2013年8月
« 12月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

英語de軍事『四字熟語』 VOL.08

こんにちは、山本です

山本の似顔絵

 

◎『日本海海戦』と『東郷元帥の危機管理』                       

 

最近、防衛大学校の同期生〔#6〕の二見宣さんから『安全保障と危機管理』学会の機関紙が送られて来た。この2313年夏季号には、戦艦三笠の上で、連合艦隊を指揮する、東郷平八郎元帥の絵と共に『5月26日は、海軍記念日です。 108年前、ロシア帝国の艦隊を殲滅した日ですと書いてあった。勇ましい機関紙である。

『安全保障・危機管理学会』とは、二見さんが立ち上げた学会で、その構成メンバーがすごい。名誉会長として安倍晋三内閣総理大臣や顧問として渡辺喜美(みんなの党代表)、中谷元(元防衛庁長官)や佐藤政久(防衛大臣政務官:こと『お髭の隊長』)等々そうそうたるメンバーである。細部は、http://www.jssc.gr.jp 参照。

 

この『安全保障・危機管理学会』JSSCと『日本地雷処理を支援する会』JMASは、数少ない自衛官OBの立ち上げたNPO法人である。して、不肖山本が所属するJMASと比べて、元自衛隊の高位高官や警察庁OBの方々や大学の教授が多い。これに比べて、JMASの方は、陸上自衛隊で防衛駐在官や不発弾処理業務や海上自衛隊で機雷処理を実施して来た水中処分隊等の出身が多い。毛並みの異なったところでは、フランス外人部隊で、アフリカの大地で不発弾処理を長年実施して来た日本人もJMASにおります。目下、南アフリカの「JMASのベースを設定(日本国旗が立っている)し自炊」しているとのこと。【細部については、「軍事研究2013年8月号参照】彼曰く『山本さんは、日本国政府から恩給を頂いていますが、私は、フランス政府から恩給を頂いています』と。

JSSCの機関紙の表紙の挿絵は、日本海海戦時に、東郷元帥が戦艦『三笠』の甲板上で指揮を取っている場面であった。

 

戦艦『三笠』の甲板上の東郷平八郎元帥

 

Below artist’s conception picture of Admiral Heihachiro TOGO, commander of Japanese Combined Fleet, stand on the deck of flagship MIKASA with binoculars and take command during the Battle of Tsushima Strait on May 27, 1905.

About episode of this picture, Admiral Heihachiro TOGO stands on the compass

…続きを読む