2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

英語de軍事『四字熟語』 VOL.13

こんにちは、山本です         

山本の似顔絵

山本の似顔絵

 

◎『疑心暗鬼』             

 

2014年7月17日、ウクライナの東部、ロシアの国境付近のドネツクの上空約1万mで、乗客・乗員298人が乗ったマレーシャ航空機Boeing-777〔トリプル・セブンと発音〕が、ソ連製のレーダー誘導型地対空ミサイルSA-11”BUK”によって撃墜された。このマレーシャ航空機は、ウクライナ政府軍Ukraine government forcesの誤射によるものか?ドネスク分離独立・親ソ派ゲリラPro-Russian separatist fighters in eastern Ukraineが、ウクライナ軍から鹵獲したBUKを使用して撃墜したのか?はたまた、プーチン大統領の最も信頼をおく悪名高いKGB:カー・ゲー・べー〔国家保安委員会〕が画策した事件なのか闇の中である。

このニュースをテレビで見て不肖山本は、軍用機が撃墜されている紛争地帯の上空を民間航空機が自由に飛んでいることが、摩訶不思議であった。また、ウクライナ軍は、ソ連製の地対空ミサイル“BUK”を始め防空兵器を装備しており、一方、親ソ派の『ドネスク分離独立軍』は、ウクライナ軍の航空機を複数機回撃墜していた。それにもかかわらず、無防備の民間機の立ち入り制限をしないとは、空域を管理する国家としての能力が無いとして『ウクライナ政府の責任だ』とするプーチン大統領の『ウクライナ政府無能力論』は、もっともであるとも思った。ひょっとして、『親ソ反政府ゲリラ軍に対する国際世論を高めるために、あえて親ソゲリラ軍に民間機を撃墜させる下心があった』というふうに感じた。何やら、日本に真珠湾奇襲攻撃等をさせて国際世論を味方にした、ルーズベルト大統領事例のようでもある。これを『疑心暗鬼』と言う。

Time(2004.8.4)誌によると、Northrop Gruman という巨大軍用航空機メーカの民需品開発事例として、『フレア』と『チャフ』の事例が出ていた。お値段も1.5百万$とあった。航空会社の危機管理能力が問われる時代と相いなった。

Flarres : Ejected from the plane, they burn and create heat to divert a heat-seeking missile from the aire craft.

Chaff : Foil strips ejected from the airplane, present a radar guided missile with multiple targets designed to divert it.  

山本は、陸上自衛隊に勤務していた時、高射砲やミサイルで敵の航空機を撃墜する高射特科部隊の装備する高射砲や対空ミサイルのレーダー等の修理や整備を実施する部隊に勤務したり、武器学校の誘導武器科で教官をしていた経験がある。また、防空識別圏のお仕事で日夜勤務していた航空自衛隊の峯岡山〔千葉県〕のレーダー・サイトの見学も実施したことがあった。このレーダー・サイトでは、防空識別圏内を飛行する全ての航空機のフライト・プランを掌握しており、この計画より『大幅にずれると』敵機と見なして対応策を取ることにSOPで定められていた。SOPとはStanding Operation Standardの略語で「作戦規定」と訳されている。

また、陸上自衛隊の対空戦闘部隊の演習支援に参加し、対空レーダーの整備支援をしたことも多々ある。不詳山本は、弾道計算機や対空レーダーが故障したものを修理することは出来るが、飛来してくる目標は、敵機であるか?友軍機であるか?はたまた、一般の民間機であるか?の識別をすることが、出来ない。『餅屋は餅屋』という言葉が有るとおり、高射特科の隊員は、レーダー画面のPPI表示機の機影を見て、進入航空機の彼我の識別が瞬時に出来るのである。驚きの神業的の技術である。PPI とは、〔Plane Position Indicator〕の略語であり、レーダーの水平面表示機ブラウン管のことである。

然らば、PPIの機影『Dot』では、彼我の識別が困難な場合には、すかさずIFF装置を使用する。IFFとは、Identification Friend or Foreの略語で『彼我識別装置』のことであり、忠臣蔵の討ち入りのさい同士討ちを避けるため使用した『山』・『川』といった合言葉を電子的に行う機材のことである。

ちなみに陸上自衛隊の防空戦闘訓練には、仮想敵国機として、航空自衛隊の戦闘機が仮想敵国機として使用され、実弾こそ発射されないが、当時は、実戦さながらの訓練をしていた。

仮想敵国たる航空自衛隊の戦闘機が、陸上自衛隊の高射砲やレーダーに『急降下攻撃態勢』を取るか、それとも、この航空自衛隊の戦闘機に高射砲のレーダーや対空ミサイルが『ロックオン』が先になるかを『戦場審判官』Umpireが判定してどちらが勝ったのかを決めるのである。

対空ミサイル・システムを正常に機能させ運用するのには、このような過酷な訓練と高度な技術錬度を維持することが必要不可欠である。

山本は、陸上自衛隊の装備開発実験隊のロケット弾薬科で研究員をしていた時、高高度の空域に砲弾やミサイルの実用試験をするつど『ノータム』 NOTAM 〔Notice to Airmen〕を提出していた経験がある。NOTAMとは、航空機搭乗員注意報である。 飛行機のパイロットに空中で砲弾やミサイルに当たらないように『注意喚起』をするためのお知らせの仕事をしていた。

そして陸上自衛隊を退官した後には、昭和金属工業の業務管理課長の業務をすることになった。この時に、『雷管』や『起爆筒』といったごく少量の火工部品の輸出・輸入業務をした。

国連の専門機関ICAO【International Civil Aviation Organization】が、何故この紛争・交戦地域のウクライナ上空の進入禁止をしなかったのか、私には摩訶不思議であった。多分軍事知識の欠如であったと思った。

ICAOとは、International Civil Aviation Organizationの略語で日本人は『イカオ』と発音しているが、外国では『アイ カオ』と発音している。

このICAOは、過剰なまでに航空機の安全運行管理をこまごまと規定・管理をしており、航空貨物専用郵便で『雷管』や『起爆筒』といった火薬爆薬類の中で最も危険なものを『輸入』したり、『輸出』したりする際に、複雑怪奇な種々の規則類があり、この規定を違反すると、『航空貨物』で輸送することが出来なかった経験を思い出した。そして、市場には出回っていない『液体爆薬』の機内持ち込み防止のために、ジュースや哺乳ビンに入った牛乳まで機内持ち込みも禁止している。十五六年前に、液体爆薬ー『A液』と『B液』は、共に爆薬ではない。しかしながら現場で混ぜ合わせる〔サイト・ミキシング〕と即高性能『爆薬』となるオサマ・ビン・ラディン大好きな爆薬の実用試験の支援をしたことのある山本は、『検知機』や『検知紙』の開発により防止する事が出来ると思った。

 

覚えておこう『四字熟語』:

 

影駭響震   【 えいがいきょうしん                                                              

Weak soldier frighten only look at one’s own shade and hearing of sound.

「影駭」 means “ Frighten only looking at shade ”

「響震」 means “ Frighten only hearing of sound ”

 弱兵は、己の影を見ただけで驚き、音を聞いただけで驚く。

Comment ;  関東軍の「発煙筒」の展張を見たて『毒ガス』攻撃だ!と逃げる、中国兵のことあるヨ。

 

疑心暗鬼   ぎしんあんき 

Suspicious mind and doubt produce big demons in the mind.

Dubious and suspicious mind making large demons in the mind which do not exist in the world.

If you have suspicious mind, it seems big evil monster even ordinary trivial things.

「疑心」 means “ Suspicious mind or Doubt.

「暗鬼」 means “ Demon in the dark. ”

 心に疑いを持つと、暗闇の中に、居るはずの無い『鬼』の姿まで見えてくる。つまり、何でもないことまでも、疑わしくかつ、恐ろしく感じ、怯えること。

Legend of historical fact of 【疑心暗鬼】:

An old good man lives in China, one day he lost an ax. He thought it must be stolen. And next door son must be stealing my ax… Yesterday, I met him, he seemed a little nervous about me. And this morning I met him again his face look pail. He must steal my ox from my house. And this evening he scared to meet me. He must be stolen my ax without fail.

But at night the ax appeared by chance another places. Next morning the old man meats the youth again, there are no suspicious conducts on him.

 

「疑心暗鬼」で起きたイラク戦争

Current comments Bush start the war with suspicion on Saddam Fusein.  

Even bravest president of United State of America, George W. Bush started the war against Irak former US best allied friend country in Iran-Iraqi war. But from Fusein’s brave speech and anti-American conducts recently, Iran must be hide Mass Destruction Weapons such as poison gas etc in Iraq territory, and secretly to attack America in near future or sell it to al Qida terrorist group in secret. Bush’s doubts bigger and bigger day by day.

And US have enough Preemptive attack capability to Iraqi… So he ordered to invade the Iraq to destroy poisonous gas production factory. But it is weed killer herbicide factory. Iraqi war starts with in the mind of brave President Bush.

 

草木皆兵  【 そうもくかいへい 】     

For the weak soldiers, even moving grasses and trees looks like enemy soldier’s activities.

「草木」 means “ Grasses and trees.”

「皆兵」 means “ All look like soldiers.”

 敵を恐れる弱兵には、動く草や木も全て敵兵の活動に見える。ひどく恐れて、怯えること。

 

杯中蛇影  【 はいちゅうだえい 】     

Suspicious mined produce the snake image on the surface of the wine-cup with reflection from the picture of bow on the wall.

「杯中」 means “ In the wine-cup.”

「蛇影」 means “ Sadow of snake.”

 猜疑心があると盃に映った壁にかけてある『弓の絵』の映像が『蛇』に見えてくる。疑いの心があると、何事にも臆病となること。

 

風声鶴唳  【 ふうせいかくれい 】    

Weak soldier all ways afraid of enemy activities, even to hear the sounds of wind and a cry of crane, they are misunderstand the enemy attack.

「風声」 means “ Sound of wind.”

「鶴唳」 means “ Cry of crane. ”

 怖気づいた弱兵は、風の音や鶴の鳴き声でさえも、恐れおののくものである。

Comment  : 日露戦争時のソ連兵や目くらませ用の黄燐発煙弾(WP)射撃を『毒ガス攻撃』と思い一目散に逃げた中国軍

 

最後に、『安全保障と危機管理学会』の二見宣理事長からE-mailで送られて来た、英国海軍のリンクス・へリが、対赤外線対空ミサイルから身をまもるための熱源の火工品『フレアー』の写真を掲載します。写真提供は、笹森直登氏。安全保障と危機管理学会のホーム・ページは、http://www.jssc.gr.jpです。このホーム・ページを読んで頂ければ、同学会の名誉会長・顧問の安倍晋三総理大臣も喜んで頂けると単細胞の山本は思っています。

赤外線フレアー

 

Leave a Reply

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>