当な時期を待って、火をかける。

④      放火した火が風上から燃え出した時には、風下から攻撃をしてはならない。

⑤      昼の風は、利用すること、夜には、この風は止まる。

およそ軍隊では、必ずこのような「五種類」の火の変化のあることをわきまえ、この技術を最大限に利用するとともに、準備態勢を整える必要がある。

故に、「火」を攻撃の補助手段として利用する将軍は、賢明な将軍である。また「水」を攻撃の補助手段とするには、『強大な兵力』と『長い準備時間』が必要である。そして水攻めは、敵を孤立させたり、後方連絡線を遮断することが出来るものの、敵の食料や物資を略奪することは出来ない。

【英訳】

There are “Five ways of fire attack operation”, so commander must be response quickly the change of the situations.

①    When enemy camp start to burning by fire attack, you must start coordinate attack from out side to the enemy camp immediately.

②    But if the enemy camp remains still calm even if start the fire, you must wait and see attitude, that is do not attack enemy immediately from out side, and attack the enemy after confirmation, the enemy waiting for your attacking with ambush, after that you execute coordinate attack.

③    When the situation and terrain is not good to fire attack from out side, you should wait until you can get good timing or wait to change wind direction. If you can not get good timing, you should stop the fire attack and waiting until the wind direction changing.

④    When fires broke out from up-wind by fire attack, you should not attack from down-wind direction.

⑤    Make use of day wind but should not make use of night wind because of day wind blow continues long and night wind short lived.

These above five types of fire attack tactics must be use on the fire attack operations.

General who use of fire on his attack operation as auxiliary method is clever choice. And attack operations to use of water as secondary measures need large human power and also need long time too. That is need large man-hour. And water attack can isolation enemy castle or enemy position and also cut off the enemy communication lines but can not plunder the foods and goods from the enemy.

 

Comment Weak points of water attack【水攻め】

¯  Needs long time

¯  Needs lot of sapper【土工工兵】

¯  Needs large sum of money

¯  Can not quick response to the change of situation

¯  Can not destroy enemy force but water divide enemy forces can not rescue from out side. 

 

 

↑*:【写真説明】Fire arrow attack by Kwantung Army【関東軍】soldier to Chinese Communist Army【中共軍】camp tent is same as Sun Tzu’s days. 

Mao Zedong astonished by this out of the ordinary unique Kwantung Army tactics. 関東軍の火矢攻撃に毛沢東もビックリ仰天!

 

←*:【写真説明】大本営の下した結論は、この写真の新聞への掲載は、関東軍の沽券関わる故に、不許可!

 

Comment Strong points of fire attack as follows: 

¯  End short time battle 【短期戦】

¯  Needs not large force and equipments【人員・物資が少なくてすむ】

¯  Can quick response to the change of situation【臨機応変】

 

※   An example of war history

Watter attack on BichuuTakamatuCastle started in May.8, 1582 by the advice of Military Advisor Kanbei KURODA. It is said that this castle was easy to defend but to attack【難攻易守】Commander in Chief Hideyosh HASHIBA and his 30,000 men attack Bichuu Takayama Castle where defend the lord Muneharu SHIMIZU and 5,000 men.

This castle can defend only destroy the connecting bridge which go in and out the castle where surround by wide and deep moat. So it was called “Floating Castle”【浮き城】That is the Floating Castle almost same as “Battle ship YAMATO” very strong impregnable castle【難攻不落の城】Hideyosh HASHIBA force tried frontal attack this castle, but unsuccessful. So he decided water attack to this “FloatingCastle”.

Military Advisor Kambei KURODA said to Hideyoshi “The rainy season start soon, so dam up water form Ashiyori river by making large high bank around the castle. After that damp up water canalized to the artificial lake around the Takamatu castle” 

Hideyoshi HASHIBA ordered his men to dam up Ashimori river and construction of big 8 m high and 4 km length bank around this castle by use of many sand straw-bag【土嚢】with rushing work【突貫工事】. Hideyoshi mobilized many farmer and locals and paid high daily allowance【高額な日当】So progress speed was very fast. This bank complete only 12 days. And more the heavy rain of rainy season speeds up water level of make shift artificial lake【応急の人造湖】high.

The castle lord Muneharu SHIMIZU asked for help MORI to dispatch relief force. Takakage COBAYAKAWA force dispatched to rescue the castle, but could not attack HASHIBA force, because of if attack HASHIBA force release pent up water by destruction of the bank, so COBAYAKAWA force drowned by discharged water【放水された水で溺死する】. 

At this moment Hideyoshi get secret information his boss Nobunaga ODA was killed by Mituhide at Honnoji in Kyoto. So he must go to Kyoto to take revenge his master, as soon as possible.

Cease-fire negotiation took place next day and settle down on condition that Hideyoshi stop water attack and destroy the bunk of dam, and return back home in stead of MOORI 5 countries cession【5国の割譲】to HASHIBA and the lord of Takayama castle perform Seppuku, hara-kiri.【See photograph】

Hideyoshi next operation is “HIDYOSI’s Big return back” See Chapter 7 Armed struggles.

 

【原典】

夫戰勝攻取、而不修其功者、凶。命曰費留。故曰明主慮之、良将修之。非利不動、非得不用、非危不戰。主不可以怒而興師。将不可以慍而致戰。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以復悦。亡國不可以復存、死者不可以復生。故明君慎之、良将警之、此安國全軍之道也。

将不可以慍而致戦。合於利而動、不合於利而止。怒可以復喜、慍可以覆悦、

費留【ヒリユウ】:means only the west of money by hard labor.

【訓読】

それ戦い勝ちて攻め取るも、其の功を修めざる者は、凶なり。命づけて費留と曰う。故に曰く、明主は、これ【費留】を慮【オモンバカリ】り、良将はこれを修む。

利に非ざれば動かず、得るに非ざれば用いず、危うきに非ざれば戦わず。主は、怒りをもって師を興すべからず。将は、慍りを以って戦いを致すべからず。利に合えば、而ち動き、利に合わざれば、而ちに止まる。怒りは、以って復た喜ぶべく、慍りは、復た悦ぶべきも、亡国は、復た存すべからず。死者は、以って復た生くべからず。故に明主は、これを慎み、良将はこれを警む。此れ国を安んじ、軍を全うする道なり。

【和訳】

敵を攻め破り、敵の城砦都市を攻撃奪取しながらも、その戦果を局部に留めるだけで、拡張することが出来ないようでは、戦争目的を達成したとは言い難い。全体的に見ると、全く無駄なことであり、これを『骨折り損のくたびれ儲け』という。

だから明君と言われる人は、深く思慮した戦略的な思考の下で作戦計画を立案し、賢将がこの作戦計画を具現化するのである。つまり名君は、有利でなければ戦争行動を起こさないし、賢将は、100%戦勝が得られ確証のない限り、敵を攻撃することはなく、危険が迫らない限り、闘ってはならない。

それ故に君主は、怒りにまかせて軍を興して他国を攻めるべきではないし、将軍もまた、憤激にまかせて合戦を始めるべきではない。両者共に、有利な状況であれば、行動を起こし、有利な状況でなければ、作戦を中止すべきである。戦いが無ければ、やがて怒りは解けて、また喜こぶようになり、憤激もほぐれて、また愉快になれる。戦争をして滅んだ国は、それでおしまいであり、もう二度と立ち上がることは、出来ない。死んだ者は、再び生き返えることはない。それだから聡明な君主は、隣国と開戦するに当たっては、慎重に対処し、立派な将軍は、これを戒める。これが国家を安泰にし、軍隊を保全するための方法である。

【英訳】

Even if our force attacks enemy and take the objective such as enemy castle city etc and occupied it. But without exploit this small result, including rule over occupied territory. This is not good strategy and tactics to attain the objective of war is not good strategy and tactics. That is attack the enemy and can get the objective such as a key terrain or castle city etc. But lord and general can not exploit this initial small victory at all, so it is said that this operation is not good. This operation is called “Fruitless efforts which is only can get waste of combat power and time without any merit at all” That is this operation is not good in total at all. This operation also called “No profit at all, but only remains lots of tired feeling left” So enlightened lord makes a strategic war plan with deep thinking, and wise general materialize his lord’s strategic war plan into practice in combat field.

So lord should not initiate the war unless under the advantageous conditions. That is lord should not attack the enemy with fit of anger or resentments. And also general should not attack the enemy unless expect to get win with 100 % sure. That is both lord and general should not start the war and battle unless finds good favorable conditions for nation, and do not start the war or fighting unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and fighting is stopped, anger is melt away and joy came again. But once a start of war and defeated by enemy, collapsed and destroy the country never revival again, it’s same as dead person never revival again..

This is most important and essential attitude for lord and general. Lord should not raise the army and attack foreign country because of fit of anger and resentment. And also general should not command his force by fit of anger and resentment. Both lord and general should not be start the war and attack enemy force unless the favorable situation provides. General should start the battle when he finds good favorable conditions, and do not start the fight unless anticipate gets certain victory. If the war avoided and stopped, same time later anger will be melt away and joy will came again. But once a start of war and defeated, collapsed and destroy the country never revive again. Anger will be soften and change into enjoy in future. War ruin country never revival again, it likes a dead person never revival again. So clever lord start the war after long deliberation and wise general admonish oneself, no to start the battle unless get big profits and gains. This is the way to keep nation peace and to keep force safe and intact.

 

 Comment:”Exploitation” is important.「戦果拡張」が重要です。つまり「火」たと「水」を使用して「戦果を拡張」すべしとしているのです。

 Comment:”Enlightened lord considers deeply and wise general follow through or materialize it ” 「名君が深く考え、是を賢将が具現する」ことが大切である。

 Comment:”Never start the war except for victory. Never fight except in a crisis. War is only last resort ” 「勝てる見込みが無ければ戦争をするな。国家危機存亡の危機以外は、戦争するな」「戦争は最後の拠り所である」と孫子は言っている。

 War history example Ⅰ: “Anger start the war”

  『オサマ ビン ラディンがテロ戦争を起こした理由:

Osama bin Laden start the Jihad, Holy war against Soviet in Afghanistan 1979 “Don’t trampling down holy Muslim country by infidelity such as Soviet Union”【聖なる回教徒の土地をソ連等の無神論者に蹂躙させるな】”This is unacceptable!”「許せん!」

 War history example Ⅱ: “Anger start the war”: 

『中越戦争を起こした真の理由とその勝敗の結末は、・・・・』

China stated the China-Vietnam war【中越戦争】in 1979. The reason is very simple. The leadership of China gets angry to Vietnam by Vietnam Government bullying Pol Pot administration in Cambodia【ベトナム政府がポルポト政府をいじめた】which is close relationship to China. To attack Pol pot, Khmer rouge is unacceptable for China. So it must be punishment.

The six hundred thousand People’s Liberation Army【PLA:人民解放軍】invaded Vietnam cross China-Vietnam border on Feb. 17, 1979 with the sound of bell and chime, drum and trumpet. And more soldiers held banners, colors and pennants. The soldiers of PLA are brave and marched step over dead and wounded soldiers with a column of eights that is China’s pride tactics human wave tactics【人海戦術】to subjugate the Vietnam【ベトナムを征伐するために】.

Brave Vietnam Army fight back invaded PLA with modern weapons seized form the US Army and US Marine corps such as 105 mm howitzers etc including Soviet weapons. It is fierce battle. China defeated by Vietnam with perfect and withdraw from Vietnam on Mar. 18, 1979 left about sixty two thousand and five hundred missing in action【MIA】Only leave disgrace of weak PLA. After this incidents China did strong effort on build-up PLA to clear the disgrace reputation【不名誉な評判】that “PLA is weaker than Vietnam Army”【人民解放軍は、ベトナム軍より弱い】. 

 

中国は、1979年に中越戦争を引き起こした。その理由は、いとも簡単なことである。中国の首脳部が、中国と親密な関係を持つカンボディアのポルポト政権をベトナムが攻撃したので烈火のごとく怒ったのである。我々の大好きな、友好国ポルポト政権クメルージュ【赤いクメール人】を攻撃するとは、『許せん!懲罰を科さなければならない!』と。

1979年2月17日、60万人の中国解放軍兵士が、中国ベトナム国境を越えて、笛や鐘や太鼓を打ち鳴らし、旗や幟をおっ立てて、ベトナムに進攻した。中国軍は、戦死者や負傷者を乗り越え、八列縦隊でベトナムを征服すべく進軍して来た。中国ご自慢の「人海戦術」である。

勇敢なるベトナム軍は、侵略して来た中国解放軍を、アメリカ陸軍や海兵隊から鹵獲した105mm榴弾砲といった近代兵器(ソ連製を含む)を使用して反撃した。激戦であった。中国軍は、ベトナム軍により完膚無きまで撃破された。そして中国軍は、約6万2千500の戦死者行方不明者を残して、涙をのんでベトナムから1979年3月18日撤退した。そして人民解放軍は、弱いという汚名を残して・・・・・・。この事件以降、『中国解放軍は、ベトナム軍より弱い』という汚名をそそぐべく、人民解放軍の兵力増強の努力をしているのである。これが、今年度の中国国防費の突出の原因である。

 

 Comment Ⅰ:

Dead man never revival again, but Nissan can revival again by the Chief Executive Officer【CEO「最高経営責任者」, Carlos Ghosn. I have a confidence bankrupt General Motor Corporation to survive again to first rate good company, if US president Obama asked me please save the GMC【General Mortors Corporation】so I say with Mr. President Obam. Yes we can.カルロス・ゴーンさん、鼻息が荒いのである。【Full of big talk with breath hard through his big nose

 Comment Ⅰ:

Government should not dispatch abroad Self Defense force by pressure from Diet member who favors interested group on national defense【国防族】.

General should not criticize the remark made by the Prime Minister MURAYAMA【村山談話】

Soldier should not shorting his rifle or machine gun unless self defense or weapons protection【自衛若しくは武器等の防護】

One machine gun is not weapon but two machine guns are weapon so it is allowable as accompanying equipment but two machine guns is regard as “exercise of force” that is “use of force”【武力行使】unacceptable go to abroad such as Golan Heights or the Republic of Rwanda.

ギョギョギョの魚?!これは、「内閣法制局」の木っ端役人の解釈である。猫の目の如く、コロコロと解釈が変わる。お見事である。

 

 Comment Ⅱ :

So the clever lord is prudent the and wise general is cautious. This is the way of to keep a nation at peace and army intact. That is clever Prime Minster is prudent and wise generals of Self Defense Forces are preserved and intact. This is the best way to keep Japan at peace and Self Defense Force Intact.孫子は、マンガばかりを読み漁り、漢字も正しく読めず、ブレまくる総理大臣は、危い(あやうい)と言っているのであります。英語ペラペラ、内容なしのNOVA英語教室卒業生と同じであります。さてと、次の漢詩「望春」の意味が判るかな?自称『英語が得意』の総理、これを翻訳できるかな?「出来ない」と答えるのが正解です。漢字が読めないと「いくら英語能力があっても英訳は出来ません」読者の諸君、漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

題名: 望 春 

作者 : 杜甫  唐が敗れた後、After defeat Tang Dynasty

      国破山河有

      城春草木深

      感時花濺涙

      恨別鳥驚心

      烽火連三月

      家書抵万金

      白頭掻更短

      渾欲不勝箸       回答は、付録11-1にあり。

付録 11- 1  Appendix 12 – 1:漢詩を英訳し、『中国語』と『日本語』と『英語』の『一石三鳥』の能力を身につけよう。

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>