2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

孫子の兵法 第8 九変篇

以下は、山本賢の『孫子の兵法』Even monkey can understand Mr. Yamamoto’s Sun Tzu’s The Art of War 【中国語・日本語・英語】版 【財】自衛隊援護協会 を民間の方々にも解り易く『軍事用語』避けて解説したものです。

山本賢の孫子の兵法(表紙)

 

Let us learn Mr.YAMAMOTO's Sun Tzu's The Art of War

Let us learn Mr.YAMAMOTO’s Sun Tzu’s The Art of War

 

 

 

 

 

8章 九変篇   

 

Chapter 8 Nine variable tactics

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、①圮地無舎、②衝地交合、③絶地無留、④圍地則謀、⑤死地則戦。

 Comment圮地」means the ground where the foot hold too bad so do not good for marching and combat.

 Comment「衢」means the ground where road crossed which lead to foreign country.

 Comment「絶」means the ground where far from one’s own country and deep into enemy country.

 Comment「圍」means the ground where surrounded by mountains all three directions and only one narrow road pass through it.

 Comment「死」means the ground where surrounded by cliffs and precipices all sides where no escape rout.

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、将、命を君より受け、軍を合わせ衆を聚【アツ】め、和を交えて舎まるに、軍争より難きはなし;

①    圮地には舎まること無かれ。

②    衢地には交わりを合わせる。

③    絶地には止まる無かれ。

④    囲地にては則ち謀る。

⑤    死地には則ち戦う。

【和訳】

孫子はいう、およそ武力を行使するに当たって、将軍は、君主の命令を受け、兵を招集し動員する。召集した軍隊を運用するに当たっては、下記の『五つの着意事項』に留意すること。

①     足場の悪い低い散開地形で部隊を展開させたり、築城や野営をしてはならない。

②     通信・交通の便利な土地では、同盟条約に基づき連合を組む。

③     水も薪も食料も得ることの出来ない丸裸の土地には止まってはならない。

④     出口の塞がれた盆地には奇計を使う。

⑤     危険な土地では、敵と戦う。

【英訳】

Sun Tzu said that the operation of force is very difficult subject, general mobilized people and summons the army personnel under the order from the load. Called up army and use of force;

①     Do not deploy, emplacement and bivouac at low spread out ground where foot hold is bad.

②     Combine the force by alliance treaty at communication and traffic ground.

③     Do not stop at the bared ground where no water, no wood and food get.

④     Use the trick tactics for the enemy on the pent up closed ground.

⑤     Fighting the enemy on the danger ground.

 

【原典】

孫子曰、凡用兵之法、① 高陵勿向、② 背丘勿逆、③ 絶地勿留、④ 佯北勿従、⑤鋭卒勿攻、⑥ 餌兵勿食、⑦ 歸師勿遏、⑧ 圍師必闕、⑨ 窮寇勿迫、此用之法也。

【訓読】

孫子曰く、凡そ用兵の法は、①高陵には向かうこと勿かれ、②背丘には逆うこと勿れ、③絶地には留まることなかれ、④佯【イツワリ】北【ニグル】には従うことなかれ、⑤鋭卒には攻むること勿れ、⑥餌兵には食らいつくことなかれ、⑦歸師は遏【トド】むるなかれ、⑧囲師には、必ず闕き、⑨窮寇には迫ること勿れ。これ用法の法なり。

【和訳】

     孫子はいう、およそ戦いの9原則とは、

①      高い丘陵に布陣している敵を攻めてはなない。

②      丘を背にして来襲して来る敵を攻めてはならない。

③      嶮しい地形にいる布陣している敵と長期に対陣してはならない。

④      偽りの退却をする敵を追いかけてはならない。

⑤      士気の高い精鋭部隊を攻めてはならない。

⑥      陽動攻撃を仕掛けて来る敵には、食いついてはならない。

⑦      母国に帰ろうとする敵軍を邪魔してはならない。

⑧      敵軍を包囲する場合には、必ず逃げ口を空けておくこと、閉じてはならない。

⑨      窮地に追い込んだ敵を急迫してはならない。

上述の九通りの処置が、孫子の兵法の原則である。

【英訳】

Sun Tzu said that the principle of war as follows:

①    Do not attack the enemy occupied on high ground.

②    Do not counter attack the enemy on his back is hill.

③    Do not confront long time the enemy stays on steep ground.

④    Do not take pursuit attack if enemy try to pretend retreat.

⑤    Do not attack the enemy elite force which has high sprit moral.

⑥    Do not bite the lure which is feint attack by enemy commander setting.

⑦    Do not stopping the enemy which is in retreat to home.

⑧    Do not attack enclosed enemy, let open runaway root for enemy soldiers.

⑨    Do not attack cornered enemy, the cornered mouse will bite the cat.   

The above 9 variable tactics are the principle of the Sun Tzu’s the Art of War.

 

【原典】

塗有所不由、軍有所不撃、城有所不攻、地有所不争。君命有所不受。

【訓読】

塗【ミチ】に由【ヨ】らざる所あり、軍も撃たざる所あり。城に攻めざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。

【和訳】

場合によっては、通ってはならない道路がある。場合によっては、撃ってはならない敵もある。場合によっては、攻めてはならない城もある。場合によっては、占領奪取してはならない土地がある。将軍たる者にとって、君主の命令といえども、従うべきでない命令もある。君主は必ずしも現場のことを知っているわけではない。

【英訳】

There are some roads where should not be pass through. There are some enemies should not be attack. There are some castles should not be attack. There are some lands should not be occupied by attack. There are some orders exists even from the lord which should not to be obey for general, because of lord not always knows the spot situations

 

 Comment「将軍」means general. But the meaning of Sun Tzu the Art of War general is different from modern army general in position, mission and status etc. The general of Sun Tzu the Art of War is military advisor or tactics consultant who has a commanding authority to lord’s or king’s private army. The general of Sun Tzu days role and mission is almost same as general manager of base ball, he has all responsibility of victory or defeat the battle. General of the Sun Tzu the Art of war days compare with the general of Self Defense Force is very severe on employment of force. General speaking, general has an almighty authority out of castle city and some case lord give a formation map【陣図】to general. So general must fight enemy follow this formation map.  

 

※ Example of war history

かつて昭和天皇は「今後は、朕の命令なくして、一兵も動かすことはならん」と板垣征四郎陸軍大臣に言った。がしかし、・・・・・・孫子の兵法を悪用したのです。

Once Emperor Hirohito【昭和天皇】said to Cabinet minister of Army Seishiro ITAGAKI, ”From now on, you should not move even one soldiers dispatch to abroad without the order of We【朕】”

Kwantung Army Headquarters staff and commanding officer said that ; there are some orders exists even from the Imperial General Head Quarters【大本営】

This is the reason the Kwantung Army did not obey the order of Imperial General Headquarters and expand battle front【戦線拡大】  .

 

しかしながら、現在の自衛隊は、関東軍のようなことは、ありません。良く命令指示にしたがいます。これを「唯々諾々」と言います。唯々諾々とは:

 

覚えておこう『四字熟語』

唯唯諾諾 【いいだくだく】

☆  Obeys other’s opinion and order in straight without add any one’s own opinion.

☆  Be at a person’s beck and call with obediently.

☆  Always agree on other’s opinion without any one’s own thinking. All ways Yes sir, Yes sir.

Comment 1 :「唯唯」 means “ Obey others opinion without any thought ” and 「諾諾」 means “ Submit others order instantly without any thought ”

これは、ワンマン師団長隷下の部隊長の出世の秘訣でもあります。

 

【原典】

故将通於九変之地利者、知用兵矣。将不通於九変之利者、雖知地形、不能得地之利矣。治兵不知九変之術、雖知五利、不能得人之用矣。是故智者之慮、必難於利害。雑於利、而務可信也。雑於害、故憂患可解也。

【訓読】

故に将、九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将、九変の利に通じざる者は、地形を知ると雖【イエド】も、地の利を得ること能わず。

兵を治めて、「九変の術」を知らざる者は、五利を知ると雖【イエド】も、人の用を得ること能わず。

是の故に、智者の慮【オモンバカリ】は、必ず利害を雑【マジ】う。利に雑【マジ】りて而して務め信【の】ぶ可き也。害に雑えて、而ち患【ウレ】い解くべき也。

【和訳】

そこで、上述した「九変の利」に精通した将軍は、『軍の用法』をわきまえた将軍であり、このような将軍は、軍を上手に指揮することが出来る。九変の戦術の利益に精通しない将軍は、たとい戦場の地形が良く分かっているといえども、その地の利益を得る事が出来ない。

軍を統率する将軍として臨機応変の措置「九変の戦術」を知らないのでは、例え「部隊運用上の五つの着意事項」が分かっていても、部隊を運用して、戦闘力を発揮することは出来ない。

こういうわけで、智将は、状況判断をする際には、必ず「利」と「害」の両方の観点で考察する。つまり、利益を考える時には、必ず損失も考慮する。そうすれば物事は、順調に推移する。又、害になる面をも合わせて考えるから、その対策も、前もって織り込み済みであり心配事も無くなる。

【英訳】

General who knows above “Nine variable tactics” very well, he can good command his force. That is he can command his force all most perfect. General knows the terrain in combat aria very well, but if he did not know the nine variable tactics at all, he cannot maximum use of the terrain merits at will.

General who commands his subordinate force does not know about “Nine variable tactics” he can not command his officers and soldiers at will, even if he knows “Five basic factors of considerations on force management” very well, but he does not know “the nine variable tactics” at all, he can not show off his commanding ability at maximum.

Therefore wise general always think about both sides merit and demerit in case of estimate of the situation at the same time. When you formulate a profitable plan, you must thinks about demerit of the matters. By thinks on the demerits of matters, you won’t anxious about damage and failure, because of general anticipate damage control operation in advance.

 

 Comment「九変の利」means「地形の臨機応変の活用」= “Adaptation to circumstances on terrain”

「臨機応変に地形を利用」することの出来る将軍は、軍事について分かっている将軍である。

 Joke Stupid general always think about only one side so his order is simple and clear to understand soldiers and sailors. It is different from cunning high ranking career track bureaucrat of Defense Ministry issued directions to evade his responsibility. Their directions and languages always clear, but meaning obscure and vague.

So stupid general want to issue right order quickly, but to think both merit and demerit is very difficult.

 

軍人は、単細胞が良い。『決心攻撃、矢は左』は、マル。『即断即決』もマル。遅疑逡巡』は、良くない。

Decision is Attack! Direction of attack is left.This is school solution【原案】of tactics.

これは、旧陸軍の士官学校や旧海軍兵学校での戦術であった。これらの学校の卒業生達は、実戦でもこの通りに戦い、米軍は、これに対して「日本軍の教範」を研究して、待伏せ攻撃をしたと、米軍は、言っていた。

 

覚えておこう『四字熟語』

遅疑逡巡【ちぎしゅんじゅん】

☆  Undecided conclusion with hesitation is defeated by enemy attack

It need

即断即決 【そくだんそっけつ】

☆  Quick conclusion and instant decision is indispensable for front line officer.

 

【原典】

是故屈諸侯者以害。役諸侯者以業、趨諸侯者利。

【訓読】

この故に、諸侯を屈する者は害を以てなし、諸侯を役する者は業を以てし、諸侯を趨【オモム】かしむる者は利をもってす。

【和訳】

こういうわけで、近隣諸国の諸侯を屈服させるには、その害になることを強要することである。つまり、近隣諸国の国力を消耗させ、疲労させる最良の方法は、わざと事を起こして互いに戦わせることで疲れさせることである。また、隣邦諸国の君主を味方に抱き込むには、これを利益で誘うこと。

【英訳】

The best way to subjugate the loads of neighboring countries is to compel the lords harm full jobs which consume neighboring countries power. That is the best way to consume national power of the neighboring countries is to fight each other with the plot and tired out by fighting each other. And in case of neighboring lords to switch our side is to show a profitable lure for neighboring lords.

 

 Comment これを「漁夫の利」Fish in trouble area「鷸蛙の争い」Fisher man can get both food on quarrel between snipe and clam shell.

 

【原典】

故用兵之法、無恃其不来、恃吾有以待也。無恃其不攻、恃吾有所不可攻也。

【訓読】

故に兵を用うるの法、其の来たらざるを恃むこと無く、吾の以て待つ有ることを恃むなり。其の攻めざるを恃むこと無く、吾が攻む可からざる所有るを恃むなり。

【和訳】

そんなわけで、軍隊の運用原則は、敵が襲来ないことを神頼みとし期待するのではなく、敵が何時やって来ても良いような態勢を構築することが大切である。つまり『敵に攻撃を断念させる』ことを、つまり『敵が攻撃できないように備える』ことが大切である。

【英訳】

Therefore the operational doctrine of war is not to assume that “The enemy will not be coming” but rather to rely on “To encounter the enemy force’s invasion” is essential. That is “Both preparedness and readiness of our country are perfect” is essential. That is do not reline on foreign country’s faith. That is you should not rely on neighboring countries faith but preparedness perfect. “Enemy force will not attack us, but rather to make assure our force ready-ness perfect and invincible.

 

 Joke 1 専守防衛

This strategy and tactics is the best for Japanese defense policy “ Self defense only ”【専守防衛】or “Defensive Defense ”【専守防衛】 or “ Exclusively defensive defense”【専守防衛】 It is like a porcupine【針鼠】. そうです。『専守防衛』でハリネズミのように武器でわが身を守るのです。敵が撃ってきたら、打ち返す。これが専守防衛です。この条件反射的防衛には、高度の軍事技術と大金が必要です。

孫子曰く『人を致して、人に致されず』こちらから積極作戦を仕掛けないと勝てません。

 

 Joke 2憲法第9条は、『怨敵退散!』である。 

Perform to recite three times “Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy! Disperse the hatred enemy!” with and this mentality is same as “The article 9 of Constitution” prevents invasion of neighboring countries or Stamped sealing paper【封印紙】 for door. The Stamped sealing paper is no effect for Chinese Mafia or Russian Mafia or sneak-thief. On the contrary Chinese Mafia or Russian Mafia works with free from care.

ワタシ提案するアルヨ。加持祈祷ヨイ有るネ。「怨敵退散! 怨敵退散! 恩敵退散!」三度言えば、敵来ないことあるよ。ポコペン。憲法第9条は、扉に貼る『封印紙』と同じアルネ。安心して悪いこと出来るアルヨ。中国マフィア、ロシアン・マフィア、空き巣狙いに全然効果ナイアルネ。因みに「ポコペン」とは中国語で『不殼本』と書き「ナットラン」とか「話にならない」とか「だめだ」という意味です。

 

 Joke 3:「備えあれば、憂いなし」

If prepared enough, there is no fear at all.是自衛隊のことである。

 

【原典】

故将有五危。① 必死可殺也、② 必生可虜也、③ 忿速可侮也、④ 廉潔可辱也、⑤ 愛民可煩也、凡此五者、将之過也、用兵之災也、覆軍殺将、必以五危、不可不察也。

【訓読】

故に将に五危有り。

①     必死は殺されるべき也、

②     必生は虜にされるべき也、

③     忿速は侮られるべき也、

④     廉潔は辱【ハズカ】しむらるべき也、

⑤     愛民は煩【ワズラワ】さるべき也。

凡そ此の五つの者は、将の過ちにして、兵を用いる者の災いなり。軍を覆し、将を殺すは、必ず五危を以てす。察すべからざるなり。

【和訳】

そんな分けで、勇猛果敢な愚将には、陥りやすい五つの危険があります。

①     駆け引きを知らないでいたずらに必死になれば、敵の狡猾な将軍に致され討ち死にする。

②     生きる事ばかり考えて、勇気に欠け、助かろうとすれば、敵の捕虜になる。

③     短気で怒れば、敵の術中にはまってしまう。

④     清廉潔白だけでは、敵の挑発に乗って、辱めをうけてしまう。

⑤     民衆への思いやりを持ちすぎると、神経が参ってしまう。

以上の5つのことは、将軍の陥り易い過失であり、軍を動かす上で、害になることであります。軍を敗北させ、将軍を戦死させるのは、必ずこの五つの危険のためであり、戦争をする上で弊害となるから、十分に注意しなければならない。

【英訳】

There are five danger examples easy to fall for the courageous and stupid general.

①   Those who are only brave and reckless but thoughtless and do not afraid of death can be die by cunning enemy general.

②   Those who are only timid and weak mind and stick to live long can be captured by enemy as prisoner of war.

③   Those who only short temper with anger can be fall into disgrace by enemy clever plots.

④   Those who are only clean and honest fall into sham by enemy dirty plots.

⑤   Those who are too much love soldiers and people easy fall into trouble and his spirit exhausted and tired out or beaten up.

     These above five faults for general will certainly cause army destruction and the death of the general. This is also harmful influence for combat. So general must seriously consider.

 

Joke : 緊褌一番 【きんこんいちばん】

緊褌一番 【きんこんいちばん】と言う四字熟語がある。この意味は、

Tighten the string of one’s loin-cloth on this fight.

To do the job with tighten one’s belt.

つまり 「緊褌」 means “ Tighten one’s loin-cloth ” and

「一番」 means “ On this important fight ”

つまり : 褌を締めてかかるという意味。腰巻を締めて掛かるとは言わない。

「一石二鳥」。学生の国語能力低下が問題視されている昨今、この四字熟語を知らない日本人は、いない。しからば、白熱電球を発明した、発明王のトーマス・エジソンもビックリ仰天したと言われている「一石六鳥」の日本製品がある。それは何か???

日本のフンドシの歴史は古い。中でも「越中褌」の名前の由来は、江戸時代、越中のお殿様『細川備中守忠興』が発明したと言われている。

お相撲さんの褌は、硬く織られた絹で出来ており使い勝手が良くありません。それに価格も高価です。

これに対し、日本男子が締める「褌は」

  1. 1.    褌は、綿で出来ておりとても安価である。
  2. 2.    褌は、風とおしが良く、蒸れない。日本は、「高温多湿」の国であるので快適である。
  3. 3.    褌は、ズボンをはいたままで、古いものと、新しいものを交換することができる。こんな真似は、西洋人の発明した「パンツ」では出来ない。
  4. 4.    戦争で負傷したら、包帯として褌を利用することができる。
  5. 5.    戦地においてでも「手ぬぐい」と紐さえあれば、簡単に作成することが出来る。
  6. 6.    そして、最後に、これが最も重要な点であるが、戦場で投降する際には、白旗として利用できる。そして「愛されんだ!」と言います。これは、I surrender! 【「私は降参します」と言う意味です】

No. 1 Japanese loincloth made from cotton and very cheap.

No. 2 Japanese loincloth is good ventilation, not stuffy. Japan is the country of high temperature and humidity so it is very comfortable.

No. 3 Japanese loincloth can exchange from old one to new one, even if you put on pants.

No. 4 Japanese loincloth can use as a bandage when wounded in action.

No. 5 Japanese loincloth can make by use of hand towel and cord with easy in combat area.

No. 6 Finally, it is most important things Japanese loincloth can use as a white flag when surrender to enemy in combat. In this case you must say only ”『愛されんだ!』 in Japanese” that is “I surrender ! ”                        

 

日本人の豊かな感性と発想から生まれた、世界に冠たる「越中褌」は、最近「Japanese Classic pants」なぞと称して、一部の若者に密かに愛用されているとか、いないとか。ブランド志向に取り付かれた「金満大国」日本の若者に、そのうちに外国のデザイナーによる、「フリル」や「レース」付きのグッチのデコレーシオン・パンツとか、雷様がはいている「虎の皮」でできたエルメスのクラシック・パンツなるものを身に付けるかもしれない。若い女の子に抜群の人気のあるエルメス革製品、本を正せば「おん馬さん用金具」の製造メーカ品であった。この話をエルメスの革製品を持っている若い女性にいうと「ウソー。信じられない!」と。そして運動不足気味のメタボリック症候群が気になる「短足長胴」お姐さんに方が、戦国武将が愛用した日本古来の大型扇を両手に踊り狂うも良し。ふわふわとした羽毛扇片手にビートの利いた音楽に踊り狂うのも良し。

この「愛されんだー!」而ち“I surrender!”『私は、降参します!』の用語の起源は、ジョン万次郎の考えた耳からの英語学習法の応用です。

 

沖縄復帰の直後のことです。不肖山本は、特別不発弾処理隊と混成団2科渉外幹部を兼務していました。回収してきた不発弾の爆破処理は、キャンプ・シュワブの演習場の弾着地点兼EOD Site#3で実施していました。EODとは“Explosive Ordnance Disposalの略語で「不発弾処理」と訳しております”

当時は、ベトナム戦の最中とあって、演習場の弾着地点確保と使用は、超過密状態でした。この使用統制は、Range Control【射場統制班】が実施しておりその指示【control】の下で爆破処理をしていました。

Range control で状況報告や指示を受けるために無線機と演習場監理規則を借りるわけですが、その時、必ず「時間調整」【synchronize watches】をします。

「今、何時ですか?」と正確な時間を聞いて、Range Controllerの時計と時間と合わせる必要があります。その時の必要英語は、「掘った芋いじるな!」でした。即ち、『掘った芋いじるな!』 ⇒ 『ほったいも いじるな!』 ⇒ 「ホッタ イモ イジルナ」 ⇒ “What time is it now ? ⇒ 「今何時ですか?」と言って時間合わせをして来ました。

またNTA North Training Area】北部訓練地域で訓練中の海兵隊員の人身事故では、EOD Site # 3(私の無線機のコールサイン)、患者後送ヘリ【medical evacuation helicopter】の出動要請の連絡頼む・・・」の中継がスムーズに行かずにクレームを付けられたこともありました。

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>