2012年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

500 LB MK 82 Bomb Discovered Near Ex Marine Base in Lang Vei Safely Removed

沖縄復帰直後、沖縄で何十発と処理してきましたMk82 250Kg爆弾がベトナムのang Veiで発見され、ベトナムの不発弾地雷処理NGOであるRENEWにより処理されたとのメールが一昨日2012年8月17日入ってきましたので、お知らせします。

From: Project RENEW Sent: Friday, August 17, 2012 8:34 PM Subject: 500 LB MK 82 Bomb Discovered Near Ex Marine Base in Lang Vei Safely Removed An unexploded U.S. MK 82 bomb found yesterday in Lang Vei, the former US Marines base, has been safely removed by a Project RENEW’s Explosive Ordnance Disposal (EOD) Quick Response

…続きを読む

英語de軍事『四字熟語』 VOL.03

こんにちは、山本です。

こんにちは、山本です。

◎『驚天動地』の夜

 8月9日の広島の『原爆の日』の頃になると、ふと思い出すことがある。アフリカのルワンダから、日本に来ていたイスラム原理主義者の青年の言った言葉である。不肖、山本は、オサマ ビン ラディンが画策した9.11事件が起きた、3年間前、昭和金属工業という名の会社の本社工場の工務課長をしていた。この時、『ぎっくり腰』になり、身動きが出来なくなり、救急車で病院にかづき込まれた。1時間程遅れて、大型プレスを操作していて、四本の指を切断する事故を起こした外国人が、私と同じ病室に担ぎこまれて来た。医師と看護婦と負傷者の意思の疎通が出来なかったので、本人の顔を見ることなく、通訳をした。その夜のことである・・・・・・・・・・・・。

 「私は、アフリカのウガンダのトワファと申します。私は、8年間、この日本に住んでいます。日本では、12月になるとどこかのテレビ局が必ず、忠臣蔵を上映します。私、日本人と同じように『忠臣蔵』大好きです。そして大石蔵之助を大変尊敬しています。」「私は、英字新聞Japan Times紙で、毎年日本のヒロシマの原爆記念日の記事を読んで着ました。日本の総理大臣が広島でスピーチした原稿も隅から隅まで全て読んで来ました。しかし、日本の総理大臣は、誰一人として『アメリカに対して復讐を!』とか『アメリカに血を以て償わせる!』と声高らかに宣言した総理は、誰一人として居りませんでした。日本の首相のメンタリティーは、どうなっているのでしょうか?イスラム原理主義者の私には、とても理解することができません。」「日本は、アメリカに何時、広島の復讐するのか、知っていたら、こっそりと私に教えて下さい」と「ギックリ腰」で入院初日の真夜中のことであった。ギョギョギョのギョ。『驚天動地』ビックリ仰天をした夜であった。

 このイスラム原理主義者の青年は、日本人=大石蔵之助、アメリカ人=大石蔵之助とのイメージを抱いているのでした。つまり、日本人=大石蔵之助、アメリカ人=吉良上野介とのイメージを抱いているのでした。泉岳寺のお墓の大石蔵之助もビックリし、ビビット震えたに相違ない。

 そして、翌日、トワファさんに、不肖山本の持論である下記のような『ルーズベル大統領の陰謀』と『連合艦隊の真珠湾攻撃』の話をした

Before the Pearl harbor attack by Japanese Imperial Navy, America get into difficult to maintain selling cotton goods in China market by Japanese cheap cotton goods of good quality. Lots of American cotton manufactures bankrupt. So President Roosevelt suffer the silent pressure from American cotton manufactures Association to restrict selling in China.

US President

…続きを読む

英語de軍事『四字熟語』 VOL.02

こんにちは、山本です

こんにちは、山本です。

◎満蒙開拓団の悲劇

 1945年8月9日の夏、日本とソ連の間には、『日露不可侵条約』があるにもかかわらず、ソ連軍が突如、ソ満国境を越え、関東軍を攻撃するために、満州国へ怒涛の如く攻め込んで来たのである。その数、ソ連兵150万、航空機3,400機、戦車5,500両、火砲26,000門といわれている。日本とソ連の間には、「日露不可侵条約」が結ばれていたのにもかかわらず、スターリンは、言った。『条約は、破る為にある』と。日本の将兵は「攻撃は、最大の武器と教育され、猛烈果敢な銃剣突撃を実施したものの」敵の圧倒的な機構戦力と火力の下では、成す術が無く『飛んで火にいる夏の虫』と相成った。

 かつて関東軍は、「無敵関東軍」と呼ばれていたが、「連戦連破」のソ軍の進行を留めることは出来なかった。八路軍【中国軍の前身】将校曰く関東軍は「張子の虎」であったと。そして『露助を信用するな!』とも。そして関東軍は、不肖山本を含め、居留民を見捨てて、我さきと、敗走してしまったのである。

 「日本人は、みな殺され、女性は強姦される」という「流言蜚語」が、一瞬のうちに居留民の中に広まり、恐怖のどん底へと、叩き落とされた。うら若き、大和撫子達は、ソ連兵による強姦から逃れる為、丸坊主となり男装をした。そして、『全員玉砕だ!』、『北満の花と散れ!』と勇ましい言葉も出たが、満蒙開拓団には、ソ軍と戦う武器は、皆無であった。そして、沖縄の「集団自決」に見習え!とばかり、涙ながらに「東方遥拝」をし、「天皇陛下万歳!」叫び、万歳三唱し自ら命を絶った者もいた。ソ満国境近くにいた約27万人の満蒙開拓団の多くの人々達は、「集団自決」したのである。

◎Tragedy of Manchuria and Mongolia Development Volunteer Corps

At the summer of August 9, 1945 Joseph Stalin Red Army suddenly across the Manchria-Russian boarder to attack Kwantung Army with 1,500,000 troops, 3,400 air crafts, 5,500 tanks and 26,000 guns and rockets. Even though Japanese-Russian nonaggression treaty existing. Stalin said “Treaty, Japanese-Russian nonaggression treaty, is only

…続きを読む