2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

孫子の兵法 第4 軍形篇

以下の文書は、山本賢の「孫子の兵法」を一般の民間人の方々にも理解していただくために、自衛隊の戦術用語を用いることなく解り易く書いたものです。楽しく読んでいただければ幸いです。

 

第4章 軍形篇

Chapter 4: Formations

 

【原典】

孫子曰、昔之善戰者、先為不可勝、以待敵之可勝。不可勝在己。可勝在敵。故善戰者、能為不可勝、不能使敵之可勝。故曰、勝可知、而不可為。

【訓読】

孫子曰く、昔の善く戰う者は、先ず勝つ可【べ】からざるを為して、以【モッ】て敵の勝つ可きを待つ。勝つべからざるは、己れに在るも、勝つべきは、敵に在り。故に善く戰う者は、能く勝つ可からざるを為すも、敵をして必ず勝つべからしむること能わず。故に曰く、勝は知る可して、而して為す可からず。

【和訳】

孫子はいう。昔の戦いに巧みな将軍は、先ず、敵が勝つことのできないような『不敗の態勢』を整えた上で、敵が『弱点を暴露する機会』を辛抱強く待ち、これを攻撃したものである。即ち、敵将が状況判断を間違えるよう、敵を『いたす』ことが重要である。つまり、敵が我に勝つことが出来ない『不敗の態勢を構築』した上で、敵のエラーや弱点を辛抱強く待って、これを攻撃するものである。

従って、戦いの真髄を良く知っている者は、己が不敗の体制を取ることが出来るが、しかし、必ずしも、敵が負けやすい脆弱な態勢を取ってくれるとは限らない。それ故に『勝利することの出来る戦術を知っているとしてもても、必ずしも勝利するとはかぎらない』つまり、戦術を知っているからと言って、必ずしも勝利するとは、限らないのである。

 

【英訳】

Sun Tzu said that:Skillful general in ancient times, the first of all, put his force invincible with tight formation for defense, after that he is waiting enemy commander’s operation error with patiently. And if he finds out enemy week points or vulnerability points, he attacks these points instantly. That is very important to let

…続きを読む